クルーガー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クルーガー
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2012年4月26日生
調教師高野友和(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[5-3-3-4]
総賞金15,333万円
収得賞金3,475万円
英字表記Kluger
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
アディクティド
血統 ][ 産駒 ]
Diktat
Astica
兄弟 アウストルアリストライン
前走 2018/01/06 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

クルーガーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/06 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 138135.732** 牡6 57.5 浜中俊高野友和538(0)1.34.4 0.134.5⑦⑦ブラックムーン
17/11/19 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1851016.787** 牡5 57.0 A.シュタ高野友和538(+8)1.34.1 0.334.4⑫⑬ペルシアンナイト
17/10/21 東京 11 富士S G3 芝1600 1571335.7113** 牡5 57.0 内田博幸高野友和530(+2)1.35.2 0.434.6⑭⑬エアスピネル
17/04/23 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 117923.2810** 牡5 57.0 松山弘平高野友和528(+14)1.33.1 0.933.9④④イスラボニータ
16/04/24 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 15229.131** 牡4 56.0 松山弘平高野友和514(-6)1.32.6 -0.034.0⑪⑫ダノンシャーク
16/03/12 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 188185.726** 牡4 55.0 福永祐一高野友和520(+2)2.01.6 0.334.0⑪⑬⑫⑬サトノノブレス
16/01/17 中山 9 初富士S 1600万下 芝1800 148143.621** 牡4 56.0 F.ベリー高野友和518(+2)1.47.8 -0.034.1⑨⑦⑧⑧キャンベルジュニア
15/12/19 阪神 8 3歳以上1000万下 芝1800 11111.711** 牡3 56.0 池添謙一高野友和516(-2)1.46.8 -0.334.8④⑤フェイマスエンド
15/11/22 京都 9 嵯峨野特別 1000万下 芝2000 9883.123** 牡3 55.0 池添謙一高野友和518(-10)1.59.6 0.135.0グッドスピリッツ
15/08/22 札幌 11 札幌日刊S杯 1000万下 芝2600 147123.114** 牡3 54.0 池添謙一高野友和528(0)2.41.0 0.836.6⑧⑧⑤トゥインクル
15/08/02 札幌 9 北辰特別 500万下 芝2000 9111.811** 牡3 54.0 池添謙一高野友和528(+36)2.00.7 -0.235.4⑤⑤⑤④ローハイド
15/01/18 中山 11 京成杯 G3 芝2000 17359.463** 牡3 56.0 内田博幸高野友和492(-6)2.02.3 0.035.1⑦⑥⑨⑩ベルーフ
14/12/27 阪神 9 エリカ賞 500万下 芝2000 124418.162** 牡2 55.0 W.ビュイ高野友和498(-4)2.02.5 0.135.3ベルーフ
14/11/22 京都 2 2歳未勝利 ダ1800 14572.111** 牡2 55.0 P.ブドー高野友和502(0)1.54.8 -0.238.1④④④⑥アポロケンタッキー
14/11/01 京都 4 2歳新馬 ダ1800 11442.212** 牡2 55.0 P.ブドー高野友和502(--)1.56.9 0.039.1⑥⑤④④アドマイヤスター

クルーガーの関連ニュース

 第56回京都金杯(6日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)武豊騎乗で4番人気のブラックムーンが直線外から鮮やかに差し切って重賞初勝利。武豊騎手はデビュー年から32年連続のJRA重賞勝ちを果たした。タイム1分34秒3(良)。3/4馬身差の2着が3番人気のクルーガーで、1番人気レッドアンシェルは3着に終わった。

 今年も『豊&ブラック』だ。ブラックムーンが豪快に差し切って重賞初V。昨年のエアスピネルに続く連覇で武豊騎手の笑みがはじけた。

 「いい馬に乗せてもらって(連覇の)チャンスと思っていました。今年も“ブラックの年”にしたいですね」

 思わずキタサンブラックの“代役”に指名するほどの鮮やかなV。最後方から大外を回って進出し、残り200メートル付近で突き抜けた。初騎乗の武豊騎手は、デビュー年から前人未到の32年連続JRA重賞勝利。今年の中央競馬の開催初日で、いきなりの記録更新だ。

 次走は未定だが、春の大目標は安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)。西浦調教師は「弱い面などがあったけど、少しずつ力をつけてきた」と目を細めた。

 名馬キタサンが去った後は、ムーンとともに。“豊&ブラック”が、今年もスポットライトの中央をばく進する。 (斉藤弘樹)



★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら



ブラックムーン 父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラス。鹿毛の牡6歳。栗東・西浦勝一厩舎所属。北海道日高町・タバタファームの生産馬。馬主はHim Rock Racing。戦績24戦8勝。獲得賞金1億9576万8000円。重賞初勝利。京都金杯は西浦勝一調教師が2004年マイソールサウンドに次いで2勝目、武豊騎手は02年ダイタクリーヴァ、05年ハットトリック、17年エアスピネルに次いで4勝目。馬名は「黒い月」。

