ローマンレジェンド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ローマンレジェンド
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2008年2月24日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主太田 珠々子
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績29戦[10-1-6-12]
総賞金27,569万円
収得賞金11,850万円
英字表記Roman Legend
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
パーソナルレジェンド
血統 ][ 産駒 ]
Awesome Again
Highland Legend
兄弟 ミラクルレジェンドアーバンレジェンド
前走 2016/04/16 アンタレスステークス G3
次走予定

ローマンレジェンドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1661148.21012** 牡8 58.0 岩田康誠藤原英昭530(+14)1.51.4 1.538.0⑪⑪⑩⑧アウォーディー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1681686.8139** 牡8 57.0 内田博幸藤原英昭516(-14)1.34.8 0.835.3⑭⑫モーニン
16/01/24 中京 11 東海S G2 ダ1800 12687.856** 牡8 57.0 岩田康誠藤原英昭530(+6)1.53.5 1.637.7⑥⑥⑦⑦アスカノロマン
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 165912.4414** 牡7 57.0 岩田康誠藤原英昭524(+4)1.52.5 2.139.8⑩⑩④⑤サンビスタ
15/11/08 京都 11 みやこS G3 ダ1800 11116.143** 牡7 58.0 岩田康誠藤原英昭520(0)1.47.8 0.036.3④④④ロワジャルダン
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 166129.153** 牡7 58.0 岩田康誠藤原英昭520(0)1.55.4 0.336.5⑦⑦⑥④インカンテーション
15/04/18 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 166116.136** 牡7 58.0 岩田康誠藤原英昭520(+12)1.50.4 0.837.1⑪⑪⑪⑨クリノスターオー
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16119.045** 牡7 57.0 岩田康誠藤原英昭508(+7)1.36.6 0.335.8⑬⑭コパノリッキー
14/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 16--------5** 牡6 57.0 岩田康誠藤原英昭501(--)2.04.7 1.7----ホッコータルマエ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 166127.133** 牡6 57.0 岩田康誠藤原英昭510(0)1.51.2 0.236.6⑤⑤ホッコータルマエ
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 13685.231** 牡6 58.0 岩田康誠藤原英昭510(+7)1.41.9 -0.036.2④④クリノスターオー
13/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 9--------6** 牡5 57.0 岩田康誠藤原英昭503(--)2.09.6 3.0----ホッコータルマエ
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 16116.3213** 牡5 57.0 岩田康誠藤原英昭512(-2)1.51.8 1.437.4⑨⑨⑧⑩ベルシャザール
13/11/03 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16363.513** 牡5 59.0 岩田康誠藤原英昭514(+13)1.49.4 0.236.5⑤⑤④ブライトライン
13/06/26 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------6** 牡5 57.0 岩田康誠藤原英昭501(--)2.05.1 2.1----ホッコータルマエ
13/05/06 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 11--------3** 牡5 57.0 岩田康誠藤原英昭501(--)1.38.3 0.5----ホッコータルマエ
12/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 12--------1** 牡4 57.0 岩田康誠藤原英昭497(--)2.05.9 -0.1----ハタノヴァンクール
12/12/02 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 165102.314** 牡4 57.0 M.デムー藤原英昭510(+4)1.49.8 1.036.6⑧⑦⑧⑦ニホンピロアワーズ
12/11/04 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16121.411** 牡4 57.0 岩田康誠藤原英昭506(+2)1.49.6 -0.036.7⑥⑥⑥⑤ニホンピロアワーズ
12/08/25 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 11551.511** 牡4 56.0 岩田康誠藤原英昭504(-2)1.42.2 -0.035.9⑥⑥④エスポワールシチー

⇒もっと見る


ローマンレジェンドの関連ニュース

【エルムS】レース展望

2016年8月8日(月) 18:39

 札幌3週目の日曜メインは、ダートGIIIの第21回エルムS(14日、1700メートル)。1997年2着のタイキシャーロックマイルチャンピオンシップ南部杯)、99年1着のニホンピロジュピタ(同)、2010年2着のオーロマイスター(同)、12年1着のローマンレジェンド(東京大賞典)といった顔触れが、このレースでの好走を足掛かりにして飛躍した。今年も12頭と登録は少ない中、楽しみな馬がそろい、熱戦が期待できそうだ。

 主役を務めるのはモンドクラッセ(美浦・清水英克厩舎、牡5歳)だ。前走のオープン特別・大沼Sは4カ月ぶりの競馬だったが、レコードタイムで3馬身差の圧勝。同型がいたため、本来の逃げではなく2番手からレースを進めたが、直線入り口で先頭に立つと後続を楽々と突き放した。騎乗した三浦皇成騎手も「馬自身がレベルアップしていた」と成長を実感。函館2勝、札幌3勝で、北海道のダート1700メートル戦では5戦全勝の戦績を誇る。3日に函館のWコースで行われた1週前追い切りでは、大差先行させた相手に2馬身先着。重賞初制覇へ向け、態勢は万全といっていい。

