グローリーヴェイズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
グローリーヴェイズ
グローリーヴェイズ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2015年3月2日生
調教師尾関知人(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績 3戦[1-2-0-0]
総賞金2,616万円
収得賞金1,150万円
英字表記Glory Vase
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
メジロツボネ
血統 ][ 産駒 ]
スウェプトオーヴァーボード
メジロルバート
兄弟
前走 2018/02/04 きさらぎ賞 G3
次走予定

グローリーヴェイズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/04 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 10783.422** 牡3 56.0 M.デムー尾関知人444(+8)1.48.8 0.035.3サトノフェイバー
17/12/10 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 7332.422** 牡2 55.0 浜中俊尾関知人436(+4)1.37.8 0.033.4⑤⑤④カフジバンガード
17/10/01 中山 5 2歳新馬 芝1800 14461.711** 牡2 54.0 M.デムー尾関知人432(--)1.52.8 -0.334.9ミッキーハイド

グローリーヴェイズの関連ニュース

 デスク 一時期と比べて、美浦の冷え込みはましだろう。

 山川 まだまだ寒いです…。U社のステテコは必須のアイテムとなっております。

 デスク 動き回った成果はあったか。

 山川 はい。きさらぎ賞で勝ち馬とハナ差の2着と好走したグローリーヴェイズは、「内容は良かったし、成長を見せてくれたと思う」と尾関調教師。次走については「様子を見て考えたい」とのことでした。

 デスク どこからでも競馬ができる強みがあるし、春のクラシックに向けて楽しみだな。千葉はどうだ。

 千葉 前走のシクラメン賞で2歳コースレコードで圧勝したオブセッションが、弥生賞(3月4日、中山、GII、芝2000メートル)に向けて1月31日に帰厩しました。「順調にきている。今週からやっていきます」と藤沢和調教師は笑顔でした。

 デスク 弥生賞は面白くなりそうだな。残り少なくなってきた新馬戦に向けた面白い馬はいないのか。

 千葉 サトノユニゾンは母が交流GIIIエーデルワイス賞の勝ち馬で、2月25日か3月3日の中山ダ1200メートルを目指しています。「母が短距離重賞を勝っているし、スピードのある血統で楽しみ」と古賀慎調教師は期待していました。

 デスク 栗東の様子も教えてくれ。

 斉藤 無傷の3連勝で阪神JFを制したラッキーライラックが3日、放牧先のノーザンファームしがらきから帰厩しました。松永幹調教師は「510キロ近くある(前走は484キロ)し、全体的に大きくなりました」と成長を感じています。今後は始動戦のチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)に向けて、調整が進められます。

 デスク 大一番に向けて、面白くなるな。きさらぎ賞で1番人気で9着と敗れたダノンマジェスティの情報はあるか。

 斉藤 この後は放牧をはさんで大寒桜賞(3月24日、中京、500万下、芝2200メートル)に向かいます。レースで左に張る面を見せていましたし、音無調教師は「左回りを使いたい」と話していました。内田騎手とのコンビで巻き返しを狙います。

【きさらぎ賞】サトノフェイバー史上初のデビュー2戦目V 2018年2月5日(月) 05:05

 第58回きさらぎ賞(4日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走10頭)古川吉洋騎乗で4番人気のサトノフェイバーが、逃げ切って重賞初制覇。きさらぎ賞史上初となる、デビュー2戦目でのVを飾り、クラシック戦線へ名乗りを上げた。タイム1分48秒8(良)。ハナ差の2着に2番人気のグローリーヴェイズが入り、1番人気のダノンマジェスティは9着に敗れた。

 クラシックへの道を堂々と切り開いた。サトノフェイバーが、レース史上初となるデビュー2戦目でのVを達成した。

 「よっしゃー」

 引き揚げてきた古川騎手の“雄叫び”が冬空に響く。会心の勝利に「スタートが上手で、行く気はなくても出ていってくれるので、無理に引っ張るより自分のリズムで運びました。(直線も)手応えは十分で、2着馬も強かったけど、振り切ってくれました」と満足げな表情で語った。

 初戦と同様に、絶好のスタートからジワッと先頭へ。外からグローリーヴェイズに並びかけられても、動じることなくぴったりと折り合う。手応え十分に直線に向くと、大きなフットワークで脚を伸ばす。ゴール前は迫られたが、勝負根性を発揮して9センチのハナ差で振り切った。

 東海Sに続く今年重賞2勝目の古川騎手。フェブラリーSを狙うテイエムジンソクもおり、流れがいい。「1頭1頭、違うからね。もちろん期待はしているけど、とにかく無事にいってほしい」と自然体を貫いた。

