会員登録はこちら
ラジオNIKKEI賞2017

2017年7月2日(

ラジオNIKKEI賞 G3

福島競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜ラジオNIKKEI賞2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【ラジNIK賞】セダ無傷V3!石川“ファースト”重賞
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)石川裕紀人(ゆきと)騎乗で2番人気のセダブリランテスが、直線でウインガナドルとの叩き合いを制してデビューから3連勝。4年目の鞍上とともに重賞初制覇を飾った。父ディープブリランテも産駒の初タイトルとなった。タイム1分46秒6(良)。57キロのトップハンデで1番人気のサトノクロニクルは6着に敗れた。 55回の悔し涙はこの1勝で吹き飛んだ。2番人気のセダブリランテスがデビュー3連勝で重賞初勝利。石川騎手にも56度目の挑戦で初めての重賞タイトルをもたらした。 「自分の中では、かなり遅くなってしまいましたが、とても気持ちいいです」 2014年のデビューから、関東の若手として頭角を現しながらも勝てなかった重賞だけに、ジョッキーのかみしめるような言葉には実感がこもっていた。 「この馬は重賞を勝てる」とレース前から公言していた石川騎手。その自信と気合が、前半から積極的に位置を取りに行く場面に表れていた。外枠から3番手のポジションをキープ。3〜4コーナーで一瞬、反応が悪くなったが早めに前を捕らえに出た。逃げ粘るウインガナドルをゴール寸前にかわして、念願のトップゴール。石川騎手は昨年、ダイワドレッサーで2着に敗れているだけに、そのリベンジも果たした。 「大型ですが、器用な競馬ができる馬。決め手のある馬がきたらどうかな、と思ったけど意外とペースが流れていましたからね。自信を持って乗れたし、直線もよく伸びてくれました」 小回りの福島コースで、先行力としぶとさを生かし切った。21歳の表情には責任を果たせたことへのほっとした様子が見て取れた。 これで3戦3勝。いったん放牧に出るが、「促したぶんだけ行く馬だから、距離が延びても大丈夫そう。今後は菊花賞も含めて考えていきたい」と手塚調教師が膨らむ将来像を話すと、石川騎手は「無敗だし、未来のある馬。一緒に頑張っていきたい」と、この馬とのさらなる飛躍を誓う。セダブリランテスと石川騎手。若い人馬の物語は、まだ始まったばかりだ。 (柴田章利)★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!セダブリランテス 父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績3戦3勝。獲得賞金5570万7000円。重賞初勝利。ラジオNIKKEI賞は手塚貴久調教師は2005年コンラッドに次いで2勝目、石川裕紀人騎手は初勝利。馬名は「鮮やかに輝くシルク(スペイン語)。父名、母名より連想」。
2017年7月3日(月) 05:06

 1,871

【ラジNIK賞】ウインガナドル、競り負けた2着
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)8番人気ウインガナドルが2着と健闘した。好スタートから楽にハナを奪って、1000メートル通過59秒5という絶妙のペースを作り出す。直線は外から迫った勝ち馬と叩き合いとなり、クビ差で屈した。 「惜しかった。以前(寒竹賞3着)に乗ったときよりもパワーアップして、落ち着きもあった。道中もいい感じで走れていたし、最後も振り切れるかなと思ったが…」と津村騎手は悔しさをにじませた。★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:05

 1,517

【ラジNIK賞】サトノクロニクル、ハンデ響き6着
 第66回ラジオNIKKEI賞(2日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)57キロのトップハンデを背負った1番人気サトノクロニクルは、伸び切れず6着。中団を追走したが、4コーナー手前で川田騎手は右ムチを入れるほど。直線も本来の脚は見られなかった。 「重賞を勝っていない馬に、57キロはあまりにも重たいですね。ここ数年(57キロを背負った馬が)勝っていないのに、もう少し考えてほしいです」と川田騎手はハンデを敗因にあげた。★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:05

