ラッキーライラック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
写真一覧
現役 牝2 栗毛 2015年4月3日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[3-0-0-0]
総賞金10,282万円
収得賞金5,100万円
英字表記Lucky Lilac
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ライラックスアンドレース
血統 ][ 産駒 ]
Flower Alley
Refinement
兄弟 ラルクライラックローズ
前走 2017/12/10 阪神ジュベナイルF G1
次走予定

ラッキーライラックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 186114.121** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫484(-2)1.34.3 -0.133.7⑧⑧リリーノーブル
17/10/28 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 157134.421** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫486(+6)1.34.9 -0.134.7サヤカチャン
17/08/20 新潟 5 2歳新馬 芝1600 18484.321** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫480(--)1.36.4 -0.233.1⑤④ラヴァクール

ラッキーライラックの関連ニュース

 ありとあらゆる角度から、1F延長に死角なし! ダノンスマッシュが頂点に立つ。

 ここまで芝1400メートルで(2)(1)(1)着。しかも、上がり3Fは36秒4→34秒4→34秒2と切れ味を増す一方だ。「初戦は行きたがったりソラをつかったりチグハグだったけど、一戦ごとに競馬が上手になってきた。それがロードカナロア(産駒)なんでしょう」と安田助手。「2歳らしからぬ落ち着きがあって、折り合いに不安がない」とマイルもOKのスタンスだ。

 これまでの産駒データも、その証言を裏付けている。父はGI6勝中の5勝がスプリント戦だったが、むしろ産駒はマイルで好成績。芝1200メートルが【6・2・7・25】連対率20%、芝1400メートルが【11・6・5・27】同34・2%ときて、芝1600メートルでは【13・4・4・19】同42・5%とさらに数字が跳ね上がるのだ。安田記念を制した父以上に、マイル適性は高いとみていい。

 中間はCWコース2周乗りやプール調教も交えて、心肺機能の向上に努めてきた。13日の最終チェックはCWコース6F83秒1、ラスト1F11秒7。しまい重点に素軽い動きを披露し、「乗り味が良すぎるくらい。これだけけいこで動いて、走らないはずがない。気性的に距離が延びても大丈夫」と、福永騎手も太鼓判を押す。

 父も手がけた安田隆厩舎からすれば、是が非でもほしい産駒の初重賞&GI。「ロードカナロア産駒の初タイトルは、やはりウチの厩舎で。これで負けたら仕方ない、そう言えるだけのデキです」と、トレーナーは胸を張る。阪神JFラッキーライラック)のオルフェーヴルに続いて、新種牡馬が2歳GIをジャックする。

 “究極の3連単”はスマッシュを1着に固定。無敗の重賞ウイナー・ダノンプレミアムに、父が同じステルヴィオを2着に置いた“どんぶり3連単”12点でゲットする。(夕刊フジ)

朝日杯FSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【うわさの2歳馬】注目オルフェ産駒ミッキードーヴィル2017年12月15日(金) 11:33

 【阪神5R】ミッキードーヴィルは半兄がきさらぎ賞2着のレプランシュで、半姉が紫苑S3着のポールヴァンドル。「仕上がっており、水準くらいの時計も出ている。気性面に難しいところもないし、能力はありそうだね」と、音無調教師期待の1頭だ。阪神JFラッキーライラックが勝ったオルフェーヴル産駒の勢いにも注目だ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【朝日杯FS】東西調教ウオッチャー 2017年12月15日(金) 05:04

 今週の東西調教ウオッチャーは朝日杯FSが対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの柴田記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木記者、競馬エイトの坂本和トラックマンが参戦して、好調教馬を挙げた。

 正木 先週の阪神JFは当欄で取り上げたラッキーライラックが1着、リリーノーブルが2着。今週も当てたいな。

 坂本和 それなら、人気でもダノンプレミアムですね。CWコースで、4ハロン52秒7−11秒7を馬なりで計時。ダイナミックなフォームで、見た目以上に時計が出ているのは走る馬の特徴ですね。2歳馬らしからぬ桁違いの動きです。

 正木 同じダノンでもダノンスマッシュの方は見栄えがする動き。こちらもCWで先週は6ハロン78秒8−11秒6、今週は同83秒3−11秒9を馬なりでマーク。一杯に追えばもっとはじけとったはず。

 坂本和 坂路組ではケイアイノーテックですね。すごくバネのあるフットワークで4ハロン50秒8−12秒5。久々で22キロ増だった前走から、数字は大きく変わらなくても体は引き締まってくるはずですよ。

 柴田 美浦はタワーオブロンドンの陰に隠れる形になっているけど、同じ藤沢和厩舎のファストアプローチも好気配。坂路で4ハロン54秒6−13秒4ながら、騎乗したシュミノー騎手は「少しモタれていた1週前とは別馬のように良くなった」と絶賛。要注意です。



