レイホーロマンス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レイホーロマンス
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2013年3月21日生
調教師橋田満(栗東)
馬主永井 啓弍
生産者辻 牧場
生産地浦河町
戦績16戦[3-3-0-10]
総賞金6,615万円
収得賞金1,875万円
英字表記Reiho Romance
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
スズカローラン
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローマンスズカ2
兄弟 スズカデヴィアスラスカルトップ
前走 2018/01/13 愛知杯 G3
次走予定

レイホーロマンスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/13 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 184825.1112** 牝5 51.0 岩崎翼橋田満420(+2)2.00.2 0.134.0⑬⑭⑬⑫エテルナミノル
17/12/17 中京 12 尾張特別 1000万下 芝2200 138132.511** 牝4 55.0 藤岡佑介橋田満418(-2)2.13.1 -0.035.5④④④④チェスナットコート
17/11/19 京都 10 衣笠特別 1000万下 芝1800 1481326.994** 牝4 55.0 藤岡佑介橋田満420(+14)1.47.6 0.135.0⑫⑪アンドリエッテ
17/05/21 京都 9 御室特別 1000万下 芝2000 10338.141** 牝4 55.0 藤岡佑介橋田満406(-4)2.00.5 -0.134.0⑤⑤⑥⑤メイショウタチマチ
17/04/22 京都 9 比良山特別 1000万下 芝2200 16117.232** 牝4 52.0 岩崎翼橋田満410(+2)2.12.9 0.235.4⑥⑥⑤⑧クィーンチャーム
17/03/20 中京 10 小牧特別 1000万下 芝2000 175920.9104** 牝4 52.0 原田和真橋田満408(+2)2.02.2 0.434.9⑨⑨⑦⑧キンショーユキヒメ
17/02/19 小倉 7 4歳以上500万下 芝1800 15118.521** 牝4 52△ 原田和真橋田満406(-4)1.48.0 -0.234.9⑧⑧⑪⑦キュリオスティー
17/01/28 中京 8 4歳以上500万下 芝2000 1561145.995** 牝4 52△ 原田和真橋田満410(-4)2.03.1 0.633.9⑧⑧⑩⑪カレンラストショー
16/09/10 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 16815241.1138** 牝3 49▲ 荻野極橋田満410(-14)2.01.4 0.735.5⑦⑦⑥⑥スワーヴアーサー
16/08/28 小倉 6 3歳未勝利 芝2000 183623.5710** 牝3 54.0 武幸四郎橋田満424(+20)2.05.2 1.837.5⑯⑯⑭⑮トライブキング
16/07/30 小倉 3 3歳未勝利 芝1200 184819.3711** 牝3 54.0 岩田康誠橋田満404(-14)1.09.4 1.334.9⑰⑯ヒワラニ
16/03/27 中京 3 3歳未勝利 芝1400 181137.71110** 牝3 54.0 松山弘平橋田満418(+8)1.21.8 1.434.9⑮⑮レーヴムーン
16/03/06 小倉 5 3歳未勝利 芝1200 182344.2102** 牝3 54.0 松山弘平橋田満410(-2)1.09.0 0.135.2⑨⑨ジェイラー
16/01/11 京都 5 3歳未勝利 芝1800 162394.11011** 牝3 54.0 松山弘平橋田満412(-2)1.50.1 1.235.7⑤⑤ミッキーロケット
15/12/12 阪神 4 2歳未勝利 芝1600 1681684.7105** 牝2 54.0 松山弘平橋田満414(+2)1.36.6 1.135.3ショウナンアヴィド
15/11/07 京都 6 2歳新馬 芝1600 183619.858** 牝2 54.0 松山弘平橋田満412(--)1.36.5 1.134.6⑩⑩ラルク

レイホーロマンスの関連ニュース

 ★日経新春杯7着モンドインテロ(美・手塚、牡6)は検討されていたカタールGIエミールズT(2月24日、アルライヤン、芝2400メートル)は断念。今後は状態を見て決まる。同厩でジャニュアリーSを快勝したベストマッチョ(セン5)はバレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★日経新春杯4着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)は京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)へ。

 ★愛知杯2着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)。10着キンショーユキヒメ(栗・中村、牝5)は中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)を予定。