 1,533

【ラジNIK賞】レースを終えて…関係者談話
 ◆吉田隼騎手(ロードリベラル3着) 「残り3ハロンから動いて、いい脚を使ってくれたが、ハナに行った馬が2着で、勝った馬が3番手の前残り。もう少しペースが流れてくれればよかった」 ◆北村宏騎手(クリアザトラック4着) 「1コーナーで少しハミをかんだし、勝負どころでスピードアップするのも少し苦労した。でも、手応えのわりには最後まで食らい付いていた」 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン5着) 「内をさばいてきて、レース内容は悪くないです。距離的には1800〜2000メートルぐらいが一番合っていそう」 ◆秋山騎手(バルベーラ7着) 「メリハリのある競馬をしたかったが、中途半端な枠で内にも入れられず、ダラダラと外を回らされた」 ◆内田騎手(ビービーガウディ8着) 「好発を切れたぶん、ハミを取りすぎた。1コーナーで他馬と接触したのもきつかった。もう少しリラックスして走れれば…」 ◆木幡巧騎手(グランドボヌール9着) 「スタート後、前に入られて後ろから。50キロを生かすレースをしたかった」 ◆難波騎手(マイブルーヘブン10着) 「勝負どころで動けなかった。最後はジリジリ来ているけど…」 ◆丸田騎手(ライジングリーズン11着) 「思った以上にゲートを出すぎて、少し燃えてしまったね。そのぶん、最後は余力がなかった」 ◆吉田豊騎手(ニシノアップルパイ12着) 「リズムよく2番手で(逃げ馬を)突くような感じだったが、3〜4コーナーで苦しくなった」★2日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年7月3日(月) 05:04

 1,965

【ラジオNIKKEI賞】特別登録馬
2017年7月2日(日)に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(GIII)の登録馬は以下の通り。ウインガナドル 牡3エスティーム 牡3クリアザトラック 牡3グランドボヌール 牡3サトノクロニクル 牡3セダブリランテス 牡3ニシノアップルパイ 牡3ハムレット 牡3バルベーラ 牝3ビービーガウディ 牡3マイネルスフェーン 牡3マイブルーヘブン 牡3ライジングリーズン 牝3ロードリベラル 牡3◆ラジオNIKKEI賞(GIII)の重賞攻略はこちら。
2017年6月25日() 17:30

 6,202

【ラジNIK賞】レース展望
 東京競馬が終了し、夏の福島競馬が開幕する。第1週の日曜メインはラジオNIKKEI賞(7月2日、GIII、芝1800メートル)。3歳馬によるハンデ重賞に今年は14頭がエントリー。ここを制して秋の飛躍につなげるのはどの馬か−。 実績ナンバーワンはGIIIフェアリーS→オープン特別・アネモネSを連勝し、桜花賞まで駒を進めたライジングリーズン(美浦・奥村武厩舎、牝)だ。桜花賞は稍重馬場で身上の切れ味がそがれて8着。レース後は疲れが抜け切らず、NHKマイルCやオークスを見送ったが、休養した効果で大幅に良化した。ここを目標に順調な仕上がりを見せている。後方待機型の脚質だが、器用さが要求される中山マイルで全3勝を挙げており、小回りで直線の短い福島コースも合いそうだ。前記のフェアリーSで、のちにNHKマイルCを勝つアエロリットを2着に下している点も強調できる。実質トップハンデタイの55キロは楽ではないが、牡馬相手、初距離でもチャンス十分だ。 牡馬の筆頭格はサトノクロニクル(栗東・池江泰寿厩舎、牡)。一昨年のダービー2着馬サトノラーゼンの半弟で、これまで5戦して【2・3・0・0】と底を見せていない。2走前の京都新聞杯はアタマ差2着。賞金不足でダービーへの出走はかなわなかったが、前走のオープン特別・白百合Sでは、ハナ、クビ、クビ差の接戦をものにして、待望の2勝目を挙げた。トップハンデ57キロ、小回り福島の克服が鍵だが、秋以降のGIを狙うために勝っておきたい一戦だ。 ディープインパクト産駒は初年度世代が3歳になった2011年から昨年までの6年で4勝もマークし、アンビシャス→ゼーヴィントとここ2年は連勝。今年はクリアザトラック(栗東・角居勝彦厩舎、牡)がVを狙う。前走の1000万下・江の島特別は、古馬相手に味のある内容で快勝。2走前の毎日杯では若さを見せ、8頭立ての6着に敗れていたが、すぐに巻き返して堂々たる勝利を収めた。ハンデはV実績がある56キロ。全兄の弥生賞優勝馬カミノタサハラ、レパードS勝ち馬ボレアスに次ぐ重賞制覇を目指す。騎乗するのは、地元・福島出身の田辺裕信騎手で、その手綱さばきにも注目だ。 セダブリランテス(美浦・手塚貴久厩舎、牡)はステイヤーズSと日経新春杯でともに3着だったモンドインテロの半弟。近親に3冠馬で朝日杯3歳S勝ちもあるナリタブライアン、その半兄でGI・3勝のビワハヤヒデがいる良血だ。中山のダートの新馬戦を勝ち上がり、2戦目の前走・早苗賞は5カ月の休み明けと初めての芝を難なくクリア。父ディープブリランテ譲りの520キロを超える雄大な馬体を誇るが、レースセンスも抜群で、小回りコースにも対応できそうだ。ハンデ54キロも魅力。昨年のこのレースでダイワドレッサーに騎乗して2着だった石川裕紀人騎手は、デビュー4年目で重賞初勝利を狙う。 ニシノアップルパイ(美浦・中舘英二厩舎、牡)は、父リーチザクラウン譲りのスピードと先行力がセールスポイント。開幕週のいい状態の芝を味方に押し切りを狙う。前走のプリンシパルSは勝ち馬から0秒6差の5着で、好結果が出ていなかった2000メートルでも大きく崩れなかった。今回は200メートルの距離短縮で、ハンデも54キロと手頃。1993年の七夕賞を勝ったツインターボなど、騎手時代に福島競馬を大いに盛り上げた中舘英二調教師が、トレーナーとしてもこの福島で花を咲かせることができるか−。
2017年6月26日(月) 18:30

