ダイアナヘイロー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2013年5月5日生
調教師大根田裕之(栗東)
馬主株式会社 駒秀
生産者大西ファーム
生産地浦河町
戦績20戦[7-4-1-8]
総賞金17,798万円
収得賞金6,450万円
英字表記Diana Halo
血統 キングヘイロー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ヤマカツセイレーン
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ヤマカツサクラ
兄弟 ココロナルハゴールデンヘイロー
前走 2018/03/25 高松宮記念 G1
次走予定

ダイアナヘイローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1851045.51118** 牝5 55.0 松山弘平大根田裕462(-8)1.09.9 1.436.5ファインニードル
18/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1871316.871** 牝5 54.0 武豊福島信晴470(-8)1.20.1 -0.034.6モズアスコット
18/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 18483.9116** 牝5 55.0 武豊福島信晴478(+2)1.09.7 1.435.4ファインニードル
17/10/01 中山 11 スプリンター G1 芝1200 164710.4415** 牝4 55.0 武豊福島信晴476(0)1.08.3 0.734.2レッドファルクス
17/08/20 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 18595.731** 牝4 53.0 武豊福島信晴476(+6)1.07.5 -0.134.6ナリタスターワン
17/07/30 小倉 11 佐世保S 1600万下 芝1200 167134.921** 牝4 55.0 武豊福島信晴470(+4)1.07.7 -0.034.1ニシノラッシュ
17/06/25 阪神 9 皆生特別 1000万下 芝1200 9441.711** 牝4 54.0 武豊福島信晴466(0)1.08.9 -0.234.4スマートグレイス
17/06/03 阪神 9 戎橋特別 500万下 芝1200 15231.711** 牝4 55.0 武豊福島信晴466(0)1.07.7 -0.334.5パーリオミノル
17/05/27 京都 9 御池特別 1000万下 芝1200 16353.112** 牝4 55.0 武豊福島信晴466(+2)1.08.6 0.035.2フジノパンサー
17/02/19 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 18354.318** 牝4 55.0 北村友一福島信晴464(+8)1.08.8 0.535.1⑫⑫スカイパッション
17/01/28 中京 11 中京スポーツ 1000万下 芝1200 18362.517** 牝4 54.0 菱田裕二福島信晴456(0)1.08.5 0.734.8ニシノラディアント
17/01/05 京都 12 4歳以上1000万下 芝1200 16243.112** 牝4 54.0 武豊福島信晴456(-8)1.08.3 0.134.1オールインワン
16/12/03 中京 12 鳥羽特別 1000万下 芝1400 18113.224** 牝3 54.0 武豊福島信晴464(-2)1.20.0 0.234.9⑦⑦エスティタート
16/11/06 京都 9 醍醐特別 1000万下 芝1200 18483.712** 牝3 54.0 幸英明福島信晴466(-4)1.08.4 0.134.3ナリタスターワン
16/10/22 京都 9 壬生特別 1000万下 芝1200 13572.013** 牝3 53.0 武豊福島信晴470(+16)1.08.0 0.534.4ナインテイルズ
16/05/01 京都 5 3歳500万下 芝1200 15341.811** 牝3 54.0 武豊福島信晴454(-6)1.07.9 -0.734.2サイタスリーレッド
16/04/09 阪神 6 3歳500万下 芝1600 13682.314** 牝3 54.0 武豊福島信晴460(+6)1.34.3 0.335.2ハクサンルドルフ
16/03/13 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 18237.044** 牝3 54.0 国分優作福島信晴454(-4)1.22.5 0.434.5⑫⑬ソルヴェイグ
16/02/06 京都 10 エルフィンS OP 芝1600 113319.472** 牝3 54.0 菱田裕二福島信晴458(-4)1.36.4 0.234.2レッドアヴァンセ
16/01/24 京都 6 3歳新馬 芝1600 1661211.161** 牝3 54.0 国分優作福島信晴462(--)1.36.2 -0.435.0ミッキーグッドネス

ダイアナヘイローの関連ニュース

 3月25日の中京11Rで行われた春のJRA・GI第1弾、第48回高松宮記念(4歳以上オープン、芝1200メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)が差し切り勝ちを収め、待望のGI初制覇を果たした。タイムは1分8秒5(良)。2着はレッツゴードンキ(3番人気)、3着はナックビーナス(10番人気)だった。



 連覇がかかっていたセイウンコウセイダイアナヘイローがレースを引っ張った。中団の内にいたレッツゴードンキが直線で先頭へ。しかし、ファインニードルが中団の外からグングンと脚を伸ばし、ゴール前でハナ差で差し切った。同じく中団を進んでいたナックビーナスが、さらに1/2馬身差の3着。セイウンコウセイ(5番人気)は6着で、後方2番手にいた昨年のJRA賞最優秀短距離馬レッドファルクス(1番人気)は8着に終わった。

 ファインニードルは、父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト、母の父マークオブエスティームという血統。北海道日高町のダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は24戦8勝。重賞は重賞は2017年産経賞セントウルS・GII、18年シルクロードS・GIIIに次いで3勝目。高松宮記念高橋義忠調教師、川田将雅騎手ともに初優勝。



 ◆川田将雅騎手「この馬のリズムで走れて、いい(形で)前半を進んでいるなと思いました。左回りは心配していたんですけど、スムーズに走ってくれましたね。(最後は)『なんとか届いてくれ』と思いました。前回もいい内容で勝ってくれて、成長していることを感じましたし、勝ちにいく競馬をしようと組み立てました。馬主の登録が(H.H.シェイク・モハメドから)ゴドルフィンに替わった最初のGIで勝ててよかったです」



