会員登録はこちら
きさらぎ賞2017

2017年2月5日(

きさらぎ賞 G3

京都競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜きさらぎ賞2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【きさらぎ賞】伏兵アメリカだ!12キロ減ってキレ増した
 第57回きさらぎ賞(5日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)松若風馬騎乗で、好位から早めに進出した6番人気の伏兵アメリカズカップが、直線で力強く抜け出して快勝。重賞初勝利を飾った。音無秀孝調教師は、自身2度目の同日JRA重賞V。タイム1分50秒1(重)。単勝1・4倍の圧倒的1番人気に支持されたサトノアーサーは、1馬身3/4差の2着に敗れ、デビュー3戦目で初黒星を喫した。 6番人気の伏兵とは思えない横綱相撲だった。雨が止んだ淀のターフで、アメリカズカップが堂々と突き抜け、有力馬を完封。松若騎手の笑顔がはじけた。 「前回(朝日杯FS9着)は出遅れましたが、今回はうまく流れに乗れました。馬場が馬場なので、早めに仕掛ける形に。最後までノメらずに走ってくれました」 道中は3番手で力を温存。重馬場を考慮し、鞍上は3コーナーあたりから相棒に頑張りをうながす。仕掛けながら直線に向くと、しぶとく脚を伸ばす長所を発揮。前を行くプラチナヴォイスを早々とかわして先頭に立つと、断然人気のサトノアーサーを寄せ付けなかった。デビュー4年目の21歳は馬場状態を考慮しつつ、パートナーの持ち味を存分に引き出す好騎乗。「今後が楽しみな馬です」と目を細めた。 音無調教師は12キロ減の馬体重に「きょうは走らないかと思った」と胸の内を明かし、「結果的には(馬体減は)良かったのかな」と続けた。10分後の東京新聞杯もブラックスピネルで制し、同日の東西重賞を制覇。2009年10月11日(毎日王冠カンパニー、京都大賞典オウケンブルースリ)以来、自身2度目の快挙を成し遂げ、「こんなこともあるんだね」と満足げにうなずいた。 今後は馬体回復を優先し、短期放牧を挟んで皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する見込み。「まずは減った体を戻さないと」とトレーナーは気を引き締め、松若騎手も「これからさらにパワーアップしてくれると思うので」と期待をかける。 昨年はサトノダイヤモンドが制したクラシックの登竜門を勝ち、重賞初Vとなった谷掛龍夫オーナーは「ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)が目標です。松若騎手には最初から乗ってもらっていますし、このままダービーへ」と明言。“競馬の祭典”に今から胸を躍らせている。 (宇恵英志)★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら
2017年2月6日(月) 05:06

 944

【きさらぎ賞】メジャー福永、スタート即落馬で競走中止
 第57回きさらぎ賞(5日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)5番人気のスズカメジャーは、発走直後に急に外側に逃避。福永騎手が落馬して競走中止となったが、人馬とも異常はなかった。引き揚げてきた福永騎手は「ゲートを出た途端、Uターンして(スタート奥の)ポケットに戻っていってしまった。気が悪いのは分かっていたんですが、そのあたりも大外枠だったので頭に入れておくべきでした」と神妙な面持ちで話した。同馬は6日から3月7日まで出走停止。停止期間満了後に発走調教再審査が必要となった。★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら
2017年2月6日(月) 05:05

 793

【きさらぎ賞】ルメール、ダンビュ3着に納得「いい感じ」
 第57回きさらぎ賞(5日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)2番人気のダンビュライトが3着。道中は後方でスムーズに折り合い、直線でもしぶとく伸びた。ルメール騎手は「今回はとてもいい感じ。いいペースで流れにも乗れていたし、長くいい脚を使っています。まだ馬も若く、これから良くなると思います。こういった道悪も大丈夫です」と、納得の表情だった。★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら
2017年2月6日(月) 05:05

 490

【きさらぎ賞】アーサー2着…重馬場響き3連勝ならず
 第57回きさらぎ賞(5日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)素質馬が初黒星を喫した。デビューから無傷の3連勝を目指し、単勝1.4倍の1番人気に推されたサトノアーサーは、後方2番手から直線で外を通り差を詰めたが、重馬場に自慢の瞬発力を発揮できず。2着が精いっぱいだった。 落馬負傷からこの週、復帰した川田騎手は「スムーズに勝ち馬の直後につけられたんですが、得意ではないこういった馬場で、よく頑張ってくれています。勝ち馬には馬場も向いた感じですし、今回はいい経験になったと思います」と振り返った。次走は未定だが、賞金加算には成功。春の大舞台で、改めて真価を発揮したいところだ。★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら
2017年2月6日(月) 05:05

