カツジ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2015年4月27日生
調教師池添兼雄(栗東)
馬主株式会社 カナヤマホールディングス
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金2,209万円
収得賞金1,150万円
英字表記Katsuji
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
メリッサ
血統 ][ 産駒 ]
ホワイトマズル
ストーミーラン
兄弟 ミッキーグローリーネミッサ
前走 2017/11/11 デイリー杯2歳S G2
次走予定

カツジの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/11 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 9885.442** 牡2 55.0 松山弘平池添兼雄476(+4)1.36.5 0.235.0ジャンダルム
17/10/21 京都 5 2歳新馬 芝1600 15462.111** 牡2 55.0 松山弘平池添兼雄472(--)1.38.8 -0.235.9⑤⑤コンパウンダー

カツジの関連ニュース

 ★東京スポーツ杯2歳S2着ルーカス(美・堀)はホープフルS(28日、中山、GI、芝2000メートル)にM・デムーロ騎手で向かう。

 ★もちの木賞を2歳コースレコードで制したビッグスモーキー(栗・清水久、牡)は、全日本2歳優駿(13日、川崎、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。僚馬で東スポ杯2歳S3着シャルルマーニュ(牡)は、引き続き戸崎騎手でホープフルSへ。

 ★葉牡丹賞を勝ったジェネラーレウーノ(美・矢野)は京成杯(1月14日、中山、GIII、芝2000メートル)が視野に。

 ★2日の中山未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったジョリルミエール(美・青木)は京成杯へ。

 ★シクラメン賞で芝1800メートルの2歳レコードをマークしたオブセッション(美・藤沢和)、3日の中山新馬戦(ダ1800メートル)で勝利したメジャーラプソディ(美・田村、牝2)は福島・ノーザンファーム天栄に放牧。

 ★11月26日京都の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったトライン(栗・浜田、牡)は、ホープフルSに登録する。

 ★デイリー杯2歳S2着カツジ(栗・池添兼、牡)は、きさらぎ賞(2月4日、京都、GIII、芝1800メートル)で重賞初制覇を狙う。

★ルーカスの競走成績はこちら

【めざせクラシック】ベルーガ、川田で阪神JFへ 2017年11月22日(水) 05:02

 デスク 新馬−ファンタジーS連勝のベルーガの次走が決まったそうだな。

 宇恵 阪神JF(12月10日、阪神、GI、芝1600メートル)です。鞍上は川田騎手に決定。「来週の追い切りに乗せようかと考えています。馬の様子はいいですよ」と中内田調教師は話していました。先週末に短期放牧から栗東に帰厩。順調に調整を進めていければ、ですね。

 デスク 前走で見せた上がり3ハロン33秒9の末脚は見事だった。2戦2勝の馬だし、大舞台でも楽しみだな。

 宇恵 一方、デイリー杯2歳S2着のカツジは予定している朝日杯FS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)の参戦が微妙な状況です。「フレグモーネ=化膿(かのう)性疾患=になったみたい。先々のある馬だし、無理して使う必要がないからね。あくまでも具合を見て」と池添兼調教師は説明していました。

 デスク それは心配な話だな。美浦のほうはどうだ。

 千葉 アイビーS5着後に放牧へ出ているフラットレーが今週中にも帰厩します。「順調ですよ。ホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)に行きます」と藤沢和調教師は話していました。

 デスク 前走は不良馬場で力を出し切れなかった。2馬身半差で完勝した新馬戦の内容を考えたら、GIでも期待できそうだな。

 千葉 10月28日の東京未勝利(芝2000メートル)を勝ったジェネラーレウーノは、来週の葉牡丹賞(12月2日、中山、500万下、芝2000メートル)を予定。矢野調教師は「短期放牧から帰ってきて順調。初戦同様、前走もゲートを出てフワッとする瞬間があったけど、1回使ったぶん興奮がいい方に出た。能力は確か。ここでドンと走れば、それなりの舞台にいくでしょう」と話しています。結果次第で、こちらもGIの舞台が見えてきます。