★【高松記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【高松宮記念】レッドファルクス1番人気/13:00時点 2018年3月25日() 13:09

 開催最終日となる中京競馬場では、メインレースで春のスプリントGI「第48回高松宮記念」(GI、中京11R、4歳以上オープン、定量、芝1200メートル、1着賞金1億1000万円)が行われる。



 スプリンターズS連覇を果たし、2017年の最優秀短距離馬に選出されたレッドファルクスが単勝2.4倍で1番人気、シルクロードSで重賞2勝目を挙げたファインニードルが単勝6.1倍で2番人気、桜花賞馬レッツゴードンキが単勝6.7倍で3番人気、武豊騎手騎乗のダンスディレクターが単勝8.4倍で4番人気。昨年の覇者で5番人気のセイウンコウセイ(単勝11.3倍)以下は10倍以上となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 セイウンコウセイ 11.31- 2 リエノテソーロ  77.22- 3 ブリザード    15.02- 4 スノードラゴン  94.83- 5 ノボバカラ   268.03- 6 レッドファルクス  2.44- 7 ナックビーナス  33.94- 8 レッツゴードンキ  6.75- 9 ファインニードル  6.15-10 ダイアナヘイロー 35.46-11 ダンスディレクター 8.46-12 ネロ       34.07-13 レーヌミノル   17.97-14 ラインミーティア320.77-15 ジューヌエコール106.08-16 シャイニングレイ 26.78-17 キングハート   36.88-18 ラインスピリット184.9



★高松宮記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【高松宮記念】斬って捨てる!2018年3月25日() 09:25

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の高松宮記念の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
新中京施行の2012年以降、前走の馬体重が460キロ未満だった馬の連対例はゼロ

リエノテソーロ
ダンスディレクター
ラインスピリット

前走6着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2012年以降)

リエノテソーロ
スノードラゴン
ノボバカラ
レーヌミノル
ラインミーティア
ジューヌエコール
シャイニングレイ
ラインスピリット

前走国内のレースで1.0秒以上の着差で敗れていた馬の巻き返し例は皆無(2009年以降)

ノボバカラ
シャイニングレイ

前走1600m以上出走馬の好走例はなし(2009年以降)

ノボバカラ
レッツゴードンキ

【人気】
2桁人気の連対例はゼロ(2012年以降)
※8時30分現在の10番人気以下

リエノテソーロ
スノードラゴン
ノボバカラ
ナックビーナス
ダイアナヘイロー
ラインミーティア
ジューヌエコール
キングハート
ラインスピリット

6番人気以下の4歳馬は3着までが精一杯(2009年以降)
※8時30分現在の6番人気以下かつ、4歳馬

リエノテソーロ
レーヌミノル
ジューヌエコール

5番人気以下かつ、7歳以上馬の最高成績は3着どまり(2009年以降)
※8時30分現在の5番人気以下かつ、7歳以上の馬

ブリザード
スノードラゴン
ネロ
ラインミーティア
ラインスピリット

【脚質】
前走4角先頭馬(国内のレースに限る)の連対例はゼロ(2012年以降)

セイウンコウセイ
ダイアナヘイロー
ネロ

【枠順】
1枠の最高成績は3着まで(2009年以降)

セイウンコウセイ
リエノテソーロ

【血統】
国内スプリントG1の優勝経験のある馬を除き、父ノーザンダンサー系の連対例は皆無(2012年以降)

ブリザード
ダイアナヘイロー
ネロ
ジューヌエコール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬】
レッドファルクス
ファインニードル

[もっと見る]

【高松宮記念】U指数的分析の結論!2018年3月25日() 09:20

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
波乱がほとんど起こらず配当妙味はないが、絞って勝負しやすい本命党向きのレース。指数1位の単勝回収率は151.7%。指数103以上の1位は断然の存在で、単勝回収率390.0%。

1位→⑥レッドファルクス
※ただし指数値は101.1で「103以上」の条件は満たせず

<ポイント②>
指数2~4位も安定しており、1~4位の3連複ボックスを購入した際の回収率は117.1%。指数103以上の1位を1着軸、2~4位を相手に3連単流しを購入した際の回収率は1051.7%。

指数1~4位の3連複ボックス買い目
⑥⑦⑧⑪

指数1位を1着軸、2~4位を相手にした3連単流しの買い目
⑥→⑦⑧⑪

<ポイント③>
低指数馬はほぼ用なし。10位以下は【0.0.1.51】。

10位 ⑰キングハート
11位 ⑬レーヌミノル
12位 ⑱ラインスピリット
13位 ⑯シャイニングレイ
14位 ⑩ダイアナヘイロー
15位 ⑮ジューヌエコール
16位 ②リエノテソーロ
17位 ⑤ノボバカラ
18位 ⑭ラインミーティア

[もっと見る]

【高松宮記念】最新ナマ情報2018年3月25日() 04:07

◆連覇へ好ムード〔1〕セイウンコウセイ

 前年覇者は午前10時46分に中京へ。洗い場でリフレッシュすると、元気にカイバをほおばった。矢野厩務員は「輸送は問題ない。去年よりも雰囲気はいいし、枠もいいところに入った。あとは雨でも降れば…」と望むが、好天の予報。それでも「時計のかかる馬場はいい」と前を向いた。

◆「いい気合乗り」〔2〕リエノテソーロ

 金曜に中京入りし、土曜朝はダートコースを1周して汗を流した。1週前からブリンカーを着用したことで「すごい行きっぷりだった。いい気合乗り」と相馬助手は好感触。効きすぎないようにレースではゲート裏で装着し「前半にどれだけ我慢し、末脚を発揮できるか」と能力全開を望む。