 連覇がかかるのがジェベルムーサ(美浦・大竹正博厩舎、牡6歳)。昨年のこのレースを勝った後、休養期間が9カ月と長くなり、復帰戦となった前走のオープン特別・ブリリアントSは8着に終わった。さらに3カ月、レース間隔があいたが、7月23日に函館入りし、調整は順調。岩藤和裕調教助手は「北海道の水が合うようで、函館入厩後は馬に活気があります。昨年とは臨戦過程は違いますが、状態に関しては遜色ありません」とデキに太鼓判を押す。その言葉を裏付けるように、3日の1週前追い切りは函館のダートコースで、6ハロン79秒8の猛時計を馬なりでマーク。鞍上がコンビを組んで3戦2勝の岩田康誠騎手に戻るのも魅力だ。

 クリノスターオー(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)は、一昨年のGIII平安Sなど、重賞3勝の実績を誇る。一昨年のこのレースは、GI馬ローマンレジェンド相手にアタマ差の2着。昨年は4着だったが、勝ったジェベルムーサから0秒3差と差はわずか。今年に入ってからも、重賞で3、2、5、2着と安定している。間隔はあいたが、栗東でじっくりと調整して、8月5日に函館に移動。「1週前追い切りは思い通りの動き。状態は良さそう」と高橋義忠調教師は仕上がりに自信を持っている。

 昨年のGIIIみやこSを勝ち、GIチャンピオンズCで4着に好走したロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)も実績は十分。前走のGIII平安Sでは10着と大きく崩れたが、昨秋から数えて7戦目だった連戦の疲れがあったかもしれない。間隔をあけて立て直し、札幌入厩後も順調な乗り込みを消化。札幌は初参戦だが、1700メートルは2戦2勝で距離適性は高い。昨年の「ワールドオールスタージョッキーズ」で優勝し、今週から短期免許で騎乗する“マジックマン”ジョアン・モレイラ騎手(ブラジル出身、香港拠点)の手綱さばきにも注目したい。

 2走前のオープン特別・オアシスSで復活勝利を挙げた古豪ブライトライン(栗東・鮫島一歩厩舎、牡7歳)、今年のマーチSで重賞初勝利を飾り、前走のマリーンSも勝って勢いに乗るショウナンアポロン(美浦・古賀史生厩舎、牡6歳)も上位を狙える力量馬だ。

エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

東京大賞典覇者ローマンレジェンドが引退 2016年4月22日(金) 14:03

 2012年の交流GI・東京大賞典を制したローマンレジェンド(栗東・藤原英昭厩舎、牡8歳、父スペシャルウィーク)が引退することが4月22日、分かった。27日付で競走馬登録を抹消する予定。今後は京都競馬場で誘導馬になる。通算29戦10勝(うち地方5戦1勝)。重賞は12、14年のGIII・エルムS、12年のGIII・みやこSを含めて4勝。4月16日のGIII・アンタレスS(12着)が最後のレースになった。

 藤原英昭調教師は「今まで厩舎を支えてくれて、本当によく頑張ってくれた。また競馬場でファンのみなさんに姿を見てもらえるのは、馬にとっても幸せなこと。これからも頑張ってほしい」とねぎらった。

ローマンレジェンドの競走成績はこちら

[もっと見る]

【東海S】ローマンレジェンド遅れも悲観せず 2016年1月21日(木) 05:07

 ローマンレジェンドは、CWコースでボンナヴァン(3歳未勝利)を6ハロンで2馬身先行させる併せ馬。直線で内に潜り込み、残り100メートルで一旦前に出たが、最後は1/2馬身遅れてしまった。藤原英調教師は「変わりなく順調だし、(遅れたが)いい追い切りができた」と気にするそぶりはなかった。

 前走のチャンピオンズCは3コーナーから早めに動いて14着。「そのぶん、しまいは止まったね。今度はいつもの競馬で」と指揮官は巻き返しを期していた。

★東海ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【東海S】岩田&ローマンレジェンド強気に攻める 2016年1月20日(水) 11:30

 チャンピオンズCで14着に終わった古豪ローマンレジェンドが、栗東CWコースで岩田騎手を背に力強く動いた。

 ボンナヴァンを4馬身追走し徐々にペースアップ。4角で内に入り、ゴールではクビほど遅れたが、強い風に雪が舞う最悪のコンディションのなかでも集中力が途切れることはなかった。

 「いつもどおり。攻め馬は動くし、年齢を重ねても力は衰えていない。要は気持ちだけ。最近はあきらめる面があるからね。そのへんを考慮して追った」とジョッキー。

 GIIなら巻き返せるはずで、「抜け出して遊ぶ面もあるけど、気持ちの火は消えていない。強い相手とやってきた自負はあるし、闘争心をかき立てれば好勝負になる。左回りも問題ない」と強気に攻める。(夕刊フジ

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【東海S】ローマンレジェンド、巻き返しに期待2016年1月20日(水) 05:03

