マイネイサベル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マイネイサベル
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年4月11日生
調教師水野貴広(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者高橋 修
生産地新ひだか町
戦績25戦[4-3-2-16]
総賞金25,845万円
収得賞金6,900万円
英字表記Meine Isabel
血統 テレグノシス
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
メイクアウイッシュ
マイネレジーナ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
フミノスキー
兄弟 エーケーリープアンジェーヌ
前走 2013/12/14 愛知杯 G3
次走予定

マイネイサベルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/12/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 185917.469** 牝5 57.0 松岡正海水野貴広476(+4)2.02.7 0.634.5⑩⑨⑧⑨フーラブライド
13/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881730.91215** 牝5 55.0 松岡正海水野貴広472(-10)1.33.8 1.434.8⑫⑫トーセンラー
13/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 13565.124** 牝5 55.0 松岡正海水野貴広482(+4)1.49.0 0.232.4⑤⑥⑦ホエールキャプチャ
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 184876.0154** 牝5 56.0 松岡正海水野貴広478(0)1.31.9 0.433.5⑪⑪ロードカナロア
13/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 181113.953** 牝5 55.0 柴田大知水野貴広478(-6)1.32.5 0.134.1ヴィルシーナ
13/04/20 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 156106.632** 牝5 56.0 松岡正海水野貴広484(+14)1.46.4 0.034.3⑨⑧⑨⑥オールザットジャズ
13/03/10 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1661112.761** 牝5 56.0 松岡正海水野貴広470(+8)1.48.5 -0.134.3⑩⑪⑪⑦スマートシルエット
12/11/11 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 161137.3107** 牝4 56.0 松岡正海水野貴広462(-8)2.16.9 0.636.3⑧⑧⑧⑩レインボーダリア
12/10/13 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1771431.8101** 牝4 54.0 松岡正海水野貴広470(-10)1.45.5 -0.133.0⑧⑨⑦スマートシルエット
12/09/02 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1871418.6917** 牝4 54.0 松岡正海水野貴広480(-4)1.59.0 1.434.2トランスワープ
12/08/12 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 18489.144** 牝4 54.0 松岡正海水野貴広484(+6)1.32.0 0.532.9ドナウブルー
12/05/13 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 182432.8106** 牝4 55.0 松岡正海水野貴広478(+10)1.32.9 0.533.8⑧⑪ホエールキャプチャ
12/04/21 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 167149.665** 牝4 55.0 松岡正海水野貴広468(+10)1.46.5 0.435.3④④オールザットジャズ
12/03/11 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 161128.4124** 牝4 54.0 松岡正海水野貴広458(-6)1.51.0 0.436.5レディアルバローザ
11/11/20 新潟 11 福島記念 G3 芝2000 1861115.763** 牝3 52.0 津村明秀水野貴広464(+6)1.59.5 0.434.5⑪⑫アドマイヤコスモス
11/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1871516.1415** 牝3 55.0 松岡正海水野貴広458(-2)2.00.8 2.636.7⑨⑨⑪⑫アヴェンチュラ
11/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1471139.6102** 牝3 54.0 小牧太水野貴広460(+6)1.48.1 0.033.3⑦⑧ホエールキャプチャ
11/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1881735.866** 牝3 55.0 松岡正海水野貴広454(+6)2.26.2 0.534.8⑫⑫⑪⑨エリンコート
11/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 177135.025** 牝3 54.0 松岡正海水野貴広448(+2)2.03.5 0.236.6⑪⑫⑫バウンシーチューン
11/03/26 阪神 12 フラワーC G3 芝1800 188174.024** 牝3 55.0 松岡正海水野貴広446(+2)1.47.6 0.636.4トレンドハンター

⇒もっと見る


マイネイサベルの関連ニュース

 新潟2歳チャンピオンマイネイサベルが、CWコースで軽快な動きを見せた。ファンタジーS9着からの巻き返しへ、完璧な仕上がりを見せている。

 最終追い切りは美浦トレセンから水野調教師が駆けつけて騎乗した。軽いキャンターで坂路1本のあとCWコースへ。落ち着き払った姿で徐々に加速していき、直線は外めのコースを進んで躍動感あふれる走りでフィニッシュ。馬なりで6ハロン83秒2、3ハロン38秒5−11秒8をマークした。

 「サラッとやるつもりだったけど、思ったより時計が出ていたみたいだね。先週にビッシリやって今週は馬なり。予定通りだし、順調にきている」とトレーナーは手応えの良さを伝えた。

 ファンタジーSは、初の長距離輸送と直線で外に振られる不利があり9着と大敗した。力負けではないだけに陣営は前向きだ。「前回は1600メートルを意識した競馬だったし、放牧明け。今回は栗東に滞在して、ゆとりを持って、思うように調整できた」と前走からの上がり目を強調する。昨年優勝したアパパネと同様に、栗東滞在での調整。今回は長距離輸送がなく、条件も好転する。

 「完成するのは来年だが、現時点ではいい状態に持ってこれた。夏の新潟よりも、馬はしっかりしています」と水野師の期待は大きい。今回のメンバーで牡馬相手で重賞を勝っているのは、レーヴディソールとこの馬だけ。2歳牝馬トップクラスの力を持つマイネイサベルが、女王の座を虎視眈々と狙う。(高尾幸司)

【阪神JF】ディソール満点…データ解析2010年12月7日(火) 05:05

  *過去10年が対象

 ◆1勝馬不利 連対20頭中12頭が2勝以上。今年は3勝以上馬が不在だが、同様に不在だった03、09年を見ると、連対4頭中3頭が2勝馬だった。

 ◆マイル以上でV 以前はスプリント戦でしか実績がなかった馬も活躍していたが、改修工事が行われて外回りで実施されるようになった06年以降は、8頭中7頭にマイル以上で勝利実績。スタミナも問われる。

 ◆初勝利は2戦以内 12頭がデビューV。残り8頭中6頭も2戦目で勝ち上がり。

 ◆キャリア3戦以内 キャリア3戦が最多7連対で、次に2戦が5連対。4戦以上になると、4、5戦が各2連対、6戦以上は1連対。また、1戦は3連対だが、全て2着でやや減点。

