注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ジェニュイン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  青鹿毛 1992年4月28日生
調教師松山康久(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台フアーム
生産地千歳市
戦績21戦[5-7-1-8]
総賞金53,701万円
収得賞金10,435万円
英字表記Genuine
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
クルーピアレディー
血統 ][ 産駒 ]
What Luck
Question d'Argent
兄弟 クルーピアスターホワットアリーズン
前走 1997/11/16 マイルチャンピオンS G1
次走予定

ジェニュインの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
97/11/16 京都 11 マイルCS G1 芝1600 186127.849** 牡5 57.0 田中勝春松山康久490(-8)1.34.9 1.637.2⑨⑨タイキシャトル
97/10/26 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 16119.633** 牡5 58.0 田中勝春松山康久498(+6)1.59.9 0.935.6⑥⑧⑦エアグルーヴ
97/10/05 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 9113.535** 牡5 59.0 武豊松山康久492(-10)1.46.3 0.235.0⑥⑤⑤バブルガムフェロー
97/08/17 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 13442.824** 牡5 59.0 岡部幸雄松山康久502(+8)2.00.7 0.535.8⑩⑩⑨⑦エアグルーヴ
97/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881611.752** 牡5 58.0 田中勝春松山康久494(-12)1.33.9 0.134.9④④タイキブリザード
96/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 145732.01014** 牡4 57.0 O.ペリエ松山康久506(+14)2.37.2 3.439.9⑥⑥⑥⑩サクラローレル
96/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 187144.911** 牡4 57.0 岡部幸雄松山康久492(0)1.33.8 -0.135.6⑤④ショウリノメガミ
96/10/27 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 1761221.7814** 牡4 58.0 柴田善臣松山康久492(+10)2.00.0 1.335.2⑩⑨⑩バブルガムフェロー
96/06/09 東京 11 安田記念 G1 芝1600 175913.864** 牡4 58.0 田中勝春松山康久482(-12)1.33.4 0.335.1⑥⑦トロットサンダー
96/03/10 中山 11 中山記念 G2 芝1800 15233.712** 牡4 57.0 岡部幸雄松山康久494(-4)1.47.5 0.335.8⑧⑧⑦⑧サクラローレル
95/12/24 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 12565.3310** 牡3 55.0 岡部幸雄松山康久498(+4)2.35.5 1.937.0④④マヤノトップガン
95/10/29 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 18247.442** 牡3 56.0 岡部幸雄松山康久494(+2)1.58.8 0.035.5サクラチトセオー
95/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 14342.316** 牡3 57.0 岡部幸雄松山康久492(+6)1.49.1 0.735.4⑦⑤⑤スガノオージ
95/09/10 中山 11 京王杯AH G3 芝1600 12222.012** 牡3 57.5 岡部幸雄松山康久486(+4)1.32.7 0.035.0⑤④⑤ドージマムテキ
95/05/28 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 187133.522** 牡3 57.0 岡部幸雄松山康久482(-8)2.27.5 0.235.3タヤスツヨシ
95/04/16 中山 10 皐月賞 G1 芝2000 18366.931** 牡3 57.0 岡部幸雄松山康久490(0)2.02.5 -0.136.7タヤスツヨシ
95/03/18 中山 10 若葉S OP 芝2000 8662.421** 牡3 56.0 田中勝春松山康久490(-4)2.08.1 0.939.7④⑤④④マイネルブリッジ
95/01/28 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 16231.511** 牡3 55.0 岡部幸雄松山康久494(+10)1.48.9 -0.235.3④⑤フォルスデュノール
94/11/27 東京 7 赤松賞 500万下 芝1600 1279--12** 牡2 54.0 T.ジャル松山康久484(+2)1.35.1 0.235.5コクトジュリアン
94/10/30 東京 2 2歳新馬 芝1400 1167--11** 牡2 53.0 岡部幸雄松山康久482(-2)1.22.8 -0.536.3ダイチュウジンデン

⇒もっと見る


ジェニュインの関連ニュース

 【東京】9Rセントポーリア賞(500万下、芝1800メートル)=ダイワキャグニー(美・菊沢、牡、父キングカメハメハ

 ◆北村宏騎手 「少し燃えていたが、走りには影響がなかった。直線坂下からの加速で、(後続馬に)かわさせない感じだった。強かったです」

 *ジェニュイン皐月賞マイルCS)、ドゥラメンテ皐月賞、ダービー)などが勝っている出世レース。弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)とフジテレビ賞スプリングS(同19日、中山、GII、芝1800メートル)を視野に。

