サイレントハンター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1993年3月22日生
調教師大久保洋吉(美浦)
馬主臼田 浩義
生産者勝川牧場
生産地新冠町
戦績53戦[11-5-5-32]
総賞金47,417万円
収得賞金8,730万円
英字表記Silent Hunter
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
ヒロポリシー
血統 ][ 産駒 ]
バンブーアトラス
タイムポリシー
兄弟 ベイフィオーリヒロペニトレイト
前走 2001/10/28 天皇賞(秋) G1
次走予定

サイレントハンターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
01/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 134570.01213** 牡8 58.0 吉田豊大久保洋492(0)2.04.8 2.838.2⑨⑦⑦アグネスデジタル
01/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 123360.51212** 牡8 58.0 村田一誠大久保洋492(+6)1.46.6 1.336.5エイシンプレストン
01/05/26 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 137118.469** 牡8 58.0 吉田豊大久保洋486(0)2.00.8 0.938.5ミッキーダンス
01/05/13 福島 11 新潟大賞典 G3 芝2000 16247.021** 牡8 57.0 吉田豊大久保洋486(-2)1.59.5 -0.037.6オースミブライト
01/04/01 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 14712114.41012** 牡8 58.0 吉田豊大久保洋488(+2)2.00.0 1.637.2トーホウドリーム
01/03/04 中京 11 中京記念 G3 芝2000 16239.356** 牡8 57.5 吉田豊大久保洋486(+4)2.00.1 0.436.7ロードクロノス
01/02/17 京都 11 京都記念 G2 芝2200 142297.51211** 牡8 59.0 吉田豊大久保洋482(0)2.13.8 1.536.9マックロウ
00/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 112266.2810** 牡7 58.0 吉田豊大久保洋482(-6)2.16.3 2.538.5テイエムオペラオー
00/05/27 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 116718.054** 牡7 58.0 吉田豊大久保洋488(+8)1.59.3 0.837.3メイショウドトウ
99/11/27 京都 11 京阪杯 G3 芝1800 1861110.6513** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋480(-6)1.48.3 1.938.1ロサード
99/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1751088.51410** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋486(+2)1.59.0 1.037.0スペシャルウィーク
99/09/19 中山 11 オールカマー G2 芝2200 98810.144** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋484(-2)2.13.2 1.237.9ホッカイルソー
99/08/22 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1081028.778** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋486(-2)2.01.7 1.637.5セイウンスカイ
99/07/04 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16244.128** 牡6 59.0 吉田豊大久保洋488(+4)2.03.2 1.238.1ジョービッグバン
99/05/29 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 157133.014** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋484(+2)2.00.2 0.536.5ミッドナイトベット
99/04/04 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 12332.911** 牡6 57.0 吉田豊大久保洋482(-10)1.59.9 -0.135.7マチカネフクキタル
99/03/14 中山 11 中山記念 G2 芝1800 127104.224** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋492(+8)1.48.1 0.638.7キングヘイロー
99/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10445.133** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋484(-8)2.15.7 0.535.6エモシオン
99/01/24 中山 11 AJCC G2 芝2200 118103.432** 牡6 58.0 柴田善臣大久保洋492(0)2.17.3 0.535.9スペシャルウィーク
99/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 127103.411** 牡6 58.0 吉田豊大久保洋492(0)2.00.8 -0.136.5ニッポーアトラス

⇒もっと見る


サイレントハンターの関連ニュース

 1月5日の中山11Rで行われた第66回中山金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、吉田豊騎手騎乗の1番人気ツクバアズマオー(牡6歳、美浦・尾形充弘厩舎)が馬場の真ん中を伸びて待望の重賞初勝利。タイムは2分0秒6(良)。ダノンメジャーが引っ張る縦長の展開。ツクバアズマオーは後方3番手から徐々にポジションを上げていき、4コーナー手前でスパート。内で粘るクラリティスカイをかわして、暮れのオープン特別ディセンバーSからの連勝で、27戦目の初重賞タイトルを手に入れた。

