会員登録はこちら
日経賞 G2   日程:2018年3月24日() 15:45 中山/芝2500m

レース結果

日経賞 G2

2018年3月24日() 中山/芝2500m/15頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:2分29秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 12

ガンコ

牡5 56.0 藤岡佑介  松元茂樹 502(-2) 2.33.9 5.4 3
2 2 3

チェスナットコート

牡4 55.0 蛯名正義  矢作芳人 458(+2) 2.34.0 3/4 20.6 7
3 6 11

サクラアンプルール

牡7 57.0 田辺裕信  金成貴史 486(-4) 2.34.1 3/4 12.3 6
ラップタイム 7.1-12.1-11.8-12.4-12.7-13.3-12.2-11.9-12.0-12.4-11.9-11.6-12.5
前半 7.1-19.2-31.0-43.4-56.1
後半 60.4-48.4-36.0-24.1-12.5

■払戻金

単勝 12 540円 3番人気
複勝 12 240円 4番人気
3 490円 7番人気
11 350円 6番人気
枠連 2-7 4,060円 18番人気
馬連 3-12 5,880円 21番人気
ワイド 3-12 1,720円 21番人気
11-12 1,230円 15番人気
3-11 2,870円 32番人気
馬単 12-3 9,850円 34番人気
3連複 3-11-12 23,270円 69番人気
3連単 12-3-11 136,540円 374番人気

日経賞のニュース&コラム

【日経賞】ガンコ奇跡の重賞初V!芝転戦後4戦3勝
 第66回日経賞(24日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・春の優先出走権=出走15頭)藤岡佑介騎乗で3番人気のガンコが、出入りの激しい展開にも動じることなく2番手から抜け出してV。重賞初勝利を飾った。父ナカヤマフェスタの産駒もJRA重賞は初勝利。タイム2分33秒9(良)。今後は天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)に向かう。3/4馬身差2着が7番人気チェスナットコート。1番人気キセキは9着に終わった。 予想もできないサクセスストーリーだ。昨秋はダートで頭打ちだったガンコが、路線変更で破竹の快進撃。伝統のGIIを完勝し、重賞ウイナーの仲間入りを果たした。 「途中で動いてきた馬がいたけど、オーバーペース気味だったし、深追いせず、うまくコントロールできた。しっかりラストも伸びていたし、まだ余力がありました」 満面の笑みで藤岡佑騎手がパートナーをたたえた。コンビでは3戦3勝と相性抜群だ。スローとみるや先手を奪い、途中で動いたキセキに一旦は先頭を譲ったが、人馬とも冷静に対応。4コーナーで内から先頭を奪い返すと、そのまま力強くトップで駆け抜けた。 芝への転戦前は、障害入りのプランもあった。実際に練習でセンスの良さを見せたため、障害デビュー前に芝の長距離を1回使おうと出走した1000万下特別を2馬身差で完勝。これが転機になった。その後は4戦3勝の快進撃だ。「ずいぶんと馬が成長して全体的にしっかりしてきた。このまま無事に天皇賞へ」と松元調教師。来春に定年を迎えるトレーナーも言葉に力が入る。 杉澤光雄オーナーは馬主歴18年での重賞初制覇。「頑固な知人がいてね」と名付けた愛馬が、馬名とは違う柔軟な走りでGIIを制した。さあ、自信を持って春の大舞台へ。GI戦線がますます面白くなってきた。 (板津雄志)★24日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちらガンコ 父ナカヤマフェスタ、母シングアップロック、母の父シングスピール。青鹿毛の牡5歳。栗東・松元茂樹厩舎所属。北海道新ひだか町・前谷武志氏の生産馬。馬主は杉澤光雄氏。戦績28戦6勝。獲得賞金1億6054万1000円。重賞初勝利。日経賞は松元茂樹調教師は2009年アルナスラインに次いで2勝目、藤岡佑介騎手は初勝利。馬名は「ごうじょっぱり、かたくな」。
2018年3月25日() 04:06