 ◆前走も距離重視 06年からの連対8頭中6頭が格にかかわらず前走芝マイル以上で連対。残る2頭、06年アストンマーチャンはGIIIファンタジーS(芝1400メートル)勝ち、09年アニメイトバイオはGII京王杯2歳S(芝1400メートル)2着と重賞で好走したが、どちらも2着止まり。格より距離重視だ。ローテは中2週以上の間隔が必要。連闘や中1週は2勝馬でも4着まで。

 全項目をクリアしたレーヴディソールがトップ評価。2戦2勝はもちろん、マイル重賞を制している実績は心強い。実績では及ばないが、同じく2戦2勝のダンスファンタジアも高評価。マイネイサベルは、前走距離で減点となったが、マイル重賞の新潟2歳S優勝馬で、巻き返しの可能性はある。

 ★結論

 改修工事が行われた06年以降の外回り実施から、マイル以上で勝利実績と格よりスタミナと距離重視。そしてローテは中2週以上の間隔が必要。以上に該当するレーヴディソールはマイル重賞を制した実績もトップ評価。同じくダンスファンタジアも高評価、マイネイサベルもマイル重賞の2歳S優勝馬と見逃せない。(データ室)

[もっと見る]

【ファンタジーS】マイネイサベル反応よし2010年11月4日(木) 05:02

 新潟2歳Sを制したマイネイサベルは、Pコースで内ニシノカスケード(牡2未勝利)を2馬身追走する形でスタート。直線半ばで気合をつけられると、瞬時に反応して僚馬を一気に抜き去り、最後は2馬身突き放して5ハロン65秒4、3ハロン36秒9−12秒2でフィニッシュ。「しまいの反応が良かったね。馬体に芯が入った。折り合いに心配はないし、輸送も経験しているから大丈夫。走りから右回りも問題なさそう。今のデキなら、恥ずかしい競馬にはならない」と水野調教師。レース後は栗東に入厩して、阪神JF(12月12日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。

[もっと見る]

【ファンタジーS】マイネイサベル上デキ2010年10月28日(木) 05:06

 《美浦》新潟2歳Sの勝ち馬マイネイサベル(水野)は、ポリトラックで3頭併せ。先行する僚馬アベマリア(牝2歳未勝利)、ハーツドリーマー(牝2新馬)を追い掛け、直線のみ外から馬体を併せて5ハロン68秒7、3ハロン39秒8−12秒3で併入した。水野調教師は「前走を勝ったことでその後、いい休養がとれた。心身ともに成長している。もっか8分の仕上がり。1週前としては上デキ」と明るい表情。レース後は栗東入りして阪神JF(12月12日、阪神、GI、芝1600メートル)に備える。

 《栗東》未勝利、りんどう賞を連勝のツルマルワンピース(橋口)は、坂路4ハロン53秒4、ラスト1ハロン12秒7でアディアフォーン(牝4、1000万下)に1馬身の先着。「未勝利を脱出するまで3戦もかかったが、その後は連勝と本格化。ここで勝てばクラシックが楽しみになる」と橋口調教師は期待の口ぶりだ。

[もっと見る]

【新潟2歳S】イサベルV!9番人気に奮起 2010年9月6日(月) 05:10

 第30回新潟2歳S(5日、新潟11R、GIII、2歳オープン国際、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3200万円=出走17頭)松岡正海騎乗で9番人気のマイネイサベルが、大外から伸びてクビ差でV。デビュー2連勝で新種牡馬テレグノシス産駒初の重賞制覇だ。1分34秒5(良)。開業5年目の水野貴広調教師(37)=美浦=は騎手時代も含めて初の重賞タイトル。2着が10番人気マイネルラクリマ、3着がディープインパクト産駒レッドセインツ。1番人気クリーンエコロジーは10着に敗れた。

 659メートルの長い直線を駆け抜けて、ゴール前で並んだ2頭は同じ勝負服。夏競馬の終わりを告げる新潟2歳Sは、マイネイサベルマイネルラクリマをクビ差で制し、父テレグノシスに初の重賞タイトルを贈った。

 「この馬は走ると思っていたし、なんで人気がないんだろう?と思ってましたよ」

 9番人気という低評価に首をひねる松岡正海騎手。スタートは普通に出たが、幼い2歳馬同士で、周囲が掛かり気味に先行するのを尻目に、イサベルは中団でピタッと折り合う。直線に入ると、外を回ってゴーサイン。先行して粘り込みを図るマイネルラクリマに、内からディープ産駒のレッドセインツが迫ったが、大外を迫力ある末脚で追い上げたイサベルが、上がり3ハロン33秒5の末脚で捕らえた。

 「初戦は7分ぐらいのデキだったし、今回でも8分ぐらい。まだ完成されていないし、将来性もあると思います」

 松岡が今後の活躍も太鼓判を押した。父テレグノシスは02年NHKマイルCを制し、03年仏GIジャックルマロワ賞3着など名マイラーとして鳴らした。この2歳が初年度産駒で、勝ち上がっているのはイサベルだけ。ディープインパクトハーツクライなど同じ新種牡馬の中では地味な存在だったが、一足早く重賞ウイナーを出した。

 この夏の新潟では好調な滑り出しだった松岡だったが、リーディング争いは21勝で、蛯名騎手(27勝)に次ぐ2位。「消化不良の競馬が続いていたけど、最後は重賞を勝ってすっきりと終われたからね。秋競馬は勝ちまくります」と、自らにカツを入れる。

 今後のローテーションは未定だが、阪神JF(12月12日、阪神、GI、芝1600メートル)が大目標。マイネル軍団の主戦を務める松岡が、イサベルとのコンビで秋競馬を面白くしてくれそうだ。(柴田章利)

[もっと見る]

【新潟2歳S】初重賞水野師「縁を感じます」2010年9月6日(月) 05:09

 第30回新潟2歳S(5日、新潟11R、GIII、2歳オープン国際、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3200万円=出走17頭)松岡正海騎乗で9番人気のマイネイサベルが、大外から伸びてクビ差でV。デビュー2連勝で新種牡馬テレグノシス産駒初の重賞制覇だ。1分34秒5(良)。開業5年目の水野貴広調教師(37)=美浦=は騎手時代も含めて初の重賞タイトル。

