会員登録はこちら
産経賞オールカマー2017

2017年9月24日(

産経賞オールカマー G2

中山競馬場/芝/2200m

最新出走予定馬情報 〜産経賞オールカマー2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【古馬次走報】タンタアレグリア、ジャパンC目指す
 ★産経賞オールカマーを制したルージュバック(美・大竹、牝5)のエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)での騎手は未定。3着タンタアレグリア(美・国枝、牡5)はジャパンC(同26日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。5着ショウナンバッハ(美・上原、牡6)は福島記念(同12日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。 ★オールカマー6着ディサイファ(美・小島太、牡8)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)が選択肢のひとつ。12着ツクバアズマオー(美・尾形充、牡6)はブラジルC(同22日、東京、OP、ダ2100メートル)が視野に。16着トルークマクト(美・尾関、牡7)はオクトーバーS(同15日、東京、OP、芝2000メートル)などが候補。 ★神戸新聞杯2着キセキ(栗・角居、牡3)は菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)が視野に。9着カデナ(栗・中竹、牡3)は菊花賞出走は賞金面で可能だが、「距離に限界があるみたいなので、天皇賞・秋(同29日、東京、GI、芝2000メートル)も考えています」と中竹調教師。 ★新潟記念2着アストラエンブレム(美・小島茂、牡4)は戸崎騎手と新コンビを組んで毎日王冠へ。 ★京成杯オータムHを左前挫跖(ざせき)で取り消したダノンプラチナ(美・国枝、牡5)はキャピタルS(11月25日、東京、OP、芝1600メートル)へ。4着マルターズアポジー(美・堀井、牡5)は流動的だが、マイルチャンピオンシップ(同19日、京都、GI、芝1600メートル)が有力。
2017年9月27日(水) 05:00

 914

【オールカマー】ルージュ、1年ぶり復活V
 第63回産経賞オールカマー(24日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走17頭)北村宏司騎乗の5番人気ルージュバックが、直線で内から鋭く伸びて快勝。重賞4勝目を挙げた。タイム2分13秒8(良)。このあとはエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)で悲願のGI取りを狙う。1番人気のステファノスは2着だった。 1年ぶりの勝利は内からグイッと伸びてきた。出走すれば人気になるルージュバックが5番人気まで支持を落として、昨年の毎日王冠以来の復活V。天才少女が5歳の秋を迎えて大人の女に成長した姿をみせた。 「よく伸びてくれましたね。力のあるところをみせてくれました」 初騎乗で結果を出した北村宏騎手が笑みを浮かべた。 内を突くと伸びあぐねる傾向があるだけに、(6)番枠からどう外に持ち出すかが鍵だった。スタートを決めて好位の内々を追走する。4コーナーで一瞬、外に持ち出そうとしたが、開かないとみるやインを強襲。同じ勝負服のステファノスとの叩き合いを半馬身差で制した。内から伸びてきたのは今後に向けて大きな収穫だ。 「いいスタートだったし、流れに乗れました。初めて乗ったけど、思ったより穏やかに返し馬ができたし、周りから見ていていい馬だと思っていましたからね」と、ジョッキーは強さを認識。外に出そうとしたときに他馬の進路を妨害したとして騎乗停止処分(開催2日)を受けたが、「馬はよく伸びてくれました」と能力をたたえた。 大竹調教師は「今回は北海道からの輸送だったので、疲れを取るためにゆっくり立ち上げてカイ食いに苦労しなかった。ジョッキーと位置取りの話はしなかったけど、確実に脚を使う馬だから、あの位置ならと思った」と、今までにない勝ち方に成長を感じた様子だ。 次走は予定どおりエリザベス女王杯。「なぜか牝馬同士で勝てないのが、越えられない壁。でもGIのタイトルを取らせたい馬だし、(来春の引退まで)残りも少ないから頑張ります」と、トレーナーは気を引き締める。重賞4勝はすべて牡馬が相手。一段と進化したこの秋、ルージュバックは牝馬が相手でもタイトルをつかみ取る。 (柴田章利)★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!ルージュバック 父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、母の父オーサムアゲイン。鹿毛の牝5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績16戦6勝。獲得賞金3億1648万5000円。重賞は2015年GIIIきさらぎ賞、16年GIIIエプソムC、16年GII毎日王冠に次いで4勝目。産経賞オールカマーは大竹正博調教師、北村宏司騎手ともに初勝利。馬名は「ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想」。
2017年9月25日(月) 05:09

