マウレア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
マウレア
マウレア
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2015年2月1日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主落合 幸弘
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績 4戦[2-0-1-1]
総賞金3,690万円
収得賞金900万円
英字表記Mau Lea
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
バイザキャット
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Buy the Firm
兄弟 アユサンミルクマン
前走 2018/02/12 デイリー杯クイーンC G3
次走予定 2018/03/03 チューリップ賞 G2

マウレアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/12 東京 11 クイーンC G3 芝1600 165102.415** 牝3 54.0 戸崎圭太手塚貴久446(0)1.34.2 0.536.1テトラドラクマ
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 18249.143** 牝2 54.0 戸崎圭太手塚貴久446(-4)1.34.5 0.233.9⑧⑧ラッキーライラック
17/11/19 東京 9 赤松賞 500万下 芝1600 9892.111** 牝2 54.0 戸崎圭太手塚貴久450(0)1.37.1 -0.033.5⑤④ミュージアムヒル
17/10/14 東京 5 2歳新馬 芝1600 15463.121** 牝2 54.0 戸崎圭太手塚貴久450(--)1.37.3 -0.234.1⑤④ロンギングファロー

マウレアの関連ニュース

【チューリップ】スカーレット、古馬に先着12秒5 2018年2月23日(金) 05:05

 《栗東》フェアリーS2着のスカーレットカラー高橋亮、牝)は、CWコースで一杯に追われて6ハロン84秒3−12秒5。シャープな伸びでエーアガイツ(1000万下)に1馬身先着した。高橋亮調教師は「ジョッキー(岩田騎手)に感触を確かめてもらった。馬体も少し増えている感じだし、フレッシュな状態です」と好ムードを伝えた。

 《美浦》クイーンC5着のマウレア(手塚、牝)はWコースでゴール前仕掛けられ、5ハロン70秒8−13秒0。内の僚馬(3歳未勝利)に1馬身、中の僚馬(3歳未勝利)に2馬身先着した。「前回は追い切りが軽かったかもという反省点があるので、そのあたりを考えて調整。しっかり権利を取れるように仕上げていきたい」と手塚調教師。



スカーレットカラーの競走成績はこちら★マウレアの競走成績はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】クイーンS5着マウレアはチューリップ賞が有力2018年2月15日(木) 21:17

 ★クイーンS5着マウレア(美・手塚、牝)は、チューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)が有力。12着ツヅミモン(栗・藤岡、牝)は、放牧を挟み桜花賞(4月8日、阪神、GI、1600メートル)へ。

[もっと見る]

【3歳次走報】グレイル、皐月賞に直行 2018年2月15日(木) 05:00

 ★1番人気の共同通信杯で7着に終わったグレイル(栗・野中、牡)は、皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する。

 ★クイーンS5着マウレア(美・手塚、牝)は、チューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)が有力。12着ツヅミモン(栗・藤岡、牝)は、放牧を挟み桜花賞(4月8日、阪神、GI、1600メートル)へ。

 ★11日東京の500万下(芝1400メートル)で2勝目を挙げたイサチルルンルン(美・竹内、牝)は、国分恭騎手でフィリーズレビュー(3月11日、阪神、GII、芝1400)へ。

 

[もっと見る]

【クイーンC】ドラクマ、桜までNonstop! 2018年2月13日(火) 05:06

 第53回クイーンカップ(12日、東京11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)3番人気のテトラドラクマが好スタートから主導権を握り、府中の長い直線を力強く押し切った。通算2勝目で重賞は初制覇。12日に34歳になった田辺騎手は、誕生日を師匠の小西調教師との重賞Vで飾った。タイム1分33秒7(良)。今後は桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)などが視野に入る。1番人気のマウレアは3番手から伸びきれず5着に敗れた。

 デビュー17年目。関東を背負う立場まで力をつけた田辺騎手にとって、34歳のバースデーは特別な日になった。テトラドラクマを強気の騎乗で勝利に導き、2016年まで14年間師事した小西調教師に20年ぶりの重賞Vをプレゼント。師弟の絆で勝ち取った初めての重賞タイトルだ。

