報知杯弥生賞2017

2017年3月5日(

報知杯弥生賞 G2

中山競馬場/芝/2000m

最新出走予定馬情報 〜報知杯弥生賞2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 口コミ情報
【新潟大賞典】レース展望
 新潟2週目の日曜メインは第39回新潟大賞典(7日、GIII、2000メートル)。ハンデ戦だけに波乱が目立ち、過去10年で1番人気は勝利がなく、2着が2回あるのみ。今年も混戦模様で、そのぶん、馬券の妙味はたっぷりある。 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)は前走のアメジストSを勝ってようやくオープン入りしたが、3歳時には京成杯と共同通信杯でともに3着と好走。特に共同通信杯では勝ったディーマジェスティ(続く皐月賞でV)にコンマ3秒差まで詰め寄っている。新潟は未経験だが、左回りの東京で3勝しており、直線が平坦で惰性をつけて末脚を伸ばせるコースは脚質的にも合うはず。ハンデ55キロも想定内で、重賞初制覇を成し遂げても不思議はない。今回は浜中俊騎手との初コンビで挑む。 サンデーウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡5歳)は前走の福島民報杯で3着。器用さに欠ける面があるので、小回りの福島より馬場の広い新潟の方が合いそうだ。中2週で再度の長距離輸送となるが、タフで輸送減りしないタイプなので心配ない。ハンデ55キロも問題ないだろう。こちらも石橋脩騎手との初コンビだ。 ジュンヴァルカン(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)は発馬に課題が残り、前走の日経賞(9着)も出遅れてしまった。ただ、圧勝した2走前の松籟Sのように、前々でレースを進めれば強いタイプ。前述の2頭と同じ55キロは少し見込まれた印象だが、侮れない存在だ。鞍上は藤岡康太騎手となる。 レッドソロモン(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)は前走の小倉大賞典で7着。そこからひと息入っているが、中間の乗り込みは豊富で、体調面は前回よりも上向いている。3歳時には皐月賞トライアルの若葉Sを勝った実績の持ち主。ハンデも据え置きの56キロなら、妥当なところだろう。勝浦正樹騎手がどう持ち味を引き出すか、注目したい。 フルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)は昨年の2着馬。相変わらず勝ちみに遅い面は解消されていないが、ハンデも前年と同じ57.5キロなら、上位争いも可能だろう。 昨年3着のシャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡7歳)もハンデは変わらず56.5キロ。その後も着順は別にして大きく負けてはいない。7歳を迎えても元気いっぱいで、今年も目が離せない存在だ。 トルークマクト(美浦・尾関知人厩舎、牡7歳)は堅実性に欠けるが、体調面に大きな変動がないタイプ。実績上位馬がハンデを背負うぶん、54キロは有利だろう。 なお、2015年のGI・NHKマイルCの勝ち馬でトップハンデタイの57.5キロを背負うクラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)も登録しているが、こちらはメイS(20日、東京、オープン、芝1800メートル)出走が濃厚だ。 1日現在、除外対象で繰り上がり順1位のマイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳)はハンデが57キロで、ハンデ抽選で出走できる可能性がある。ただ、ダービー3着の実績があっても近況が不振のうえ、今回は3カ月半の休養明け。出てきても強調しにくい。★新潟大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
5月1日(月) 18:59

 3,593

【スプリングS】モンド、“問答無用”のマイル道!
 日曜は皐月賞トライアルのフジテレビ賞スプリングS(19日、中山、GII、芝1800メートル)が行われる。昨年の朝日杯FS1、2着馬の再戦だが、注目は2着だったモンドキャンノだ。ここで好結果を出しても、皐月賞には出走しないと陣営は明言。大目標のNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向け、明確な意図を持って始動戦を迎える。 皐月賞トライアルで、“本番”への大きな布石を打つ。朝日杯FS2着馬モンドキャンノはこの後、NHKマイルCに直行するローテ。たとえ今回好走しても、皐月賞はパスして、3歳マイル王者にアプローチする。 「コーナー4つの競馬で息を入れながら走らせられれば、次につながると思うので。強敵と戦う経験もマイルGIへの大きな糧になるでしょう」 14日朝、安田助手が珍しいローテーションの意図を明かした。NHKマイルCの前哨戦であるニュージーランドTは、コーナーが少ないため、陣営の意図にかなわず。3歳最強マイラーへの過程を最重視した結論が、このレースへの出走となった。少し折り合いに課題が残る現状だけに、初の1800メートルでしっかりと我慢させるのが最大のテーマ。たとえ結果が出なくても、今後に収穫をもたらすことを期待する。 父キンシャサノキセキ、母の父サクラバクシンオーという典型的な短距離血統。前向きな気性から距離の限界を示すとみられていた。しかし、前走のGIで初の1600メートルを克服。メンバー最速の末脚で追い上げた。 「デビュー以来、いい意味でこちらの期待を裏切ってくれています。昨年と比べれば体の成長を感じます。体重は多少、増えていると思いますし、緩さもなくなってきています」と安田助手は好材料を並べる。 3カ月ぶりの実戦で初距離になるが、長距離輸送は経験済み。有力馬のサトノアレスとは前走で半馬身差の接戦を演じており、力量も見劣らない。安田隆調教師も「折り合いをつける形で次につながる走りを。馬は休養前よりも成長していますし、能力もあるので」と期待を込める。 目指すは、世代のマイル王。始動戦で内容と結果を残して、その道筋を確かなものにする。 (宇恵英志)★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月15日(水) 05:10

