会員登録はこちら
金鯱賞2017

2017年3月11日(

金鯱賞 G2

中京競馬場/芝/2000m

最新出走予定馬情報 〜金鯱賞2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【金鯱賞】ヤマカツエース、“変則”連覇達成!
 第53回金鯱賞(11日、中京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝2000メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走16頭)池添謙一騎乗で1番人気のヤマカツエースが力強く抜け出して完勝。12月開催の前年に続く連覇を果たし、重賞5勝目をマークした。タイム1分59秒2(良)。優先出走権を獲得した大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。1馬身1/4差の2着は7番人気のロードヴァンドール。さらにハナ差の3着が13番人気のスズカデヴィアスだった。 雲ひとつない快晴の中京競馬場で、ヤマカツエースが堂々とした横綱競馬を披露。1番人気に応え、昨年12月にこのレースを制してから、わずか3カ月で連覇達成だ。 「このレースは勝ったばかりでしたが、さらに力をつけたような印象ですね。もう一段パワーアップしたような感じがあります」 主戦の池添騎手が、頼もしそうに相棒を見つめる。(6)番枠からスッと中団の位置につけると、3コーナーの入り口付近で徐々にペースアップ。直線は馬群の外からぐんぐん加速し、内で逃げ粘るロードヴァンドールをきっちりと差し切った。 重賞5勝目となり、うち2000メートルで4勝をマーク。1馬身1/4の着差以上の完勝劇に、今年からGIに昇格した大阪杯に向けて、陣営の期待も膨らむ。 池添騎手が「体に余裕があったぶん、もう少し良くなる。ちょうどいいGIをつくってくれました」と語れば、父の池添兼調教師も「1回使って次はもっと良くなる。大阪杯はすごいメンバーだけど、面白い競馬ができると思います」と声を弾ませた。 昨年の有馬記念で4着と善戦したように、能力はトップクラス。尾張の地から、いよいよ天下取りへ向かう。 (山口大輝)★11日中京11R「金鯱賞」の着順&払戻金はこちら
2017年3月12日() 05:07

 1,417

【金鯱賞】レースを終えて…関係者談話
 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール2着) 「テンが遅かったし、うまいペースに持ち込めた。(ヤマカツエースと)馬体があっていれば、もっと粘れていたと思う」 ◆藤岡佑騎手(スズカデヴィアス3着) 「勝ち馬をマークして進みました。直線で左にモタれましたが、いい差し脚でした」 ◆丸山騎手(ナスノセイカン4着) 「内で我慢した。追い出しを少し待たされたけど、馬混みで競馬ができたのは収穫」 ◆柴山騎手(ルミナスウォリアー5着) 「このメンバーでもそこそこ頑張れた」 ◆川田騎手(ステファノス6着) 「スムーズな競馬ができ、いい位置を取れました。あとは直線で伸びるだけと思いましたが、伸び切れませんでした」 ◆田辺騎手(プロディガルサン7着) 「きょうに関してはよく分からない」 ◆戸崎騎手(ルージュバック8着) 「進路があかず、内を突くしかなかった。馬の雰囲気は良かった」 ◆ルメール騎手(タッチングスピーチ9着) 「ブリンカーは少し効いていた。直線で少し伸びたが…」 ◆岩田騎手(ヌーヴォレコルト10着) 「全然負けていない。展開ひとつで(着順は)ゴロッと変わったと思う」★11日中京11R「金鯱賞」の着順&払戻金はこちら
2017年3月12日() 05:06

