セイウンスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  芦毛 1995年4月26日生
調教師保田一隆(美浦)
馬主西山牧場
生産者西山牧場
生産地鵡川町
戦績13戦[7-1-1-4]
総賞金61,028万円
収得賞金11,250万円
英字表記Seiun Sky
血統 シェリフズスター
血統 ][ 産駒 ]
Posse
Castle Moon
シスターミル
血統 ][ 産駒 ]
ミルジヨージ
スイトアンジユレ
兄弟 ニシノシェルニシノチャペル
前走 2001/04/29 天皇賞(春) G1
次走予定

セイウンスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
01/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 125622.2612** 牡6 58.0 横山典弘保田一隆494(+14)3.32.0 15.848.3⑨⑫テイエムオペラオー
99/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 17473.815** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆480(-2)1.58.3 0.335.0⑧⑩⑩スペシャルウィーク
99/08/22 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 10331.411** 牡4 59.0 横山典弘保田一隆482(+8)2.00.1 -0.135.9⑦⑦ファレノプシス
99/05/02 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 12682.823** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆474(-2)3.15.8 0.534.8スペシャルウィーク
99/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 13571.311** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆476(-4)2.35.3 -0.935.6セイウンエリア
98/12/27 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 166112.714** 牡3 55.0 横山典弘保田一隆480(+10)2.32.7 0.637.0グラスワンダー
98/11/08 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18244.321** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆470(-6)3.03.2 -0.635.1スペシャルウィーク
98/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 7116.041** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆476(+6)2.25.6 -0.134.8メジロブライト
98/06/07 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 186124.934** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆470(-2)2.26.8 1.036.8スペシャルウィーク
98/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18235.421** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆472(0)2.01.3 -0.136.7キングヘイロー
98/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 137104.432** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆472(-8)2.01.9 0.136.2スペシャルウィーク
98/01/25 中山 9 ジュニアC OP 芝2000 11226.831** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆480(-4)2.03.5 -0.836.1メガヒット
98/01/05 中山 6 3歳新馬 芝1600 1681612.051** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆484(--)1.36.7 -1.036.9マイネキャロル

セイウンスカイの関連ニュース

関連ニュースはありません。

セイウンスカイの関連コラム

閲覧 3,026ビュー コメント 0 ナイス 3


クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2011年10月21日(金) 19:00 ウマニティ編集長
予想のメキキ 〜2011年 菊花賞〜
閲覧 146ビュー コメント 0 ナイス 9

先週当コーナーに登場してもらった“秋華賞キラー”河内一秀さんがやってくれました。「今年も当てます」の宣言通り、1着◎アヴェンチュラ→2着▲キョウワジャンヌ→3着○ホエールキャプチャと、ほぼパーフェクトに近い予想で的中! 有言実行とはまさにこのことですね。いや〜、素晴らしい。なんでも河内さんはリアルで大儲けして、毎晩豪遊しているとか(笑)。いや〜、うらやましい。ここは「調子のいいヤツに乗れ」ということで、今週の菊花賞の見解も河内さんに聞いちゃいましょう!

■このレースの印象・思い出などはありますか?
かつて京都に住んでいたこともあって淀のG気砲六廚そ个多いのですが、1998年のセイウンスカイがそのひとつですね。セイウンスカイにはデビュー直後から注目していて、菊花賞でも自信の本命を打っていました。ただ、馬券的には、セイウンスカイの単勝よりも、スペシャルウィークとの馬連のほうが配当が良いという理由から馬連1点勝負をしていたので、ゴール前ではセイウンスカイではなく、スペシャルウィークの名前を叫ぶ羽目になりました(笑)。

■ズバリ、今年のこのレースの鍵を握る馬は?
馬柱を眺めてみると、逃げそうな馬はサンビームくらいしか見当たりませんが、仮にこの馬が逃げたとしても能力的に足りないので、展開の鍵を握るのは2番手集団ということになるでしょうね。ベルシャザールあたりが積極的なレースを仕掛けてくるかどうかで、流れが大きく変わる可能性があります。

