日経賞2017

2017年3月25日(

日経賞 G2

中山競馬場/芝/2500m

最新出走予定馬情報 〜日経賞2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)ハイレベルの4歳世代にまたスター候補が誕生した。4番人気でキャリア5戦のシャケトラが重賞初制覇を飾り、天皇賞・春の優先出走権を獲得。タイム2分32秒8(良)。3/4馬身差の2着も4歳馬で7番人気ミライヘノツバサが入り、連覇がかかっていた1番人気ゴールドアクターは5着に敗れた。

 強豪ぞろいの4歳世代から新星の誕生だ。キャリア5戦のシャケトラが直線で脚を伸ばして重賞初制覇。初コンビの田辺騎手も白い歯をこぼす。

 「1週前に調教に乗って、すごくいい馬と感じていたし、強い馬だと自信を持って乗りました。ゲートがひと息でポジションが下がったけど、強い馬を見ながら進められたので良かったです」

 道中は後方6番手。3コーナー手前で位置を上げ、直線入り口で前を射程に入れる。馬場の真ん中を力強く伸び、早めに先頭に立ったミライヘノツバサを差し切った。

 20年連続の重賞Vとなった金子真人オーナーも「強かったですね」と笑顔。平地GI24レース完全制覇に残り5つで、その一つである高松宮記念フィエロが出走)に弾みをつけた。

 シャケトラの今後は未定だが、春のGIでは天皇賞(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)、宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)が視野に入る。イタリア語で『幻のデザートワイン』と名付けられたシャケトラが進む先に、おぼろげだった大舞台への道がはっきりと見えてきた。 (千葉智春)

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

【日経賞】ゴールドアクター、脚いろが鈍り5着3月26日() 05:04

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)日経賞連覇に挑んだ1番人気ゴールドアクターは、3番手をリズム良く追走。2周目4コーナーでは先行馬2頭を完全に射程圏に捕らえたように映ったが、いざ追い出すと脚いろが鈍り、5着に敗退した。「絶好の展開でしたが、追ってから全然反応がなかった。前の馬もかわせず、後ろの馬にも差されてしまった」と吉田隼騎手はまさかの完敗に首をかしげていた。

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】ミライヘノツバサ、展開ズバリ2着3月26日() 05:04

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)全4勝を挙げている得意の中山で7番人気ミライヘノツバサが気を吐いた。ヤマカツライデンを見る形で2番手を追走。4コーナーで先頭に立って粘り込みを図ったが、最後は外からシャケトラの瞬発力に屈して3/4馬身差の2着。それでもGI馬2頭に先着し、前走のアメリカジョッキークラブC3着に次いで重賞でも通用する能力をアピールした。

 「理想的な展開。ゴールドアクターを振り切ったときは“勝った”と思った。最後の100メートルで脚が上がったけど、力をつけている」と藤岡佑騎手は今後に期待を寄せていた。

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】ディーマジェスティ、馬場影響し6着3月26日() 05:04

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)ジャパンC13着以来、4カ月ぶりの実戦となった昨年の皐月賞ディーマジェスティは後方からの競馬。3コーナーから徐々に進出して、直線もじわじわと脚を伸ばして6着。「久々で体に余裕があったし、馬場が悪くて、そこで脚を取られて上がっていけなかった。セントライト記念のときから馬の気持ちがナイーブになっている感じで、ちょっと気難しい面が出てきたのかも」と蛯名騎手は課題を挙げていた。

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】レースを終えて…関係者談話3月26日() 05:04

 ◆藤岡佑騎手(ミライヘノツバサ2着) 「理想的な展開。最後の100メートルで脚が上がったけど、力をつけている」

 ◆岩田騎手(アドマイヤデウス3着) 「(2周目の)3〜4コーナーでもたついたが、しぶとく伸びてくれた」

 ◆M・デムーロ騎手(レインボーライン4着) 「(勝負どころで)内にいて狭くなった」

 ◆吉田隼騎手(ゴールドアクター5着)「絶好の展開でしたが、追ってから全然反応がなかった。前の馬もかわせず、後ろの馬にも差されてしまった」

 ◆蛯名騎手(ディーマジェスティ6着) 「久々で体に余裕があったし、馬場が悪くて、脚を取られて上がっていけなかった。ちょっと気難しい面が出てきたのかも」

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日経賞】シャケトラ差し切り重賞初V 3月25日() 15:52

 3月25日の中山11Rで行われた第65回日経賞(4歳以上オープン、GII、芝・内2500メートル、別定、16頭立て、1着賞金=6700万円)は、田辺裕信騎手騎乗の4番人気シャケトラ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が制し、天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分32秒8(良)

 レースはヤマカツライデンミライヘノツバサアドマイヤデウスゴールドアクターが先行集団を形成。ジュンヴァルカンは出遅れた。直線でミライヘノツバサが先頭へ。連覇がかかっていたゴールドアクターが4コーナー2番手から伸びを欠く中、後方からシャケトラが一気に末脚を伸ばして、内で粘るミライヘノツバサ(7番人気)を捕らえ、3/4馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。さらにアタマ差の3着にアドマイヤデウス(6番人気)。4着はレインボーライン(2番人気)で、単勝1.7倍と圧倒的な人気を背負っていたゴールドアクターは5着に終わった。

 シャケトラは、父マンハッタンカフェ、母サマーハ、母の父シングスピールという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は金子真人ホールディングス(株)。通算成績は6戦4勝。日経賞は、角居勝彦調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。