[もっと見る]

【デイリー2S】アッゼニ鮮やかジャンダルム連勝 2017年11月12日() 05:04

 第52回デイリー杯2歳ステークス(11日、京都11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走9頭)アンドレア・アッゼニ騎乗で5番人気のジャンダルムが中団から鋭く伸びて無傷のV2。アッゼニ騎手は日本での重賞初勝利となった。タイム1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着がカツジで、1番人気フロンティアは4着。2番人気メガリージョンは右第1趾骨粉砕骨折のため予後不良となった。

★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

ジャンダルム 父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡2歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。米国産馬。馬主は前田幸治氏。戦績2戦2勝。獲得賞金4532万2000円。重賞初勝利。デイリー杯2歳Sは、池江泰寿調教師、アンドレア・アッゼニ騎手ともに初勝利。馬名は「アルプス山脈の名峰『アイガー』の絶壁の名」。

[もっと見る]

【デイリー2S】レースを終えて…関係者談話2017年11月12日() 05:03

 ◆アッゼニ騎手(ジャンダルム1着) 「とてもうれしいです。豊さんのけがで騎乗が回ってきましたが、結果でお返しできてよかったです。まだまだ成長しそうな馬です」

 ◆松山騎手(カツジ2着) 「流れに乗れましたけど、最後は外に逃げて甘くなりました。イレ込んでいたのもあったのかな」

 ◆川田騎手(ケイアイノーテック3着) 「成長(前走比22キロ増)してくれています。よく頑張ってくれましたし、(使ったことで)動きも良くなってくると思います」

 ◆岩田騎手(フロンティア4着) 「もう少し落ち着いて走れれば。故障馬を避けるロスもあって、ひるむ面も見せた」

 ◆国分優騎手(ナムラアッパレ5着) 「使い詰めですけど、(苦しい時期を)乗り越えて良くなりつつあります」

 ◆シュタルケ騎手(ロードイヒラニ6着) 「スタート(出遅れ)が全て」

 ◆浜中騎手(ヒシコスマー8着) 「モタれてどうにもならなかったです」

★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【デイリー2S】ビリーヴの子ジャンダルムが重賞初V 2017年11月11日() 15:52

 11月11日の京都11Rで行われた第52回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、スプリントGIで2勝を挙げたビリーヴを母に持つ5番人気ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿舎)が、アンドレア・アッゼニ騎手に導かれて快勝。デビューから2連勝で重賞初制覇を達成した。同騎手は日本での重賞初勝利。タイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着はカツジ(4番人気)で、さらに2馬身1/2離れた3着にケイアイノーテック(3番人気)が入った。



 カクリョウがレースを引っ張り、メガリージョンカツジフロンティアケイアイノーテックジャンダルムと続く展開。出遅れたロードイヒラニは最後方からのレースとなり、メガリージョンは故障発生で3コーナーで競走を中止した。直線でカツジが抜け出したが、その内からジャンダルムがグングンと伸びてかわすと、力強くゴールを駆け抜けた。1番人気フロンティアは外から伸び切れず4着だった。



 ジャンダルムは、父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンスという血統で、母ビリーヴは2002年スプリンターズS、03年高松宮記念のGI・2勝を含め重賞4勝。米国産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は2戦2勝。デイリー杯2歳S池江泰寿調教師、アンドレア・アッゼニ騎手ともに初勝利。



 池江泰寿調教師はJRA重賞通算70勝目。2011年2月に引退した父・泰郎元調教師の重賞通算勝利数に並んだ。



 ◆アンドレア・アッゼニ騎手「豊さん(武豊騎手)のけがで騎乗が回ってきましたが、結果でお返しできてよかったです。直線でエンジンがかかってからのスピードがすごかったですよ。一頭になってから少しソラを使ったりと、まだ子供っぽいところはありますけど、まだ2戦目でしたし、これから成長すると思います」