【スポ京都金杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月7日() 05:02

 ◆浜中騎手(クルーガー2着) 「4角で動けない場面があったんですが、よく頑張って伸びた」

 ◆幸騎手(レッドアンシェル3着) 「勝った馬の勢いが違ったし、まだこれからの馬です」

 ◆北村友騎手(ダノンメジャー4着) 「精神面も成長して、今後違った競馬もできると感じました」

 ◆大野騎手(ストーミーシー5着) 「ラストで確実な脚を使える馬。展開がはまれば十分にやれます」

 ◆池添騎手(カラクレナイ6着) 「もう少し短い距離ならいい脚が使えそう」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ7着) 「脚をためられなかった。前も止まらず…」

 ◆藤岡康騎手(ラビットラン8着) 「もっとはじけると思ったんですが…」



★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】西の開幕は今年も武豊〜ブラックムーンが重賞初V 2018年1月6日() 15:53

 1月6日の京都11Rで行われた第56回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の4番人気ブラックムーン(牡6歳、栗東・西浦勝一厩舎)が最後方追走から、直線は大外を伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒3(良)。

 3/4馬身差の2着には中団追走から伸びたクルーガー(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着に同じく中団から脚を伸ばしたレッドアンシェル(1番人気)。

 京都金杯を勝ったブラックムーンは、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統。北海道日高町・タバタファームの生産馬で、馬主はHim Rock Racing。通算成績は24戦8勝。重賞初制覇。京都金杯は、西浦勝一調教師は2004年マイソールサウンドに次いで2勝目、武豊騎手は2002年ダイタクリーヴァ、2005年ハットトリック、2017年エアスピネルに次いで4勝目。

 ◆武豊騎手(1着 ブラックムーン)「いい馬に乗せてもらって、チャンスはあると思っていました。末脚のいい馬と感じていたので、それを最大限に生かす競馬をしようと思っていました。うまくいきましたね。非常に乗りやすい馬で、ゴーサインを出したらとてもいい脚を使ってくれました。切れますね、この馬。強かったです」



★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】入線速報(京都競馬場)2018年1月6日() 15:48

京都11R・スポーツニッポン賞京都金杯(1回京都1日目 京都競馬場 芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手9番ブラックムーン(単勝6.4倍/4番人気)、2番手13番クルーガー(単勝5.7倍/3番人気)、3番手7番レッドアンシェル(単勝3.0倍/1番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連9-13(20.0倍) 馬単9-13(36.1倍) 3連複7-9-13(17.2倍) 3連単9-13-7(114.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018010608010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【スポ京都金杯】レッドアンシェルが1番人気/13:00時点 2018年1月6日() 13:05

 6日、京都で関西圏の新年最初の重賞・GIII京都金杯(芝1600メートル)が行われる。重賞ウイナー6頭を含め、マイル路線での飛躍を目指す好メンバーがそろった。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ

1− 1 マサハヤドリーム  37.5

2− 2 ラビットラン     5.3

3− 3 マイネルアウラート 29.3

4− 4 アメリカズカップ  22.8

4− 5 カラクレナイ    32.1

5− 6 ダノンメジャー   17.4

5− 7 レッドアンシェル   3.3

6− 8 ストーミーシー   20.7

6− 9 ブラックムーン    5.8

7−10 スズカデヴィアス  49.7

7−11 キョウヘイ     14.6

8−12 ウインガニオン   10.7

8−13 クルーガー      5.7



★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】馬体成長!キョウヘイ末脚炸裂だ 2018年1月5日(金) 11:44

 キョウヘイは1年前のシンザン記念で強烈な末脚を繰り出し、重賞初Vを飾った。当時は8番人気の単なる伏兵だったが、前3走すべて0秒4差以内で(3)(5)(4)着の内容からすれば、今はOPの安定勢力といっていい。

 「前走後の回復も早かったし、年末年始の調整も順調だ。使いながら体が増えているのはいい傾向。カイ食いが増えて実になってきたようだ」と、宮本調教師は目を細める。シンザン記念時の428キロに対して、前走は444キロ。そんな肉体面の成長がレースぶりにも現れてきている。

 「道中で脚をためて、直線で内を突く形が理想。頭数もそう多くないので、さばきやすいかな。チャンスはある」。1年前同様に、ゴール前の大逆転劇が堪能できそうだ。

 “究極の3連単”はキョウヘイを1着に固定。同コースのマイラーズC勝ちが光るクルーガーを2、3着に置いた12点で勝負する。(夕刊フジ)

★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クルーガーの関連コラム

閲覧 455ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3〜4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月23日(木) 11:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/18〜11/19)114万マークのサウスプロを筆頭に、好調16名が土日プラス!
閲覧 581ビュー コメント 0 ナイス 12