 1,415

【スプリングS】進化した2歳王者サトノアレス
 変則3日間開催の中山日曜メインは、皐月賞トライアルのフジテレビ賞スプリングS(19日、GII、芝1800メートル)。昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレスが今年の初戦を迎える。今回は新コンビ・戸崎圭太騎手(36)=美・田島=と臨む一戦。管理する藤沢和雄調教師(65)にはJRA重賞100勝のメモリアルVもかかっている。 昨年の最優秀2歳牡馬がいよいよ出陣だ。朝日杯フューチュリティSを勝って以来、3カ月ぶりにサトノアレスが登場する。チューリップ賞を勝った僚馬ソウルスターリングに続き、好発進を決めたいところだ。 「早い時期から競馬を使いつつ、どんどん馬が良くなってきた。こんなに健康で丈夫なディープインパクト産駒は珍しいのではないかな。10キロほど体重も増えて、いい格好になっているよ」 着々と成長している愛馬に、藤沢和調教師は頼もしさを感じている。新コンビの戸崎騎手も1週前追い切りに騎乗して、「無理をせずそっと乗ってきただけですが、思っていたより体がしっかりして立派な馬。コントロールもしやすかった」と好印象を抱いた。 藤沢和師にとっては、JRA重賞100勝の大台がかかる一戦。順調に調整されてきた2歳王者サトノアレスが、さらにパワーアップした走りを披露する。★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月14日(火) 05:03

 1,840

【めざせクラシック】プラチナ、B着調整で反撃態勢
 デスク 先週は東西で皐月賞と桜花賞のトライアルが行われた。弥生賞のマイスタイル、チューリップ賞のミスパンテールはともに昆厩舎の管理馬で8、7番人気での2着激走。楽しみな馬が現れたな。 正木 「俺はどっちも走るって話していたのに…」って、昆調教師が取り囲んだ報道陣をチクリ。 デスク マイスタイルは逃げてしぶとい二枚腰を使い、ミスパンテールはメンバー最速の上がり3ハロン33秒7の強烈な末脚。ともに味があったな。 正木 「マイスタイルは何も行かなかったから行っただけで、控えても競馬ができる。ミスパンテールは昨夏の札幌での新馬勝ち以来だったが、今度は上積みもある」とトレーナー。ともに厩舎で調整して皐月賞、桜花賞へ向かいます。 デスク 来週の皐月賞トライアル、フジテレビ賞スプリングS(19日、中山、GII、芝1800メートル)で楽しみな馬はいるのか。 正木 きさらぎ賞4着のプラチナヴォイスですね。鮫島調教師は「前走は内ラチに突っ込みそうな気の悪さを見せた。今度は中間から浅めのブリンカー着用で調整し、効果もありそうだから」と、巻き返しへの態勢を整えています。 デスク 美浦からも何かいい話を…。 板津 今週の桜花賞トライアル、アネモネSは、フェアリーSを勝って以来のライジングリーズンが注目です。寺島助手は「きっちりと乗り込んで精神的にも落ち着いている。中山マイルも2勝している」と連勝を意識しています。デビュー4連勝で交流GI全日本2歳優駿を制したリエノテソーロは、芝は昨年9月のすずらん賞(札幌)以来。武井調教師は「元来はダート向きだと思いますが、スピードがあるのでこのメンバーなら好勝負」と、無敗で桜花賞に向かうつもりです。
3月8日(水) 04:02

 735

【報知杯弥生賞】特別登録馬
2017年3月5日(日)に中山競馬場で行われる報知杯弥生賞(GII)の登録馬は以下の通り。カデナ 牡3キャッスルクラウン 3グローブシアター 牡3コマノインパルス 牡3サトノマックス 牡3サンライズソア 牡3スマートエレメンツ 牡3ダイワキャグニー 牡3ダンビュライト 牡3テーオーフォルテ 牡3ディアシューター 牡3バリングラ 牡3ブレスジャーニー 牡3ベストアプローチ 牡3マイスタイル 牡3◆報知杯弥生賞(GII)の重賞攻略はこちら。
2月26日() 17:30

 7,765

【報知杯弥生賞】“1強”カデナ、戦ってきた相手が違う
 歩んできた道が違う。カデナが予選を“トップ通過”だ。 すでに皐月賞出走OKの賞金上位組に、出走切符を狙う本気度100%のノンキャリが加わり、一見すると混戦模様。しかし戦跡をつぶさに見れば、まさに“1強”が浮かび上がる。それがカデナだ。 デビュー以来(2)(1)(2)(1)着と堅実さに目がいくスコアだが、その中身は強烈。デビュー戦はひと伸びを欠き2着に沈んだが、2戦目のゴール前であっさり捕らえたのは、のちにGIII京成杯で2着に食い込むガンサリュート。3戦目の百日草特別も2着と敗れたが、勝ち馬は続くGIIIクイーンCを快勝した牝馬クラシックの有力候補・アドマイヤミヤビで、3着アウトライアーズも続くひいらぎ賞を楽勝している。 早い段階から骨太なメンバーとしのぎを削ってきた自信。今思えば、3番人気の京都2歳Sを快勝したのは必然だったのか。 “俺が春の主役”。陣営の調整過程からもそんな意識が見て取れる。本番は先とばかりに、馬なり中心の余裕を残した調整過程。1日の本追い切りも坂路で4F54秒4、ラスト1F12秒8とやや地味な内容に終始したが、手綱を取った福永騎手は納得顔だ。 「時計は目立たないけど、追われた時間帯を考えたらこんなもの。動きはイメージどおりだった。体にはまだ余裕があるが、先を意識したつくりなんだし、これで十分。跳びが大きくて中山向きとは言えないかもしれないけど、得意な条件だけ走ればいいっていう馬にはしたくない。どんなレースになるのか楽しみだよ」 余裕のコメントからにじみ出てくるのは、キャリアからくるパートナーへの信頼感。昨年のマカヒキが直線一気を決めたように、皐月本番以上に切れ味&瞬発力がモノをいうTRステージで、磨き上げてきた決め手が炸裂する。 “究極の3連単”はカデナを1着に固定。同じ中山10Fの京成杯の覇者コマノインパルスを2、3着に据えた10点。(夕刊フジ)★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載
3月4日() 11:49