◆条件そろった〔3〕ブリザード

 香港の刺客は中京ダートコースを1周。軽快なキャンターが目を引いた。「準備万端。馬場も良くなり、枠も内側で、要素を備えている。いいレースができる」とイウ調教師。前日に馬場を歩いたティータン騎手は「乾いているけど、内側は荒れている。土曜のレースを見て、どこが走りやすいか注視したい」と観察に余念がなかった。

◆10歳も衰えなし〔4〕スノードラゴン

 14年2着の10歳馬は帯同馬に合わせて金曜に中京へ。土曜朝は厩舎周りを運動した。熊田助手は「寒い時期は状態がいいし、衰えなし。自分で体をつくる馬なので、前回と同じくらいの体重になりそう。枠もいいところに入った」と、4回目の挑戦に意気込み十分だ。

◆武藤GI初騎乗〔5〕ノボバカラ

 初めての芝GIへ、午前10時56分に到着した。水野助手は「輸送はどこでも大丈夫。3~7月くらいは体調がいい」と好調をアピール。「ジョッキーも中間、いっぱい乗ってくれて、癖も分かっていると思う。後ろから直線でどれだけ脚を使えるか」とGI初騎乗の武藤騎手に託す。



◆デムーロ様にお任せ〔6〕レッドファルクス

 前日1番人気馬レッドファルクスは24日午前10時54分に決戦の地へ。落ち着いた様子で馬房へ収まった。齋藤厩務員は「無事に着いた。海外を含め、いろいろなところへ行っているので。状態も波のある馬ではないから不安はない」と信頼は厚い。馬場は回復傾向で「去年は雨で取りこぼしたので、今年こその思い。あとは無事にゲートインして、デムーロ様にお任せするだけ」と名手に委ねた。



◆気分リラックス〔7〕ナックビーナス

 午前10時44分に到着すると、馬房では寝転ぶなどリラックスムードだ。「切り替えの早い馬で、輸送ではおとなしく、今は元気いっぱい」と永井厩務員。(7)番枠では4戦2勝2着2回で「勝っているし、ラッキーナンバー。直線の坂はいい方に出る」と上昇機運で臨む。

◆昨年の雪辱必ず〔8〕レッツゴードンキ

 2015年の桜花賞以来、約3年ぶりのGI制覇を狙う。坂路を4ハロン66秒2でゆったりと駆け上がった。見守った梅田調教師は「変わりなく順調。ここまで不安はないのは、久しぶりじゃないかな。あとは岩田騎手にお任せ」と泰然自若。昨年2着のリベンジを果たせるか。

◆納得の順調調整〔9〕ファインニードル

 坂路を4ハロン62秒6-14秒0で駆け上がり、最終調整を終えた。鵜木助手は「掛かるわけじゃないけど、走りたくてうずうずしている感じ。順調にこられましたね」と調整過程に納得の表情。「(スタートして)2歩目が速くて、おっつけても掛からないのが強み」と強敵相手にも胸を張った。

◆(5)枠〔10〕番を歓迎〔10〕ダイアナヘイロー

 阪急杯の勝ち馬は、CWコースを1周。「調子はいいです。前走よりもよくて、体が締まりましたね」と原田助手。「内すぎず、外すぎずちょうどいいかなと思います」と〔5〕枠(10)番も歓迎した。

◆8歳でも元気!〔11〕ダンスディレクター

 阪神C2着以来となる8歳馬は、CWコースで調整。「走りを見る限り、今のところは順調にきているし、いい雰囲気だね」と笹田調教師は目を細めた。過去2年は、直前に回避し、参戦できなかっただけに、「年はとっているけど、馬は元気」と待望の舞台でGI初制覇を狙う。

◆前走の状態維持〔12〕ネロ

 厩舎周りの運動にとどめ、決戦前日の調整を終えた。日高助手は、「前走もそれなりに仕上げていたし、それを維持して順調にきている。ジョッキーが続けて乗ってくれるのもいい」と期待を込めた。

◆叩かれ動き違う〔13〕レーヌミノル

 昨年の桜花賞馬は、落ち着きをみせながらCWコースを1周半。「順調にきていますね。使って、確実によくなるタイプ。1回使ったことで動きが違います」と中井助手は上積みを強調。強豪牡馬を撃破し、スプリント界の新星となるか。

[もっと見る]

【高松宮記念】レッドファルクスが1番人気/前日最終オッズ 2018年3月24日() 17:44

 25日に中京競馬場で行われる春の短距離王決定戦「第48回高松宮記念」(GI、中京11R、4歳以上オープン、定量、芝1200メートル、1着賞金1億1000万円)の前日最終オッズが発表された。



 昨年スプリンターズSを連覇し、最優秀短距離馬のタイトルを獲得したレッドファルクスが単勝2.6倍で1番人気、前哨戦のシルクロードSを制したファインニードルが単勝5.7倍で2番人気、3年前の桜花賞レッツゴードンキが単勝6.5倍で3番人気、武豊騎手が騎乗するダンスディレクターが単勝8.9倍で4番人気で、単勝ひと桁はこの4頭。以下、昨年の覇者セイウンコウセイ(単勝11.8倍)、香港馬ブリザード(単勝15.0倍)、昨年の桜花賞レーヌミノル(単勝17.6倍)と続いている。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 セイウンコウセイ 11.81- 2 リエノテソーロ  80.62- 3 ブリザード    15.02- 4 スノードラゴン  69.13- 5 ノボバカラ   247.73- 6 レッドファルクス  2.64- 7 ナックビーナス  28.94- 8 レッツゴードンキ  6.55- 9 ファインニードル  5.75-10 ダイアナヘイロー 37.86-11 ダンスディレクター 8.96-12 ネロ       27.07-13 レーヌミノル   17.67-14 ラインミーティア251.67-15 ジューヌエコール108.68-16 シャイニングレイ 20.48-17 キングハート   37.58-18 ラインスピリット163.1