 1,146

【オールカマー】タンタアレグリア、GIへ手応え3着
 第63回産経賞オールカマー(24日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走17頭)3番人気タンタアレグリアが3着。AJCC1着以来8カ月ぶりでも存在感を示した。4コーナーで外にはじかれる不利を受けたが、6番手から力強く伸び、勝ち馬に0秒1差まで迫った。 「不利がなかったら、もっと際どかった。でも格好はつけてくれた」と蛯名騎手は悔しさをにじませながらも、復帰戦の走りを評価。国枝調教師も「これで状態はグンと上がってくるはず。GIでも十分やれると思う」と今後への手応えを口にした。次走はレース後の状態を見て、ジャパンCを視野に入れる。★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら
2017年9月25日(月) 05:08

 779

【オールカマー】ステファノス、しぶとく2着
 第63回産経賞オールカマー(24日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走17頭)安田記念以来で1番人気に推されたステファノスは、好位からの競馬でしぶとく伸びて2着。あと一歩で2014年富士S以来の重賞2勝目はならなかった。「前に残られるのは嫌だったので、早めに動いていきました。しまいはしっかり走れていると思います」と戸崎騎手がいえば、藤原英調教師は「内からくるとはね。今日はこういう展開になると思い、正攻法の競馬をしました。今回は取りにいったレースだったのでね」と悔しさをにじませた。次走の天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)で巻き返しを狙う。★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら
2017年9月25日(月) 05:08

 780

【産経賞オールカマー】特別登録馬
2017年9月24日(日)に中山競馬場で行われる産経賞オールカマー(GII)の登録馬は以下の通り。アルバート 牡6カフジプリンス 牡4グランアルマダ 牡5ショウナンバッハ 牡6ステファノス 牡6タンタアレグリア 牡5ツクバアズマオー 牡6ディサイファ 牡8デニムアンドルビー 牝7トルークマクト 牡7パリカラノテガミ 牡6ブラックバゴ 牡5マイネルサージュ 牡5マイネルディーン 牡8マイネルミラノ 牡7モンドインテロ 牡5ルージュバック 牝5◆産経賞オールカマー(GII)の重賞攻略はこちら。
2017年9月18日(月) 17:30

 2,594

【古馬次走報】シルバーステート、毎日王冠へ
 ★栗東・藤原英厩舎勢の動向は以下の通り。4連勝中のシルバーステート(牡4)は、毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)へ。安田記念7着のステファノス(牡6)は、産経賞オールカマー(9月24日、中山、GII、芝2200メートル)。関屋記念11着のトーセンデューク(牡6)、ダービー卿CT9着以来のガリバルディ(牡6)は、京成杯AH(9月10日、中山、GIII、芝1600メートル)。天皇賞・春8着のトーセンバジル(牡5)は、新潟記念(9月3日、新潟、GIII、芝2000メートル)。★シルバーステートの競走成績はこちら
2017年8月18日(金) 05:00

