マイスタイル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
マイスタイル
マイスタイル
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年4月1日生
調教師昆貢(栗東)
馬主寺田 千代乃
生産者猪野毛牧場
生産地新ひだか町
戦績 8戦[2-1-1-4]
総賞金7,305万円
収得賞金2,000万円
英字表記My Style
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ファーストナイナー
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
レディダンジグ
兄弟 ピーターパンプキン
前走 2017/09/24 神戸新聞杯 G2
次走予定

マイスタイルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 146917.277** 牡3 56.0 横山典弘昆貢462(0)2.25.4 0.834.9レイデオロ
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1823188.8144** 牡3 57.0 横山典弘昆貢462(+10)2.27.2 0.334.1レイデオロ
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 181179.01416** 牡3 57.0 横山典弘昆貢452(+2)1.59.6 1.835.8⑥⑦⑧⑫アルアイン
17/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 1271026.482** 牡3 56.0 横山典弘昆貢450(-4)2.03.3 0.135.1カデナ
17/02/12 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 8883.421** 牡3 56.0 浜中俊昆貢454(-4)1.36.2 -0.135.1ダイメイフジ
17/01/08 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 1561011.855** 牡3 56.0 福永祐一昆貢458(0)1.38.0 0.437.8⑤⑤キョウヘイ
16/12/23 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 13226.341** 牡2 55.0 福永祐一昆貢458(-4)1.49.0 -0.335.0マスターコード
16/11/26 京都 5 2歳新馬 芝1600 167137.043** 牡2 55.0 福永祐一昆貢462(--)1.36.8 0.533.9ミリッサ

マイスタイルの関連ニュース

 ◆武騎手(ダンビュライト4着) 「1、2コーナーで力んでいたが、自分の競馬はできた。ただ、上位には完敗だったね」

 ◆秋山騎手(アドマイヤウイナー5着) 「3着とはそんなに差がなかったし、内枠ならもう1列前で競馬を運べたのですが…」

 ◆岩田騎手(ベストアプローチ6着) 「休み明けでもリラックスして走れていたし、じわじわと伸びたけど…」

 ◆横山典騎手(マイスタイル7着) 「この馬なりによく頑張っている」

 ◆藤岡佑騎手(メイショウテンシャ8着) 「しまいはよく伸びているけど、前半でついていけなかった」

 ◆福永騎手(カデナ9着) 「春よりもいい体になっていたし、その成果でいい位置で流れに乗れた。ただ、今は距離が長い印象を受けた」

 ◆池添騎手(アダムバローズ10着) 「自分のペースでいけた。使ってよくなってくれれば」

 ◆北村友騎手(エテレインミノル11着) 「外枠でカベを作ることができなかったが、上手に走っていました」

 ◆藤岡康騎手(ホウオウドリーム12着) 「折り合いをつけて、ラストも反応してくれています」

 ◆和田騎手(タガノシャルドネ13着) 「ゲートがうるさくてレースの流れについていけなかった」

 ◆藤懸騎手(タガノヤグラ14着) 「自己条件に戻って頑張りたい」



★24日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

【神戸新聞杯】ダービー馬レイデオロが貫禄のV 2017年9月24日() 15:42

 9月24日の阪神11Rで行われた第65回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗のダービー馬レイデオロ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が単勝2.2倍の支持に応えた。タイムは2分24秒6(良)。2着キセキ(2番人気)、3着サトノアーサー(3番人気)までの上位3頭が菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権を獲得したが、レイデオロジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)への参戦を予定している。



 レースはアダムバローズがハナへ。レイデオロは、ダンビュライトマイスタイルに次ぐ4番手につけた。サトノアーサーはその後ろでマークするように続き、ベストアプローチは7〜8番手、キセキは10番手を追走した。直線に入ると、一旦先頭に立ったダンビュライトを、レイデオロがその外から満を持してかわして脚を伸ばし、追撃してきたキセキに2馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。サトノアーサーはさらに3/4馬身差の3着で、4着はダンビュライト(4番人気)。



