注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

セイウンスカイ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  芦毛 1995年4月26日生
調教師保田一隆(美浦)
馬主西山牧場
生産者西山牧場
生産地鵡川町
戦績13戦[7-1-1-4]
総賞金61,028万円
収得賞金11,250万円
英字表記Seiun Sky
血統 シェリフズスター
血統 ][ 産駒 ]
Posse
Castle Moon
シスターミル
血統 ][ 産駒 ]
ミルジヨージ
スイトアンジユレ
兄弟 ニシノシェルニシノチャペル
前走 2001/04/29 天皇賞(春) G1
次走予定

セイウンスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
01/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 125622.2612** 牡6 58.0 横山典弘保田一隆494(+14)3.32.0 15.848.3⑨⑫テイエムオペラオー
99/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 17473.815** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆480(-2)1.58.3 0.335.0⑧⑩⑩スペシャルウィーク
99/08/22 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 10331.411** 牡4 59.0 横山典弘保田一隆482(+8)2.00.1 -0.135.9⑦⑦ファレノプシス
99/05/02 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 12682.823** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆474(-2)3.15.8 0.534.8スペシャルウィーク
99/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 13571.311** 牡4 58.0 横山典弘保田一隆476(-4)2.35.3 -0.935.6セイウンエリア
98/12/27 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 166112.714** 牡3 55.0 横山典弘保田一隆480(+10)2.32.7 0.637.0グラスワンダー
98/11/08 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18244.321** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆470(-6)3.03.2 -0.635.1スペシャルウィーク
98/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 7116.041** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆476(+6)2.25.6 -0.134.8メジロブライト
98/06/07 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 186124.934** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆470(-2)2.26.8 1.036.8スペシャルウィーク
98/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18235.421** 牡3 57.0 横山典弘保田一隆472(0)2.01.3 -0.136.7キングヘイロー
98/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 137104.432** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆472(-8)2.01.9 0.136.2スペシャルウィーク
98/01/25 中山 9 ジュニアC OP 芝2000 11226.831** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆480(-4)2.03.5 -0.836.1メガヒット
98/01/05 中山 6 3歳新馬 芝1600 1681612.051** 牡3 55.0 徳吉孝士保田一隆484(--)1.36.7 -1.036.9マイネキャロル

セイウンスカイの関連ニュース

 第47回高松宮記念(26日、中京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝1200メートル、1着本賞金9800万円=出走18頭)オーナーの西山茂行氏(58)は力強く1着で駆け抜けた愛馬の姿に涙腺が緩んだ。「(この場面を見て)涙が出なければ競馬はやっていられない。完璧。すてきな競馬でした」。オーナーブリーダー時代のセイウンスカイ(98年菊花賞)以来のビッグタイトル奪取で、個人馬主としては21回目の挑戦でGI初勝利となった。

 生産者である桜井牧場の桜井秋雄代表(72)は初のGI制覇に「強かったですし、本当に力をつけています」と感嘆の声を上げた。父と母の組み合わせを自ら考案し、誕生時から“いい馬”だったという。「アドマイヤムーンも(現役時に)走りましたし、オブザーヴァントの子供もよく走るので。GI勝ちは初めて。うれしいですね」と笑顔で語った。

★26日中京11R「高松宮記念」の着順&払戻金はこちら

【新馬戦スター発見伝】スリーグリン2016年07月29日(金) 05:01

 6月下旬から入念に乗り込まれ、27日の最終追い切りでは美浦坂路で江田照騎手が騎乗して、4ハロン51秒8、ラスト1ハロン12秒5の好時計をマークした。「状態はいいですね。いい雰囲気を持っています。あとはゲートをうまく出てくれれば」と田中剛調教師は満面の笑みを浮かべる。先週は福島、中京の新馬戦で2勝を挙げて絶好調のローエングリン産駒。母系も、近親に2冠馬セイウンスカイがいる。開幕週の馬場を味方に、軽快なスピードを発揮しそうだ。

[もっと見る]

【菊花賞】堂々51秒6!リアファル一気に頂点へ 2015年10月21日(水) 11:54

 リアファルは神戸新聞杯でリアルスティールを相手に逃げ切り、一躍、注目される存在にのし上がってきた。ダートでキャリアを積み、芝に転向した途端に2戦2勝。底知れぬ大物感がある。

 栗東坂路でブラックスピネルと併せた。テンから13秒5−12秒9−12秒3とスムーズに加速し、脚取りはしっかり。馬なりのブラックに手応えでは少し見劣ったが、ラスト1F12秒9と踏ん張って、全体の4Fも51秒6なら及第点だ。

 「追う前に少し興奮しているようだったが、動きは良かったし、コンディションには満足している。2走前の中京で強いレースをしたので、前走も自信を持って乗って、いいレースができた」とルメール騎手。