 2,506

【古馬次走報】ルージュバック、産経賞オールカマーへ
 ★ヴィクトリアマイル10着後、放牧に出ているルージュバック(美・大竹、牝5)は、新たに北村宏騎手とのコンビで産経賞オールカマー(9月24日、中山、GII、芝2200メートル)に向かう。秋の最大目標はエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)で、早ければ来週中に帰厩する見込み。 ★安田記念4着後も在厩で調整されているグレーターロンドン(美・大竹、牡5)は、毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)で始動する。鞍上は田辺騎手。 ★4連勝で北九州記念を制したダイアナヘイロー(栗・福島、牝4)は、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)へ直行する。4着のキングハート(美・星野、牡4)もスプリンターズSを目指す。 ★中京記念2着のグランシルク(美・戸田、牡5)は田辺騎手とのコンビで京成杯AH(9月10日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。同厩舎で関屋記念12着のメートルダール(牡4)は毎日王冠か富士S(10月21日、東京、GIII、芝1600メートル)あたりが有力。 ★ラジオNIKKEI賞11着のライジングリーズン(美・奥村武、牝3)は紫苑S(9月9日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。 ★北九州記念3着ラインスピリット(栗・松永昌、牡6)は、ルミエールオータムダッシュ(10月29日、新潟、OP、芝1000メートル)。9着プレイズエターナル(栗・安田隆、牡7)は産経賞セントウルS(9月10日、阪神、GII、芝1200メートル)へ。 
2017年8月25日(金) 05:00

 2,308

【オールカマー】レース展望
 中山3週目の日曜メインは、天皇賞・秋の前哨戦として定着している産経賞オールカマー(24日、GII、芝2200メートル)。1着馬には本番への優先出走権が与えられる。 過去10年の優勝馬を振り返ると、2007年から3連覇したマツリダゴッホは有馬記念を含め重賞6勝の舞台がすべて中山だった。11年のアーネストリーは宝塚記念(阪神)を制覇した直後で、12年のナカヤマナイトは翌13年の中山記念もV。16年のゴールドアクターは前年の有馬記念でGIウイナーの仲間入りを果たしていた。東京の天皇賞向きの切れがあるタイプより、中山向きの持続力のあるタイプが勝ち馬に名を連ねている。 今年のメンバーでは、アメリカジョッキーズクラブC(AJCC)を勝ったタンタアレグリア(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)があてはまる。東京での一昨年の青葉賞(2着)とダービー(7着)は、いずれも上位馬とは切れ味の違いが出た印象だった。続くセントライト記念は今回と同じ舞台で6着だったが、勝ったキタサンブラックとは0秒2差。レースの内容としては中山の方がパフォーマンスが上がる。 前走のAJCCは中団から馬群の内をさばき、早め進出でV。同様の競馬ができれば今回もチャンスは十分だ。しかし、深管骨瘤を発症したため天皇賞・春、宝塚記念を自重し、約8カ月の休み明けとなるのは気になるところ。帰厩後は併せ馬で入念に調教を消化しているが、最終追い切りに注目したい。 札幌日経オープンを連覇したモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)も、切れ味よりスピードの持続力で勝負する馬。中山の芝はステイヤーズS3着があるだけだが、勝ったアルバートに一歩先にスパートされたぶんの負け。上がり3ハロンはどちらも35秒0でメンバー最速の脚を使っているので、力量は互角だろう。むしろ、3000メートル以上が得意なアルバートよりも、2200メートルでは分がある。 そのアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)はステイヤーズS連覇やダイヤモンドS勝ちなど、長距離戦に実績がある。ただ、2400メートル未満の距離を使うのは、15年8月の札幌500万下・芝2000メートル戦(1着)以来。実に2年1カ月ぶりの中距離戦だけに、スピードへの対応が鍵になる。 天皇賞・秋で2、3着、大阪杯2着とGIでも上位争いする力があるステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、後方から末脚を伸ばすタイプで、中山の適性がどうかだが、皐月賞5着、中山記念3着と、一応の結果は出している。ただ、早めに動かざるを得ないコースなのは確か。取りこぼしの危険性がつきまとう。 五稜郭特別を勝ってオープン入りしたブラックバゴ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)は、もともとホープフルS3着、京成杯2着の実力馬。長いスランプをようやく脱した印象で、得意の中山なら重賞Vのチャンスも。 ジャパンC、宝塚記念とGIで2度の2着があるデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)、毎日王冠、エプソムC、きさらぎ賞と牡馬相手に重賞3勝のルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝5歳)の牝馬2頭は、牡馬相手にもひけを取らない力があるが、近走の内容がひと息。どこまで復調しているかがポイントになる。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月19日(火) 16:12