 好調といえば管理する南井調教師も同じ。今年7勝は東西トップタイだ。2013年のタマモベストプレイ以来となる5年ぶりのきさらぎ賞制覇に「大きなハナ差だね。よく粘ってくれた。(賞金を加算して)調整も楽になるしね」と笑顔を見せた。

 「本当にセンスがいいし、どんなレースもできる。まだまだこれからの馬で、そのなかで勝っているのはたいしたもの。すごく楽しみです」

 古川騎手もクラシックに意欲十分だ。サトノフェイバーの快進撃は止まらない。 (斉藤弘樹)

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

サトノフェイバー 父ゼンノロブロイ、母ヴィヴァシャスヴィヴィアン、母の父ディストーティドヒューマー。黒鹿毛の牡3歳。栗東・南井克巳厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は(株)サトミホースカンパニー。戦績2戦2勝。獲得賞金4438万5000円。重賞初勝利。きさらぎ賞南井克巳調教師は2013年タマモベストプレイに次いで2勝目、古川吉洋騎手は初勝利。馬名は「冠名+恵み」。

[もっと見る]

【きさらぎ賞】ミルコ好判断!グローリーヴェイズ2着 2018年2月5日(月) 05:04

 第58回きさらぎ賞(4日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走10頭)唯一の関東馬で2番人気のグローリーヴェイズが2着。後方待機から、3コーナー手前で一気に2番手まで進出。結果的にはハナ差で敗れたが、この判断が賞金加算につながった感じだ。M・デムーロ騎手は「荒れた馬場を気にしていた割に、いい競馬をしてくれた。よく頑張っている」と振り返った。尾関調教師は「ジョッキーの好判断でうまく立ち回ってくれた。ペースにも対応できて馬の成長も感じた」と納得の表情。次走は未定。

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【きさらぎ賞】サトノフェイバーが逃げ切って重賞初V 2018年2月4日() 15:46

 2月4日の京都11Rで行われた第58回きさらぎ賞(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の4番人気サトノフェイバー(牡、栗東・南井克巳厩舎)が新馬戦に続いて逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイムは1分48秒8(良)。2着はグローリーヴェイズ(2番人気)、3着はラセット(5番人気)だった。



 サトノフェイバーはハナを奪うと、直線でも脚いろは衰えず、トップでゴールを駆け抜けた。中団から早めにまくって4コーナーで2番手につけていたグローリーヴェイズが猛追したが、ハナ差及ばず2着。7番手から伸びてきたラセットが、さらに2馬身1/2差の3着に入った。1番人気だったダノンマジェスティは、中団から伸びを欠いて9着。



 サトノフェイバーは、父ゼンノロブロイ、母ヴィヴァシャスヴィヴィアン、母の父ディストーティドヒューマーという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は(株)サトミホースカンパニー。通算成績は2戦2勝。重賞初勝利。きさらぎ賞は、南井克巳調教師は2013年タマモベストプレイに次いで2勝目。古川吉洋騎手は初勝利。なお、南井調教師は騎手時代の1991年、シンホリスキーで勝っている。



 ◆古川吉洋騎手「スタートが上手で、スッといい位置を取れましたし、直線でもしっかりと脚を使ってくれます。本当にセンスがいい走りで、すごく楽しみ」

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【きさらぎ賞】入線速報(京都競馬場)2018年2月4日() 15:36

京都11R・きさらぎ賞(2回京都4日目 京都競馬場 芝・右外1800m サラ系3歳オープン)は、1番手3番サトノフェイバー(単勝6.9倍/4番人気)、2番手8番グローリーヴェイズ(単勝3.4倍/2番人気)、3番手4番ラセット(単勝12.8倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-8(14.4倍) 馬単3-8(31.1倍) 3連複3-4-8(37.5倍) 3連単3-8-4(230.4倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018020408020411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【きさらぎ賞】ダノンマジェスティが1番人気/13:00時点 2018年2月4日() 13:10

 4日、京都では日曜メインにきさらぎ賞(2月4日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去10年の勝ち馬でクラシックホースになったのは一昨年の菊花賞馬サトノダイヤモンドだけだが、2011年3着馬オルフェーヴルが三冠馬に輝いた。他にも3着以内に好走した馬はスマイルジャック、リーチザクラウン、ワールドエース、ルージュバック、ダンビュライトがクラシックで3着以内に奮闘している。春を占う意味では見逃せない一戦だ。単勝1番人気は皐月賞馬アルアインの全弟ダノンマジェスティで2.7倍、さらに差なくグローリーヴェイズが3.1倍で続いている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 スラッシュメタル  60.42− 2 スーサンドン   130.93− 3 サトノフェイバー   7.04− 4 ラセット      12.25− 5 レッドレオン    32.06− 6 ニホンピロタイド  35.47− 7 オーデットエール  35.07− 8 グローリーヴェイズ  3.18− 9 ダノンマジェスティ  2.78−10 カツジ        4.4