 1,576

【金鯱賞】1番人気のヤマカツエースが連覇を達成
 3月11日の中京11Rで行われた第53回金鯱賞(4歳以上オープン、GII、芝2000メートル、別定、16頭立て、1着賞金=6200万円、1着馬に大阪杯優先出走権)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気ヤマカツエース(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎)が、中団追走から直線は馬場のど真ん中を力強く伸びて連覇を達成。タイムは1分59秒2(良)。 例年、11月末〜12月初旬に行われていた金鯱賞は、今年GIに昇格した大阪杯(4月2日、阪神、芝2000メートル)の前哨戦として施行時期が3月初旬に移動。このため、ヤマカツエースは昨年12月3日の金鯱賞から3カ月あまりでの連覇達成となった。 1馬身1/4差の2着には逃げ粘ったロードヴァンドール(7番人気)、さらにハナ差遅れた3着に大外から伸びたスズカデヴィアス(13番人気)。 金鯱賞を勝ったヤマカツエースは、父キングカメハメハ、母ヤマカツマリリン、母の父グラスワンダーという血統。北海道新ひだか町・岡田牧場の生産馬で、馬主は山田和夫氏。戦績は23戦7勝。重賞は2015年ニュージーランドT・GII、福島記念・GIII、2016年中山金杯・GIII、金鯱賞・GIIに次いで5勝目。金鯱賞は、池添兼雄調教師が2016年ヤマカツエースに次いで2勝目。池添謙一騎手は2013年カレンミロティック、2016年ヤマカツエースに次いで3勝目。 ◆池添謙一騎手(1着 ヤマカツエース)「このレースは勝ったばかりでしたが、さらに力をつけたような印象です。もう一段パワーアップしたような感じがあります。体に余裕があったぶん、次はもう少し良くなる。ちょうどいいGI(大阪杯)をつくってくれましたね」★11日中京11R「金鯱賞」の着順&払戻金はこちら
2017年3月11日() 15:32

 1,294

【金鯱賞】ロードヴァンドール単騎逃げ
 阪急杯のヒルノデイバロー(4番人気)に、チューリップ賞のミスパンテール(7番人気)、弥生賞のマイスタイル(8番人気)。昆厩舎がここ2週の3重賞で2着に食い込み、波乱を演出している。 人気を上回る快走劇は“してやったり”かもしれないが、スカッと勝ちたいのも間違いないだろう。昆調教師がその期待をかけるのがロードヴァンドールだ。「前走はハイペースの2番手からよく粘ってくれた。いい経験になったはずだし、もうひとつしぶとさがついたと思う。今回は何が何でもというタイプがいないから、自分のペースで行けそう」。注文どおりの単騎逃げで重賞タイトルをつかみ取る。★金鯱賞の枠順はこちら
2017年3月10日(金) 12:02

 3,702

【金鯱賞】特別登録馬
2017年3月11日(土)に中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)の登録馬は以下の通り。アングライフェン 牡5サトノノブレス 牡7スズカデヴィアス 牡6ステファノス 牡6タッチングスピーチ 牝5トウシンモンステラ 牡7ナスノセイカン 牡5ヌーヴォレコルト 牝6パドルウィール 牡6ヒストリカル 牡8ヒットザターゲット 牡9フルーキー 牡7プロディガルサン 牡4ヤマカツエース 牡5リアファル 牡5ルージュバック 牝5ルミナスウォリアー 牡6ロードヴァンドール 牡4◆金鯱賞(GII)の重賞攻略はこちら。
2017年3月5日() 17:30