先週は、19(日)に京都競馬場でG1マイルCSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1マイルCSは、稍重でレースの時を迎えます。混戦模様の中、1番人気は単勝3.9倍でイスラボニータエアスピネルレッドファルクスペルシアンナイトサトノアラジンと、ここまでが単勝ひと桁台で続き、全18頭が横一線のスタート。二の脚をきかせてマルターズアポジーが先頭に立つと、ヤングマンパワーダノンメジャームーンクレストアメリカズカップレーヌミノルウインガニオンジョーストリクトリと続いて、その後ろに2番人気エアスピネルの追走。サングレーザー、1番人気のイスラボニータレッドファルクスも差なく続き、後方にクルーガーガリバルディペルシアンナイトグランシルクサトノアラジン、最後方にポツンとブラックムーンの態勢で前半4Fを46.7秒(推定)で通過していきます。
3コーナーにかけて、逃げるマルターズアポジーに、早々ダノンメジャームーンクレストらが並び掛けていくと、連れて後方各馬も徐々に追い出しを開始。エアスピネルは中団馬群から早めのスパート、レッドファルクスは直後のイン、イスラボニータは後方外を回る形で4コーナーを出て直線勝負へ。苦しくなった先頭のマルターズアポジーに代わって、3分どころを通ってエアスピネルが早め先頭。レーヌミノルも内に併せて食い下がり、後方からはサングレーザーペルシアンナイトの伸び。イスラボニータはさらにその後ろから外を通っての追撃を見せます。
G1初戴冠に向けて着実に歩を進めるエアスピネルに、急追を見せて迫ったのはピンク帽の黒鹿毛の馬体でした。“またまた”の鞍上M・デムーロのゴール前の躍動のシーンとともに、ゴール数m手前の絶妙なところでエアスピネルを交わし去った4番人気ペルシアンナイトがハナ差制してV!3歳馬として、このレース17年ぶりとなる偉業を達成しています。2着エアスピネルから1/2馬身差の3着には7番人気サングレーザーが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロおかべプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
18(土)を京都11Rでの▲◎○(馬券は馬連のみ)で仕留めると、翌19(日)福島2Rで馬連285倍を4,000円分的中!114万円払戻しのホームランとなりました。他にも、福島11Rでの◎○▲パーフェクト予想での17万4,480円払戻しのスマッシュヒットなどを記録した先週は、週末トータル回収率241%、収支98万9,790プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
18(土)東京1Rで馬連◎○1点的中を披露するなどの活躍を披露!週末2日間トータルでは、回収率131%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
12(日)G1マイルCSを◎ペルシアンナイト−▲エアスピネルで的中!他にも、11(土)福島11Rの◎メイショウキトラなど随所に好調予想を披露した先週は、週末トータル回収率128%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
18(土)福島7Rで馬連1点的中含む計33万3,700円のビッグヒットを記録。12(日)は東京5Rの◎○的中、東京10Rの○◎的中などのスマッシュヒットを披露!連日のプラスを記録した先週は、週末トータル回収率125%、収支18万6,400円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)は福島1Rでの◎○的中、福島9Rでの◎ロジベスト東京8Rでの◎シンキングダンサー的中などの活躍ぶり。19(日)も福島8Rショウナンカイドウなどで的中をマークした先週は、土日トータル回収率122%、収支16万140円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
18(土)に京都7Rで3連単的中計10万5,800円払戻し、福島10Rでは同40万8,550円払戻しのビッグヒット!19(日)も福島4R京都5Rで10万超をマークした先週は、トータル回収率115%、収支11万2,430円を記録しています。
 
 
 
この他にも、馬券生活プロ(137%)、KOMプロ(119%)、西野圭吾プロ(119%)、馬っしぐらプロ(113%)、岡村信将プロ(110%)、☆まんでがんプロ(109%)、エース1号プロ(106%)、マカロニスタンダーズプロ(105%)、シムーンプロ(103%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(102%)、kmプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週はジャパンカップ!好調競馬予想の達人が集結のプロ予想MAXにご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月14日(火) 18:00 覆面ドクター・英
マイルチャンピオンシップ・2017
閲覧 3,881ビュー コメント 0 ナイス 13



先週は、ヴィブロスは掛かって終了、WIN5でも2つめでシンガリ人気勝ちで拾えず終了。「G1は考え過ぎずミルコ買っとけばいいんだよ」とシンプル馬券な人に言われてしまいましたが、めげずにあれこれ考えて、今週こそ大きいのを当てたいものです。
マイルCSといえば、競馬をはじめた頃のダイタクヘリオスが印象に残っていますが、2年連続でマイルCSを制した事よりも、秋の天皇賞や有馬記念でお互い恐らく嫌いだった(笑)メジロパーマーと毎度ガリガリ競り合うのが面白かったです。今考えると、マイラーでスピードがありすぎるダイタクと、スタミナ自慢逃げ馬のメジロがやりあうのは仕方なかったのかもしれません。また昔はスプリンターズSは、有馬記念の前週だったのですが、なんと引退レースでダイタクヘリオスは連闘で有馬記念を秋5戦目で使ってきたというのも、(今だったら批判されちゃうんでしょうが、)あまり競馬を分かっていなかったのもあり、大好きな馬が出てきてくれてうれしかったものです。

それでは恒例の独断と偏見による全頭診断を。

エアスピネル:前走が鮮やかだっただけに人気になりそうだが、期待されるとイラっとさせられるタイプの馬で、ここも頭で買っていいかというと微妙。追い比べに弱いので、うまくスコーンと早めに先頭に立てるかでは(ソラを使うのでギリギリまで抜け出しを我慢、というのは違うと思う)。

イスラボニータ:勝ち運は無いが力は落ちていない感じで、流れひとつで勝っておかしくない。でもこういう惜敗多い馬は、やっぱり惜敗することが多く6歳で勝つかというと難しいのでは。フジキセキ系種牡馬としてG1を勝って、いい繁殖牝馬集めて欲しいが......。