 8歳馬ローマンレジェンドは、14着と崩れたチャンピオンズCからの巻き返しを期す。前走後は短期放牧でリフレッシュ。牧助手は「変わりなくきている。休み明けの方が走るタイプだけど、年を重ねてズブさが出てきているからね。今週の追い切りでどんな動きができるか」とポイントを挙げた。

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【チャンピオン】前哨戦を斬る2015年12月4日(金) 05:04

 《みやこS=A》脚抜きのいい不良馬場で、前半1000メートルは59秒5のハイペース。後方を進んだロワジャルダンがインを強襲し、3着までがタイム差なしの接戦を制した。勝ちタイム1分47秒8は日本レコードタイ。ローマンレジェンドは骨折明けで58キロを背負いながら、好位からいったんは先頭に立って3着と力を示した。

 《武蔵野S=A》800メートル通過が46秒1の速い流れ。いつも通り後方を進んだノンコノユメが直線で外から脚を伸ばし、押し切り濃厚に思われたタガノトネールをハナ差で捕らえた。勝ちタイム1分34秒7はレース史上2番目に速く、3歳で58キロを背負いながら、差し切ったノンコの強さが際立った。

 《JBCクラシック=B》コパノリッキーが前半1000メートル62秒7のマイペースに持ち込んで逃げ切り、連覇を飾った。サウンドトゥルーは2馬身半差の2着だったが、追い込みが決まりにくい馬場だっただけに内容は評価していい。好位を進んだホッコータルマエは休み明けの影響で伸びを欠いて3着だった。

 ◇結論◇

 武蔵野Sを勝った(1)ノンコノユメが中心になる。上がり3ハロン34秒台をマークしたこともある展開不問の末脚はGIでも上位にみていい。みやこSを好時計で制した(16)ロワジャルダンも差はない。ただ前走は終始内を回ってロスのない競馬だっただけに、大外(16)番枠が鍵になるか。昨年の3着馬(9)ローマンレジェンドは上積みが見込め、この舞台で重賞勝ちの実績がある(7)コパノリッキー、前走好内容の(2)サウンドトゥルーも上位争いに加わる。連覇を狙う(13)ホッコータルマエは昨年もJBCクラシック4着から巻き返しており、前進必至だ。

チャンピオンズカップの枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローマンレジェンドの関連コラム

閲覧 622ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ロワジャルダンローマンレジェンドの2頭。
第2グループ(黄)は 、アスカノロマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のトウショウフリークまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴァンヌーヴォーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサンマルデュークまでとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと総合ポイント2位のローマンレジェンドアスカノロマン間に1.8の溝、総合ポイント6位トウショウフリークヴァンヌーヴォー間の1.4の溝が生まれています。全体を通して大きな溝がない混戦の分布ですが、特に第2グループはポイント差がほぼなく、横一線と言えそうです。

私の本命は◎アスカノロマンとします。先週の阪神ダートは完全に先行有利でしたので前に行けるダッシュ力は魅力ですし、馬も充実一途。アウォーディーに被りそうな雰囲気ですし、この馬の頭が面白そうです。

以下は○アウォーディー。ダートでは底を見せていません。一戦一戦競馬が上手くなっている印象ですし、この枠順なら軸としての信頼度は一番高いと思います。▲はフェブラリーステークスで好走を見せた○ロワジャルダン。以上3頭に印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
16

3,9

1,2,3,4,5,7,9,11,13,14

16

1,2,3,4,5,7,9,11,13,14

3,9

計36点

ここをビシッと当てて皐月賞につなげたいですね(^^♪


登録済みの方はこちらからログイン

2015年12月25日(金) 11:32 ター坊
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜東京大賞典2015〜
閲覧 936ビュー コメント 0 ナイス 4

 2015年のダート路線を締めくくる東京大賞典。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いて11月のチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

 本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化試合でもいいはずなのに、東京大賞典のほうが決着指数が高いハイレベル戦になることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(コースの癖が少ない大井外回り2000m)で行われることです。

 実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も多いようです。それゆえにJBCクラシックから始動して、ここに照準を合わせようとしてくるホッコータルマエのような馬がいるのでしょう。

 このレースを目標とする実績馬が意外と多く、実力どおりに決まりやすい舞台設定となれば、自然と中央馬優勢のイメージが出来上がります。確かに近年は中央勢が圧倒的ですが、2004年、2005年とアジュティミツオーが2連覇したこともあれば、2007年、2010年とフリオーソが2着したこともありました。ただ、アジュティミツオーもフリオーソも同年の中距離G1で連対実績のあった馬。両馬とも「中央勢=強い」のイメージからそこまで人気にならなかっただけで、もともとの実績を考えれば、順当な成績でした。

 個人的に意外だったのは、昨年8番人気で3着に大健闘したサミットストーン。勝ったホッコータルマエには完敗でしたが、2着のコパノリッキーとは0.3秒差で、3連単万馬券の立役者となりました。サミットストーンは、同年の浦和記念勝ちの馬。前走の浦和記念を勝って、勢いもそれなりの能力もあるような馬は、トップクラスが低調の近年ならば穴メーカーになりうる可能性があることを、改めて思い知らされました。今年もそのタイプは、3着くらいまでなら考慮したいところです。