 「すごくセンスがあるし、どんな相手でも一生懸命に頑張ってくれる。小西厩舎の馬で重賞を勝つのがいつになるのかと思ったけど、勝ててよかった。先生は20年ぶり。(自分より)そっちの方がうれしい」

 “ダブルの喜び”に田辺騎手が笑みをこぼす。

 初コンビながら、息はぴったり。トップスタートを切るとすかさずハナへ。外から競りかけられて、2ハロン目から11秒0−11秒0−11秒4の速いラップになったが、人馬ともひるむシーンはなし。「結構、いいペースでいったけど、馬とけんかするよりはリズムを大事にした」と鞍上は主導権を渡さず、3コーナー過ぎから先頭へ。直線で追い出してからの反応も抜群で、外から追撃してきたフィニフティも余裕をもって3/4馬身差抑えた。

 「人間が素直で、大変なこともあっただろうけど、真っすぐ成長してきた。一緒に勝てたのはやっぱりうれしい」

 1998年1月のガーネットS(スーパーナカヤマ)以来5度目のJRA重賞制覇となった小西師も弟子との勝利に感慨深げ。久々の美酒をもたらしたテトラドラクマにも「フェアリーS(6着)は中山マイルの大外枠で難しかったけど、きょうはこの馬の良さが出せた。スピード、スタミナ、馬格もある。この感じなら男馬に入っても…」と賛辞を並べた。

 マイルがベストという判断から、目標は桜花賞NHKマイルCになりそう。いずれにしても、府中のマイルを早め先頭で押し切ったテトラドラクマの速力は、他陣営にとって大きな脅威だ。春のGI戦線も田辺騎手&小西師の師弟コンビが盛り上げる。(板津雄志)

★12日東京11R「クイーンC」の着順&払戻金はこちら

テトラドラクマ 父ルーラーシップ、母リビングプルーフ、母の父ファルブラヴ。鹿毛の牝3歳。美浦・小西一男厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績5戦2勝。獲得賞金4258万1000円。重賞初勝利。クイーンC小西一男調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。馬名は「古代ギリシャの銀貨の名称」。

[もっと見る]

【クイーンC】マウレア“不発”5着…戸崎「反応なかった」 2018年2月13日(火) 05:04

 1番人気のマウレアは3番手を進んだが、ジリジリとしか伸びずに5着に敗れた。「いい感じで運べましたが、最後は追ってからの反応がなかったですね…。返し馬では若さを見せるし、気性的なものなのかも」と戸崎騎手は精神面を敗因に挙げる。「残念ですね。もう少し頑張れると思いましたが…」と手塚調教師も肩を落とした。今後は様子を見て、チューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)を視野に入れる。

★12日東京11R「クイーンC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウレアの関連コラム

閲覧 847ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、11(日)に京都競馬場でG2京都記念、東京競馬場でG3共同通信杯が、12(月)に東京競馬場でG3クイーンCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京都記念は、重馬場のままG1馬4頭を含め全10頭がゲートイン。クロコスミアがハナに立って1〜2コーナーを通過。人気どころでは、アルアインが5番手で最も前目につけ、少し離れた6番手をレイデオロ、そこから再び2馬身ほど開いた7、8番手をモズカッチャンが追走していきます。前半1000mを63秒0(推定)のゆったりとした流れで通過し、ここでレイデオロはやや折り合いを欠くようにして進出を開始。大外を回るレイデオロ、そしてそれをピタリとマークするアルアインモズカッチャンは馬群の中を徐々に押し上げる形で直線へ。クロコスミアミッキーロケットの内を突いて最内からモズカッチャンが抜け出すと、外のレイデオロクリンチャーアルアインらも横一線。一旦は突き放した格好の内ラチ沿いモズカッチャンでしたが、クリンチャーレイデオロアルアインと馬場の中ほどを伸びる3頭に徐々に差を詰められながらラストの攻防へ。この争いを制したのは4番人気クリンチャーでした。最後まで鈍ることのない力強い脚どりで1馬身差をつけてV。重賞初勝利をあげています。2着には3番人気アルアインが入り、そのアルアインに最後交わされた1番人気レイデオロが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロくりーくプロ佐藤洋一郎プロスガダイプロ蒼馬久一郎プロろいすプロほか計8名が的中しています。
 