レッドファルクス:スプリンターズSも人気通り勝ってしまったし、安田記念も前が開かずカニのように横に外に外に運んで大勢決してから差し込んできて3着。京都のマイルの方が同じマイルでも質の軽いスタミナ問われないレースになるので、1400mくらいがベストではないかと思われるこの馬には、京都のマイルはむしろいいのでは。デムーロ弟も、今なら兄より良いくらい。

サトノアラジン:道悪苦手にしても前走あまりにも情けないビリでガッツが足りない。流れ途絶えた感があり、京都独特のイン差し決まる中で外を回すしかないこの馬は、また外枠引けるかも分からず、得意のマイルに戻ってもあまり買いたくない。

ペルシアンナイト:菊花賞ではなくマイル路線を選んで富士Sからここに駒を進めてきたが、富士Sで1番人気を裏切ったし馬体も減っていたように春からの成長いまひとつな感じだし、マイルより2000m前後の中距離の方が良いのでは。母がゴールドアリュールの全妹だけに、スケール感はあるのだが。

サングレーザー:昨年末のホープフルSでレイデオロの5着に敗れた後は、マイル前後を使われるようになり、5月から破竹の4連勝でG2スワンS勝ちとまさに上がり馬の代表。私自身、創設時にパンフレットを取り寄せたG1レーシングも、そろそろその名の通りG1を勝つ頃では。本命候補だが、福永騎手が最近弱気だけに鞍上どうなるのかがポイントか。

マルターズアポジー:距離より、気分良く行けるかというのが大事な逃げ馬で、地味過ぎる武士沢騎手込みで個人的にも好きな馬。同型ウインガニオンとの兼ね合いや、エリザベス女王杯がスローでの前残りだったため、早めに来られて厳しくなるのでは。

ウインガニオン:充実期間だった夏は、中京記念での激走や関屋記念でも2着とかなり前行ってしぶとさを見せたが、こういうタイプは一旦休むとイマイチなことが多い。

グランシルク:京成杯AHでは見違える強さ見せた半面、富士Sではがっかりな弱さを見せた。気まぐれだが通用するものはあり、田辺騎手は戸崎騎手より合っていそうではある。でも今回京都のマイルでの激走はあまり期待できない。

レーヌミノル:桜花賞馬でようやく自分の得意距離で54kgで出られるのは良いが、古馬の一線級と比べるとまだちょっと落ちる気がして買わない予定。

クルーガー:昨年のマイラーズC勝ち馬で、今年まだ2戦(昨年も3戦)となかなか使えない馬だが富士Sでは上り最速で3着まで押し上げてきていた。まだ衰えてないことを示しており、激走十分あるノーザンF軍団の馬で、鞍上どうなるかも楽しみ。

ヤングマンパワー:父がデインヒル系のスニッツェルだけに追って伸びないが前でしぶといタイプで松岡騎手には合っていたと思うが、最近騎乗の石橋脩騎手とは合っていない感じ。強い相手で好走したりもあるのだが、あまりここで買いたくはない。G3くらいがぴったりか。

ネオリアリズム:天皇賞・秋は13着と惨敗したが、極端な道悪競馬でノーカウント、調教の動きよく、ほどよく時計かかりそうな今の馬場は向きそうだしやれていい。鞍上未定だがどうせ厩舎的にいい外人騎手用意してくるのだろう。香港直行の可能性もあるようだが。

ガリバルディ:秋初戦の京成杯AHでは11番人気2着と激走したが、富士Sで特に見せ場の無い7着で、6歳だけに特に激走は期待できないのでは。

アメリカズカップマンハッタンカフェ産駒らしく、少頭数や淡々とした流れが向くようで前走オープン勝ちしたが、出入りの激しいこのレース適性は低そう。

ブラックムーン:MAXの力を出し切れば、ここでもやれていいだけの力ある穴馬だが、最近の追い込み脚質が今の馬場に向かない。

ダノンメジャー:デビュー直後は大物とかなり期待されたが、さっぱりな時期を経て、逃げるようになってからは力を発揮できるようになり、気性の問題が大きかったと思われる。ただ成績を見て分かるが、オープン特別ではやれても重賞では馬券に絡めていないように強い相手を負かすタイプではないのでは。

グァンチャーレスクリーンヒーロー産駒の地味なオープン軍団だが重賞実績無く、今の馬場は良さそうだがちょっとまだ足りなそう。ローカルの1800あたりが出番では。

ムーンクレスト:じわじわ力をつけてきて、前々走で初めてオープン勝ち(オープン特別だが)。アドマイヤムーン×シングスピールで底力ありそうだが、一線級とはまだ差があるか。

ジョーストリクトリ:12番人気で勝ったニュージーランドT以降は凡走が続いており、期待薄。

ディサイファ:昨年のこのレースで大不利受けて以降、メンタル面で参ってしまったのと、老化もありちょっと厳しい。

メラグラーナ:ここ4戦は人気で凡走が続いていて、本質的には1400くらいが良いのではないかと思われるが、しばらく1200使ってのマイルでG1はちょっと厳しいのでは。

<まとめ>
本命候補:サングレーザーレッドファルクス
ヒモ候補:エアスピネルイスラボニータクルーガー

[もっと見る]