■堅く収まるか、それとも荒れると思いますか?
今年の出走馬は、春のクラシック組が高いレベルで安定している一方で、夏の上がり馬、とくに1000万下を勝ち上がってきた馬のレベルが低いので、人気通りとまではいかなくても、トライアル上位組のなかで決まるとみています。

■とっておきの穴馬を1頭教えてください。
ベルシャザールですね。2006年のアドマイヤジャパンのような積極的なレースができれば、展開の鍵を握るのと同時に、一角崩しの可能性も浮上してくると思います。

リアルでいくらくらい儲けることを目指しますか?
1番人気が一本かぶりになることが確実ですが、裏目の高配当には惑わされずに、しっかりと買い目を絞って勝負するつもりです。秋華賞ほどの配当は期待できませんが、秋の京都を満喫できる程度の儲けは狙っていきます。

三冠達成がかかるオルフェーヴルには逆らえないというのが河内さんの見解のようですね。問題は、点数を絞って勝負するというその相手でしょう。最終結論が気になる方は、日曜日のプロ予想DXをチェックしてください!

[もっと見る]

セイウンスカイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 121ビュー コメント 4 ナイス 17

スプリンターズステークスの余韻も冷めやらぬ先週日曜日の夕方、JRAからまた新たなCMが発表された・・・。今度の舞台は登山道の中腹にある案内看板の前。「飛ばし過ぎ」「ペース配分が大事」等気になるキーワードが多々あるが、ここはスプリンターズステークス編からさらに1頭増え、5頭も登場する歴代菊花賞優勝馬たちの基礎データをまとめあげいちいち調べなくても良いようにするのが早計とみた。今度こそ間違えないようにしたいものである(^^)
今後菊花賞までに行われる重賞に影響を与えるのは必至のCM。しかしどのレースで炸裂するのかは今のところ皆目見当がつかぬ。幸い私と同じような考えの方も競馬コラムを見るといらっしゃるようだ。私も負けないようにしたいと思う。

セイウンスカイ 1998年優勝 2番人気 2枠4番
馬主:西山牧場
調教師:保田一隆(美浦)
騎手:横山典弘
父:シェリフズスター
母父:ミルジョージ
前走:京都大賞典 4番人気 1着
菊花賞通過順位:1-1-1-1

ナリタトップロード 1999年優勝 3番人気 1枠1番
馬主:山路秀則
調教師:沖芳夫(栗東)
騎手:渡辺薫彦
父:サッカーボーイ
母父:アファームド
前走:京都新聞杯 1番人気 2着
菊花賞通過順位:4-5-5-4

ザッツザプレンティ 2003年優勝 5番人気 4枠8番
馬主:社台レースホース
調教師:橋口弘次(栗東)
騎手:安藤勝巳
父:ダンスインザダーク
母父:ミスワキ
前走:神戸新聞杯 4番人気 5着
菊花賞通過順位:8-9-3-1

デルタブルース 2004年優勝 8番人気 8枠18番
馬主:サンデーレーシング
調教師:角居勝彦(栗東)
騎手:岩田康成
父:ダンスインザダーク
母父:ディキシーランドバンド
前走:九十九里特別 1番人気 1着
菊花賞通過順位:5-5-4-2

ソングオブウインド 2006年優勝 8番人気 8枠18番
馬主:社台レースホース
調教師:浅見秀一(栗東)
騎手:武幸四郎
父:エルコンドルパサー
母父:サンデーサイレンス
前走:神戸新聞杯 6番人気 3着
菊花賞通過順位:16-16-16-8

歴代菊花賞優勝馬5頭に共通するのは、その後国内G1レースが未勝利のまま引退したこと。馬主は社台レースホースが2勝、父ダンスインザダークが2勝、神戸新聞杯経由の馬が2勝。
そして現役騎手は横山オヤジ、岩田騎手、武幸四郎。横山オヤジがそのものズバリの「山」、岩田騎手の「岩」は分解すると「山」と「石」、幸四郎の「タケ」は「岳」と置き換えればこちらも「山」関連(深読みは禁物だが・・・)
面白いのは各歴代優勝馬の通過順位。セイウンスカイが逃げ、最後のソングオブウインドが完全な追込と徐々に脚質が変化している。今週はこのCMがオンエアーされて最初の重賞。ならばセイウンスカイ型の逃げ馬中心で馬券は組み立てたいところだ。