 ◆田辺裕信騎手「厩舎の方の期待が大きく、強い馬だと思って自信を持って乗りました。ゲートがひと息で思ったよりポジションがさがりましたが、それはそれでよかったのかもしれません。(天皇賞・春は)どんな競馬でもできるし、伸びしろもあるので、頑張ります」

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

日経賞の新着ニュースをもっと見る

 ジャパンC13着以来になるディーマジェスティは、僚馬を追いかけて半馬身遅れたものの、しまいの反応は上々だった。6ハロン80秒6、3ハロン36秒8−12秒6の時計も合格点で、蛯名騎手は「前走は参考外。疲れがあって本当ではなかった。多少体に余裕があるのでビッシリ追った。心身ともリフレッシュされているし、本番(天皇賞)に向けて弾みをつけたい」と好感触をつかんだ様子だった。

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日経賞】ゴールドアクター、連覇へ12秒83月23日(木) 05:02

 日経賞連覇を目指すゴールドアクターは、吉田隼騎手を背にWコースで5ハロン65秒0、3ハロン36秒3−12秒8の好時計。3頭縦列の最後方から直線は2頭の間を突き抜けて各1馬身先着と格の違いを見せつけた。「ゴールを過ぎてからも追うのはいつものこと。予定通り来ているし、体重も前回と同じ(498キロ)か少し減るぐらいで出られると思う」と中川調教師は納得の表情だ。

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】ディーマジェスティ始動戦から全開 3月22日(水) 11:50

 ジャパンC13着以来となる昨年の皐月賞ディーマジェスティは、美浦Wコースでワールドレーヴ(古馬1600万下)を大きく追いかけ、直線に入って内から猛追。クビだけ届かなかったが、5F65秒4−50秒9−37秒3−12秒7はさすがだ。

 「立派な体つきだったので最後はやった。元気いっぱいでフレッシュさがある。もう久々がどうとかいうレベルの馬じゃないので」と、手綱を取った蛯名騎手は始動戦から全開モードを示唆。GIを勝った中山で輝きを取り戻したい。(夕刊フジ)

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】ゴールドアクター連覇へ豪快先着 3月22日(水) 11:50

 昨年の覇者ゴールドアクターは今年もここから始動。美浦Wコースで内スイートメモリーズ(古馬500万下)、外ベストドリーム(古馬1000万下)を追いかけて、直線で真ん中から豪快に1馬身半突き抜けた。これで3週連続の直一杯だ。大目標の宝塚記念(6月25日、GI、阪神、芝2200メートル)の単なる叩き台というイメージはサラサラない。

 「先週もしっかりやって今週もこのとおり。体も前回(有馬記念3着)と同じくらいか、少し減るくらいで出走できそうだし、見た目からしていい」と、中川調教師もハイレベルなデキを保証。(夕刊フジ)

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】ゴールドアクター連覇へ視界良好3月22日(水) 05:02

 今年初戦となる一昨年の有馬記念ゴールドアクター(美・中川、牡6)。21日はキャンターで坂路を1本登坂して、きょうの追い切りに備えた。「ここまで順調だし、去年と同じような感じで、イメージ通りに来ている」と中川調教師。日経賞連覇に向けて、視界は良好だ。

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 660ビュー

凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「日経賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ゴールドアクターのみ1頭。
第2グループ(黄)は、アドマイヤデウスのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ディーマジェスティから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシャケトラレインボーラインレコンダイトまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位2頭がそれぞれ次点に差を付け、一方で以下は大きな“溝”が生じない配置となっています。
さらに去年とは打って変わってフルゲートと頭数が揃い、ここからG1戦線を賑わせてきそうなメンバーも多数。多士済々の状況故、思わぬ盲点となってくる隠れ実力馬が現れそうな印象です。

そんな中、今回の私の本命は◎アドマイヤデウスにしました。中山2500でのパフォーマンスはもちろん、前年のJCや有馬記念に出走していた組が活躍傾向のこのレースで、56キロでの出走とあれば積極的に狙ってみたいと思います。(特にJC・有馬のうち、JCを使わず有馬のみ出走していた組は好走傾向が強く、手元の資料にある近12年で複勝率83%となっていました。)
頭数は揃ったものの逃げ・先行勢は多くなく、昨年のように流れが落ち着いてくれればこの馬のチャンスはさらに大きくなるとみています。3位以下を引き離しているこの凄馬出馬表評価も信頼してこの馬から。
○は普通にゴールドアクター。人気でも、休み明け緒戦でも、ここでは格好はつけてくれるのではとみます。
▲にレインボーライン。血統的にも、戦績的にも中山2500での一発に期待。この舞台への適性が割れていない分、少し妙味も出てくれるのではないかと思いましたが、鞍上が......。というわけで、あまり当日妙味は無さそうですね。それでも好走確率という意味では追い風と判断し上位進出を期待。
☆にシャケトラ。まだ実績馬たちとは斤量利があってこの指数評価であればチャンス十分。関東圏への輸送は初めてとなりますが、ここでも期待の方が大きいと見て上位評価。
そして、今回の私の馬券は当日オッズ次第では◎の単複勝負となりそうですが、当コラムでは◎○からの3連複とお楽しみの馬連ボックスを組み合わせた馬券で勝負とします。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,12=3,6,7,8,9,11,13(7点)

【馬連ボックス】
◎▲☆
9,10,13(3点)

計10点

03月24日(金) 10:23 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞】日経賞2017・GIIの枠順が確定!ネット
閲覧 329ビュー

【ウマニティ】

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。
■日経賞・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

■毎日杯・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

[もっと見る]