 3,342

【ラジNIK賞】夏競馬本番!福島コースを徹底分析
 中央競馬のメイン開催は、福島と中京に替わり、いよいよ本格的な夏競馬に突入する。関東圏は、広くて坂のある東京から、小回りでほぼ平坦の福島に替わる点が馬券作戦のポイント。そこでサンケイスポーツでは、開幕週に合わせて福島コースを徹底的に分析した。メインのラジオNIKKEI賞(7月2日、GIII、芝1800メートル)の狙い馬は果たして−。 コース特性としては、ほぼ対極に位置する競馬場と言っても過言ではない東京と福島。道中のペースや仕掛けのタイミングも全く異なるだけに、過去5年のデータをもとに、傾向を調査した。 福島では過去5年、計480レースが行われているが、そのうちダ1700メートル(119レース=全体の約25%)、芝1200メートル(116レース=約24%)、芝1800〜2000メートル(133レース=約28%)という3つの条件が主軸。種牡馬別成績では、この3部門をリサーチした。 芝中距離では、ディープインパクトが勝利数だけでなく、勝率や連対率でも首位。一般的には、広くて直線の長いコース向きとされているが、小回りも全く苦にしていないことがうかがえる。ラジオNIKKEI賞でも2012年ファイナルフォーム、15年アンビシャス、16年ゼーヴィントと3頭がV。今年の同産駒はクリアザトラック1頭しかいないだけに、大いに注目したいところだ。 芝1200メートルでは、サクラバクシンオーが勝利数では1位。一方、アベレージではキングカメハメハが優秀な数値を残している。キングカメハメハは、ダ1700メートルではさらに圧倒的な成績を残しているだけに、出走してきた際には無条件でマークしておきたい。 騎手部門では蛯名騎手が首位だが、今年は函館に拠点を移して騎乗中。代わって注目したいのはやはり戸崎騎手だ。勝率、連対率はともにトップ10騎手の中で最高の数値を残している。今週は土曜のみ福島で騎乗(日曜は中京)するが、先週の東京で8勝を挙げて勢いに乗っており、オープニングデーの固め勝ちも十分にありそうだ。(特別取材班)★ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月27日(火) 05:04