 さて、逆に1着馬タイプはどのような馬なのかというと、同年のG1勝ち馬が圧倒的に活躍しています。過去10年の勝ち馬10頭中9頭が、同年のG1勝ちの実績馬で、唯一の例外は、2012年のローマンレジェンドのみです。ローマンレジェンドは、同年のダートの1000万下からジャパンカップダートの前哨戦のみやこステークスまで6連勝し、ジャパンカップダートでは1番人気に推されたほどの強烈な上がり馬でしたが、過去のこのレースの勝ち馬とローマンレジェンドがこのレースでマークした指数を比較すると、やや見劣りするものがありました。

 ローマンレジェンドが勝った年は、スマートファルコンが同年のドバイワールドCの参戦を機に引退し、帝王賞の勝ち馬ゴルトブリッツが腸捻転で急死。フェブラリーSの勝ち馬テスタマッタやジャパンカップダートの勝ち馬ニホンピロアワーズは不出走という、東京大賞典にしては珍しい空き家の状態でした。列記した同年のG1馬が出走していたならば、勝てなかった可能性も十分あるだけに、ローマンレジェンドの勝利は例外と考えても良さそうです。今年はなかなかのメンバーが揃っているので、素直に王道路線のG1勝ちの実績馬を本命馬とするのが得策でしょう。

 次に、2着馬タイプを分析すると、当然ながら1着馬タイプよりも実績の許容範囲が広がり、過去10年の2着馬10頭とも同年のG1で連対実績のある馬でした。1着馬候補は同年のG1勝ち馬から選びたいところですが、2着馬候補は同年のG1で連対していればオーケーということになります。

 さらに3着馬タイプまで掘り下げると、同年のG1の連対馬はもちろんのこと、2007年度のメイショウトウコンや2010年のバーティバーティなど、前走のチャンピオンズCで4着以内の馬が目につきました。このレースは慢性的に堅いところがありますが、3着馬をうまくチョイスして、なるべく高配当に繋げたいところです。


 まとめるとこうなります!
 1着馬候補→同年のG1の勝ち馬
 2着馬候補→同年のG1の連対馬
 3着馬候補→同年のG1連対馬か、前走のチャンピオンズCで4着以内の馬、前走のG2の勝ち馬


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2015年12月9日(水) 18:45 【ウマニティ】
先週の回顧〜(12/5〜12/6)いっくんプロが再びミリオン!中山12Rで184万超!!
閲覧 717ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、6(日)に中京競馬場でチャンピオンズカップGIが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
チャンピオンズカップGIの1番人気はコパノリッキーで3.3倍、続いてホッコータルマエ3.7倍、ノンコノユメ3.8倍とここまでが10倍を切り、3強オッズを形成しました。
  
注目のスタートはコパノリッキーコーリンベリーが先手を取りますが、外からクリノスターオーガンピットの2頭が勢い十分に競りかけて第1コーナーへ入ります。激しい先行争いとなりましたが、結局コパノリッキーがハナを主張してリードは半馬身、2番手にクリノスターオー、続いてガンピットニホンピロアワーズコーリンベリーサンビスタホッコータルマエと先行集団を形成。中団からはダノンリバティグレープブランデーローマンレジェンドワンダーアキュートナムラビクターが追走。後方からはロワジャルダングランドシチーノンコノユメと続いて最後方にサウンドトゥルーの態勢。前半の1000m通過は1分0秒2(参考)の淀みない流れ。厳しい流れの中、人気の一角、ホッコータルマエが3コーナー過ぎで仕掛けると各馬も連れてペースアップし、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はコパノリッキーでリードは1馬身、2番手にまくり気味に動いたホッコータルマエ、内からはニホンピロアワーズ、中団からローマンレジェンドサンビスタも追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで先頭を行くコパノリッキーの脚色が鈍るとホッコータルマエが捉えにかかりますが、外から脚を伸ばすサンビスタの脚色が断然!一気に2頭を交わし去るとようやくエンジンかかったノンコノユメサウンドトゥルーらの追い込みも封じ込んで優勝!牡馬相手に文句なしの完勝劇となりました。勝ちタイムは1分50秒4(良)。1馬身半差の2着にサンビスタ、そこからクビ差の3着にサウンドトゥルーが入っています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(日)中山12Rで単勝10.1倍の◎サトノレオパードを本命に抜擢!◎△×の印で3連単36万8370円を500円的中!184万1850円を払い戻しました!2週前の500万払い戻しに続きまたもミリオン払い戻しを達成!!週末トータル回収率274%、収支プラス125万9200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →まねみけさん(オーディション中)
勝負レースに指定した5(土)中京5Rで『左回りで適正アップと見る』と狙った本命ヤマイチキセキが見事1着!2着にも▲サリレモンドが入り、馬連50.8倍を3200円、馬単102.5倍を2000円、3連単1538倍を100円的中させ、52万1400円を払い戻しました!週末トータル回収率234%、収支プラス39万9150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →永遠さん(オーディション中)
6(日)中山5Rで◎グラスアクトの単勝で勝負!29.5倍を7500円的中させ、22万2000円を払い戻しました!勝負レースに指定した5(土)中京11R金鯱賞GIIでも▲◎○のパーフェクト予想を披露し、3万6000円を払い戻しました。週末トータル回収率158%、収支プラス11万3000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ5(土)中京12Rで単勝、枠連、3連複を本線的中!4万5350円を払い戻しました!6(日)中京9Rでは単勝55.1倍の大穴▲ミッキータイガーの単複、枠連73.9倍、3連複365.6倍を的中させ、8万1460円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス5万9320円をマークしています。
 