03月22日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月22日号】
閲覧 2,404ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年03月25日(土) 阪神11R 毎日杯
【“JRAの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [7-1-4-17](複勝率41.4%)
●なし [0-6-3-56](複勝率13.8%)
→優勝を果たしたのは重賞で上位に食い込んだことがある実績馬ばかり。なお“JRAの重賞”において4着以内となった経験がなかった馬のうち、生産者がノーザンファームでない馬は2010年以降[0-1-0-49](複勝率2.0%)と苦戦していました。


▼2017年03月25日(土) 中山11R 日経賞
【“前年か同年、かつJRA、かつ2400〜2500mのG1かG2”において6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [6-6-6-21](複勝率46.2%)
●なし [0-0-0-35](複勝率0.0%)
→“格”と距離適性を素直に評価した方が良さそう。また“前年か同年、かつJRA、かつ2400〜2500mのG1かG2”において6着以内となった経験があった馬のうち、前走の着順が6着以内だった馬は2011年以降[5-4-6-8](複勝率65.2%)、馬齢が4歳だった馬は2011年以降[3-3-2-2](複勝率80.0%)と、より安定しています。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 62ビュー

いつもは5月に開催されるイメージが強い天皇賞(春)だけど今年は4月開催。
例年に比べてちと早いけど伝統の長距離戦を楽しもう♪

本命:サトノダイヤモンド

有馬記念(GI)では年度代表馬であるキタサンブラックに勝利。
走る度に強くなっていく印象で阪神大賞典(GII)ではまさに人気通りでした。
3,200mという長距離もそつなくこなしてくれることでしょう。


対抗:キタサンブラック

大阪杯(GI)での走りは強いの一言でした。
5歳になってもトップレベルの強さを維持しています。
今回はひささびの3,200mということで
どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。


3番手:シャケトラ

クラシック戦線で活躍することもなく、
昨年6月のデビューからわずか6戦でGIの舞台へ。
日経新春杯(GII)2着、日経賞(GII)1着とGI馬相手に結果を残しています。
GIの舞台での走りに注目したいですね。


4番手:シュヴァルグラン

抜けた強さは感じられないが重賞戦線では常に上位に顔を出す馬。
大崩れすることなく安定した走りができるのがこの馬でしょう。
福永騎手との相性もばっちりで押さえておきたい1頭です。


5番手:アルバート

「長距離王に俺はなる!!」と言わんばかりに長距離重賞で活躍。
昨年の天皇賞では6着に敗れましたが展開次第によってはチャンスありです。
3,400mの距離走って上がり33.4秒は凄いです。


◎サトノダイヤモンド
○キタサンブラック
▲シャケトラ
△シュヴァルグラン
×アルバート

ワイドな馬券術師さん 4月30日() 09:26
2017'4/30[京都]天皇賞・春(G1)☆予想
閲覧 47ビュー

いよいよ2強の頂上決戦♪

◎サトノダイヤモンド…京都外回りはベストコースで外枠でも本命にします!

○Ε轡絅凜.襯哀薀鵝陳控離の安定感は1番ありそうで対抗。

▲哀譽ぅ鵐棔璽薀ぅ鵝蝶囲箸どうかも前走の負けは狭い内に入って正味200Mしか追えてないもので菊花賞2着もありデムーロ魅力の穴馬。

△.轡礇吋肇蕁珍袷の日経賞で重賞初制覇。前走頑張りすぎが気にはなるが、ここまで着外無しと安定感あり今回1枠1番で押さえ。

※キタサンブラックは2番手評価もワイドはつかないので切りますが3連単の相手には入れます。

☆買い目☆
【ワイド】
ー´Ν阿裡嚇
【3連単】
→´Ν唖´Ν阿裡隠嘉

[もっと見る]

やすの競馬総合病院さん 4月29日() 22:29
天皇賞春の予想スペシャルの巻
閲覧 56ビュー

馬場状態
1週使用しましたが、大きな傷みは出ておらず全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
実績:3000m以上のGI勝ちがあるとよさそう。
前走:1着馬5頭中、阪神大賞典組と日経賞組が各2頭ずつ。大阪杯が1頭。
時計:3分14秒台後半〜3分15秒台前半の決着に対応できると無難かな。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団よりも前で競馬できる方がよさそう。
血統:1着馬5頭中、ステイゴールド産駒が3頭。ブラックタイド産駒・ミスキャスト産駒が1頭ずつ。
年齢:1着馬5頭中、4・5歳が2頭ずつ。6歳が1頭。
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
枠順:1着馬5頭中、1枠が3頭。3・4枠が1頭ずつ。
人気:1着馬5頭中、2番人気馬が3頭。4・14番人気馬が1頭ずつ。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見て絞り込んでいったら・・・
実績:菊花賞1着、天皇賞春1着(3000m以上で無敗)
前走:大阪杯1着。
時計:3分15秒3の持ち時計あり。
展開:持久力勝負OK。
脚質:逃げも先行もできるんで中団より前で競馬OK。
血統:ブラックタイド産駒。
年齢:5歳。
性別:牡馬。
枠順:過去5年で1・3・4枠の馬しか勝ってないけど、内枠ということで2枠もおまけでセーフ扱い?
人気:現在は2番人気。

2枠が勝ってないとか、1番人気になる可能性もあるとかありますけど・・・
去年の1着馬だけあって、キタサンブラックが過去5年の1着馬の傾向にかなり合ってる部分が多いですね〜。

心情的には、応援してるサトノダイヤモンドを本命にしたいんですけど、過去5年の1着馬の傾向に合う馬を本命にする予想してるんで、データに素直にキタサンブラック本命で。