朝日杯FSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【朝日杯FS】ステルヴィオ、父譲りの切れ味さく裂だ 2017年12月15日(金) 05:04

 伝統の2歳GI朝日杯フューチュリティステークスの出走馬が14日に確定した。先週の阪神JFオルフェーヴルの初年度産駒ラッキーライラックがV。今週も、次々と勝ち上がっている新種牡馬ロードカナロアの産駒が注目される。中でも、ステルヴィオはその勝ち馬第1号。予想される道悪も不安はなく、今度は父に初のGIを贈ろうとしている。

 2歳戦は新種牡馬が熱い。先週、阪神JFを勝ったラッキーライラックの父オルフェーヴルに続き、朝日杯FSロードカナロア産駒のステルヴィオが世代最初のGIタイトルに挑む。

 「あれだけ勝っているんだからすごい。日本を背負う種牡馬になるんじゃないかな」

 木村調教師がロードカナロアの種牡馬としての優秀さをたたえる。ステルヴィオはこの2歳世代の戦いが幕を開けた週、6月4日にデビュー。父に記念すべき最初の勝ち星を贈った。その後も産駒は大活躍。27頭が勝ち上がり、計32勝を挙げている。2歳リーディングではディープインパクトの48勝に次ぐ2位。オルフェーヴルの10勝には大差をつけている。また、新種牡馬としての勝利数もディープに迫る勢いだ。

 いち早くその勢いをつけたステルヴィオは、前走でダノンプレミアムの2着。行き脚がつかず後方から進み、2番手で流れに乗った勝ち馬には届かなかった。それでも、外を回って上がり3ハロン33秒5の末脚を披露。1馬身3/4という着差ほどの力差は感じさせなかった。父の産駒は稍重〜不良で【9・4・1・19】。ステルヴィオ自身もコスモス賞を重馬場で勝っており、道悪に不安はない。

 今回は、短期免許での来日から7週で重賞3勝を挙げるC・デムーロ騎手との新コンビ。

 「最後に確実にいい脚を使うタイプだね。阪神のマイルも問題ないでしょう。いい馬が回ってきて本当に楽しみだね」

 25歳の若武者は目を輝かせて、2013年桜花賞アユサン)以来のJRA・GI勝利に意欲を見せた。

 あふれるスピードでGIを6勝したロードカナロア。その子ステルヴィオにも素直な気性とセンス、そして切れ味がある。父に初のGIタイトルを−。その臨戦態勢は整っている。 (柴田章利)



朝日杯FSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【めざせクラシック】シンハラージャ、陣営「お姉さんより乗りやすい」 2017年12月13日(水) 05:04

 デスク 今年も残りあと2週間。デビューを控える有力馬を教えてもらおうか。

 長田 はい。栗東からは石坂厩舎のオルフェーヴル産駒、シンハラージャを推奨します。

 デスク 昨年のオークスを勝ったシンハライトの半弟だな。

 長田 乗り込んでいる段階ですが、古川助手は「乗り味がいい。気性も前向きだし真面目。お姉さんたちより乗りやすいし、スピードもコントロールが利く」と手応えを感じていましたよ。

 デスク 先週、ラッキーライラック阪神JFを制して勢いのあるオルフェーヴル産駒だけに、期待してもよさそうだな。他には?

 長田 素質馬が多い池添学厩舎では、サラキアもよさそうです。

 デスク 今年の桜花賞で無念の出走取消になったサロニカの全妹か。

 長田 「ゲートの中だと気難しいところがあるのが課題ですが、走りはディープっぽくて柔らかいですね。持っているポテンシャルは相当あります。クラシックを目指せる馬」と名倉助手も楽しみな様子でした。

 デスク デビューが待ち遠しいな。もう1頭だけ頼むわ。

 長田 西村厩舎のキングアンドアイはどうでしょう。

 デスク 祖母はGI2勝のダンスインザムードで、近親にも活躍馬が多数いる良血か。

 長田 西村調教師は「攻めるごとに動きが良くなってきた。おとなしいし、折り合いもつく。操縦性もいいから距離は長めがいい」と話していました。1月6日の京都芝2000メートルデビューを視野に入れています。

 デスク 美浦はどうだ?