2017年10月25日(水) 12:45 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/21,22の結果(菊花賞,富士S)
閲覧 425ビュー コメント 0 ナイス 1

10月22日(日)に行われました京都11Rの「菊花賞 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】キセキ(4.5倍)
2着:総合ポイント【11位】クリンチャー(30.9倍)
3着:総合ポイント【8位】ポポカテペトル(44.2倍)

第2グループ・総合ポイント3位のキセキが1着、第4グループ・総合ポイント11位のクリンチャーが2着、第4グループ・総合ポイント8位のポポカテペトルが3着という結果でした。

大波乱を期待しての作戦だったので素直に完敗です。クリンチャーが先頭の時は心が躍っていましたが(笑)。キセキは悪条件の中、素晴らしい走りでした(^^)/


【馬連ボックス】
2,3,4,5,6,10,11,15


計28点 払い戻し0円


続いて、10月21日(土)に行われました東京11Rの「富士ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎エアスピネル(3.9倍)
2着:総合ポイント【3位】△イスラボニータ(5.0倍)
3着:総合ポイント【5位】△クルーガー(35.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のエアスピネルが1着、第2グループ・総合ポイント3位のイスラボニータが2着、第3グループ・総合ポイント5位のクルーガーが3着という結果でした。


こちらは△クルーガーの頑張りに尽きます。ゴール前、本当に良く伸びてくれました(^^)/ しかし◎エアスピネルは重巧者ですね、今後も悪天候の時は評価を上げたいと思います。


【馬連】
6

7,10,11,13,15

【ワイド】
6

7,10,13

【3連複流し】
6

7,10,11,13,15


計18点 払い戻し16,150円

[もっと見る]

2017年10月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第304回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜 富士ステークスG3
閲覧 1,006ビュー コメント 0 ナイス 11



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「富士ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エアスピネル1頭のみ。
第2グループ(黄)は、グランシルクイスラボニータの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ガリバルディクルーガーの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

私の本命は◎エアスピネルとしたいと思います。以前から言われていたことですが、気性的にも完全にマイルがベスト、前走の敗戦を経て陣営も確実にマイル仕様に仕上げてきています。東京の2戦はともに力を出していませんし、得意の重馬場で馬券内は相当堅いと見ています。馬場的には内が壊滅的でスタミナとタフさが要求される状態ですので○グランシルク、▲クラリティシチー、△マイネルアウラートイスラボニータクルーガーと印を打ちます。

【馬連】
6

7,10,11,13,15

【ワイド】
6

7,10,13

【3連複流し】
6

7,10,11,13,15

計18点

[もっと見る]

2016年8月30日(火) 11:50 みんなの競馬コラム
【新潟2歳ステークス他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 873ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬を見て、考えたことをまとめます。

新潟2歳ステークスは、ローエングリン産駒のヴゼットジョリーが優勝。自信があったレースで個人的に馬券も獲らせていただきました。レース考察コラムの【まとめ】には以下のように書いていました。

・人気どころで推したいのは、キャスパリーグヴゼットジョリー
・人気ほど信頼が置けないのは、モーヴサファイアサンライズソア

勝ったヴゼットジョリーは、新馬から「ただものではない」と注目していた馬。このコラムでも取り上げたほどでした。

===(以下、展望コラムより引用)============================

中京新馬(芝1400m)を制したヴゼットジョリーは、スウェプトとの間でベルルミエールを産んだ名繁殖フレンチビキニの仔で、Halo≒Red God4×3・6、そして母系に入るBlushing Groomの影響か、なかなかしなやかな走りをしますし、ただ者でない気もします。母母フェンジーは非常にハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富ですから、アースライズ(激流だったオークス4着、秋華賞5着)のように、厳しいペースになればいつでも好走するようなタイプになりそうです。
=============================================


●持続力が武器
さらにポイントとなるのは、ローエングリンもフレンチビキニも仏血を多く含んでいるということではないかと思うのです。ローエングリンの母カーリングと、ヴゼットジョリーの母母フェンジーによって、薄くですがSicambre、Wild Risk、Djebelの仏血のクロスが出来ます(Court Martialも共通)。これによって、牝馬に良く見られる、仏オークスやヴェルメイユ賞を制したカーリングの「仏血独特の斬れ」を引き出すことにも成功しているのではないでしょうか。薄い相似配合ともいえるかもしれません。父の持つ仏血をクロスしている馬といえば、最近だとジュエラーが代表的です。こんなことを書いてからパドック映像を見ると、あの独特の柔らかさはジュエラーに似ているなぁと思ってしまいますね。
レースに関していえば、馬群からスッと抜け出すHaloらしさも一応はみせているし、「スピードの持続力」というコメントが福永騎手から出たのはフレンチビキニの仔らしいです。持続力が武器の中距離馬だと思っていますので、「アースライズ的激流オークス4着」イメージでいきます。