この他にも岡村信将プロ(136%)、くりーくさん(オーディション中)(127%)、ジョアプロ(124%)、霧プロ(121%)、皮脂ミラクルさん(オーディション中)(102%)、はははふほほほプロ(101%)が週末トータル100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
★プロ予想家オーディションの最終選考(〜27日)がいよいよ先週から始まりました!公認プロはもちろんですが、未来のプロ予想家の予想にも是非ご注目下さい!

[もっと見る]

2015年12月6日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第144回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜チャンピオンズカップ GI
閲覧 743ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「チャンピオンズカップ GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ホッコータルマエから1.0ポイント差(約1馬身差)内のローマンレジェンドまで2頭。
第2グループ(黄)は、ワンダーアキュートから1.0ポイント差(約1馬身差)内のニホンピロアワーズナムラビクターコパノリッキーまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、ダノンリバティから同差内のコーリンベリーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位には最大でも0.9ポイント差となっており、この凄馬出馬表からは上位拮抗となっています。
ただしダートG1の場合、U指数に含まれない交流重賞での結果が存在しますので、あくまでJRAでの成績のみを反映したものとしてこの拮抗状態を受け止めたいと思います。

◎はコパノリッキー。前走JBCクラシックの内容を考えると、この出馬表順位(5位タイ)よりは上昇するという評価が妥当といった印象。3連系の軸としても、出遅れを考えなければ最適といった印象でしょうか。
○はホッコータルマエ。こちらは前走で◎に水をあけられていますが、1週前の坂路自己ベスト(タイ)の調整過程を見るとその差を詰められる可能性は十分と見ています。
▲にも状態面の良さを買ってサウンドトゥルーとしたいと思います。凄馬出馬表的には盲点になってしまいそうな1頭ですが先にも述べたここ2走の交流重賞での内容が反映されていない点と、それまでJRAではほぼオープン止まりと言って良い戦績・指数内容を考えた場合に今回一気の上昇を期待しても良いのではというのが3番手評価の理由です。また、稍重ではありますが中京1800mでの差し切りVもあり、昨年とは異なるG1らしい流れで上りの掛かるチャンピオンズCとなれば好走以上まで期待できるのではと見ています。

という訳で、結果的に人気3頭で前走JBCクラシック組1〜3着馬に重い印という何の面白みもない予想になりましたので、馬券は“見(ケン)”で!m(__)m
・・・危ない危ない、まさかの結論に危うく辿り着いてしまいそうでしたが(笑)、個人的には執筆時点で▲の複勝が思いの外つくようなので▲の単複で、当コラムとしては▲絡みの以下のような馬券での少額勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
▲⇔◎○
2⇔7,13 (4点)

【3単ボックス】
◎○▲
2,7,13 (6点)

計10点


買い目には含めませんが、一応印として☆ローマンレジェンド、△ワンダーアキュートサンビスタノンコノユメナムラビクターまで回したいと思います。

[もっと見る]

2015年11月11日(水) 17:19 【ウマニティ】
先週の回顧〜(11/7〜11/8)岡村プロが単勝的中ラッシュで回収率137%超!
閲覧 265ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、7(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳ステークス、京都競馬場でG3ファンタジーステークス、8(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京王杯2歳ステークスレッドラウダが先頭で直線コースへ。坂を上がって逃げるレッドラウダと続くボールライトニングサイモンゼーレの3頭が抜け出して追い比べ。残り100mを通過、ここで逃げるレッドラウダを捉えたボールライトニングが先頭に立つと外から迫るアドマイヤモラールシャドウアプローチの追撃を振り切ってV。1馬身1/4差の2着にアドマイヤモラール、そこからハナ差の3着にシャドウアプローチが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロはははふほほほプロサラマッポプロ伊吹雅也プロろいすプロが的中しています。
 
G3ファンタジーステークスメジェルダが先頭で直線コースへ。逃げるメジェルダブランボヌールタガノヴィアーレキャンディバローズが並びかけると、4頭が他を離しての叩き合いとなります。ゴール前外から1人気ブランボヌールが鋭い末脚で追い込んできますが、3番手まで。前の競り合いを制したキャンディバローズが重賞初制覇を飾りました。アタマ差の2着にメジェルダ、そこからクビ差の3着にブランボヌールが入っています。
 