G3共同通信杯は、ポンと好スタートを決めたコスモイグナーツが逃げて前半800mは48秒0(推定)の淡々とした流れ。単勝1.8倍の1番人気に推されたグレイルは後方4番手の位置取りとなっての追走。先頭コスモイグナーツ、2番手エイムアンドエンドの2頭から後続は少し離された形で直線勝負へ。後続勢からは、ブラゾンダムールオウケンムーンといったところを筆頭に、徐々に追い出され前を行く2頭を追います。なかでも脚色良く内を伸びたオウケンムーンが、残り200mまで先頭を死守していたコスモイグナーツを捉えるとそのまま完全に抜け出す構え。結局、6番人気オウケンムーンが直後から伸びた3番人気サトノソルタス以下を退けそのまま先頭でゴール。3連勝で重賞初制覇を飾っています。3/4馬身の2着サトノソルタスから1馬身1/4差の3着には、10番人気エイムアンドエンドが粘りこんでいます。公認プロ予想家では、サラマッポプロほか計3名が的中しています。

G3クイーンCは、好スタートを決めたテトラドラクマアルーシャが並び掛けるように出ていき、この2頭が併走する形で主導権を握ります。軽快なペースでラップを刻み、最終的にはテトラドラクマが先頭に立って4コーナーを出ると、1番人気マウレアも直後のインに続き、2番人気ツヅミモンハトホルといったところも好位から追撃を開始。依然、手応え十分の先頭テトラドラクマに対して、1番人気、2番人気両馬はやや脚色劣勢で伸びを欠きます。代わって、外からフィニフティが内の各馬をまとめて交して単独2番手に浮上。しかし、この争いを尻目に3番人気テトラドラクマが悠々先頭で駆け抜け1着でゴール。重賞初勝利を挙げています。3/4馬身差2着の5番人気フィニフティから1馬身3/4差の3着には、7番人気アルーシャが入っています。公認プロ予想家では、山崎エリカプロジョアプロ夢月プロ霧プロ馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロほか計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
12(月)は東京2Rでの△テトラルキア−◎シャイニーロケット的中、G3クイーンCでの◎テトラドラクマ−△フィニフティ的中などの活躍で大幅プラスを達成。13(火)には小倉9Rでの▲ハルク−◎マイネルアムニス的中で計11万8,600円払戻しのスマッシュヒット。後半2日で連続プラス収支を達成した先週は、週末トータル回収率207%、収支17万2,760円プラスの好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
先週は、10(土)小倉11Rでの48万3,140円払戻し、12(月)東京8Rでの32万オーバー払戻しなどのビッグヒットをマーク!週末トータル回収率166%、収支47万8,700円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
12(月)の東京2Rを◎テトラルキア(単勝69.8倍)の予想で仕留め、計20万7,210円払戻しのビッグヒット!13(火)にも小倉2Rで◎サノラブ(単勝90.4倍)的中を披露し、計13万3,800円の払戻しを記録しました。週末トータルでは回収率117%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
10(土)京都2R小倉8Rと15万超払戻しを2本、12日(月)東京4R、13(火)小倉5Rでは10万超払戻しと、スマッシュヒットを量産。週末4日間トータルでは回収率112%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連複プリンセスプロ(179%)、【U指数】3連単プリンスプロ(125%)、おかべプロ(117%)、ゼット1号プロ(116%)、きいいろプロ(109%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
また先週は、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3〜25)』挑戦中の“プロ予想家候補生”たちが好調!KenKaelaさん(283%)、戸惑いさん(234%)、北の武ちゃんさん(181%)、豚ミンCさん(154%)、馬侑迦さん(130%)、内田の予想さん(127%)、ウマタッチさん(113%)らがトータルプラスの活躍を披露しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣に加え、『プロテスト』ファイナリストたちの予想が集うプロ予想MAXにご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月13日(火) 19:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜運用回顧〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(クイーンC G3)
閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『クイーンC G3』です。結果画像をご覧ください。