オーバースペックは、福島での加速が、一般的に「大箱向き」と言われている馬のそれには見えなかったので、まず新潟2歳なら好勝負。本来向かう予定であった札幌2歳でも好勝負だろうと思いますが。京成杯あたりでクルーガーソールインパクト的な好走はないですかね〜。
イブキは、ルーラーシップ産駒らしいストライドで走る馬だからマイルと内枠が嫌でしたが、変態田辺騎手の先行だけが怖いなと思っていたらそういう競馬。これは百日草特別馬筆頭でしょう。
逆にアピールバイオはキンカメにRobertoのラブリーデイ的ピッチ走法なのできんもくせい特別or葉牡丹賞候補筆頭。
キャスパリーグはパドックを見ても、やっぱり「しなやかさ」を感じられず、ディープ×嵐猫でもレジェンドキャットの仔はこれが限界なのかな〜と思いました。
左にかなりモタれながらも12番人気6着と好走したマイネルパラディは、スクリーンヒーロー×Green Desertでも、母ロワージがHabitat経由のSir Gaylord4×3で、らしいストライドで走っています。3/4Northern Dancer、1/4非Northern Dancerという配合系でもありますね。新潟外回りも合っていますし、最も合っているのは京都外回りでしょう。
サンライズソアは外回りで切れるタイプではありませんから、この過剰人気なら嫌いたかったし、これはひいらぎ賞や万両賞、千両賞あたりが狙い目かな〜と。
モーヴサファイアは、Shareef Dancer≒Chief's Crown4×4にデインヒル増幅、素質ならばNo.1、ただこの条件替わりで勝ち切ってしまったら、それこそ化け物だと思いましたが8着なら十分でしょう。牝馬だとやっぱり忘れな草賞に出ることになるのかなぁ。

●スプリンターズSでは?
スプリンターズSの前哨戦であるキーンランドカップは、3歳牝馬ディープインパクト産駒のブランボヌールが優勝。ディープインパクト産駒で、母系に入ると柔らかさを伝える母父サクラバクシンオー、母母アジアンミーティアはUnbridled’s Songの全妹で、これはMr.Prospectorの母Gold DiggerのNasrullahとCount Fleetを増幅した配合だからこちらも柔らかい(ディープ×Unbridled’s Songのダノンプラチナを見れば一目瞭然)。マイル〜中距離の大物を輩出しまくる、お化け種牡馬ディープインパクトが、スプリントGIでも人気馬を送り出している(ミッキーアイルウリウリ)というのもとんでもないことなのですが、ブランボヌールもやっぱりスプリントGIを勝つ力強さ、パワーはない1400型に思えてなりません。

それならばシュウジの方を狙いたいです。
シュウジは、キンシャサノキセキというより、母カストリアのNashua≒Nantallah4×7・5のパワーが強く(この母は父ハーツクライでもツルマルレオンを産んでいますし)、こういったタイプの方が急坂ありの中山1200GIでは狙いやすいですね。ただ、まだ緩さを感じるのでGI奪取は4歳な気がしますが…。

ヴァナヘイム完勝
今週はこの馬に触れないわけにいかないでしょう。新馬戦を持ったままで楽勝した超良血ヴァナヘイムについてです。
書くまでもありませんが、母グルヴェイグディープインパクト×エアグルーヴという日本競馬の至宝ともいえる超良血で、マーメイドSを制覇。その年のエリザベス女王杯を走ることなく引退しました。
キングカメハメハエアグルーヴの相性の良さは、ドゥラメンテルーラーシップが出ていることで証明されています。そして、その根拠は、Hornbeam≒パロクサイドのニアリークロスになるということ。中京記念の展望で、以下のように書いています。

===(以下、展望コラムより引用)============================


東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。

=============================================


グルヴェイグは、キングカメハメハエアグルーヴとの間にディープインパクトが入ることで、ラストタイクーン≒Alzao3×4(Northern Dancer、ナスキロ、Tom Fool≒Atticaなどが共通)という、もう一つ斬れ味を引き出す仕掛けができます。ちなみに、「キングカメハメハ×ディープインパクト」の出走はヴァナヘイムで2頭目、しかし「ディープインパクト×キングカメハメハ」は、7頭中5頭が勝ち上がっており、その顔触れもデニムアンドルビーグリュイエールテンダリーヴォイスキロハナ、ヤマノフェアリーなどなかなかのもの。また、エアグルーヴはHornbeam≒パロクサイド3×3でもありますが、トニービン×ノーザンテーストとHyperionが濃いので、ラストタイクーン≒Alzaoという柔らかさを引き出す仕掛けのを下支えするパワーとしても活きてくるでしょう。エアグルーヴディープインパクトキングカメハメハの良いところばかりを引き出した好配合です。
まぁもう走りを見ても1頭だけ別格の美しさ、しなやかさを感じますよね。


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

クルーガーの口コミ


口コミ一覧

新春杯&京成杯期待馬その1

 Cameo 2018年1月10日(水) 23:24

閲覧 162ビュー コメント 2 ナイス 14

新春杯ー3歳京成杯2、3着のブラックバゴ、クルーガーも頑張っています。頼むよ、1着のベルーフ。走るフォームは矯正できたのかな?さらにオールドルーキー的なパフォーマプロミス。この2騎が馬券に絡めば配当に期待?ミッキーロケット、モンドインテロ、ソールインパクト、ロードヴァンドールの壁は高くて厚いけれど。
京成杯ーダブルシャープの指数はそれぞれ高いですね。しかし、ここはジェネラーレウーノ。葉牡丹Vは高確率でしょう。中山好走のライトカラカゼ、東京2000mのエイムアンドエンド、コズミックフォース、ロジティナも気になっています。