公認プロ予想家ではセイリュウ1号プロ河内一秀プロ凄馬勝子プロゼット1号プロエース1号プロ山崎エリカプロ3連単プリンスプロ伊吹雅也プロろいすプロ3連複プリンセスプロが的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯はスズカデヴィアスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手につけていたメイショウカドマツスズカデヴィアスを交わして先頭、リードを広げにかかります。残り200mを通過、逃げ込みを図るメイショウカドマツ目掛けて単独2番手に浮上したゴールドアクターが徐々にメイショウカドマツとの差を詰めると、ゴール前でアタマ差捉えて優勝。2着にメイショウカドマツ、そこから2馬身半差の3着にレーヴミストラルが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ導師嵐山プロスガダイプロ河内一秀プロろいすプロジョアプロサラマッポプロが的中しています。
 
G3みやこステークスモンドクラッセが先頭で直線コースへ。逃げ込みを図ろうとしたモンドクラッセですが、残り200mで一杯、ここで内から脚を伸ばしてきたローマンレジェンドロワジャルダンの2頭が併せ馬の形で抜け出します。ゴール前、外からカゼノコが力強い末脚で猛追しますが、ロワジャルダンがこれを凌いで優勝。アタマ差の2着にカゼノコ、そこからクビ差の3着にローマンレジェンドが入っています。
 
公認プロ予想家では凄馬勝子プロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
土日34レースを予想し、12レースの単勝を的中させる高精度予想を披露した岡村信将プロ。勝負レースに指定した7(土)福島11Rの◎ヤマニンボワラクテ(3.0倍)をはじめ、京都8Rセンターピース(6.8倍)、京都3Rダイナミックアロー(5.4倍)、東京4Rダイチラディウス(6.7倍)など次々と的中!土日トータル的中率は圧巻の70%、回収率137%、収支プラス12万5970円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで『前走でマークしたPP 指数はりんどう賞の2着馬メジェルダと同等。しかも、メジェルダよりもキャリアの浅い時点でマークしたことに価値がある』と狙った◎キャンディバローズの複勝、馬連を仕留め、4万7650円を払い戻し!翌日の東京11Rアルゼンチン共和国杯GIIでは『今年は道悪で行われることもあり、よりスタミナが問われるレースになりそう。「道悪巧者」と「前走で厳しい流れを経験」を重視』と本命に推した◎メイショウカドマツからの馬連、ワイドを的中させ、4万800円を払い戻しました!週末トータル回収率124%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで『前走との間隔に余裕のある馬が強いレース。夏季競馬の早い時期から好走していた馬を重視』と本命に推した◎キャンディバローズからの3連複を800円的中!3万5920円を的中させました。この他にも勝負レースに指定した福島12Rで▲×◎の印で4万2640円を払い戻し!週末トータル回収率120%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで▲○◎の大本線的中!3連複44.9倍を1000円、3連単394.8倍を100円的中させ、8万4380円を払い戻しました!この他にも勝負レースに指定した京都2R東京4R、8(日)福島3Rもしっかり的中!週末トータル回収率107%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2015年5月26日(火) 15:04 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/23〜5/24の結果(オークスGI・平安ステークスGIII)
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

5月24日(日)に行われました東京11Rの「オークスGI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】△ミッキークイーン(6.8倍)
2着:総合ポイント【3位】△ルージュバック(2.7倍)
3着:総合ポイント【9位】クルミナル(11.8倍)

第3グループ・総合ポイント4位のミッキークイーンが1着、第3グループ・総合ポイント3位のルージュバックが2着、第4グループ・総合ポイント9位のクルミナルが3着という結果でした。

私の馬券は◎クイーンズリングからでしたので的中とはなりませんでした。レッツゴードンキクイーンズリング桜花賞好走馬2頭の評価(総合ポイント)がかなり高かったので、この結果は潔く諦めます、、、(+_+)。しかし、ディープインパクト産駒は高速馬場で本当に強いですね!(^^)!


【3連複フォーメーション】
6

1,4,10,14

1,4,7,10,13,14,17,18

計(22点)

払い戻し0円


続いて5月23(土)に行われました京都11R「平安ステークスGIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】インカンテーション(6.2倍)
2着:総合ポイント【5位】▲クリノスターオー(5.7倍)
3着:総合ポイント【3位】◎ローマンレジェンド(9.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のインカンテーションが1着、第2グループ・総合ポイント5位のクリノスターオーが2着、第2グループ・総合ポイント3位のローマンレジェンドが3着という結果でした。

私の馬券は◎ローマンレジェンドからでしたので的中となりました。レース結果を見返すと、凄馬出馬表の総合ポイント1位〜5位までが掲示板を独占でした(^^)/人気馬での決着でしたが、上手く活用できればかなり儲けられそうなレースですね。何とか3着に入る馬を選ぶことができてホッとしています(:_;)

【3連複フォーメーション】

◎=○▲☆△=○▲☆△+1,6,7,9,15
12=3,4,8,11,13=1,3,4,6,7,8,9,11,13,15 (35点)

払い戻し5,380円


今週も週末重賞の凄馬出馬表を開催当日14時に公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローマンレジェンドの口コミ