 レイデオロは、父キングカメハメハ、母ラドラーダ、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は6戦5勝。重賞は2016年ホープフルS・GII、17年日本ダービー・GIに次いで3勝目。神戸新聞杯藤沢和雄調教師が02年シンボリクリスエス、03年ゼンノロブロイに次いで3勝目。クリストフ・ルメール騎手は15年リアファル、16年サトノダイヤモンドに次いで3勝目。



 ◆クリストフ・ルメール騎手「スタートが速かったから、ビックリしましたね。馬が大人になって、レースのときもリラックスしていました。スタミナがあり、直線でも息が入ってよく伸びましたし、けっこう楽に勝てました。(次走に予定しているジャパンCは)自信がありますね。秋のメインターゲットで、馬はもっと良くなります」



★24日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【神戸新聞杯】厩舎の話2017年9月22日(金) 05:06

 ◆アダムバローズ・角田師 「半年休んだが息はできている」

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「道中の折り合い次第だね」

 ◆エテレインミノル・北村友騎手 「前回よりも動きは良かった」

 ◆カデナ・中竹師 「数字的にも満足で、言うことない動きだね」

 ◆タガノシャルドネ・福元厩務員 「前走と状態は変わらない」

 ◆タガノヤグラ・千田師 「動きはしっかりしている」

 ◆ベストアプローチ・藤原英師 「馬はすごく成長。どれだけ差を詰められるか」

 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「どこまでやれるか」

 ◆マイスタイル・昆師 「春よりだいぶしっかりしてきた」

 ◆メイショウテンシャ・池添兼師 「直線まで脚をためられれば」



神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】東西調教ウオッチャー2017年9月22日(金) 05:05

 今週は産経賞オールカマー神戸新聞杯が対象レース。美浦からは社杯的中に力が入る東京サンスポの片岡記者、栗東からも大阪サンスポの斉藤、川端記者が参戦し、注目馬を挙げた。

 片岡 まずは社杯の産経賞オールカマーからいくで。美浦からは久々でもタンタアレグリア。Wコース3頭併せの大外から楽に体を並べてきて、しっかりと乗り込んできたぶん、動きに重苦しさはなかった。これなら力は出せそうや。マイネルミラノはWコースで単走。年齢的な衰えや疲れはなさそうに見える。1コーナーまで、どれだけ楽に、気分良く走れるかが鍵になるやろな。美浦は動きのええ馬が多くて目移りするわ。

 川端 栗東はカフジプリンスをプッシュします。坂路での併せ馬で行きっぷりが良く、しまいまで余力十分でした。前走からさらに状態が上がっていて、今回も格上挑戦ながら一発がありそうです。

 斉藤 神戸新聞杯は、マイスタイルの反応の良さが光りました。横山典騎手を背にCWコースで併せて、ラスト1ハロン11秒7の鋭い伸び。夏を越して力強さが増してきた印象です。同じくCWで併せ馬を行ったベストアプローチも、素軽さ十分。乗り込み豊富で、久々でもきっちり仕上がっています。

 川端 アドマイヤウイナーも好気配。CWでの併せ馬はしまい重点で、力強さがありました。こちらはひと叩きした強みを生かせれば、上位に食い込めそうです。





産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】厩舎の話2017年9月21日(木) 11:36

 アダムバローズ・角田調教師「やれば動くし、これで十分。時計がかかる良馬場がいい」

 エテレインミノル・北村友騎手「動きは良かった。ただ相手が強いので、どこまでやれるか」

 ベストアプローチ・藤原英調教師「馬体、精神面とも成長。ダービー馬にどこまで迫れるか」

 ホウオウドリーム・矢作調教師「いい動き。まだ子供だが、どれだけやれるか見てみたい」

 マイスタイル・昆調教師「馬体に芯が入ってきた。成長力のあるハーツ産駒だけに秋は楽しみ」

(夕刊フジ)

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】マイスタイル抜群!3馬身半先着 2017年9月21日(木) 05:03