 2R新馬(ダ1400メートル)=オーサムクイーン(美・竹内、牝、父クロフネ

 ◆丹内騎手 「スタートがいいし、センスもいいですね。乗りやすい馬で、伸びしろもあると思います」

 5R新馬(芝1800メートル)=インシュラー(美・宗像、牡、父マンハッタンカフェ

 ◆ルメール騎手 「(直線で)簡単にハナに立って物見をしたので、後ろの馬を待っていた。楽に勝ったし、余裕があった」

 4R未勝利(芝1600メートル)=アルトリウス(美・藤沢和、牡、父キングカメハメハ

 ◆シュミノー騎手 「道中は先行馬の後ろで構え、4コーナーで馬がエンジンをかける気配を感じた。最後の200メートルから伸びてくれた」

 *母は2008年桜花賞レジネッタ(父フレンチデピュティ)

 【京都】4R新馬(ダ1200メートル)=テンモース(栗・飯田祐、牝、父スパイツタウン)

 ◆武豊騎手 「心配していたスタートを五分に出て、いいスピードを見せてくれた。まだ子供っぽいけど、楽しみ」

 6R500万下(芝・外1400メートル)=ミラアイトーン(栗・池江、牡、父ロンロ)

 ◆武幸騎手 「レース以外が少し大変な馬だけど、競馬はスムーズに運べました。先々の見通しが明るくなりました」

【新種牡馬連載(9)】アサクサキングス 2015年07月27日(月) 14:54

(1)競走成績 日本で2〜7歳時に23戦6勝。新馬−百日草特別と連勝し、ラジオNIKKEI杯2歳S5着を挟んで臨んだきさらぎ賞で重賞初制覇。その後、皐月賞7着、NHKマイルC11着と完敗を喫したが、果敢に先手を取った日本ダービーでは14番人気の低評価ながら2着に逃げ粘った。秋は神戸新聞杯2着をステップに菊花賞に挑み、見事に優勝。4歳時は天皇賞・春3着が目立った程度で勝ち星もなく終わったが、5歳春に京都記念−阪神大賞典を連勝した。その後は故障もあり結果を出せずに引退している。

(2)血統 父ホワイトマズルからは、多彩な活躍馬が出ている。ダートでの活躍を経て天皇賞馬に輝いたイングランディーレ、果敢な逃げで人気を集めたシルポート、ジャパンCダートを制したニホンピロアワーズ、シンガポール航空国際C勝ち馬シャドウゲイトと個性派ばかりだ。母系は、母の全兄に皐月賞とマイルチャンピオンシップを制したジェニュインがいる。母も6勝を挙げたオープン馬で、牝系の質も優秀。ホワイトマズル×サンデーサイレンスの配合は、前出シルポートシャドウゲイトのほか、重賞3勝のシンゲンと同じだ。古馬になって息長く活躍できるタイプといえるだろう。

(3)適性診断 自身が得意とした芝の長丁場が向くのはもちろんだが、父の特性を考えると産駒にもさまざまなタイプが出そうだ。現役時はすべて芝のレースを走ったが、ダートもこなせる血統背景の持ち主。重馬場も苦にしない。前記したように、成長力には定評があるだけに、一定のクラスまで出世すれば安定して活躍する馬主孝行な産駒が出るだろう。

(4)初年度産駒 注目されるのは、昨年の函館2歳Sを制したアクティブミノルの半弟テゾーロミノル(栗東・北出成人厩舎)だ。サンデーサイレンスの3×3というインブリードがあり、兄に続く活躍が期待される。すでにホッカイドウ競馬で勝ち上がった馬(ハピネスヒーロー)もいるが、中央では2頭がデビューしただけで勝ち星は挙げていない。ただ、基本的には晩成タイプ。これから徐々に頭角を現す産駒が出てくるだろう。コンスタントに活躍馬を出せるかは微妙なところだが、父同様、大物を出す可能性は十分にある。長い目で見守りたいサイアーだ。(この項終わり)

※今年の新種牡馬には、ここまで紹介した9頭の他にアンライバルドエーシンフォワードサクラメガワンダービービーガルダンなどがいる。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】セール最高値馬スノードリーム2015年07月04日() 14:42