高松宮記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの関連コラム

閲覧 464ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、25(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝1番人気にレッドファルクスが推され、以下単勝ひとケタ台にファインニードルレッツゴードンキダンスディレクターと3頭が続く形で発走を迎えます。
まず先頭に立ったのは、最内枠からセイウンコウセイ。これに外からダイアナヘイローが並び掛けていきこの2頭が後続を引き連れる形となります。リエノテソーロブリザードが直後に続き、出遅れたネロは押し上げて直後の5番手まで進出。以下は一団で、ナックビーナスレッツゴードンキファインニードルダンスディレクタージューヌエコールレーヌミノルスノードラゴンシャイニングレイキングハートラインミーティアラインスピリットと続き後方2番手をレッドファルクス、最後方にノボバカラの態勢で先頭は早くも3コーナーへ。
前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、僅かに先頭はセイウンコウセイとなって4コーナーを回ります。依然、後方2番手のままのレッドファルクス、2番人気ファインニードルは中団外を回って手応えよく進出を開始、3番人気レッツゴードンキは対照的にインの中団からと、人気各馬は三者三様の位置取りで直線勝負へ。
迎えた直線、内を突いて早々セイウンコウセイに並び掛けたのはレッツゴードンキ。直後からはダンスディレクターが、これもインを突いて追撃態勢に入ります。レースを引っ張るこれら3頭が、内の悪いところを割けるように徐々に外に持ち出すようにして残り200mを通過すると、次第に覇権争いは馬場の中央での叩き合いに持ち込まれます。渋太く食い下がるセイウンコウセイの外からブリザードナックビーナスファインニードルといったところが脚を伸ばし前を射程圏の勢い。一方で、後方から進路に手間取りながら懸命に追い上げるレッドファルクスはここで敗戦濃厚の態勢となります。残り100mを切って、レッツゴードンキの内からダンスディレクター、外からはナックビーナスファインニードルが並び掛け、勝負の行方はこの4頭に絞られると、大外を通ったファインニードルがこの叩き合いに終止符を打つゴール前でのラストひと伸びを披露し見事戴冠。嬉しいG1初制覇を連勝で飾っています。ハナ差の2着にレッツゴードンキが残し、そこから1/2馬身差の3着には10番人気のナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ伊吹雅也プロゼット1号プロろいすプロ蒼馬久一郎プロほか、計9名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
24(土)の阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中で34万5,720円払戻しを記録すると、続く阪神3Rでは◎○馬連1点的中で30万8,000円払戻しと立て続けにビッグヒットをマーク!25(日)にもG3マーチSでの◎センチュリオンクインズサターン的中などを披露した先週は、週末トータル回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
24(土)の阪神6Rで、3連単など計48万5,530円払戻しのビッグヒットを披露!土日トータル回収率116%、収支11万8,080円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
24(土)の中山5Rでは◎マイネルユキツバキヒラボクラターシュ×キタノユウキの印で、3連単658倍含む計27万5,550円払戻しのスマッシュヒット!25(日)にも勝負レースの中山2Rなどできっちり仕事を果たした先週は、週末トータル回収率100%をマークしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(253%)、エース1号プロ(169%)、【U指数】3連単プリンスプロ(150%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(123%)、伊吹雅也プロ(120%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、おかべプロ(113%←8週連続週末プラス)、ろいすプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、くりーくプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週は注目G1大阪杯に加えて、新プロ(豚ミンCプロと馬侑迦(まゆか)プロ)も登場!
この春ますます注目の『競馬プロ予想MAX』に集う、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にぜひご期待下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年3月20日(火) 19:00 覆面ドクター・英
高松宮記念・2018
閲覧 1,684ビュー コメント 0 ナイス 16



層の薄いスプリント路線ではあるが、裏を返せば馬券的には楽しみなレース。現段階での週間天気予報からするとそう道悪競馬にはならず、昨年は道悪巧者ぶりをセイウンコウセイが見せつけたが、その後はいまひとつな成績が続いたように連覇という感じでもない。また、レッドファルクスは距離や展開や鞍上など色々あったとはいえ、少々物足りない内容となっていて、スプリント王の座を防衛できるかというと微妙。その意味で、チャンスのありそうな馬が結構多い印象だ。

それでは恒例の全馬診断へ。

1番人気想定 レッドファルクス:現在のスプリント界のチャンピオンだが、この2走は距離や展開もあるが以前よりは凄味が無くなってきた感もある。当然好走可能だが、盤石な王者という位置付けではない。

2番人気想定 レッツゴードンキフェブラリーSからの参戦という珍しいローテとなるが、前走久々のダートでも一瞬突き抜けるかという末脚を見せた。終いは疲れてしまったが、この距離ならまだまだやれそうだ。様々な条件で高齢までしぶとく頑張れるのは、母父マーベラスサンデーの影響か。

3番人気想定 ファインニードルシルクロードSは強い勝ち方だったが、もっとも向くであろう京都1200mでの話で、左回り経験は一度だけ。その中京でも準オープンで2番人気10着と惨敗しており、人気になりそうなだけに人気馬の中では最も危険なタイプか。

4番人気想定 セイウンコウセイ:昨年は道悪のこのレースを制したが、その後はさっぱりで、前走久々に2着と好走したのは楽逃げによるもの。勝ち馬ファインニードルにつけられた2馬身差は58kgを背負っていたとはいえ物足りない。