 6,560

【金鯱賞】レース展望
 今週、春の中京競馬がスタートする。開幕週のメインは初日、土曜の金鯱賞(11日、GII、芝2000メートル)。2012年から昨年までは12月に行われ、有馬記念のステップレースとなっていたが、今年から開催時期を3月に移設。1着馬にはGIに昇格した大阪杯(4月2日、阪神、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる。春のGIを目指す好メンバーによる白熱のレースが繰り広げられそうだ。 連覇がかかるヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)が、重賞5勝目を狙って出陣する。前走の有馬記念は、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターの3強に続く4着。後方からの末脚勝負にかけ、1着のサトノに0秒3差まで迫った。それまでの3度のGIでは、いずれも2桁着順だったが、初めて好走。適距離とはいえない芝2500メートルで存在感を示した。今回は重賞3勝を誇る得意距離。ここを勝って、大阪杯へ弾みをつける。 プロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)も、GIで好勝負が期待できる逸材だ。新馬戦(1着)以来のマイル戦だった今年初戦の東京新聞杯はブラックスピネルのクビ差2着ながら、東京のマイル戦で史上最速となる上がり3ハロン32秒0の末脚を繰り出した。芝2000メートルでも芙蓉S勝ちがあり、距離延長に不安はない。前残りが予想される開幕週だが、直線が412.5メートルと長く、坂のある中京なら問題ないはずだ。 ステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、一昨年のクイーンエリザベス2世C(香港)、天皇賞・秋と、GIで2度の2着がある。昨秋も、毎日王冠5着→天皇賞・秋3着→香港C3着と善戦した。今回は香港遠征以来となるが、昨年は約半年ぶりの鳴尾記念で2着に入っており、久々を苦にしない。勝ちみに遅いタイプだが、14年の富士S以来となる2年5カ月ぶりの勝利を挙げても不思議はないはずだ。 サトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡7歳)は、昨年の鳴尾記念でステファノスをクビ差2着に下し、1分57秒6のコースレコードでV。GIでは13年の菊花賞2着が最高着順で、その後は7戦していずれも着外だが、GII、GIIIでは幾度も好勝負を演じている。金鯱賞は4年連続の参戦で、過去3年は2、3、3着と好走。重賞4勝中3勝がこの距離で、同じ舞台の中日新聞杯を制している点も強調材料だ。ここもV争いに顔を出す。 14年のオークス馬ヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、牝6歳)は重賞を計4勝と実績最上位。3走前に米GIIIレッドカーペットHを制し、続く香港ヴァーズでも4着と上位に入った。まだ衰えはないとみていい。前走の中山記念は7着だったが、外国遠征後だっただけに、酌量の余地もある。状態は前走以上。国内では、一昨年の中山記念以来となる勝利を飾れるか注目だ。 リアファル(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)は昨年の金鯱賞で、1着のヤマカツエースから0秒2差の5着。脚部不安による約1年の休養明けだったことを考えれば上々の結果だった。中京芝2000メートルでは3歳時にマレーシアCを快勝した実績があり、舞台適性は高い。前走のアメリカジョッキークラブCは、3コーナー過ぎで手応えが怪しくなり13着。2走ボケだったのか敗因ははっきりしないが、一昨年は神戸新聞杯を勝ち、菊花賞(3着)ではキタサンブラックとリアルスティールなどを抑えて1番人気に支持されたほどの素質馬。見直しが必要だ。 ルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝5歳)は昨秋の毎日王冠で接戦を制したが、天皇賞・秋が7着、ジャパンCが9着と、大舞台では結果を残せなかった。これまでの全5勝は斤量54キロだっただけに、天皇賞・秋は56キロ、ジャパンCは55キロが影響した可能性もある。さらに4勝が芝1800メートルという戦歴から、今回は55キロと距離克服が鍵になりそうだ。 前走のAJCCで4着に入って地力強化を印象づけたルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)、脚質転換が実を結び、前走の白富士Sを好位差しで勝利したスズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡6歳)は勢いが伝わってくる。 近況不振ながら一昨年のローズS制覇、エリザベス女王杯3着、昨年の京都記念2着の実績があるタッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、牝5歳)、前走の小倉大賞典は15着に敗れたが、その前の金鯱賞でタイム差なしの2着に好走しているパドルウィール(栗東・中尾秀正厩舎、牡6歳)の一発にも注意を払っておきたい。★金鯱賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月6日(月) 15:49

 5,609

【金鯱賞】厩舎の話
 ◆アングライフェン・安田隆師 「今回はいい舞台。良馬場でどれだけ走れるかですね」 ◆サトノノブレス・池江師 「持久力を争うレースになってほしい」 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「今はどの位置でもつけられるようになったし、体も充実」 ◆ステファノス・藤原英師 「力を出せる仕上がり。馬も完成した感じ。今回が勝負」 ◆タッチングスピーチ・ルメール騎手 「跳びが大きくスピードに乗っていけないが、ポテンシャルはある」 ◆ナスノセイカン・矢野師 「調教は見劣りしたように映ったかもしれませんが、いい状態できています」 ◆ヌーヴォレコルト・斎藤誠師 「1回使って、予定通りの中1週で変わってくれそう」 ◆パドルウィール・中尾師 「いい時計でラストもよく踏ん張っていた。この舞台でレコード勝ちがある」 ◆ヒストリカル・音無師 「前走は自分の競馬ができた。開幕週で外差しが決まるかどうか」 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「しまい重点で、いい動き。流れに乗って競馬ができれば」 ◆フルーキー・前川助手 「ズブいので、調教はチークピーシズを着用。効果はあると思う」 ◆プロディガルサン・国枝師 「先週、併せ馬でやっているし単走でサッと。広い中京は問題ないと思う」 ◆ヤマカツエース・池添騎手 「いい意味で変化なく来ている。開幕週の馬場は歓迎」 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「いい状態。体を収縮させて走れるようになった」 ◆ルージュバック・大竹師 「休み明けとしてはいい反応。あとはコーナー4つがどうか」 ◆ロードヴァンドール・太宰騎手 「反応が良かった。力をつけている」★金鯱賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月10日(金) 05:05

