ライスシャワー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1989年3月5日生
調教師飯塚好次(美浦)
馬主栗林 英雄
生産者ユートピア牧場
生産地登別市
戦績25戦[6-5-2-12]
総賞金72,949万円
収得賞金15,105万円
英字表記Rice Shower
血統 リアルシヤダイ
血統 ][ 産駒 ]
Roberto
Desert Vixen
ライラツクポイント
血統 ][ 産駒 ]
マルゼンスキー
クリカツラ
兄弟 ライラックスマイルクリダリア
前走 1995/06/04 宝塚記念 G1
次走予定

ライスシャワーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
95/06/04 京都 10 宝塚記念 G1 芝2200 178166.03** 牡6 56.0 的場均飯塚好次438(-4)0000 ----⑩⑬⑬ダンツシアトル
95/04/23 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 18235.841** 牡6 58.0 的場均飯塚好次442(-4)3.19.9 -0.036.0⑦④ステージチャンプ
95/03/19 中山 11 日経賞 G2 芝2500 9111.916** 牡6 59.0 的場均飯塚好次446(-4)2.42.3 1.338.5④⑤⑤⑦インターライナー
95/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 8882.716** 牡6 60.0 的場均飯塚好次450(-2)2.12.5 0.735.1ワコーチカコ
94/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14610--43** 牡5 56.0 的場均飯塚好次452(+10)2.33.1 0.935.3⑤⑤⑧⑤ナリタブライアン
94/03/20 中山 11 日経賞 G2 芝2500 966--22** 牡5 59.0 的場均飯塚好次442(-2)2.32.8 0.036.8④④ステージチャンプ
94/02/13 阪神 11 京都記念 G2 芝2200 1044--25** 牡5 60.0 的場均飯塚好次444(-2)2.18.3 1.538.3⑤④ビワハヤヒデ
93/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1446--58** 牡4 57.0 的場均飯塚好次446(+2)2.32.1 1.235.9⑤⑥⑨⑧トウカイテイオー
93/11/28 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 1611--714** 牡4 57.0 的場均飯塚好次444(0)2.25.9 1.537.4⑤⑤レガシーワールド
93/10/31 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 1711--16** 牡4 58.0 的場均飯塚好次444(+8)1.59.6 0.736.8④⑤④ヤマニンゼファー
93/09/19 中山 11 オールカマー G3 芝2200 1368--13** 牡4 57.0 的場均飯塚好次436(+6)2.13.6 1.035.0⑤⑤④④ツインターボ
93/04/25 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 1523--21** 牡4 58.0 的場均飯塚好次430(-12)3.17.1 -0.436.3⑥⑤④メジロマックイーン
93/03/21 中山 11 日経賞 G2 芝2500 12811--11** 牡4 58.0 的場均飯塚好次442(-6)2.35.8 -0.434.9イタリアンカラー
93/02/21 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1255--22** 牡4 59.0 的場均飯塚好次448(+2)2.32.8 0.436.6マチカネタンホイザ
92/12/27 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 16816--28** 牡3 55.0 的場均飯塚好次446(+8)2.34.1 0.635.1⑦⑦⑤⑥メジロパーマー
92/11/08 京都 10 菊花賞 G1 芝3000 1848--21** 牡3 57.0 的場均飯塚好次438(0)3.05.0 -0.2--⑤⑤⑤ミホノブルボン
92/10/18 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1011--22** 牡3 57.0 的場均飯塚好次438(-4)2.12.2 0.2--④④ミホノブルボン
92/09/27 中山 11 セントライト G2 芝2200 14814--32** 牡3 56.0 田中勝春飯塚好次442(+12)2.13.6 0.036.9⑥⑥レガシーワールド
92/05/31 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 18713--162** 牡3 57.0 的場均飯塚好次430(-4)2.28.5 0.737.6ミホノブルボン
92/05/10 東京 11 NHK杯 G2 芝2000 16815--98** 牡3 56.0 的場均飯塚好次434(-4)2.03.4 0.636.3⑦⑤ナリタタイセイ