 3,327

【ラジNIK賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ
 競馬記者として言われちゃいけないのは「このハゲーーー!」じゃなく「違うだろーー!」のほうです。 1番手はセダブリランテス。 ひと叩きされてグンと気合が乗ったか、今週は先行していた古馬500万下を並ぶ間もなくパスする豪快なフィニッシュ。動きにメリハリがついていて、推進力もバッチリ。型どおりの上昇カーブでV3に挑む。 サトノクロニクルも古馬相手の併せ馬。こちらは歩調を合わせる形でまとめたが、スピードの乗りがスムーズで、手応えは常に優勢だった。もともと動くタイプだが、脚さばきに安定感があり、かなりの完成度。鞍上とのコンビネーションもグッドだ。 ライジングリーズンは先週より上向いて、余裕の馬なり併入。春当時の躍動感に徐々に近づいている雰囲気で、いきなりから動けそうだ。(夕刊フジ)★ラジオNIKKEI賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載
2017年7月1日() 11:26

 2,135

ラジNIK賞のニュースをもっと見る >

ラジNIK賞の直前追い切り情報をもっと見る >

ラジNIK賞の口コミ情報をもっと見る >

●ラジオNIKKEI賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜ラジオNIKKEI賞2017〜

第66回 ラジオNIKKEI賞 G3

2017年7月2日()福島11R 芝1800m 12頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 11 91.6 セダブリランテス 牡3 54.0 石川裕紀 手塚貴久 美浦 524(-2) 4.4 2 1.46.6
2 6 7 86.7 ウインガナドル 牡3 53.0 津村明秀 上原博之 美浦 454(+2) 15.8 8 1.46.6 クビ
3 1 1 84.7 ロードリベラル 牡3 53.0 吉田隼人 尾形和幸 美浦 418(+2) 31.0 9 1.46.7 クビ
4 8 12 92.5 クリアザトラック 牡3 56.0 北村宏司 角居勝彦 栗東 438(-10) 6.6 3 1.47.1 2 1/2
5 4 4 85.9 マイネルスフェーン 牡3 56.0 柴田大知 手塚貴久 美浦 454(+4) 13.4 6 1.47.3 1 1/4
6 5 6 91.8 サトノクロニクル 牡3 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 450(-2) 3.1 1 1.47.3 クビ
7 7 9 82.8 バルベーラ 牝3 51.0 秋山真一 渡辺薫彦 栗東 420(-4) 36.1 10 1.47.4 クビ
8 6 8 86.6 ビービーガウディ 牡3 53.0 内田博幸 久保田貴 美浦 468(0) 13.6 7 1.47.6 1 1/4
9 2 2 83.6 グランドボヌール 牡3 50.0 木幡巧也 岩元市三 栗東 460(-10) 137.6 12 1.47.8 1 1/4
10 7 10 86.2 マイブルーヘブン 牡3 51.0 難波剛健 高橋義忠 栗東 454(+4) 115.4 11 1.47.8 クビ
11 5 5 90.1 ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田恭介 奥村武 美浦 488(+6) 7.9 5 1.48.0 1 1/4
12 3 3 89.5 ニシノアップルパイ 牡3 54.0 吉田豊 中舘英二 美浦 482(+6) 6.8 4 1.48.2 1 1/2
ラップタイム 12.6-10.9-11.8-12.2-12.0-11.7-11.9-11.6-11.9
前半 12.6-23.5-35.3-47.5-59.5
後半 59.1-47.1-35.4-23.5-11.9

■払戻金

単勝 11 440円 2番人気
複勝 11 200円 2番人気
7 400円 8番人気
1 630円 9番人気
枠連 6-8 1,030円 4番人気
馬連 7-11 4,580円 22番人気
ワイド 7-11 1,580円 23番人気
1-11 2,250円 32番人気
1-7 4,350円 42番人気
馬単 11-7 6,810円 29番人気
3連複 1-7-11 34,600円 104番人気
3連単 11-7-1 156,510円 498番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜ラジオNIKKEI賞2017〜