5番人気想定 ダイアナヘイロー:調教師の引退に合わせて目一杯仕上げて、ライバル達の下手乗りに助けられた前走だが、ここでは通用しないのでは。

6番人気想定 ダンスディレクター:とうとう大きなところを獲れないまま8歳になってしまったが、力はそう衰えていない。1400mがベストな感じもあるが、前走はスプリント戦で珍しい先行策で好走しており末脚が鈍ってきた今に合った戦術に切り替えてきた(?)。層の薄いこの路線なら悲願のG1制覇もあるかも。

7番人気想定 レーヌミノル:昨春は勢いのままに桜花賞制覇したが、それ以降は着順は悪いが昨秋のマイルCSで4着、前哨戦のオーシャンSでも0.1秒差6着などマイル以下ならやれそうな感じにはなってきている。まだまだ強くなる時期で、通用してもおかしくない。

8番人気以降想定

ナックビーナス:オープンでもG3までなら好走を続けているが、大物食いというタイプではなく要らないのでは。

シャイニングレイ:体調がどうかが最も気になる馬。たった8戦のキャリアでオープン3勝(G2ホープフルSで2000mも勝ち、今回と同舞台のCBC賞(G3)勝ちも含む)と能力高いのは確か。ただ、昨年末の阪神Cでは引っ掛かってシンガリ負けと、いろいろと扱いが悩ましい馬。

ソルヴェイグ:2016年のスプリンターズSで3着したり、それ以外にも重賞で3連対するなど活躍しているが、この2戦は人気で惨敗しているように体調がいまひとつの印象。追い切りをみてヒモ穴に入れるかどうか程度か。

ブリザード:昨秋のスプリンターズSで5着と好走したが、父はソヴィエトスター、母デインヒル系×ヌレイエフ系で香港やオーストラリアの短距離馬に多いタイプ。「セン馬で500kgを超える大型馬でノーザンダンサーの血が濃い馬」ということから、中山より中京でパフォーマンス落としそう。

キングハート:前哨戦としてもっとも数の多いオーシャンSを大混戦の中で勝っての参戦となるが、あれ以上は無いのでは。

ビップライブリー:オープンに上がってからも重賞で掲示板には乗る(4着、2着、5着、5着)が壁を突き破れずにいるが、ダイワメジャー×フローラルグリーン(ノーザンF生産)と、流れの厳しいG1でも激走があって不思議ない能力を秘めていそう。穴馬として楽しみ。

スノードラゴン:10歳で現役続けているのも立派だし、9歳の年末にはG3カペラSで2着するなど元気だが、道悪にでもならないと厳しいか。

ネロ:一旦成績は萎んだが、栗東坂路では相変わらず50秒を切る脚力見せており、ダート初挑戦だったJBCスプリントではあわや勝つかという適性見せた。ここでは厳しそうだが、鞍上は是非3月一杯で騎手免許がなくなる中野省騎手に乗って欲しい。道悪は得意。

リエノテソーロ:デビューから芝とダートで4連勝したがNHKマイルC2着以降はパッとしない状況。1400mの方がいいタイプで、一線級のスプリンターは倒せないだろう。

ジューヌエコールデイリー杯2歳S桜花賞は距離が長くて凡走したが、その後の函館SSを50kgという斤量も良かったのか制した。ただそれ以降はスランプ気味の状態が続き、調教の動きも冴えず、良くなるのはまだ先か。

セカンドテーブル:京王杯2歳S勝ち馬で古馬になってからは芝1200mでオープンとG3では長く活躍しているが、G1でどうのという感じではない。

ノボバカラ:ダートG3ふたつと交流重賞の勝ち馬で、昨夏は芝1200mを2戦使ってみたりもしたが、やはりダートでこその馬で、使ってこないのでは。

モーニン:ダートG1馬だがここ2戦は芝を使ってきている。大きくは負けていないのだが1400mでも最後方からに近い競馬となり、1200mのG1では、ついていけないのでは。ダートに戻すべき馬。

フミノムーンシルクロードSでは15番人気3着で、アドマイヤムーン産駒のワンツースリーを完成させる父親孝行をみせるも、得意の京都でのG3で3着2回が上限で、あまり大駆けを期待できるタイプでない。

ラインミーティア:既に40戦消化の丈夫な馬。昨夏のアイビスサマーダッシュで得意の直千で重賞制覇し、その勢いでコーナーのある阪神1200mでも2着と頑張ったが、以降二桁着順が続いているようにさすがにお疲れでは。

ラインスピリット:7歳となっても衰えは小さく、淀短距離Sは58kgを背負って勝ったのは立派だが、重賞実績がなくここでは厳しい印象。


<まとめ>
有力~レッドファルクスレッツゴードンキダンスディレクター

ヒモで~レーヌミノルシャイニングレイソルヴェイグビップライブリー

危険な人気馬~ファインニードルセイウンコウセイダイアナヘイロー

[もっと見る]

2018年3月18日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年03月18日号】特選重賞データ分析編(90)~2018年高松宮記念~
閲覧 2,054ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 高松宮記念 2018年03月25日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【国内調教馬の、“前年10月以降、かつJRA、かつ重賞のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [3-4-4-23](複勝率32.4%)
×なし [0-0-0-37](複勝率0.0%)

 2014年以降の高松宮記念で3着以内となった国内調教馬は、前年10月以降にJRAの重賞で連対を果たしていた馬ばかり。なお、2015年1着のエアロヴェロシティも、前年12月にG1の香港スプリントを制していました。今年もまずは2017年スプリンターズステークス以降の戦績を素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ダイアナヘイローファインニードルレッツゴードンキ
主な「×」該当馬→シャイニングレイソルヴェイグレーヌミノル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「前走の着順が3着以下、かつ出走数が11戦以上」だった馬は2014年以降[0-0-1-43](複勝率2.3%)
主な該当馬→レッツゴードンキレッドファルクス