 4,689

【報知杯弥生賞】厩舎の話
 ◆カデナ・中竹師 「攻めもいいリズムで走れていた。体つきも休養前より良くなっている」 ◆キャッスルクラウン・渋谷信師 「順調そのもの。初めてなので馬場見せをするつもりです」 ◆グローブシアター・辻野助手 「前走時より乗り込めて、騎手の感触も良かったですよ」 ◆コマノインパルス・田辺騎手 「前回と違い、今回はいつもの落ち着きがあって好状態」 ◆スマートエレメンツ・鹿戸師 「動きがよかった。今の感じなら芝も大丈夫じゃないかな」 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「中山は初めてだけど、いずれ経験しなくてはいけない。先行して折り合える」 ◆ダンビュライト・東田助手 「追い切りは、しっかりとやれている。距離が延びるのはいい」 ◆ディアシューター・高木師 「動きはいい。長くいい脚を使える」 ◆テーオーフォルテ・藤岡師 「使った上積みはある。勝つつもりで臨みたい」 ◆ベストアプローチ・荻野助手 「調整はうまくいったし、好勝負が期待できる」 ◆マイスタイル・昆師 「予定通りのけいこ。今の時点としてはかなりの状態にある」★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載
3月3日(金) 05:11

 4,351

【報知杯弥生賞】堀厩舎の大物正式GOサイン マックス豪快走
 クラシックの勢力図を塗り替えるか。新馬戦完勝の大器サトノマックスが抜群の瞬発力を披露し、2戦目Vへ存在を強くアピールした。 美浦Wコースでバリングラ(弥生賞を回避して次週以降に出走)を1馬身追いかけて加速。シュタルケ騎手が冷静になだめながら直線を向いたが、圧巻だったのはそこから。一枚上の切れ味でパートナーを一瞬で抜き去ると、馬なりのまま1馬身半突き放した。 「4コーナーまで手応え良く走っていたし、直線での反応も良かった。1回使ったことで上積みがありそうだし、きょうの走りなら初の中山でも心配なところはありません」。キャリア1戦とは思えぬメリハリの利いたアクションに、鞍上が笑顔を見せる。 その後、陣営からも正式にGOサインが出され、「熱発で馬場入りを休んだ初戦を思った以上の内容で勝ってくれた。今回は順調で状態は前走以上。距離もむしろ延びたほうがいいし、鞍上の指示にすぐ反応できるから(小回りの)中山でも問題ないはず。当日、馬場が回復してくれれば、軽い馬場向きの瞬発力を使えると思う」と、森助手も手応えを隠さない。 京都記念(サトノクラウン)→ダイヤモンドS(アルバート)→中山記念(ネオリアリズム)と3週続けて重賞獲得中の堀厩舎。偉業へ、超新星が絶好の態勢を整えた。(夕刊フジ)★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月2日(木) 11:54

 3,704

報知杯弥生賞のニュースをもっと見る >

 弥生賞の追い切りが1日、東西トレセンで行われた。栗東では京都2歳S勝ちのカデナが坂路で軽快な走り。福永騎手との折り合いもつき、3カ月ぶりでも好仕上がりをアピールした。美浦では京成杯を勝ったコマノインパルス、セントポーリア賞勝ちのダイワキャグニーが状態の良さを示した。

 トライアルでしっかりと手応えをつかみ、本番を目指したい。復帰初戦に向けてカデナが坂路で躍動。手綱を握った福永騎手も、気配のよさに笑顔を見せた。

 「イメージ通りの調整。先を見据えた体のつくりだけど、息遣いに問題はないから。いい競馬をしてくれると思うよ」

 追い切りは単走で、折り合い重視。呼吸を乱さずに進み、直線でも馬なりでフィニッシュした。4ハロン54秒4−12秒8とタイムは平凡だが、馬場の荒れた時間帯での数字だけに心配はない。陣営が予定していたメニューはしっかりとこなすことができた。

 見届けた中竹調教師も「うん、よかったね。いいリズムで走れていたよ。休養前よりもメリハリのある体になっている」とうなずいた。

 きさらぎ賞での落馬で左肘内側側副靱帯(じんたい)を損傷した福永騎手は「大丈夫だよ。何も問題はない」と今週からの復帰に自信の表情。カデナには24日から調教に騎乗しており、「手の内に入れつつあるよ。学習能力が高いし、この馬はこれから、どんどんよくなってくる」と続けた。

 京都2歳Sで重賞初制覇。馬群の外から一気の伸びで勝負をつけた。デビュー戦から4戦すべてでメンバー最速の脚を駆使。初コースなど課題はあるが、末脚の切れに関していえば、間違いなく今回のメンバーでは一番だろう。

 「決め手はあるし、折り合いにも不安はない。今のところ器用さはないけど、馬群も問題ないよ。いろいろな意味で楽しみ」とジョッキーは腕をぶす。

 皐月賞と同じ舞台で結果を残せば、視界が限りなく広がる。クラシック戦線を引っ張る存在へ…。非凡な瞬発力で、その証明をする。 (宇恵英志)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【報知杯弥生賞】グローブシアター、見事な伸び11秒63月2日(木) 05:10

 グローブシアターはCWコースの3頭併せで、余力を残してラスト1ハロン11秒6(5ハロン69秒5)をマーク。ゴールドハット(3歳500万下)に1馬身先着し、アナザープラネット(1000万下)と併入した。前半をセーブしたとはいえ、最後の伸びは見事だ。

 辻野助手は「ホープフルS3着以来になりますが、当時よりも乗り込めています。騎乗した川田騎手の感触もよかったようですし、フットワークも軽かったですね」と仕上がりのよさに太鼓判を押した。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】ダイワキャグニー、軽快に13秒03月2日(木) 05:10

