会員登録はこちら
共同通信杯 G3   日程:2018年2月11日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

共同通信杯 G3

2018年2月11日() 東京/芝1800m/12頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 6

オウケンムーン

牡3 56.0 北村宏司  国枝栄 458(-10) 1.47.4 13.6 6
2 1 1

サトノソルタス

牡3 56.0 R.ムーア  堀宣行 488(+8) 1.47.5 3/4 6.3 3
3 4 4

エイムアンドエンド

牡3 56.0 F.ミナリ  二ノ宮敬 484(-8) 1.47.7 1 1/4 132.9 10
ラップタイム 12.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.6
前半 12.9-24.0-35.7-48.0-60.2
後半 59.4-47.2-34.8-23.1-11.6

■払戻金

単勝 6 1,360円 6番人気
複勝 6 390円 6番人気
1 270円 4番人気
4 1,720円 10番人気
枠連 1-5 4,010円 12番人気
馬連 1-6 5,080円 17番人気
ワイド 1-6 1,570円 17番人気
4-6 8,350円 41番人気
1-4 5,490円 32番人気
馬単 6-1 13,620円 37番人気
3連複 1-4-6 77,670円 102番人気
3連単 6-1-4 566,290円 537番人気

共同通信杯のニュース&コラム

【共同通信杯】ムーン金星!ブルースリ産駒、重賞初出走V
 第52回共同通信杯(11日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)北村宏司騎乗で6番人気のオウケンムーンが直線鋭く伸びて差し切り勝ち。3連勝で重賞初制覇を果たした。2008年の菊花賞を制した父オウケンブルースリにとっても、産駒初の重賞出走でいきなりのV。タイム1分47秒4(良)。3/4馬身差の2着には3番人気サトノソルタスが入り、1番人気グレイルは見せ場を作れず7着に終わった。 重賞ウイナーもGI3着馬もディープ産駒も一蹴した。過去10年の勝ち馬からクラシック連対馬が5頭出ている出世レースを制したのは、2008年の菊花賞馬オウケンブルースリを父に持つオウケンムーン。堂々の3連勝で重賞初勝利を挙げた。 「坂下での反応が良かったですし、よく伸びてくれました。前走の中山より、東京の方が合うと思っていましたね」 北村宏騎手が満足げに振り返る。逃げたコスモイグナーツが軽快に飛ばす縦長の流れを3、4番手でスムーズに追走。3コーナー過ぎから前との差を徐々に詰め、残り400メートル手前でゴーサインを出す。上がり3ハロン33秒5の末脚で前2頭をあっさりかわし、外から迫る2着サトノソルタスも封じてフィニッシュ。着差こそ3/4馬身だったが、危なげのない完勝だ。 血のロマンも実った。ムーンのオーナーは、父オウケンブルースリも所有していた福井明氏。父の生まれ故郷でもあるノーザンファームに依頼して提示してもらった花嫁候補の中から、オーナーが選んだのが母ムーンフェイズだった。現在、JRAに登録されているオウケンブルースリ産駒はわずか7頭。オーナーの情熱が実を結んで、スター候補が誕生した。 次走は皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する見込み。「調教では動かないタイプですが、徐々にまとまってきました。あとは順調に行ってくれれば」と鞍上が言えば、国枝調教師も「つかみどころがなくて、面白い馬だよ。いいものを持っているし、バリバリやらずに臨みたい」と意気込みを口にした。 クラシックの登竜門で父の名を高めたオウケンムーン。その未来は月明かりのように輝かしいはずだ。 (花田隆)★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちらオウケンムーン 父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ、母の父エリシオ。鹿毛の牡3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は福井明氏。戦績4戦3勝。獲得賞金5175万5000円。重賞初勝利。共同通信杯は、国枝栄調教師は初勝利、北村宏司騎手は2004年マイネルデュプレに次いで2勝目。馬名は「冠名+母名の一部」。
2018年2月12日(月) 05:04

 681

【共同通信杯】ソルタス2着にムーア「楽しみ」
 第52回共同通信杯(11日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)中団の内を進んだ3番人気サトノソルタスは、直線で勝ち馬を目がけて伸びるも3/4馬身差の2着まで。前週のきさらぎ賞(サトノフェイバー)に続く同一馬主&1戦1勝馬のVはならなかった。 この週から短期免許で来日しているムーア騎手は「まだ2戦目ですからね」と、キャリア1戦での好走をたたえ、「体もまだ成長してくるし、競馬も覚えていかないといけない。これから先が楽しみ」と期待を寄せた。次走は未定だが、2着で賞金を加算し、クラシックへ視界は明るい。★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2018年2月12日(月) 05:03