⇒もっと見る


ライスシャワーの関連ニュース

 磯崎新が屋内競技場を設計し、坂本龍一が開会式のオーケストラを指揮するなど競技以外でも日本人が活躍したバルセロナ五輪。この年の第59回日本ダービーを制したのは、“坂路の申し子”ミホノブルボンだった。戸山為夫調教師の「鍛えて最強馬をつくる」という信念のもと、徹底したハードトレーニングで、血統面からくる距離不安説を一蹴。2着ライスシャワーに4馬身差をつけ、皐月賞に続く逃げ切りで2冠を達成した。

 小島貞博騎手はデビュー21年目で初勝利。戸山調教師は1968年の“七夕ダービー”を圧勝したタニノハローモア以来の2勝目。秋はシンボリルドルフに続く無敗の3冠を目指したが、菊花賞ライスシャワーの2着に敗れた。

 ◆日本は柔道78キロ以下級の吉田秀彦、同71キロ以下級の古賀稔彦、200メートル平泳ぎの岩崎恭子が優勝。金3、銀8、銅11で計22のメダルを獲得した。夏の甲子園では松井秀喜が5打席連続で敬遠され、物議を醸す。

★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開

【新潟2歳S】水野師、最高潮2頭出し! 2010年9月3日(金) 05:07

 開業5年目の水野貴広調教師(37)=美浦=が、マイネイサベル&リュウシンヒーローの2頭出しで新潟2歳Sに挑む。特に七分のデキで新潟芝のデビュー戦を快勝したイサベルには期待が大きい。同馬の父は新種牡馬テレグノシスディープインパクト産駒に注目が集まるなか、水野師は騎手時代も通じて初の重賞タイトルを目指す。

 開業5年目の若手トレーナーが、思い入れのある新潟2歳Sに2頭出しで挑む。マイネイサベルとリュウシンヒーローを送り込む水野調教師だ。関東で2歳馬が3頭も勝ち上がっているのは、水野厩舎と国枝厩舎だけ。フレッシュな厩舎が注目されている。2頭出しの今回、勝ちっぷりの良さで注目されているのは、マイネイサベルだ。

 「前回は七分程度の仕上げで、半信半疑だったんです。それでもよく踏ん張ってくれました。この先もまだ良くなる馬ですが、叩いた上積みは十分にありますよ」

 イサベルの父は新種牡馬テレグノシス(02年NHKマイルC)。ディープインパクトハーツクライが注目されているが、初年度産駒として最初に重賞を勝てば大いにアピールできる。「性格的に競走馬向きで、根性がある。距離延長も全く問題ありません」と強気だ。

 水野師は騎手時代、新潟2歳Sに2つの思い出がある。デビューした91年の夏、後にGIを3勝したライスシャワーで新馬戦に優勝したが、新潟2歳Sを前に騎乗停止処分を受けて乗れなかった。その3年後には、ノースショアーで手中にしかけた勝利を、大外一気の勝ち馬(トウショウフェノマ)に差されて2着に敗れている。

 「どちらも古い話ですね…。でも、新人の年にライスシャワーのような馬の背中を知ることができたのは、本当にいい勉強になりました」

 若くして騎手から調教師に転身した水野師は、今年13勝。「好きな競馬場」という夏の新潟で勝ち星を量産中だ。6勝は夏の開催リーディング3位の好成績で、最終週の結果次第で逆転もある。

 「(首位と)2勝の差は厳しいですね。でも、僕たち関東の若い人間が頑張って、盛り上げていかないと…。重賞に2頭も使えることは厩舎の活気につながりますし、相手は強くなりますが、楽しみはありますから」

 端整な顔立ちが希望とやる気に満ちている。重賞初V、さらには逆転での開催リーディングも視野に入れて臨む最終週。37歳の若手トレーナーが送り込む2頭に注目だ。(黒田栄一郎)