 新馬、セントポーリア賞を連勝中のダイワキャグニーは、菊沢調教師が騎乗してWコースで単走。伸びやかなフットワークが目立ち、軽快に6ハロン80秒7、3ハロン37秒2−13秒0をマーク。

 「馬がしなやかになってきましたね。思ったより時計は速くなったけど、先週、併せ馬でやっているから気持ちが入らないぐらいでちょうどいい。中山は初めてだけど、いずれは経験しなくてはいけないし、先行して折り合うことができるので」と、トレーナーは重賞でも好勝負を期待していた。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】コマノインパルス、好調キープ 3月2日(木) 05:10

 京成杯勝ちのコマノインパルスは、田辺騎手が騎乗してWコースでタイセイブラスト(500万下)と併せ馬。直線は内に入れて馬なりで、5ハロン68秒3、3ハロン38秒9−13秒5をマークして併入した。

 田辺騎手は「時計的にも予定どおりだし、状態はいいですね」と笑顔。前走時は中間のテンションが高いのを心配したが結果は完勝だった。「前回は馬も3戦目で苦しかったのでは。今回はいつもの落ち着きがあるし、前哨戦としてはいい状態。これまでいろいろな競馬をしてきたのはこの馬の強みですから」と相手強化にも自信を見せていた。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】復帰の福永背に快走!カデナ重賞V2だ 3月1日(水) 11:52

 京都2歳Sを大外一気の荒技で制したカデナが、クラシックへ始動する。今週から戦列に復帰するケガ明けの福永騎手が跨がり、栗東坂路で単走。前半はゆったり、気負わずにスムーズな行きっぷりだ。3F目からペースアップすると、歯切れのいい身のこなしで12秒3−12秒8。満足いくフィニッシュだった。

 「強めくらいの指示。しまいを少し伸ばしてイメージどおり。馬場が悪い時間帯で目立つ時計ではないけど、目標は先だし、それを意識したつくりと聞いている。若干、体には余裕があるかな」とユーイチ。

 皐月賞を勝つには、多少余裕があっても持ち前の切れ味を発揮し“格”を感じさせたい。「跳びが大きくフォームが低いので、中山の2000メートルが合うとは言えないかもしれないが、自分の得意な条件でしか走らない馬にはなってほしくない。皐月賞と同じ舞台でどんな競馬をしてくれるかな」。不利に見える舞台も制圧してこそのクラシック最有力候補だ。(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】ダイワキャグニー優秀6F81秒3 3月1日(水) 11:51

 新馬→セントポーリア賞でV2のダイワキャグニーは、美浦Wコースで菊沢調教師を背に、6Fからジワリとペースアップ。引っ掛かることはなくスムーズにピッチを上げ、余力残しのままフィニッシュした。滑らかフォームで、タイムも6F81秒3と優秀だ。

 「内めを回った分、時計は出たけど、いい感じに気を抜いて走れていた。去年の夏過ぎは(5F)70秒くらいがやっとだったが、今はフットワークの大きさが全然違う」と、トレーナーも大満足だ。

 1F延びた中山も一発でクリアできれば、皐月賞も見えてくる。「右回りになるけど特に問題はないと思う。セリ(15年セレクトセールで1億1340万円で取り引き)で見たときから、これはいいと思ったけど、ここ2戦も満足以上の結果を出してくれている」と強気にV3を狙う。(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 72ビュー

ウマスロ50倍×1万 

2017,5,24

--------------------------------------

第84回 日本ダービーG1

--------------------------------------

◎1ダンビュライト(弥生賞3着・皐月賞3着)

〇11ペルシアンナイト(皐月賞2着)全【3・2・1・0】)

▲3マイスタイル(弥生賞3着)←内枠からの逃げ粘り期待
               ※弥生賞は逃げて、上がり最速カデナの2着に粘った

注5クリンチャー(皐月賞4着)←内枠からの逃げ粘り期待
          ※皐月賞は3番手→4角先頭で皐月賞馬アルアインの0秒4差6着に粘った

△13カデナ(弥生賞・最速上がりで1着)

△アルアイン(皐月賞馬)←4角5番手から差し切り勝ち

△18アドミラブル(青葉賞1着)←出遅れから最速上がり
        ※大外18番枠から好位は難しいだろう。出遅れたら最悪

        ※ミルコも枠順を見てペルシアンナイトに騎乗すれば良かったと後悔してるのでは

        ※母系はクラシック一族

        ※母母グレースアドマイヤの仔
          (菊花賞2着・3歳で有馬記念2着リンカーン・皐月賞馬ヴィクトリー)
               
        ※母母母バレークイーン
          (ダービー馬フサイチコンコルド・皐月賞馬アンライバルド)

------------------------------------

【コストパフォーマンスの高い馬券】

◆1枠1番ユタカさんのダンビュライト(6番人気)からのワイド流し

◆戸崎圭太騎乗(乗り替りは良くないのだが…)ペルシアンアイト(8番人気)からのワイド流し

それから、

JRAのデータ分析もどうぞ!
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2017/0528_1/

ユウキ先生さん 4月29日() 13:09
☆青葉賞パート4(結論)☆
閲覧 83ビュー

こんにちは(*^-^*)

今日はダービーへ向けて青葉賞が行われます☆

アドミラブルが圧倒的に人気していますね〜

◎にしようと思っていましたが馬券的に寂しそうなのでここは△に印を下げました!!

◎トリコロールブルーでいきたいと思います(*^-^*)

左回りは2戦2勝☆皐月賞トライアルでもあったスプリングSは5着に敗れてしまいましたが大外枠が大きく響いていたと思います!

直線も伸びていましたし東京コースも絶対に合うと思います!!

応援しています!(^^)!