 片岡 久保田厩舎のダノンシャレードに注目です。

 デスク 祖母は牝馬GI5勝のメジロドーベルか。

 片岡 有馬記念当日(24日、中山、芝2000メートル)にデビュー予定。小林助手は「一生懸命に走るタイプで、2000メートルぐらいの距離が合っていそう」と話していました。血統的にも楽しみな素材ですよ。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】スマッシュ、一番カナロアに似ている 2017年12月12日(火) 05:04

 阪神ジュベナイルフィリーズを千葉記者が的中し、好評のGI連載『東西現場記者走る』。今週の朝日杯フューチュリティSを担当する東京サンスポの板津雄志(38)は、連続的中を目指して栗東トレセンへ潜入した。初日のターゲットはダノンスマッシュ。父と同じ厩舎に在籍するロードカナロア産駒が、勢いに乗ってGI制覇を果たせるのか、陣営を直撃した。

 阪神JFを担当した千葉記者が◎△△で見事に仕留めた。だが、私はGIで2週連続不発。社内では、ジャパンCの的中なんてはるか昔のことになりつつある。何としても当てなければ。

 新種牡馬のライバル関係も火花が散る。オルフェーヴル阪神JFで先にGI馬ラッキーライラックを送り出し、同期のロードカナロアも負けていられない。父が在籍した安田隆厩舎へ行くと、ダノンスマッシュを担当するのは、父も手掛けた岩本助手だった。「女がオルフェーヴルなら、男はカナロアで」と意欲満々。父子GI制覇を狙っている。

 安田隆厩舎のロードカナロア産駒は4頭が勝ち上がっているが、岩本助手は「産駒は総じて父似が多く、体の作りがきれいでいて肉付きもいい。奥手だと思うので、3歳になったらもっと良くなるでしょうね」と説明する。すでに32勝(オルフェは10勝)を挙げ、2歳部門の種牡馬リーディングでディープインパクト(48勝)に次ぐ2位なのに、奥手とは驚きだ。

 厩舎にいるカナロア産駒では、スマッシュが性格面で一番父に似ているという。「使いながら落ち着いて、集中力も増している。掛からないし、普段から乗り手の思う通りに乗れる馬。賢いという言葉がぴったり」。距離延長も「問題ないでしょう」と言い切る。

 状態もさらに上昇ムードだ。1週前追い切りはCWで6ハロン78秒8−11秒6の猛時計。「馬なりですからね。具合は言うことない」と太鼓判を押す岩本助手は、「カナロアのように経験したことを吸収して次のステップへ行ける馬。成長段階でこれだけ走れるのだから、来年はどんな馬になるのか。こんな気持ちになるのは久しぶり」と賛辞を連発する。ちなみに道悪も「めっちゃうまい」そうだ。

 最後に、管理馬のチェックを終えた安田隆調教師にも直撃した。

 「馬房でじゃれてくるしぐさがカナロアに似ているんですよ。ハードな調教に耐えているし、状態はすごくいい。カナロア産駒の初重賞はやっぱり安田厩舎じゃないと。その方がドラマチックでしょ」

 そのドラマを期待したくなってきた。密着初日でダノンスマッシュ◎と結論を出したら、デスクに怒られるだろうか…。



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



東西現場記者走る 2014年春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材で勝ち馬に迫る。結論はレース当日の紙面で掲載。先週は千葉記者が◎△△で的中し、板津記者も前回担当したジャパンCで5番人気シュヴァルグランを◎に推して3連単1万3340円を仕留めた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの関連コラム

閲覧 293ビュー コメント 0 ナイス 1

12月10日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】▲ラッキーライラック(4.1倍)
2着:総合ポイント【4位】△リリーノーブル(5.5倍)
3着:総合ポイント【8位】☆マウレア(9.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のラッキーライラックが1着、第3グループ・総合ポイント4位のリリーノーブルが2着、第4グループ・総合ポイント8位のマウレアが3着という結果でした。


久しぶりの素直な総合評価1位本命(◎コーディエライト)で行ってみたんですけどね〜。結果、タテ目決着で、その本命◎選びがすべての結末となってしまいました。やっぱり、普段信じてあげていないからこういうことになるんですかね(^_^;)
半マイルは過去10年でも下から数えて何番目かというスローだったので想定通りではあったのですが、直線で内を通った先行馬たちは壊滅状態に。ただそもそも、“スローの差し決着”を想定できていないので当然の完敗ですね。


【馬連流し】
◎=○▲☆△△
17=2,4,7,11,18(5点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△△
17=4,11,18=1,2,4,7,8,11,12,18(21点)

計26点 払い戻し0円


続いて、12月9日(土)に行われました中京11Rの「中日新聞杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】メートルダール(5.4倍)
2着:総合ポイント【4位】ミッキーロケット(4.0倍)
3着:総合ポイント【12位】ロードヴァンドール(8.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のメートルダールが1着、第2グループ・総合ポイント4位のミッキーロケットが2着、第3グループ・総合ポイント12位のロードヴァンドールが3着という結果でした。