 ★淀短距離Sを制したラインスピリット(栗・松永昌、牡7)は高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)を目標にどこかで一戦する予定。

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は勝浦騎手とのコンビでシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★雅Sで約3年ぶりの勝利を飾ってオープン入りを果たしたカフェリュウジン(美・和田雄、牡8)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)。

 ★阪神C17着トウショウピスト(栗・角田、牡6)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★ジャニュアリーS10着メイソンジュニア(栗・渡辺、牡4)は大和S(2月18日、京都、OP、ダ1200メートル)。

【愛知杯】エテルナミノル待望の重賞初V 2018年1月14日() 05:04

 第55回愛知杯(13日、中京11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3600万円 =出走18頭)四位洋文騎乗で6番人気のエテルナミノルが直線で抜け出して重賞初制覇を果たした。2分0秒1(良)。春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)になる。後方から脚を伸ばした11番人気の伏兵レイホーロマンスが1/2馬身差の2着。さらに1馬身1/4差の3着が1番人気のマキシマムドパリだった。

 尾張の寒風をものともせず、大舞台へとつながる道を切り開いた。エテルナミノルが9度目の挑戦で重賞初制覇。四位騎手は笑顔でパートナーをねぎらった。

 「この中間は厩舎一丸になってゲート練習をしてくれて、中で落ち着いていたからしっかり流れに乗れた。馬が頑張ってくれました」

 課題のスタートを決め、道中はスムーズに好位で運ぶ。最後の直線に向くとスパート開始。鞍上のアクションに応えて直線半ばで先頭に立つと、後続の猛追を半馬身差でしのぎ、待望の初タイトルをつかみ取った。

 前走のターコイズSは発馬での後手が響き、追い上げ及ばず0秒1差の5着。リベンジを期すこの一戦に向けて、ゲート練習を積んできた。本田調教師は「もともと頭は悪くないからね。やることをやって、ゲートが怖くないということを教えた。前回も出遅れなければ勝ち負けと思っていたからね。しっかりしてきた」とうなずいた。

 これで重賞ウイナーの仲間入り。狙うはもちろん大舞台だ。トレーナーは「少し間隔をあけて、ヴィクトリアマイルが目標になるかな」とGI取りをにらむ。5月の遅生まれで、5歳ながら伸びしろは十分。本格化ムードのエテルナミノルが、“実りの春”を迎えようとしている。 (川端亮平)

★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

エテルナミノル 父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキ。黒鹿毛の牝5歳。栗東・本田優厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は吉岡實氏。戦績19戦6勝。獲得賞金1億3106万6000円。重賞初勝利。愛知杯は、本田優調教師が2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初勝利。馬名は「永遠(イタリア語)+冠名」。

[もっと見る]

【愛知杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月14日() 05:03

 ◆岩崎騎手(レイホーロマンス2着) 「道中は脚がたまって、馬場のいいところに出してしっかり脚を使ってくれました」

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ3着) 「もう少し前の位置を取りたかったんですけど、1コーナーでの不利が全てですね」(次走の中山牝馬Sがラストランの予定)

 ◆吉田隼騎手(リカビトス4着) 「接触する場面がありながら、最後はいい脚を使ってくれました。先々が楽しみです」

 ◆松若騎手(メイズオブオナー5着) 「もう少し前で競馬をしたかった。道中も少し力んでいた」

 ◆北村友騎手(シャルール6着同着) 「直線で接触する不利が大きかったですね」

 ◆津村騎手(ワンブレスアウェイ6着同着) 「いい感じで上手に走れていた。1800メートルがベストかもしれません」

★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【愛知杯】6番人気のエテルナミノルが重賞初制覇 2018年1月13日() 15:38

 1月13日の中京11Rで行われた第55回愛知杯(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気の54キロ、エテルナミノル(5歳、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中から抜け出して重賞初制覇。タイムは2分0秒1(良)。

 半馬身差の2着には外から追い込んだ51キロのレイホーロマンス(11番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から伸びたトップハンデ56キロのマキシマムドパリ(1番人気)。

 愛知杯を勝ったエテルナミノルは、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は吉岡實氏。通算成績は19戦6勝。重賞初制覇。愛知杯は、本田優調教師は2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初優勝。