 【函館5R】スノードリームは4月のJRAブリーズアップセールで最高価格となる3240万円で取引された。近親にはアサクサキングスジェニュインといったGI馬の名が並ぶ。「1週延ばしたことで動きがしっかりしてきた。素軽い走りをするので、芝で良さが出そう」と森田助手。(夕刊フジ

[もっと見る]

【日本ダービー】ドゥラ2冠へ万全!ミルコ自信「バッチリ」 2015年05月29日(金) 05:10

 荒ぶる闘志は本番まで封印する−。皐月賞を恐るべき豪脚で差し切ったドゥラメンテが、2冠がかかるダービーへ向けて我慢の調教を施された。

 音楽用語で“荒々しく”という意味のドゥラメンテ。その名の通り、午前6時すぎに美浦トレセンのDコース(ダート)に姿を現したときは、何度も頭を振って気性の激しさを見せたが、Wコースに移動して調教がスタートするとスムーズな走りだった。

 先行するオコレマルーナ(1600万下)と最後方のシャドウパーティー(1600万下)に挟まれてもムキにならずに直線へ。ミルコ・デムーロ騎手が我慢させたまま、ゴール前でゴーサインを出すと、スーッと加速してラスト1ハロン12秒3の瞬発力(4ハロン53秒0)を披露。内のシャドウパーティーに1/2馬身、外のオコレマルーナに1馬身先着した。

 「馬体を接した状態で折り合えるかを確認したかった。ジョッキーの感触はよかったようだし、身のこなしは皐月賞よりいいと思います」

 堀宣行調教師はメンタル重視の調整と説明。折り合いを重視するのには理由がある。2走前の共同通信杯では引っ掛かって2着に敗退。続く皐月賞では4コーナーで大歓声に驚いたのか、外へ大きくよれた。

 能力は間違いなく超一流。トレーナーは「皐月賞では爆発力が外に向いてしまった。調教とレースでは違うけど、ジョッキーも経験したので分かっているでしょう。まだ幼くて予期せぬことでカーッとなるけど、平常心なら操縦が難しい馬じゃない」と語る。

 デムーロ騎手も「スムーズな走りをさせるのが一番。皐月賞より(状態は)いいと思う。バッチリ」と笑みを浮かべた。

 この日決まった枠順は〔7〕枠(14)番。トレーナーは「レース当日は雨の予報もあるし、馬場状態のこともある。位置取りを決めつけず、馬の力を出せれば、東京の長い直線はいいと思う」と爆発力を信頼する。

 ダービーは大歓声がわき起こるスタンド前の発走。しかし、1周してゴール前でドゥラメンテが荒ぶる魂を解放すれば、世代最強の称号を手に入れられるはずだ。 (柴田章利)

★柴田 追い切りチェック

 正直、最初にDコースに出てきて頭を振っている姿を見たときは、これで大丈夫?という気持ちだった。それがWコースでスピードに乗り出すと、まったく問題ない走り。3頭併せの真ん中というプレッシャーのかかる追い切りでも、スッと反応していた。

 追い切りの様子では気性の激しさもそれほどではない。あとはミルコが言うように、1、2コーナーでごちゃついてスイッチが入り、闘志が空回りして引っ掛かってしまうことさえなければ、能力的に2冠達成は濃厚だろう。

★皐月賞1、2着馬によるダービーのワンツー

 過去に9例あり、直近は1995年の1着タヤスツヨシ(皐月賞2着)−2着ジェニュイン(同1着)。皐月賞1着ドゥラメンテと同2着リアルスティールがワンツーを決めれば、20年ぶりとなる。なお、ダービーでタヤスツヨシは〔7〕枠(14)番、ジェニュインは〔7〕枠(13)番だった。ドゥラは〔7〕枠(14)番、リアルは〔7〕枠(13)番と同じ〔7〕枠に入り、馬番も同じだ。

★日本ダービーの枠順はこちら

[もっと見る]

【ニューイヤー】コスモソーンパークがOP初勝利 2015年01月17日() 15:44

 17日の中山11Rニューイヤーステークス(4歳上オープン、芝1600メートル)は、三浦皇成騎手騎乗の8番人気コスモソーンパーク(牡7歳、美浦・池上昌弘厩舎)がゴール前で差し切り、オープン初勝利をマークした。タイムは1分33秒9(良)。