★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【デイリー杯2歳ステークス】入線速報(京都競馬場)2017年11月11日() 15:50

京都11R・デイリー杯2歳ステークス(5回京都3日目 京都競馬場 芝・右外1600m サラ系2歳オープン)は、1番手3番ジャンダルム(単勝7.3倍/5番人気)、2番手8番カツジ(単勝5.4倍/4番人気)、3番手5番ケイアイノーテック(単勝5.2倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-8(15.5倍) 馬単3-8(32.4倍) 3連複3-5-8(22.8倍) 3連単3-8-5(132.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017111108050311
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

カツジの関連コラム

閲覧 427ビュー コメント 0 ナイス 1

11月12日(日)に行われました京都11Rの「エリザベス女王杯 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【17位】△モズカッチャン(7.7倍)
2着:総合ポイント【8位】△クロコスミア(26.4倍)
3着:総合ポイント【2位】○ミッキークイーン(7.2倍)

第4グループ・総合ポイント17位のモズカッチャンが1着、第4グループ・総合ポイント8位のクロコスミアが2着、第1グループ・総合ポイント2位のミッキークイーンが3着という結果でした。


穴で狙った◎トーセンビクトリーは、内・先行有利な馬場で当日もチャンスは広がったかなー、と思って見ていたんですが、結果は終始7番手辺りからの競馬でコンマ4秒差10着敗退。もう1列前で競馬してくれないかと期待したのですが甘かったですね。悔いが残るのは、2着した△クロコスミア。前走時は当コラムでもお世話になった馬で警戒はしていたのですが、乗り替わりも相まって重い印を打つことができませんでした。“2匹目のドジョウ”は無いだろうと、逆に自分で自分に余計な勘繰りを掛けてしまいました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点 払い戻し0円


続いて、11月11日(土)に行われました東京11Rの「デイリー杯2歳ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ジャンダルム(7.3倍)
2着:総合ポイント【6位】◎カツジ(5.4倍)
3着:総合ポイント【7位】☆ケイアイノーテック(5.2倍)

第4グループ・総合ポイント5位のジャンダルムが1着、第4グループ・総合ポイント6位のカツジが2着、第4グループ・総合ポイント7位のケイアイノーテックが3着という結果でした。


カツジはよく頑張ってくれたんですが、レース後談話にもあった通り外に外に行ってしまい若さを見せてしまいましたね〜。残念ですが、若駒ですしこればかりは仕方ないですね。券種と、相手選びのセンスの無さに反省です。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月11日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第311回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜デイリー杯2歳S G2
閲覧 600ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「デイリー杯2歳S G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フロンティア1頭。
第2グループ(黄)は、メガリージョン1頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードイヒラニから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒシコスマーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間の4.8ポイント差がまず目立ち、以降にも1.0ポイント以上の比較的大きな開きがいくつか見られるバラついた配置となっています。しかし、これはいつも言うようにこの時期の2歳重賞で、特に前走クラス(新馬〜重賞)による指数差が大きく影響しているケースも多分に含まれてのもの。今回大きく跳ね上げる、前走(内容)が指数以上に評価できる、今回展開が有利に働きそう、......などの馬たちには特に注意が必要なレースと言えるでしょう。