 TERAMAGAZI 2014年10月21日(火) 23:37
ワンアンドオンリーは2冠馬になれるのか? 
閲覧 61ビュー コメント 2 ナイス 17

【皐月賞&ダービーの2冠馬】
トウカイテイオー、ミホノブルボン、サニーブライアン、ネオユニヴァース、メイショウサムソンなど15頭もいます。

【皐月賞&菊花賞の2冠馬】
キタノカチドキ、ミホシンザン、サクラスターオー、セイウンスカイ、エアシャカール、ゴールドシップなど8頭います。

【ダービー&菊花賞の2冠馬】
菊花賞74年間の歴史で、40年前の1973年タケホープただ1頭だけです。
(※1943年の牝馬クリフジはダービー、オークス、菊花賞の変則3冠馬)

【ダービー1冠馬で菊花賞を1番人気で出走した馬と(菊花賞馬)】
77年ラッキールーラ→15着(プレストウコウ)
78年サクラショウリ→5着(インターグシケン)
87年メリーナイス→9着(サクラスターオー)
98年スペシャルウィーク→2着(セイウンスカイ)
99年アドマイヤベガ→6着(ナリタトップロード)
10年アグネスフライト→5着(エアシャカール)
01年ジャングルポケット→4着(マンハッタンカフェ)

ワンアンドオンリーは1番人気で間違いないでしょうが、ワンアンドオンリーは、
朝日杯3歳S(現・朝日杯FS)馬でダービー6馬身圧勝のメリーナイス、皐月賞3着でこの後に天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンカップを勝つスペシャルウィーク、皐月賞3着で菊花賞4着後に3歳でジャパンカップを勝ったジャングルポケットでさえ勝てなかった菊花賞を勝てるのでしょうか?

もちろん菊花賞は同世代対決。
ワンアンドオンリーより強い馬がいなければ結果的に勝てるでしょう。
しかし最後の1冠の秋華賞で単勝1,5倍のヌーヴォレコルトは敗退。
僕は先週のブログで下記のように述べました。
http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=93aea7b628&owner_id=35fe1fee66
----------------------------------------------------------------------------
桜花賞3着でオークス馬のヌーヴォレコルトはローズSを快勝し1番人気は確実。血統的にもハーツクライ産駒はジャスタウェイのように本格化するととてつもない強さを発揮するので、2冠達成は確実のように報道されていますが、気になるデータが2つあります。
過去10年、秋華賞を1番人気で勝った馬は3冠牝馬のアパパネとジェンティルドンナの2頭だけ。
さらに、ローズS→秋華賞と連勝した馬も有馬記念馬ダイワスカーレットとジャパンカップ連覇のジェンティルドンナの2頭だけです。
果たしてヌーヴォレコルトはそこまでの名牝なのでしょうか?(違うでしょう)
----------------------------------------------------------------------------
ワンアンドオンリーもヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒。
神戸新聞杯(ローズSと同じ最重要トライアル)を勝ったのも同じ。
もう一度、問います。
ワンアンドオンリーは菊花賞で負けたスペシャルウィーク、ジャングルポケットよりも一流馬なのでしょうか?(違うでしょう)

桜花賞馬ハープスター不在、唯一対抗出来る実績を持つ阪神JF馬レッドリヴェールはダービー12着惨敗、ローズS6着と明らかに調子を落としており、ヌーヴォレコルトの2冠は確実視されていたのに負けました。

ヌーヴォレコルトを破ったショウナンパンドラは、ディープインパクト×ノーザンダンサー系というG1の王道血統。しかも近親にステイゴールド、サッカーボーイがいる一流牝系。G1を勝つ要素はありました。(僕も2着候補までにしか挙げてなかったので、モチロン大きなことは言えませんが…)