 菊花賞トライアル神戸新聞杯の追い切りが20日、栗東トレセンで行われた。ダービー4着のマイスタイルは、CWコースの併せ馬で鋭く伸びて先着。ひと夏の成長を高らかにアピール。ベストアプローチホウオウドリームも合格点の走りだった。

 ダービー4着のマイスタイルが、ひと回り大きくなって秋の始動戦を迎える。迫力満点の最終追い切りを見届けた昆調教師が納得の表情だ。

 「上がり重点で、ジョッキーに春との違いを確かめてもらった。この時期だし、まだ究極まで仕上げるわけにはいかないけど、春より芯が入ってだいぶしっかりしてきた」

 CWコースでヒルノデンハーグ(1000万下)との併せ馬。3馬身ほど追走する形でスタートし、序盤はやや行きたがるそぶりを見せたが、横山典騎手がなだめてうまく脚をためる。4コーナーでは内に進路を取り、ゴール前で強めに追われると、ラスト1ハロン11秒7(6ハロン83秒7)の瞬発力を発揮して、貫禄の3馬身半先着だ。

 久々にまたがったジョッキーは「他の馬にも言えることだけど、夏を越して全体的にパワーアップしている」と好感触を伝えた。

 春は弥生賞2着で賞金を加算し、2冠に参戦。皐月賞は馬群でもまれ込み16着大敗を喫したが、ダービーでは14番人気の低評価を覆して4着。前半の1000メートルを63秒2のスローペースに持ち込むと、ゴール寸前までしぶとく粘って存在感を示した。

 「いろいろ有利に働いたのはあるけど、力がないと残れない。(3着の)アドミラブルとあそこまでやれるなんて思っていなかっただろう。それが競馬の妙」

 横山典騎手は独特の言い回しで大一番を回顧した。前週は、日曜のローズSカワキタエンカで逃げて2着、月曜のセントライト記念はミッキースワローに騎乗して皐月賞アルアインを差し切った。リズムは絶好で、今週も手綱さばきに注目が集まる。

 昆調教師は「ハーツクライ産駒で成長力もある。春より秋、秋より来年と思っていた馬だし楽しみ」と、伸びしろの大きさに期待を寄せた。

 自分のリズムで運ぶには、ゆったり流れる阪神外回り2400メートルの舞台も申し分ない。ここも自分のスタイルを貫いて、答えを出す。 (斉藤弘樹)

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイスタイルの関連コラム

関連コラムはありません。

マイスタイルの口コミ


口コミ一覧

【G供杰生与景糠佞陵汁

 ちびざる 2017年9月24日() 15:24

閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:┘譽ぅ妊ロ
〇:カデナ
▲:ぅ戰好肇▲廛蹇璽
△:マイスタイル
×:ゥセキ
×:▲汽肇離◆璽機

【買い目】
三連複フォーメーション
│き→きキ


個人的には、┘譽ぅ妊ロに注目しています。
ダービー馬がここから始動。
ジャパンカップに出るなら、負けられないでしょう。

もう1頭、キセキにも注目しています。
ダービー馬を負かすならこの馬か・・・。

 今崎ホセ 2017年9月24日() 09:45
神戸新聞杯_短評
閲覧 154ビュー コメント 5 ナイス 13

パッと思いつくままに文章にしただけなので、
言い回しが非常にお下品ですが、悪しからずご了承くださいませ…。


■サトノアーサー

前走は道中はそれなりの位置をキープしたものの、
ペースアップの段階で内目にいて進出が出来ず遅れをとり、
直線も外を回してという結果でそう悪いものではなさそう。

阪神は2.1.0.0と相性抜群。
毎日杯もアルアインと同等以上の競馬をしていたと思うので、
コース替わりは歓迎。前走以上が望めそう。

懸念があるとすれば距離か。
血統的にも1800Mくらいがベストな感じもするし、
前走もほとんど同位置だったカデナよりは多少パフォーマンスで劣った。
能力的には申し分ないものの、不安も少なからずあり…。難しい判断になりそう。


