注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ラインスピリット(競走馬)

注目ホース
ラインスピリット
ラインスピリット
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2011年3月26日生
調教師松永昌博(栗東)
馬主大澤 繁昌
生産者藤原牧場
生産地新ひだか町
戦績34戦[7-5-2-20]
総賞金16,191万円
収得賞金4,500万円
英字表記Rhein Spirit
血統 スウェプトオーヴァーボード
血統 ][ 産駒 ]
End Sweep
Sheer Ice
リボンストライプ
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
パワフルレデイ
兄弟 エアセレソンエアシャトゥーシュ
前走 2017/07/02 CBC賞 G3
次走予定 2017/07/30 アイビスサマーD G3

ラインスピリットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/02 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 183669.61415** 牡6 56.0 森一馬松永昌博438(+2)1.09.1 1.135.0⑦⑧シャイニングレイ
17/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1824111.31413** 牡6 57.0 森一馬松永昌博436(-10)1.09.8 1.136.0セイウンコウセイ
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 131111.465** 牡6 56.0 森一馬松永昌博446(0)1.08.1 0.333.5⑨⑨ダンスディレクター
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 163631.193** 牡6 58.0 森一馬松永昌博446(+2)1.08.3 0.333.6⑦⑥セイウンコウセイ
16/11/27 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 1861119.678** 牡5 56.0 森一馬松永昌博444(+2)1.11.6 1.336.5④④ネロ
16/10/30 新潟 11 ルミエAD OP 芝1000 1471111.841** 牡5 57.0 森一馬松永昌博442(-2)0.54.9 -0.232.4--トータルヒート
16/10/09 京都 11 オパールS OP 芝1200 134471.1131** 牡5 54.0 森一馬松永昌博444(+20)1.08.4 -0.134.1セカンドテーブル
16/08/21 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 131162.81112** 牡5 55.0 幸英明松永昌博424(-6)1.10.3 1.836.3⑤⑥バクシンテイオー
16/07/03 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 135630.91111** 牡5 55.0 森一馬松永昌博430(+2)1.08.0 0.833.1⑫⑫レッドファルクス
16/05/29 京都 10 安土城S OP 芝1400 184718.075** 牡5 55.0 森一馬松永昌博428(-8)1.21.5 0.334.2ミッキーラブソング
16/03/27 阪神 11 六甲S OP 芝1600 1661143.0106** 牡5 56.0 森一馬松永昌博436(+4)1.33.4 0.334.0ダノンリバティ
16/03/13 中京 11 トリトンS 1600万下 芝1400 145712.251** 牡5 57.0 森一馬松永昌博432(-6)1.21.4 -0.134.2トーキングドラム
16/02/21 京都 11 斑鳩S 1600万下 芝1400 107822.066** 牡5 57.0 森一馬松永昌博438(-2)1.24.1 0.636.4エイシンスパルタン
16/01/24 京都 11 石清水S 1600万下 芝1600 1581432.4108** 牡5 57.0 森一馬松永昌博440(+8)1.34.5 0.735.5ラングレー
15/12/06 中京 10 浜松S 1600万下 芝1200 1871430.886** 牡4 57.0 森一馬松永昌博432(+14)1.09.0 0.534.8ローレルベローチェ
15/11/15 東京 10 奥多摩S 1600万下 芝1400 1681618.988** 牡4 57.0 森一馬松永昌博418(-16)1.22.1 0.735.1ブラヴィッシモ
15/10/25 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 1561132.382** 牡4 57.0 森一馬松永昌博434(+16)1.08.2 0.133.7エイシンブルズアイ
15/08/02 小倉 11 佐世保S 1600万下 芝1200 135611.9411** 牡4 57.0 森一馬松永昌博418(-2)1.08.9 1.035.2ミッキーラブソング
15/07/11 中京 11 豊明S 1600万下 芝1400 182335.51318** 牡4 58.0 森一馬松永昌博420(-2)1.22.5 1.236.9④④ゴールドベル
15/04/05 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 164837.41216** 牡4 55.0 森一馬松永昌博422(-2)1.34.2 2.036.2モーリス

⇒もっと見る


ラインスピリットの関連ニュース

【古馬次走報】アクティブミノル、アイビスSDへ2017年07月06日(木) 05:03

 ★CBC賞3着アクティブミノル(栗・北出、牡5)、15着ラインスピリット(栗・松永昌、牡6)は、アイビスSD(30日、新潟、GIII、芝直1000メートル)へ。18着オウノミチ(栗・佐々木、牡6)は、バーデンバーデンC(16日、福島、OP、芝1200メートル)で巻き返しを図る。10着メラグラーナ(栗・池添学、牝5)は、ノーザンファームしがらきでのリフレッシュ放牧から、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)に直行する。