この時期に移ってからのここ3年のデイリー杯2歳SをU指数的に振り返ると、京都コースでの指数上位馬の好走が毎年みられ、やはりある程度はコース実績というものが重要に映ります(昨年穴を開けたボンセルヴィーソも、前走でメンバー中上位のコース指数をマークしていました)。
素直に入れば今年は○メガリージョンということになるのでしょうが、少し捻って今回の私の本命は◎カツジとしました。新馬上がりの馬ではありますが、前走の新馬戦でマークした指数はまずまずで、馬場状態の差こそあれど○メガリージョンの新馬戦とほぼ同等のもの。それでいて、派手な勝ち方ではなく、重馬場で時計的に目立たない新馬戦経由である分、指数的にも高評価にはならず、人気もそこそこに止まってくれないかと期待。前走は、タフな馬場で行われたデビュー戦を馬群から差し切るハイセンスな内容でしたし、良馬場での時計短縮も母がスピード満点という血統構成から問題ないとみています。加えて、このレースでも、また先週までの京都1600mでも、3代内父系にGrey Sovereign持ち(もしくはBold Ruler持ち)の馬の好走が毎レースみられている点も合いそうです。勝率としては過去10年でトップの前走・新馬戦組から◎カツジの勝ち切りに期待します。
メガリージョンは、初戦〜2戦目と引っ掛かるところを見せており、その点が気掛かりで2番手評価に。ただ鞍上も強化されますし、人気妙味という意味でおそらく◎カツジとは差が付くだろうとみて本命◎は譲ったものの甲乙つけがたい存在の対抗視。
以下、抜けた総合トップ評価の▲フロンティア、休み明けでも状態良さそうな☆ケイアイノーテックあたりを上位に取り、今回の私の馬券は◎○からの3単で勝負とします。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点

[もっと見る]

カツジの口コミ


口コミ一覧

レース回顧

 akichance 2017年11月14日(火) 14:43

閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 2

お疲れ様です、さてと先週は散々でしたね、救いは京都JSのW的中のみでしたからね、それでは振り返ってみましょう、まずは土曜京都、京都JSは1着8番マイネルフィエスタ2着6番タマモプラネット3着1番スズカプレストでした、グループ分けは1着▲2着△3着▲(印の最上位は▲です)で買い目は1から7,8,11と6-8の馬連、1-6のワイドで勝負での的中でした、次に東京、武蔵野Sは1着13番インカンテーション2着9番サンライズソア3着アキトクレッセントでした、グループ分けは1着△2着▲3着×で買い目は枠連6-8の1点勝負でハズレ、続いて京都、デイリー杯2歳Sは1着3番ジャンダルム2着8番カツジ3着5番ケイアイノーテックでした、グループ分けは1着○2着△3着△で買い目は馬連2-4の1点勝負でハズレ、続いて日曜福島、福島記念は1着3番ウインブライト2着13番スズカデヴィアス3着6番ヒストリカルでした、グループ分けは1着△2着▲3着×で買い目は複勝16番1点勝負でハズレ、最後に京都G1エリザベス女王杯、1着5番モズカッチャン2着4番クロコスミア3着10番ミッキークイーンでした、グループ分けは1着○2着▲3着○(◎は16番)で買い目は枠連で8から3,5,6,8と6-8と勝負しましたけどハズレでした、結果チョイプラですけどゼロに近い格好でしたので難しいもんですねとマイナスの手前で留まったので次に繋げたいと思っています、以上になりますが日曜に関しては誤算でG1の予測集計が途中になってしまったことですね、重賞が前にあるから用心しないとなりませんね、今日まででG1シリーズは5戦3勝2敗ですが京都JSの的中により中山大障害に僅かですけど増額出来ました、今回はこれで良しとして次週の東スポ杯2歳SとマイルCSに挑みたいと思います、全ハズレですので再スタートになりますので選定が大事ですね、的中出来ればと思いつつ、それでは、マイルCSの枠順確定にて。

 やすの競馬総合病院 2017年11月13日(月) 22:27
エリザベス女王杯・武蔵野S・デイリー杯2歳Sの感想の巻
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 0

☆エリザベス女王杯の結果☆
1着モズカッチャン
2着クロコスミア
3着ミッキークイーン

収支は−6000Pでした。
宣言通り、馬連 16−6・10、ワイド 13−16を買いましたがハズレ・・・。
ぼくは、本命馬ヴィブロスが5着の時点でダメですけど、「2着クロコスミア」なんてどうやっても買えませんでしたよ〜。