[もっと見る]

2018年2月27日(火) 18:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/24~2/25)好調サラマッポプロが回収率236%をマーク!スガダイ、霧、シムーンプロらもプラス収支を達成
閲覧 641ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、25(日)に阪神競馬場でG3阪急杯が、中山競馬場でG2中山記念それぞれが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3阪急杯は、最内から好スタートを決めたニシノラッシュを制して3コーナーまでにダイアナヘイローがハナを奪い、前半の3Fを34.2秒で通過します。1番人気に推されたモズアスコットは後方馬群の外を追走。2番人気レッドファルクスはさらにその後ろのインに続く形で馬群は4コーナーを通過していきます。直線を迎えても、単独先頭はダイアナヘイローががっちりキープ。1馬身ほど後ろにニシノラッシュアポロノシンザンが続き、これら2頭を筆頭に追撃を開始しますが、なかなか捕まえきれない展開が続きます。結局、7番人気ダイアナヘイローがそのまま先頭を守りきり優勝。重賞2勝目を挙げています。2着には外を追い込んだモズアスコットがクビ差で入り、さらにそこからハナ差の3着にはこちらも外を伸びたレッドファルクスが入っています。
公認プロ予想家では、馬っしぐらプロマカロニスタンダーズプロイータン育成プロほか計6名が的中しています。
 
G2中山記念は、マルターズアポジーが逃げて向こう正面へ。2番手には大外枠から積極策のアエロリットが2馬身ほどの差で続き、以降は10馬身ほど開いてディサイファ、さらに3馬身ほど離れて4番手ウインブライトが続く縦長の展開となります。3番人気ヴィブロスは後方4番手、1番人気ペルシアンナイトは最後方からの極端な競馬となって、先頭のマルターズアポジーは前半1000mを59.2秒のペースで通過していきます。3~4コーナーを回り、徐々に馬群がひと塊になりながら直線勝負へ。先頭のマルターズアポジーのリードは依然2馬身ほど。後続からは、ウインブライトが浮上し、その内にアエロリット、外からはサクラアンプルールも迫り、後方待機勢は苦しい展開となります。内ラチ沿いで繰り広げられたラストの叩き合いは、この争いから坂を駆け上がったところで抜け出した2番人気ウインブライトが制してV。クビ差の2着には5番人気アエロリットが入り、6番人気マルターズアポジーがアタマ差の3着に粘り込んでいます。
公認プロ予想家では、ジョアプロが的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
24(土)は中山3Rでの◎ノボマハロ阪神5Rでの▲◎○的中、小倉10Rでの◎キャベンディッシュなど好調予想を連発し、的中率66%・回収率289%のハイスコアを記録。25(日)も中山9Rの◎カイザーメランジェ的中などで回収率206%を達成しました。週末トータルでは、回収率236%、収支10万8,150円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
24(土)は阪神1Rでの◎○的中などを披露し回収率214%をマーク。25(日)は小倉3Rの○◎的中などで連日の回収率200%超を達成!土日トータル回収率238%、収支9万4,300円プラスの好成績となりました。これで4週連続週末プラスとなり、2月をマイナス週なしの好調で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →イータン育成プロ
24(土)の勝負予想中山11Rで、▲レジーナフォルテワンアフターの予想を披露。3連単・馬連計15万2,920円払戻しのスマッシュヒットを記録しました!25(日)にも、中山12R◎▲的中(3連単・馬連計10万1,490円払戻し)などの好調予想を披露した先週は、2日連続の大幅プラスを達成!週末トータルでは回収率580%、収支23万650円プラスを記録し、2週連続のプラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
25(日)の中山8Rで3連単2198.1倍を◎×▲的中のスマッシュヒット!さらに阪神10Rでも、3連単的中計13万2,120円の払戻しを披露と好調をアピール。週末トータル回収率125%をマークし、こちらも先週に引き続き2週連続のプラス収支を達成しています。
 
 
 
この他にも、西野圭吾プロ(158%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(136%)、エース1号プロ(133%)、セイリュウ1号プロ(118%)、【U指数】3連単プリンスプロ(112%)、スガダイプロ(107%)、サウスプロ(105%)、岡村信将プロ(103%)、霧プロ(101%)、【U指数】馬単マスタープロ(101%)、シムーンプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
なお、先週まで行われていたプロテストは、1位豚ミンCさん、2位馬侑迦さん、3位dream1002プロにて最終ランキングが確定!参加者の皆さんお疲れさまでした。
またこの結果に伴い、これまでプロ予想家として活躍されたkmさん、馬券生活さんは一般予想家へと変更になります。長年のプロ予想家活動大変お疲れさまでした!
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月29日(月) 19:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/27~1/28)回収率トップはジョアプロ!スガダイプロはシルクロードS◎△○的中で12万超払戻し!
閲覧 986ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、28(日)に京都競馬場でG3シルクロードS、東京競馬場でG3根岸Sがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3シルクロードSは、セイウンコウセイが逃げて前半3Fは34.0秒(推定)のペースを刻み、4コーナーへ。2、3番手にファインニードルダイアナヘイローが続く形で、ひと塊の馬群は直線に突入していきます。依然手応え良くセイウンコウセイが1馬身ほどのリードを保ちながら粘り込みを図ると、1番人気のダイアナヘイローは早々と手ごたえが無くなり失速。内からはファインニードルグレイトチャーター、外からはナックビーナスが追撃を開始し、さらに後方からはカラクレナイあたりが勢いよく伸びてきて残り200mを通過します。ここで、ファインニードルが一気に先頭に立ち、徐々に後続との差を広げると最後は2馬身差をつけてV。重賞2勝目を挙げています。2着には5番人気セイウンコウセイが入り、そこからクビ差の3着には、直線でカラクレナイとともに外を勢いよく伸びた15番人気フミノムーンが僅差の争いを制して入っています。
公認プロ予想家では、スガダイプロきいいろプロ馬っしぐらプロくりーくプロら4名が的中しています。
 