 ★安田記念2着ロゴタイプ(美・田中剛、牡7)、8着イスラボニータ(美・栗田博、牡6)は、ともに富士S(10月21日、東京、GIII、芝1600メートル)で秋のスタートを切ることが決まった。イスラボニータはルメール騎手が手綱を取り、その後はマイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)に臨む。

 ★ラジオNIKKEI賞勝ちのセダブリランテス(美・手塚、牡3)は、セントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)などを視野に。5着マイネルスフェーン(美・手塚、牡3)は、近日中にビッグレッドファーム鉾田に移動。6着サトノクロニクル(栗・池江、牡3)は、秋にひと叩きして菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)を目指す。11着ライジングリーズン(美・奥村武、牝3)は、福島の天工トレセンに移動。京成杯AH(9月10日、中山、GIII、芝1600メートル)を目標に。

 ★巴賞7着マイネルディーン(美・鹿戸、牡8)は、福島テレビOP(23日、福島、OP、芝1800メートル)へ。

 ★白川郷Sを制したアドマイヤロケット(栗・友道、牡5)は、阿蘇S(8月12日、小倉、OP、ダ1700メートル)で連勝を狙う。

 ★TVh杯を勝ったフルールシチー(栗・西園、牝6)は、キーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)で重賞取りを狙う。

 ★3月の六甲S8着後、休養中のハギノハイブリッド(栗・松田国、牡6)は、札幌記念(8月20日、札幌、GII、芝2000メートル)を視野に入れる。

 

[もっと見る]

【CBC賞】レースを終えて…関係者談話2017年07月03日(月) 05:01

 ◆酒井騎手(アクティブミノル3着) 「思っていた競馬はできた。前半はムキにならずに走れていて、(馬場の荒れた)内ラチ沿いでもよく辛抱してくれた」

 ◆国分優騎手(ティーハーフ4着) 「下も気にすることなく、ロスなくスムーズに乗れました」

 ◆大野騎手(スノードラゴン5着) 「直前の雨がよかった。58キロだったが、最後は長くいい脚を使うことができた」

 ◆和田騎手(ナリタスターワン6着) 「ロスのない競馬で、最後まで頑張った」

 ◆川須騎手(ラヴァーズポイント7着) 「4コーナーは、のめりながらもいい感じ。ただ、最後は苦しがってモタれた」

 ◆武豊騎手(トーセンデューク8着) 「しまいはきている。もう少し距離があった方がいいかもしれない」

 ◆荻野極騎手(オメガヴェンデッタ9着) 「前半でリズムを崩すところがあったが、積極的な競馬はできました」

 ◆藤岡佑騎手(エイシンスパルタン11着) 「前に行くレースをしていたので、先行できなかったのが痛かった」

 ◆菱田騎手(メイソンジュニア12着) 「前に行けたが、4コーナーで脚がなくなった」

 ◆福永騎手(アルティマブラッド13着) 「低めのフォームなので、軟らかい馬場に脚をとられた」

 ◆森一騎手(ラインスピリット15着) 「直前の雨が痛かった。3、4コーナーでは進んでいかなくなってしまった」

 ◆高倉騎手(アリンナ17着) 「周りが速くて前に行けず、追走で精いっぱいだった」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【CBC賞】シャイニングレイがG前急襲で2年半ぶり重賞V 2017年07月02日() 15:42

 7月2日の中京11Rで行われたサマースプリントシリーズ第2戦、第53回CBC賞(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、初の1200メートル戦だった2番人気シャイニングレイ(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)が北村友一騎手に導かれてV。2014年12月のホープフルS・GII以来、2年半ぶり2度目の重賞制覇を果たした。タイムは1分8秒0(良)。ハナ差の2着はセカンドテーブル(13番人気)で、さらに1馬身3/4離れた3着にアクティブミノル(8番人気)が入り、3連単41万7490円の好配当となった。

 レースは直前に雨が降り出す中、アクティブミノルがハナへ。2番手以降はラインスピリットセカンドテーブルオメガヴェンデッタメイソンジュニアなどが入れ替わる展開となった。1番人気メラグラーナは12〜13番手、シャイニングレイは後方3番手をそれぞれ追走。直線では、最内で粘り腰を見せていたアクティブミノルを、4コーナーで2番手につけていたセカンドテーブルがいったんかわしたが、さらにその外からシャイニングレイがメンバー最速の末脚(上がり3ハロン33秒2)で急襲。ゴール前の激戦を制した。メラグラーナは10着。