勝ち時計 2.14.3
12.5-11.3-12.7-12.8-12.7-12.8-12.9-12.2-11.6-11.2-11.6
1000m通過 (レースの上がり3F34.4)
良馬場のエリザベス女王杯は先行馬有利の流れになりやすい傾向でも、なんだかんだで中団付近からいい脚で伸びてくる差し馬が勝ってたんですが、今年は好位から抜け出したモズカッチャンが1着でした。

出走馬達へのコメント
1着モズカッチャン
オークス2着、秋華賞3着で3歳世代の2000m以上のGIで上位にきてた馬やし、秋華賞は負けたけど内容はすごく濃い競馬してたとはいえ、古馬相手にGI勝ってて驚きました。
好位辺りで競馬できる器用さがあって、能力のバランスもいいんで、どんなコースや展開でも安定して自分の力を出せるのが強みですね。

2着クロコスミア
展開の恩恵が大きかったとはいえ、2000mでも少し長いと思ってる馬なんで、2200mのGIで上位にくるなんて予想外でしたが、馬も騎手もよく頑張りました。

3着ミッキークイーン
Sペースを中団より後方追走から外回るロスの多い競馬しながら0.0差の3着なんで、1・2着馬より強い競馬してたけど、1・2着馬より競馬が下手だったという感じかな。

4着マキシマムドパリ
展開の恩恵が大きかったけど、前めでロスなく立ち回って見せ場たっぷりの4着でした。馬も騎手もよく頑張りました。

5着ヴィブロス
いい位置にいたんで期待してたんですけど、Sペースで折り合いに苦労して不完全燃焼みたいな負け方になっちゃいましたね〜。



--------------------------------------------------------------------------------

☆武蔵野Sの結果☆
1着インカンテーション
2着サンライズソア
3着アキトクレッセント

収支は−3000Pでした。
宣言通り、ワイド 1−16を買いましたがハズレ・・・。

インカンテーションの1着当てるのですら相当難しいけど、2・3着が8・15番人気。
1〜5番人気は全て着外って、こんなん当てるの無理ですよ〜。
今のダート界は、どれが上位にきてもおかしくない混戦になってるんで、競馬というよりもロト6のような難しさです。

出走馬達へのコメント
1着インカンテーション
マーチS1着の後は、2着、1着と好調でしたけど、展開向いて先行勢が1・2・3着独占のレースになったとはいえ、まさかこのメンバー相手に勝つとは思ってなかったんで驚きました。
7歳ですが元気ですね〜。



--------------------------------------------------------------------------------

☆デイリー杯2歳Sの結果☆
1着ジャンダルム
2着カツジ
3着ケイアイノーテック

収支は−3000Pでした。
宣言通り、馬連 2−5・8を買いましたがハズレ・・・。

出走馬達へのコメント
1着ジャンダルム
出遅れて後方からの競馬になりましたけど、メンバー中最速の上がり3Fで1着。
どのぐらい強いのかはあまりよくわかりませんけど、ビリーヴの子供なんで今後も注目したいです。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
エリザベス女王杯 リスグラシュー・・・8着

あの流れで、後方の内にいたんで絶望的でした・・・。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
申し訳ないことに、
バタバタしてて、まだ週末のお祝い記事もコメントのお返事も書けてませんが、明日にはできる予定です。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年11月13日(月) 20:06
馬券メモ(2017/11/11・12)
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 12

先週予想したレースの本命馬回顧をしていきます。

【5回京都3日】

■7R ショパン 2人気2着

アドマイヤロブソンとの一騎打ちムードでしたが、地力の違いで押し切られてしまいました。
でも、1000万下なら実力上位なのは明らかですから、近いうちに現級を突破する日が来ると思います。

■8R(京都ジャンプS)スズカプレスト 3人気3着

タマモプラネットが大逃げを打った中、冷静にレースを進めていたと思います。
まずまずのレースができましたけど、もっと距離が伸びた方が良いかもしれません。

■9R インフェルノ 1人気1着

スタートが少し悪かったんですけど、
二の脚の速さで楽に2番手の位置を取り、直線入り口先頭からそのまま押し切りました。
休み休みレースを使っている馬ですが、能力は高いので、1600万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R ノーブルマーズ 4人気2着

