会員登録はこちら
ラジオNIKKEI賞 G3   2017年7月2日() 15:45 福島/芝1800m

ラジオNIKKEI賞のニュース&コラム

【ラジNIK賞】セダ無傷V3!石川“ファースト”重賞
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)石川裕紀人(ゆきと)騎乗で2番人気のセダブリランテスが、直線でウインガナドルとの叩き合いを制してデビューから3連勝。4年目の鞍上とともに重賞初制覇を飾った。父ディープブリランテも産駒の初タイトルとなった。タイム1分46秒6(良)。57キロのトップハンデで1番人気のサトノクロニクルは6着に敗れた。 55回の悔し涙はこの1勝で吹き飛んだ。2番人気のセダブリランテスがデビュー3連勝で重賞初勝利。石川騎手にも56度目の挑戦で初めての重賞タイトルをもたらした。 「自分の中では、かなり遅くなってしまいましたが、とても気持ちいいです」 2014年のデビューから、関東の若手として頭角を現しながらも勝てなかった重賞だけに、ジョッキーのかみしめるような言葉には実感がこもっていた。 「この馬は重賞を勝てる」とレース前から公言していた石川騎手。その自信と気合が、前半から積極的に位置を取りに行く場面に表れていた。外枠から3番手のポジションをキープ。3〜4コーナーで一瞬、反応が悪くなったが早めに前を捕らえに出た。逃げ粘るウインガナドルをゴール寸前にかわして、念願のトップゴール。石川騎手は昨年、ダイワドレッサーで2着に敗れているだけに、そのリベンジも果たした。 「大型ですが、器用な競馬ができる馬。決め手のある馬がきたらどうかな、と思ったけど意外とペースが流れていましたからね。自信を持って乗れたし、直線もよく伸びてくれました」 小回りの福島コースで、先行力としぶとさを生かし切った。21歳の表情には責任を果たせたことへのほっとした様子が見て取れた。 これで3戦3勝。いったん放牧に出るが、「促したぶんだけ行く馬だから、距離が延びても大丈夫そう。今後は菊花賞も含めて考えていきたい」と手塚調教師が膨らむ将来像を話すと、石川騎手は「無敗だし、未来のある馬。一緒に頑張っていきたい」と、この馬とのさらなる飛躍を誓う。セダブリランテスと石川騎手。若い人馬の物語は、まだ始まったばかりだ。 (柴田章利)★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!セダブリランテス 父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績3戦3勝。獲得賞金5570万7000円。重賞初勝利。ラジオNIKKEI賞は手塚貴久調教師は2005年コンラッドに次いで2勝目、石川裕紀人騎手は初勝利。馬名は「鮮やかに輝くシルク(スペイン語)。父名、母名より連想」。
2017年7月3日(月) 05:06

 1,898

【ラジNIK賞】ウインガナドル、競り負けた2着
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)8番人気ウインガナドルが2着と健闘した。好スタートから楽にハナを奪って、1000メートル通過59秒5という絶妙のペースを作り出す。直線は外から迫った勝ち馬と叩き合いとなり、クビ差で屈した。 「惜しかった。以前(寒竹賞3着)に乗ったときよりもパワーアップして、落ち着きもあった。道中もいい感じで走れていたし、最後も振り切れるかなと思ったが…」と津村騎手は悔しさをにじませた。★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:05

 1,540

【ラジNIK賞】サトノクロニクル、ハンデ響き6着
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)57キロのトップハンデを背負った1番人気サトノクロニクルは、伸び切れず6着。中団を追走したが、4コーナー手前で川田騎手は右ムチを入れるほど。直線も本来の脚は見られなかった。 「重賞を勝っていない馬に、57キロはあまりにも重たいですね。ここ数年(57キロを背負った馬が)勝っていないのに、もう少し考えてほしいです」と川田騎手はハンデを敗因にあげた。★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:05

 1,552

【ラジNIK賞】レースを終えて…関係者談話
 ◆吉田隼騎手(ロードリベラル3着) 「残り3ハロンから動いて、いい脚を使ってくれたが、ハナに行った馬が2着で、勝った馬が3番手の前残り。もう少しペースが流れてくれればよかった」 ◆北村宏騎手(クリアザトラック4着) 「1コーナーで少しハミをかんだし、勝負どころでスピードアップするのも少し苦労した。でも、手応えのわりには最後まで食らい付いていた」 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン5着) 「内をさばいてきて、レース内容は悪くないです。距離的には1800〜2000メートルぐらいが一番合っていそう」 ◆秋山騎手(バルベーラ7着) 「メリハリのある競馬をしたかったが、中途半端な枠で内にも入れられず、ダラダラと外を回らされた」 ◆内田騎手(ビービーガウディ8着) 「好発を切れたぶん、ハミを取りすぎた。1コーナーで他馬と接触したのもきつかった。もう少しリラックスして走れれば…」 ◆木幡巧騎手(グランドボヌール9着) 「スタート後、前に入られて後ろから。50キロを生かすレースをしたかった」 ◆難波騎手(マイブルーヘブン10着) 「勝負どころで動けなかった。最後はジリジリ来ているけど…」 ◆丸田騎手(ライジングリーズン11着) 「思った以上にゲートを出すぎて、少し燃えてしまったね。そのぶん、最後は余力がなかった」 ◆吉田豊騎手(ニシノアップルパイ12着) 「リズムよく2番手で(逃げ馬を)突くような感じだったが、3〜4コーナーで苦しくなった」★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:04

 1,985

ラジオNIKKEI賞のニュースをもっと見る >

ラジオNIKKEI賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

7月2日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
440円 8,800円
Lv102 
4,580円 45,800円
Lv102 
440円 2,200円
Lv99 
1,030円 25,750円
Lv97 
4,350円 130,500円

的中情報をもっと見る >

ラジオNIKKEI賞過去10年の結果

2016年7月3日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ゼーヴィント 戸崎圭太 1:47.0 4.0倍 94.5
2着 ダイワドレッサー 石川裕紀人 1 1/4 17.4倍 93.2
3着 アーバンキッド 福永祐一 アタマ 10.3倍 93.2
2015年7月5日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年7月6日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ラジオNIKKEI賞の歴史と概要

ラジオNIKKEI賞は、1952年にクラシック競走である皐月賞の前哨戦として4歳(現3歳)の別定重賞競走、中山4歳ステークス(中山競馬場芝1800m)として創設。

その後名称を日本短波賞中山4歳ステークス→日本短波賞と変え、1979年からは前年に日本短波放送の愛称が「ラジオたんぱ」に決まった事に伴い、ラジオたんぱ賞に変更。施行場所を現在の福島競馬場の芝1800mに移した。

1984年からはグレード制施行に伴いGIIIに格付けされた。2006年からは現在のラジオNIKKEI賞に名称変更、更に負担重量をハンデキャップに変更した。

主に東京優駿日本ダービー)で出走できなかったり、好走できなかった馬が出走してくる傾向があり、また一時的には出走資格として「東京優駿1着馬を除く」と組み込まれていた事から、「残念ダービー」と今日まで呼ばれるようになる。

過去の優勝馬にはスズパレードダイナコスモスダイワゲーリックツインターボシンコウラブリイトラストファイヤーヴィータローザタマモサポートロックドゥカンブフレールジャックなどがいる(GIII格付け以後を対象)。

☆ラジオNIKKEI賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る