 マイネイサベルを管理する水野貴広調教師は、06年6月の開業以来、5年目で重賞初制覇だ。騎手時代には、デビュー年の91年にライスシャワーで新馬戦を勝ちながら騎乗停止中で新潟3歳S(当時)に騎乗できず、ノースショアーで挑んだ94年はトウショウフェノマの2着と悔しい思い出のあるレース。今回の夏の新潟ではリーディング争いを演じたが、3着数の差で2位に終わっていた。「新潟は相性のいいコース。重賞はどのレースだって勝ちたいけど、この2歳Sで初重賞というのは縁を感じますね」と感慨深い様子だった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネイサベルの関連コラム

閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 8

第259話 「マイルCS


08年 34.4-23.5-34.7 =1.32.6 ▼2△2△1 平坦戦
09年 34.8-23.9-34.5 =1.33.2 ▼1▼2△7 平坦戦
10年 33.7-23.0-35.1 =1.31.8 ▼3△8△3 平坦戦
11年 34.4-24.2-35.3 =1.33.9 ▼1▼2△3 平坦戦 稍重
12年 35.0-23.2-34.7 =1.32.9 ±0△2△4 消耗戦 稍重

昨年は消耗戦となりましたが基本的にはこのレースは平坦戦。
スピードと持続力が問われるレースです。
但し、10年と11年の走破時計が2.1秒も違うように馬場状態によっては問われるスピードの質は違ってくると思われます。
31秒台の高速決着になった10年の勝ち馬はエーシンフォワードですが高松宮記念3着などの実績があり1200〜1600mでマイラーというよりは1400の馬。
稍重で荒れた馬場になった11年の勝ち馬はエイシンアポロンですが弥生賞や毎日王冠で2着の実績があり2000mもこなせる馬。
という感じです。
先週の日曜は雨の開催で馬場が荒れてきた可能性がある(内に入れた馬はあまり伸びませんでしたね)ので土曜日や日曜の午前中のレースでチェックした方がいいかもしれません。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ブルーメンブラット 【瞬7平4消1】
カンパニー     【瞬8平6消1】
エーシンフォワード 【瞬2平3消3】
エイシンアポロン  【瞬4平3消0】
サダムパテック   【瞬4平2消0】
2着馬
スーパーホーネット 【瞬6平5消0】
マイネルファルケ  【瞬6平3消0】
ダノンヨーヨー   【瞬6平3消0】
フィフスペトル   【瞬4平2消2】
グランプリボス   【瞬3平4消0】

ほとんど瞬発戦&平坦戦実績馬で上記にも書いたエーシンフォワードだけがやや消耗戦に寄ってる(=スプリンター寄り)感じです。

過去5年のデータでは
・前走上がり1位有利
・4〜5歳馬有利
・前走1800m〜2000m有利
・前走差し馬有利(追い込みは有利とはいえない)
・内枠有利
・休養明けは不利
というものがあります。
昨年のコラム参照→こちら
スピードと持続力が問われるとなれば納得の傾向かなと思われます。

各ステップレースを見てみましょう。
【スワンS】
35.3-11.5-34.0 =1.20.8 ▼3▼1△6 平坦戦
後傾ラップでどちらかといえばスローの前残り。
展開的には昨年のスワンSに似ていてその勝ち馬グランプリボスが本番では2着と健闘しましたがスローの展開を後方から上がり最速での差し切り勝ちだった。
となれば中団から上がり最速で3着となったサダムパテックが狙い目か。

富士S
35.8-23.9-33.8 =1.33.5 ▼9▼1△10 瞬発戦
こちらもスローでスワンSと違うのは大きな加速が生じた瞬発戦ということ。
このレース単体で見るとあまり本番に直結するような馬は感じられず。
但し、勝ったダノンシャークは先行しての勝利だったが本来は差し馬。
京都外1600コースは1-2-2-1で馬券にならなかったのは昨年のマイルCSのみで得意舞台なのは間違いない。
春の安田記念時452kgだった馬体重が前走は436kgというのは気になるところ。
1番人気だとちょっとリスクあるかも。

毎日王冠
35.5-37.9-33.3 =1.46.7 ▼15▼△14 瞬発戦
これまたスローの瞬発戦。
逃げて差されたクラレントよりも差して届かなかったダークシャドウの方が当然見直し必要。
但し、アクシデントで秋天を回避した影響があるのかないのか。

府中牝馬S
37.9-38.1-32.8 =1.48.8 ▼13▼1△6 瞬発戦
毎日王冠よりも更にスローの瞬発戦。
やはりドナウブルーよりも差して届かずのマイネイサベルの方が見直し必要。

これらのステップレース以外となると京都大賞典3着後のトーセンラー安田記念14着後のカレンブラックヒル
トーセンラーは京都外回りは間違いなく合うコース。
前走3着でしたがゴールドシップを負かしにいったため早めに動いたため無欲の差し馬2頭にやられただけで悲観する内容ではなかった。
問題はやはり初のマイル戦でスピードに対応出来るかどうかが鍵。
カレンブラックヒルは父がミスターマイルCSのダイワメジャーで平坦戦は得意舞台。
しかし近走イマイチなのと先行して粘り込むタイプの馬なので父レベルでないとこのレースでは勝ち負け出来ないかもしれません。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ダークシャドウマイネイサベルダノンシャーク
ダークシャドウは春の安田記念は0.4秒差の6着。
初のマイル戦で1.31.5の超高速決着だったことを考えれば今回十分対応可能だと思えます。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年5月14日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜きいいろプロが日曜2本のスマッシュヒットを記録!
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は、12(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1ヴィクトリアマイルの最終オッズは、ヴィルシーナが単勝3.1倍で1番人気。2番人気は、4.4倍でハナズゴール、3番人気が6.8倍でサウンドオブハートと続き、この3頭が単勝10倍以下の支持を集めました。
各馬揃ってのきれいなスタートでの幕開け。中でも好スタートはヴィルシーナアイムユアーズメーデイアが続きますが、ヴィルシーナが前を譲る形でアイムユアーズ先頭の隊列に落ち着きます。4番手以下はマイネイサベルドナウブルーサウンドオブハートらが続き、中団グループはザッハトルテアドマイヤセプターオールザットジャズイチオクノホシハナズゴールホエールキャプチャといったところ。後方にかけてエーシンメンフィスジョワドヴィーヴルゴールデングローブレインボーダリアフミノイマージンが続き、最後方にアロマティコの態勢で各馬3コーナーへ。前半3Fは34.6秒で通過。隊列に大きな変化はなく、逃げるアイムユアーズ目がけて、ヴィルシーナマイネイサベルドナウブルーサウンドオブハートら好位勢が追い出しを開始します。
直線半ばで、まずヴィルシーナが抜け出し、内を突いてマイネイサベルオールザットジャズドナウブルー、外からはサウンドオブハートが追撃。ハナズゴールは馬群を割って伸びてきます。これら5〜6頭の叩き合いが繰り広げられる中、坂を駆け上がって鋭く伸びてきたのは中団から馬場の中ほどを通ったホエールキャプチャ。一気に先頭のヴィルシーナに並び掛けると、残り50mは併せ馬でのデッドヒート。頭の上げ下げでどちらに勝利の女神が微笑んでもおかしくない際どい勝負の末、最後に軍配が上がったのは外のヴィルシーナでした。ハナ差でのG1初制覇を果たし、見事悲願を達成しました。2着ホエールキャプチャから1/2馬身差の3着にはマイネイサベルが入っています。勝ち時計は1分32秒4(良)。
公認プロ予想家の中では、ろいすプロきいいろプロが的中をマークしました。