 菊花賞の逃げ切りVは98年セイウンスカイ以来ないが、「スタミナがあって能力も高いので、何の懸念材料もない。スタートが良くレースをコントロールできるから、逃げるスタイルを変えるつもりもない。春のクラシックでいい馬に乗せてもらいながら勝てなかったので、何とか最後のクラシックを勝ちたい」。マジシャン・ルメール&リアファルが逃亡劇を演じ切れるか。(夕刊フジ

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】ミュゼエイリアン、ノリの腕に期待2015年10月21日(水) 05:05

 9番人気だったセントライト記念で2着に健闘したミュゼエイリアンが名手の腕で長丁場を乗り越える。前走は早めにキタサンブラックにかわされたが、そこからもしぶとい走り。「折り合いがつくから3000メートルには対応はできると思う。ジョッキーは何度も乗ってクセをつかんでくれているし、スーパーマジシャンですからね」と伊藤助手。1998年にセイウンスカイで逃げ切った横山典騎手の“神騎乗”を期待していた。

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】17年ぶり逃げ切りへ!リアファル上昇一途 2015年10月19日(月) 15:15

 今週は京都で牡馬クラシック3冠目「第76回菊花賞」(25日、GI、芝3000メートル)が行われる。2冠馬ドゥラメンテが骨折でリタイアしたため、既成勢力と新興勢力がミックスされて混戦模様。そのなかで上がり馬の代表格となるのが神戸新聞杯を逃げ切ったリアファルだ。芝2戦2勝、大物感にあふれている。

 リアファルには底知れぬ魅力がある。ダートでキャリアを積んで、芝に転向した途端に逃げて連勝。菊の最有力候補リアルスティールを封じ込めてしまった。

 グレード制が導入された84年以降、菊を逃げ切ったのは98年セイウンスカイだけ。坂越え2度の淀3000メートルを最初から最後まで先頭で走り切るのは至難のワザだが、マジシャン・ルメールが鞍上ならそれも可能かもしれない。

 「2走連続で同じ勝ち方をしているんだからフロックじゃない。確かに前走はスローの流れだったが、この馬以外の先行勢は崩れている。力がないとできないレースだった」と音無調教師。

 3000メートルの攻略については、「1周目の3角の下りをいかにゆったり下るか。そのあたりはジョッキーに任せる。兄クリソライトもダートの長めの距離がいいし、父はゼンノロブロイ。距離自体は心配していない」と自信をのぞかせる。

 先週は坂路でヒストリカル(18日のアイルランドT優勝)にクビ先着。ラスト1Fは14秒0とかかったが、4Fは52秒0の好時計だった。「馬なりだしね。当週に併せればちょうど良くなる」と仕上げに関しても抜かりはない。セイウンスカイから17年、菊花賞史に残る逃亡劇を堪能したい。(夕刊フジ

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

セイウンスカイ死亡…16歳、心臓発作2011年08月17日(水) 05:03

 1998年の皐月賞と菊花賞を制した2冠馬セイウンスカイが16日未明、北海道日高町の西山牧場で心臓発作のため、死亡した。16歳だった。

 セイウンスカイは98年1月の中山競馬でデビュー。後続を寄せ付けないパワフルな先行力を武器に頭角を現し、皐月賞ではライバルのスペシャルウィークキングヘイローを抑えて優勝。ダービーは4着に敗れたが、菊花賞は一度も先頭を譲ることなく、38年ぶりとなる菊花賞の逃げ切り勝ちを達成。世界レコード(芝3000メートル=3分3秒2、良、当時)をマークし、横山典騎手との名コンビは頂点を極めた。

 古馬となってからも重賞で活躍したが、99年の天皇賞(秋)5着後に屈腱炎を発症。01年の天皇賞(春)で復帰を果たしたが、大敗(12着)を喫して現役を引退し、種牡馬となった。

 02年から北海道新ひだか町のアロースタッドで供用されたが、目立った産駒はなく、もっとも活躍したのは08年の船橋S(1600万下)を勝ったニシノプライド。残された現役の産駒はマイヨール(美・清水利、牡5、1000万下)、ニシノマナザシ(栗・須貝、牡4、500万下)の2頭のみとなった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンスカイの関連コラム

閲覧 2,672ビュー コメント 0 ナイス 3


クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2011年10月21日(金) 19:00 ウマニティ編集長
予想のメキキ 〜2011年 菊花賞〜
閲覧 110ビュー コメント 0 ナイス 9

先週当コーナーに登場してもらった“秋華賞キラー”河内一秀さんがやってくれました。「今年も当てます」の宣言通り、1着◎アヴェンチュラ→2着▲キョウワジャンヌ→3着○ホエールキャプチャと、ほぼパーフェクトに近い予想で的中! 有言実行とはまさにこのことですね。いや〜、素晴らしい。なんでも河内さんはリアルで大儲けして、毎晩豪遊しているとか(笑)。いや〜、うらやましい。ここは「調子のいいヤツに乗れ」ということで、今週の菊花賞の見解も河内さんに聞いちゃいましょう!