☆結論☆
◎キタサンブラック
内枠引いたんでロスなくスムーズに先行できそうやし、どれも逃げなかったら逃げればいいし、逃げ馬いたら2・3番手でもOK。
去年の有馬記念と今年の大阪杯を見比べても馬に衰えとか感じなかったし、武豊は天皇賞春を何度も勝ってるんで、いつも通りに自分のリズムで逃げ・先行して、あとは極端な瞬発力勝負にしないように早めに動いて少々の瞬発力勝負〜持久力勝負に持ち込めば勝ち負け濃厚なのかな〜。

本命馬がキタサンブラックに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
2倍台の単勝に厚くいける資金力なんて到底ないんで無理です。

「相手を選んで馬連流し」
サトノダイヤモンドとの馬連は激安すぎて手が出せないんで、サトノダイヤモンドを相手に入れるなら3連複か3連単。
サトノダイヤモンド以外なら馬連でも手が出せますね。

ということで、サトノダイヤモンドをどうするか・・・
サトノダイヤモンドは現在1番人気なんですが、過去5年の1番人気馬は(0.0.0.5)で全て着外という相性の悪さ。
過去10年の1番人気馬も(0.0.1.9)で全て連対を外しているという相性の悪さ。
過去の1番人気馬を見ると、ゴールドアクター、キズナ、ゴールドシップ、オルフェーヴルなどなどの豪華メンバーが1番人気で着外にぶっ飛んでるから、天皇賞春で競馬ファンから1番人気に支持されるような馬はかなり危険なのかも?
それに加えて、3200m未経験、58kg未経験、8枠、ディープインパクト産駒などを考えると、キタサンブラックとの有馬記念でのクビ差先着が逆転される可能性もあるし、斤量や距離が思った以上に辛かった場合にはキタサンブラックを負かしにいって返り討ちにあって連対外してしまうケースまでありえるかも?

ということで、「相手にサトノダイヤモンド以外の馬2・3頭選んで馬連流し」でいいかな。

そこで、どういう馬を相手に選んでいくか・・・
キタサンブラックが逃げ・先行脚質やし、サトノダイヤモンドがキタサンブラックを目標にして負かしに行く競馬するとなると、逃げ・先行勢は展開的にけっこう辛そうやし、サトノダイヤモンドと同じ土俵で勝負して先着しないといけないからけっこう厳しそう。

なので、サトノダイヤモンドに先着して連対するとなったら、道中はじっくり構えて余力を残して着拾いのような競馬しそうな馬が展開利込みで連対するパターンの方が期待値高いかな?

あとは、3頭とも異なる馬で3年連続で2着馬を出してる天皇賞春の善戦血統のハーツクライ産駒にも注目したいです。

〇シュヴァルグラン
去年の3着馬なんでキタサンブラックが勝つような競馬になったら上位にくる可能性十分ある馬やし、2400m以上の距離が得意やし、ハーツクライ産駒やし、人気2頭を前に見ながら福永がじっくり構えて着拾いの競馬してくれれば連対する可能性あっていいかも。

▲レインボーライン
去年の菊花賞が着拾いみたいな競馬して2着だったけど、差し・追い込み馬に展開の恩恵あるようなレースになったら菊花賞では負けたサトノダイヤモンドを逆転できる可能性もあっていいのかな?
ステイゴールド産駒は天皇賞春と相性いいし、デムーロもGIで頼りになるんで期待したいです。

☆天皇賞春 買い目☆
馬連 3−6 4000P
馬連 3−16 3000P 合計7000P



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
天王山S ブルドッグボス・・・5着

3着かなり際どい争いだったんで、ドキドキしましたが5着でしたね〜。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
天皇賞春 シュヴァルグラン

勝ちに行かずに着拾いしてくれたら、2・3着なら十分チャンスあると思う複勝向きの馬なんで、2・3着期待で指名しました。
まあ、複勝なんで勝ってくれても全然OKですけどね。

☆買い目☆
複勝 6 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
明日の香港GIクイーンエリザベス2世Cに、今年の中山記念の勝ち馬ネオリアリズムが参戦しますが、香港の人には、札幌記念でモーリスを負かして勝った馬と言った方がピンとくるのかな?

発走時間は、17:35なんで、JRAのGIをじっくり楽しんでから予想しても十分に間に合うから、馬券を買う人はバッチリ当ててくださいね〜。

[もっと見る]

ファストタテヤマださん 4月28日(金) 17:35
天皇賞春前哨戦振り返り
閲覧 60ビュー

【大阪杯】

12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

マルターズアポジーの放置逃げで
後続は淀みない流れからのラスト800m戦。
後方待機組には苦しく、先団に付けた馬が有利な流れ。


1着キタサンブラック

序盤でサクラアンプルールにやや絡まれかけたが、
武騎手大好き横山騎手がすぐに馬を離してくれたので
向正面からは何事もなく、いつも通りのマイペースな走り。

結局のところ同型馬というか、
強い先行馬が他にいない限りはこの馬が主導権を握れる
絶好の展開にはなってしまうのかなと思う。

緩急のある流れに巻き込まれてしまうと
さすがに苦しいとは思うが、
そういった流れを作る馬がいるかも怪しいし、
とにかくマイペースさえ貫ければ
まず崩れなさそうなイメージはある。