 シャイニングレイは、父ディープインパクト、母シェルズレイ、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は7戦4勝。CBC賞は、高野友和調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手「もともとスピードに勝る馬なので『1200メートルでも行きたがるかな』と思っていましたが、3〜4コーナーでやはり行きたがっていました。でも、直線に向くとすごくいい脚を見せてくれました。力があるし、いい馬ですね」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【CBC賞】厩舎の話2017年06月30日(金) 05:03

 ◆アクティブミノル・北出師 「デキはいいけど、攻めと実戦は違うからね。行かすつもりでブリンカーを着ける」

 ◆アリンナ・松元師 「距離はベスト。ハナにもこだわらない」

 ◆アルティマブラッド・音無師 「上がり1ハロン12秒2なら文句なし。堅実な走りに期待」

 ◆エイシンスパルタン・藤岡師 「行きっぷりがいいので、前半少し我慢させた。体調はいい」

 ◆オウノミチ・佐々木師 「この馬らしい動き。スムーズに折り合いがつけられれば」

 ◆オメガヴェンデッタ・安田隆師 「体はできている。少し時計のかかる渋った馬場になってほしいですね」

 ◆シャイニングレイ・高野師 「いい動き。高いレベルで安定しています」

 ◆スノードラゴン・高木師 「1度叩いて上向いてきた。馬場が湿ってくれた方がいい」

 ◆セカンドテーブル・水口騎手 「しまいを伸ばしていい動き。気持ちも入ってきました」

 ◆タイムトリップ・菊川師 「今回もいい状態。距離は1400メートルまでがいいと思う」

 ◆ティーハーフ・西浦師 「併せ馬でいい動き。衰えはなく、雨が降れば味方にもなる」

 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「動きは良かったね。マイルよりもいい。中京も合う」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「攻めの感じは悪くない。良馬場が前提だが、初の1200メートルも合うはず」

 ◆ナリタスターワン高橋亮師 「前回は発馬が良くなかった。状態はいい意味で変わりない」

 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「時計のかかる時間帯でも、動けていました。中京は重賞でも上位に走っていますから」

 ◆メラグラーナ池添学師 「弾むように走っていました。(馬場は)ボコボコじゃなければ大丈夫でしょう」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「久々は苦にせず、力も出せる仕上がり。雨馬場は良くない」

 ◆ラヴァーズポイント・川須騎手 「息遣いが良化。態勢は整った」

CBC賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【CBC賞】厩舎の話2017年06月29日(木) 11:24

 アクティブミノル・北出調教師「デキはいい。ブリンカーを着けて、やる気が出るかどうか」

 アリンナ・松元調教師「50キロとハンデが軽いので楽しみはある。古馬相手にどこまでやれるか」

 アルティマブラッド・音無調教師「ハンデは少し見込まれたが、この距離では堅実に走れる」

 エイシンスパルタン・藤岡調教師「時計は速くなったが、最後までしっかり。久々でも走れる」

 オウノミチ・佐々木調教師「この中間も動き自体は悪くない。スムーズに折り合いがつけば」

 オメガヴェンデッタ・安田隆調教師「体はできているのでサラッと。馬場が渋ったほうがいい」

 シャイニングレイ・高野調教師「状態は高いレベルで安定。ただ、OPと重賞では違いがある」

 スノードラゴン・高木調教師「ひと叩きして良化。硬さもなく雰囲気はいい。馬場がポイント」

 セカンドテーブル・吾郷厩務員「相手なりに走る馬。叩き3走目だし、展開が向けばやれても」

 タイムトリップ・菊川調教師「本質的には7F以下が合う。きれいな走りなので道悪はどうか」

 ティーハーフ・西浦調教師「7歳でも元気はいい。リズム良く走って、展開が向くようなら」

 トウショウドラフタ・萱野調教師「中京は合う。状態もいいし、展開が向けばやれるはず」

 トーセンデューク・藤原英調教師「初の6Fだが、武豊騎手ならうまく対応してくれそう」

 ナリタスターワン高橋亮調教師「状態は引き続きいい。ただ、重賞でメンバーが強いから」

 メイソンジュニア・渡辺調教師「ここへきて大人になりつつある。馬場が渋っても問題ない」

 メラグラーナ池添学調教師「競馬をしていないので前走のダメージは少ない。コースも合う」

 ラインスピリット・松永昌調教師「前走は内枠で行くしかなく…。あの競馬がここにつながる」

 ラヴァーズポイント・高橋康調教師「2着だった昨年のように、いつもよりスマートに作った」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインスピリットの関連コラム

閲覧 208ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 アイビスサマーダッシュ 2017年07月30日(日) 新潟芝1000m直


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-3-3-21](複勝率34.4%)
×なし [0-2-2-39](複勝率9.3%)