こちらは、指数差がなく、穴馬の期待値が高いと踏んで振り回したので諦めがつきます。気持ちいいぐらいの外れっぷりでした(+_+)しかし、2→1→5番人気で決まるとは......みなさん予想が上手ですこと。。。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月14日(木) 14:35 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/9〜12/10)回収率トップのジョアプロら、好調9名が週末10万オーバープラスを達成!
閲覧 289ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、10(日)に阪神競馬場でG1阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1阪神ジュベナイルフィリーズは、単勝3.1倍の1番人気にロックディスタウンが支持され、以下ラッキーライラックリリーノーブルマウレアソシアルクラブとここまでが単勝ひとケタ台で続き上位人気を形成。
ややバラついたスタートでの幕開けとなる中、先手を主張したラスエモーショネスが隊列を率いる形で全18頭が3コーナーを目指します。2番手にコーディエライトが押し上げて続き、ラテュロスロックディスタウンサヤカチャンマドモアゼルリリーノーブルとここまでが先団グループ。マウレアラッキーライラックハイヒールモルトアレグログリエルマと中団にかけて続き、ソシアルクラブトーセンブレスナディアトーセンアンバーノーブルアースレグルドールは後方から。3〜4コーナー中間にかけて徐々に馬群が凝縮していき一団になりながら直線へ。
先頭で粘るラスエモーショネスに、外からロックディスタウン、内からラテュロスが差を詰め、さらに外からはリリーノーブルマウレアラッキーライラックあたりも並び掛けて横並びに。残り200m手前でこの争いから、リリーノーブルが力強く抜け出し、これを外からラッキーライラックが追う展開。3番手には、この2頭からはやや後れをとりながらもマウレアが浮上してきます。
前2頭による攻防は、外のラッキーライラックが完全に脚色優勢。結局、上り最速の脚で外から差し切った2番人気ラッキーライラックが、最後は2着リリーノーブルに3/4馬身差をつけて優勝。全て2番人気での無傷の3連勝で、G1制覇を飾っています。3番人気2着リリーノーブルから1/2馬身差の3着には、4番人気マウレアが入っています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロおかべプロ覆面ドクター・英プロマカロニスタンダーズプロろいすプロ河内一秀プロイータン育成プロほか、計15名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中京3Rで、◎オールドベイリー的中で計10万3,000円の払い戻しをマーク!他にも先週は、9(土)中京10R、10(日)中京2Rなど、好調予想を披露し、週末2日間トータル回収率193%(←トップ)、収支15万1,560円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
9(土)中京1Rで◎グローリーグローリ的中、中山10Rの◎ベック的中、10(日)中京8Rでの◎メイショウモウコ的中などのスマッシュヒットを披露。週末トータル回収率156%、収支29万4,540円プラス(←トップ)の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
9(土)中京8R、10(日)中山1R阪神2Rなどの的中で、2日連続のプラス収支を決めた先週はトータル回収率149%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
9(土)を中山3R中京5Rなどの的中で回収率143%をマークして折り返すと、10(日)も中山1R中山4R阪神10Rなどで好調予想を連発!2日間ともに回収率140%台を記録し、週末トータル回収率142%、収支16万2,100円プラスの大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
9(土)阪神7Rで、◎キーネットワークからの3連複2,582倍を200円的中し51万6,500円払戻しのホームラン!勝負予想の中山12Rでも21万7,000円のビッグヒットを披露するなどの活躍を見せた先週は、週末2日間トータル回収率131%、収支22万8,720円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
10(日)に中山7R中山10Rと2本のスマッシュヒットをマーク!週末トータルでは、回収率115%、収支10万6,800円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
9(土)阪神4Rでの54万6,680円、10(日)中京3Rでの10万9,220円などの的中を披露。週末トータル回収率121%、収支15万1,660円を記録しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連単プリンスプロ(135%)、マカロニスタンダーズプロ(129%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(129%)、シムーンプロ(127%)、エース1号プロ(121%)、セイリュウ1号プロ(108%)、dream1002プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年12月12日(火) 14:30 覆面ドクター・英
朝日杯FS・2017
閲覧 823ビュー コメント 0 ナイス 6



ラッキーライラックに本命を打った阪神JFも当たり、3週連続G1中と調子は上がってきた感じですが、3週連続WIN4止まりと、もどかしいところでもあります。今週の朝日杯FSも阪神JF同様、人気上位馬の力は本物で、そう荒れそうではないのですが、うまく力関係を把握して馬券につなげたいところ。


全頭診断へ。

タワーオブロンドン:ここまで4戦3勝で京王杯2歳Sも圧勝してきた。エンジンのかかりがやや悪いが掛かってからの迫力はなかなかのもの。当然中心視して良さそうだが、気になるのは札幌のクローバー賞(1500m)で今回中央入りして、ここにも出てくるダブルシャープに差された際にルメール騎手がスタミナなく使える脚が短いから1200〜1400が今後いいのでは、とか1400mのききょうSを勝った際にスプリンター体系で短い距離が良い、と発言しているところか。血統的には母がダルシャーンとサドラー系の重そうな配合だけに父がゴーンウエスト系でもマイルならこなせそうではあるが……。ルメール騎手もG1では勢い無く、 藤沢和厩舎とのタッグだけに人気過剰も心配なところ。