G3根岸Sは、サイタスリーレッドが序盤の先手争いを制してハナへ。そのまま軽快なラップを刻み続け、前半3F33.9秒(推定)の超のつくハイペースを演出。この流れの中、1番人気のサンライズノヴァは後方4番手、2番人気カフジテイクは最後方から虎視眈々の構えで直線へ。苦しくなったサイタスリーレッドに代わりラブバレットが一旦先頭に立ちますが、これも早々一杯となり外からブルドッグボスがすぐさま先頭に。残り200mまで先頭を維持したブルドッグボスも脚色が鈍り始めると、ここから追い込み勢の一気の台頭。サンライズノヴァが先頭に立ち、馬体を併せてノンコノユメの伸び。さらに外からはカフジテイクの態勢となって、ゴールまで続く“差し脚比べショー”が繰り広げられます。この争いを制したのは58キロを背負った6番人気ノンコノユメ。鞍上の激しいアクションとともに外から交わしたノンコノユメが、1分21秒5(重)のコースレコード(日本レコードタイ)で駆け抜け、サンライズノヴァとの叩き合いに終止符をうちました。ハナ差2着はサンライズノヴァ。この2頭から後れを取った2番人気カフジテイクは2馬身1/2差の3着に敗れています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロ☆まんでがんプロ夢月プロジョアプロマカロニスタンダーズプロシムーンプロ河内一秀プロスガダイプロ馬券生活プロほか、計15名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
27(土)を、勝負予想京都9Rの的中などで回収率165%の好成績で終えると、翌28(日)は東京9RG3根岸Sをキッチリ仕留め、さらなる上昇をみせました。2日連続のプラス収支達成で、週末トータルでは回収率233%(←トップ)、収支10万8,290円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(日)のシルクロードSでは、◎ファインニードルセイウンコウセイフミノムーンでの3連複(542.8倍)的中含む計12万430円払戻しのスマッシュヒット!他にも、東京9Rなどで好調予想を披露し、週末トータル回収率115%の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
27(土)は京都3Rでの3連単的中、京都9Rなどの的中でトータルプラスを計上。28(日)も東京2Rでの的中などで、連日の回収率100%超えで終えています。土日2日間トータルでは回収率142%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
27(土)は東京10Rでの◎リョーノテソーロ的中などの活躍を披露。28(日)は、東京6R東京8R京都9R中京10Rと、さらにヒットを量産。土日2日間トータルでは回収率130%、収支14万2,460円をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
27(土)は、京都1Rでの的中など、的中率45%の安定した予想を披露しプラス収支を達成。28(日)も、東京4Rなど、随所に好調予想を散りばめ連日の回収率100%超を達成しました。週末トータル成績では回収率127%を記録しています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(173%)、ゼット1号プロ(132%)、エース1号プロ(129%)、☆まんでがんプロ(109%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、きいいろプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月28日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第332回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~シルクロードS G3
閲覧 813ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「シルクロードS G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ナックビーナスのみ1頭。
第2グループ(黄)は、セカンドテーブルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のセイウンコウセイまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ファインニードルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアットザシーサイドダイアナヘイローミッキーラブソングロードクエストキングハートまで6頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間の2.8ポイントが目立ち、対照的にその下は大きな差の生じない配置になっています。まずこのナックビーナスを信頼するかどうかで大きく様相が変わってくる一戦、といったところでしょうか。

そんななか今回の◎はグレイトチャーターとしました。やはりこの時期の重賞だけに使われている強みと、前走+14kgでの内容を評価しました。その前走淀短距離Sはマークした指数的にも、過去の淀短距離S→シルクロードS好走組と遜色ないものでしたし、今回2kg減でさらなる上昇を期待。今年は、その淀短距離Sとの間隔が中1週と詰まっていますが、前走大幅増のこの馬にとってはむしろ好都合ではないでしょうか。また、過去この馬自身中1週ローテでは馬券パーフェクトとなっていますのでそのあたりにも好感。京都の芝は例年通り今週からBコース替わり。陣営も望んでいたという内枠を引けた今回、頭数は揃ってもさほどペースは上がらないとみていますので、この時期の京都1200m戦のセオリー通り先行策からの一発を期待しています。今の時計が掛かる馬場も、持ち時計の無いこの馬には追い風になるとみています。
以下、相手にも先行策からの実績を買い、直線平坦での好位からの競馬では大崩れのない○ダイアナヘイロー、△ファインニードルと迷いましたが時計が掛かる馬場と少しでもレース間隔の短いほうをという点で上にとった▲セイウンコウセイ、鞍上含め不気味も2、4走前のように出遅れるとどうかの☆アレスバローズといったあたりを上位評価。
そして、今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になってくると思いますが、当コラム買い目としては◎から○▲☆ラインの3複で勝負としたいと思います。
ナックビーナスについては鞍上面で今回は軽視としました(ここでノリさん(横山典騎手)、ニシケンか~。。。)。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=2,7,8=1,2,5,6,7,8,9,12,14,15(24点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの口コミ


口コミ一覧
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 10

先週の重賞は福島牝馬SとマイラーズCとフローラSでした☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

