マテラスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2014年3月18日生
調教師森秀行(栗東)
馬主大野 剛嗣
生産者Lynch Bages LTD
生産地
戦績17戦[4-3-0-10]
総賞金5,876万円
収得賞金2,400万円
英字表記Matera Sky
血統 Speightstown
血統 ][ 産駒 ]
Gone West
Silken Cat
Mostaqeleh
血統 ][ 産駒 ]
Rahy
Istiqlal
兄弟
前走 2018/03/31 ドバイGシャヒーン G1
次走予定

マテラスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/31 アラ 6 ドバイGS G1 ダ1200 8--------5** 牡4 57.0 武豊森秀行--0000 ------マインドユアビスケッツ
18/02/17 京都 10 橿原S 1600万下 ダ1200 15585.821** 牡4 54.0 武豊森秀行518(+2)1.11.0 -0.836.2ジープルメリア
18/01/21 中山 10 頌春賞 1000万下 ダ1200 154712.161** 牡4 56.0 武豊森秀行516(-4)1.10.9 -0.237.5マンカストラップ
18/01/08 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1200 162418.162** 牡4 53▲ 川又賢治森秀行520(-2)1.11.8 0.337.5ハニージェイド
17/12/16 中山 8 3歳以上1000万下 ダ1200 164732.6114** 牡3 56.0 三浦皇成森秀行522(+8)1.11.5 0.737.3レレマーマ
17/12/02 阪神 12 3歳以上1000万下 ダ1400 1671463.8107** 牡3 56.0 松山弘平森秀行514(+4)1.24.6 1.737.7アディラート
17/10/29 東京 12 三峰山特別 1000万下 ダ1600 122243.1910** 牡3 55.0 内田博幸森秀行510(-2)1.38.1 1.237.3イーグルフェザー
17/10/09 京都 9 円山特別 1000万下 ダ1200 16238.328** 牡3 55.0 C.ルメー森秀行512(+8)1.12.7 1.236.4⑥⑦ゼンノサーベイヤー
17/09/10 阪神 9 新涼特別 1000万下 ダ1400 145822.797** 牡3 55.0 浜中俊森秀行504(0)1.24.0 0.936.7⑤⑥ディーズプラネット
17/04/30 京都 10 端午S OP ダ1400 165917.0713** 牡3 56.0 川又賢治森秀行504(-6)1.26.5 0.937.1⑬⑭マイネルバールマン
17/03/11 阪神 6 3歳500万下 ダ1200 137116.621** 牡3 53▲ 川又賢治森秀行510(-4)1.11.4 -0.135.8⑧⑧テイエムチェロキー
17/02/19 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 1558146.41311** 牡3 56.0 蛯名正義森秀行514(+2)1.38.8 1.036.5⑥⑤エピカリス
17/01/05 京都 3 3歳500万下 ダ1800 133314.0712** 牡3 56.0 V.シュミ森秀行512(0)1.55.4 2.940.2⑤⑤サンライズノヴァ
16/12/03 中京 10 寒椿賞 500万下 ダ1400 1181127.792** 牡2 55.0 V.シュミ森秀行512(+6)1.24.9 0.237.4⑪⑪シゲルベンガルトラ
16/11/05 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 1345190.8129** 牡2 55.0 山本聡哉森秀行506(+6)1.22.7 0.834.3⑨⑩モンドキャンノ
16/10/16 新潟 1 2歳未勝利 ダ1200 158151.811** 牡2 55.0 F.ヴェロ森秀行500(+2)1.13.1 -0.137.5⑥⑤キャプテンルフィ
16/09/24 阪神 6 2歳新馬 ダ1400 11336.242** 牡2 54.0 M.デムー森秀行498(--)1.26.1 0.738.6コーカス

マテラスカイの関連ニュース

 『2018年ドバイワールドカップデー諸競走』(3月31日、UAE・メイダン競馬場)は、日本馬が出走する4つのGIレースが海外馬券発売対象レースとなった。

 その1鞍目、6Rの第26回ドバイゴールデンシャヒーン(GI、北半球4歳以上・南半球3歳以上、ダート・左1200メートル、優勝賞金120万米ドル=約1億2750万円、8頭立て)は、J.ロザリオ騎手騎乗のマインドユアビスケッツ(牡5歳、アメリカ・C.サマーズ厩舎)が強烈な末脚で優勝。道中は最後方を追走。直線で大外に持ち出して2番手から抜け出したエックスワイジェットをゴール寸前でアタマ差かわして連覇を達成。勝ちタイムの1分10秒12(良)はトラックレコード。