ダノンプレミアム:サウジアラビアRCを1番人気だったステルヴィオの猛追を凌いで勝って2戦2勝で本番に向かってきた。阪神JFでは人気になったであろうベルーガが骨折で出られなかった新興勢力の中内田厩舎(G1だけにギリギリまで攻めた結果だけに仕方なかったのでしょうが)も今週こそと思っているだろうが、直線でも頭の高いフワフワした走りで阪神の直線でキレ負けがちょっと心配。

ステルヴィオダノンプレミアムに負けて1番人気を裏切った形になったサウジアラビアRCだが、外枠で位置取り悪くなって最後の脚は鋭かっただけに本番巻き返してもおかしくない。距離はマイルくらいあった方が良さそうだが兄や姉もそれほど活躍しておらず底力やスケールがやや不安か。

ファストアプローチ:藤沢和厩舎の2頭出しの人気薄の方で札幌2歳S(1800m)で阪神JF1番人気だったロックディスタウンに敗れ2着、芙蓉S(2000m)でも2着と父がガリレオ系でもあり中距離以上が良さそうでホープフルSの方が向きそうで阪神マイルだとキレ負けしそう。ただ先行して安定感あり、香港でのハイランドリール同様ガリレオの血が並ばれてからの粘り強さを現わすかも。

カシアス:函館2歳Sの覇者で前走の京王杯2歳Sでも、外を突き抜けたタワーオブロンドンには完敗も、うまく内を突き2着したように、この時期ならマイルでも立ち回りの上手さで上位に来れるのでは。

ダノンスマッシュ:前走のもみじSで3馬身差で完勝してきたように父ロードカナロア譲りのスピード豊かなタイプで最終的には安田隆厩舎だけに、スプリンターになっていくのかもしれないが、この時期なら能力でマイルでも好戦可能そう。調教では豪快な動きを見せており、ロードカナロア×ハードスパンと旬な配合で頭まであるかも。

フロンティア:新潟2歳Sの覇者で前走デイリー杯2歳Sは不利もあり休み明けも悪かったのか1番人気4着と凡走したが血統的にもドリームパスポートの下だけに巻き返しあっておかしくない。

アサクサゲンキ:小倉2歳Sの覇者で前哨戦の京王杯2歳Sでも3着とそこそこ走っているが阪神芝マイル向きではなく、血統的にはダートで見てみたい。

アイアンクロー:夏の小倉でフェニックス賞3着、小倉2歳Sで2着と活躍したが小さい馬で、阪神マイルで期待できるタイプでない。

イシマツ:道営からの転入馬で夏の札幌でタワーオブロンドンから0.6秒差で走っているが近況悪く一変は無いのでは。

ケイアイノーテック:半年ぶりのデイリー杯2歳Sでも3着したディープインパクト産駒だが良くなるのはまだ先では。

ケイティクレバー:ずっと2000Mを使ってきて逃げてきた馬で、ハービンジャーの距離短縮もハナきれないのも状況的に厳しい。

ダブルシャープ:マル地だが、今回有力視されているタワーオブロンドンに唯一土をつけた馬で札幌2歳Sでも3着したように実力をちゃんと備えた馬ではある。中央入りして長距離輸送でなく調整できるので体調安定して前走以上にやれておかしくない。

ナムラアッパレ:すでに10戦を消化していてオープン入り後は低調な成績で期待薄。

ニシノベースマン:連闘で使ってくるか微妙だが頭打ちの成績で自己条件でも負けただけに期待薄。

ヒシコスマー:デイリー杯2歳Sでビリから、リングハミに替えて自己条件の前走万両賞を勝ってきた。フロック視されているようなら妙味あり。

ムスコローソ:5馬身差の衝撃的な新馬勝ちで新潟2歳Sでも1番人気となったが、12着と不利あったにしても惨敗。500万下を勝ってきたが、ヘニーヒューズ産駒で阪神マイルでドンと来いというタイプではない。

ライトオンキュー:さほどインパクトの無い未勝利勝ち直後だけにまだここでは厳しい。


<まとめ>
先週同様上位人気馬での決着となると思われる。

有力:タワーオブロンドンダノンスマッシュダノンプレミアムカシアスステルヴィオファストアプローチ

穴で期待:ヒシコスマーダブルシャープ

[もっと見る]

2017年12月11日(月) 18:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜運用回顧〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(阪神JF G1)
閲覧 638ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『阪神JF G1』です。結果画像をご覧ください。