楽な形で3番手の位置を確保。
直線入り口で一気に先頭に立ちましたが、内からクィーンチャームに出し抜けを食らってしまいました。

■11R(デイリー杯2歳S)カツジ 4人気2着

スムーズな形で先行して、道中の折り合いもまずまず。
直線に向いた時に良い手応えで、そこから一気に突き抜けるか…と思ったところ、
内からジャンダルムの強襲に遭ってしまい2着。相手が一枚上手でしたね。

■12R クールゼファー 競走除外


【5回東京3日】

■7R クインズサン 6人気4着

中団の内で脚を溜める競馬から差し切りを狙いましたが、4着まで。
もうちょっとレースが流れていたら、馬券圏内に入れたかもしれません。

■8R ホウオウパフューム 4人気4着

中団待機から直線での末脚勝負に懸ける競馬に。
展開が向かなかった中でも3着には入って欲しかったんですけどね…。

■9R アントーニオ 1人気7着

全く良いところがなかったですね…。
新馬戦のレベルが低かった、と解釈するしかなさそうです。

■10R バリス 2人気2着

1番人気・モズアスコットよりも後ろの位置になってしまったのが痛かったです。
でも、6歳の年齢を感じさせない走りを見せていますので、いずれ勝ち上がるチャンスがやってくると思います。

■11R(武蔵野S)モーニン 4人気9着

前残りの展開になる、という予想はバッチリだったんですが、スタートでまさかの出遅れ…。
道中で引っ掛かり気味に上がってしまいましたし、何もかもが裏目に出たレースでした。
復活を期待するのはもう難しいのかもしれませんね。

■12R ジュンザワールド 5人気10着

終始馬群の外を回る、というロスの多い競馬になったとはいえ、直線での伸びがサッパリ。
1000万下で即通用するほどの器ではなかったですね。


【3回福島3日】

■7R ジャポニカーラ 3人気1着

道中の位置取りがポイントでしたが、好スタートから楽な形で絶好位を確保できたのが良かったです。
直線入り口で先頭に立ってからもしぶとい脚を使っていましたし、順当勝ちだと思います。

■8R メイショウラバンド 2人気6着

中団の内から差し切りを狙いましたけど、馬群を上手くさばけず圏外に敗れました。
もう1列前にいけると思っていたので、道中の位置取りの悪さが最大の敗因だと思います。

■9R タイセイマルス 3人気2着

好位の外から上手く立ち回ったんですけどね…。
勝ったブレイヴバローズが強すぎました。

■10R ジャーミネイト 2人気1着

中団やや前めのインで脚を溜める競馬に。
勝負どころで迷わず馬群の外に出し、直線でもしっかりと末脚を披露しました。
文句ない勝ちっぷりでした。

■11R タマモアタック 2人気10着

レース序盤までは良い位置にいたんですけど、
ディグニファイドが一気の捲っていき、ペースアップしたところで置かれてしまいました。
定量の57kgになると、1000万下では厳しいのかもしれません。

■12R ルイ 4人気15着

トーセンアルバータとの激しいハナ争いに巻き込まれ、シンガリ負け。
ルイの楽な単騎逃げを予想していましたが、全然違うレース展開になってしまいました。


【5回京都4日】

■7R ユラノト 2人気2着

好位追走から直線で馬群の外に出し、
先に抜け出したザイディックメアを追いかけましたけど、もう一押しがききませんでした。

■8R デリスモア 3人気3着

52kgなら勝ち切れる、と考えていたんですけどね…。
ハンデが見込まれたトゥザクラウンに負けちゃいましたから、僕の見立てが甘かった、という事でしょう。

■9R マイスターシャーレ 1人気8着

ブラゾンダムールが押し上げていった時に対応できず、
直線で伸びそうな雰囲気もありましたが、最後はバタバタになってしまいました。

■10R クリノリトミシュル 2人気2着

ハイペースになり、差し脚堅実なクリノリトミシュルが台頭する、という見立て通りの結果だったんですけど、
1着のラインルーフは拾えなかったです…。

■11R(エリザベス女王杯)モズカッチャン 5人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で逃げるクロコスミアめがけて一気に追い上げ、最後の最後で差し切りました。
枠や展開に恵まれたとはいえ、クロコスミアが押し切る展開を差し切るのですから、大したものです。