【日経賞】

6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

道中で大きな緩みもなく全体を通して淡々と進む流れ。
自力で押し上げるポイントがないため先団内目の馬が有利。


1着シャケトラ

後方外目で位置取り不利の流れを
向正面残り1000mからのスパートで着差以上の完勝。

向正面の直線上でスピードに乗せられたことと
上がりの速さを問われなかったこと、
相手関係の微妙さも手伝っての勝利だったが、
展開を考えれば強い競馬。


3着アドマイヤデウス

インの3番手と絶好位からの競馬。
相変わらずコーナーでの反応が悪く、
コーナリングで置かれて直線伸びるもあと一歩及ばず。


4着レインボーライン

道中はとにかく掛かり通しで
最後は馬群の内に入れるしかなく、終始リズムの悪い運び。

直線も残り200過ぎからしか追えず、
力を出し切らない恰好での敗戦なので度外視できる一戦。
ただ、掛かり具合は本番に向けて懸念材料。


5着ゴールドアクター

やや力の要る芝状態で
ダラダラ脚を使わされる展開が合わなかったのか、
普通に負けてしまう競馬。

この展開での好走歴がない馬だったし
負けても納得はいくが、
実績を考えればもう少し頑張ってほしかった。


6着ディーマジェスティ

展開と位置取りを考えればこの着順は仕方ないが、
結局は道中で押し上げの利くポイントがないと苦しい馬だし、
もし中弛みの恩恵を受けたとしても
末脚で劣ってしまうように見えるので、何とも難しそう。

本番に向けての課題は距離よりも位置取りと末脚。


7着ヤマカツライデン

力があればもっと粘れる展開ではあったし、
直後にいたミライヘノツバサが
2着に残ったことを考えると、物足りなさは感じる。



【阪神大賞典】

12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

序盤でレーヴミストラルが掛かってしまったり、
1周目の直線でウインスペクトルが先手を奪いにいったことでやや歪なラップ構成。
逃げ馬を無視して考えれば、平坦な流れからのラスト1000m戦。


1着サトノダイヤモンド

1周目の3〜4角で珍しく掛かってしまったが、
レーヴミストラルの動きもあったし、
この馬自身もやや促されてのスタートから
3〜4角での緩みだったので、あまり気にしなくて良いのかなとも思う。

むしろ気になるのはスタートのほうで、
今まで以上に出脚が付かなく見えたのは本番に向けて心配なところ。
レース内容としては完勝だったが、
本番でも位置を落とすようだと少し不安を感じる部分はある。


2着シュヴァルグラン

残り1000から半ば強引にペースを上げて
サトノダイヤモンドに真っ向勝負を挑む形になったが、
結果的にはコーナーで外々を早めに回る競馬にもなったし、
ちょっと無理があったかなとは思う。
ただ、福永騎手の勝ちに行く姿勢が見られたのは良かった。

正直、ここではどう乗っても
サトノダイヤモンドには勝てないように映ったが、
差を詰めることは可能だと思うし、
G1馬が相手でも善戦できそうな力は感じる。


3着トーセンバジル

勝負所では上位2頭を前に見ながら
多少ゆったりとは運べているし、
着狙いの競馬にも見えなくはないが、
この馬自身もある程度ロスのある競馬はしているし、
正直良いんだか悪いんだか分からない乗り方。

ロスなく運べればもう少し差は詰まりそうだが、
ただやっぱり前とは力量差がありそう。


4着タマモベストプレイ

川田騎手の謎の押し上げで
序盤にやや無駄なペースの上げ下げはあったが、
それ以外は比較的スムーズに運べていたし、
この馬としても力は出し切れる展開。


5着スピリッツミノル

1周目の3〜4角で抑え込まれたレーヴミストラルに前を塞がれてしまい、
ちょっと思い通りのポジショニングができなかった印象。
全体的にスムーズなら3着争いにもギリギリ加われたようには思う。


7着ワンアンドオンリー

中団外目を終始掛かり気味の運びで
勝負所の3〜4角ではすでにスタミナ切れ。
この距離ではどうにも厳しいところがありそう。



【ダイヤモンドS】

12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

長距離戦らしくない上がりの競馬。
道中は淀みも少なく、各馬とも走りやすいレースだったとは思う。


1着アルバート

決してこの流れが得意な馬ではないが、
結果的にはここでは力が違ったといえる勝ち方。

相手が強化されると末脚負けしそうではあるし、
位置取りの悪さは大きな課題。


2着ラブラドライト

番手から直線では加速の良さもしっかり見せたし、
この馬なりに力は出し切る競馬。
展開的には楽だったし、加速の競馬も合っていたのかなと思う。


7着ファタモルガーナ

好位から運べたが加速が付かず、
長距離戦らしくない展開が完全に合わなかった。


11着プロレタリアト

一瞬伸びかけたが最後は一杯。重賞では厳しい。



【2016天皇賞・春】

13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

後続に押し上げる隙を与えない
武騎手の芸術的なペース配分での逃げ

なんですが、
残念ながら公式ラップがその芸術性に見事に水を差しています。

7F目から11.6→12.9と謎のペースの上げ下げがありますが、
こんなラップを刻むことは100%ありえないと断言します。

実際には12.0→12.5程度で、
8F目がちょうどコーナー部分に当たるので
ある程度の減速があるのは当然ですが、
本当に武騎手は緩急を少なく、完璧な運びができたと言えます。


1着キタサンブラック

自力でレースを作っての完勝。
ただ、カレンミロティックと接戦になるあたり、
本質的に長距離はどうなんだろうと思う部分はある。


3着シュヴァルグラン

内目を通れたことは大きかったが、
進路取りがスムーズではなかったし、
場合によってはもう少し前との差は縮められたかなと思う。


6着アルバート

シュヴァルグランの直後に付ける形で
こちらも内目を回れたことは良かったが、
進路取りには少し手間取ったし、
直線の脚もシュヴァルグランにやや劣っていたので、
序盤で位置を取りに行けない点が大きな痛手になっている印象は受ける。