今週も全ロボ的中。本命こそコロコロと変わる状況ではあったものの、軒並み上位評価だったリリーノーブルラッキーライラックマウレアが頑張ってくれましたね。なかでも、騎手ロボは○◎的中となり30,850円の最高払戻しとなりました\(^o^)/





続いて、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】





こちらは、全てのロボがマイナスと不調の週となってしまいました。ここでも3体のロボの中で最も好調だった騎手ロボこそトータル回収率93%とまずまずだったものの、他2体は惨憺たる結果に。全ロボプラスだった先週、調子に乗って「これまでの負債を挽回せねば」なんて欲をかいた途端にこの惨敗。まずは、目先の1週1週ってことですかね^^;



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年12月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第320回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜阪神ジュベナイルフィリーズ G1
閲覧 673ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、コーディエライトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモルトアレグロまで2頭。
第2グループ(黄)は、ラッキーライラックのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、リリーノーブルか1.0ポイント差(約1馬身差)内のナディアまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位評価3頭以下に比較的大きな開きが生じている構図。しかしながら、いつも言うようにこの時期の2歳G1です。1戦1戦で大きく指数が変動することも少なくない若駒のレースですので、例えば前走新馬組と重賞組を比較する場合などには注意が必要です。また、適性や臨戦過程、伸びしろなども重要になってくるでしょう。

と言いつつ、今回◎は素直にトップ評価となったコーディエライトとしました。これまで牝馬に先着を許したのは、前走で後塵を拝したベルーガのみという戦歴で、近2走マークした指数も上々の馬。牝馬相手のここでは大崩れなく走ってくれるとみて期待しました。正直、勝ち切るシーンは湧きづらいタイプですが、ダイワメジャー産駒成績から阪神替わりはプラス。生産牧場、乗り替わりなし、前走からの間隔、等々......好走条件は十分に揃っている印象で、それでいて思っていたよりも複勝ベースでも人気していないようなので狙います。恐らく逃げられないとは思いますが、スローの逃げ馬しか見当たらずで前走1200m組も不在のメンバーなら、ペースは落ち着くと想定。今の時計の出る馬場も相まって、この馬の形となりつつあるマイペース逃げの展開ではなくても粘り込めるとみました。

相手は、過去の好走馬たちを見ても、やはり新馬戦でメンバー上位の指数をマークしていた馬には注意が必要な印象(と言っても、指数が高く出やすい1200mデビューの馬もいれば1800mデビューの馬もいたりで単純比較では厳しいのですが、1600m以上戦であれば70台後半以上、1400m以下戦であれば80台前半以上くらいがひとつの目安かなとみています)ですので、それらの馬たちの中から以下の5頭を上位評価しました。
ロックディスタウン。“本物”の可能性も十分ですが、休み明けで初の長距離輸送で鞍上も相まって1番人気......気性面でも気掛かりなところがあって2番手評価に。▲ラッキーライラック。こちらも人気で、実力もあるとは思うのですが、鞍上を考えると少し売れ過ぎな印象。○同様に、まだオルフェーヴル産駒にも半信半疑な部分もありますので1枚割引き。以下、東京マイルのみの連勝で試金石の一戦でも鞍上は魅力な☆マウレア。やはり中1週ローテが気掛かりで評価を下げた△リリーノーブル。一発不気味なディープ産駒でも乗り替わり微妙な△ラテュロス
ここまでの馬たちを相手に組んだ馬連を本線に、お楽しみの3複も含めた馬券で勝負としたいと思います。


【馬連流し】
◎=○▲☆△△
17=2,4,7,11,18(5点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△△
17=4,11,18=1,2,4,7,8,11,12,18(21点)

計26点

[もっと見る]

2017年12月10日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/阪神ジュベナイルフィリーズ G1(霧プロ)
閲覧 642ビュー コメント 0 ナイス 2



本日は海外馬券発売レースの香港国際競走と同時進行で大忙し。早めの時間帯から万全の態勢で臨みたいところですね。国内の主役レースは阪神ジュベナイルフィリーズ。予想を担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。当欄に前回登場した際に、エリザベス女王杯モズカッチャン◎で見事的中させたキレ者予想家の牝馬G1・2連チャンに期待しましょう。
 霧さんが本命を打ったのはマドモアゼル。「戦績上は短距離馬だが、ラストで刻むラップは距離延長でも対応可能と思えるもの。折り合いさえつけばブラックタイド産駒らしい粘りが見られそう」と推奨根拠を挙げてくれました。対抗は「ここまでのレース内容、調教内容とも高いレベルで安定しているラッキーライラック。単穴はトーセンブレス。以下、А↓欧僚腓鵬,気─馬券は単勝Α馬連流しΒЛ┃押馬単マルチΒЛ┃、3連複FMΝ│ΝЛ┃→ΝЛ┃欧脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 203ビュー コメント 2 ナイス 14