 トーホーアマ 2018年1月8日(月) 19:49
メモ用
閲覧 124ビュー コメント 6 ナイス 16

外人いなくなってやっぱ思うのは戸崎と武豊ってやっぱり上手いんだなと感じる。日記書くつもりなかったが忘れないために、同じ過ちくりかえしそうで

戸崎・・やっぱ競馬やってる以上勝ちが当たり前の世界で勝てる馬で勝ちきれるという観点。ただ強い馬に乗ってるだけでは勝てないので何かしら素人目からみて工夫してるだろうしそれが何かわからないがこの3日間外人がいなくなって余計感じる。勝ち負けできる馬に乗って勝てる技術をもってるのは素直にすごい。外人戻ってきたときが勝負だろうけど。


武豊・・技術もそうだが、先見の目がある。位置取りが本当に上手い騎手でデム―ロに影ひそめてたが武豊も位置取りとりから最後の直線での伸びる馬場位置取りとるのが上手いと感じる。関西なので戸崎ほどライバル多くいい馬が回ってこないが、直線で詰まることも少ないし外人がいなくなった3日間みて素直に上手だなと感じた。上から目線書き方かもしれないが下からです。

軽く回顧

中山金杯

セダブリランテス・・ロンスパ戦。勝ちきれるメンバーでした。なんだろ。前走G2で3着、今走G3で格下なので結果勝つのは不思議ではないがこのメンバーなら格の違いを見せられた感はする。ということはこのレースでこの馬に負けた2着以下の馬たちはG1では望薄。勝って当たり前かもしれないがスワーヴリチャードとかソウルインパクトにあっさり負けたとこ見ると距離ちがえどそもそもの能力ではG1は足りないよね。紛れとか競馬場とか過程一切無視だが。この馬自体は勝ったことに意味ある勝利ではあるが、この馬に勝ちきれる馬が出てきてほしかったなと個人的に思う。ゴールドアクターとかにまだまだ及ばない気がしてならない。

ウインブライト・・馬体もいいし2000mこなせた。福島記念G3で勝ちここはメンバー格上の2着はとりあえずほめてもいいと思うが、この先はローカル・G2どまりかなと感じる。本質2000mでなく1800mの馬だと個人的には思うので頑張ってほしい。イメージ被るがせめてのウインガニオンみたいな成績以上は残してほしいと個人的感想。

ストレンジクオーク・・内田なんか買わなきゃよかったと後悔。他にも買わなきゃいい馬いたろうが迷って多分こっちきたことで馬券的にも損害受け後悔。
ムラがある馬でこの1戦だけの判断むずかしく。嵌った感は強い。


京都金杯(多分何度書いても忘れそうだが1番自身のメモようで残したく日記)

ブラックムーンとかグレイルの騎乗をみて武上手いんだなと感想だけで・レースも力通り決まった結果なので特に感想はなし。その中でもとりあえずは4歳のレッドアンシェルは頑張ったほうだなとは思うが・・ブラックムーンでも重賞戦線だと今回初なのでレッドアンシェルもこの先は微妙ではある。

話逸れたが、◎ラビットラン 大猛省。

正直、小回りだし前走中山→京都変わりG3なればペースも緩むだろうしそうすればあがり勝負対応できるだろうと思った。そこまで考えずに中京500万も牡馬相手に勝てたし気にする必要ないとは思ったが。
レース結果で後悔はする。
ブラックムーンも重賞常連だしクルーガーも重賞保持。普通に思うと馬自体もこの時期の明け4歳牝馬がいくらハンデ貰っても今まで時重ねて鍛錬つんできた牡馬に勝てるか言われたら勝てるわけないよなと感じる。2400mとか2600mならまだしも1600m、2000mでいきなり混合で総合力でもあがり勝負だけでも勝てますか?と言われたら??やね。

この先、目先に中山記念あるが去年のヴィヴロスにも同じこと言えるだけに、今年はモズカッチャンとかデイアドラ出てくるぽいので忘れないための日記。またオッズ妙味すぎ本命にしよとしないためにも。多分一般論になるが・・
ラビットランに関しては阪神牝馬で外枠もらえて鞍上も変われば見直したいかと。


シンザン記念

アーモンドアイ・・この馬も後ろ脚長く。1度不良馬場で産駒考えて軽視したが普通にこなせた。今回は相当メンバーレベルも低いしラップもゆるくなってるので緩み少なくなるであろう桜花賞でどうかなと感じはする。強いのだろうけどどこに強さがあるかが新馬からみてきてわからない。多分、ずっと本命にはしない馬であって消すと痛い目見そうな馬と感じるw

ツヅミモン・・ここまでだろう。あっさりアーモンドアイにスピード勝負負けると良馬場はなおきつい。超泥んこ馬場で。札幌2歳だったかな?2着馬全く名前覚えだせないが血統だけできたように馬格・脚の長さの消耗戦できただけ。

カシアス・・ファストアプローチが出遅れたので何とも言えないがここら辺までかなと感じる。あと1戦1400mか1200mを皐月前まで使うのであれば狙ってもいいかなと感じる。