 

[もっと見る]

ライスシャワーの関連コラム

閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 5

オルフェーヴルが大外枠を引いてしまったことで、よりいっそうの盛り上がり(!?)を見せている今年の天皇賞(春)。能力が抜けているのは誰もがわかっている。でも、前走のようなことが100%起こらないとも……。皆さん、頭を悩ませているものと思われます。仮にオルフェーヴルを信頼したとしても、2番手以下は混戦模様で、かなり予想難易度の高いレースになった感がありますね。いったい、どんなレースが展開されるんでしょう。
本日は、ウマニティが誇るプロ予想家界の安打製造機・河内一秀さんに登場してもらい、天皇賞の金曜日時点での見解を聞いてみることにしました。河内さんは先週のプロ予想家収支ランキングでトップを取るなど絶好調。「大本命馬がいるレースは自信がある」と豪語するプロの本音に注目しましょう!


■このレースの印象・思い出などはありますか?
古い話ですが、1995年のレースですね。当時は、馬券を本格的に始めたばかりで、指数も開発途上でしたが、日経賞を見た直後にステージチャンプの軸をなぜか確信してしまいました(笑)。相手は当日にパドックを見て決めましたが、最終的にはステージチャンプからリアルシャダイ産駒4頭に流して、勝ったライスシャワーとの馬連4090円という好配当を手にすることができました。あの年は、阪神淡路大震災や、その影響から京都競馬場で行われた宝塚記念でのライスシャワーの悲劇など、いろいろな意味で印象に残っていますね。

■ズバリ、今年のこのレースの鍵を握る馬は?
ナムラクレセントでしょう。昨年は、この馬の動きに各馬がペースを乱されてしまったことで、有力馬が力を出し切れずに、非常にレベルの低い決着となってしまいました。今年も折り合いに難のある有力馬がいるので、スタートを決めてスムースにレースを引っ張ってほしいですね。

■堅く収まるか、それとも荒れると思いますか?
絶対的な馬がいるので大きく荒れることはないと思います。ただ、2番手以降は非常にレベルが低いドングリの背比べ状態なので、「意外と付いたな」という配当になる可能性はあるでしょう。

■とっておきの穴馬を1頭教えてください。
ジャガーメイルですね。2年前の天皇賞(春)優勝以降はパッとしないレースが続いていますが、今年のメンバーは非常に層が薄いので、ジャパンカップ京都大賞典くらい走れば2着争いには十分に足りるし、人気の盲点になる可能性はあると思います。

リアルでいくらくらい儲けることを目指しますか?
当日は、競馬のあとに「お茶屋遊び」に招待されているので、その資金を捻出することが目標です。今回のような軸がしっかりしているレースは得意なので、点数を絞って思い切った勝負をしたいですね。


出ました。「今回のようなレースは得意です」宣言。河内さんはオルフェーヴルは大外枠でも問題なしと判断したようですね。焦点は相手選びと買い目の組み立て、といったところでしょうか。本人が言うように、本命馬から相手を絞って当てるのは本当に得意な人なので、その印と買い目に注目したいと思います。河内さんの最終結論は、レース当日のプロ予想MAXにてご確認ください!


登録済みの方はこちらからログイン

ライスシャワーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 5

古くは、メジロライアン、ライスシャワー!

ライスシャワーは、ダービーで、2着になってから、ミホノブルボンを倒して、翌年の春の天皇賞メジロマックイーンを倒して、天皇賞馬になった!

シルクジャスティスは、のちに有馬記念を勝った!

ナリタトップロード、エアシャカールは、菊花賞を勝った!

シンボリクリスエスは、秋の天皇賞を勝って、有馬記念を勝った!

ハーツクライは、有馬記念で、ディープインパクトを破って、勝った!

その他に、ゼンノロブロイ、アサクサキングス、ローズキングダム、フェノーメノがいる。

最後に、サトノダイヤモンドが、菊花賞を勝って、有馬記念を勝った!