 最内枠からペイシャフェリスが先手を主張し、ルナは2番手に控える。外にウインマーレライ、内にマイネルディアベルなどが続いたが、中団のやや後ろにいたアーデントが3コーナーで外から押し上げて3番手まで進出。レースはよどみない展開となった。ペイシャフェリスが後続を振り切って先頭のまま直線へ。アーデントが食い下がり、中団から迫るコスモソーンパークもこの争いに加わる。最後は、懸命に粘るペイシャフェリスコスモソーンパークがかわしてフィニッシュ。7歳馬が39戦目にして初めてのオープン勝ちを果たした。クビ差2着が5番人気のペイシャフェリス。さらにアタマ差の3着が3番人気のアーデントだった。

 コスモソーンパークは、父ロージズインメイ、母マイネピュール、母の父ジェニュインという血統。通算成績は39戦6勝となった。

 三浦騎手は「突き抜けそうな手応えでしたが、きょうは風が強かったですからね。いい状態でしたし、よどみのない流れになったのがよかったのだと思います。力の要る馬場ならもっといい走りができると思いますし、重賞でもやれる馬です」と初騎乗でのオープン勝ちを褒め称えていた。

★17日中山11R「ニューイヤーステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】タガノヴェルリー会心の逃げ切りV 2014年07月19日() 12:35

 19日の中京5R2歳新馬(芝1200メートル)は、ザカリー・パートン騎手騎乗の2番人気タガノヴェルリー(牝、栗東・今野貞一厩舎)が逃げ切って快勝した。タイムは1分11秒1(稍重)。

 好スタートを切ったタガノヴェルリーハルマッタンが並んで先行。さらにモントルルシュマンクインズロンペールなどが続く。午前中の雨で馬場が渋り、追走に苦しむ馬もいるなかで、タガノヴェルリーは軽快な逃げ。直線に向いてハルマッタンを振り切ると、脚いろは鈍らないまま逃げ切って1馬身3/4差で快勝した。2着は好位追走から外を伸びた5番人気のムーンエクスプレス。さらに1馬身1/2差の3着に1番人気のハルマッタンが流れ込んでいる。

 タガノヴェルリーは、父ホワイトマズル、母タガノデムジュール、母の父ストラヴィンスキーという血統。祖母の兄ジェニュインはGI皐月賞、マイルチャンピオンシップの勝ち馬。

 パートン騎手は「控えてもいいと言われていたけれど、スタートが決まったのでハナへ。物見したり、まだ集中力を欠くようなところはあったけれど、まだ良くなってくると思う」と冷静にレースを振り返っていた。

★19日中京5R「2歳新馬」の結果はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジェニュインの関連コラム

閲覧 2,813ビュー コメント 0 ナイス 3


クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2015年10月31日() 09:30 みんなの競馬コラム
【天皇賞(秋)】あなたの知らなくていい世界(サイン競馬) by ☆馬龍>解☆真人
閲覧 621ビュー コメント 0 ナイス 8

JRAのHPに、天皇賞GI特集という項目があります。
このトップページの写真には エアグルーヴが記載されています。

(JRA HPより)


エアグルーヴ武豊。今回騎乗馬は エイシンヒカリ
エイシンヒカリの勝負服が 赤と黒の縦縞。
HPのレイアウトカラーですね。signはそう言った感覚で見ます。

エアグルーヴがsignだとしたら 相手はその時の結果から考えます。
2着は、社台RHバブルガムフェロー その前年の優勝馬。
去年の優勝馬 スピルバーグは8枠17番に配置。
そして3着は、ジェニュイン。皐月賞馬。皐月賞馬イスラボニータも8枠16番に配置。
8枠に期待度が高まるsignです。

そして天皇賞当日は、11月1日 1・1・1の日です。 
3連勝中の1・1・1の馬が エイシンヒカリ ラブリーデイ の2頭。

2頭のマッチレースの可能性もあるが 穴で狙うなら8枠が面白そうだ。


執筆者:☆馬龍>解☆真人(MYコロシアム>最新予想にリンク)

[もっと見る]

2012年12月25日(火) 23:23 km
公認プロ≪km≫次走の狙い馬#202
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 4

12/22 中山4R
エイデンヒーロー【父グラスワンダー(ロベルト(ターントゥ)系)×母父ジェニュイン(SS(ターントゥ)系)】
高木登厩舎【84位↓】大野拓弥騎手【26位↑】
距離適性【1400-1800】芝【C】ダ【C】急坂【C】加速力【B】持続力【C】
 デビュー戦で先行、今回は最後方待機からの追い込みで共に4着。展開に恵まれた。
 近親にボンネビルレコード。芝よりもダート、大箱より小回り、急坂より平坦コースが合っている。