■このレースの印象・思い出などはありますか?
かつて京都に住んでいたこともあって淀のG気砲六廚そ个多いのですが、1998年のセイウンスカイがそのひとつですね。セイウンスカイにはデビュー直後から注目していて、菊花賞でも自信の本命を打っていました。ただ、馬券的には、セイウンスカイの単勝よりも、スペシャルウィークとの馬連のほうが配当が良いという理由から馬連1点勝負をしていたので、ゴール前ではセイウンスカイではなく、スペシャルウィークの名前を叫ぶ羽目になりました(笑)。

■ズバリ、今年のこのレースの鍵を握る馬は?
馬柱を眺めてみると、逃げそうな馬はサンビームくらいしか見当たりませんが、仮にこの馬が逃げたとしても能力的に足りないので、展開の鍵を握るのは2番手集団ということになるでしょうね。ベルシャザールあたりが積極的なレースを仕掛けてくるかどうかで、流れが大きく変わる可能性があります。

■堅く収まるか、それとも荒れると思いますか?
今年の出走馬は、春のクラシック組が高いレベルで安定している一方で、夏の上がり馬、とくに1000万下を勝ち上がってきた馬のレベルが低いので、人気通りとまではいかなくても、トライアル上位組のなかで決まるとみています。

■とっておきの穴馬を1頭教えてください。
ベルシャザールですね。2006年のアドマイヤジャパンのような積極的なレースができれば、展開の鍵を握るのと同時に、一角崩しの可能性も浮上してくると思います。

リアルでいくらくらい儲けることを目指しますか?
1番人気が一本かぶりになることが確実ですが、裏目の高配当には惑わされずに、しっかりと買い目を絞って勝負するつもりです。秋華賞ほどの配当は期待できませんが、秋の京都を満喫できる程度の儲けは狙っていきます。

三冠達成がかかるオルフェーヴルには逆らえないというのが河内さんの見解のようですね。問題は、点数を絞って勝負するというその相手でしょう。最終結論が気になる方は、日曜日のプロ予想DXをチェックしてください!

[もっと見る]

セイウンスカイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 76ビュー コメント 1 ナイス 11

JRA松田大作騎手の騎乗停止騒動に某大物馬主が大激怒!? シルクロードS2着馬の乗り替わりなど影響は多方面に及び......━ gambling journal ギャンブルジャーナル/2017年02月12日 15時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2565.html

今月2日にJRA騎手の松田大作氏が、京都市内で自動車を運転し、道路交通法違反容疑(無免許運転および速度超過)で京都府警に摘発されていた事件。9日にはJRA側も対処を決定し、裁定委員会の議定があるまでは騎乗停止の処分を下すこととなっている。

 この事件を受けて、とある大物馬主が自らのブログ上で当事者の松田騎手に対し、大手を振って遺憾の意を表明している。

 それは、今はなくなってしまったが、1992年桜花賞馬ニシノフラワー、1998年の2冠馬セイウンスカイなどで有名な西山牧場を運営し、現在も個人馬主として名を知られる西山茂行氏だ。

 西山氏は現役馬では昨年の京阪杯優勝馬のネロや、シルクロードSで重賞初挑戦ながら2着に好走したセイウンコウセイなどを保有し、馬主業だけでなく西山興業グループの代表を務めるなど、実業家としても辣腕を振るっている。

 今年はすでに保有馬が4勝を挙げ、馬主リーディングでも上位をキープするなど好調だが、今回の松田騎手の事件には、相当業を煮やしているようだ。原因は前述のセイウンコウセイをはじめ数頭の所属馬を、他ならぬ彼へ騎乗依頼していたからであろう。

 西山氏が自身で運営するブログ『西山牧場の(笑)気分』には、松田騎手に対する憤りが自らの言葉によって綴られている。ブログによると、3月末に行われる予定の高松宮記念に出走予定だったセイウンコウセイは、幸騎手へと乗り替わるようだ。その他にもニシノラッシュ、ニシノフローラル、ニシノキャプテン、ニシノラディアントといった愛馬の名を挙げ、騎乗停止に伴う代わりの騎手確保に奮闘する様子が描かれるとともに、自身の経験談や松田騎手自身の境遇も交えながら、彼への怒りを包み隠さず報告している。


西山氏からすれば、G1で好走が見込める期待馬を任せる予定があったわけで、松田騎手を信頼する気持ちは当然持っていたはず。その思いがあらぬ形で裏切られたのだから、ブログに記されている感情は、競馬ファンとしても納得のいくものだ。

 今回の一件を受けて、松田騎手は騎乗停止という処分以上に、有形無形のペナルティーを課されることになるだろう。もしかしたら西山氏だけでなく、他の馬主からの騎乗依頼も減少することになるかもしれない。願わくば、もう一度はじめからやり直す気持ちでターフに戻ってきてもらいたいものである。

セイウンスカイの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

セイウンスカイの写真

投稿写真はありません。

セイウンスカイの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

セイウンスカイの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。