 日本から参戦したマテラスカイ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎、武豊騎手)は道中3、4番手を追走し、5着に粘り込んだ。

 ◆5着 マテラスカイ

 武豊騎手「さすがにメンバーは強かったね。でもスピード負けはしていなかった。先手は取れなかったけど、戸惑っていなかった」

 森秀行調教師「今までと相手が違ったが、4コーナーで追いつくところを見せた。砂をかぶっても嫌がらなかったのは収穫」

【ドバイゴールデンシャヒーン】大外一気!マインドユアビスケッツが連覇 2018年4月1日() 00:11

 『2018年ドバイワールドカップデー諸競走』(3月31日、UAE・メイダン競馬場)は、日本馬が出走する4つのGIレースが海外馬券発売対象レースとなった。

 その1鞍目、6Rの第26回ドバイゴールデンシャヒーン(GI、北半球4歳以上・南半球3歳以上、ダート・左1200メートル、優勝賞金120万米ドル=約1億2750万円、8頭立て)は、J.ロザリオ騎手騎乗のマインドユアビスケッツ(牡5歳、アメリカ・C.サマーズ厩舎)が強烈な末脚で優勝。道中は最後方を追走。直線で大外に持ち出して2番手から抜け出したエックスワイジェットをゴール寸前でアタマ差かわして連覇を達成。勝ちタイムの1分10秒12(良)はトラックレコード。

 日本から参戦したマテラスカイ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎、武豊騎手)は道中3、4番手を追走し、5着に粘り込んだ。

 ◆5着 マテラスカイ

 武豊騎手「さすがにメンバーは強かったね。でもスピード負けはしていなかった。先手は取れなかったけど、戸惑っていなかった」

 森秀行調教師「今までと相手が違ったが、4コーナーで追いつくところを見せた。砂をかぶっても嫌がらなかったのは収穫」

[もっと見る]

【ドバイゴールデンシャヒーン】日本馬直前情報 2018年3月31日() 05:02

★(5)マテラスカイ 余力あり好気配

 連勝中の上がり馬は、ダートを元気良く周回した。「余力もあるし、状態はすごくいい。米国の馬は相当強いけど、昔よりここのダートも少し深くなって日本に近づいているし、この馬に合っていると思って連れてきた」と森調教師。

[もっと見る]

【ドバイワールドCデー諸競走】追って一言2018年3月29日(木) 05:05

★シーマクラシック

 ◆モズカッチャン・梛木助手 「集中しきれていないところもありましたが、全体的に動けていたし、仕上がっていると思います」

★ターフ

 ◆クロコスミア・北添助手 「半マイルから流す程度でしたが、いいリズムで走れていました。芝コースは少し硬いかなと感じるところもありますが、この馬には向いていると思います」

 ◆ディアドラ・込山助手 「朝露がおりてさほど馬場(芝)の硬さは感じないコンディションの中で、仕掛けてからの反応は良かった。枠順(13)番も内すぎなければいい」

★ゴールデンシャヒーン

 ◆マテラスカイ武豊騎手 「1頭だと戸惑いながら走る感じはあるが、ゴーサインを出すとすぐに反応していた。スタートを決めて持ち前のスピードを生かしたい」

[もっと見る]

【ドバイWCデー諸競走】日本馬14頭が現地に到着 2018年3月22日(木) 19:25

 3月31日(土)に、アラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で行われる『2018ドバイワールドカップデー諸競走』に出走予定の日本馬14頭が、チャーター便でドバイ国際空港に到着した。3月20日(火)14時に成田空港を出発して約11時間40分のフライト(ドバイ国際空港到着は現地時間の20時40分頃=日本時間21日(水)1時40分頃)だった。

ドバイワールドカップ・GI=ダート2000メートル】

アウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)

ドバイシーマクラシック・GI=芝2410メートル】

サトノクラウン(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)

モズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎) 

レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)

ドバイターフ・GI=芝1800メートル】

ヴィブロス(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)

クロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎)

ディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)

ネオリアリズム(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎)

リアルスティール(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)

ドバイゴールデンシャヒーン・GI=ダート1200メートル】

マテラスカイ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎)

【UAEダービー・GII=ダート1900メートル】

タイキフェルヴール(牡3歳、栗東・牧浦充徳厩舎)

ルッジェーロ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)

【ゴドルフィンマイル・GII=ダート1600メートル】

アキトクレッセント(牡6歳、栗東・清水久詞厩舎)

アディラート(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)

[もっと見る]

【ドバイWC諸競走】レイデオロなど14頭が決戦の地に到着 2018年3月21日(水) 18:43

 JRAは3月21日、ドバイワールドカップデー諸競走(31日、メイダン)参戦のため20日に日本から出国したレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳、出走レース=シーマクラシック)やサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳、同)など14頭が、ドバイ国際空港に到着したと発表。

 14頭を乗せた成田国際空港発のEY9946便は、21日の深夜1:40頃(現地時間20日20:40頃)に到着。決戦の地に降りたった日本馬たちは、これから本番に向けて調整されていく。14頭は以下のとおり。



アウォーディー  (牡8歳・栗東・松永幹夫厩舎)ドバイワールドカップ(GI)サトノクラウン  (牡6歳・美浦・堀 宣行厩舎)ドバイシーマクラシック(GI)モズカッチャン  (牝4歳・栗東・鮫島一歩厩舎)ドバイシーマクラシック(GI)レイデオロ    (牡4歳・美浦・藤沢和雄厩舎)ドバイシーマクラシック(GI)ヴィブロス    (牝5歳・栗東・友道康夫厩舎)ドバイターフ(GI)クロコスミア   (牝5歳・栗東・西浦勝一厩舎)ドバイターフ(GI)ディアドラ    (牝4歳・栗東・橋田 満厩舎)ドバイターフ(GI)ネオリアリズム  (牡7歳・美浦・堀 宣行厩舎)ドバイターフ(GI)リアルスティール (牡6歳・栗東・矢作芳人厩舎)ドバイターフ(GI)マテラスカイ   (牡4歳・栗東・森 秀行厩舎)ドバイゴールデンシャヒーン(GI)タイキフェルヴール(牡3歳・栗東・牧浦充徳厩舎)UAEダービー(GII)ルッジェーロ   (牡3歳・美浦・鹿戸雄一厩舎)UAEダービー(GII)アキトクレッセント(牡6歳・栗東・清水久詞厩舎)ゴドルフィンマイル(GII)アディラート   (牡4歳・栗東・須貝尚介厩舎)ゴドルフィンマイル(GII)

★レイデオロの競走成績はこちら★サトノクラウンの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

マテラスカイの関連コラム

関連コラムはありません。

マテラスカイの口コミ


口コミ一覧

先週末のG1回顧

 マリオおっさん 2018年4月3日(火) 20:37

閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 3

ドバイ(日本馬が出ていたレース)と大阪杯をいつものように独断で回顧。(長文になっていますm(__)m)
ドバイは画面とネット情報を頼りにラップタイムも出しました。(ネット情報がないレースは表示の関係で多分ズレがあります。)

ゴドルフィンマイル→47.4-48.8(前後半800m)
ペースは日本で考えると早め。アディラートは好位で脚を溜めて現地の人気よりは健闘したが、最後は力差を感じる3着だった感。アキトクレッセントは出遅れて勝負にならなかったが、それにしても負けすぎ。今後も心配になる負け方。勝ったのは1番人気。大出遅れのセカンドサマーがかなり追い込んでいたけど外国馬。

UAEダービー→59.2(1000m)-55.9(900m)(※ラスト4F→49.9)
ここも日本基準だとペースは早め。日本馬は前半からついていくのに苦戦し、コーナーで遅れて見せ場なし。勝ったのは1番人気を争っていたメンデルスゾーン。18馬身半もの大差をつけて圧勝。馬場の問題もあるが、レコードのおまけつき。ここまで強いと、日本馬で負かせる馬は思いつかないレベル。