ラジNIK賞のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜ラジオNIKKEI賞2017〜

2016年 ラジオNIKKEI賞 2016年7月3日() 福島11R 芝1800m 良 16頭

ラジオNIKKEI賞2016

1着 1 ゼーヴィント 4.0倍(1人気) 戸崎圭太 1:47.0 94.5
2着 6 ダイワドレッサー 17.4倍(9人気) 石川裕紀人 1 1/4 93.2
3着 15 アーバンキッド 10.3倍(5人気) 福永祐一 アタマ 93.2
単勝 1 400円(1人気) 3連複 1−6−15 13,040円(48人気)
馬連 1−6 3,580円(14人気) 3連単 1→6→15 67,460円(245人気)

2015年 ラジオNIKKEI賞 2015年7月5日() 福島11R 芝1800m 良 16頭

ラジオNIKKEI賞2015

1着 3 アンビシャス 2.8倍(1人気) C.ルメール 1:46.4 98.4
2着 12 ミュゼゴースト 9.8倍(4人気) 柴田善臣 3 1/2 94.4
3着 6 マルターズアポジー 40.8倍(12人気) 武士沢友治 3/4 93.8
単勝 3 280円(1人気) 3連複 3−6−12 19,940円(63人気)
馬連 3−12 1,420円(3人気) 3連単 3→12→6 75,100円(219人気)

2014年 ラジオNIKKEI賞 2014年7月6日() 福島11R 芝1800m 良 16頭

ラジオNIKKEI賞2014

1着 9 ウインマーレライ 9.8倍(5人気) 松岡正海 1:45.9 97.5
2着 4 クラリティシチー 3.0倍(1人気) 内田博幸 1 1/4 96.2
3着 3 ウインフェニックス 15.9倍(7人気) 石橋脩 アタマ 96.2
単勝 9 980円(5人気) 3連複 3−4−9 6,020円(16人気)
馬連 4−9 1,820円(5人気) 3連単 9→4→3 34,060円(87人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/06/30
ラジオNIKKEI賞
福島 16 ケイアイチョウサン 22.8倍 8 横山典弘 1:47.9 91.4
2012/07/01
ラジオNIKKEI賞
福島 16 ファイナルフォーム 5.6倍 2 戸崎圭太 1:47.9 98.6
2011/07/03
ラジオNIKKEI賞
中山 14 フレールジャック 4.6倍 2 福永祐一 1:46.9 98.1
2010/07/04
ラジオNIKKEI賞
福島 16 アロマカフェ 7.3倍 3 柴田善臣 1:47.3 95.8
2009/07/05
ラジオNIKKEI賞
福島 16 ストロングガルーダ 10.1倍 5 蛯名正義 1:48.3 97.1
2008/07/06
ラジオNIKKEI賞
福島 16 レオマイスター 18.2倍 8 内田博幸 1:46.8 97.1
2007/07/01
ラジオNIKKEI賞
福島 16 ロックドゥカンブ 5.0倍 2 柴山雄一 1:47.7 96.1
会員登録はこちら

●ラジオNIKKEI賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜ラジオNIKKEI賞2017〜

ラジオNIKKEI賞は、1952年にクラシック競走である皐月賞の前哨戦として4歳(現3歳)の別定重賞競走、中山4歳ステークス(中山競馬場芝1800m)として創設。

その後名称を日本短波賞中山4歳ステークス→日本短波賞と変え、1979年からは前年に日本短波放送の愛称が「ラジオたんぱ」に決まった事に伴い、ラジオたんぱ賞に変更。施行場所を現在の福島競馬場の芝1800mに移した。

1984年からはグレード制施行に伴いGIIIに格付けされた。2006年からは現在のラジオNIKKEI賞に名称変更、更に負担重量をハンデキャップに変更した。

主に東京優駿(日本ダービー)で出走できなかったり、好走できなかった馬が出走してくる傾向があり、また一時的には出走資格として「東京優駿1着馬を除く」と組み込まれていた事から、「残念ダービー」と今日まで呼ばれるようになる。

過去の優勝馬にはスズパレードダイナコスモスダイワゲーリックツインターボシンコウラブリイトラストファイヤーヴィータローザタマモサポートロックドゥカンブフレールジャックなどがいる(GIII格付け以後を対象)。

☆ラジオNIKKEI賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年9月30日(
シリウスステークス G3
2017年10月1日(
スプリンターズステークス G1

競馬番組表

2017年9月30日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2017年10月1日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
14,045万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る