 ◆吉田豊騎手(1着 ツクバアズマオー)「人気にもなっていたので勝ててよかったです。スタートがいつも癖がある馬で同じくらいには出れたんですが、自分のイメージよりは後ろからの競馬になりました。でも、前が飛ばしていたし、頭数もそれほど多くなかったので外に出してもそれほどふられることはないだろうと思っていました。いい競馬だったと思います。今年の初めに勝てたし、この馬でもっと大きいところにいけるように頑張りたいと思います」

 3/4馬身差の2着にクラリティスカイ(6番人気)、さらに2馬身半遅れた3着に好位から伸びたシャイニープリンス(4番人気)。

 中山金杯を勝ったツクバアズマオーは、父ステイゴールド、母ニューグランジ、母の父ジャイアンツコーズウェイという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は荻原昭二氏。通算成績は27戦7勝。重賞初勝利。中山金杯は、尾形充弘調教師は1983年ヨロズハピネスに次ぐ2勝目、吉田豊騎手は1999年サイレントハンターに次いで2勝目。

★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら

【3歳馬情報】スピッツコール2013年01月04日(金) 05:02

 【中山】父は2冠馬ネオユニヴァース、母の父が仏ダービーと凱旋門賞を勝ったパントレセレブルという本格派タイプの配合。中山の芝2000メートルは、近親のサイレントハンターが99年の中山金杯を逃げ切っていてゲンのいい舞台だ。武藤調教師は「良くなるのは先だけど、素質は感じる。自分の形でスムーズな競馬ができれば楽しみ」と、先々も含めて期待している。3日は美浦Wコースで5ハロン68秒1、3ハロン40秒0−13秒1をマーク。ひと追いごとに動きに迫力が出てきており、態勢は整っている。

[もっと見る]

【2歳戦結果】パリスドールが抜け出しV2009年08月30日() 05:04

 【小倉】8Rひまわり賞(九州産、OP、芝1200メートル)は、パリスドール(栗・川村、牝、父サイレントハンター)が2番手から抜け出して1番人気に応えた。1分10秒3(良)。太宰騎手は「自信を持って乗りました。最後はソラを使って(気を抜く)詰め寄られましたが、スピードが違っていた。一般馬とのレースの方が走りやすいかもしれない」と笑顔。小倉2歳S(9月6日、小倉、GIII、芝1200メートル)に連闘するかどうかは未定。

[もっと見る]

サイレントハンターの関連コラム

関連コラムはありません。

サイレントハンターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 5

札幌記念「女帝エアグルーヴ」圧巻の連覇。武豊「不在」のエアスピネルは「同門」の偉大な先輩に続けるか─Gambling Journal ギャンブルジャーナル// 2017年8月16日 16時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/08/post_4104.html


 同じ「エア」の勝負服を背負った英傑は札幌の地で凱歌を揚げることができるだろうか...
 今週末の札幌記念で約2ヶ月半ぶりにターフへ復帰するエアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)。今年の初勝利を飾った京都金杯から一貫してマイル路線を主戦場としてきたが、その京都金杯を勝って以降はめぼしい成績を挙げられず、目線を替えて2000mの札幌記念へ参戦となった。
 現役最強馬キタサンブラックとの兼ね合いから、デビュー以来苦楽をともにしてきた武豊騎手とのコンビが解消されるなど、何かと競馬ファンの注目を集めている同馬。3歳時にはクラシック戦線で安定した成績を残しており、今回の距離延長がそう悪い方に出るとは思いづらいが、それでも激しい気性面を考えると不安がないわけでもない。新鞍上のルメール騎手の手綱さばきにも期待したいところだ。
 ところで、札幌記念×「エア」といえば、昔からのファンならあの「名馬」を思い出さずにはいられないだろう。もちろん、1997年→1998年に牝馬ながら超ド級の圧勝で連覇を飾った女帝・エアグルーヴのことである。
 3歳時のオークスで初のG1制覇。当時はまだ母ダイナカールゆずりの並外れた身体能力だけで結果を出しているような印象があり、その後は調整難がたたってトライアルを使えず、直行で秋華賞へ出走。レース中の骨折で大敗し長期離脱を余儀なくされるなど、競走馬としての完成には至っていなかった。
 約半年のブランクを経て迎えた復帰初戦のマーメイドSを単勝1.9倍の断然人気に応えて快勝すると、続く2戦目に選ばれたのが札幌記念だった。