 基本的に実績馬が強いレース。しばらく大敗が続いている馬はもちろん、オープン特別や条件クラスのレースを主戦場としてきた馬も信頼できません。今年はこの条件をクリアしている馬がほとんどいないメンバー構成になりそう。例年よりも絞り込みやすいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→アクティブミノルネロ
主な「×」該当馬→シンボリディスコフィドゥーシアラインスピリット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2012年以降[4-3-3-20](複勝率33.3%)
主な該当馬→アクティブミノルフィドゥーシア

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年03月30日(木) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/25〜3/26)kmプロ・☆まんでがんプロが100万超の高額払い戻しを記録!
閲覧 767ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年03月24日(金) 11:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017高松宮記念〜
閲覧 1,517ビュー コメント 0 ナイス 1


中京芝1200m左回りで行われる高松宮記念
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
基本的には非常にタフでスピードを持続させるのが難しいコースですが、そうさせているのは芝の繊細さによるものでとにかくダメージを受けやすいのが原因です。
天候次第では週単位でも馬場傾向が変わってしまうため、時計が出なくなってきたかどうかは常にチェックするべきでしょう。
また加速をつけやすいコース形態ゆえになかなか馬群がばらけてくれず不利を受けやすいので、枠を考慮してレースをイメージしてみるのも大切です。
予想する側にとっては腕の見せ所、馬達にとっては運が必要なそれなりに荒れやすいレースと言えるでしょう。


■前走の分析■

クリスマス
●前走オーシャンS G3 3着 (経由7頭)
ロスなく立ち回ってしぶとく伸びた。
人気薄になりそうだが地力が足りていないイメージはなく、見せ場があってもおかしくはない。
スピードを活かせる綺麗な馬場なら。

シュウジ
●前走阪急杯 G3 8着 (経由3頭)
終始折り合いを欠く競馬で惨敗。
元から前向きな馬ではあるが、あの様子を見せられた以上、距離短縮でパフォーマンスを上げてくるのは間違いないだろうし本質的にもこの距離が合う。
落ち着き具合が鍵なのでパドックを見てから取捨選択をしたいところ。

スノードラゴン
●前走オーシャンS G3 8着 (経由7頭)
直線やや窮屈になりながらもじわじわ伸びてなだれ込む。
距離を短くする度にパフォーマンスを上げており、やはり1200m向きの馬。
豪脚を活かせる中京で能力を出し切ってくれるだろう。
高齢馬だが時計の掛かる馬場ならまだまだ軽視できない存在。

[もっと見る]

2017年03月23日(木) 13:30 覆面ドクター・英
高松宮記念2017
閲覧 3,079ビュー コメント 0 ナイス 5

エアレーション&シャタリングで逃げ残りにくい馬場となり、逃げ馬大好きな私も、逃げ得意な松山騎手も、あとはパワー優先馬場でディープ産駒も大苦戦している現状ですが、恒例の全頭診断いってみたいと思います。高松宮記念ショウナンカンプ(逃げ不利と言われていた中での大楽勝)の単勝などでガッツリ稼いで初の一口馬主参入したゲンのいいレースでもあります。(現在母父などで活躍馬だしているが当時は不発だったサザンヘイロー産駒やタイキシャトルと4分の3同血でデビュー戦勝利するも故障して引退して種牡馬入りするも不発だった馬など3頭所持したのがいい思い出です。当時は藤澤和厩舎らしく、なかなか出走しないのでヤキモキしたものですが(笑))

1番人気想定 レッドファルクス 中京大得意でもあり、現在のこの路線の国内暫定チャンピオンというような感じでしょうか。父スウェプトオーヴァーボードがその父エンドスウィープに比べて低評価になりやすい地味血統だが母系もスティンガーの居る本格派で、海外帰りの休み明けも外厩全盛時代の社台Fの馬で調整ぬかりなし。当然有力。

2番人気想定 メラグラーナ 南半球産でまさに現在ピークの時期なんだろうし、なんせ吉田和美さん名義になっている社台Fが連れてくるマル外は将来繁殖牝馬としても含めて本当に当たり引いてくる。前走も凄味のある末脚で、これまた当然有力。

3番人気想定 レッツゴードンキ 昨年夏の北海道シリーズでの1200Mも秋のスプリンターズSもパッとしなかったように本質的にはスプリンターでなく1400〜1600向きタイプと考える。ミッキーアイルのように本質スプリンターでなくても結果出してしまったりもあるが、あそこまでの力は無いと思われ、人気サイドで消すならこの馬か。

4番人気想定 シュウジ 前走の凡走で人気落とすようならヒモと考えていたが、まだ人気になりそうで前走あんだけ掛かると騎手も思い切った騎乗しにくく消しが妥当か。

5番人気想定 ソルヴェイグ スプリンターズS3着は中山特有の巧くいきすぎた典型で、器用さがある証明でもあるのだが中京の差し比べで一線級とやる力無いとみる。消しの予定。