★きさらぎ賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グローリーヴェイズの関連コラム

閲覧 465ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、4(日)に京都競馬場でG3きさらぎ賞が、東京競馬場でG3東京新聞杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3きさらぎ賞は、サトノフェイバーが逃げて前半4Fを49.3秒(推定)のスローで通過。後方から2番人気グローリーヴェイズが2番手まで押上げ、注目の1番人気ダノンマジェスティは中団外を必死になだめながらの追走。3コーナーを通過し、下り坂を下り始めると、サトノフェイバーグローリーヴェイズカツジダノンマジェスティと人気各馬が徐々に雁行状態になっていき4コーナーを迎えます。と、ここでダノンマジェスティは外に膨れ大きく遅れをとってしまい、脱落。前では、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭が抜け出して叩き合いに。3番手カツジに代わっては、インを強襲してレッドレオン、外を伸びてはラセットの態勢。しかし、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭がラストスパートをかけると、勝負の行方は完全に両馬の争いに絞られます。一旦はサトノフェイバーが突き放すかに見えたところに、再びの伸びでラスト際どく並び掛けるグローリーヴェイズ。2頭による熾烈な叩き合いがゴールまで続く中、最後制したのは内の4番人気サトノフェイバーでした。きさらぎ賞史上初となるデビュー2戦目での勝利をあげています。ハナ差2着のグローリーヴェイズから2馬身1/2差の4着には5番人気ラセットが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロ佐藤洋一郎プロ西野圭吾プロくりーくプロイータン育成プロスガダイプロほか、計8名が的中しています。
 
G3東京新聞杯は、レースまでに良に回復して発走の時を迎えます。トウショウピストが逃げて前半4F通過は47.6秒(推定)。2番手に、大外枠から積極的に運んだ1番人気グレーターロンドンが早くも浮上して、2番人気ダイワキャグニーを直後に従える形で4コーナーから直線へ。粘るトウショウピストに対し、内からディバインコード、外を伸びてはグレーターロンドンらも競り掛けて残り400m地点を通過します。しかし、グレーターロンドンを含めこれら好位勢の伸びは今ひとつで、代わって直後から、リスグラシューベルキャニオンダイワキャグニーあたりが進出。馬群を割るように伸びた3番人気リスグラシューが一気に単独先頭へと抜け出すと、ラストで最内を突いて伸びた5番人気サトノアレス以下を振り切ってV。アルテミスSぶりとなる重賞2勝目を、府中マイルの舞台であげています。2着サトノアレスからクビ差の3着にはダイワキャグニーが入っています。公認プロ予想家では、スガダイプロ馬券生活プロほか、計10名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
3(土)を京都7R京都10R京都11R(3連単21万280円馬券的中)と、この日登録した予想4Rのうち序盤の3Rで連続的中!好調は翌4(日)も続き、G3きさらぎ賞での16万1,280円払戻しなどの活躍を披露しました。2日連続のプラス収支達成で、週末トータルでは回収率363%、収支31万6,310円プラスのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
3(土)の京都2Rでの馬連1点的中、4(日)の東京5Rでの馬連1点的中などで好精度予想を披露し、週末トータル回収率221%、収支10万7,000円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
3(土)は東京8Rで◎ゴールドブラッド(単勝20.0倍)の単勝を的中!4(日)にも東京8Rでの◎スリラーインマニラ(単勝25.5倍)的中を披露するなどの好調ぶり。連日の回収率100%超えをマークした先週は、土日トータル回収率189%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)京都5Rで◎ナリタハーデスの単勝を的中し10万6,480円を払戻し。東京12Rでの◎トレンドライン的中(馬連含め計17万5,640円払戻し)などの活躍を披露しました。土日トータル回収率では134%、収支14万4,160円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(174%)、マカロニスタンダーズプロ(158%)、エース1号プロ(146%)、イータン育成プロ(116%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(109%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
さらには、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3〜25)』に参加中の内田の予想さん(118%)、馬侑迦さん(103%)が活躍を披露しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣に加え、“未来のプロ予想家”たちの予想が集うプロ予想MAXにご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月3日(月) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第4回 未出走の有力馬をピックアップ〜
閲覧 3,042ビュー コメント 0 ナイス 8

