ハクタイセイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  芦毛 1987年4月17日生
調教師布施正(栗東)
馬主渡辺 重夫
生産者土田農場
生産地三石町
戦績11戦[6-2-0-3]
総賞金18,067万円
収得賞金4,095万円
英字表記Haku Taisei
血統 ハイセイコー
血統 ][ 産駒 ]
チヤイナロツク
ハイユウ
ダンサーライト
血統 ][ 産駒 ]
ダンサーズイメージ
ネバアーライト
兄弟 ブライトスタースノースライド
前走 1991/05/12 安田記念 G1
次走予定

ハクタイセイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
91/05/12 東京 10 安田記念 G1 芝1600 17612--17** 牡4 57.0 大崎昭一布施正--0000 ------ダイイチルビー
90/05/27 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 22719--25** 牡3 57.0 武豊布施正448(-2)2.25.9 0.637.1アイネスフウジン
90/04/15 中山 10 皐月賞 G1 芝2000 18715--31** 牡3 57.0 南井克巳布施正450(-2)2.02.2 -0.036.9⑥⑤⑦⑦アイネスフウジン
90/02/11 阪神 11 きさらぎ賞 G3 芝2000 1233--11** 牡3 56.0 須貝尚介布施正452(-6)2.04.1 -0.2--⑤⑤④コガネタイフウ
90/01/20 京都 9 若駒ステーク OP 芝2000 1033--21** 牡3 56.0 須貝尚介布施正458(0)2.04.0 -0.3--ダンディスピリット
89/12/24 阪神 9 シクラメンス OP 芝2000 755--31** 牡2 55.0 須貝尚介布施正458(-4)2.03.9 -0.1--インターボイジャー
89/12/03 阪神 6 2歳400万下 ダ1200 1222--31** 牡2 54.0 南井克巳布施正462(+6)1.12.7 -0.5--ヤマノカグヤヒメ
89/10/28 京都 2 2歳未勝利 ダ1400 1144--11** 牡2 53.0 須貝尚介布施正456(-2)1.25.6 -0.7--エイシンキャロル
89/10/14 京都 2 2歳未勝利 ダ1200 16611--12** 牡2 53.0 須貝尚介布施正458(0)1.13.7 1.4--ヤマノカグヤヒメ
89/09/24 阪神 1 2歳未勝利 芝1200 1178--26** 牡2 53.0 須貝尚介布施正458(+2)1.11.7 0.7--エイシンサニー
89/09/10 阪神 2 2歳未勝利 芝1600 1446--14** 牡2 53.0 須貝尚介布施正456(-10)1.37.8 0.6--クィーンズキッス
89/07/15 小倉 3 2歳新馬 芝1000 1166--32** 牡2 53.0 須貝尚介布施正466(--)0.59.1 0.735.3ハギノハイタッチ

ハクタイセイの関連ニュース

 3戦3勝のきさらぎ賞サトノダイヤモンドが13日朝、「第76回皐月賞」(17日、中山、GI、芝2000メートル)に向けて、栗東トレーニングセンター(滋賀県)のCWコースで最終追い切りを行った。クリストフ・ルメール騎手を背に万全の手応えで2馬身先着して、調教チェッカーズは迷わずA評価。3強のなかでは最も輝くアクションで、無敗戴冠は目前だ。

 スーパーエリートがきっちり態勢を整えた。父ディープインパクトと同じように4戦目の無敗Vを狙うサトノダイヤモンドは、完成度の高さを見せつける大人のデモンストレーションを栗東CWコースで披露。戴冠へ一歩、前進した。

 朝一番に現れた主役の背には、3週連続してクリストフ・ルメール騎手の姿。先導役のエアカミュゼを3馬身追走して、実戦同様に完璧に折り合いをつけながら、ジワリと差を詰めていく。

 本領発揮は直線だ。ルメールに軽く促されただけで、ギアをグイッと上げてスパート。余力を残しながらラスト1Fを12秒0でまとめ、エアに2馬身先着した。

 “3強”の他2頭(マカヒキリオンディーズ)と同様に決して派手さはなかったが、GI仕様とばかりにゴール前でしっかりと弾けたのはサトノだけ。2カ月ぶりの不安を一掃する、文句なしの“A”スパーだった。

 「ベリーGOOD! 反応がとても良かった。動きは今までで一番いいです」

 ルメールの表情には明るさが戻っていた。先週の桜花賞は単勝オッズ150円という圧倒的な支持を集めたメジャーエンブレムでよもやの4着敗退。JRA所属となってから初めてともいえるキツい洗礼を浴びたばかりだが、当然、世界を股にかけ活躍してきたプロフェッショナルらしく、今や気持ちは切り替わっている。

 11年オルフェーヴルの3冠以来の牡馬クラシックをうかがう池江調教師も、「先週までで十分仕上がったので、けさは感触を確かめてもらっただけ。最後はよく伸びていた。目標のダービー前のレースとして、何の不安もない状態です」と、満足げな表情だ。

 とはいえ楽観の色は皆無で、世間の“3強”評には異を唱える。

 「3強、3強って言われるけど、自分のなかではマカヒキリオンディーズが実績的にも抜けていると思う。その次がエアスピネルで、僕の馬は実績を考えても4番手くらい。だからやってみないと分からない部分ばかりだけど、ダイヤモンド自身が力を出すことに関して不安はない。性格的に長距離輸送はまず大丈夫だし、馬場が渋っても問題ない。(間隔は空いたが)古馬の一流どころも春は3戦するのがセオリー。きさらぎ賞皐月賞、ダービーの3戦というのも一番いいと思うから」

 あくまで追う立場を崩さないが、これまでの勝ちっぷり(新馬=0秒4差、500万下、きさらぎ賞=0秒6差)はド派手。無限の可能性を秘める超原石が、“実績馬”撃破へ万全のコンディションで打って出る。

★父ディープ以来 11年ぶり無敗戴冠へ

 3戦3勝馬サトノダイヤモンドマカヒキとともに、無敗での皐月賞Vなるかにも注目が集まる。勝てば同じく3戦3勝で挑み皐月賞を制した05年の父ディープインパクト以来、11年ぶり史上17頭目の快挙。

 さらに90年のハクタイセイ以来、26年ぶり史上2頭目となるきさらぎ賞直行Vの記録もかかる。また、前走から中69日での勝利となれば、これまでの記録(中62日=ハクタイセイ、12年ゴールドシップ、15年ドゥラメンテ)を上回り、史上最長間隔Vとなる。(夕刊フジ

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

ハクタイセイの関連コラム

関連コラムはありません。

ハクタイセイの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ハクタイセイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハクタイセイの写真

投稿写真はありません。

ハクタイセイの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ハクタイセイの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。