口コミ一覧

ナナコのタルマエの思い出

 絵馬 2016年12月1日(木) 13:22

閲覧 119ビュー コメント 5 ナイス 39

ヒルマエ(昼前)に投稿するつもりが昼過ぎになりました。
いや、朝に投稿するはずでした。

ホッコータルマエ左前肢跛行で引退
優駿SSで種牡馬に
[ウマニティより 提供元:SANSPO.COM 12月1日(木) 05:01]
http://umanity.jp/racedata/race_newsdet.php?nid=3926876

中央、地方を含め、日本で史上初めてGI10勝を挙げた
ホッコータルマエ(栗・西浦、牡7、父キングカメハメハ)が30日、
チャンピオンズCを回避。そのまま引退することが決まった。
============================================================
■明日に書こうと思いましたが

急なニュースだったので
ソッコーでタルマエの話題を書きました。

まだ他の話題を日記にと思ってたのに
ホッコータルマエが引退というニュースを見たので
画像も急いで描きました。

■いつも日記を書く話題ばかりなので

たまには競馬の話でも書きましょう。

他の方の日記のコメントだとまじめに調べて
書いていますが、自分の日記になると
まともな文章が出てきません。

コメントを書くつもりでホッコータルマエを
調べました。

★タルマエというと

ドバイに行って、いい成績残せなかったというのは
おいといて、国内での思い出というと

ジャパンカップダートが結構印象に残ってます。

■ここ数年のこと

2012年の時は、
9番人気でまだ、人気はなかったんですね。
この時、ローマンレジェンドがデムーロ騎手に
乗り替わりで(岩田騎手が騎乗停止?)
でも勝ったのは酒井学騎手のニホンピロアワーズ。
この時は、ローマンレジェンドを軸にしていた?
ので馬券はハズしたような。

2013年のジャパンカップダート。
この時はタルマエは1番人気になってました。
たしかここで幸騎手のダンス?だったかな
ネットのニュースにもなってたような
ていうかこのレースだったかな…
3連単のアタマにホッコータルマエを選んでいただけに
これまた馬券をとってないような。

2014年、ホッコータルマエは、ここでは2番人気
ついに、タルマエが勝ちました。
ただ、コパノリッキーが出遅れた?のかな?
12着で、これまた馬券が…。

と、タルマエよりも、他に選んだ馬や
ジャパンカップダートの話になってしまいましたね。

■タルマエの馬券の記憶は

2013年の4月のアンタレスSか
2012年の11月のみやこS

2013年アンタレスS

【アンタレスS】
ホッコータルマエ(1番人気
ニホンピロアワーズ(2番人気
ハートビートソング(3番人気

2012年 みやこS

【みやこS】
ローマンレジェンド(1番人気
ニホンピロアワーズ(3番人気
ホッコータルマエ(5番人気

比較的、人気決着でしたが、
ここらくらいがうっすらと記憶に。

その他は、買ってないか、
3連系であと1頭が選びきれずにとれなかった。

■と、まじめに書いてしまいました

こういう日記は
競馬歴長い方や熱心なファンの方に
まかせて、画像の方のことを。

■タルマエの思い出

ナナコさんの思い出といっても
ありえない話ですので。

ナナコさんがタルマエのことを語るのですが
なんかタルマエのようでタルマエでない?
てな話です。なつかしい話題になってます。

■では、最後に

タルマエの話がオワルマエ(終わる前)に。

タルマエは2月に引退かなって思いました。

「タルマエの引退は、ハルマエ(春前)?」

すいません
タルマエが、サルマエ(去る前)に
どうしようもない長文になってしまって。

失礼しました。

 馬券のAエース 2016年4月15日(金) 16:32
【土曜自信の6鞍】+アンタレスS♪ 
閲覧 277ビュー コメント 0 ナイス 5

先週はG気世辰燭里蚤腓く取り扱わなかったら、【メモリアル】達成ラッシュ♪
・田中 勝春【騎手】≪1700勝≫・藤岡 佑介【騎手】≪600勝≫・加用 正【調教師】≪500勝≫
おめでとうございました

【メモリアル】
あと1勝
熊沢 重文【騎手】≪999勝≫ 
ライオンレースホース【馬主】≪399勝≫ 

////////////////////////////////////
※更新が早いので人気馬ばかりになったら一部変更します

   【土曜:自信の6鞍】
福島5R…ハミルトンパーク
阪神5R…クールゼファー
中山6R…ぅ好拭璽ブペルシャ
中山10R…リッカルド
福島12R…┘トコギマサムネ
中山12R…ルールソヴァール