スペシャルウィークを破ったセイウンスカイは皐月賞馬。ジャングルポケットに勝ったマンハッタンカフェは3歳で有馬記念を勝ち、天皇賞・春も勝った名馬。

しかもスペシャルウィークの同期はセイウンスカイ以外にもエルコンドルパサー、グラスワンダーがいた近年の最強世代。ジャングルポケットもマンハッタンカフェに加えてクロフネ、アグネスタキオンがいた最強世代。

今年の3歳牡馬は牝馬のハープスターが3歳最強と言われているようにレベルが低いと言われています。(アンカツ師匠、清水成駿先生も公言)

新潟2歳Sでハープスターに3馬身ぶっちぎられたイスラボニータが皐月賞馬でダービー2着。スプリングSでロサギガンティアに負け皐月賞6着のダート馬のアジアエクスプレスが朝日杯FSを勝つ世代ですから。(※芝はレベルが低いですが、ダートはハッピースプリント、カゼノコ、レッドアルヴィス、ランウェイワルツなどレベルが高い世代だと僕は思っていますが)

ワンアンドオンリーは負けが多すぎでしょう。しかも負け方が悪い。新馬戦は後方ママの12着惨敗、東スポ杯2歳S(勝ち馬はイスラボニータ)もラングレー、サトノアラジンにすら先着出来ず、4角8番手から2頭抜いただけの6着惨敗(上がりも3位止まり)

血統的にも母父は名マイラーのタイキシャトルで距離不安は大きいです。近親に皐月賞馬ノーリーズンがいますが、ブライアンズタイム×ミスプロ系のノーリーズンでさえ3000mを超える距離では阪神大賞典の4着が最高着順(1番人気の菊花賞は、競走中止!)
そもそも父ハーツクライ自身が菊花賞を1番人気で7着に負けています(勝ち馬デルタブルース)

ワンアンドオンリーに勝つ可能性のある馬は、
神戸新聞杯組からは、父スペシャルウィークの無念を晴らして欲しいトーホウジャッカル(ND4×5のクロスあり)上がり最速。
ダービー馬ネオユニヴァース×ND系のサウンズオブアース。
ダービー馬タニノギムレット×凱旋門賞馬トニービンのハギノハイブリッド(サンデーの血も入ってます)
菊花賞を最多4勝のユタカさんのディープインパクト産駒トーセンスターダム(京都3戦3勝)

古くはメジロデュレンとメジロマックイーン。デルタブルース、スリーロールスなど上がり馬パターンでは、2600mの500万、1000万特別連勝中のジャパンカップ馬スクリーンヒーロー産駒ゴールドアクター。

アイルランドTで驚愕の(言い意味でも悪い意味でも!)圧勝をした5戦5勝エイシンヒカリと同じディープインパクト×ストームキャットのG1配合(アユサン、キズナ)のサトノアラジン(でもサトノにクラシックを勝つイメージはない…)

ネオユニヴァース産駒ヴォルシェーブは母母がウインドインハーヘア。つまり叔父がディープインパクト。(でも略奪婚の榎本加奈子を伴った大魔神がクラシックを勝つイメージもない…)

ちなみに、皐月賞&菊花賞の2冠馬は6頭いますが、
皐月&ダービー、ダービー&菊より3冠馬に近いと思います。
------------------------------------------------------
74年キタノカチドキ(3着)厩務員ストで調子を崩す。通常日程なら勝ってた。
85年ミホシンザン(不出走)出たら勝ってた。
87年サクラスターオー(不出走)出たら勝ってた(たぶん)
98年セイウンスカイ(4着)東京2400ではスペシャルウィークには勝てない。
00年エアシャカール(2着)最弱世代。ダービー馬アグネスフライトはその後9連敗で引退。
12年ゴールドシップ(5着)4角10番手。勝ったディープブリランテは4角3番手。東京は苦手。
------------------------------------------------------

[もっと見る]

 ユウキ先生 2011年8月17日(水) 19:00
☆セイウンスカイに冥福を☆
閲覧 28ビュー コメント 2 ナイス 2

亡くなっちゃいましたね(>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セイウンスカイの写真

投稿写真はありません。

セイウンスカイの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

セイウンスカイの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。