いやはや、ダービー2着馬、凄いメンバーですな!


ダービー馬は、ダービーで終わる可能性があるのかもしれない!

無理して、凱旋門賞に走らせて終わる可能性もある?


その点、ダービー2着馬は、これからだからね!

ダービー馬よりも、ダービー2着馬が大事であり、注目だ!

 馬券王くるわ 2014年10月28日(火) 23:46
血の宿命・・・ステイヤーの歴史は終わらぬ ~菊花賞(G1)~ 
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 8

レースが終わって2日過ぎて、色んな方がレースを
振り返っていらっしゃるでしょうから、
私は少し違った角度からレースを振り返ってみましょう。

一昔というか・・・もうかなり前になりますが、
マグネチュードという生粋のスプリンター種牡馬が
いました。その血を父に持つ皐月、ダービーの2冠を
制した逃げ馬ミホノブルボンが、血の宿命に逆らって
無敗のまま3冠を目指したのは、もう20年以上も前になりますか。

相手にはダービーで16番人気ながら2着に来たライスシャワー。
こちらは当時 長距離レースに活躍馬を出していたリアルシャダイを
父に持ち、血統的にはこちらが上との評価でした。

当時はスプリンター血統のミホノブルボンが菊花賞の3000mを果たして
乗り切れるかどうか?その一点で専門誌や新聞などは検討されていました。

そして、菊花賞当日ファンが下したジャッジは・・・
単勝オッズ1.5倍の1番人気でした。

レースはいつも通りのミホノブルボンの逃げではなく、
中距離血統馬キョウエイボーガンが玉砕覚悟の逃げでスタートしました。
ミホノブルボンは控えて2番手追走、ライスシャワーは5番手追走。

後続を離して逃げていたキョウエイボーガンが最終コーナー手前で
失速する中、ミホノブルボンが先頭に替わり、史上2頭目の無敗の
三冠馬を目指してゴールを目指します。
しかし・・・直線半ばで、ライスシャワーに交わされると、
もう差し返す力は残っていませんでした。

このレースが私が見た菊花賞で血の宿命を感じた最後のレースでした。

ここ最近はレース自体が、中距離、長距離問わず、ラスト4ハロン付近まで
馬なりで進み、4コーナー出口までの間で、馬群がぐっと詰まって
一団になり、直線ヨーイドンの競馬ばかりでスタミナよりも瞬発力勝負で、
重要なのは血統よりも展開と位置取り。

JRAの方針で、3歳秋までに結果が出ないと出走するレースすら
なくなってしまうため、晩成傾向の多い長距離血統が敬遠され、
マイル血統主流になってしまったこともそういったレースが多くなった
要因のひとつでもあるでしょう。

そんな中で久々に血を感じることが出来たレースが、先日の菊花賞でした。

3000mのレコード決着となれば、スピードだけでは持ちませんからね。

ワンアンドオンリーの事は、レース前日にブログでも書きましたから
もうあれこれ書くのは止めておきます。

ただひとつ言えることは、JCや有馬記念であればこんな走りには
ならないでしょう。
あの馬が止まったところは、ラスト400m付近ですから。

それよりも勝ったトーホウジャッカルは本当に強かった♪

まだ5ハロンくらいは走れそうでした(笑

この馬の母方自体は、血統的には短距離傾向でしょうが
父のスペシャルウィークの血が強く出ているのでは
ないでしょうか。
このスペシャルウィークの産駒ではインティライミをはじめ
クラシックディスタンスを得意とする産駒が多くいるように
母系の血よりもスペシャルウィークのスタミナ食が
強く出る傾向が多いように感じます。

キャリアはまだ7戦ですし、まだまだ底のある血統ですから
今後の活躍が楽しみですね♪

[もっと見る]

ライスシャワーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ライスシャワーの写真

投稿写真はありません。

ライスシャワーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ライスシャワーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。