12/23 中山1R
ブラウンワールド【父サウスヴィウラス(フォーティナイナー(ミスプロ)系)×母父フサイチコンコルド(ニジンスキー系)】
加藤和宏厩舎【164位↑】石橋脩騎手【31位↑】
距離適性【1000-1400】芝【C】ダ【B】急坂【D】加速力【C】持続力【C】
 スピードに寄り過ぎていて平坦向き。
 積極的に関西遠征をする厩舎なので、年明けの京都に出走すれば面白い。ダ1000の鬼。

12/23 中山2R
オーバーザトップ【父ディープインパクト(SS系)×母父Kingmambo(キングマンボ(ミスプロ)系)】
久保田貴士厩舎【17位↑】横山典弘騎手【6位↓】
距離適性【1400-2000】芝【B】ダ【C】急坂【C】加速力【A】持続力【B】
 馬場が悪いのが極端に苦手で今回は度外視できる。中山より東京があっているのは言うまでもない。
 血統面や厩舎でマイナス要素がなく、レースぶりも問題ない。人気を下げるのであれば次走は狙い目。
 いずれは重賞で勝負するようになる馬だから覚えておきたい。


※適性欄:A-Eの5段階評価

km(けーえむ)※小文字
 ウマニティ公認プロ。ウマニティ主催の第2回プロテストで抜群の成績を収めて合格。現在プロ予想家として活動中。
 2011年は1300レース超を予想し、回収率134%、収支+428万を達成。2012年も10/9までに1000レース超を予想し、回収率125%、収支+242万を達成している。
 情報収集を重視した独特の思考フィルターに、U指数を加味したレース分析に定評がある。

[もっと見る]

2012年11月16日(金) 16:15 ウマニティ編集長
勝ちたきゃウマいヤツに聞け! 〜2012年 マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 18

オフ会レポがなかなかご好評をいただいているようでよかったです。第何部までいくかはわかりませんが、できるだけ更新頻度を高めつつも、ゆるゆると進めていきたいと思います。って、矛盾してますね。とにかく頑張ります。

さぁ、今週のターゲットとなるG汽譟璽垢魯泪ぅ襯船礇鵐團ンシップです。ひと言で“難解”ですね。勝ってもおかしくない面々が、あれもこれも……。非常に予想のしがいのある一戦になりました。そんなとき、頼りになるのはウマニティが誇る公認プロでしょう。今回は、過去のこのレースに的中実績のある2人と、先週大爆発した絶好調男の計3人に登場してもらいます。

〆GのマイルCSの馬券攻略上のポイント
注目馬・推奨馬(できれば穴馬)

この2点につきまして話を聞きましたので、ご期待ください!


昨年、4人気3着のサプレザに◎、5人気1着のエイシンアポロンに○を打ち、ワイド好配当的中!
ろいす

(※ろいすさんからは、枠順確定前に話を聞きました。確定後に見解が変わる可能性もありますので、ご了承ください)



〆Gの安田記念は1番人気が6.6倍で11番人気までが単勝20倍を切る混戦でしたが、マイルCSもそれに劣らず大混戦模様です。「この馬は間違いなく馬券圏内に好走する」と自信を持って言えるような馬は見当たらず、展開や馬場状態次第でまったく結果が変わってきそうですね。事前予想でこんなことを言うのはなんですが、当日の馬場状態を見たうえで脚質や枠順の向く馬をいつも以上に評価したほうがいいと思います。

∈のところ本命に推そうと思っている馬は比較的人気が予想されますが、当日の馬場状態次第では以下の注目馬と評価が入れ替わる可能性があります。

1頭目はアイムユアーズ。土曜日が雨予報で力の要る馬場になれば、道悪になった場合にパフォーマンスを上げる可能性がメンバー中いちばん高そうなこの馬の評価を上げたいです。

2頭目はコスモセンサー。前に行った馬も残る馬場状態ならば、昨年2着のフィフスペトルと同じキングカメハメハ×リヴァーマン系のこの馬を推します。G議戦は4度目ですが、今年は安田記念で3着と本格化し、最初からG気鮑蚤臾槁犬砲いたローテは今回が初めてだと思われるだけに注目したいです。ただし、当日が完全な外差し馬場になってしまえば評価を下げます。