その他では夢月プロ佐藤洋一郎プロ☆まんでがんプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
12(日)京都8Rで、○◎的中し単勝&馬連計14万4700円の払戻しをマーク!さらに、新潟9Rでも単勝1点勝負で17万1000円を払戻すスマッシュヒットを披露!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
11(土)新潟8Rプルーフポジティブの単勝を1万円的中!22万8000円の払戻しをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
11(土)新潟2Rで3連単12万1240円馬券的中のスマッシュヒットを記録!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
12(日)京都8Rで馬連4000円分を◎▲的中し、17万円の払戻しをマークしました。

他には、蒼馬久一郎プロ(139%)、スガダイプロ(120%)、馬単マスタープロ(115%)、河内一秀プロ(104%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


今週はいよいよ3歳牝馬の頂点を決めるG1・優駿牝馬(オークス)が行われます。競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年5月8日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第235話ヴィクトリアM(謎解き編)〜
閲覧 193ビュー コメント 0 ナイス 9

第235話 「ヴィクトリアM」


08年 35.7-24.3-33.7 =1.33.7 ▼8▼2△ 5 瞬発戦
09年 34.7-23.9-33.8 =1.32.4 ▼7▼4△10 瞬発戦
10年 33.8-23.7-34.9 =1.32.4 ▼4▼3△ 7 平坦戦
11年 33.5-22.4-36.0 =1.31.9 △3△4△ 4 消耗戦
12年 34.4-23.8-34.2 =1.32.4 ▼3▼3△ 3 平坦戦

エイジアンウインズが勝利した08年はスローから大きな加速が生じる瞬発戦でしたが以降はなかなか流れが速くなれての平坦戦消耗戦が多くなっています。
09年は08年ほど緩んでないのに上がりが速いレースになっていますがこれはウオッカが7馬身差で圧勝したためです。
10年11年のテン33秒台の激流はレアケースと考えていましたが12年もそれほどスローにはなりませんでした。
ヴィクトリアMは展開的に(激流がスタンダードな)安田記念ほど一貫性がないので予想する上でこの辺りが難しいかなと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エイジアンウインズ 【瞬3平1消3】
ウオッカ      【瞬9平2消0】
ブエナビスタ    【瞬5平3消0】
アパパネ      【瞬6平1消0】
ホエールキャプチャ 【瞬6平1消0】
2着馬
ウオッカ      【瞬7平0消0】
ブラボーデイジー  【瞬1平5消0】
ヒカルアマランサス 【瞬4平1消0】
ブエナビスタ    【瞬8平5消0】
ドナウブルー    【瞬2平2消0】

展開的にはバラバラな傾向となっているものの勝ち馬を見るとエイジアンウインズ以外の馬は瞬発戦での実績が多い馬となっています。
結局のところどんな流れになろうが最後は瞬発力に長けた馬が勝ちやすいレースと言えるのでしょう。

このレースは前走敗退からの巻き返しが多く実績重視という傾向になっています。
連対馬の主な勝利レースを挙げてみます。

スローの瞬発戦を制したエイジアンウインズをレアケースと考えれば近年の勝ち馬は東京コース&阪神外回りコースでの重賞での勝利経験があった馬ばかりです。
一方、2着馬はウオッカブエナビスタを別格扱いとするならばその年の重賞を勝利していた馬になっています。
コース実績の差が1着馬と2着馬の差になっていると言えるかもしれません。

今年の登録メンバーでは
・東京&阪神外コースで重賞勝利経験がある馬
ホエールキャプチャ
・東京コースで重賞勝利経験がある馬
ミッドサマーフェアマイネイサベルヴィルシーナ
・阪神外コースで重賞勝利経験がある馬
マルセリーナハナズゴールジョワドヴィーヴル
となっています。

そして2着候補(?)に重要な今年に入って重賞勝利した馬は
オールザットジャズサウンドオブハートハナズゴールマイネイサベル
となっています。

東京&阪神外コースで重賞勝利経験がある馬はホエールキャプチャのみなのでこの馬を狙ってみたい気もしますがこのレースは基本的にリピーターがあまりいません。
2回以上馬券になったのはウオッカブエナビスタの2頭しかいないのです。
年齢別にみても
4歳:5勝
5歳:2勝
6歳以上:0勝
となっていて牝馬で(G汽譽戰襪如砲困辰罰萍し続けるのは難しいということでしょう。
ちなみに5歳以上で連対した馬はウオッカブエナビスタダンスインザムードの3頭だけで牡馬混合のG気馬対した経験のある馬のみです。
今年のメンバーではそのクラスの馬は見当たらないので狙うべきなのは
・4歳馬
・瞬発戦実績が多い
・東京or阪神外コースで重賞勝利経験がある
となると…ミッドサマーフェアヴィルシーナハナズゴールジョワドヴィーヴルが有力か。