ドバイゴールデンシャヒーン→34.4-35.7(600mずつ)
日本と比べても前半は特に変わらないペース。ただ上がりが早かったか、マテラスカイは好位確保から残り200までは踏ん張っていたが、最後は力尽きて後退。これは健闘した方だと言える。日本のオープン~G3ぐらいなら。勝ったのはこの上がりで豪快に差し切ったマインドユアビスケッツ。連覇を達成したらしい。

ドバイターフ→58.9(1000m)-11.7(その後200m)-35.4(ラスト600m)
一頭やや離した逃げを打った馬がいたが、それ以外はそこまで早くないペース。2番手にいたベンバトルが逃げ馬を交わして後は押し切る競馬。日本馬3頭の中では休み明けのリアルスティールが1枚評価としては上の内容。残りの上位2頭は末脚が物足りなかった。そして負けた日本馬2頭はなぜ先行しなかった?

ドバイシーマクラシック→66.5(1000m)-36.5(その後600m)-11.5(200m)-34.9(ラスト600m)
日本の長距離戦でもなかなか見ないスローペース。このペースでは折り合い重視で脚を溜める競馬に徹した日本馬に出番はなし。逃げたホークビルが直線はむしろ離して逃げ切り。レイデオロはダービーみたいにまくれる状況でまくっていたら面白い勝負にはなっていたか。ただ、少し力差があった気もする。

ドバイワールドカップ→62.1(1000m)-11.8(その後200m)-11.6(200m)-35.8(ラスト600m)
この日のダートはレコードが続出するような馬場。この馬場を考えるとスローペース。日本基準でもやや遅いペース。逃げ馬のノースアメリカの出負けが大きいか。(もっとも、ゲートを出ても力が足りたかは疑問。)アウォーディーはスタート直後こそ好位が取れたように見えたが、少しずつ後退し、気づけば後方で厳しくなっていた。さすがに能力の壁。このペースだと、マイペースに持ち込んだサンダースノーが後方を離して楽々逃げ切り。そしてまたレコード。去年のUAEダービーの勝ち馬らしく、この日のこの舞台が得意なのか。

大阪杯→G1であることを考えるとなかなかのスローペース。(去年のマルターズアポジーが59.6秒。)向正面でまくったスワーヴリチャードが直線は右回りの悪癖も抑えてG1初制覇。ただ個人的には、この競馬をして内ラチを使えば左右も関係なくなるように感じる。まだ右回り克服と考えるのは早いか。ペルシアンナイトは理想の競馬をしてくれたが、この差は力差か。アルアインはこの距離なら堅実。サトノダイヤモンドは鞍上を変えれば巻き返し十分か。

 ちびざる 2018年3月31日() 23:37
【海外競馬】ドバイゴールデンシャヒーン(GⅠ)の予想
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:⑥ロイエイチ
〇:⑨ジョーダンスポート
▲:②エックスワイジェット
△:⑤ マテラスカイ



【買い目】

馬単流し
⑥→③②⑤


◎は指数1位の⑥ロイエイチとしてました。
kp指数が86でオッズが1.3倍
と申し分ない数字です。
加えて、指数2位との差が17の指数の断層が発生しています。
さらに5倍のオッズ断層もあわせて発生してます。

○は、指数4位の⑨ジョーダンスポートとしました。
指数4位ながら、指数5位との間に22の指数断層が発生しています。
さらに、10倍以上のオッズ断層も発生しています。
加えて、指数オッズ上昇馬「+1」で好走条件を満たしています。

▲は、指数2位の②エックスワイジェットとしました。
指数3位との間に7の指数断層が発生しています。

△は指数6位の⑤マテラスカイにしました。
このオッズはかなりひいき目のオッズだとは思いますが、
それでも指数オッズ上昇馬「+1」になりました。
さらに、10倍以上のオッズ断層も発生しています。
一応押さえておきます。

[もっと見る]

 スペースマン 2018年3月31日() 23:33
ドバイ6レース、
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 0

ロイエイチは、強いぞ!

ロイエイチ→マテラスカイ?

[もっと見る]

⇒もっと見る

マテラスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:164人 2017年2月11日() 20:36:24
2017年1月5日(木)京都ダート・右 1800m

マテラスカイの写真

投稿写真はありません。

マテラスカイの厩舎情報 VIP

2018年2月17日橿原ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マテラスカイの取材メモ VIP

2018年2月17日 橿原ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。