 595

【共同通信杯】ソルタス2着にムーア「楽しみ」
 第52回共同通信杯(11日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)中団の内を進んだ3番人気サトノソルタスは、直線で勝ち馬を目がけて伸びるも3/4馬身差の2着まで。前週のきさらぎ賞(サトノフェイバー)に続く同一馬主&1戦1勝馬のVはならなかった。 この週から短期免許で来日しているムーア騎手は「まだ2戦目ですからね」と、キャリア1戦での好走をたたえ、「体もまだ成長してくるし、競馬も覚えていかないといけない。これから先が楽しみ」と期待を寄せた。次走は未定だが、2着で賞金を加算し、クラシックへ視界は明るい。
2018年2月12日(月) 05:03

 288

【共同通信杯】断然人気グレイル7着…武「全く伸びなかった」
 第52回共同通信杯(11日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)単勝1・8倍の断然人気グレイルは、よもやの7着。後方追走から直線で外に出したが、末脚勝負で見劣った。武豊騎手は「外を回したにしてもラストは全く伸びなかった。明確な敗因は分からない」と首をかしげ、「素質はあるので」と巻き返しを願う。野中調教師も「手前も替えていたし、左回りは問題なかった。トモ(後肢)を取られたにしても…。気持ち悪い負け方」と複雑な表情。次走は様子を見て決められる。★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2018年2月12日(月) 05:03

 1,005

共同通信杯のニュースをもっと見る >

【共同通信杯】厩舎の話
 アメリカンワールド・浜中騎手「前走は馬ごみで集中できた。力をつけているし、センスがあってスタートも速い」 エイムアンドエンド・佐々木助手「変わりなく順調。広い東京に替わるのはいいが、まだキャリアが浅いだけに…」 オウケンムーン・北村宏騎手「追い切りでは手が動いたが、順調に調整できている。あとは当日にイレ込まなければ」 カフジバンガード・金折助手「前走はゲートに尽きる。駐立は良くなったし、左回りでは好結果を出している」 グレイル・野中調教師「まだ緩いけど、使って左右のバランスが良くなった。目いっぱいではないが、しっかり仕上げてきたので勝負にはなる」 コスモイグナーツ・高橋祥調教師「まずまずの時計。落ち着いて走ることを覚えさせている。体調自体はいい」 ゴーフォザサミット・藤沢和調教師「前走はいい内容だった。完成度はまだまだだが、体は徐々に成長している」 ジャックローズ・斉藤崇調教師「動きはいつもどおり。しっかりしてきたし、センスは良さそう。どこまでやれるか」 ステイフーリッシュ・中谷騎手「単走でサラッとやったが、できすぎぐらいで掛かり気味。レースでは気持ちを乗せすぎないようにしたい」 ブラゾンダムール・松永幹調教師「放牧でリフレッシュ。上がり重点でいい動きだったし、今回は雰囲気もいい」 リュウノユキナ・斉藤敏調教師「馬なりでタイムはそれほど出ていないが、ほぼ予定どおりの調教だった」(夕刊フジ)★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月8日(木) 11:18

 1,142

【共同通信杯】武が太鼓判!グレイル年長馬に悠々先着
 共同通信杯の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。栗東では、デビューから連勝で京都2歳Sを制したグレイルが、CWコースでの併せ馬で悠々と先着。重賞連勝に向けて態勢を整えた。ステイフーリッシュは坂路で好気配。調教評価『S』はCWコースで鋭い伸びを見せたアメリカンワールドだ。 氷点下2度と冷え込んだ栗東で躍動した。新馬-京都2歳Sと連勝中のグレイルが、今年初戦に向けて好仕上がりをアピール。2週続けて手綱を取った武豊騎手は、笑顔で白い息を弾ませた。 「先週もよかったけど、今週もいい動きだったね。まだ体は緩いけど、走りはよくなってきている。態勢は整っていると思うよ」 先行するノースウッド(1000万下)を追いかけてスタート。序盤はゆったりしたペースで運び、3コーナー過ぎから内へ進路を取る。馬体を併せながら直線に向くと、ダイナミックにストライドを伸ばしてグンと加速。5ハロン65秒6、3ハロン37秒9-11秒8をマークし、一杯に追われた僚馬を馬なりで1馬身半突き放した。東京までの長距離輸送を考慮して余力残しの仕上げながら、年長馬相手に貫禄さえ感じさせる先着だ。 動きを見届けた野中調教師は「折り合いがついて手前もきれいに替えていた。目いっぱいの感じではないけど、いい調教ができた」と納得の表情でうなずいた。CWコースでの1週前追いで6ハロン80秒2-12秒0と負荷をかけていて、2カ月半ぶりの始動戦ながら仕上がりは上々だ。 前走の京都2歳Sは、最後の直線で手前を替えず、右手前のままだったが、メンバー最速の上がりをマークして差し切り勝ち。2着に負かしたタイムフライヤーが、次戦のホープフルSでGI勝利を飾っただけに、大物感がよりクローズアップされた。トレーナーは「古馬になってから楽しみなタイプ」と言うものの、「左右のバランスが改善してよくなっている」と成長を感じている。また中間にはゲート内の駐立確認も行った。 武豊騎手は「まだ緩いなかでも2戦とも結果を出してきている。東京も合いそうだから楽しみだね」と期待を込める。名手もほれ込むグレイルが、無傷の3連勝でクラシック戦線の主役に躍り出る。 (川端亮平)★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月8日(木) 05:09