1番人気に推され当コラムでも3体のロボ全てが本命推奨の◎マウレアは、好位のインで絶好の位置取りかと思ったのですが不発......。ジリジリとしか伸びませんでしたね。残念ですが、まだ若い牝馬ですし前傾ラップは初めてでしたので、次走以降の挽回に期待したいと思います。





そして、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】




こちらも全ロボが75%を割り込む厳しい結果となってしまいました。全体不振の一因でもある東京・小倉での苦戦が、来週以降もポイントになってきそうです。ただ、指数のみで測れない開催中止の影響なども今週はあったと思いますし、そこは前向きに、また来週に期待したいと思います。



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年2月12日(月) 14:00 西野圭吾
第335回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜デイリー杯クイーンカップ G3
閲覧 615ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「デイリー杯クイーンカップ G3 」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、マウレアツヅミモンの2頭。
第2グループ(黄)は、オハナテトラドラクマの2頭。
第3グループ(薄黄)は、レッドベルローズのみ1頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位間に溝が生まれています。特にレッドベルローズライレローズ間に2.2の大きな溝が生まれています。キャリアの浅い3歳戦ですので額面通りには受け取れませんが、ハイレベルなレースに出走している馬には一定の評価をしたいと思います。

私の本命は◎テトラドラクマにしたいと思います。日曜は外が伸びにくい馬場状態。大外一気のタイプは割り引いて考えたいところで好枠を引いたこの馬を抜擢です。前走は1番人気に支持されましたが、中山1600mの大外枠、外からまくられる形で展開的にかなり厳しいレースとなってしまいました。今回は好枠、得意の東京戻りですし、巻き返しに期待します。相手は○マウレア。前走は窮屈な競馬でしたが、最後までしっかり伸びていますし、G1の舞台で4着馬をしっかり離しての3着という実績、経験はこのメンバーでは心強いです。▲は前走は展開的に厳しかったソシアルクラブ、まだ見限るのは早計と見ます。

【馬連BOX】
5,6,10

【ワイドBOX】
5,6,10

計6点

[もっと見る]

2018年2月12日(月) 12:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(クイーンC G3)
閲覧 321ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『クイーンC G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎マウレアで、勝率は23.2%と出ています。勝率自体も高いですし、2位以下とはダブルスコアに近い開きとなっていて、ここでは中心不動といった印象です。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】


<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎マウレアとの算出。勝率24.2%と比較的高めの状況も変わらずとなっています。○オハナ、▲アルーシャといった面々も競走馬ロボと同様に上位評価となっています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



マウレアは変わらず。少し勝率は下げたものの、それでも2位以下とは開きがある状況です。


【まとめ】
今回はマウレアが全てのロボで本命◎ということで、当コラム的には軸不動の印象です。ほかオハナアルーシャレッドベルローズといった中穴勢も軒並み上位評価となっていて、オッズも割れ加減な状況も相まって、1番人気から入っても期待値まずまずのレースといったところでしょうか。今からレースが楽しみです(^^)/



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年12月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第322回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜朝日杯フューチュリティステークス G1
閲覧 750ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「朝日杯フューチュリティステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ダノンプレミアムのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ステルヴィオから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアサクサゲンキタワーオブロンドンまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、カシアスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダブルシャープまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間に4.1ポイントと今回最大の開きが生じている状況。2歳G1ですので過信は禁物ですが、個人的に今回は一定の評価が必要な差と感じています。また、上位勢のほとんどに調教評価加点が入っている点も注目ポイントです。