 ◆四位洋文騎手(1着 エテルナミノル)「前回はゲートが良くなくて、この中間は厩舎一丸でゲート練習を入念に。その効果で、中で落ち着いていたので好位を取って流れに乗れたのが大きい。距離もこれくらいがいいね」



★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【愛知杯】入線速報(中京競馬場)2018年1月13日() 15:28

中京11R・愛知杯(1回中京1日目 中京競馬場 芝・左2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手10番エテルナミノル(単勝11.6倍/6番人気)、2番手8番レイホーロマンス(単勝25.1倍/11番人気)、3番手7番マキシマムドパリ(単勝4.4倍/1番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連8-10(131.2倍) 馬単10-8(222.6倍) 3連複7-8-10(166.5倍) 3連単10-8-7(1211.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018011307010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【愛知杯】ウオッカの子タニノアーバンシーが1番人気/13:00時点 2018年1月13日() 13:04

 今年の中京競馬が幕を開けた。初日メインに組まれている愛知杯(13日、GIII、芝2000メートル)。牝馬限定重賞として定着したレースの過去5年で馬券に絡んだ15頭のうち6頭が単勝10番人気以下の伏兵。ハンデ差も加味されて、難解な一戦だ。タニノアーバンシーが5.0倍で1番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 ゲッカコウ      19.21− 2 ギモーヴ       15.52− 3 メイズオブオナー    9.82− 4 リカビトス       7.33− 5 タニノアーバンシー   5.03− 6 ブラックオニキス   37.74− 7 マキシマムドパリ    5.34− 8 レイホーロマンス   29.05− 9 キンショーユキヒメ   6.35−10 エテルナミノル    15.16−11 シャルール      70.36−12 クインズミラーグロ  21.07−13 コパノマリーン    34.37−14 クィーンチャーム  103.77−15 ロッカフラベイビー  83.68−16 ハッピーユニバンス  42.78−17 アンドリエッテ    27.48−18 ワンブレスアウェイ  17.1



愛知杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レイホーロマンスの関連コラム

閲覧 245ビュー コメント 0 ナイス 2



1月14日(日)に行われました京都11Rの「日経新春杯 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲パフォーマプロミス(3.7倍)
2着:総合ポイント【4位】☆ロードヴァンドール(6.7倍)
3着:総合ポイント【11位】△ガンコ(15.0倍)

第2グループ・総合ポイント4位のパフォーマプロミスが1着、第2グループ・総合ポイント4位のロードヴァンドールが2着、第3グループ・総合ポイント11位のガンコが3着という結果でした。


カラビナの京都替わりでの上昇度に期待したのですが、4角で既に手応え一杯。。。見誤りましたね〜。予想編でも書いた通り、レース当日はもう少し外有利な馬場になっているかとみていましたが、当日は内も伸び出していてそこもズレてしまっていました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11

計22点 払い戻し0円


続いて、1月13日(土)に行われました中京11Rの「愛知杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○エテルナミノル(11.6倍)
2着:総合ポイント【14位】レイホーロマンス(25.1倍)
3着:総合ポイント【2位】◎マキシマムドパリ(4.4倍)

第1グループ・総合ポイント1位のエテルナミノルが1着、第4グループ・総合ポイント14位のレイホーロマンスが2着、第1グループ・総合ポイント2位のマキシマムドパリが3着という結果でした。


マキシマムドパリは1コーナーでまさかの不利、期待していた好位での競馬はできませんでしたが、何とか3着を確保してくれました。難解なレースでしたので的中できたということを前向きに捉えたいと思います(+_+)


【馬連】
7→3,4,6,10

【ワイド】
7→3,4,6,10

計8点 払い戻し1,100円


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月17日(水) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/13〜1/14)おかべ、覆面ドクター・英、夢月、サラマッポ、岡村信将プロらが2日連続プラス収支を達成!
閲覧 486ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、13(土)に中京競馬場でG3愛知杯、14(日)に中山競馬場でG3京成杯が、京都競馬場でG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、2番手でレースを進めていたクインズミラーグロが3コーナー手前から先頭に立ち、そのままの態勢で直線へ。1番人気マキシマムドパリは後方馬群の外目、2番人気タニノアーバンシーは中団馬群から追い出されます。好位馬群から抜け出したエテルナミノルが内の各馬をまとめて交して直線半ばで一気に先頭に躍り出ると、後続からは大外を伸びたレイホーロマンスマキシマムドパリの4枠両頭の伸び。しかし、これを早め先頭のエテルナミノルが封じてV。重賞初制覇をあげています。1/2馬身差の2着には上り最速の脚で追いこんだ11番人気レイホーロマンスが入り、1馬身1/4差の3着にはマキシマムドパリが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ西野圭吾プロろいすプロほか、計15名が的中しています。
 