 本題へ入る前に、前シーズン「ウマニティPOG 2016」で生まれたウマニティPOG史上初の快挙を紹介したいと思います。達成したのは現在スペシャルワールドに所属しているえ〜ちゃん。さん。5月28日の日本ダービー(3歳G機ε豕芝2400m)を仮想オーナー馬のレイデオロが制したことにより、「全G祇覇」のレイを獲得した最初のユーザーとなりました。え〜ちゃん。さんの仮想オーナー馬はこれまでに阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークス桜花賞NHKマイルカップオークス日本ダービーで各1勝、皐月賞で2勝をマーク。サービス開始からわずか4シーズンのスピード達成です。

 各プレイヤーがこれまでに勝ったJRAの重賞は「POGスタンプ」の欄で確認できますから、この機会にぜひ皆さんもチェックしてみてください。ちなみに、私が獲得した達成スタンプは現在のところG掘5、G供1、G機2の計8個。「ウマニティPOG 2014」のスペシャルワールドで優勝、G気盞4勝(NHKマイルカップオークスを各2勝)と我ながら決して悪くない成績だと思うのですが、この「POGスタンプ」に関してはほとんど埋められていません。そもそも、この「POGスタンプ」を知った時点では「ずいぶんとまた気の長い表彰システムだなぁ」「10年目くらいまでには達成者が現れるんだろうか」みたいなことを思っていましたからね(笑)。空前にしておそらく絶後の記録達成、本当におめでとうございます。

 5シーズン目となる「ウマニティPOG 2017」は開幕から一か月が経過。既にJRAだけでも389頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月23日には函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する予定です。

 既に仮想オーナー枠を使い切り、あとは見守るだけという方もいるはずですが、参加しているプレイヤーの大半は今後の入札がポイントと考えているはず。実際、仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、将来的に優勝争いへ食い込むことも十分可能だと思います。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む。ただし7月3日時点で抹消済み、もしくは不在厩とされている馬を除く)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介しましょう。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

イッツパーフェクト(牡/父Frankel×母パーフェクトトリビュート) ※75位
シグナライズ(牝/父Frankel×母ワイルドココ) ※72位
プリュス(牝/父ヴィクトワールピサ×母サラフィナ) ※47位
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
ジェネラーレウーノ(牡/父スクリーンヒーロー×母シャンハイロック) ※36位
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
ゴールドフラッグ(牡/父ステイゴールド×母ポイントフラッグ) ※55位
グランデウィーク(牡/父スペシャルウィーク×母プロフェシーライツ) ※85位
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

 余談ながら、昨シーズンはほぼ同様のルールで作成したこの一覧にソウルスターリングダンビュライトがいました。夏の2歳ステークスを目指すような馬だけでなく、来春のクラシック戦線から逆算してこの時期を選んだ馬もたくさんいるのでしょう。
 今シーズンは「注目POG馬ランキング」1位のスターリーステージ(スターアイルの2015)が該当。まだ具体的な出走予定は発表されていないようですが、早ければ夏季競馬のうちにデビューを果たすかもしれませんね。グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)、レイエンダ(ラドラーダの2015)といった“超”のつく良血馬も入厩済みです。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 種牡馬別成績でダントツの存在だったディープインパクトの産駒は下記の通りでした。

イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
マイスターシャーレ(牡/父ディープインパクト×母ウィステリアアーチ)
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
ウォルビスベイ(牡/父ディープインパクト×母オヴァンボクイーン)
プラーナ(牝/父ディープインパクト×母オウケンサクラ
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ダークナイトムーン(牡/父ディープインパクト×母サマーナイトシティ)
アンチェイン(牡/父ディープインパクト×母サムワントゥラブ)
グラウベン(牡/父ディープインパクト×母サンドリオン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
カーボナード(牡/父ディープインパクト×母ディアマンティナ)
ノーブルカリナン(牝/父ディープインパクト×母ノーブルジュエリー
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ミッキーマインド(牡/父ディープインパクト×母マイグッドネス)
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)
グローリーヴェイズ(牡/父ディープインパクト×母メジロツボネ)
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
オールフォーラヴ(牝/父ディープインパクト×母レディアルバローザ

 前出のスターリーステージグレートウォリアーに加え、ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015)も人気を集めていた一頭。現在開催中の3回中京でデビュー予定との報道もあり、今後はますます注目度がアップするでしょう。しかしその一方、いわゆる“POG本”などでそれほど大きく取り上げられていないディープインパクト産駒も多数いるので、このあたりから後の活躍馬がポンと出てくるかもしれません。

 生産者別成績で突出ぶりが目立ったノーザンファームの生産馬は67頭います。こちらも人気の盲点になっている馬がいそうですから、主要な種牡馬の産駒を中心にチェックしてみてください。