6番人気想定 セイウンコウセイ 地味だが力つけてきていて是非ヒモには加えたい一頭。

7番人気想定 フィエロ 中山1200なら要らないのだろうが中京1200なら多少距離不足でも補えるだけの本来の力が上な馬で一発あるならこの馬か。通常高齢になってくるとズブくなりスプリント力落ちてくるのだが。栗東坂路で49秒台まだ出せるように元気一杯。内田騎手も好調で楽しみな一頭。

8番人気想定 ヒルノデイバロー はじめ門別で走ったり、ダートで出世した後に芝路線に転向したりとかなり異色な経歴だが、末脚強烈でヒモに加えたい一頭。

9番人気想定 ナックビーナス ダイワメジャー産駒らしい弱い相手なら粘り強さで頑張り通すのだが、この相手だときつい。消し想定。

10番人気想定 ワンスインナムーン 上昇一途の状況でレッツゴードンキには差された前走だが流れと通った馬場の影響もあり、本番では人気ないこちらを狙いたい。

11番人気想定 トーキングドラム 内すくって勝った前走だが人気このくらい無いようならヒモに加えてもいいくらい高齢だが使っていなくて現在ピークの状況。

12番人気想定 スノードラゴン さすがにもう買えない状況。

13番人気想定 クリスマス 夏の北海道シリーズはまた出番ありそうだがここでは。

14番人気想定 ラインスピリット オープン特別くらいまでの実力。

15番人気想定 ティーハーフ 末脚も衰え買える要素無し。

16番人気想定 トウショウピストシーイズトウショウは早い馬だったが、器小さい。

17番人気想定 レッドアリオン 短距離でもう少しやれるかと思ったがダメな現況で。

18番人気想定 ナガラオリオン 初芝で鋭い差し脚を見せたがここではきついか。

19番人気想定 バクシンテイオー 人気ほどダメでないと思うがさすがにここでは。

<まとめ>
有力(軸はこの中から)・・・レッドファルクスメラグラーナフィエロ

ヒモ・・・セイウンコウセイヒルノデイバローワンスインナムーントーキングドラム

[もっと見る]

2016年11月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年11月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(22)
閲覧 2,602ビュー コメント 0 ナイス 4

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年11月26日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の馬体重別成績(2012年以降)】
●490毀に [0-1-2-37](複勝率7.5%)
●490坩幣 [4-3-2-21](複勝率30.0%)
→近年は馬格のない馬が不振。また、枠番が6〜8枠だった馬も2012年以降[0-1-2-27](複勝率10.0%)と人気を裏切りがちでした。


▼2016年11月26日(土) 京都11R ラジオNIKKEI杯 京都2歳ステークス
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●1着 [2-2-2-8](複勝率42.9%)
●2着以下 [0-0-0-6](複勝率0.0%)
→オープン特別として施行されていた2013年以前もほぼ同様の傾向だったのですが、重賞に昇格した2014年以降の1〜3着馬は、いずれも前走の着順が1着。また、前走の4コーナー通過順が6番手以下だった馬は2014年以降[0-0-0-7](複勝率0.0%)、父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬だった馬は2014年以降[1-0-0-8](複勝率11.1%)なので、それぞれ評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝2000m内×ハーツクライ×2歳
→複勝率66.7%、複勝回収率185%


▼2016年11月27日(日) 京都11R オータムリーフステークス
【“同年、かつ中京か京都か阪神、かつ1600万下から上のクラスのレース”における優勝経験の有無別成績(2012年の太秦ステークス、2013年の京都オータムリーフプレミアム、2014〜2015年のオータムリーフステークス)】
●あり [4-3-3-15](複勝率40.0%)
●なし [0-1-1-31](複勝率6.1%)
→2012年以降、かつこのレースとほぼ同じ時期に京都ダ1200〜1400mで施行された3歳以上のオープン特別は、同年、かつ関西圏のレースを勝ち切っていた馬が優勢。しばらく優勝から遠ざかっている馬、関東圏のレースを主戦場としてきた馬は信頼できません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年10月13日号】コース別「大全奥義! 全買いデータ」分析編(16)〜京都芝内回り(1200m)〜
閲覧 995ビュー コメント 0 ナイス 1

週末使える強力データを、伊吹雅也プロ監修の「大全奥義! 全買いデータ」プロジェクトからご紹介するコーナー。取り上げるデータは馬券内率は勿論、その回収率も垂涎のデータとなっているため、ウマニティVIPクラブ会員限定公開とさせて頂いております。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<コース別「大全奥義! 全買いデータ」>