G3京成杯は、コスモイグナーツが後続を4〜5馬身ほど離しての積極的な競馬で前半1000mを59.7秒(推定)で通過。終始2番手から進めた1番人気ジェネラーレウーノが差を詰めて直線に入ると、先頭のコスモイグナーツは苦しくなって脱落し、すかさず先頭はジェネラーレウーノ。併せ馬の形で伸びるサクステッドに、外からはライトカラカゼコズミックフォースイェッツトあたりも脚色良く迫りますが及ばず。ジェネラーレウーノが1/2馬身差のリードを保って先頭でゴールしています。2着には、2番人気コズミックフォースが入り、そこから1/2馬身差の3着には馬群を縫うように伸びた6番人気イェッツトが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ岡村信将プロほか、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、ロードヴァンドールガンコの2頭がレースを率い、前半1000m62秒0(推定)を計時するスローな流れ。直線を向いてもこの2頭の態勢そのままで、1番人気パフォーマプロミスは3番手、2番人気ミッキーロケットはその直後、3番人気モンドインテロは人気馬では唯一後方外を回す競馬となって追撃を開始します。なかなか前との差が縮まらない展開は残り200mを切っても変わらずで、内ラチ沿いのロードヴァンドールが依然先頭をキープ。2番手ガンコ、その直後まで足を伸ばしてきたパフォーマプロミスと後続との差はここから広がり、勝負の行方は完全に3つ巴の様相となります。ゴール直前までもつれた、この争いを制したのはパフォーマプロミス。6歳にして重賞初挑戦での初勝利を挙げています。クビ差の2着には4番人気ロードヴァンドールが入り、そこから1馬身1/4差の3着には7番人気ガンコが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
13(土)の中山11Rで、3連単471.1倍を含む的中など計37万7,440円のビッグヒットを記録。翌14(日)にも、11万2,800円払戻しの京都9Rや、京都10Rでの38万6,270円払戻しなどの活躍を披露。週末トータル回収率150%、収支36万5,170円プラス(←トップ)の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
13(土)は、京都3Rでのワイド1万円1点勝負的中などで回収率161%を達成。14(日)も中京7Rでの馬連1万円1点勝負的中などをマークし、回収率240%とさらなる上昇を披露しました。週末トータル成績では回収率197%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の中山2Rでは▲ノアダイヤモンド(単勝43.4倍)−◎カグラヤルージュ(同14.6倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計28万6,080円払戻しのスマッシュヒットを記録。他にも先週は、G3愛知や、14(日)中山7Rなどで2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率145%、収支21万7,560円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
14(日)の勝負レース中京5Rでは、3連複45万オーバーの大波乱決着を、▲ハナソメイ×プラードデラルスサトノグリッターの予想でワイド3通り的中など計6万4,410円を払戻し。さらにこの日は、中山3RG2日経新春杯と、すべての勝負レースで的中を披露し、週末トータル回収率2位の164%を記録しています。
 
 
 
この他にも、サラマッポプロ(140%)、ジョアプロ(133%)、【U指数】3連単プリンスプロ(121%)、馬券生活プロ(121%)、霧プロ(114%)、いっくんプロ(106%)、岡村信将プロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

レイホーロマンスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 5

http://nishikawahideki.blog-mmo.com/id-nishikawa/keiba20180121-n11r-2

京成杯:伏兵イエッツトを連下ヒモ付けで三連複的中
日経新春杯:ファンのロードヴァンドール激走!!馬連・ワイド的中
愛知杯:対抗レイホーロマンス、連下エテルナミノル激走!!三連複万馬券的中!払戻:¥16,650
シンザン記念:連下大型牝馬ツヅミモンが激走!ワイド的中
フェアリーS:完全敗北・・・
京都金杯:上位決着で順当に三連複的中
中山金杯:絶対的推奨穴馬10番人気ストレンジクォーク3着三連複的中!
東京大賞典:勝負の三連単ズバリ的中!!!!
ベテルギウスS:4、7、8番人気三連複万馬券完全的中!払戻:¥25,720
ホープフルS:連下8番人気ステイフーリッシュ激走!三連複万馬券的中!払戻:¥10,920