3年前に14番人気2着のマイネルファルケに◎を打ち、3連複2万馬券的中!!
スガダイ



‥斃貌にかなりの量の雨が降るという予報なので、馬場状態の見極めがポイントになりそうです。昨年のような馬場状態になってしまうと、能力よりも道悪の巧拙と枠順が重要になってしまいますから。良馬場で行われれば順当に収まると思っていましたが、馬場状態によっては大波乱もあるかもしれませんね。

コスモセンサーを推奨します。前2走は崩れていますが、前々走は休み明けのうえ、トップハンデで超ハイペースを先行してのもの。前走は柴田大知騎手の落馬による負傷で、急遽の乗り替わりがあり仕方のない結果です。安田記念で3着があるように力があるのは間違いありませんし、和田騎手とも手が合いそうです。馬場状態によっては本命にする可能性もありますよ。


先週の収支プラス100万超! プロ予想家収支ランキングぶっちぎりトップ!!
☆まんでがん

(※☆まんでがんさんは質問への回答ではなく、例によってオリジナルの原稿を送ってくれました。☆まんでがんワールドをご堪能ください!)



―――――――――――――――――――――――――――――――――
(都内某所の居酒屋  ☆チームMandegan   エリザベス祝勝会にて)

舎弟:  へぇ〜もう29回目になるですね、マイルCSって

☆まんでがん  ああ 〜 そんだけ オイラも歳とったってこと(笑)
          26回目の馬券購入になるレース。

舎弟:  えっ あの〜なんか馬券購入法上の数字が微妙に合いませんが(苦笑)

     てかスゴイ馬名が並びますね。。。本当のマイル王はどの馬ですかね?

     ダイワメジャーすか?デュランダルすか?


☆まんでがん  黙れ!若造! ダイタクヘリオス なめんなよ(笑)
           だからいつまでたっても素人なんだオマエは!
          時代を超えて比べるなんてナンセンスなんだよ!

舎弟:     ・・・・・笑・・・・・・・

(ビールをぐぃ)
☆まんでがん  でも やっぱり第6回の
         「内からオグリ!内からオグリ!」の連発実況は印象的だね。
         バンブーメモリーとは かなり差があったからなぁ〜
         南井VS武豊 あの叩き合いは痺れたぜぃ
         しかもそのあと連闘でJCに。ホーリックスと叩きあう伝説の2.22.2
          くぅ〜 オグリ〜 雑草根  ぶぅ〜るぅ〜す やね!

舎弟:      あの〜。。。そろそろ 今回の馬券攻略上のポイントを教えてくださいよ。

☆まんでがん  おう。(ビールをぐぃ)
            登録時点でGI勝馬は5頭、重賞勝ち馬は約20頭
          でも混戦 主役不在!難解でオッズは割れる。
          
          エリザベスのレインボーダリアのように 馬の本質というか
          【資質】を見抜きたいレース。

          つまり  実績 < 余白  ってこと

舎弟:      よはく?

☆まんでがん  うん。糊代さ!
          わからんか?
          う〜ん。。。成長力!
          それにそれを引き出す ローテションも重要かなぁ。。。

       春のマイル安田記念と総合力&底力という意味ではファクターは同じだが
       京都マイルはキレ味を持続性で封じこめることのできるコースでもある。
       ジェニュイン なんかはその代表かなぁ。

舎弟:      はぁ?・・・

☆まんでがん  前走 80%以下の力しか出していなくてそれなりの内容であり
          敗因が明確に理由付できる馬
          よって上昇可能な馬
          <血の背景>の裏付けがあり 
          稽古をちゃんと消化した馬!!
          そして【配当妙味】がある馬!
 (ビールをぐぃ)
すでに
          【丁半馬券】の ド真ん中!
          本命馬は決まってるよ。

舎弟:      だからそれを教えてくださいよ〜。

☆まんでがん  まぁ〜焦るなよ。
          日曜日に東京競馬場のゴール前特設ステージで
             ウマニティ公認プロ予想家
             『スガダイ vs ☆まんでがん』による
マイルチャンピオンシップG1予想検討会 なる
イベントのオファーがあったんだ。
             http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=3437

舎弟:      へぇーすごい。
          スガダイさんがくるんだ!

☆まんでがん  そっちかよ (爆笑)

(ビールをぐぃ)

☆まんでがん  だから そのときに 数万人の観客に向かって
          本命をシャウトするよ! 
          ろっけぇ〜ん ろーるぅ!!!