 1,554

【日経賞】キセキ9着…折り合い欠いた
 第66回日経賞(24日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(競馬 〇指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・春の優先出走権=出走15頭)1番人気のキセキは、9着に敗れた。序盤は中団の後ろにいたものの、1周目のゴール前で外から加速して先頭へ。押し切りを図ったが、直線は余力がなく馬群に沈んだ。「後ろすぎたので、ポジションを上げるために動いていきました。直線に入ったら疲れてしまった。残念です」とルメール騎手の表情はさえず。角居調教師は「スローペースで少し掛かったかな。次は馬の様子を見て考えます」と今後については明言を避けた。★24日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら
2018年3月25日() 04:05

 550

【日経賞】レースを終えて…関係者談話
 ◆蛯名騎手(チェスナットコート2着) 「初重賞でこのメンバーで上出来。乗りやすくてどんな競馬でもできるのがアドバンテージ。中山コースをこなせたのも大きい」=天皇賞・春か目黒記念を視野に ◆田辺騎手(サクラアンプルール3着) 「芝では初めて乗ったので、意識的に少し下げて、ためる競馬をしてみた。4コーナーで上がっていく感じもよかったし、よく頑張っています」 ◆昆師(ロードヴァンドール4着) 「ハナに行かなくても競馬はできると思っていたが、入れ代わり立ち代わりできつい展開。それを考えればよく踏ん張っている」 ◆M・デムーロ騎手(トーセンバジル5着) 「馬場が緩くて何回か滑って、右にもたれていた」 ◆戸崎騎手(ゼーヴィント6着) 「いい位置でレースできたが、久々のぶん少し力んでいた」★24日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら
2018年3月25日() 04:04

 626

【日経賞】チェスナットコートは2着 蛯名騎手「初重賞でこのメンバーなら上出来」
 3月24日の中山11Rで行われた第66回日経賞(4歳以上オープン、GII、芝・内2500メートル、別定、15頭立て、1着賞金=6700万円)は、藤岡佑介騎手騎乗の3番人気ガンコ(牡5歳、栗東・松元茂樹厩舎)がV。重賞初制覇を果たすとともに、天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分33秒9(良)。 中団から伸びてきた7番人気のチェスナットコートは初のオープン、それもGII戦で3/4馬身差の2着に入った。 蛯名正義騎手「初重賞でこのメンバーなら上出来の内容。乗りやすくてどんな競馬でもできるのがアドバンテージ。中山コースをこなせたのも大きい」★【日経賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月24日() 19:22

 534

日経賞のニュースをもっと見る >

【日経賞】追って一言
 ◆アルター・古賀慎師 「もっと早く使えたくらいの仕上がり」 ◆ガンコ・田代助手 「状態は本当にいい。本物になってきた」 ◆サイモントルナーレ・町田助手 「雨で時計がかかる芝はいいが…」 ◆サクラアンプルール・金成師 「上積みがあると思ったけど、そこまで変わっていない」 ◆ショウナンバッハ・上原師 「状態はいいが、相手も強くなるから」 ◆ゼーヴィント・木村師 「トップコンディションに比べるとまだのんびりしているが、出す以上は責任もある。いい競馬を期待したい」 ◆ソールインパクト・戸田師 「順調。スタミナ勝負になれば」 ◆トーセンバジル・藤原助手 「調教の動きは変わらずにいい。昨年と比べて馬がしっかりとしてきている。今回は結果を出したいね」 ◆ナスノセイカン・矢野師 「動きは合格点だが、長期休養明け。いい内容の競馬ができたら」 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「このレースを目標に調整し、いい状態」 ◆ピンポン・粕谷師 「体形的に長めの距離がよさそうな面がある」 ◆ロードヴァンドール・昆師 「いい状態。多少、馬場が荒れていてもこなせる」★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月22日(木) 05:05