ダノンプレミアムには一目を置きつつ、今回の本命は◎ケイアイノーテックとしました。そこは2歳戦ですし、◯はここ2戦稍重→稍重ときての今回良馬場、加えて少頭数→好枠といずれも好位からのスムーズな競馬ときての今回は微妙な最内枠......。阪神開催に移ってからのここ3年もなかなかに波乱含みのレースですし、人気の無いほうのディープを狙います。
朝日杯FS自体も14年、16年と優勝馬を出しているディープインパクト産駒(15年は出走自体なし)ですが、阪神JFでも好走馬を毎年のように輩出。先週も出走した4頭すべてが人気以上に走っていて、4番人気マウレアが3着好走。気になって調べてみると、やはり12月の阪神芝1600mでの2歳ディープ産駒の好成績(22-8-11-48)勝率24.7%複勝率46.1%が目立っています。牡馬に限って言えばさらに上昇し(12-4-5-12)複勝率60%超と、2歳冬での好調ぶりが際立つ状況となっていました。
ケイアイノーテックは、前走が約半年ぶりだったとはいえ+22kgはさすがに太かった印象。14年2着アルマワイオリも前走デイリー杯2歳S(4着)でほぼ同等のU指数をマークしたところから、本番で一気の上昇を見せて2着している例もありますので、今回穴を開ける可能性は十分と判断しました。本物の状態でない太目残り、休み明けの前走から、絞れて2戦目での上昇度があれば一発があっても。
評価を下げた○ダノンプレミアムですが、もちろんアタマ(というか、圧勝)まで警戒が必要と見ていますので、今回の私の馬券的には◎からの馬連と◎○からの3複で勝負としたいと思っています。
以下、相手は▲ダノンスマッシュダブルシャープといったところを上位評価しつつ、△ステルヴィオ、△アサクサゲンキ、△フロンティア、△タワーオブロンドン、△カシアス、△ファストアプローチまで手広く流します。


【馬連流し】
◎=印
5=1,2,3,6,8,10,11,12,14(9点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
5,1=2,3,6,8,10,11,12,14(8点)

計17点

[もっと見る]

2017年12月14日(木) 15:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』12/9,10の結果(阪神JF,中日新聞杯)
閲覧 431ビュー コメント 0 ナイス 1

12月10日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】▲ラッキーライラック(4.1倍)
2着:総合ポイント【4位】△リリーノーブル(5.5倍)
3着:総合ポイント【8位】☆マウレア(9.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のラッキーライラックが1着、第3グループ・総合ポイント4位のリリーノーブルが2着、第4グループ・総合ポイント8位のマウレアが3着という結果でした。


久しぶりの素直な総合評価1位本命(◎コーディエライト)で行ってみたんですけどね〜。結果、タテ目決着で、その本命◎選びがすべての結末となってしまいました。やっぱり、普段信じてあげていないからこういうことになるんですかね(^_^;)
半マイルは過去10年でも下から数えて何番目かというスローだったので想定通りではあったのですが、直線で内を通った先行馬たちは壊滅状態に。ただそもそも、“スローの差し決着”を想定できていないので当然の完敗ですね。


【馬連流し】
◎=○▲☆△△
17=2,4,7,11,18(5点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△△
17=4,11,18=1,2,4,7,8,11,12,18(21点)

計26点 払い戻し0円


続いて、12月9日(土)に行われました中京11Rの「中日新聞杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】メートルダール(5.4倍)
2着:総合ポイント【4位】ミッキーロケット(4.0倍)
3着:総合ポイント【12位】ロードヴァンドール(8.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のメートルダールが1着、第2グループ・総合ポイント4位のミッキーロケットが2着、第3グループ・総合ポイント12位のロードヴァンドールが3着という結果でした。