イチオシはハナズゴール
東京コースのNHKマイルC&オークスは惨敗でしたが桜花賞前に負傷回避した影響があったかもしれないので度外視していいでしょう。
年末のリゲルSで復活勝利し京都牝馬Sで連勝。
その2レースは流れの速いレースで平坦戦、消耗戦だったというのも強みでしょう。
チューリップ賞で見せた±0▼9△5という一瞬の斬れも持ち合わせているので信頼のおける馬だと思います。
問題は週末は雨予報となっていてそこがどうか?(全く問題ないかもですが)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ハナズゴールジョワドヴィーヴルマイネイサベル
ジョワドヴィーヴルが復活してくれると今後面白いんだが…。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年4月24日(水) 11:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜河内プロトータル的中率55%超!きいいろプロ土曜払戻し50万超!
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、20(土)に福島競馬場でG3福島牝馬ステークス、21(日)に京都競馬場でG2マイラーズカップ、東京競馬場でG2フローラステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものように競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣の重賞的中とスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3福島牝馬ステークスオーシュペールが出遅れるも全体にまずまずのスタート。内から押していったサンシャインスピードリッパーが交わして先頭に立つと大逃げを打って直線コースへ。直線半ばピュアブリーゼを競り落として先頭に立ったオールザットジャズが外から脚を伸ばすマイネイサベルの追撃をクビ差振り切ってV。2着マイネイサベルからクビ差の3着にピュアブリーゼが入りました。勝ち時計は1分46秒4(良)。
公認プロ予想家の中では蒼馬久一郎プロ夢月プロ河内一秀プロ【U指数】馬単マスタープロら4名が的中しています。
G2マイラーズカップは激しい先行争いからタイキパーシヴァルがハナに立って直線コースへ。直線半ばで先頭に立ったカレンブラックヒルが押し切るかに思われましたが、ゴール直前力強い末脚で伸びてきたグランプリボスカレンブラックヒルを交わすと内から伸びたダノンシャーク、外から脚を伸ばしたサンレイレーザーを抑え込んで優勝。苦手とされてきた休み明けをもろともせず文句なしの完勝でした。1/2馬身差の2着にサンレイレーザー、そこからアタマ差の3着にダノンシャークが入っています。勝ちタイムは1分32秒6(良)。
公認プロ予想家の中ではスガダイプロが的中させています。
G2フローラステークスはゆったりとした流れの中、タガノミューチャンが逃げて直線コースへ。残り200mを過ぎても懸命に逃げるタガノミューチャンをゴール前で捉えたデニムアンドルビーエバーブロッサムとの叩き合いを制して完勝。オークスの有力候補へ一気に名乗りを挙げる強い内容でした。3/4馬身差の2着にエバーブロッサム、そこから3/4馬身差の3着にブリュネットが入り、ここまでがオークスへの出走権を手に入れました。勝ちタイムは2分3秒9(稍重)。
公認プロ予想家の中ではdream1002プロサラマッポプロら4名が的中しています。

他にも先週はkmプロきいいろプロ佐藤洋一郎プロ3連単プリンスプロらが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 河内一秀プロ
20(土)は21/36R的中で的中率58%!そして21(日)も12/24R的中で的中率50%と絶好調!土日トータル的中率55%のハイアベレージで、回収率115%を記録しています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
20(土)東京1Rで馬連3000円分的中で11万8200円の払戻しを記録。さらに、京都9Rでは単勝1点1万円勝負的中で15万5000円を払戻し!他にも的中を重ねこの日は計50万オーバーの払戻しをマークしました。土日トータルでは回収率105%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
21(日)東京12Rでkmプロとしては珍しい単勝1点1万円勝負を敢行し、見事22万7000円払戻しの的中を披露しました。この一撃が効いて土日トータル回収率108%で終えています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
21(日)京都1Rで3連単&3連複のWゲットを披露!計16万4030円のスマッシュヒットを記録しています。他にも8万超払戻しを3本記録した先週は、土日トータル回収率100%オーバーをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
21(日)京都4Rで3連単12万5530円馬券的中のスマッシュヒットを記録!

他には、岡村信将プロ(130%)、仲谷光太郎プロ(121%)、蒼馬久一郎プロ(119%)、スガダイプロ(114%)、霧プロ(104%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


今週からはいよいよGI6連戦!第一弾はゴールドシップが参戦する天皇賞・春です。
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の結論にご注目ください。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年3月12日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜蒼馬久一郎プロが中山牝馬Sで11万オーバーのスマッシュヒット!
閲覧 103ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、9(土)に中京競馬場でG3中日新聞杯、10(日)には阪神競馬場でG2フィリーズレビュー、中山競馬場でG3中山牝馬ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3中日新聞杯は逃げたドリームセーリングが先頭のまま直線へ。2、3番手にはトウカイパラダイスアドマイヤタイシが早め先頭の構えで詰め寄ります。このままこの2頭がドリームセーリングを交わして、2頭併走の形で抜け出すと、後続からはインを突いてパッションダンス、中団馬群からサトノアポロ、外からはゲシュタルト、といったところが伸びてきます。残り100mを過ぎるとサトノアポロが内のトウカイパラダイスアドマイヤタイシを外からまとめて交わし1分59秒6のレコードで初重賞V。クビ差の2着は中のアドマイヤタイシ。そこから1/2馬身差の3着は内のトウカイパラダイスで決着しています。
10(日)のG2フィリーズレビューは、サマリーズティズトレメンダスが競りかけこの2頭が引っ張る展開で直線へ。ティズトレメンダスが単独先頭に立つ中、1番人気サンブルエミューズや、好位からインを突いたナンシーシャインも迫ります。直線半ばを過ぎてサンブルエミューズが脱落。代わって外から馬群を割ってメイショウマンボが一気に内の各馬を捕える勢いで鋭く伸びてきます。残り50mで突き抜けたメイショウマンボが1馬身1/4差を付けて完勝を飾っています。2着はナンシーシャイン、そこから1/2馬身差の3着にはティズトレメンダスが粘り込んでいます。
公認プロ予想家の中では、導師嵐山プロ霧プロサラマッポプロ馬単マスタープロが的中しています。
一方のG3中山牝馬ステークスは、最内枠を利してダイワズームが主導権を握り、2番手にスマートシルエットの隊列で4コーナーを通過。内ラチ沿いを逃げるダイワズームを交わしてスマートシルエットが先頭に立ち、後続からはオールザットジャズが手応え良く迫ります。さらに中団外から脚を伸ばすマイネイサベルも加わって3頭の叩き合いに。一旦はオールザットジャズに並ばれたスマートシルエットがもう一度突き放すところへ、マイネイサベルが外から襲い掛かりゴール直前で鮮やかに差し切って先頭でゴール。重賞3勝目を挙げています。3/4馬身差の2着にスマートシルエットが入り、そこからクビ差の3着にオールザットジャズが入っています。
公認プロ予想家の中では、蒼馬久一郎プロ伊吹雅也プロ山崎エリカプロ河内一秀プロ3連単プリンスプロ3連複プリンセスプロ馬単マスタープロが的中しています。