 1,106

【共同通信杯】ワールド、1馬身先着12秒0
 未勝利戦を勝ち上がったばかりのアメリカンワールドは、CWコースの併せ馬で確かな伸びを見せた。直線では先行した僚馬をあっという間にかわし、6ハロン84秒3、3ハロン37秒4-12秒0で1馬身先着。「動きはよかったですね。一戦ごとに力がついてきて、さらにしっかりしてきた印象です」と浜中騎手が上積みを強調すれば、藤岡調教師も「もともと素質は高かったけど、動ききれなかった。良馬場なら切れそう」とうなずいた。侮れない1勝馬だ。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月8日(木) 05:08

 759

【共同通信杯】オウケンムーン、3頭併せ及第点
 連勝中のオウケンムーンはWコースで3頭併せ。直線で一杯に追われて、5ハロン67秒6、3ハロン38秒2-13秒0をマークした。外の新馬に1/2馬身先着し、中の未勝利馬には1/2馬身遅れた。「真ん中の馬が動く馬だから、しっかり追った。もともとけいこは動かないタイプだし、まずまずの動きだね」と国枝調教師は及第点を与えた。追い切りにまたがった北村宏騎手は「けいこはあんなものかな。現状でどれだけやれるか」と力を込めた。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月8日(木) 05:07

 570

共同通信杯の直前追い切り情報をもっと見る >

共同通信杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月11日 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv109 
1,570円 78,500円
Lv106 
1,360円 12,240円
Lv104 
77,670円 1,242,720円
Lv101 

5,080円
1,360円
97,500円
Lv101 
8,350円 83,500円

的中情報をもっと見る >

共同通信杯過去10年の結果

2017年2月12日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年2月14日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
2015年2月15日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

共同通信杯のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

3歳牡馬にとってはクラシックシーズン前唯一の東京コースでの重賞とあって、早くからこのレースを目標に調整されてきた馬の好走が目立つ。1回東京3週目に開催されるようになった2011年以降では、ここが3歳緒戦だった馬が6勝、2着4回、3着4回と好成績。このレースはもちろん、先々を意識している馬から入るのがベターだ。前走クラス別では重賞・オープン特別を使われた馬が優勢だが、2歳新馬戦勝ち以来だった2015年のリアルスティール、2歳未勝利戦1着後ホープフルSを取り消しての参戦となった2016年ディーマジェスティが1着と、1勝馬でも軽視できない。なお同コースのセントポーリア賞組は2015年にのちの2冠馬ドゥラメンテが2着に敗れているように中1週の間隔が影響するのか、過信は禁物である。舞台となる東京芝1800mは“展開いらず”で知られるフェアなコース設定。スタート直後の緩やかなカーブを除けば、525mの最後の直線を含め能力がそのまま反映されやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

共同通信杯の歴史と概要


2014年の優勝馬イスラボニータ

クラシックに直結する関東圏の主要ステップレースで、毎年ハイレベルな争いが繰り広げられている。第17回(1983年)の勝ち馬ミスターシービー、第28回(1994年)の覇者ナリタブライアンはその後3冠馬に。さらには、カブラヤオー、サクラショウリ、ダイナガリバーアイネスフウジンジャングルポケットらが、このレースを制したのちにダービー馬の栄冠を勝ち取った。近年は皐月賞との結びつきも強く、第46回(2012年)のゴールドシップ、第48回(2014年)のイスラボニータ、第50回(2016年)のディーマジェスティらが、こことクラシック第一冠との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

共同通信杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月21日(
福島牝馬ステークス G3
2018年4月22日(
読売マイラーズカップ G2
サンスポ賞フローラS G2

競馬番組表

2018年4月21日(
1回福島5日目
2回東京1日目
3回京都1日目
2018年4月22日(
1回福島6日目
2回東京2日目
3回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る