こちらは、指数差がなく、穴馬の期待値が高いと踏んで振り回したので諦めがつきます。気持ちいいぐらいの外れっぷりでした(+_+)しかし、2→1→5番人気で決まるとは......みなさん予想が上手ですこと。。。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウレアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 1

【チューリップ賞(G2)展望】武豊と新コンビ結成マウレアが「2歳女王」ラッキーライラックに挑戦状!王道・桜花賞トライアル開幕!─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月25日 16時11分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5912.html

 3月に入ると、3歳クラシック戦線もいよいよ本格化。4日には阪神競馬場で桜花賞トライアルのチューリップ賞(G2)が開催される。

 過去5年を振り返っても2014年の勝ち馬ハープスターが桜花賞(G1)、2016年のシンハライト、17年のソウルスターリングがオークス(G1)を制覇するなど、数多くのクラシックホースを送り出している王道トライアル。満を持す形でG2昇格を果たした今年も、世代をリードする好メンバーが集った。

 中心は当然、昨年の2歳女王ラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 新潟で行われた昨夏のデビュー戦を上がり3ハロン33.1秒の末脚で快勝すると、そこから3連勝。期待の新種牡馬オルフェーヴルの代表産駒として、一気に2歳女王の座まで駆け上がったラッキーライラック。

 デビュー戦で新潟の外回りコースを選択しているように、長い直線を利用して末脚を最大限発揮する競馬が合っている印象。鋭い脚をある程度の位置取りでも使えることが、2歳女王の大きなアドバンテージといえる。1週前追い切りでは、素軽い動きで併せ馬を突き放しており、松永幹夫調教師も「大きくなってきたね」と成長に目を細めていた。

 ここからは暮れの阪神ジュベナイルF(G1)と同じ、阪神マイルの連戦。主戦の石橋脩騎手としては、女王の貫禄を見せつけて本番に進んでおきたいところだろう。

 そんな2歳女王の逆転候補筆頭は、阪神ジュベナイルFで接戦を演じたリリーノーブル(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)に他ならない。

🏇次のページ 阪神ジュベナイルFで3着だったマウレアは武豊

 デビュー戦、白菊賞(500万下)を連勝して挑んだ昨年末の阪神ジュベナイルFでは、最後の直線で一度は先頭に立つ積極的な内容。最後は同じ勝負服のラッキーライラックの末脚に屈したが、3/4馬身差ならば十分に逆転は可能なはずだ。

 栗東の坂路で行われた1週前追い切りでは、併せ馬を3馬身置き去りにする圧巻の走り。藤岡健一調教師も「雰囲気がいい」と状態に自信を持って送り出せそうだ。鞍上は主戦の川田将雅騎手。ここで2歳女王に借りを1つ返しておきたいところだ。

 順当に行けば、上記2頭の一騎打ちが濃厚。だが、気になるのは阪神ジュベナイルFで3着だったマウレア(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、2月のクイーンC(G3)で敗れてしまったことだ。

 昨年末の阪神ジュベナイルFで4着以下に2馬身半という明確な差をつけたのが、勝ったラッキーライラックと2着のリリーノーブル、そして3着馬のマウレアだった。3者のタイム差は0.2秒しかない。

 そういったこともあって、前走のクイーンCでは1番人気に支持されたマウレア。しかし、最後の直線で本来の伸びを欠くと5着に敗戦。阪神ジュベナイルFのレースレベルに疑問が生じる内容となった。
次のページ スケールの大きな走りでデビュー戦を快勝したサラキア

この敗因を「追い切りが少し軽かった」と状態面に求めた陣営は、1週前追い切りで3頭併せ馬を敢行するなど意欲的な調整。新たなパートナーに経験豊富な武豊騎手を迎えるなど、巻き返しに燃えている。年明けを1度使ったアドバンテージを活かし、ここは今一度信用を取り戻して本番へ進みたいところだ。