プリズマティコ(牝/父Medaglia d'Oro×母テルアケリー)
ディアブライド(牝/父ヴィクトワールピサ×母アルウェン)
アーデルワイゼ(牝/父エイシンフラッシュ×母アーデルハイト)
ムーランナヴァン(牝/父エイシンフラッシュ×母シュペトレーゼ)
サミットプッシュ(牡/父エイシンフラッシュ×母ブロードピーク)
カラレイア(牝/父エンパイアメーカー×母ベッラレイア
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
アドマイヤツルギ(牡/父オルフェーヴル×母リュシオル)
ネイビーアッシュ(牝/父キングカメハメハ×母ダイヤモンドディーバ)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
タムロリバティ(牝/父キンシャサノキセキ×母タイキポーラ
スズカクイーン(牝/父クロフネ×母エカルラート)
ベストヴォヤージュ(牝/父クロフネ×母シーズンズベスト)
イダペガサス(牡/父ゴールドアリュール×母カロンセギュール)
グーテンターク(牡/父ゴールドアリュール×母ジンジャーミスト)
メリッサーニ(牝/父ゴールドアリュール×母ダイワオンディーヌ)
サンドクイーン(牝/父ゴールドアリュール×母フィエラメンテ)
タイセイビスタ(牡/父シンボリクリスエス×母マハービスタ)
ディロス(牡/父ステイゴールド×母ラトーナ)
エバージャスティス(牡/父スマートファルコン×母カリズマティックゴールド)
レディバード(牝/父スマートファルコン×母シーズインポッシブル)
ヘッドストリーム(牡/父ダイワメジャー×母アシュレイリバー)
ガゼボ(牡/父ダイワメジャー×母アマルフィターナ)
メジャーレート(牡/父ダイワメジャー×母スルーレート)
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
パストゥレイユ(牝/父ダノンシャンティ×母カドリーユ)
イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
ハイヒール(牝/父トーセンホマレボシ×母ドリームスケイプ)
アイスフェアリー(牝/父ノヴェリスト×母アイスドール
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
ギルトエッジ(牡/父ノヴェリスト×母ランズエッジ)
ミッキーアトアニ(牡/父ハーツクライ×母アトアニ)
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
ハーツイグニション(牝/父ハーツクライ×母ビリーヴミー)
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
ローブレガリア(牝/父ハーツクライ×母ベルベットローブ)
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
アドマイヤテンプウ(牝/父ハービンジャー×母アステリオン)
ヴェロニカグレース(牝/父ハービンジャー×母エンジェルフォール)
オークヒルロッジ(牡/父ハービンジャー×母オークヒルパーク)
ノームコア(牝/父ハービンジャー×母クロノロジスト)
トーセンアルタイル(牡/父ハービンジャー×母ケアレスウィスパー)
アングレーム(牝/父ハービンジャー×母シャラントレディ)
ノストラダムス(牡/父ハービンジャー×母ソムニア)
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
スールマカロン(牝/父ハービンジャー×母マカロンドナンシー)
レンブランサ(牝/父ヘニーヒューズ×母パシオンルージュ)
ドロップゴール(牡/父ヨハネスブルグ×母グローリアスデイズ)
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
パイオニアバイオ(牝/父ルーラーシップ×母アニメイトバイオ
ミッキーパパイア(牝/父ルーラーシップ×母スターシンフォニー)
ハッピーオーキッド(牝/父ルーラーシップ×母ハッピーラン)
テトラドラクマ(牝/父ルーラーシップ×母リビングプルーフ)
ジャンティエス(牝/父ローエングリン×母アウトオブザウィム)
アンフィトリテ(牝/父ロードカナロア×母アドマイヤフッキー)
ヴェルスパー(牝/父ロードカナロア×母ヴェルザンディ)
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位
ミッキーワイルド(牡/父ロードカナロア×母ワイルドラズベリー)
ワークジュニア(牡/父ワークフォース×母グランプリソフィ)
エンペラーズベスト(牡/父ワークフォース×母チャイナドール)

 調教師別成績の上位組では下記の馬たちが既に入厩していました。

藤沢和雄調教師>
タワーオブロンドン(牡/父Raven's Pass×母スノーパイン)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
レッドオールデン(牡/父ルーラーシップ×母リーチフォーザムーン)

池江泰寿調教師>
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

堀宣行調教師>
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)

友道康夫調教師>
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
アップファーレン(牝/父ハードスパン×母アブソリューション)
クアトレフォイル(牡/父ルーラーシップ×母シャムローグ)