[もっと見る]

グラニースミスさん 4月18日(火) 13:47
所詮は結果論の皐月賞振り返り
閲覧 61ビュー

こんにちは!グラスミです\(^o^)/

午前中は台風みたいな天候でした
そして午後は、なんだか暑くなってきました
四季折々の気候ってよりも、熱帯雨林気候ですね
そのうちにジャングルのようになったりした(;^_^A

さて皐月賞 外しました(´Д`)ハァ…
ファンディーナに流されましたね
アルアインは、買えないわけではありませんでしたが、結果ですからね・・・

競馬新聞を眺めていると
勝ったアルアインの枠は→皐月賞トライアルではない枠
2着になったペルシアンナイトの枠→皐月賞トライアルではない枠でした

3着枠はいずれも皐月賞トライアル3着枠でした
若葉Sが2着までですから、納得です。

さてファンデーナですが、やはりフラワーCを使っていたことをもっと重視すべきでした。
前日にスプリングSが同馬場、同距離でありましたから、
牝馬限定重賞を使ったことを冷静に見るべきでした


今週はG気お休みです
開催も変わりますから、またまた修行です


では

[もっと見る]

やすの競馬総合病院さん 4月12日(水) 21:29
皐月賞のお買い得馬を調査する(調査1日目)の巻
閲覧 49ビュー

netkeiba.comの皐月賞の単勝予想オッズを参考にして単勝お買い得度を採点し、お買い得度上位3頭の単勝が当たるか外れるかを楽しむGI恒例のお遊び企画です。

前回の桜花賞は
2着リスグラシュー(3番人気 14.5倍)
5着アエロリット(6番人気 23.6倍)
16着ミスパンテール(4番人気 15.8倍)

ソウルスターリングに人気が集中したのもあって、3番人気ですら14.5倍という異常なオッズになってたし、勝ったのが8番人気で単勝40.8倍のレーヌミノルだったんで、こういう時にバッチリ当てれたらかっこよかったんですけど・・・。
悲しいことに、ぼくには、レーヌミノルの激走を見抜けるだけの眼力がありませんでした・・・。

前回までの収支は
・収支:−12000P
・投資額:12000P
・払戻額:0P
・指名馬の着順(0.2.0.10)
・的中率:0%
・回収率:0%

で、女の子に「おいしいラーメンが食べたい」と言われて、じゃあ、いい店知ってるよ〜と連れて行ったら、定休日だった時のような恥ずかしい成績です(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

ぼくはオッズの読みがド下手なので、netkeiba.comの単勝予想オッズを参考にしていますが、下位人気馬ほどすごい単勝オッズになるんで、単勝予想オッズより実際の単勝オッズがかなり安くなることも考慮しています。

あと、単勝お買い得馬を探す企画なので、
「点数が高い=勝つ可能性が高い」
ではなく、
「点数が高い=この単勝オッズで買えるのならお買い得かも」
というだけのお遊び企画です。

それでは、1頭ずつ順番にチェックしていきますが、単勝オッズの安い馬には厳しく、単勝オッズの高い馬には甘い採点でやっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

(単勝予想オッズ 3.8倍)スワーヴリチャード
単勝3.3倍ぐらいになるのかな?
近年の皐月賞は、前走で共同通信杯に出走してメンバー中上位の上がり3Fで連対した馬がよく勝ってるんで過去の傾向的には激熱やし、連対率100%で安定してるし、稍重で1着あるから雨降っても少々なら大丈夫そうで好材料も多いんですけど・・・。
皐月賞トライアル上位馬達との力関係は謎、中山未経験などやってみないとわからない部分が多いし、四位はGI1着の期待値あまり高くないんで・・・。
お買い得度は84点

(単勝予想オッズ 3.8倍)ファンディーナ
単勝3.3倍ぐらいになるのかな?
岩田がスランプから脱出してきたのもいいし、今年は牡馬のレベルが例年より低めっぽいんで、3戦3勝の無敗牝馬が勝っちゃう可能性もありますが・・・。
良馬場の経験しかないんで雨降った場合の対応力が謎やし、皐月賞を目標にローテ組んでたわけでもなさそうやし、3年前に同じくフラワーCを勝って皐月賞に参戦したバウンスシャッセが11着に負けてるし、牡馬のGI級相手に通用するかどうかも謎なんで・・・。
お買い得度は83点

(単勝予想オッズ 5.2倍)カデナ
単勝4.6倍ぐらいになるのかな?
重賞連勝中で勢いあるし、連対率100%で安定感あるし、稍重で1着あるし、同じコースの弥生賞を勝って順調なのに3番人気なのは不思議ですが・・・。
過去5年で弥生賞組からは1着馬出てないし、緩い流れからの瞬発力勝負が得意そうな馬なんで、タフな競馬になりやすい皐月賞よりダービー向きっぽい感じするのがどうかな〜?
福永は過去5年で皐月賞2着が3回もあって好走率高い騎手ですが、2番人気馬に3回乗って2着3回なんで、1着は期待薄なのかも?
お買い得度は84点

(単勝予想オッズ 6.4倍)レイデオロ
単勝5.7倍ぐらいになるのかな?
ホープフルSからの直行ローテやし、トライアル上位馬達との力関係もわからないし、やってみないとわからない部分もあるけど・・・。
3戦3勝の無敗馬、中山2000mで連勝中、中山2000mで重賞勝ちあり、重馬場で勝ってるから雨が降っても大丈夫そうやし、持久力勝負にも強そうで本来なら皐月賞1番人気になっててもおかしくない馬ですからね〜。
藤沢厩舎とルメールのコンビですが、1番人気の桜花賞で負けて、今週勝つんかい!!ってパターンあるかも?
お買い得度は95点

(単勝予想オッズ 10.4倍)ペルシアンナイト
単勝9.0倍ぐらいになるのかな?
過去5年で2勝のデムーロ騎乗、安定感ある成績、前走アーリントンCを楽勝で勢いありなど、好材料もあるけど・・・。
中山未経験、2000m未経験、NHKマイルCに出てそうなローテ、トライアル上位馬達との力関係も謎、雨が降るとマイナス、ハービンジャー産駒はGI勝ちなしなど不安材料も多いんで・・・。
お買い得度は82点