■ダンビュライト

本当に立ち回りの上手い馬。
そこまで強いわけではなさそうなものの、
同世代の強いところが不器用な馬が多く、
その分でクラシックでも善戦しているイメージ。

今走も好枠を引き入れ、展開もそう速くはならなそうなので
まず崩れない競馬は出来そうなものの、
頭までという話になればかなり上手く乗らないといけないかも。

積極的に買いたいかと言われれば疑問も、
血統的に長めのところは合っているとは思うので、
菊花賞に繋がるような競馬を期待して。


■キセキ

前走がもう衝撃的な強さ。
あれだけ走れるのならばここでも上位人気は当然だろう。

ただ、新潟は適正顕著に出やすく
たまに恐ろしく強いパフォーマンスをした後にさっぱり…
みたいな馬も多くみているので正直まだ信用は出来ない。
阪神も0.0.2.0と相性が良いとは言えず、
母系のイメージからは距離延長がそんなにいいとも思えず。

正直、このレースが試金石になるといった印象。
ここも圧勝するようなら本物だとは思うが、
現時点では不安要素もチラホラだし妙味が圧倒的に少ない。
勝たれたらスターホースの誕生を喜ぶとして、
馬券においては評価を落としたいところ。


■レイデオロ

前走に関しては鞍上の好判断が光った面が非常に強く、
世代No1がゆるぎないものであるかと言えば正直疑問も。

ただ、皐月賞に関しても非常に強い競馬をしていたので
まだ底らしい底を見せていない印象。

休み明けを仕上げて来れるか微妙な厩舎なので何ともだが、
あっさり勝たれても何ら不思議はない。
人気なので妙味は薄いものの、
どうしてもこのレースの馬券を当てなきゃいけない人は買っておくべきかも。


■マイスタイル

(弥生賞で本命を打っておきながら)この馬の事をあんまり強いと思ったことはなく、
スローをただただ逃げ粘っているだけという印象。

今走もどうせ誰も競りかけずに行けると思うので、
またそこそこ粘れてしまいそうなのが非常に嫌な気分。
やはりこの世代の有力馬がこんな感じなので、
相対的に浮上出来ているというイメージ。

強いと思わない馬の馬券を買うのは本当に嫌なものの、
池添が絡んでこない限りは本当に楽だと思うので、
馬券はきっと買ってしまうはず。

こういう買い方をするときは大体展開読みがずれたり、
出遅れて逃げられなかったりして心が痛むのはわかっているものの…買う。


■カデナ

2走前に早めに動いたのを鞍上が敗因と判断したのか、
超スローの前走で終始後方から大外を回す競馬。
あんな騎乗をしていては彼は一生ダービーを勝てないなと思ってしまった。

そんなのもあって全体的には鞍上との息が合っていない印象。
今走も乗り替わりなしなので下手に乗られる可能性はあるものの、
動いていきやすい外目の枠に入ったのは好印象。
おそらくスローにはなるはずなので、
道中どれだけ無理に脚を使わず押し上げられるかが勝負。
能力自体は他の馬と比べても遜色はないと思う。

[もっと見る]

 4papa 2017年9月24日() 09:15
おはようございます
閲覧 87ビュー コメント 2 ナイス 20

今日もお出かけです。

11時には出発なので、ヨソコロ入力が大変です。

昨日の晩は誕生会があり、全くウマニティーができませんでした。

今日もほとんど関われそうもありませんが、できる限り、コメントやナイスや訪問をしていこうと思ってます。

せっかくなので、今日のメインレース予想!

オールカマーは、タンタアレグリア・モンドインテロ・カフジプリンス・マイネルサージュ中心。

神戸新聞杯は、キセキ・マイスタイル・レイデオロ中心で行きます。

楽しい日曜日を過ごしましょう!!!

ではでは・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイスタイルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マイスタイルの写真

マイスタイル
マイスタイル

マイスタイルの厩舎情報 VIP

2017年9月24日神戸新聞杯 G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイスタイルの取材メモ VIP

2017年5月28日 東京優駿 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。