角居勝彦調教師>
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位

矢作芳人調教師>
該当馬なし

 個人的にもっとも面白いと考えているのはこのカテゴリーに属する馬たち。アップファーレン(アブソリューションの2015)など注目度の低い馬もいますが、トップ厩舎の貴重な馬房を確保しているわけですから、一定以上の素質を秘めている可能性が高いと考えていいはずです。

[もっと見る]

グローリーヴェイズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 137ビュー コメント 2 ナイス 6

暦の上では春とはいえ、まだまだ寒いですね?
来週の水曜14日は、バレンタインデーです。
甘い御菓子好きなのに、チョコレートだけは好んで食べない。
最近では、貰う事も無いので関係ない行事ですけどね?(笑) 
もうすぐ訪れる”雨水”も、三寒四温を繰り返しながら、
春に向かっていることを感じますね?

<雨水(ウスイ)とは?>
毎年2月18〜19日頃(2018年は2月19日)。
立春から数えて15日目頃。空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。
 


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「〜術はある〜」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 途中経過】
第02期(01月27日〜02月18日)08日間(根岸S〜小倉大賞典:全11戦)

先週から始めた”重賞レースの注目馬”(ブログでカキコした個人的な復習の為)で、
いきなり結果を導き出した。
ちなみに先週末とりあげたレースの注目馬は
「東京新聞杯=グレーターロンドン、サトノアレス、ダノンプラチナ、リスグラシュー」
「きさらぎ賞=エポカドーロ、カツジ、グローリーヴェイズ、ラセット」。
(詳細はブログで確認して下さい。)

東京新聞杯4頭から1,2着馬を導き出し、馬連2,450円/馬単4,430円。
その一方、きさらぎ賞は、2,3着馬を導き出し、ワイド570円。(1頭出走取消のため3頭)

確かに、馬券に絡んでいるが、結果論?
実際にリアル馬券で購入したのは、
東京新聞杯(馬連16⇒3,8,10,15の4点と押えに馬連3,8,10の3頭BOX 3点)を3,000円購入して、
4,900円の払戻金。
一方、きさらぎ賞(馬連8⇒4,9,10の3点と馬単8⇒10の1点)も3,000円購入しハズレ、
合計1,100円のマイナス収支!?

まぁ、きさらぎ賞に関しては、優勝馬を導き出せていないので仕方がありません。
ただ、東京新聞杯に関しては、当てているのに思ったほど儲からない?
根本的な少額資金だけは変更できないので、購入する馬券種なのか?資金配分なのか?
いやもう一つ、レース傾向のチェック?

きさらぎ賞は、過去10年中1番人気馬勝率40%/連対率70%に対して
東京新聞杯の1番人気馬(08年以降優勝馬ゼロ)勝率0%/連対率10%でもわかるように、
当日のオッズチェックにより、買い方を工夫できたはず!?
つまり、東京新聞杯16番グレーターロンドン(1人気)を押えにして、
馬連BOX (3,8,10)3点を本線で購入していれば、もう少し儲けることが出来ていたはず!?
いずれにしても、後の祭りである。

今週末の重賞レースの注目馬
共同通信杯=サトノソルタス、ブレステイキング、アメリカンワールド
京都記念=モズカッチャン、レイデオロ
クイーンカップ=アルーシャ、フィニフティ、レッドベルローズ、ミュージアムヒル

過去10年のレース傾向
共同通信杯=1人気【2-2-2】、優勝馬は6番人気内
京都記念=1人気【3-2-1】、優勝馬は6番人気内(4,5歳中心)
クイーンカップ=1人気【5-1-1】、優勝馬は4番人気内(ヒモ荒れ)

【雑談でいっぷく!】
Amazon(アマゾン)に関する話になります。

ふと気が付くと個人経営の本屋が、近所からなくなり、数年前にはCDショップもなくなっています。
確かに、小さな街です。だからと言って、過疎化が進んでいるわけではありません。
多分、ネット通販の躍進によるシワ寄せが、個人経営店に押し寄せているのだと考えられます。

現在ほどインターネットが普及していない頃、
雑誌は手に入っても、単行本を予約注文しても手にするのは、発売1ヶ月後ぐらいが当たり前?
そんな時代を知っているからこそ、いかにネットが便利なのか実感できる。
雑誌では毎月「競馬 最強の法則」、隔月「競馬王」を購入、
たまに競馬に関する単行本等を購入するのはネット(アマゾン)注文!?