 4,511

【金鯱賞】追って一言
 ◆サトノノブレス・池江師 「いい状態。馬場が渋るとよくない。持久力戦になってほしい」 ◆ステファノス・藤原英師 「休み明けだが、力は出せる仕上がり。今回が勝負やな。最近は馬もしっかりして完成した感じ」 ◆タッチングスピーチ・ルメール騎手 「跳びが大きくスピードに乗っていけないが、反応はよかった」 ◆ナスノセイカン・矢野師 「動き自体は良く、いい状態できている」 ◆ヌーヴォレコルト・斎藤誠師 「しまいの切れが良かったね。予定通りの中1週。変わってくれると思います」 ◆パドルウィール・中尾師 「いい時計でラストもよく踏ん張っていた。この舞台でレコード勝ちがあるように、少し力を要する馬場は得意」 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「前走と同じくらいにいい状態」★金鯱賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月9日(木) 05:04

 4,265

金鯱賞のニュースをもっと見る >

金鯱賞の直前追い切り情報をもっと見る >

金鯱賞の口コミ情報をもっと見る >

●金鯱賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜金鯱賞2017〜

第53回 金鯱賞 G2

2017年3月11日()中京11R 芝2000m 16頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 6 98.7 ヤマカツエース 牡5 57.0 池添謙一 池添兼雄 栗東 516(+8) 3.6 1 1.59.2
2 8 15 95.0 ロードヴァンドール 牡4 56.0 太宰啓介 昆貢 栗東 504(+4) 26.4 7 1.59.4 1 1/4
3 4 8 96.3 スズカデヴィアス 牡6 56.0 藤岡佑介 橋田満 栗東 524(+10) 66.7 13 1.59.4 ハナ
4 2 3 93.2 ナスノセイカン 牡5 56.0 丸山元気 矢野英一 美浦 470(-2) 57.2 11 1.59.5 クビ
5 2 4 96.1 ルミナスウォリアー 牡6 56.0 柴山雄一 和田正一 美浦 476(-6) 39.7 9 1.59.5 ハナ
6 5 9 100.1 ステファノス 牡6 56.0 川田将雅 藤原英昭 栗東 486(+7) 4.7 3 1.59.5 クビ
7 1 2 98.9 プロディガルサン 牡4 56.0 田辺裕信 国枝栄 美浦 504(-8) 4.0 2 1.59.5 ハナ
8 1 1 100.1 ルージュバック 牝5 55.0 戸崎圭太 大竹正博 美浦 454(0) 5.2 4 1.59.6 1/2
9 3 5 95.8 タッチングスピーチ 牝5 54.0 C.ルメー 石坂正 栗東 474(+6) 42.8 10 1.59.6 アタマ
10 7 13 99.0 ヌーヴォレコルト 牝6 54.0 岩田康誠 斎藤誠 美浦 456(-4) 18.4 6 1.59.7 クビ
11 5 10 99.9 サトノノブレス 牡7 56.0 秋山真一 池江泰寿 栗東 512(+2) 13.2 5 1.59.7 アタマ
12 4 7 96.0 アングライフェン 牡5 56.0 藤岡康太 安田隆行 栗東 478(-2) 118.2 15 1.59.7 クビ
13 6 11 97.9 ヒットザターゲット 牡9 56.0 古川吉洋 加藤敬二 栗東 522(+2) 169.7 16 1.59.7 ハナ
14 7 14 98.9 ヒストリカル 牡8 56.0 高倉稜 音無秀孝 栗東 454(-4) 61.9 12 1.59.7 ハナ
15 8 16 99.3 フルーキー 牡7 56.0 松岡正海 角居勝彦 栗東 492(-12) 76.2 14 1.59.9 1 1/2
16 6 12 94.4 パドルウィール 牡6 56.0 松山弘平 中尾秀正 栗東 488(-10) 27.0 8 2.00.3 2 1/2
ラップタイム 12.6-11.3-12.6-12.2-11.7-11.7-12.0-11.9-11.4-11.8
前半 12.6-23.9-36.5-48.7-60.4
後半 58.8-47.1-35.1-23.2-11.8

■払戻金

単勝 6 360円 1番人気
複勝 6 170円 1番人気
15 660円 9番人気
8 1,090円 14番人気
枠連 3-8 2,920円 12番人気
馬連 6-15 3,800円 14番人気
ワイド 6-15 1,430円 12番人気
6-8 3,470円 37番人気
8-15 10,890円 76番人気
馬単 6-15 5,570円 19番人気
3連複 6-8-15 56,390円 145番人気
3連単 6-15-8 192,050円 540番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜金鯱賞2017〜