■12R ジョーアラビカ 5人気7着

好位の外で行きたがる面を我慢させていたんですが、直線の末脚は不発。
もっと上がりが掛かる展開にならないと厳しいかもしれません。


【5回東京4日】

■7R オールデン 1人気8着

道中で折り合いがついていなかったように見えたので、
直線半ばで脚がパッタリと止まってしまいました。

■8R ノーフィアー 2人気10着

差し馬が上位に来ていますから、結果的には展開が向かなかった、という事になるんでしょう。
1400mも長いかもしれません。

■9R ヒストリア 4人気1着

後方待機から馬群の外に持ち出して、一気の差し切り勝ち。
低調なメンバーだったとはいえ、昇級初戦でいきなり勝ち切るのは能力が高い証拠だと思います。

■10R スターオブペルシャ 1人気2着

中団の位置で折り合いに専念し、直線で上手く馬群の外に持ち出せたんですけど、
ストーミーシーの末脚の方が一枚上手でしたね。

■11R トウショウピスト 5人気1着

果敢にハナを奪い、マイペースの逃げを打ち、そのまま粘り切りました。
同型不在のレースだったにしても、強い勝ち方でした。
快速馬・シーイズトウショウを母に持つ良血馬が、ようやく軌道に乗ってきたようです。

■12R シルバーポジー 1人気2着

前走6着から着順を上げた形になりましたけど、
ナムラミラクル相手に完敗し、3着馬にも詰め寄られる、という微妙なレースになってしまいました。


【3回福島4日】

■7R イタリアンホワイト 1人気1着

中団待機から楽な手応えのまま先頭集団に並びかけ、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
馬群の内でどん詰まり、という結果に終わった前走から一気の変わり身を見せてくれました。

■8R マッタナシ 4人気6着

スタートで出遅れて、急いで前に取り付いたものの、折り合いを欠く、という形に。
最悪なパターンになりながら、勝ち馬と0.3秒差ですから、500万下では地力上位の存在だと思います。

■9R メイショウオルソ 1人気1着

スムーズに先行し、直線でも持ったままの手応えで勝ち切ってみせました。
今回の内容なら、1000万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R アンヴァル 1人気1着

9Rに引き続いて、こちらも北村友騎手が持ったままの手応えで圧勝。
中1週プラス長距離輸送、という難しい条件でしたが、能力が違いすぎました。
アルーリングボイスの子供ですから、今後も短距離路線で頑張ってくれる事でしょう。

■11R(福島記念)スズカデヴィアス 3人気2着

折り合いを欠くサンマルティンを見ながらのレース。
勝ち馬のウインブライトが3〜4角でスムーズに進出したのに対し、
スズカデヴィアスは3〜4角でポジションを下げてしまったのが痛恨でした。
でも、前走からの変わり身を見せる好内容でしたから、次走以降もチャンスだと思います。

■12R ショウナンサスケ 3人気2着

縦長の展開になったおかげで、外枠特有のコースロスを極力減らす事ができました。
直線でも良い脚を使っているんですけど、終始楽な手応えだったオブリゲーションには及びませんでした。


日曜は、秋華賞のモズカッチャン1着、福島記念のスズカデヴィアス2着、と重賞の本命馬が頑張ってくれたんですが、馬券はハズレ…(>

[もっと見る]

⇒もっと見る

カツジの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カツジの写真

投稿写真はありません。

カツジの厩舎情報 VIP

2017年11月11日デイリー杯2歳S G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カツジの取材メモ VIP

2017年11月11日 デイリー杯2歳S G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。