この他では、はははふほほほプロkmプロきいいろプロ佐藤洋一郎プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
9(土)を的中率50%超、回収率100%超の好成績で終えると、10(日)のG3中山牝馬ステークスでは、◎▲○のほぼパーフェクトな予想を披露!馬連・3連複・3連単の総獲りで計11万6920円のスマッシュヒットを記録しています!土日トータル回収率は155%、収支8万5410円のプラスをマークしました。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
10(日)阪神3Rでは本命◎コウエイアース(単勝52.5倍)の見事な予想を披露。単勝&馬連の的中で計38万9100円のスマッシュヒットを記録しています。土日トータル成績は、回収率127%、収支19万9800円の大幅プラスを計上!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
10(日)阪神12Rでは本命◎ジャパンプライドからの3連単23万30円馬券的中のヒットを記録!

☆☆☆注目プロ → はははふほほほプロ
9(土)中山12Rで△○◎の予想で3連単を300円分的中。12万9600円の払戻しを記録し、この日は回収率191%、収支12万6880円のプラスをマークしました!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
10(日)阪神1Rで3連単300円分の的中で12万5100円の払戻しをマークしました!

他には、伊吹雅也プロ(134%)、河内一秀プロ(126%)、馬単マスタープロ(141%)、3連複プリンセスプロ(102%)が土日回収率100%超の好成績を収めています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はクラシックトライアル含め4重賞!春のG1シーズンに向けての前哨戦も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想を是非チェックしてください。

「ユータ」

[もっと見る]

2012年5月11日(金) 19:30 ウマニティ編集長
予想のメキキ 〜2012年 ヴィクトリアマイル〜
閲覧 111ビュー コメント 0 ナイス 5

今年のヴィクトリアマイルは主役不在の大混戦。実績馬はそれぞれなにかしらの不安材料を抱えていますので、大波乱という結末も十分にあり得るでしょう。穴党の皆さんは予想の段階で手ぐすねを引いていると思います。ビシッと当てることができたら、気持ちいいだろうな〜。
さて、本日登場してもらう公認プロは、2007年に行われた第1回プロテストに合格し、以来プロとして活躍しているdream1002さんです。dream1002さんと言えば大の穴党であり、混戦レースに強いことでも知られています。今年のヴィクトリアマイルは、本領発揮の条件が整ったレースと言えるでしょう。今回は金曜日時点でのdream1002さんの見解をお伝えします。

■歴史の浅いレースですが、どんな印象をお持ちですか?
歴史が浅いとはいうものの、一度も的中したことがないので、今年こそは……と気合いが入っているレースです。昨年は12番人気のスプリングサンダーを狙うも0.4秒差の6着でした。まったく見当違いというわけではなかったので、傾向はある程度つかんでいるつもりでいます。

■ズバリ、今年のこのレースの鍵を握る馬は?
復活をかける昨年覇者のアパパネ。勢い侮れぬオールザットジャズ。復調気配の桜花賞マルセリーナ。このあたりの人気度合いが気になります。過剰に売れている場合は妙味がなくなるので注意したいですね。

■堅く収まるか、それとも荒れると思いますか?
どう見ても、堅く収まるというメンバー構成ではありません。確たる主役が不在で、私は10頭ほどが横並びと評価しています。かなりの混戦ムードが漂っていますので、それなりの配当になることは間違いないでしょう。それだけに、軸の選択と相手関係の取捨が重要になってきますね。

■とっておきの穴馬を1頭教えてください。
関東馬ではマイネイサベル。関西馬ではフミノイマージン。この2頭をあげておきます。マイネイサベルは前走4着ながら、脚の貯め方次第では巻き返せるという内容でした。東京1600mの舞台は好都合で、追い切りからもデキは前走以上。面白い狙い目だと思いますよ。フミノイマージンの前走は不安視された距離短縮1400mへの対応もまったく問題無かっただけに、東京1600mならば無難に追走して直線怒涛の脚を見せてくれるでしょう。この馬もデキは上々です。

リアルでいくらくらい儲けることを目指しますか?
投資金額の15倍超を目指します。できれば帯封といきたいところです。


昨年、このレースで悔しい思いをしたdream1002さん。今回話を聞いていて、今年にかける意気込みの大きさが伝わってきました。混戦、波乱含みのレースはdream1002さんが得意とするところですので、期待に応えてやってくれるかもしれませんね。注目の穴馬は2頭あげてもらいましたので、あとは本命がなにになるのかが気になるところ。dream1002さん入魂の最終結論は、レース当日のプロ予想MAXにてご確認ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネイサベルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 13

◎人気データ
1番人気 (3-2-0-4)
2番人気 (2-0-0-7)
3番人気 (0-2-2-5)
4番人気 (1-0-2-6)
5番人気 (1-0-1-7)
6番人気 (0-0-1-8)
7〜9人 (0-3-2-22)
10人以下(2-2-1-75)
 
◎馬齢データ
4歳 (6-7-3-66)
5歳 (3-2-4-39)
6歳 (0-0-2-20)
7歳上(0-0-0-9)
  
◎所属データ
美浦(4-2-2-51)
栗東(5-7-7-83)
 
◎枠データ
1枠(1-2-5-10)
2枠(1-2-1-14)
3枠(2-0-0-16)
4枠(0-1-0-17)
5枠(0-1-1-16)
6枠(3-0-0-15)
7枠(1-1-1-23)
8枠(1-2-1-23)

◎馬番データ
1番 (1-0-4-4)
2番 (0-2-1-6)
3番 (0-1-0-8)
4番 (1-1-1-6)
5番 (0-0-0-9)
6番 (2-0-0-7)
7番 (0-0-0-9)
8番 (0-1-0-8)
9番 (0-1-0-8)
10番(0-0-1-8)
11番(2-0-0-7)
12番(1-0-0-8)
13番(0-1-1-7)
14番(1-0-0-8)
15番(0-0-0-9)
16番(1-1-1-6)
17番(0-0-0-9)
18番(0-1-0-7)
  