 1,834

【日経賞】キセキ、自信の11秒2
 昨年の菊花賞馬で、香港ヴァーズ9着以来のキセキは、DPコースで軽く気合をつけられる程度に追われ、ラスト1ハロン11秒2(6ハロン83秒5)。辻野助手は「CWコースで追う予定でしたが、馬場が悪いのでポリトラックで。調教本数はこなしてきて、中身はできています」と自信を見せた。★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月22日(木) 05:05

 1,118

【日経賞】サクラアンプルール得意舞台で逆襲
 中山芝コースは【3・1・1・2】と相性がいいサクラアンプルールが、中山記念4着を叩いてさらに調子を上げている。「前走は前が残る競馬で、有馬記念(16着)からひと息入っていたからね。体の中身は今回の方ができている」と金成調教師は気配のよさを強調。さらに「距離は少し長い気もするが、有馬記念は直線で大きな不利があったので、駄目だとは思っていない」と好勝負をもくろむ。★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月21日(水) 05:06

 1,214

【日経賞】キセキ菊Vの貫禄示す
 昨年の菊花賞馬キセキが、注目の始動戦を迎える。初の海外遠征だったGI香港ヴァーズは9着に終わっただけに、国内で菊花賞馬の強さを見せたいところだ。角居調教師は「前回は疲れた様子を見せていたわけではないのですが、現地で緊張していたのかもしれません。中間はしっかりとリフレッシュさせました。今回は動けると思います」と巻き返しを狙う。★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月21日(水) 05:06

 822

日経賞の直前追い切り情報をもっと見る >

日経賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月24日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
350円 10,500円
Lv110 
136,540円 136,540円
Lv105 
350円 35,000円
Lv105 
240円 24,000円
Lv102 
23,270円 23,270円

的中情報をもっと見る >

日経賞過去10年の結果

2017年3月25日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 シャケトラ 田辺裕信 2:32.8 7.3倍 103.6
2着 ミライヘノツバサ 藤岡佑介 3/4 34.9倍 103.2
3着 アドマイヤデウス 岩田康誠 アタマ 24.5倍 103.2
2016年3月26日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2015年3月28日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 アドマイヤデウス 岩田康誠 2:30.2 5.4倍 103.9
2着 ウインバリアシオン 福永祐一 1 3/4 7.3倍 102.6
3着 ホッコーブレーヴ 田辺裕信 アタマ 14.8倍 102.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経賞のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2500m

有馬記念と同じ中山芝2500mで施行される古馬G2。2008年以降、前走レース別では同コースの有馬記念出走馬が【3.4.2.6】と高相性であり、2016年には上位3着を独占している。有馬記念組以外ではAJCC、日経新春杯、京都記念といった前走G2組が好走しており、昇級馬を含む前走が非重賞だった馬は2009年2番人気アーネストリーの4着が最先着。上がり馬タイプより実績馬が強いレースと覚えておきたい。中山芝2500mは3コーナーの外回りコースからスタートし、最初のコーナーまで200m弱しかなく、また1周で5.3mの高低差を擁するコース。このトリッキーな形態が時に大きな波乱を招いている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経賞の歴史と概要


2013年の優勝馬フェノーメノ

ハクチカラ、スピードシンボリ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、シンボリルドルフミホシンザンらの名馬が制している格式高い重賞レースで、現在は関東圏における春の天皇賞の主要前哨戦として定着している。近年では第61回(2013年)の勝ち馬フェノーメノが、連勝で春の盾を手中に収めた。また、第41回(1993年)のライスシャワー、第47回(1999年)のセイウンスカイなど、チャンピオンクラスが貫禄勝ちを収めることがある一方、断然人気が敗れて大波乱になる年も多い。第46回(1998年)は障害帰りで12頭立て最低人気のテンジンショウグンがまさかの勝利を収めたことにより、重賞における馬連、枠連の当時の最高配当が誕生した。

歴史と概要をもっと見る >

日経賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る