(単勝予想オッズ 11.2倍)ウインブライト
単勝9.8倍ぐらいになるのかな?
2000m未経験、松岡がGI1着の期待値高くない、前走が−12kgで出走権取るために本気だった可能性あるから逆に今回は反動が怖いなど不安もあるけど・・・。
中山1800mで連勝中、弥生賞よりも皐月賞で好走しやすいスプリングSの1着馬、皐月賞と相性いいイメージのステイゴールド産駒、稍重で1着ありなど好材料もけっこうあるんですよね〜。
お買い得度は94点

(単勝予想オッズ 12.5倍)アウトライアーズ
単勝10.9倍ぐらいになるのかな?
田辺がGI1着の期待値高くない、前走で出走権取るために本気だった可能性あるから逆に今回は反動が怖い、良馬場の経験しかないなど不安もあるけど・・・。
中山で連対率100%、スプリングSの2着馬、中山2000mで1着ありなど好材料もあるんですよね〜。
お買い得度は92点

(単勝予想オッズ 17.3倍)アルアイン
単勝15.0倍ぐらいになるのかな?
毎日杯勝って勢いあるし、重馬場で1着あるのもいいんですけど・・・。
松山はGI勝ったことないし、中山も2000mも未経験やし、ダービー狙いなのが見え見えなローテやし、そもそも世代上位馬相手に通用するかも謎ですからね〜。
お買い得度は78点

(単勝予想オッズ 25.0倍)サトノアレス
単勝18倍以上はつくのかな?
2000m未経験、スプリングS4着、直線長いコース向きっぽいなど不安材料もあるけど・・・。
朝日杯以来の休み明けだった前走以外は連対率100%やし、稍重で1着あるし、中山でも1着実績あるし、戸崎は毎年のようにGI勝ってる騎手やし、休み明け2走目で戸崎も2度目の騎乗なんで人馬ともに前走より力出せそう。
スプリングSで1番人気に支持されてた2歳王者がスプリングSの0.3差4着でここまで人気下げるなら・・・。
お買い得度は96点

この続きはまた明日。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
マリーンSは宣言通り、1着ホワイトフーガ、2着ワンミリオンスの馬単11−6を買って、レースを見てたんですけど、ホワイトフーガは勝ってくれたのに、ワンミリオンスはなんか手応えよくなさそうと思ったら直線も伸びず6着。

今回、ワンミリオンスは斤量2kg増えて57kgやから、ホワイトフーガに負けそうってとこまで読みは当たってたんですけど、2kg増えて着順下げてもこのメンバーなら2着は確保してくれると思ったら、ぼくの読み以上に着順下げてて驚きました。

で、2着にきたのは、JRA馬でも、地方馬で近走好走してたリンダリンダでもなく、去年のクイーン賞で3.4差の大敗して以来の休み明けだった地方馬ララベル。

2着ララベルとか、こんなのぼくにはどうやったって予想できませんでした。完敗です。

だんだん、地方競馬にもカモにされつつありますね(笑)

[もっと見る]

やすの競馬総合病院さん 4月11日(火) 20:44
皐月賞の過去5年の1着馬の傾向とマリーンCの予想の
閲覧 87ビュー

☆皐月賞の過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着ディーマジェスティ(良)
2015年:1着ドゥラメンテ(良)
2014年:1着イスラボニータ(良)
2013年:1着ロゴタイプ(良)
2012年:1着ゴールドシップ(稍重)
ロゴタイプ以外の勝ち馬4頭は、前走で共同通信杯に出走して連対してた馬なんですよね〜。
東京1800mと中山2000mって要求される能力が違うと思うんですけど、何かあるのかな〜。

過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:共同通信杯 2着(良)
2015年:共同通信杯 2着(良)
2014年:共同通信杯 1着(良)
2013年:スプリングS 1着(良)
2012年:共同通信杯 1着(稍重)
共同通信杯組の勝率が高くて、皐月賞トライアルの立場がないですけど・・・。
1着馬5頭に共通してるのは、前走で1800mの重賞に出走して連対してるということですね。
共同通信杯組の勝率が高い理由は、
皐月賞はタフなレースになりやすいから皐月賞トライアルよりも日程的に余裕がある共同通信杯の方がいいのか、
東京1800mの重賞を勝てるような道中溜めて直線で速い上がりを出せるような馬に展開が向くのか、
ぼくにはよくわかりません。

過去5年の勝ち時計
2016年:1.57.9(良)
2015年:1.58.2(良)
2014年:1.59.6(良)
2013年:1.58.0(良)
2012年:2.01.3(稍重)
良馬場の過去4年は勝ち時計が速いんで1分58秒台にも対応できるような軽快さが必要かも。

過去5年のレースの上がり3F
2016年:35.6(良)
2015年:34.7(良)
2014年:35.3(良)
2013年:35.9(良)
2012年:38.4(稍重)
皐月賞は一貫した流れからの持久力勝負になりやすいのもあって、2015年以外の4年はレースの上がり3Fが35秒以上かかってますね〜。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(14→14→12→10)(18頭立て・良)
2015年:(13→13→11→7)(15頭立て・良)
2014年:(8→8→7→4)(18頭立て・良)
2013年:(7→7→8→5)(18頭立て・良)
2012年:(18→18→17→6)(18頭立て・稍重)
逃げ・先行馬が楽できない一貫した流れになりやすいのもあって、道中は中団〜後方でじっくり温存してる馬がよさそう。