前開催も今開催も該当馬が大爆発! 京都芝1200m内は○○○○○○○○○○を買えば儲かる

【対象コース】
京都芝1200m内

【集計期間】
2013年10月05日〜2016年10月02日

【条件】

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインスピリットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 1

☆ラジオNIKKEI賞の予想☆
馬場状態
第1回福島競馬終了後、野芝の生育を促すよう更新作業を行うとともに、3〜4コーナーの内側などで部分的な芝張替を行いました。芝の生育は順調で、概ね良好な状態です。

天気予報
明日は曇り予報なんで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分46秒台の決着に対応できる方が無難かも?
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:どっちかいうと中団より前で競馬できる方が無難かな?
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。2・5・8番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、54kgの馬が4頭。56.5圓稜呂1頭。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
時計面とか脚質はあまり考慮せずに、
・小回りコースに対応できる器用さ
・1800mを問題なくこなせるスタミナ
・持久力勝負でも対応可能
などを満たすような馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎マイネルスフェーン
ホープフルS2着、京成杯3着など2000mで安定して走ってるんで、青葉賞・ダービーの2400mから1800mへの距離短縮はプラスやし、持久力勝負向きっぽいんで小回りコースの方が向いてそう。
56kgなのは気になるけど、このメンバーなら勝ち負け期待したいです。

本命馬がマイネルスフェーンに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
10倍以上つきそうなんで単勝でいいかな〜。

ということで、馬券は、
「単勝1点」
でいってみましょう。

☆ラジオNIKKEI賞 買い目☆
単勝 4(マイネルスフェーン) 2000P

☆CBC賞の予想☆
馬場状態
第2回中京競馬終了後、競走により傷んだ4コーナー内柵沿い及びゴール付近約500m2の芝張替を実施しました。また、コース全面の更新作業を実施し、その後も施肥や散水等の管理作業を行うことで芝の生育促進に努めました。回復が遅れている部分もありますが、全体的には概ね良好な状態です。

天気予報
明日は曇り予報なんで良馬場に回復するのかな?

過去5年で良馬場の年(16・14・13年)の1着馬の傾向
時計:1分7秒台の決着に対応できる方が無難かな?
展開:瞬発力勝負になりやすい。
脚質:中団ぐらいまでで競馬ができる馬がよさそう。
人気:1着馬3頭中、1・3・4番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬3頭中、53kg・56圈Γ毅賢圓稜呂1頭ずつ。

予想
過去5年で良馬場の年(16・14・13年)の1着馬の傾向を見ると、
前後半であまり差のない流れになりやすいのもあって、瞬発力がポイントになるけど、後方からだと間に合わないんで・・・。
中団ぐらいまでで競馬ができてメンバー中上位の上がり3Fでまとめれるような瞬発力勝負向きっぽい馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎アルティマブラッド
前めで競馬ができて、瞬発力勝負にも対応できるし、1分7秒台での好走実績もあるし、キャラ的にはほぼ完璧。
母アルティマトゥーレはスプリント戦線で活躍したんで血統面でも期待できそう。
重賞初挑戦なのがどうかだけが不安材料ですけど、ハンデ重賞で53kgの恩恵もあるんで重賞でも通用するかな?

本命馬がアルティマブラッドに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
単勝は狙いたいです。

「相手を選んでワイド流し」
勝ち切れなかった時の保険としてワイドで2・3頭に流しておこうかな?

ということで、馬券は、
「単勝」
「相手を選んでワイド流し」
でいってみましょう。

〇セカンドテーブル
ここ2走が2桁着順なのが気になるけど、前めで競馬ができて瞬発力勝負もOKやし、1分7秒台での好走実績もあるんで期待したいです。

▲ラインスピリット
中団付近からメンバー中上位の上がり3Fで馬券圏内に入ってくるかも?

☆CBC賞 買い目☆
単勝 12(アルティマブラッド) 2000P
ワイド 12−6・14 各1000P 合計4000P

☆巴賞の予想☆
馬場状態
3〜4コーナーの内柵沿いに若干の傷みが見られますが、全体的に良好な状態です。

天気予報
雨はなんとか大丈夫そうなんで良馬場かな?