舎弟:      し・し・師匠(笑)
          もしも〜しぃ〜 かなり酔ってませんか・・・
          
☆まんでがん  そうか? つか なんか応援団がほしいなぁ〜

舎弟:      はぁ?

☆まんでがん  そうだ!お前 キャバ嬢たちに声かけて集合かけろ!
          ゴール前 華やかにするねん!

舎弟:       爆笑)いいですけど。。。
           師匠の正体がバレますよ。。。

☆まんでがん  だな・・・だな・・・だな・・・

(ビールをぐぃ)

☆まんでがん  わかった。じゃ今日は惑星馬の伝授といこう。
          ずばり!M.デムーロエイシンフラッシュ戦法
          マルセリーナ ビ〜〜ム

舎弟:      ・・・ ・・・・・・・・・ハハハ・・・
          やっぱ もう酔っ払ってる・・・・
―――――――――――――――――――――――――――――――――

☆まんでがんさんも酔っ払いながら触れていましたが(笑)、18日には東京競馬場でウマニティのイベントが開催されます。『予想コロシアム@東京競馬場 スガダイvs☆まんでがん』 ゴール前特設ステージにて11時30分スタートですので、皆さんぜひ足をお運びください。先着順でプレゼントもお配りしますよ〜! イベントへの参加はありませんが、ろいすの予想にも注目してくださいね。公認プロ軍団の最終結論を知りたい方は、レース当日の、プロ予想MAXを要チェックです!

[もっと見る]

2012年05月07日(月) 20:00 km
公認プロ≪km≫次走の狙い馬#169
閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 4

5/5 新潟2R
カレンシュガーレイハーツクライ(SS系)×エンドスウィープ(ミスプロ系)】
安田隆行厩舎【10位↓】北村友一騎手【20位→】
距離適性【1200-1800】芝【○】ダ【△】急坂【○】加速力【△】持続力【○】
 血統面で工夫がなされていて興味深い。成長力十分でこれから強くなる。
 ダートで勝ち上がりも先々は芝での活躍が期待できる一頭。

5/6 新潟1R
メイデイ【ロージズインメイ(ヘイロー系)×Star de Naskra(ナスルーラ系)】
荒川義之厩舎【8位↑】吉田隼人騎手【9位↑】
距離適性【1800-2600】芝【○】ダ【△】急坂【○】加速力【△】持続力【○】
 枠差やダート適性の差(半兄にサウスヴィグラスがいるが関係ない)での大差負け。それほど気にすることもない。
 これからの未勝利戦(特に芝)は持続力が重要でこの馬の得意の舞台だ。芝替わりで狙いたい。

5/6 新潟2R
カレンシェリーメイディープインパクト(SS系)×トニービン(グレイソヴリン系)】
安田隆行厩舎【10位↓】大野拓弥騎手【21位↑】
距離適性【1400−1800】芝【◎】ダ【×】急坂【○】加速力【◎】持続力【○】
 カレンチャンの半妹。父がディープインパクトに替わり姉よりは距離が保ちそう。
 小柄な馬(402kg)なので姉のように大きな牡馬と台頭に渡り合うのは難しいが、現在の薄い牝馬戦線なら十分にやれそう。
 能力があることは確かだからあとは自らとの戦い―か。

5/5 東京3R
マリントウショウ【キャプテンスティーヴ(テディ系)×ジェニュイン(SS系)】
角田晃一厩舎【93位↑】石橋脩騎手【21位↑】
距離適性【1400-1800】芝【△】ダ【○】急坂【△】加速力【○】持続力【△】
 距離が足りない。湿って走りやすいダートだと勝ち切れない。
 この時期の未勝利なら能力上位で、乾いた馬場ならすぐに勝ち負けだろう。

5/5 東京7R
ジョウテンオリーヴ
ジョウテンブレーヴ(リファール[ノーザンダンサー]系×アジュディケーティング(ダンチヒ[ノーザンダンサー]系)】
相沢郁厩舎【7位↑】石橋脩騎手【21位↑】
距離適性【1000-1800】芝【○】ダ【○】急坂【◎】加速力【△】持続力【○】
 1400がベスト(芝だと阪神?)。洋芝は得意なハズ。
 古馬との混合戦で斤量差を活かして上位進出が可能だ。非根幹距離出走時に注意。