・林美玖(はやし みく、1992年7月22日)さんは、岐阜県出身で、
札幌テレビ放送(STV)のアナウンサーなのですが、
ラジオでは、まるごと!エンタメーション (2017年3月3日 - )の
金曜日のみ担当で、その放送中「うまMIKU」という
JRAの競馬予想をしているのですが、本命−対抗の単勝2点勝負で
当てまくっています。
さて、今週も的中するでしょうか?!
…………………………………………………………
【うまMIKU 林美玖アナの予想】

「第69回朝日杯フューチュリティステークス(G1)」
本命→1枠1番「ダノンプレミアム」
対抗→3枠5番「ケイアイノーテック」
…………………………………………………………
【9月以降の予想と結果】

「第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)」
本命:8枠18番 ロックディスタウン
対抗:6枠11番 ラッキーライラック(単勝410円的中♪)

「第18回チャンピオンズカップ(G1)」
本命→5枠9番「ゴールドドリーム」(単勝1300円的中♪)
対抗→6枠11番「アウォーディー」

「第34回 マイルチャンピオンシップ(G1)」
本命→8枠18番「ペルシアンナイト」(単勝880円的中♪)
対抗→5枠9番「レーヌミノル」

「第42回 エリザベス女王杯(G機法
本命→3枠5番「モズカッチャン」(単勝770円的中♪)
対抗→6枠11番「ディアドラ」

「第55回 アルゼンチン共和国杯(G供法
本命→2枠4番「スワーヴリチャード」(単勝200円的中♪)
対抗→2枠3番「デニムアンドルビー」

「第156回 天皇賞(秋)(G機法
本命→5番9番「ソウルスターリング」
対抗→2枠4番「リアルスティール」

「第78回 菊花賞(G機法
本命→8枠16番「アルアイン」
対抗→7枠13番「キセキ」(単勝450円的中♪)

「第22回 秋華賞(G機法
本命→7枠14番「ディアドラ」(単勝630円的中♪)
対抗→1枠1番「アエロリット」

「第68回 毎日王冠(G供法
本命→1枠1番「ソウルスターリング」
対抗→4枠4番「アストラエンブレム」

「第51回 スプリンターズステークス(G機法
本命→5枠9番「メラグラーナ」
対抗→4枠7番「ダイアナヘイロー」

「第63回 産経賞オールカマー(G供法
本命→3枠6番「ルージュバック」(単勝780円的中♪)
対抗→5枠9番「タンタアレグリア」

「第35回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G供法
本命→1枠2番「モズカッチャン」
対抗→3枠6番「リスグラシュー」

『第52回札幌2歳ステークス(G掘法
本命→3枠3番「ミスマンマミーア」
対抗→3枠4番「カレンシリエージョ」

 馬券のAエース 2017年12月15日(金) 08:07
朝日杯フューチュリティ≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 5

朝日杯フューチュリティその2≪能力・LAP編≫

その1では先週の阪神JF同様に
≪データ攻略ポイント≫から有力馬を
☆で記しましたが
≪≪有力候補≫≫
【☆5つ】
☆ステルヴィオ
☆タワーオブロンドン〔◎あり〕
【☆3つ】
☆ダノンスマッシュ〔◎あり〕
【☆2つ】
☆ダノンプレミアム
【☆1つ】
☆ヒシコスマー〔◎あり〕
☆ファストアプローチ

阪神JFでも≪能力・LAP一致度≫で挙げた3頭中2頭が来ましたよね(*^o^*)
このレースも先週と同コース、毎年上がりの能力に長けた馬が上位に来ていて
昨年も6頭ピックアップした内の☆サトノアレス☆モンドキャンノが1・2着
過去の3着以内馬は
【能力編】
 屐檻亜ィ栄叩廾幣紊涼綺江,繊1400m以下では−0.2秒以上)
消し)×ライトオンキュー
⊃掲蓮μぞ〕の勝ち上がりレースで上がり最速か2位
消し)※イシマツ以外は全馬該当

【LAP一致度】
○1勝目以後、上がり最速で2位との「差」がある事。大きいほど良し♪
☆ステルヴィオ〔−0.7〕G掘1600m(東京)
☆ダノンスマッシュ〔−0.2〕OP:1400m(京都)
☆ダブルシャープ〔−0.7〕G掘1800m(札幌)
☆タワーオブロンドン〔−0.2〕OP:1500m(札幌)
☆タワーオブロンドン〔−1.1〕OP:1400m(阪神)
☆タワーオブロンドン〔−0.1〕G供1400m(東京)
☆ヒシコスマー〔−0.5〕500万:1400m(阪神)