先日、単行本をネット(アマゾン)で予約注文した。
通常なら発売翌日に配達!雑誌なら発売当日に届く。
当然、遅くても発売翌日には届くはずが、発売当日の注文履歴を覗くと放置?
メール(AM 8時頃)を通じて尋ねると、(以下、一部抜粋)

Amazon.co.jpでは、ご予約商品をできる限り早くお届けするよう努めておりますが、商品の詳細ページに発売日当日/発売日前日お届けの記載がある場合を除き、発売日当日のお届けは確約できません。商品の入荷状況や配送時間の関係上、商品が確保され、出荷準備を開始できるのが発売日前後となります。その後、お届けには1-4日かかるため、発売日以降のお届け予定日を設定しております。そのため、発売日当日のお届けをお約束することはできません。注文確定画面で表示されるお届け予定日を目安に商品をお届けします。大変恐れ入りますが、注文確定前の画面に表示されるお届け予定日を必ずご確認のうえ、ご注文をご検討ください。今回ご注文いただいた商品はすでに出荷準備を進めており、出荷手続きが完了しだい商品を発送いたします。お届け予定日までいましばらくお待ちください。

何だか出前注文の言い訳みたいな?出荷準備を進めていると返事(AM 9:20頃)が届いた。
別に、急いで欲しい本でもないし、
ただ一応プライム会員なので、仮に発売当日に「お急ぎ便」で注文すれば遅くても翌日には届くシステム!夕方(17時頃)まで待って、もう一度注文履歴を覗いてもそのまま放置?
予約注文を軽く扱いすぎる横暴な面が増殖中なのか?

メール連絡後、何も変化がなく放置され続けた為、注文を取り消し!完了。

 グリーンセンスセラ 2018年2月5日(月) 21:44
> ダノンマジェスティ惨敗 
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 2

ダノンマジェスティ「超大暴走」惨敗......安藤勝己氏「松若風馬苦言」も仕方なしでサトノフェイバーと明暗─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル 2018年2月4日 16時38分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5747.html

 4日に京都競馬場で開催されたきさらぎ賞(G3)。古川吉洋騎手が騎乗する4番人気のサトノフェイバー(牡3歳、栗東・南井克巳厩舎)が逃げ粘りを決め、無傷の2連勝を飾った。

 レースはサトノフェイバーがハナを主張。1000mの通過タイムが61秒3というスローペースを作り上げる。このまま行かせる訳にはいかないと3コーナー手前からM.デムーロ騎手騎乗のグローリーヴェイズが中団から先頭に立つべく進出。だが、それでもサトノフェイバーがわずかに前に出てハナは譲らない。

 最後の直線では先行2頭がマッチレースを展開。後続を突き放しにかかるサトノフェイバーにデムーロのムチに加速を促されたグローリーヴェイズが襲いかかる。ゴールには2頭が並んで飛び込み、長い審議のあとわずか9cmの差でサトノフェイバーに軍配があがった。

「きさらぎ賞をレース史上最少キャリアで制したサトノフェイバー。レース前から管理する南井厩舎関係者が『秘密兵器』と称し、『クラシックも夢ではない』と豪語するほど惚れ込んでいた逸材がついに開花しましたね。今回の勝利で賞金もクリアしましたので、クラシック戦線での走りにも期待が集まります」(現場記者)

 新たなるクラシック候補が名乗りを上げた。だがその一方、戦前はクラシック候補とされながらもその大きすぎる期待に応えられなかった馬もいる。

🏇🏇次のページ 9着に終わったダノンマジェスティはちょっとがっかり

「9着に終わったダノンマジェスティはちょっとがっかりでしたね。レース前は、走りは荒削りなものの、関係者から口を揃えて『大器』『クラシック候補』と手放しで評価されていたのですが......。

 今回、一時は後方から馬群の外を走り先頭集団に上がったものの最後の直線の入り口で失速。そのままコーナーで大きく膨らんでしまい下位に沈みました。快勝した前走でも最後の直線でもたれるところを見せたため、今回はハミを変えるなど対策して臨んだようですが、あまり効果的ではなかったようです。どれだけ才能があってもこの悪癖がある限りは上に行くことは難しいでしょうね」(競馬誌ライター)

 さらに、元JRAの騎手にして現在競馬解説者の安藤勝己氏は自身のTwitterできさらぎ賞に言及。上位の馬を褒めた後、ダノンマジェスティについて「直線まで馬群に入れとかないとダメ。先まで尾を引く負け方でもったいない」と松若風馬騎手に苦言を呈している。

 レース前までは関係者たちからは潜在能力の高さを手放しで賞賛されていたサトノフェイバーとダノンマジェスティだが、2頭の明暗はくっきり別れてしまったようだ。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2018年2月4日() 23:55
きさらぎ賞・東京新聞杯・アルデバランS・エルフィンSの感...
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 1

☆エルフィンSの結果☆
ブログ収支は、+8100Pでした。

実際の馬券も、単勝 10(レッドサクヤ)を買って、単勝3.7倍を当てました。
まさかの1月全敗でしたが、これだけ溜めに溜め込んだら、初当たりは大きいの出ると思ってたのに、出たのは鹿のフンのような小ささで笑っちゃいました(笑)
今週も全敗したら、「ぼくの2018年の1勝目はどのレースになるかクイズ」をみなさんに出して遊ぼうかなと思ってたんですが、そのクイズ企画はお蔵入りです。
とりあえず、長い連敗をようやく止めることができたんで、ここからエンジン全開で行きますよ〜!