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:34.0(良)
2015年:33.9(良)
2014年:34.6(良)
2013年:35.3(良)
2012年:34.6(稍重)
過去5年の1着馬は、メンバー中3位以内の上がり3Fを出して勝ってるんで、道中は無理せずに温存して終盤にエンジン全開で速い上がり3Fを出すような馬が展開の恩恵込みで勝ちやすいのかな。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父ディープインパクト(良)
2015年:父キングカメハメハ(良)
2014年:父フジキセキ(良)
2013年:父ローエングリン(良)
2012年:父ステイゴールド(稍重)
去年は、ディープインパクト産駒が1・2・3着で上位独占でしたが、過去5年で2勝以上してる種牡馬いないんで、あまり血統は気にしなくていいかもですが、マイナーな種牡馬はローエングリンぐらいなんで、GI馬をよく出してるようなメジャーな種牡馬の産駒がいいのかも。

過去5年の1着馬の性別
牝馬:0頭
牡馬:5頭
そもそも過去5年で牝馬で参戦した馬がバウンスシャッセしかいないから、あまり参考になりませんけど、フラワーC1着で重賞勝ち実績あった牝馬が11着に負けてるし、皐月賞はタフな競馬になりやすいんで、普通に考えたら牝馬には厳しいのかな。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:8枠(良)
2015年:2枠(良)
2014年:1枠(良)
2013年:4枠(良)
2012年:7枠(稍重)
器用さの要求される中山やし、良馬場の場合は1〜4枠の馬が3勝なんで、内めの枠がよさそうですけど、後方からでも全然勝ち切れるようなレースなんで、枠順は過度に気にしすぎなくてもいいのかも。

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:8番人気(良)
2015年:3番人気(良)
2014年:2番人気(良)
2013年:1番人気(良)
2012年:4番人気(稍重)
去年は8番人気馬が勝ちましたけど、基本的には1〜4番人気で上位評価されてる馬の中から選ぶ方がよさそう。

皐月賞の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
前走:1着馬5頭中、5頭が前走1800mの重賞で連対。4頭が共同通信杯で連対。
時計:1分58秒台の決着に対応できる方がよさそう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団〜後方で道中は温存してる方がよさそう。
血統:GI馬をよく出してるようなメジャーな種牡馬の産駒がいいのかも。
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
枠順:1着馬5頭中、1・2・4・7・8枠が1頭ずつ。
人気:1着馬5頭中、1・2・3・4・8番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆マリーンCの予想☆
難しい、難しい、皐月賞が控えてるのに、地方交流重賞の予想してる暇なんかないよ〜と言いたいところですが、去年・今年と地方競馬には収支の面ですごくお世話になってるんで買わない選択肢なんてありえません。

4連勝中のワンミリオンスですけど、今回は斤量2kg増えて57kgなんで、すんなり勝てるかどうかは微妙かも?

ワンミリオンスを負かすとしたら、58kgでも実績上位のホワイトフーガが1番可能性高いかな〜。

前日オッズによると、1着ホワイトフーガ、2着ワンミリオンスの馬単11−6は前日オッズで10.1倍。

当日もっと下がっても、6倍か7倍ぐらいはつくのかな?

だったら、この馬単1点で十分かも。

☆マリーンCの買い目☆
馬単 11−6 3000P

[もっと見る]

単複勝負.comさん 4月10日(月) 12:01
【競馬予想】皐月賞2017 カデナ
閲覧 65ビュー

皐月賞2017 カデナの分析をしました。

皐月賞トライアルの弥生賞を快勝したカデナです。
この馬との相性は非常によく、前走、前々走と単勝推奨馬に挙げました。


もし宜しければ見ていってください。

よろしくお願いします。

http://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします

[もっと見る]

会員登録はこちら

●報知杯弥生賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜報知杯弥生賞2017〜

第54回 報知杯弥生賞 G2

2017年3月5日()中山11R 芝2000m 12頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 11 86.9 カデナ 牡3 56.0 福永祐一 中竹和也 栗東 460(0) 3.3 1 2.03.2
2 7 10 88.4 マイスタイル 牡3 56.0 横山典弘 昆貢 栗東 450(-4) 26.4 8 2.03.3 1/2
3 4 4 92.9 ダンビュライト 牡3 56.0 C.ルメー 音無秀孝 栗東 470(-2) 9.1 5 2.03.5 1 1/4
4 1 1 88.1 ベストアプローチ 牡3 56.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東 476(+2) 18.6 7 2.03.5 ハナ
5 5 5 80.0 サトノマックス 牡3 56.0 A.シュタ 堀宣行 美浦 486(+2) 9.8 6 2.03.5 クビ
6 6 7 90.2 コマノインパルス 牡3 56.0 田辺裕信 菊川正達 美浦 462(0) 4.6 3 2.03.6 クビ
7 2 2 80.4 テーオーフォルテ 牡3 56.0 城戸義政 藤岡健一 栗東 512(-2) 64.8 9 2.03.6 クビ
8 3 3 89.2 グローブシアター 牡3 56.0 川田将雅 角居勝彦 栗東 428(-4) 7.8 4 2.03.6 ハナ
9 7 9 90.9 ダイワキャグニー 牡3 56.0 北村宏司 菊沢隆徳 美浦 482(-4) 3.6 2 2.03.8 1 1/4
10 8 12 88.9 ディアシューター 牡3 56.0 大野拓弥 高木登 美浦 496(-4) 119.1 10 2.04.2 2 1/2
11 6 8 80.6 スマートエレメンツ 牡3 56.0 蛯名正義 鹿戸雄一 美浦 498(-2) 255.5 11 2.04.5 1 3/4
12 5 6 ---- キャッスルクラウン 牡3 56.0 中野省吾 渋谷信博 船橋 450(-5) 295.3 12 2.05.3
ラップタイム 12.4-11.4-12.8-13.2-13.4-12.7-12.3-11.9-11.4-11.7
前半 12.4-23.8-36.6-49.8-63.2
後半 60.0-47.3-35.0-23.1-11.7