金鯱賞のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜金鯱賞2017〜

2016年 金鯱賞 2016年12月3日() 中京11R 芝2000m 良 13頭

金鯱賞2016

1着 13 ヤマカツエース 9.9倍(4人気) 池添謙一 1:59.7 101.4
2着 3 パドルウィール 22.1倍(9人気) 松山弘平 クビ 101.4
3着 5 シュンドルボン 15.9倍(6人気) 丸田恭介 1 1/2 100.2
3着 7 サトノノブレス 4.1倍(2人気) V.シュミノー 同着 100.2
単勝 13 990円(4人気) 3連複 3−5−13 16,080円(86人気)
馬連 3−13 9,250円(29人気) 3連単 13→3→5 90,340円(448人気)

2015年 金鯱賞 2015年12月5日() 中京11R 芝2000m 良 12頭

金鯱賞2015

1着 10 ミトラ 9.0倍(5人気) 柴山雄一 1:58.8 105.9
2着 1 ディサイファ 3.7倍(1人気) 四位洋文 1 1/4 104.7
3着 2 サトノノブレス 7.6倍(4人気) 和田竜二 アタマ 104.7
単勝 10 900円(5人気) 3連複 1−2−10 3,310円(9人気)
馬連 1−10 1,440円(4人気) 3連単 10→1→2 22,160円(65人気)

2014年 金鯱賞 2014年12月6日() 中京11R 芝2000m 良 17頭

金鯱賞2014

1着 4 ラストインパクト 3.8倍(1人気) 川田将雅 1:58.8 106.0
2着 12 サトノノブレス 7.0倍(4人気) 池添謙一 1 1/2 104.8
3着 5 エアソミュール 4.4倍(2人気) 武豊 1/2 104.2
単勝 4 380円(1人気) 3連複 4−5−12 1,700円(2人気)
馬連 4−12 1,260円(4人気) 3連単 4→12→5 8,560円(9人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/11/30
金鯱賞
中京 14 カレンミロティック 6.6倍 3 池添謙一 1:59.6 105.6
2012/12/01
金鯱賞
中京 12 オーシャンブルー 7.3倍 6 C.ルメール 2:00.4 100.3
2011/05/28
金鯱賞
京都 16 不良 ルーラーシップ 2.8倍 1 福永祐一 2:02.4 103.0
2010/05/29
金鯱賞
京都 14 アーネストリー 2.9倍 1 佐藤哲三 1:59.5 104.2
2009/05/30
金鯱賞
中京 18 サクラメガワンダー 2.1倍 1 福永祐一 1:58.4 103.2
2008/05/31
金鯱賞
中京 17 稍重 エイシンデピュティ 4.6倍 2 岩田康誠 1:59.1 104.5
2007/05/26
金鯱賞
中京 12 ローゼンクロイツ 3.3倍 1 藤岡佑介 1:57.2 105.4
会員登録はこちら

●金鯱賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜金鯱賞2017〜

金鯱賞は中京競馬場の砂1800mの4歳(現3歳)以上の別定重量の重賞競走、「金鯱賞」として1965年に施行されたのがはじまり。

金鯱賞は1974年に東海テレビから優勝杯の提供を受けた事に伴い、名称を「東海テレビ杯金鯱賞」に変更、1984年からはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。

1996年に施行距離を現在の芝2000mに変更、併せてGIIに格上げされ、中京競馬場の芝の中距離の重賞競走では最高位の競走となり、宝塚記念の前哨戦として施行されるようになった。
1997年からは本競走が東海テレビの生中継を行わない土曜日の施行になった事に伴い、同社が優勝杯の提供から撤退し、現在の名称へとなった。

2012年より阪神競馬と中京競馬の開催日割が変更されたため、12月に移設されることになり、移設後第一回の勝ち馬であるオーシャンブルー有馬記念で2着となっている。

過去の優勝馬にはメイショウドトウミッキーダンスツルマルボーイタップダンスシチーコンゴウリキシオーローゼンクロイツエイシンデピュティサクラメガワンダーアーネストリールーラーシップオーシャンブルーなどが名を連ねる。

金鯱賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年9月30日(
シリウスステークス G3
2017年10月1日(
スプリンターズステークス G1

競馬番組表

2017年9月30日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2017年10月1日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
14,045万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る