////////////////////////////////////

【厩舎&騎手】高確率メソッド

中山3R:★コラージェン 戸崎 & 小笠 〔複勝率〕46.7%
中山4R:★リアリゾンルレーヴ 戸崎 & 池上 〔複勝率〕48.9%
中山5R:★ダンスパープル 内田 & 尾形 〔複勝率〕44.0%
中山11R:★サナシオン 西谷 & 松永 〔複勝率〕44.8%
中山12R:★アメリカンストーム 戸崎 & 相沢〔複勝率〕44.0%
阪神2R:★ブレイキングザロウ デム & 友道〔複勝率〕64.0%
阪神4R:★ミッキーディナシー デム & 角居〔複勝率〕50.0%
阪神6R:★スーパーライナー 福永 & 今野〔複勝率〕53.6%
阪神7R:★オリハルコン ルメ & 池江 〔複勝率〕53.1%
阪神8R:★キングカヌヌ 岩田 & 石坂〔複勝率〕48.1%
阪神8R:★ウイングアクティブ 福永 & 野中〔複勝率〕58.8%
阪神9R:★ノガロ デム & 音無〔複勝率〕55.9%
阪神9R:★ダノンシャルマン ルメ & 池江〔複勝率〕53.1%
阪神11R:★ローマンレジェンド 岩田 & 藤原 〔複勝率〕50.0%
阪神12R:★ベルフィオーレ 岩田 & 藤原 〔複勝率〕50.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【アンタレスS】 中山ダ1800m 

堅いか、大荒れかの両極端なレースですね。
単勝3.9倍以下の馬は【3-5-2-2】となかなか崩れないので、ヒモで狙うなら前の粘り馬。
近5年では4角番手以降の追込みはなく、逃げ・先行で馬券内の60%を占める。

≪タイム指数≫
1位:ロワジャルダン
2位:哀▲好ノロマン
3位:ローマンレジェンド
地方での走破時計はカウントしてないので、クリソライトとアウォーディーの前走は比較してません。

≪過去3着以内馬とのLAP一致度≫
○ロワジャルダン○イッシンドウタイ○センチュリオン

≪データ≫
・7歳馬以上で来るのは人気まで 番人気以下【0-0-0-25】
・前走OPで2着以下【0-0-0-22】
・前走1600万の番人気以下【0-0-0-11】

【見解】
各年の傾向的にテンに置かれて追いこんで来る馬は用なしとみていい。
このメンバーだとサージェントバッジとサンマルデュークはついていけない公算大。
ダントツ人気のアウォーディーは総合のタイム指数は高くないものの、テンは5位で
前走マーチSで逃げ切り勝ちしたショウナンアポロンと同等。後半バテることが無いタイプで
瞬発力はないもののスピードを維持させて着順を上げてくる。
問題は中央久々となるクリソライトが逃げたらどれだけしぶといか??だが、、、
前半速くはならなさそうで、ハナを主張しなくてもいつもより追走がラクになるロワ・アスカノが
アウォーディーの前で競馬をして直線まで溜めての瞬発力勝負に持ち込めるかどうか?
持続力勝負ならアウォーディー=ロワで穴はイッシンドウタイ
瞬発力勝負ならアスカノ=ロワで穴はローマンレジェンド

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

土曜は堅い馬がいるレースと混戦のレースがハッキリしてますね!
福島がいっぱい荒れることを期待♪(笑)

[もっと見る]

 ジ ョ ア 2016年2月21日() 17:50
フェブラリーS(G1)の調教評価と結果の検証
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 12

フェブラリーS(G1)の調教評価とレース結果について
まとめました。
調教3位評価の7番人気アスカノロマンが3着に食い込みました。
パドック雰囲気も良くこれからの活躍が楽しみです。

ホワイトフーガはパドックで馬体が細く見えました。
疲れが溜まっているのかも知れません。

グレーブブランデーは調教もパドックも悪くなかったので、
年齢的なものでしょうか。


フェブラリーS(G1)

1位ノンコノユメS     1人気 2着 複120円
2位ベストウォーリアA  3人気 4着
3位アスカノロマンA   7人気 3着 複420円
4位ホワイトフーガA 5人気10着
5位グレープブランデーA 11人気11着
6位モーニンA       2人気 1着 単510円 複180円
7位ローマンレジェンドA 13人気 9着
8位コパノリッキーA    4人気 7着
9位ロワジャルダンA   6人気 5着
10位スーサンジョイB   8人気12着
11位モンドクラッセB   10人気 8着

パドック気配メモ

パッションダンスややちゃかつく
ホワイトフーガ 馬体細く見せる
コパノリッキー 特に目立たない
アスカノロマン 気合乗り元気
ベストウォーリア柔らか味あり
ロワジャルダン 気合乗り動きも良い
ノンコノユメ 柔らか味あり
コーリンベリー 悪いところはない
モンドクラッセ やや動きが硬い
グレープブランデーなかなか力強い
スーサンジョイ おちついている。やや細く見える
マルカフリート 歩幅せまい
タガノトネール 力強さに欠ける
モーニン 気合乗り動きいい
サノイチ 気合乗る、ややちゃかつく
ローマンレジェンドいつもよりちゃかつく

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローマンレジェンドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ローマンレジェンドの写真

ローマンレジェンド

ローマンレジェンドの厩舎情報 VIP

2016年4月16日アンタレスステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ローマンレジェンドの取材メモ VIP

2016年4月16日 アンタレスステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。