 これら「3強」に割って入れるとすれば、スケールの大きな走りでデビュー戦を快勝したサラキア(牝2歳、栗東・池添学厩舎)が筆頭株か。

 ゲートで大きく出遅れるなど、若さを見せたデビュー戦。しかし、池添謙一騎手に促されるとスピードの違いで、あっさりと好位までポジションを上げている。やや促した分、折り合いに苦労する面はあったものの、最後の直線に入ると手応えの違いで簡単に押し切った。

 デビュー戦なので未知の部分も大きいが、1馬身3/4差に負かした2着馬が次走の未勝利戦を3馬身半差で圧勝。それらを相手に粗削りながらスケールを感じさせる走りだっただけに、2戦目の上積みは小さくはない。相手は揃ったが、ここで優先出走権を掴むようなら、G1制覇も見えてくるはずだ。

 他にもフェアリーS(G3)の2着馬スカーレットカラー、まだまだ見限れないフランケル産駒のシグナライズ、エルフィンS(OP)で3着したレッドランディーニなどがスタンバイ。伏兵陣も虎視眈々と桜花賞への切符を狙っている。

 昨年末の阪神ジュベナイルFから約3カ月。形勢は逆転しているのか、否か。2歳女王ラッキーライラックを中心に再度、クラシックの覇権を懸けた戦いが幕を開ける。注目のチューリップ賞(G2)は4日(土)の15時35分に発走予定だ。

 生化学研究所員 2018年2月25日() 16:20
神への道〜新章第二幕・実践編20180225〜
閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 4

 何とか取り乱すこともなく、仕切り直しての実戦初週を終えた。

実は、今回からこのサイトで使っている「予想エンジン」と「JRA-van」のスピード指数を馬券に反映させる割合を大きくしているのだが、遅い昼飯を食べている最中に、思わず箸を落としそうになった。

本命馬の、「JRA-van」」のスピード指数が、昼前までの数字から一転していたのだ。

…(・・;)?

思わず目が点になった。こんなことは今まで一度も無かった。そもそもJRA-vanのスピード指数、そしてJRA発表の「プレレーティング」(G1のみ)については、以前から予想に使っていたので、これはレース前には必ず確認していたのだが、当日のレース1時間前になってスピード指数が変わったことなど、今まで一度もなかったように記憶しているのである。

私の記憶違いなのか、システムが変更したのかは分からないが、とにかく指名した中山のレースの番、ラストプリマドンナのスピード指数は、私の記憶が確かならば今日の午前中までは70.6とかそんな感じの数字だったはずなのだが、昼飯を食っている最中にもう一度見て見ると「66.7」くらいに変わっていたのだ。

しかも「買う」か、「買わない」かを決める重要なファクターの一つである「メンバー中の指数順位」では
何と!!!!!馬券圏外の4番手評価に…(ーー;)

「え〜ッ!!!!?」思わずカウンターで箸を落とし、叫びそうになった。(笑)

しかもオッズを見て見ると「1.0倍から1.1倍」…(ーー;)

「1.0倍」ならば正直買う意味は全くない。「ない」どころか危険に身をさらすだけの「愚行」である(爆)

(なんだかなぁ…大丈夫かなぁ…)と思いながら休憩時間の後半を車で過ごして、せめて実況を聞こうと思って運転席に腰かけたら、ラジオの実況から聞こえてきたのは解説者の声。

「ラストプリマドンナは…前走は出負けして…」

最初に聞こえたのがこの声。(笑)

それでも何とか気を取り直そうと思い、座りなおした瞬間に、今度は職場から電話が…。

「飛び込みで面談にお見えになっている方がいらっしゃいますが…」

…(ーー;)


もうなんだか、「神様はそんなにしてまで私を勝たせたくはないのか…?」という感じなのである^^;

これまでの自分の勝負の流れからすると、

■「確実に」

■「全額」

■「JRAに没収」

される流れである^^;

(…まぁ…仕方ないか…(ーー;)…これも自分の定め…)と思い、職場に戻って、とりあえずは、その面談を全力投球。

そして…。

終わったのは15時…。

リアルタイムで実況を聴けなかったが、JRA-vanでレース映像を追った。

4角。7枠の馬は2頭とも先頭集団の前の方。どっちだ‥‥?どっちだ?外か?内か…。

次の瞬間、「」のゼッケンが見える。外だ!