◎脚質データ
逃げ(1-1-1-6)
先行(3-3-3-23)
差し(5-4-3-58)
追込(0-1-2-47)

◎前走データ
重賞(9-9-8-120)
├阪神牝馬S(2-4-2-45)
├中山牝馬S(1-1-2-10)
├福島牝馬S(0-1-1-36)
├マイラーズC(2-0-1-8)
├産経大阪杯(1-1-0-1)
├京都牝馬S(0-0-0-2)
├高松宮記念(0-0-1-3)
├ダービー卿CT(1-0-1-3)
├東京新聞杯(0-0-0-1)
├中日新聞杯(0-0-0-1)
└海外(2-2-0-2)

OP特別(0-0-0-7)
1600万下(0-0-1-7)

◎前走着順別データ
1着  (1-1-3-25)
2着  (3-1-3-13)
3着  (0-0-2-10)
4着  (1-1-0-12)
5着  (1-0-0-10)
6〜9着(2-3-1-35)
10以下(1-3-0-29)

◎前走人気別データ
1番人気 (0-0-2-18)
2番人気 (2-2-1-13)
3番人気 (0-2-1-20)
4番人気 (2-1-2-13)
5番人気 (2-0-0-12)
6〜9人 (1-2-1-36)
10人以下(0-0-2-20)
 
[ヴィクトリアマイルデータまとめ]
△単勝50.0〜99.9倍
(1-0-1-35)
×単勝100倍以上
(0-0-0-30)
△6歳以上
(0-0-2-29)
×単勝オッズ50倍以上の関西馬
(0-0-0-37)
×前走福島牝馬Sで3着以下
(0-0-0-26)
△前走10番人気以下
(0-0-2-20)
△間隔3週以内
(0-1-1-50)
×間隔10週以上
(0-0-0-9)

《ポイント》
ヴィクトリアマイルは波乱の多い重賞ですね。
割り引きとなるデータがありますが・・・

単勝50.0〜99.9倍で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2007年コイウタ     (12番人気)

6歳以上で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

前走福島牝馬Sだった馬で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走10番人気以下だった馬で馬券に絡んだ2頭
2011年レディアルバローザ(3番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

間隔3週以内で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走重賞連対か連勝馬または前々走重賞勝ち。
調子の良い馬、勢いのある馬が好走。
穴馬も好調な馬が狙い目となりそうです。
 

 TERAMAGAZI 2014年8月30日() 07:11
ア​ヴ​ニ​ー​ル​マ​ル&... 
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 5

ア​ヴ​ニ​ー​ル​マ​ル​シ​ェ​は​、​ハ​ー​プ​ス​タ​ー​の​よ​う​に​一​等​星​に​な​れ​る​か​?​(​そ​の​2​)

(更新、遅れましてすみません)

【G3新潟2歳S】

【​デ​ー​タ​的​考​察​】​(過去10年)

【人気】
■​単​勝​1​番​人​気​【5・1・1・3】

■​単​勝​2​番​人​気​【1・1・1・7】

■​単​勝​3番​人​気​【1・1・1・7】

■​単​勝​4​番​人​気​【2・1・1・6】

1番人気は5勝しており、馬券圏内率も70%あります。
1番人気濃厚なアヴニールマルシェにとって良いデータですね。

勝ち馬は10頭中、9頭が4番人気以内から出ているので、候補はナヴィオン、ミュゼスルタンに(※ワキノヒビキ)かブリクストでしょうか。

ちなみに5番人気以下で勝った馬は10年のマイネイサベル(9番人気)でした。マイネイサベルはテレグノシス(グレイソヴリン系)×サンデーサイレンス。グレイソヴイン系×サンデー系は【2・1・2・4】と適性が高く、この配合のブリクストは要チェックです。

【前走距離】
実はコレがアヴくんにとって一番触れたくないデータです…。

新潟2歳Sが、マイルになった02年以降、前走からの距離短縮組は【0・0・2・27】
該当馬が29頭もいるのに、3着が2回だけ。

10年、前走が新潟1800mの新馬戦1着(ちなみに3着はナカヤマナイト)だった1番人気のクリーンエコロジーは、10着に惨敗しています。

10年?あ、9番人気の牝馬マイネイサベル(前走は新潟1400m新馬戦1着)が勝った年ですね。
前走が新潟1400mの新馬戦を勝った牝馬は、トーホウハニーだけ。しかも同じく人気薄。狙い目ですね!

【前走クラス】
■新馬戦【5・6・5】

■オープン特別【3・2・3】

■未勝利戦【2・2・2】

オープン特別はダリア賞組が圧倒的で、04年1着マイネルレコルト(ダリア賞1着)、05年コスモミール(ダリア賞3着)、06年3着マイネルレーニア(ダリア賞3着)、07年シャランジュ(ダリア賞6着)、09年1着シンメイフジ(ダリア賞2着)、10年2着マイネルラクリマ(ダリア賞3着)。

あれ、マイネル、コスモが多い。岡田総帥(ラフィアン、ビッグレッドF)の馬ばかり。
今年は、ダリア賞3着のコスモピーコックが出走してます!有力候補ですね!

ココでひとつポイントがあります。
ダリア賞組で3着以内に来た馬は、全てダリア賞で3番人気以内でした(シャランジュは6着ですが3番人気)
今年のダリア賞1着のワキノヒビキは、7番人気。後述するデータ(キャリア)とともに消し材料ですね。

​【​前走の競​馬​場】
■新潟【8・9・6・101】

■中京【1・0・2・4】

■東京【0・1・0・2】

■福島【0・0・1・7】

新潟が圧倒的ですが、その分、出走頭数もダントツ。
中京、東京は出走頭数から見ると悪くないです。

​【キ​ャ​リ​ア​】
■1戦【5・6・5】

■2戦【5・4・2】

■3戦【0・0・3】

連対馬は、キャリア2戦以内。
ワキノヒビキは、3戦しています。このデータから来ても3着まで。

【結論】(血統+データ)
アヴニールマルシェは、ハープスターと同じく祖母が桜花賞馬でディープインパクト×ND系の配合も同じ。新馬戦でロジチャリスを差し切った上がり33秒9の豪脚は新潟外回りコースにピッタリ。2着ロジチャリスも5着ベルラップも次走の未勝利戦を楽勝しているように明らかに能力は断然。しかし、1800mからの距離短縮組は最高でも3着というマイナスデータ(何で藤沢先生はマイルの新潟2歳Sを使うのでしょうね?)