2017年11月第4週〜2018年1月第2週 競馬歴8週間の西川英樹生涯成績
三連複的中率:22レース中13レース的中/59.09%
ワイド的中率:22レース中17レース的中/77.27%

予想印や買い目は競馬用アカウントで身内だけに公開中 https://twitter.com/IDkeiba_N
https://twitter.com/nishikawa_0214

Amazon ギフト券のご支援は、
nishikawa-mmo@excite.co.jp
までよろしくお願いします!

贈り方
https://urutike.com/amazon-gift-send-4799

中山重賞実績(時系列順)

ゴールドアクター
有馬記念1着,日経賞1着(9頭立て),オールカマー1着(12頭立て),有馬記念3着,日経賞5着

シホウ
ステイヤーズS5着(10頭立て)

ショウナンバッハ
AJCC3着,オールカマー6着(12頭立て),ダービー卿チャレンジ12着,オールカマー5着

ダンビュライト
弥生賞3着(12頭立て),皐月賞3着

ディサイファ
中山金杯3着,AJCC5着,AJCC1着,日経賞5着(9頭立て),オールカマー6着

トーセンビクトリー
中山牝馬S1着,有馬記念14着

トミケンスラーヴァ
中山金杯6着(13頭立て)

マイネルディーン
AJCC13着,中山金杯9着(13頭立て),AJCC(7着),オールカマー17着

マイネルミラノ
中山金杯15着,オールカマー11着,中山記念9着(11頭立て),オールカマー4着,中山金杯11着

ミッキースワロー
セントライト記念1着


中山重賞出走歴なし : レジェンドセラー
※前走オリオンSでは、出遅れながらも日経新春杯5着のサンタフェチーフと0.0差1着
栗東所属かつ栗東騎手 0-0-0-12

音無厩舎所属のダンビュライトの鞍上は、栗東のミルコ・デムーロ騎手となった。
シホウ、トーセンビクトリーは美浦所属の騎手を乗せることになっている。


ゴールドアクターは危険な人気?

7歳以上で前走連対かつ前走または当日の斤量が58kg以上の馬は、絶望的な成績を残してきた。

0-0-0-42

7ヶ月間もの休養明けは2015年7月4日の洞爺湖特別(1000万下)以来で、3ヶ月間の休養で臨んだ昨年の日経賞は1番人気5着に終わっている。
最終追い切りの時計も、南W強めで「79.8-66.0-52.5-39.2-13.6」と1ハロン13秒台を記録しており、衰えが不安視される。
そもそも昨年末の有馬記念回避の理由が「体調が回復していない」ことであり、ノーザンファームや社台と比べて、弱小牧場出身の彼が良い外厩を使えないことは相当に不利な環境と言える。

1角3番手あたりにつけながら、直線で他馬がごちゃつく間に先行で押し切る展開が望ましいが、11頭立てのため差し馬のスペースが十分にあり、ショウナンバッハやミッキースワローあたりの障壁が取り除かれている構図だ。
メンバーレベルでは実績が突出しているゴールドアクターの不利な条件をどのように扱うか、頭の痛いところだ。
ノーザンファーム産の4歳馬

ミッキースワロー、ダンビュライト、レジェンドセラーはノーザンファーム産である。
この中で、ノーザンファーム天栄×G1レーシング×木村哲也調教師のコンビは、外厩明け初戦の数値が良く、レジェンドセラーは不気味な存在。
また、ミッキースワローは3ヶ月間の休養明けとなるが、ノーザンファーム天栄の近代的な設備で調整してきたので割引は一切するべきではなく、中山芝2200mを走らせればメンバー随一と言えよう。
さらに、ノーザンファーム×野田みづき氏のコンビの馬が1番人気になった際の勝率は4割を超えているため、ミッキースワローのオッズに注目すべきである。
先行有利を疑え