3番手から2番手に…そのまま先頭を捕まえるか?  どうだっ…!?

どっちだ?いや、勝たなくていい!!3着で良いんだ!!! どうだ?  どうなんだ?





…^^;来ました。


ありがとう戸崎君。

君は下手だけど、背負った人気に対する「最低限」の、そして私にとっては「最高の」仕事をしてくれたよ…。(笑)

ということで、今週末の競馬はPAT資金 5300円 → 6900円で終了。^^

資金増加率130%。


【これまでの“資金運用”指名馬のレース結果】

1. 0210京都Rピリカクル 競争除外
2.0210小倉Rデルマカシャーサ 1着
3.0210京都Rビッグデータ 2着
4.0210小倉Rレイエスプランドル 1着
5.0211京都ぅ哀譟璽肇織ぅ 1着
6.0211京都レイデオロ 3着
7.0212東京マウレア 5着
8.0213小倉.Εンネプチューン1着
9.0213小倉ニシノプログレス 7着
10.0213小倉ぅ汽鵐謄ーニ 6着
11. 0217東京┘札ールモチンモク3着
12.0217東京マイネルファンロン2着
13. 0217東京ペルソナリテ   7着
14. 0218東京テイエムジンソク 12着
15.0224小倉▲泪奪好襯丱蹇璽 2着
16.0225中山ラストプリマドンナ 2着


複勝的中率 66.7%

[もっと見る]

 生化学研究所員 2018年2月24日() 03:01
〜勝ち組への道・新章第二幕・実戦〜
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 8

迷ったが、明日は小倉の2レースのみ。

コロシアムはレース数を稼ぐべく、最後まで迷った小倉の1レースをはじめ、何鞍か予想をするが、これからその小倉の2レースも、かける金額を下げようかと思っている。

考えてみれば、『1.1倍』、かなり美味しい倍率である。但し、“当てれば”の話だが(笑)

銀行に預けても100万円が1年で101万円にすらならない時代である。
仮に。仮にだが、1,.1倍の当たり馬券に100万円かけたら、わずか2分で110万円になるわけだ。必ず、いや、『11回に10回』で良い。こんな馬券を当てられれば、これを『得』と言わずに何と言うのか。

…ということで。

週中も色々と迷ったが、結局、この週末は、『当たる馬券』を買うことにする。

願もかけない。

縁起も担がない。

『来るべき馬が来る』レースを見極め、絞って買うことにする。

結果はまた明日(^_^;)

【これまでの“資金運用”指名馬のレース結果】

1. 0210京都Rピリカクル 競争除外
2.0210小倉Rデルマカシャーサ 1着
3.0210京都Rビッグデータ 2着
4.0210小倉Rレイエスプランドル 1着
5.0211京都ぅ哀譟璽肇織ぅ 1着
6.0211京都レイデオロ 3着
7.0212東京マウレア 5着
8.0213小倉.Εンネプチューン1着
9.0213小倉ニシノプログレス 7着
10.0213小倉ぅ汽鵐謄ーニ 6着
11. 0217東京┘札ールモチンモク3着
12.0217東京マイネルファンロン2着
13. 0217東京ペルソナリテ   7着
14. 0218東京テイエムジンソク 12着
15.0224小倉▲泪奪好襯丱蹇璽 2着
16.0225中山ラストプリマドンナ


複勝的中率 64.2%

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウレアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マウレアの写真

マウレア
マウレア

マウレアの厩舎情報 VIP

2018年2月12日デイリー杯クイーンC G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マウレアの取材メモ VIP

2018年2月12日 デイリー杯クイーンC G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。