ナヴィオンは、新潟のマイル新馬戦を上がり32秒7(今年の新潟新馬戦最速)のキレキレの脚で差し切り勝ち。ハーツクライ×ND系と配合も合う。

ミュゼスルタンも新潟マイル新馬戦勝ち。上がり33秒2も優秀。キンカメ(ミスプロ系)×ND系でピッタリは合わないが、母母父がサンデーサイレンス。

ダリア賞(3番人気以内)から新潟2歳Sに臨んだ岡田総帥の馬は好走するので、コスモピーコックも超狙い目!

中京1400m新馬戦勝ちのブリクスト。母父はサンデー系の中でもシンメイフジ、エフティマイアと勝ち馬を2頭(【2・2・1・3】)輩出している相性の良いフジキセキ。

超大穴は、マイネイサベルとパターンが似ているトーホウハニー。

中京2歳S3着のテイケイラピッド。マイル持ちタイム最速のディアコンチェルト。

ワキノヒビキは、買うなら3連単の3着付けで十分。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年3月7日(木) 00:59
中山牝馬S レディアルバローザ3連覇!!○ダイワズーム▲サ...
閲覧 11ビュー コメント 0 ナイス 0

そろそろ今週の重賞の予想を。










「第31回中山牝馬SG3」










難解なレースです。
















何しろ、過去10年で、







1番人気→【2・0・0・8】

2番人気→【0・1・0・9】










何と、1番人気と2番人気が、20頭中、3頭しか連対していません。

(馬券圏内も3頭だけ)










---------------------------------------------------------------------

03年 3人気→14人気→4人気      5万7390円




04年 9人気→6人気→10人気      6万3990円




05年 1人気→9人気→10人気     10万6730円




06年 1人気→2人気→8人気       2万6780円




07年 8人気→3人気→12人気     60万8080円




08年 6人気→13人気→3人気     26万6180円




09年 4人気→15人気→11人気   139万4370円




10年 4人気→8人気→9人気      12万5120円




11年 10人気→14人気→13人気  244万6260円




12年 8人気→7人気→11人気     62万6350円

-----------------------------------------------------------------------

(※03年、04年は、3連複)

(※11年は、阪神開催)
















どの馬が、1番人気になるか分からないし、「大波乱のレース」という前情報でアナっぽい馬が人気出て結局アナ馬じゃなくなったり、とか非常に予想が困難ですね。(´ε`;)ウーン…
















同じ馬同士で3回、中山1800mを走ったら、3回とも違う結果になりそうです。
















1番人気はフミノイマージンかオールザットジャズでしょうか。













フミノイマージンは、中日新聞杯とのW登録。

中日新聞杯は56キロで出られるのに、牝馬同士の方が有利だと言う理由で、57キロのココに出走します。

当然、勝ち負けですよね。







実績では1番。

重賞3勝で、G2札幌記念では、牡馬の一流どころダークシャドウ、天皇賞馬ヒルノダムールを破っています。






















中山牝馬Sも、まあまあ、リピーターが来るレース。










ヤマニンメルベイユ 07年3着(12人気)→08年1着(6人気)




キストゥヘヴン 08年3着(3人気)→09年1着(4人気)




レディアルバローザ 11年1着(10人気)→12年1着(8人気)



















今年のリピーターは、




レディアルバローザ 11年1着(10人気)→12年1着(8人気)→?

フミノイマージン 11年2着(14人気)→?

オールザットジャズ 12年2着(7人気)→?



















ココは、レディアルバローザが3連覇して引退レースに花を飾ると見て、

本命勝負。

(アドマイヤグルーヴ、ファレノプシス、ミラクルレジェンドも勝利)






















相手には思い切って「2ケタ人気」の馬を狙いたいです。
















過去10年で、2ケタ人気馬が、11頭馬券圏内に来ています。

(1着→1回、2着→4回、3着→6回)







その内9頭が、53キロ以下でした。







1着は、1回だけなので、3連単フォメの2着、3着付けに手広く買いたいですね。
















◎53キロ以下で来そうな馬は、




第1に、ダイワズーム。53キロ

中山芝1800mは、2戦2勝とコース、距離適性は1番。







メイショウスザンナ。52キロ(桜花賞5着、フラワーC2着)

中山芝→→→→→→【0・2・0・1】

芝1800m→→→【1・1・0・0】

中山芝1800m→【0・1・0・0】







アイスフォーリス。53キロ(オークス3着、G2フローラS2着)







サンシャイン。53キロ(愛知杯2着、OPエルフィンS)

























◎重賞勝ち(実績)馬で人気薄が見込まれる馬




エリンコート(オークス)

マイネイサベル(府中牝馬S)

オメガハートランド(フラワーC)



















今のところ、




1着候補

レディアルバローザ。56キロ

フミノイマージン。57キロ




2着、3着候補

ダイワズーム 53キロ

メイショウスザンナ 52キロ

サンシャイン 53キロ

アイスフォーリス 53キロ

エリンコート 55キロ

マイネイサベル 56キロ

オメガハートランド 54キロ

フェータルローズ 50キロ。1800m→【2・2・2・0】

スマートシルエット 54キロ。1800m→【3・1・3・2】

オールザットジャズ 56キロ






















(´ε`;)ウーン…

もっと絞らなくちゃ…ですね。






















とりあえず、
















◎レディアルバローザ

○ダイワズーム

▲サンシャイン

注フミノイマージン

△メイショウスザンナ

△アイスフォーリス

△オールザットジャズ






















後ほど、【第47回フィリーズレビューG2】




をアップします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネイサベルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  try   フォロワー:6人 2010年11月1日(月) 22:20:58
2011エリ女で買い。

マイネイサベルの写真

マイネイサベル

マイネイサベルの厩舎情報 VIP

2013年12月14日愛知杯 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネイサベルの取材メモ VIP

2013年12月14日 愛知杯 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。