 2,220

オールカマーのニュースをもっと見る >

オールカマーの直前追い切り情報をもっと見る >

オールカマーの口コミ情報をもっと見る >

●産経賞オールカマー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜産経賞オールカマー2017〜

第63回 産経賞オールカマー G2

2017年9月24日()中山11R 芝2200m 17頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 6 100.0 ルージュバック 牝5 55.0 北村宏司 大竹正博 美浦 456(+4) 7.8 5 2.13.8
2 4 8 101.7 ステファノス 牡6 56.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東 482(-2) 3.8 1 2.13.9 1/2
3 5 9 98.9 タンタアレグリア 牡5 57.0 蛯名正義 国枝栄 美浦 480(-8) 5.4 3 2.13.9 クビ
4 5 10 97.1 マイネルミラノ 牡7 56.0 柴田大知 相沢郁 美浦 494(+14) 40.4 10 2.14.0 クビ
5 2 3 96.1 ショウナンバッハ 牡6 56.0 柴田善臣 上原博之 美浦 448(0) 87.9 13 2.14.0 アタマ
6 4 7 98.8 ディサイファ 牡8 56.0 柴山雄一 小島太 美浦 504(+4) 135.2 14 2.14.1 1/2
7 1 2 98.5 アルバート 牡6 57.0 石橋脩 堀宣行 美浦 482(+2) 6.4 4 2.14.3 1 1/4
8 6 12 97.6 デニムアンドルビー 牝7 54.0 吉田隼人 角居勝彦 栗東 456(-8) 20.8 8 2.14.3 ハナ
9 7 14 98.7 モンドインテロ 牡5 56.0 田辺裕信 手塚貴久 美浦 482(-10) 5.3 2 2.14.6
10 2 4 92.8 ブラックバゴ 牡5 56.0 内田博幸 斎藤誠 美浦 520(+4) 13.5 7 2.14.8 1 1/2
11 1 1 93.9 パリカラノテガミ 牡6 56.0 田中勝春 清水英克 美浦 454(-4) 199.0 15 2.14.9 3/4
12 8 16 96.7 ツクバアズマオー 牡6 56.0 吉田豊 尾形充弘 美浦 480(0) 30.8 9 2.14.9 ハナ
13 8 15 96.4 カフジプリンス 牡4 56.0 丸田恭介 矢作芳人 栗東 514(-10) 11.2 6 2.15.1 1 1/4
14 6 11 95.3 マイネルサージュ 牡5 56.0 松岡正海 鹿戸雄一 美浦 500(-2) 51.2 12 2.15.3 1 1/4
15 3 5 91.7 グランアルマダ 牡5 56.0 津村明秀 西園正都 栗東 526(0) 47.3 11 2.15.6
16 8 17 93.6 トルークマクト 牡7 56.0 大野拓弥 尾関知人 美浦 454(-10) 486.7 17 2.16.3
17 7 13 95.8 マイネルディーン 牡8 56.0 三浦皇成 鹿戸雄一 美浦 460(-6) 325.0 16 2.16.4 1/2
ラップタイム 12.8-11.7-13.2-12.9-12.5-12.5-12.1-11.3-11.2-11.6-12.0
前半 12.8-24.5-37.7-50.6-63.1
後半 58.2-46.1-34.8-23.6-12.0

■払戻金

単勝 6 780円 5番人気
複勝 6 280円 5番人気
8 170円 1番人気
9 210円 3番人気
枠連 3-4 1,370円 4番人気
馬連 6-8 1,700円 5番人気
ワイド 6-8 740円 7番人気
6-9 1,080円 14番人気
8-9 490円 1番人気
馬単 6-8 3,700円 14番人気
3連複 6-8-9 3,340円 6番人気
3連単 6-8-9 20,150円 45番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜産経賞オールカマー2017〜

オールカマーのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜産経賞オールカマー2017〜

2016年 産経賞オールカマー 2016年9月25日() 中山11R 芝2200m 良 12頭

産経賞オールカマー2016

1着 6 ゴールドアクター 2.0倍(1人気) 吉田隼人 2:11.9 100.7
2着 1 サトノノブレス 7.0倍(3人気) 福永祐一 クビ 100.7
3着 5 ツクバアズマオー 19.4倍(6人気) 吉田豊 99.6
単勝 6 200円(1人気) 3連複 1−5−6 2,710円(7人気)
馬連 1−6 840円(2人気) 3連単 6→1→5 8,070円(21人気)

2015年 産経賞オールカマー 2015年9月27日() 中山11R 芝2200m 良 15頭

産経賞オールカマー2015

1着 3 ショウナンパンドラ 7.6倍(3人気) 池添謙一 2:11.9 105.2
2着 4 ヌーヴォレコルト 2.8倍(1人気) 岩田康誠 1 1/2 104.1
3着 9 ミトラ 16.5倍(7人気) 柴山雄一 102.5
単勝 3 760円(3人気) 3連複 3−4−9 5,030円(10人気)
馬連 3−4 1,010円(2人気) 3連単 3→4→9 24,060円(51人気)

2014年 産経賞オールカマー 2014年9月28日() 新潟11R 芝2200m 良 18頭

産経賞オールカマー2014

1着 11 マイネルラクリマ 7.2倍(2人気) 戸崎圭太 2:12.2 100.8
2着 6 ラキシス 17.5倍(7人気) 川田将雅 1/2 100.2
3着 5 クリールカイザー 44.2倍(12人気) 吉田豊 アタマ 100.2
単勝 11 720円(2人気) 3連複 5−6−11 56,470円(156人気)
馬連 6−11 6,250円(22人気) 3連単 11→6→5 255,930円(686人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/09/22
産経賞オールカマー
中山 16 ヴェルデグリーン 38.0倍 9 田辺裕信 2:12.0 101.8
2012/09/23
産経賞オールカマー
中山 16 ナカヤマナイト 3.1倍 2 柴田善臣 2:15.5 100.4
2011/09/25
産経賞オールカマー
中山 9 アーネストリー 1.4倍 1 佐藤哲三 2:11.2 101.3
2010/09/26
産経賞オールカマー
中山 10 シンゲン 7.3倍 5 藤田伸二 2:11.4 102.4
2009/09/27
産経賞オールカマー
中山 15 マツリダゴッホ 4.6倍 3 横山典弘 2:11.4 106.6
2008/09/28
産経賞オールカマー
中山 14 マツリダゴッホ 1.4倍 1 蛯名正義 2:12.0 103.1
2007/09/23
産経賞オールカマー
中山 16 マツリダゴッホ 2.3倍 1 蛯名正義 2:12.5 103.8
会員登録はこちら

●産経賞オールカマー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜産経賞オールカマー2017〜

産経賞オールカマーは中山競馬場の芝2000m、4歳(現3歳)以上による混合のハンデキャップ重賞「産経賞オールカマー」として1955年に施行されたのが始まり。当初は中央競馬と地方競馬との交流が盛んになるまでは大井競馬場の帝王賞(中央競馬招待競走)とこのオールカマー程度しか交流はなく、お祭り的な要素も含んでいた。1986年から1994年までの間、地方競馬招待競走となったことから帝王賞、ブリーダーズゴールドカップ、オールカマーは地方交流三冠(交流三冠)と呼ばれていたが、3冠達成馬は現れなかった。地方馬ではジュサブロー(愛知競馬)・ジョージモナーク(大井競馬)の2頭がオールカマーを制している。施行条件の変更に関しては1984年にGIIIに格付けされ、芝2200mとなり、1995年にGIIへ昇格した。オグリキャップヒシアマゾンサクラローレル、近年ではマツリダゴッホなどがオールカマーをステップにGIを制しており、有力馬が秋初戦としてオールカマーに参戦するケースは多く見受けられる。

過去の優勝馬にはメイショウドトウエアスマップロサードエアエミネムトーセンダンディホオキパウェーブバランスオブゲームマツリダゴッホシンゲンアーネストリーナカヤマナイトヴェルデグリーンなどが名を連ねる。

産経賞オールカマーの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る