7着ファタモルガーナ

中団外目で要所要所で置かれながらも
直線しぶとく脚を伸ばしての7着。
内目でもう少しスムーズな立ち回りが利けば
着順は上げられたはずだが、
そのスムーズな立ち回りが利かない馬なんだとは思う。


9着アドマイヤデウス

位置取りはそこまで悪くなかったが、
最後は脚色が一杯になり失速。
もっと分かりやすいくらいの
上がり勝負にならないと厳しさは感じる。


12番ゴールドアクター

17番枠からのスタートで外目を回り続けるしかなかったし、
キタサンブラックの土俵で早めの動き出しにもなったので、
惨敗も致し方ない内容ではあるが、
直後で競馬をしていたトーホウジャッカルの
脚色なんかを見ると距離への不安は感じてしまう。

[もっと見る]

馬券のエースさん 4月28日(金) 12:31
天皇賞(春)≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 164ビュー

【天皇賞:春】京都3200m

昨日更新した≪その1≫で
1. 前走≪ステップレース≫
2. 前走≪着順≫
3. ≪好走条件≫
4. 【穴馬の方程式】
5. ≪ポジション≫
から該当馬を出しましたが

【総括】
荒れるレースと分かっていても「2強」の実績を見ると人気馬から狙いたくなりますね(^o^;)

≪血統≫
近5年の3着馬からはステイゴールド3勝、ハーツクライ産駒2・3着6頭
菊花賞と同じくディープ産駒は【0-1-0-9】とやはり距離の壁はつきまとうが
初の菊花賞馬となったダイヤモンドがここでもジンクスを破れるか!?
目立たないところでいうと「父母父」にグレイソヴリンのある馬が
近5年の3着以内馬15頭中7頭が該当。

≪馬体重≫
シャケトラ 520 栗東 510 〔+10kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
ラブラドライト 498  栗東476 〔+22kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
キタサンブラック 540 栗東 540 〔+-0kg〕
スピリッツミノル 496 栗東 498 〔-2kg〕
ファタモルガーナ 498 栗東 492 〔+6kg〕
シュヴァルグラン 478 栗東 474 〔+4kg〕
アルバート 484 美浦 478 〔+6kg〕
タマモベストプレイ 496 栗東 490 〔+6kg〕
ディーマジェスティ 482 美浦 488 〔-2kg〕
アドマイヤデウス 498 栗東 486 〔+12kg〕  ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
プロレタリアト 444 美浦 438 〔+6kg〕
ゴールドアクター 498 美浦 498 〔+-0kg〕
トーセンバジル 486 栗東 482 〔+4kg〕
ワンアンドオンリー 504 栗東 496 〔+8kg〕
サトノダイヤモンド 508 栗東 506 〔+2kg〕
レインボーライン 448 栗東 448 〔+-0kg〕
ヤマカツライデン 538 栗東 524 〔+14kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫

1枠…単勝10倍以上の馬(11年で6頭)人気薄が好走
6枠…単勝10倍未満の馬(11年で5頭)人気馬が好走

【穴馬の方程式】にローテの好走条件
・叩き2走目が一番!中でも前走た裕ぐ米發覆蕁5-5-2-21】複勝率37%
・6走以上休養を挟んでいない4.5歳馬【4-1-4-18】複勝率33%
・リピーター
・≪血統≫
を加えて、≪消し材料のない馬≫の中からかなり項目に当て嵌まる馬を探すと
◎キタサンブラック◎シュヴァルグランが一番項目が多い。
私は毎年このレースは有馬記念・日経賞の「上がり上位馬」を重視しています。
日経賞も3年前ホッコーブレーヴ・4年前フェノーメノ・5年前ウインバリアシオンと
きていますが、理由は最終の800mの流れがタフな上に最後の急坂。
これが坂の下りから平坦京都では、さらに加速力が活きるという見立て。

ただ、今年のステップの中では「阪神大賞典」が一番直結する内容だと思うので
荒れる傾向と書いておいて、この選択は・・・って感じですが、
結論は
◎はシュヴァルグラン、もちろん勝ったサトノ・キタサンも評価しているので
左程荒れない予想です。
今年は大好きな日経賞組では上がり最速シャケトラ、2位ディーマジェスティだけ
荒れるとすれば大賞典組5着以内馬から・・・
といった感じでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

[もっと見る]

やすの競馬総合病院さん 4月27日(木) 21:27
天皇賞春の単勝お買い得馬を調査する(調査2日目)の
閲覧 86ビュー


今日も、netkeiba.comの単勝予想オッズを参考にして、天皇賞春の単勝お買い得馬を探すお遊び企画の続き(調査2日目)ですが、2日目の馬達は人気薄の馬達なんで不安要素は無視して好材料だけを探していきます。

※2日目なので細かい説明は1日目のを参照してください。

トーセンバジル(単勝予想オッズ 58.4倍)
単勝35倍以上はつくのかな?
阪神大賞典の3着馬なんで、距離延長と休み明け2走目でさらにパフォーマンス上げてきた場合は・・・。
お買い得度は85点

アドマイヤデウス(単勝予想オッズ 72.8倍)
単勝50倍以上はつくのかな?
日経賞でシャケトラの0.1差の3着、去年の秋は京都大賞典でキタサンブラック相手に0.0差2着だった馬なのにオッズかなりついてますね〜。
岩田も一時期のスランプからは抜け出せた感じなんで、もしかしたら・・・。
お買い得度は95点

タマモベストプレイ(単勝予想オッズ 215.6倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
2走前に京都3000mで勝ってる先行馬なのはいいんですけどね〜。
お買い得度は83点