 575

【きさらぎ賞】特別登録馬
2017年2月5日(日)に京都競馬場で行われるきさらぎ賞(GIII)の登録馬は以下の通り。アメリカズカップ 牡3エスピリトゥオーゾ 牡3サトノアーサー 牡3スズカメジャー 牡3タガノアシュラ 牡3ダンビュライト 牡3プラチナヴォイス 牡3ベルエスメラルダ 牝3マテラレックス 牡3ムーヴザワールド 牡3ワンダープチュック 牡3◆きさらぎ賞(GIII)の重賞攻略はこちら。
2017年1月29日() 17:30

 5,355

【きさらぎ賞&東京新聞杯】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは、きさらぎ賞と東京新聞杯が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの花田記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、鈴木記者が参戦して好調教馬をピックアップした。 正木 きさらぎ賞は“クラシックへの登竜門”なんて言われてきたが、近年は頭数が少なくなってる。それだけ好調教馬も取りこぼせんな。 鈴木 1番人気は必至でしょうけど、サトノアーサーがいいですね。先週はCWコースの併せ馬で6ハロン80秒9−11秒9の好タイムをマークし、追走先着。今週はオーバーワークにならないよう、同コースで半マイルからでしたが、それでも“キレッキレ”の伸び。池江厩舎流の完璧な仕上げです。 正木 池江厩舎は近5年で3勝。スターホースの道やな。 鈴木 正木さんの注目馬は? 正木 音無厩舎の熱気ムンムンの坂路2頭併せは見応えがあった。実績のあるダンビュライトも悪くなかったが、今回はアメリカズカップの方が素軽くて余力があったように見えた。4ハロン51秒3−12秒5の時計以上に気配も良かった。東京新聞杯の方はどうや。 花田 美浦では坂路のヤングマンパワーが3頭併せで最先着。時計が出やすい馬場とはいえ、馬なりで4ハロン52秒2−11秒9は出色です。Wコースで併せ馬を行ったプロディガルサンもクビ差先着で、5ハロン64秒4−12秒5の好時計。力を出せる仕上がりでしょう。 正木 栗東では坂路4ハロン49秒8の一番時計を出したブラックスピネルと、CWコースの3頭併せで最先着し、先週から気配が一変したブラックムーンもお忘れなく。★東京新聞杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載★きさらぎ賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月3日(金) 05:08

 3,393

【きさらぎ賞】レース展望
 京都の日曜メインは、クラシックに直結する3歳重賞、第57回きさらぎ賞(2月5日、GIII、芝1800メートル)。昨年のこのレースを制したサトノダイヤモンドは、皐月賞3着、日本ダービー2着、菊花賞1着とクラシックで大活躍し、有馬記念でも昨年の年度代表馬キタサンブラックを下して最優秀3歳牡馬に選出された。登録は11頭(このうちムーヴザワールドは次週の共同通信杯出走が濃厚)と、寂しいメンバー構成となったが、例年レースレベルは高く、クラシックを狙うだけでなく、将来の日本競馬を担うスターホースの誕生が見られるかもしれない。 昨年はサトノダイヤモンド→レプランシュ→ロイカバードと、ディープインパクト産駒が1〜3着を独占。2012年にも、ワールドエース→ヒストリカル→ベールドインパクトが1〜3着を占めており、11年はトーセンラー、14年はトーセンスターダムがV。このレースはディープインパクト産駒抜きでは考えられない一戦だ。 今年、出走を予定しているディープインパクト産駒は1頭だが、2戦2勝で最有力候補に挙げられるサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)だ。母キングスローズも、ニュージーランドのGI・1000ギニー(芝1600メートル)の勝ち馬で、血統面も申し分なし。デビューは昨年10月の阪神芝2000メートル戦で、スズカフロンティアとの同着Vだったが、上がり3ハロン35秒3は最速で、3着を5馬身引き離した。2戦目は阪神芝1800メートルの500万下・シクラメン賞。最後は抑える余裕を見せながら、上がり3ハロン32秒7の切れ味で楽々と差し切り、3馬身半差の完勝だった。 デビュー2戦で見せたパフォーマンスは、同馬主、同厩舎のサトノダイヤモンドと遜色のないもの。偉大なる先輩と同じ無傷の3連勝で、クラシックの主役に名乗りを上げる構えだ。また、8日の京都競馬で落馬し、第2、3腰椎横突起骨折、鼻骨骨折の重傷を負った鞍上の川田将雅騎手は、懸命なリハビリで今週復帰する。デビュー戦から手綱を取る愛馬で、快気祝いのVといきたいところだ。 京都芝1800メートルで2戦2勝のプラチナヴォイス(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)が強敵となる。昨年10月の未勝利戦は、1分45秒9の2歳コースレコードで圧巻の4馬身差V。続くオープン特別の萩Sは2番手から抜け出し、1馬身3/4差で快勝した。前走の京都2歳Sは6着に敗れたが、直線での不利が響いたもの。また、イレ込みがきつく、向こう正面の中ほどまで力んでいたことも影響したようだ。前走後は放牧でひと息入ったが、1週前追い切りでは栗東CWコースで6ハロン79秒4の好時計を出している。得意舞台と早めの競馬で、勝機を見いだす。 新種牡馬ルーラーシップ産駒のダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡)も能力が高い。昨年7月の中京芝1600メートルの新馬戦は5馬身差で圧勝し、2戦目のサウジアラビアロイヤルCでは直線でモタれる面を見せながらも、勝ったブレスジャーニーから0秒2差の2着に好走。前走の朝日杯フューチュリティSは13着だったが、「結果的に馬が緩かった。その反省を踏まえた上で、中間は意識して時計を出している」と、音無調教師は巻き返しに意欲満々だ。前走時プラス8キロだった馬体が絞れていれば、好勝負に持ち込むことは可能だろう。 同じ音無厩舎のアメリカズカップ(牡)は、前走の朝日杯FSで出遅れて9着。3カ月の休み明けだったことと、外枠で前に壁をつくれなかったことで、酌量の余地はある。昨年7月の中京芝1600メートルで初陣を飾り、続く阪神芝1800メートルのオープン特別・野路菊Sで連勝を決めた素質馬。僚馬ダンビュライト同様、「前走で競馬をしていないので馬を鍛えている」と音無調教師も気合が入っている。スタートさえ五分なら、上位争いに加わる可能性は高い。 また、伯父に春の天皇賞馬スズカマンボがいる良血で、5日の京都芝2000メートルの新馬戦で勝ち上がったスズカメジャー(栗東・橋田満厩舎、牡)、2走前に京都芝2000メートルの500万下・黄菊賞を大逃げで勝っているタガノアシュラ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)も侮れない存在だ。★きさらぎ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年1月30日(月) 17:48