5/5 東京11R プリンシバルS
ローレルブレット【サムライハート[SS系】×テンビー(ニジンスキー)系】
今野貞一厩舎【192位】※今年開業 田辺裕信騎手【18位↓】
距離適性【1600-2400】芝【○】ダ【△】急坂【○】加速力【△】持続力【○】
 転厩効果。これだけ馬が変わるものかとただただ驚くばかり。それだけ。


※厩舎・騎手成績は4/30現在の平地のみの成績を使用しています。

[もっと見る]

ジェニュインの口コミ


口コミ一覧

2017_皐月賞反省会他雑文

 landr 2017年04月18日(火) 08:50

閲覧 59ビュー コメント 2 ナイス 3

先日、4月から競馬ができなくなる云々と書きましたが、実は5月からまたまた生活が変わり(具体的に言えば、土日休みとなる)、競馬が再開できる見込みです。正確に申し上げると、今週から。
ただ、これは、アクシデントに近くて、健康と引き換えに現在の生活を切り替えざるを得なくなった…と言いますか。競馬が再びできるようになるのは、不幸中の幸いなのです。皆さんも健康にはご注意ください。
ちなみに、やってしまったのは右腕と腰。今は安静加療中で4月いっぱい療養予定。5月には阪神競馬場に行けるくらい回復すればいいなあ(←いや、それ以上に、仕事に行けるようにしろよ)

ここ3週ほど、時間も取れず、見るも恥ずかしい予想を並べ立ててしまい(当たる当たらないは別として)、こんな適当予想しかできないのならば、競馬をやめた方がいいんじゃないかとまで考えました。
しかし、競馬予想する時間がほとんどとれなかったこと引き換えに、案外とホッとしていた自分もいます。悪い意味ではないのですが、あまりにも競馬に時間を取られ過ぎてしまっていたのだなあ、と。競馬に縛られなかった日常は、ある意味、安ど感もありました。

晴れて、競馬予想に復帰できることになったとはいえ、以前と同じスタンスでは焦燥感に駆られて、膨大な時間を費やしてしまう(見合うリターンも少ない)。このあたりを考えながら、予想をしていきたいと考えています。だって「競馬予想しているときしか充実感がない」と言うのも寂しいものですしね。それに気づいただけでも、満足な競馬ができなかった3週間は意味があったように思います。

ちなみに、桜花賞・皐月賞は予想はしたものの、大外れでした。皐月賞なんてかすりもしなかった。
桜花賞は当然のことながら、ソウルスターリング中心。重馬場考慮して、アドマイヤミヤビをちょっと下げたまでは良かった。ただねえ、ソウルスターリングが勝負づけ済んだようなリスグラシューやレーヌミノルの軍門に下っちゃいますか…難しいですね。ちなみに、アドマイヤミヤビはオークスで見直し。ファンディーナが「やっぱりオークスにします」とこちらに出てくれば本命視もあり。

皐月賞では、いろいろと疑問な弥生賞組を軽視してスプリングSを重視しましたが、裏街道の毎日杯とアーリントンカップでワンツーとは…。いや、言い訳っぽいですが、ペルシアンナイトも相当評価している馬です。
アルアインも後から振り返れば、毎日杯のタイムがキズナやディープスカイと変わらないもので、浮上の余地は十分あったのですよね。ただ、毎日杯に限って言えば、あまりにもサトノアーサーに目を向け過ぎていた感があります。
しかし、アルアインはジェニュイン臭がする(笑)ダービーは現時点では予測不可能。皐月賞で一番強かったのは、ぶっつけで鬼脚使っているレイデオロ。しかし、中山限定疑惑はぬぐえず(笑)また、アルアインでこれなら、サトノアーサーも大期待にはなりますな。大寒桜を勝ちきったアドマイヤウイナーにちょっと本格気配も感じられます。どちらにしろ、トライアルを見てから。

今週はG1もなくて、中休み。リハビリにはちょうど良い感じです。
フローラステークスは、フローレスマジックとホウオウパフュームが普通に強い。
マイラーズカップは、両スピネルとイスラボニータが人気するでしょうが、注目は1年ぶりで連覇狙うクルーガー。しかし、そう考えて去年の結果を見ると、フィエロこそ健在ですが、世代交代が著しいなあと感じる。

ジェニュインの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ジェニュインの写真

投稿写真はありません。

ジェニュインの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ジェニュインの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。