ヤマカツライデン(単勝予想オッズ 226.4倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
父シンボリクリスエス、母父ダンスインザダークでスタミナ豊富にありそうな血統の逃げ馬なんで、思い切った大逃げで大波乱とかあったりするのかな〜?
皐月賞勝ってGIの壁をぶち破り勢いのある松山に乗り替わるのも不気味かも。
お買い得度は93点

ラブラドライト(単勝予想オッズ 258.8倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
前走・前々走と3000m以上のレースで連続2着と好走中なのはいいんですけどね〜。
お買い得度は80点

スピリッツミノル(単勝予想オッズ 293.6倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
父ディープスカイ、母父ラムタラなんで、スタミナ・パワー・持久力なら余るほどありそうな馬やから、雨で道悪になったり思い切って逃げたりした場合は、もしかしたら・・・。
お買い得度は89点

ワンアンドオンリー(単勝予想オッズ 333.9倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
和田は牡馬の中・長距離GIでそこそこ上位にきたりするし、2014年のダービー馬で菊花賞1番人気だった馬が意地を見せた場合は・・・。
お買い得度は84点

ファタモルガーナ(単勝予想オッズ 316.5倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
3000m以上の重賞で2・3着によくきてるのはいいんですけどね〜。
お買い得度は86点

プロレタリアト(単勝予想オッズ 2128.6倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
ハーツクライ産駒なんで血統は長距離向きかもですが・・・。
お買い得度は74点

☆天皇賞春のお買い得馬 上位3頭☆
95点アドマイヤデウス(想定単勝オッズ 72.8倍)
94点ディーマジェスティ(想定単勝オッズ 38.3倍)
93点ヤマカツライデン(想定単勝オッズ 226.4倍)

この3頭がどんな結果を残してくれるか楽しみです。

☆おまけ☆
去年、日本一だった日本ハムが昨日で10連敗しちゃったそうですが、連敗の辛さはぼくもわかりますよ〜。

ぼくのここ最近のJRAの予想結果は、9連敗の後、阪神牝馬Sのワイド的中+4000Pを挟んで、また9連敗ですからね〜。

おいおい、日本ハムとは比べ物にならないぐらいのひどい成績やん!!!

[もっと見る]

会員登録はこちら

●日経賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜日経賞2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 13 98.8 シャケトラ 牡4 55.0 田辺裕信 角居勝彦 栗東 510(-6) 7.3 4 2.32.8
2 6 11 95.8 ミライヘノツバサ 牡4 55.0 藤岡佑介 伊藤大士 美浦 500(+2) 34.9 7 2.32.9 3/4
3 5 10 101.1 アドマイヤデウス 牡6 56.0 岩田康誠 梅田智之 栗東 486(-4) 24.5 6 2.32.9 アタマ
4 5 9 98.1 レインボーライン 牡4 55.0 M.デムー 浅見秀一 栗東 448(+10) 5.1 2 2.33.1 1 1/4
5 6 12 101.8 ゴールドアクター 牡6 57.0 吉田隼人 中川公成 美浦 498(0) 1.7 1 2.33.2 クビ
6 3 6 99.0 ディーマジェスティ 牡4 57.0 蛯名正義 二ノ宮敬 美浦 488(+6) 6.7 3 2.33.3 1/2
7 2 3 96.3 ヤマカツライデン 牡5 56.0 津村明秀 池添兼雄 栗東 524(-12) 75.8 10 2.33.5 1 1/4
8 4 7 95.2 マイネルサージュ 牡5 56.0 柴田大知 鹿戸雄一 美浦 500(-6) 143.9 12 2.33.6 1/2
9 4 8 96.4 ジュンヴァルカン 牡4 55.0 内田博幸 友道康夫 栗東 520(0) 18.8 5 2.33.6 クビ
10 3 5 95.3 ナスノセイカン 牡5 56.0 横山典弘 矢野英一 美浦 468(-2) 74.6 9 2.33.8
11 7 14 96.9 ツクバアズマオー 牡6 56.0 吉田豊 尾形充弘 美浦 484(+2) 48.2 8 2.34.1 1 3/4
12 1 1 93.8 フェルメッツァ 牡6 56.0 戸崎圭太 松永幹夫 栗東 464(-6) 121.6 11 2.34.5 2 1/2
13 1 2 97.5 レコンダイト 牡7 56.0 石橋脩 音無秀孝 栗東 456(0) 365.0 14 2.34.6 1/2
14 8 15 97.1 トーセンレーヴ 牡9 56.0 石川裕紀 池江泰寿 栗東 472(-2) 502.8 15 2.35.8
15 8 16 95.3 マイネルメダリスト 牡9 56.0 大野拓弥 田中清隆 美浦 492(-4) 652.7 16 2.36.7
16 2 4 93.7 プランスペスカ 牡7 56.0 江田照男 松永昌博 栗東 474(-6) 316.8 13 2.41.5 大差
ラップタイム 6.9-11.4-12.3-12.3-12.2-12.9-12.5-12.2-12.0-11.9-11.8-11.8-12.6
前半 6.9-18.3-30.6-42.9-55.1
後半 60.1-48.1-36.2-24.4-12.6