 2,803

【きさらぎ賞】エスピリトゥオーゾ、一発ムード
 未勝利勝ちから中1週のエスピリトゥオーゾが、雪の栗東CWコースで好調キープをアピールした。 雪に覆われた馬場のせいもあったか、行きたがる素振りはなく、持ったままで4角から直線へ。ラスト1Fで鞍上から気合が入り、ゴール前をビッシリ追われた。 「直線まで15−15で行ってラスト1Fを追ってほしいという指示。(ハミを)噛むところはなかったし反応も良かった」と、騎乗した京助手。 2000メートルが5戦続いてからの1F短縮だが、「1200から2000メートルまで経験しているし、重賞の流れならスムーズに折り合えるはず。雨は苦にしないし、前走の勝ちっぷりもいい。時計がかかるようなら面白いかも」と一発を匂わせた。(夕刊フジ)★きさらぎ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月2日(木) 11:33

 1,804

きさらぎ賞のニュースをもっと見る >

きさらぎ賞の直前追い切り情報をもっと見る >

きさらぎ賞の口コミ情報をもっと見る >

●きさらぎ賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜きさらぎ賞2017〜

第57回 きさらぎ賞 G3

2017年2月5日()京都11R 芝1800m 8頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 7 86.4 アメリカズカップ 牡3 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 450(-12) 17.2 6 1.50.1
2 1 1 85.5 サトノアーサー 牡3 56.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 474(+6) 1.4 1 1.50.4 1 3/4
3 4 4 88.1 ダンビュライト 牡3 56.0 C.ルメー 音無秀孝 栗東 472(0) 5.6 2 1.50.4 アタマ
4 5 5 84.8 プラチナヴォイス 牡3 56.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東 510(+2) 8.6 3 1.50.6 1 1/4
5 6 6 78.5 エスピリトゥオーゾ 牡3 56.0 四位洋文 木原一良 栗東 454(-4) 51.3 7 1.50.9 1 3/4
6 2 2 78.9 マテラレックス 牡3 56.0 S.フォー 森秀行 栗東 454(+2) 99.9 8 1.51.9
7 3 3 85.2 タガノアシュラ 牡3 56.0 岩田康誠 五十嵐忠 栗東 512(+4) 9.4 4 1.52.9
中止 8 8 75.3 スズカメジャー 牡3 56.0 福永祐一 橋田満 栗東 494(+8) 11.0 5 -- --
ラップタイム 12.9-11.6-12.0-12.5-12.6-12.4-12.2-11.7-12.2
前半 12.9-24.5-36.5-49.0-61.6
後半 61.1-48.5-36.1-23.9-12.2