逃げ、先行勢優位とされるAJCCだが、11頭立て開催となった2011年の3着ネヴァブションは1角10番手で、2014年1着ヴェルデグリーンは1角9番手。ショウナンバッハが3着になった際は1角11番手で、逃げを図ったスズカデヴィアスは6着に敗退している(1角6番手のディサイファが優勝)。
当レースでは何頭かマクリを入れて道中から動きがありそうな展開で、先行勢のペースが乱れて、最終コーナーから直線の上がり勝負にならない可能性がある。


実際の予想印や買い目、展望などは競馬アカウントでやります
https://twitter.com/IDkeiba_N

 あらすぺ 2018年1月14日() 22:34
愛知杯、京成杯、日経新春杯の反省
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 11

愛知杯
マキシマムドパリを本命にして流したが、レイホーロマンスが抜けてハズレ。
レイホーロマンスは中京コースでの好走例があり、斤量も軽めだったにもかかわらず評価を下げたため、
切ってしまった。

京成杯
デルタバロースを本命にしたが、ヒモ同士で決着した。
前走で道悪のなか大差勝ちしたことを評価したが、休み明けや経験の浅さを考えれば評価を下げたほうがよかった。

日経新春杯
ソールインパクトとミッキーロケットを重視したが、前で内が有利な馬場状態を考えなかった。
ロードヴァンドールはミッキーロケットに差されるかと思ったが、ペースを握り馬場状態と内枠を活かして好走した。
ガンコも軽ハンデ先行力を考えれば買えた。

レースが終わった後で気づくことが多いのは馬券的にとても残念である。
予想する前に、全頭の前走を一通りチェックしておかないといけない。
あとは、当日の馬場状態にあわせて柔軟に変えなければならない。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2018年1月13日() 20:07
京成杯・日経新春杯予想
閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 8

愛知杯で本命にしたキンショーユキヒメはまさかの10着…(ToT)

プラス20kgの馬体重で出てきた時点で嫌な予感がしていましたけど、
この馬らしい走りを見せられないままゴールを迎えてしまいました。

速い時計の追い切りを消化していた事が本命に推した理由だったのですが、
今振り返ってみれば、馬体が絞れていないから速い時計の追い切りを消化するしかなかった、
という事なのかな?と解釈しています。

本命馬が大敗しただけでなく、
2着・レイホーロマンスも全くのノーマークでしたし、
今年の愛知杯は完全敗北のレースになってしまいました。


【京成杯】

◎イェッツト
○ダブルシャープ
▲サクステッド
△コズミックフォース、デルタバローズ、ジェネラーレウーノ

(好調教馬)

イェッツト
ロジティナ
コズミックフォース
デルタバローズ
ライトカラカゼ
ジェネラーレウーノ

ホープフルSよりもかなり低調なメンバー構成になっていますけど、
その中で狙いたいのは、新馬戦で着差以上に強い走りを見せているイェッツトです。

新馬戦はラスト2ハロン11.4秒−11.3秒という上がり勝負になりましたが、
その上がり勝負にしっかりと対応できていましたし、
差しが決まる今の中山芝コースはフィットするのでは?と思っています。

ポイントは道中で馬群の外に出すタイミングがあるのかどうか。
ベテラン蛯名騎手の手綱に全てを託したいです。


【日経新春杯】

◎ソールインパクト
○モンドインテロ
▲ロードヴァンドール

(好調教馬)

ロードヴァンドール
モンドインテロ
ミッキーロケット
ガンコ
ソールインパクト
カラビナ

こちらも難しいレースになっていますが、
アルゼンチン共和国杯2着の実績を信頼して、ソールインパクトから勝負します。

芝2400mの成績が【1−0−3−0】となっているように、
芝の長距離レースで本領発揮するタイプですし、
京都芝コースでも【0−2−1−0】というまずまずの結果を残していますので、
3着以内であれば十分圏内なのでは?と思っています。

相手には差し脚が強烈なモンドインテロと、
横山典騎手が長距離レースへの参戦を進言したというロードヴァンドールの2頭を相手にした馬券を考えています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レイホーロマンスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レイホーロマンスの写真

レイホーロマンス

レイホーロマンスの厩舎情報 VIP

2018年1月13日愛知杯 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レイホーロマンスの取材メモ VIP

2018年1月13日 愛知杯 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。