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分46秒台〜48秒台まで幅広いので気にしなくていいかも。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団ぐらいまでで競馬ができて、4コーナー3番手以内にいるような馬がよさそう。
人気:1着馬5頭中、2番人気馬が3頭。1・3番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、57kgの馬が2頭。54圈Γ毅毅襭隋Γ毅境圓稜呂1頭ずつ。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
小回りコースだけあって、先行力・器用さ・持久力がポイントになってるんで、小回りコースでも中団ぐらいまでで競馬ができて1800mで持久力勝負になっても対応できる馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎アングライフェン
後方からの競馬になる可能性もあるけど、勝ってる時は好位からの競馬で勝ってる馬やし、持久力勝負もOKやし、ステイゴールド産駒は中距離の持久力勝負に強いんで好位〜中団で競馬ができれば勝ってもおかしくないかも。

本命馬がアングライフェンに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
このレース全く買う気しないけど、アングライフェンとサトノアレスの馬連買うよりは、アングライフェンの単勝の方がいいかな〜。

ということで、馬券は、
「単勝1点」
でいってみましょう。

☆巴賞 買い目☆
単勝 7(アングライフェン) 1000P

☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
CBC賞 アルティマブラッド

本命馬ですし、ここは狙い時な気がするんで指名しました。

☆買い目☆
複勝 12 1000P

☆7月2日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
函館5R(芝1200m) 指名馬 ブルベアカラシナ
スウェプトオーヴァーボード産駒は短距離得意なので期待。

中京5R(芝1600m) 指名馬 ローズベリル
ブラックスピネルの妹ということで期待。

中京6R(芝1400m) 指名馬 ケワロス
オーロマイスターの半弟でダイワメジャー産駒なので期待。

福島5R(芝1800m) 指名馬 スカルダイヤモンド
ドリームジャーニー産駒は小回り向いてそうなので期待。

福島6R(芝1200m) 指名馬 ニシノラプランセス
リーチザクラウン産駒は2歳戦強そうなのと内田騎乗に期待。

☆超おいしい単勝選手権☆
CBC賞 アルティマブラッド

複勝ころがしだけでなく、単勝も狙っていきますよ〜。

☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

☆おまけ☆
回転寿司屋さんに行って、シャリを食べずにネタだけを食べて画像をSNSに投稿する人がちらほらいるそうですけど、そんなことしたら、もったいないお化けが出ても知りませんよ〜。

(もったいないお化けのCMなんて若い人は絶対知らないでしょうね)

 銀色のサムライ 2017年06月29日(木) 21:07
CBC賞追い切り診断
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 10

昨日行われた帝王賞は伏兵・ケイティブレイブが差し切り勝ちをおさめました。

オールブラッシュとのハナ争いになるのかな?
と戦前は思っていたんですけど、蓋を開けてみたら、スタートで出遅れ、まさかの中団待機。

いつもと違う競馬になりましたので、「これは厳しいか…」という感じでレースを見ていましたが、
直線で抜け出したクリソライトをあっさり差し切り、初のG祇覇を果たしました。

展開が上手くハマった感は否めませんけど、
差す競馬で結果が出せたのは大きな収穫になったはずですし、
まだ4歳ですから、今後の成長も見込めると思います。

本命のクリソライトは完全な勝ちパターンに持ち込んだんですけどね…。
ケイティブレイブにあの鬼脚を使われてしまってはどうしようもありません。

アウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリームのドバイ組はいずれも凡退。
海外遠征帰り初戦でしっかりと仕上げるのはさすがに難しいのでしょう。
今回ばかりは致し方ない凡退だと思います。

それでは、今日の本題、CBC賞追い切り診断にいきましょう。

(注意点)
追い切りの時計や動きの良し悪しについては、
JRA−VANが提供している動画やデータからジャッジを下しています。


■アクティブミノル ★★★★

最終追い:栗東坂路 50.4-36.1-23.5-11.6(4F)

水曜・栗東坂路の一番時計をマークしました。
開門直後に追い切りられたので、良い時計になるのは当たり前かもしれませんが、
近走の成績不振を感じさせないくらい、良好な動きを見せています。

■アリンナ ★★★

最終追い:栗東坂路 56.9-41.8-26.4-12.5(4F)

時計が示す通り、上がり重視の追い切りだったのですが、
最終追い切りでしっかりと攻めきれないのは、体質的な問題があるんだと思います。

■アルティマブラッド ★★★

最終追い:栗東坂路 52.7-38.1-24.7-12.2(4F)

時計自体はそこそこですけど、迫力十分な動きを披露しています。
でも、舌を出す面が見られましたので、レースで気の悪い部分を見せると厳しいかも。

■エイシンスパルタン ★★★

最終追い:栗東坂路 52.1-38.1-25.0-12.6(4F)

2週前には栗東坂路で4F・49.1秒という破格の時計を叩き出していますので、
半年ぶりでも出走態勢は整っていると思いますが、最終追い切りの動きはやや緩慢な動きに見えました。

■オウノミチ 追い切り動画なし

最終追い:栗東坂路 53.7-38.7-24.8-12.2(4F)