■払戻金

単勝 7 1,720円 6番人気
複勝 7 230円 6番人気
1 110円 1番人気
4 130円 2番人気
馬連 1-7 960円 5番人気
ワイド 1-7 390円 5番人気
4-7 690円 10番人気
1-4 190円 1番人気
馬単 7-1 3,580円 11番人気
3連複 1-4-7 1,210円 6番人気
3連単 7-1-4 14,180円 44番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜きさらぎ賞2017〜

きさらぎ賞のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜きさらぎ賞2017〜

2016年 きさらぎ賞 2016年2月7日() 京都11R 芝1800m 良 09頭

きさらぎ賞2016

1着 9 サトノダイヤモンド 1.2倍(1人気) C.ルメール 1:46.9 96.8
2着 2 レプランシュ 13.9倍(4人気) 内田博幸 3 1/2 92.7
3着 3 ロイカバード 5.5倍(2人気) 武豊 アタマ 92.7
単勝 9 120円(1人気) 3連複 2−3−9 430円(2人気)
馬連 2−9 700円(3人気) 3連単 9→2→3 1,570円(5人気)

2015年 きさらぎ賞 2015年2月8日() 京都11R 芝1800m 良 08頭

きさらぎ賞2015

1着 3 ルージュバック 1.7倍(1人気) 戸崎圭太 1:48.6 93.5
2着 5 ポルトドートウィユ 3.6倍(2人気) 武豊 91.5
3着 4 アッシュゴールド 6.0倍(3人気) 池添謙一 90.2
単勝 3 170円(1人気) 3連複 3−4−5 420円(1人気)
馬連 3−5 260円(1人気) 3連単 3→5→4 1,270円(2人気)

2014年 きさらぎ賞 2014年2月9日() 京都11R 芝1800m 稍重 09頭

きさらぎ賞2014

1着 1 トーセンスターダム 2.5倍(2人気) 武豊 1:47.6 98.7
2着 5 バンドワゴン 1.5倍(1人気) 和田竜二 アタマ 98.7
3着 3 エイシンエルヴィン 62.0倍(6人気) 秋山真一郎 97.4
単勝 1 250円(2人気) 3連複 1−3−5 1,200円(4人気)
馬連 1−5 150円(1人気) 3連単 1→5→3 3,310円(10人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/02/03
きさらぎ賞
京都 9 タマモベストプレイ 8.3倍 6 和田竜二 1:48.9 93.7
2012/02/05
きさらぎ賞
京都 13 ワールドエース 2.1倍 1 小牧太 1:47.0 95.9
2011/02/06
きさらぎ賞
京都 12 トーセンラー 5.1倍 3 M.デムーロ 1:47.6 94.1
2010/02/14
きさらぎ賞
京都 11 ネオヴァンドーム 13.8倍 5 M.デムーロ 1:48.6 92.8
2009/02/15
きさらぎ賞
京都 10 リーチザクラウン 1.5倍 1 武豊 1:48.9 97.5
2008/02/17
きさらぎ賞
京都 15 レインボーペガサス 21.2倍 8 O.ペリエ 1:48.8 93.4
2007/02/11
きさらぎ賞
京都 8 アサクサキングス 9.1倍 3 武幸四郎 1:48.8 94.5
会員登録はこちら

●きさらぎ賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜きさらぎ賞2017〜

きさらぎ賞は、1961年に関西地区のクラシック競走への登竜門として4歳(現3歳)以上定量の重賞競走、きさらぎ賞として創設、第1回きさらぎ賞は中京競馬場の砂コース(現在のダートとは異なる)1200mで施行された。
1970年には中京競馬場の芝コース新設工事により京都競馬場の芝外回り1600mで施行、翌年には現在の芝1800mに変更され、1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。以降京都芝内回り2000mへの条件変更を経て、1991年には再び現在の芝外回り1800mに変更されている。
現在は3歳馬の年明け緒戦にこのレースが選ばれることも多く、賞金の加算及び弥生賞などトライアル競走に向けてのステップレースとなっている。
GIII格付け以降の歴代優勝馬には、スペシャルウィークナリタトップロードネオユニヴァースドリームパスポートアサクサキングスリーチザクラウンなどがいる。

きさらぎ賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月28日(
毎日放送賞スワンS G2
アルテミスステークス G3
2017年10月29日(
天皇賞(秋) G1

競馬番組表

2017年10月28日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2017年10月29日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
67,345万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 キセキ 牡3
21,316万円
6 ディアドラ 牝3
20,361万円
7 アエロリット 牝3
18,391万円
8 リスグラシュー 牝3
17,854万円
9 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
10 モズカッチャン 牝3
13,758万円
» もっと見る