ファストアプローチ・・勝ちまでは無理だが出遅れなければ2・3着だったかなとそんなとこ。この先積極的に狙える場所もないかと・


来週の京成杯みたが全く知らない馬ばかりだし日経新春も重賞級1頭とオープンの対決で。とはいえ、愛知杯はカオスで難しくw。
暫く今の平場みてもこの馬重賞級って馬(現3歳除く)がいなく暫くは重賞常連組に軍配が上がるのではないかなと感じる。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2018年1月8日(月) 17:26
★・・今週の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果・・★ 
閲覧 51ビュー コメント 2 ナイス 20

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中山11R 日刊スポーツ賞中山金杯 G掘ー2,000

 ◎ Ε札瀬屮螢薀鵐謄后    。叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ .Εぅ鵐屮薀ぅ函     。加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ダイワキャグニー     5着(3番人気)
 △ Д屮薀奪バゴ       4着(4番人気)
単勝(250円)、馬単(1、100円)が当たり

ビンゴ馬:Ε札瀬屮螢薀鵐謄后  。叡紂複曳嵜裕ぁ烹叡絖.泪垢鯏匹蠅弔屬



京都11R スポーツニッポン賞京都金杯 G掘ー1,600

 ◎ ▲薀咼奪肇薀鵝      。乎紂複家嵜裕ぁ
 ○ Д譽奪疋▲鵐轡Д襦    。鈎紂複曳嵜裕ぁ法    
 ▲ クルーガー        2着(3番人気)
 △ キョウヘイ        7着(7番人気)        
1着・ブラックムーンを外して当り無し

ビンゴ馬:.泪汽魯筌疋蝓璽燹  。甲紂複隠拡嵜裕ぁ烹甲絅泪垢鯏匹蠅弔屬掘  




日曜メインレースの予想結果です


中山11R フェアリーステークス G掘ー1,600

 ◎ 哀謄肇薀疋薀マ      6着(1番人気)
 ○ Д肇蹈錺璽肇錺襦     。誼紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ゥ薀ぅ譽蹇璽此      。恵紂複竿嵜裕ぁ
 △ ぅ▲鵐肇襯轡磧     。隠誼紂複隠拡嵜裕ぁ
1着・プリモシーンを外して当り無し

ビンゴ馬:ぅ▲鵐肇襯轡磧   。隠誼紂複隠拡嵜裕ぁ烹隠誼絅泪垢鯏匹蠅弔屬



阪神12R 万葉テークス オープン ダート3,000

 ◎ ゥ織泪皀戰好肇廛譽ぁ   。驚紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Д螢奪献泪鵝       。加紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ラブラドライト      8着(4番人気)
 △ ぅ哀薀鵐▲襯泪澄     。誼紂複吉嵜裕ぁ
1着・トミケンスラーヴァを外して当り無し

ビンゴ馬:ゥ織泪皀戰好肇廛譽ぁ 。驚紂複曳嵜裕ぁ烹驚絖.泪垢鯏匹蠅弔屬




月曜メインレースの予想結果です


中山11R カーバンクルステークス オープン 芝1,200

 ◎ Ε淵奪ビーナス      1着(1番人気)
 ○ Д灰好皀鼻璽燹      。恵紂複業嵜裕ぁ
 ▲ ┘蹇璽疋エスト      3着(4番人気)
 △ ゥ▲疋泪ぅ筌乾奪鼻    。潅紂複拡嵜裕ぁ
単勝(190円)が当たり

ビンゴ馬:Д灰好皀鼻璽燹    。恵紂複業嵜裕ぁ烹恵絅泪垢鯏匹蠅弔屬



京都11R 日刊スポーツ賞シンザン記念 G掘.澄璽1,600

 ◎ .好拭璽蝓璽好董璽検   。驚紂複吉嵜裕ぁ
 ○ アーモンドアイ      1着(1番人気)
 ▲ ▲侫 璽好肇▲廛蹇璽繊  。潅紂複家嵜裕ぁ
 △ カフジバンガード     5着(3番人気)
1着・アーモンドアイを外して当り無し

ビンゴ馬:.好拭璽蝓璽好董璽検 。驚紂複吉嵜裕ぁ烹驚絖▲泪垢鯏匹蠅弔屬



★メインレースの予想は、6レースで、単勝2レースと馬単1レースが当たる


★「競馬でビンゴ」は、6マス塗りつぶせ、上々の出足!


★POG馬の出走結果

土曜日
京都競馬9R福寿草特別(芝2,000)にアドマイヤキング・牡・友道康夫厩舎が出走→6着

日曜日
中山競馬11RG轡侫Д▲蝓璽好董璽ス(牝)(芝1,600)にアントルシャ・メス・池添学厩舎が出走→15着

月曜日
京都競馬11RG轡轡鵐競鶺念(芝1,600)にスターリーステージ・メス・音無秀孝厩舎出走→6着


残念ながら、掲示板に載る馬はいなかった・・悔しい



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=0b717dd721&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

クルーガーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クルーガーの写真

クルーガー

クルーガーの厩舎情報 VIP

2018年1月6日スポニチ賞京都金杯 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クルーガーの取材メモ VIP

2018年1月6日 スポニチ賞京都金杯 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。