■次のページ▶▶▶ レースはまさにエアグルーヴの独壇場


 1995年のクラシックウィナーで前年のマイルCSを優勝していたジェニュインをはじめ、函館記念優勝馬アロハドリームなど牡馬の重賞ウィナーがひしめくなか、エアグルーヴは当然のように1番人気に推された。しかも、単勝オッズはマーメイドSを上回る1.8倍。まだ牝馬が一線級の牡馬と戦うことが珍しかった当時においては破格の高評価といっていい。
 レースはまさにエアグルーヴの独壇場だった。五分にスタートを切ると、鞍上の武豊騎手は中団外目のポジションを選択。道中は大きな動きもなく坦々と進み、勝負どころでほぼ馬なりのままマクリ気味に進出する。
 直線に入った時点で、すでにエアグルーヴは先行勢を射程に入れていた。残り250mで初めて右ムチを入れると、他馬を置き去りにグイッと伸びて勝負あり。2着以下を2馬身半突き放す完勝を収め、札幌競馬場に集まった大観衆に強烈なインパクトを残した。
 初の牡馬混合重賞タイトルをゲットした同馬は、次走に中距離路線の頂上決戦である天皇賞・秋を選択。前年の覇者バブルガムフェローとの極限の叩き合いを制してG1・2勝目を挙げた。エアグルーヴが当時の競馬界に与えた衝撃の大きさは、同年にG1を1勝しかしていないにも関わらず、その年の年度代表馬に選ばれたという事実からもうかがい知ることができる。
 翌1998年は初戦の大阪杯こそ勝利を手にしたものの、続く鳴尾記念2着→宝塚記念3着と煮え切らない成績で上半期を折り返した。そして連覇が期待された札幌記念。この時は昨年以上の1.3倍という過剰なほどの支持と、58キロという牝馬には厳しすぎる酷量を背負っての出走だった。
 しかし、そんな数々の逆風も女帝の前では意味をなさなかったようだ。ほぼイーブンのスタートから、この時は先団馬群の中ほどにポジション。2番人気のサイレントハンターが大逃げに持ち込む展開のなか、道中はゆったり構えてジックリと脚を溜めた。


■次のページ▶▶▶ 歴史的名牝は同時に類まれな洋芝巧者でもあった


4コーナーで前年と同じように徐々に進出すると、逃げ粘るサイレントハンターめがけて猛追。直線半ばで先頭に躍り出てからはもう役者が違った。結果的には2着以下に3馬身差をつけて楽勝。2着に入線したサイレントハンターと3着以下がさらに2馬身近く離れていたことからも、エアグルーヴが1頭だけ別次元の競馬をしていたことが推測できる。
 その年の有馬記念5着を最後に同馬はターフを去った。札幌競馬場では札幌記念の連覇を含み通算4戦3勝2着1回。歴史的名牝は同時に類まれな洋芝巧者でもあったのだ。
 同じ「エア」の冠名を受け継いだエアスピネルは、12戦のキャリアで洋芝を走った経験がない。どちらかといえば京都のような軽い馬場が得意なタイプだけに、タフな札幌が合わない可能性もある。同門のエアグルーヴにあやかって何とか初の洋芝を克服してもらいたいところだ。

サイレントハンターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サイレントハンターの写真

投稿写真はありません。

サイレントハンターの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

サイレントハンターの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。