出走馬達へのコメント
1着レッドサクヤ
う〜ん・・・。ちょっとレースレベルが低い感じがしたんで、勝ったこの馬に関しても桜花賞で楽しみと言えるほどの雰囲気は感じなかったですが、まだ4戦しかしてませんからね〜。
ここからもっと力をつけて強くなってほしいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆アルデバランSの結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、馬連 5・9・10 BOXを買いましたがハズレ・・・。
逃げ・先行勢にとって楽な展開になると思って先行勢ばっかり選んたけど、想像とは正反対で逃げ・先行勢よりも道中じっくり溜めてる馬に展開が向いたんで、予想的には大外れでした。

出走馬達へのコメント
1着ナムラアラシ
出走馬のレベルや展開利も考慮すると、直線の伸びっぷりは3割増しぐらいでよく見えたかもですが、爽快感あってよかったです。
不器用で後方からの競馬が多いから、好走したり不発だったり振り幅の大きいタイプですが、少しずつじわじわ力つけてきてます。
あのナムラビクターの半弟なんで、いずれは地方交流重賞や重賞で活躍できるぐらいの馬になれるといいですね〜。


--------------------------------------------------------------------------------

☆きさらぎ賞の結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、3連複 8−9−4・5・7を買いましたがハズレ・・・。
昨日のブログから、ダノンマジェスティ本命のとこだけモザイク処理したいぐらい恥ずかしいです。

出走馬達へのコメント
1着サトノフェイバー
クラシック戦線でどこまでやれるかはちょっとわかりませんが・・・。
ゼンノロブロイ産駒なんで良馬場でも少しパワーのいる馬場も向いてた可能性あるとはいえ、2着グローリーヴェイズにハナ差まで追いつめられながらも京都の外回りで逃げ切ったのは頑張りました。
中山とか小回りの器用さ問われるコースなら、もっと持ち味の先行力・持久力が活かせそうです。

2着グローリーヴェイズ
負けたとはいえ、ハナ差の2着なんで悲観することないし、賞金加算はできたんで次回以降また頑張ってほしいです。
この馬は、もっと時計の出やすい軽い馬場の方が持ち味がさらに出そうですね。

9着ダノンマジェスティ
馬が全く先生のいうことを聞かない極悪不良少年って感じでしたが、松若も教師どころか教育実習生のようななめられっぷりでした。
こういう馬には、生徒指導の体育教師のような剛腕系の騎手がいいのかもしれません。
持ってるポテンシャルは高そうなんで、上手く引き出してくれる騎手と出会えるかがポイントになりそうです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆東京新聞杯の結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、単勝 16(グレーターロンドン)を買いましたがハズレ・・・。
終わってから言うのもアレですけど、このレースかなり自信あったんですけどね〜。
自信あっただけに、レース後は、ちょっとショックでした。

出走馬達へのコメント
1着リスグラシュー
去年の3歳世代の牝馬はハイレベルだと思ってるし、この馬は1600〜2000mだと安定して強いんで牡馬相手に重賞勝っても驚かないですけど、ヴィクトリアマイルに向けていい結果が出せましたね〜。
位置取り、抜け出すタイミングなど武豊もかなり上手く乗ってたと思います。

9着グレーターロンドン
前で競馬してたけど、あらためてレースラップとか見てもそれが原因とは全く思わないんで、状態面か馬場が敗因かな〜と思っています。
重賞なんで目一杯に仕上げてるとは思わないし、速い時計の出る高速馬場が1番いいにしても、思った以上に負けててショックでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝



ころがし馬券大会

・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる

・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
名護市長選挙で渡具知武豊さんが当選されたそうですが、競馬ファンが見ると名前のラスト2文字に異常に反応しちゃいますね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グローリーヴェイズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グローリーヴェイズの写真

グローリーヴェイズ
グローリーヴェイズ

グローリーヴェイズの厩舎情報 VIP

2018年2月4日きさらぎ賞 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グローリーヴェイズの取材メモ VIP

2018年2月4日 きさらぎ賞 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。