■払戻金

単勝11 330円 1番人気
複勝11 160円 1番人気
10 490円 8番人気
4 270円 5番人気
枠連7-8 520円 1番人気
馬連10-11 4,360円 19番人気
ワイド10-11 1,290円 18番人気
4-11 690円 8番人気
4-10 2,170円 24番人気
馬単11-10 5,480円 28番人気
3連複4-10-11 9,480円 38番人気
3連単11-10-4 46,720円 182番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜報知杯弥生賞2017〜

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜報知杯弥生賞2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月5日の勝ち組
3/5 16:32更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯弥生賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 マキト マキト Lv 77 4% 268% 351,640円
2位 真時電機工業 真時電機工業 Lv 17 100% 3152% 305,280円
3位 尼▲ 尼▲ Lv 66 60% 2282% 226,930円 なし
4位 山宗 山宗 Lv 117 23% 104% 13,400円 なし
5位 みちゃん みちゃん Lv 70 14% 182% 103,000円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月5日の勝ち組
3/5 16:32更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯弥生賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 マキト マキト Lv 77 4% 268% 351,640円
2位 真時電機工業 真時電機工業 Lv 17 100% 3152% 305,280円
3位 みちゃん みちゃん Lv 70 14% 182% 103,000円
4位 うーぴー うーぴー Lv 60 100% 1107% 201,400円
5位 mug(まぐ) mug(まぐ) Lv 76 100% 1506% 140,680円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜報知杯弥生賞2017〜

2016年 報知杯弥生賞 2016年3月6日() 中山11R 芝2000m 良 12頭

報知杯弥生賞2016

1着 11 マカヒキ 2.6倍(2人気) C.ルメール 1:59.9 97.9
2着 10 リオンディーズ 1.9倍(1人気) M.デムーロ クビ 97.9
3着 4 エアスピネル 4.2倍(3人気) 武豊 96.2
単勝 11 260円(2人気) 3連複 4−10−11 190円(1人気)
馬連 10−11 220円(1人気) 3連単 11→10→4 830円(3人気)

2015年 報知杯弥生賞 2015年3月8日() 中山11R 芝2000m 稍重 11頭

報知杯弥生賞2015

1着 4 サトノクラウン 6.3倍(2人気) 福永祐一 2:01.8 101.3
2着 5 ブライトエンブレム 9.1倍(4人気) 田辺裕信 1 1/2 100.2
3着 2 タガノエスプレッソ 51.8倍(10人気) 菱田裕二 2 1/2 97.8
単勝 4 630円(2人気) 3連複 2−4−5 41,050円(99人気)
馬連 4−5 3,380円(14人気) 3連単 4→5→2 187,960円(431人気)

2014年 報知杯弥生賞 2014年3月9日() 中山11R 芝2000m 良 13頭

報知杯弥生賞2014

1着 10 トゥザワールド 1.6倍(1人気) 川田将雅 2:01.4 97.6
2着 11 ワンアンドオンリー 9.8倍(4人気) 横山典弘 ハナ 97.6
3着 3 アデイインザライフ 7.8倍(2人気) 戸崎圭太 2 1/2 95.3
単勝 10 160円(1人気) 3連複 3−10−11 1,470円(3人気)
馬連 10−11 690円(3人気) 3連単 10→11→3 3,850円(5人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数 動画
2013/03/03
報知杯弥生賞
中山 12 カミノタサハラ 19.8倍 6 内田博幸 2:01.0 99.5
2012/03/04
報知杯弥生賞
中山 15 稍重 コスモオオゾラ 29.1倍 9 柴田大知 2:03.9 96.5
2011/03/06
報知杯弥生賞
中山 11 サダムパテック 2.7倍 1 岩田康誠 2:01.0 98.3
2010/03/07
報知杯弥生賞
中山 13 ヴィクトワールピサ 1.7倍 1 武豊 2:06.1 97.1
2009/03/08
報知杯弥生賞
中山 10 稍重 ロジユニヴァース 1.3倍 1 横山典弘 2:03.5 97.8
2008/03/09
報知杯弥生賞
中山 16 マイネルチャールズ 4.7倍 2 松岡正海 2:01.8 97.5
2007/03/04
報知杯弥生賞
中山 14 アドマイヤオーラ 1.7倍 1 武豊 2:00.5 99.0
会員登録はこちら

●報知杯弥生賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜報知杯弥生賞2017〜

弥生賞は1960年から1963年に施行されていた東京記念を前身とし、1964年にクラシック競走である皐月賞の前哨戦として4歳(現3歳)別定重賞競走、弥生賞として創設された。第1回弥生賞は現在とは違い中山競馬場の芝1600メートルで施行された。

1982年から正式に皐月賞指定オープン競走となり、上位5着までに入賞した競走馬には皐月賞の優先出走権が与えられるようになり、更に皐月賞の前哨戦の意味合いを深めた。

1984年からはグレード制施行によりGIIIに格付け、施行距離が現在の芝2000メートルとなる。1987年にはGIIに格上げされ、1991年に優先出走権の見直しにより、上位3着までに入賞した競走馬に皐月賞の優先出走権が与えられるように変更された。1995年には皐月賞トライアルに指定された。

歴代優勝馬には、メジロライアンウイニングチケットフジキセキダンスインザダークスペシャルウィークナリタトップロードアグネスタキオンバランスオブゲームコスモバルクディープインパクトアドマイヤムーンロジユニヴァースヴィクトワールピササダムパテックなど錚々たる顔ぶれが並ぶ。そのうち、サクラスターオーアグネスタキオンディープインパクトヴィクトワールピサらが弥生賞から連勝で皐月賞を優勝している。(GII格付け以後)

☆弥生賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年7月2日(
CBC賞 G3
ラジオNIKKEI賞 G3

競馬番組表

2017年7月1日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2017年7月2日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
10 モズカッチャン 牝3
11,403万円
» もっと見る