■払戻金

単勝13 730円 4番人気
複勝13 280円 3番人気
11 760円 7番人気
10 570円 6番人気
枠連6-7 460円 2番人気
馬連11-13 6,370円 15番人気
ワイド11-13 1,760円 16番人気
10-13 1,610円 15番人気
10-11 3,650円 30番人気
馬単13-11 12,200円 29番人気
3連複10-11-13 32,630円 68番人気
3連単13-11-10 167,310円 319番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜日経賞2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月25日の勝ち組
3/25 16:32更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 日経賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 km km 12% 2091% 1,593,100円 なし
2位 c623e07e47 c623e07e47 Lv 14 12% 302% 618,230円 なし
3位 IDA2007 IDA2007 Lv 95 42% 832% 512,950円
4位 ゴールドもものすけ ゴールドもものすけ Lv 21 50% 2053% 378,920円 なし
5位 のぶちゃん のぶちゃん Lv 85 18% 169% 153,160円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月25日の勝ち組
3/25 16:32更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 日経賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 IDA2007 IDA2007 Lv 95 42% 832% 512,950円
2位 のぶちゃん のぶちゃん Lv 85 18% 169% 153,160円
3位 にくまん にくまん Lv 25 26% 220% 162,740円
4位 にゃ にゃ Lv 57 100% 1973% 185,460円
5位 こうちゃんインパクト こうちゃんインパクト Lv 50 50% 1394% 155,310円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜日経賞2017〜

2016年 日経賞 2016年3月26日() 中山11R 芝2500m 良 09頭

日経賞2016

1着 9 ゴールドアクター 3.3倍(2人気) 吉田隼人 2:36.8 101.7
2着 4 サウンズオブアース 2.4倍(1人気) 福永祐一 3/4 101.3
3着 2 マリアライト 6.6倍(4人気) 蛯名正義 1 1/4 100.4
単勝 9 330円(2人気) 3連複 2−4−9 530円(2人気)
馬連 4−9 370円(1人気) 3連単 9→4→2 2,170円(5人気)

2015年 日経賞 2015年3月28日() 中山11R 芝2500m 良 12頭

日経賞2015

1着 6 アドマイヤデウス 5.4倍(4人気) 岩田康誠 2:30.2 103.9
2着 3 ウインバリアシオン 7.3倍(5人気) 福永祐一 1 3/4 102.6
3着 4 ホッコーブレーヴ 14.8倍(6人気) 田辺裕信 アタマ 102.6
単勝 6 540円(4人気) 3連複 3−4−6 8,900円(33人気)
馬連 3−6 2,190円(10人気) 3連単 6→3→4 37,310円(127人気)

2014年 日経賞 2014年3月29日() 中山11R 芝2500m 良 15頭

日経賞2014

1着 10 ウインバリアシオン 2.0倍(1人気) 岩田康誠 2:34.4 101.3
2着 11 ホッコーブレーヴ 85.0倍(10人気) 田辺裕信 1 3/4 100.0
3着 2 ラストインパクト 7.0倍(3人気) 川田将雅 1 1/4 99.0
単勝 10 200円(1人気) 3連複 2−10−11 11,320円(30人気)
馬連 10−11 5,920円(16人気) 3連単 10→11→2 60,560円(161人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/23
日経賞
中山 14 フェノーメノ 2.0倍 1 蛯名正義 2:32.0 106.7
2012/03/24
日経賞
中山 14 ネコパンチ 167.1倍 12 江田照男 2:37.4 102.6
2011/04/02
日経賞
阪神 10 トゥザグローリー 2.0倍 1 福永祐一 2:25.4 102.2
2010/03/27
日経賞
中山 15 稍重 マイネルキッツ 11.0倍 6 松岡正海 2:34.1 99.8
2009/03/28
日経賞
中山 14 アルナスライン 6.7倍 4 蛯名正義 2:31.2 103.2
2008/03/29
日経賞
中山 13 マツリダゴッホ 2.3倍 1 蛯名正義 2:32.7 103.9
2007/03/24
日経賞
中山 14 ネヴァブション 5.1倍 3 北村宏司 2:31.8 103.5
会員登録はこちら

●日経賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜日経賞2017〜

日経賞は、1953年に5歳(現4歳)以上の別定重賞競走、日本経済賞として創設、第1回は現在とは違い6月に中山競馬場の芝3200mで施行された。

1979年からは名称を現在の日経賞に変更、1984年からはグレード制施行によりGIIに格付けされると同時に、開催場を中山競馬場に戻し施行時期を現在の3月下旬に変更。

1984年に施行時期が変更されて以降は、関東圏における天皇賞(春)の重要な前哨戦に位置付けされており、第32回に出走したモンテファストを初め、多くの出走馬が天皇賞(春)で優勝を果たした。他にも日経賞出走馬によるGI優勝例はシンボリルドルフミホシンザンメジロライアンライスシャワーセイウンスカイメイショウドトウイングランディーレマツリダゴッホマイネルキッツなど多数。(グレード制施行後を対象。)

他に、日経賞優勝馬にはリンカーンネヴァブショントゥザグローリーネコパンチなどが名を連ねる。

☆日経賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年5月6日(
京都新聞杯 G2
2017年5月7日(
新潟大賞典 G3
NHKマイルカップ G1

競馬番組表

2017年5月6日(
1回新潟3日目
2回東京5日目
3回京都5日目
2017年5月7日(
1回新潟4日目
2回東京6日目
3回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 シュヴァルグラン 牡5
41,291万円
10 ディサイファ 牡8
41,166万円
» もっと見る

3歳
1 レーヌミノル 牝3
21,509万円
2 アルアイン 牡3
18,273万円
3 ソウルスターリング 牝3
15,173万円
4 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
5 リスグラシュー 牝3
11,726万円
6 カデナ 牡3
10,012万円
7 サトノアレス 牡3
9,945万円
8 レイデオロ 牡3
9,477万円
9 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
10 カラクレナイ 牝3
8,368万円
» もっと見る