■オメガヴェンデッタ ★★

最終追い:栗東CW 85.0-68.5-53.5-39.2-12.3(6F)

1週前に栗東坂路で53.0-38.3-24.6-12.1という右肩上がりのラップをマークしているのですが、
最終追い切りは2歳馬(トロワゼトワル)と併走して、先着を許してしまいました。
トロワゼトワルは日曜の新馬戦の有力候補なんですけど、2歳馬相手に遅れてしまったのはいただけません。

■シャイニングレイ ★★★

最終追い:栗東坂路 54.6-39.1-25.0-12.2(4F)

道中で頭を上げる場面こそありましたけど、力強い脚さばきで坂路を駆け上がっていきました。
若干スピード不足な感じがありますが、気難しいタイプなので、1200mは合うと思います。

■スノードラゴン ★★★

最終追い:美浦坂路 53.0-38.8-25.4-12.1(4F)

とても素軽い走りを見せていて、年齢的な衰えは感じません。
この馬なりに順調な仕上がりです。

■セカンドテーブル 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 82.6-67.0-51.7-37.5-11.6(6F)

■タイムトリップ ★★★

最終追い:美浦南W 67.3-52.7-38.1-12.8(5F)

リズムカルな走りでウッドコースを駆け抜けていたのですが、
2走前(NZT)と前走(NHKマイル)は併せ馬だったのに、今回は単走で追い切られた点が気掛かりです。

■ティーハーフ ★★★

最終追い:栗東坂路 51.6-37.5-24.8-12.4(4F)

7歳になりましたが、相変わらず良い時計を出していますので、順調だと思います。
今年の高松宮記念時の方が良い動きでしたけど、力を出せる状態に仕上がっています。

■トーセンデューク ★★★

最終追い:栗東CW 53.5-38.0-12.0(4F)

終い重点で軽めの追い切りでしたけど、
走りもブレていませんし、しっかりと仕上がっている事をうかがわせる内容でした。
パワータイプではないと思うので、戦績が示す通り、良馬場でこその馬だと思います。

■トウショウドラフタ ★★★★

最終追い:美浦南W 68.3-53.0-38.7-12.9(5F)

頭の位置が高いところが引っかかりますが、
前走(京王杯SC)時よりもスムーズな動きを見せていたと思います。
脚さばきもしっかりしていましたし、状態は良好です。

■ナリタスターワン 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 84.9-67.2-51.4-37.7-12.2(6F)

■メイソンジュニア ★★★★

最終追い:栗東坂路 53.0-38.3-24.8-12.3(4F)

ファルコンS時と比べると物足りない動きでしたけど、
坂路でべらぼうに動くタイプじゃないので、この馬なりには仕上がっているようです。

■メラグラーナ ★★★★★

最終追い:栗東坂路 53.5-37.6-24.7-12.3(4F)

やや緩い馬場状態でしたが、フォームがブレる事はなく、真っ直ぐに駆け上がってきました。
道中で抑えも利いていましたし、休み明けを感じさせない動きだと思います。

■ラインスピリット ★★

最終追い:栗東坂路 55.8-40.1-25.3-12.4(4F)

時計の通り、軽めの最終追い切りになりました。
まずまずの動きだったんですけど、舌を出していましたので、レースでの集中力が課題になりそうです。

■ラヴァーズポイント 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 53.1-38.5-12.5(4F)


追い切りの良し悪しだけなら、牝馬・メラグラーナのデキがズバ抜けていると思います。

実績的にも勝ち負けして当然の存在なんですが、
問題はレース当日の馬場状態。

道悪だと全然走らないタイプですから、悩ましいところです…。

他では、トウショウドラフタとメイソンジュニアの動きも良かったですし、
近走成績を無視すれば、アクティブミノルも面白い存在になると思います。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年06月27日(火) 06:53
競馬検討 CBC賞
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 9

CBC賞

アクティブミノル さて?

アリンナ 逃げて

アルティマブラッド 安定して

エイシンスパルタン 安定はして

オウノミチ ?

オメガヴェンデッタ さて?

シャイ二ングレイ さて?

スノードラゴン ダートの方が?

セカンドテーブル ?

タイムトリップ ?

ティーハーフ 安定はして

トウショウドラフタ 頭打ち

トーセンデューク ハマれば

ナリタスターワン ?

メイソンジュニア 瞬発力?

メラグラーナ もう一度

ラインスピリット ?

ラヴァーズポンイント ?

[もっと見る]

ラインスピリットの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ラインスピリットの写真

ラインスピリット
ラインスピリット

ラインスピリットの厩舎情報 VIP

2017年7月2日CBC賞 G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラインスピリットの取材メモ VIP

2017年7月2日 CBC賞 G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。