【好走ポジ】
○近2走以内の≪テン5位以内&上がり5位以内≫(500万以上が条件)
☆カシアスG掘1200m【2走前:テン5位&上り3位】 ≪○15頭≫
☆カシアスG供1400m【前走:テン3位&上り4位】 ≪11頭≫
☆ケイアイノーテックG供1600m【前走:テン4位&上り3位】
☆ダノンスマッシュOP:1400m【前走:テン3位&上り最速】
☆ファストアプローチOP2000m【前走:テン3位&上り3位】
☆フロンティアG掘1600m【前走:テン2位&上り2位】≪○15頭≫
☆フロンティアG供1600m【前走:テン3位&上り4位】≪11頭≫

先週の勝ち馬ラッキーライラック同様、両方で名前が挙がるのは◎ダノンスマッシュ
しかし、まだ1400mまでしかこなしていないのがラッキーとの違い。
「上がり差」の方からは−0.5秒差以上の経験馬
☆ステルヴィオ☆ダブルシャープ☆タワーオブロンドン☆ヒシコスマー
「好走ポジ」からは近2戦とも該当で15頭以上でクリアした☆カシアス☆フロンティア
この辺りが能力の片鱗が見える候補馬。

【見解】
一方、/裕で燦なダノンプラチナムの名前がでていないのがアレ?って感じですね。
まだここまでの2戦に関しては上記の条件に当て嵌まる走りはしていない。
前走18頭立てのG靴鰺祥気△襭叡紊覆里如▲札鵐后上積みともにまだ上のポテンシャルを
持っているとは思うが、2歳G気任痢慇簑仂魴錙戮ら私の「1強」は別の馬。

[もっと見る]

 おかべ 2017年12月13日(水) 17:40
阪神JF 回顧 
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 11

まいどおかべです。

競馬ファンの間では有名なお話ですが阪神ジュベナイルフィリーズと言えばサンデーレーシング系?

相変わらず強さを見せつけましたな。もちろん他のGIでも強いねんけどね、血統なのか?育成なのか?方向性がレースにあっとるんでしょうね。メインの判断材料にすることは無いけど来年も覚えときましょう。

石橋脩さん見事勝ちました、大馬主たるサンデー様には下手打たない限り継続騎乗でお願いしたいファン心理。特に石橋さんのファンでも無いんやが全体的にね。デムルメさんもスポット外人さんもええけど、日本人ジョッキーの知名度ある人が出てこんと競馬界、不味いで。実力社会でも先ずはチャンスもらえんとね。

・・・話ズレタ。

もどりまして阪神JF回顧やで、反省無くして前進無し。







勝時計が1.34.3 レース上がり34.4

まぁミドルペースって言ってよいかと、素直に抜け出した3頭が上位評価でええんちゃうかな。無事にいってくれると春が楽しみやね。

1着ラッキーライラック。石橋脩さん。ゲートちゃんと出て位置取れて、外目回して直線伸びる。今回も優等生な競馬ができたな。折り合いも大丈夫やったし、特に注文するところは現状ありません。デキもとても良かったと思うで。よくできました。

2着リリーノーブル。川田さん。この馬もライラックと同じような感じで競馬上手いね、上位3頭の中では一番前におって直線自力で抜け出したところを差された。4着以下の馬群からは完全に抜け出しとるから今日のメンバーでは力上位を示したんちゃうかな。ここで賞金加算できたんは大きいな。

3着マウレア。戸崎さん。2戦2勝の良血馬、姉アユサンらしい舞台適性とセンスを見せたで。上2頭より内目は走れたけど、捌くのは手間取った。賞金加算はできへんだけど力あるね。

4着トーセンブレス。善臣さん。前走アルテミスS1番人気馬、今回少し評価を落としとったけど後方からよく伸びたで。折り合い面はまだ心配残るけど。展開向けばもう少し迫れたはず。

5着モルトアレグロ。吉田隼さん。2勝馬やねんけど、個人的に完全にノーマークやった。前走500万下勝ちが馬場悪くて時計目立たんかったんと、比較的キャリアが豊富やったんが目が向かんかった原因やと思う。この馬がってわけじゃないけど、他のレースでも盲点になりそうなパターンやでな、覚えとこう。



圏外に飛んだ1番人気ロックディスタウンは力みもあったように見えたで、仕上りが良くなかったんか、レース間隔か、まだまだ若いんで次見てみましょう。



ほなまたね。

【関連】

阪神JF展望

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラッキーライラックの写真

ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック

ラッキーライラックの厩舎情報 VIP

2017年12月10日阪神ジュベナイルF G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラッキーライラックの取材メモ VIP

2017年12月10日 阪神ジュベナイルF G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。