中山記念=◎ヴィブロス=8着 ○ウインブライト=1着

阪急杯=◎ディバインコード=8着 ○モーニン=16着

オーシャンS=◎スノードラゴン=11着 ○ビップライブリー=5着

チューリップ賞=◎ラッキーライラック=1着 ○スカーレットカラー=7着

弥生賞=◎ワグネリアン=2着 ○ダノンプレミアム=1着

中山牝馬S=◎マキシマムドパリ=12着 ○レイホーロマンス=3着

金鯱賞=◎スワーヴリチャード=1着 ○デニムアンドルビー=7着

フィリーズレビュー=◎コーディエライト=15着 ○アンコールプリュ=2着

フラワーC=◎トーセンブレス=2着 ○ロックディスタウン=13着

ファルコンS=◎テンクウ=8着 ○アサクサゲンキ=2着

スプリングS=◎ステルヴィオ=1着 ○カフジバンガード=6着

阪神大賞典=◎レインボーライン=1着 ○サトノクロニクル=2着

日経賞=◎トーセンバジル=5着 ○ソールインパクト=7着

毎日杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○ブラストワンピース=1着

マーチS=◎センチュリオン=1着 ○ハイランドピーク=9着

高松宮記念=◎レッツゴードンキ=2着 ○ナックビーナス=3着

ダービー卿CT=◎グレーターロンドン=5着 ○ゴールドサーベラス=6着

大阪杯=◎サトノダイヤモンド=7着 ○ウインブライト=12着

阪神牝馬S=◎リスグラシュー=3着 ○アドマイヤリード=4着

ニュージーランドT=◎エントシャイデン=9着 ○カシアス=7着

桜花賞=◎フィニフティ=12着 ○アンコールプリュ=アンコールプリュ=10着

アーリントンC=◎タワーオブロンドン=1着 ○ダノンスマッシュ=5着

アンタレスS=◎ナムラアラシ=8着 ○ディアデルレイ=11着

皐月賞=◎ワグネリアン=7着 ○ジャンダルム=9着

福島牝馬S=◎カワキタエンカ=2着 ○ゲッカコウ=9着

マイラーズC=◎モズアスコット=2着 ○エアスピネル=3着

フローラS=◎オハナ=14着 ○ラブラブラブ=16着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[9・7・3・3・3・22]

○[4・3・6・2・7・25]

合わせて~~~(^◇^)

◎○[13・10・8・5・10・47](^^♪

 グリーンセンスセラ 2018年4月22日() 21:17
> モズアスコットが「目覚め」? 
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 1

JRA「新マイル王」へ良血モズアスコット「目覚め」の時? 過去2戦敗退の「理由」とルメールの「狙い」─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年4月21日 8時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/04/post_6383.html

 日本のマイル界はモーリス引退後、絶対的な主役が現れず、牽引するかに見えたサトノアラジンもその後は鳴かず飛ばずで引退してしまった。まさに群雄割拠の争いである。

 その中でも、マイルCS(G1)を3歳で勝ったペルシアンナイトが最有力候補と目されているが、年明けからマイルではないレースで2戦して5着、2着という成績。絶対的王者までの評価にはまだ届いていない。

 まだまだ新星は現れないのか?

 しかし、新たなスターホースになり得る存在が一頭いる。モズアスコット(牡4 栗東・矢作芳人厩舎)だ。今週は京都でマイラーズC(G2)が開催されるが、エアスピネル、サングレーザーも登録しており、モズアスコットにとってはまさにここが試金石だろう。

 モズアスコットの戦績をあらためて振り返ってみると、8戦4勝2着1回。全戦通して掲示板を外したことがない有力4歳馬だ。父がフランケルでもともと期待の高い血統だったが、なかなか体質が強くならず、かなりデビューが遅れた。未勝利脱出も3戦も要したモズアスコット。だが、勝ち上がるとそのまま4連勝してオープン入り。その後、暮れの阪神C(G2)は古馬重賞初挑戦で4着。期待高まる年明け初戦のG3阪急杯は2着。どちらも1番人気で4着、2着では今ひとつ物足りなさが残るが、その重賞2戦には「はっきりとした敗因」があったことがわかる。

 まず阪神C。最後の直線で良い手応えで馬群から抜け出してきたモズアスコット。鞍上のC.デムーロは、同じく馬群から抜け出してきたダンスディレクターの馬体にモズアスコットを併せようとしたところ、その間を蛯名騎乗のイスラボニータが豪快に割って入ってきた。デムーロはモズアスコットの馬体を外へと引き離し、態勢を立て直すロスが発生。そこから慌ててムチを抜くも時すでに遅し。大外突っ込んできたサングレーザーにも交わされてしまい4着に。しかし、3歳で古馬重賞初挑戦ながら見どころ十分の惜しいレースであると同時に、古馬を相手にしても通用することがわかった。

 続く年明け初戦の阪急杯。レースは外枠17番ゲートからのスタートで前へ出して行ったが、掛かることを嫌ってか、鞍上C.ルメールは抑え気味に中団よりもやや後方で追走。直線でバラけてから追い出すも武騎乗のダイアナヘイローに逃げ切られ、豪快に追い込むもクビ差の2着。あと一歩及ばなかった。だが、ジリジリと加速した末脚で3着レッドファルクスの追撃はしのいでみせた。

■次のページ 阪神Cは力量を測り、阪急杯はマイル仕様に変える為のレース

「これまではどちらかというと中団から前目のスタイル、阪急杯は中団後方の位置で力まずに走らせ、直線末脚を十分に伸ばすスタイルを試しましたね。ルメール騎手としてもマイルを意識した走りだったと関係者の多くも語っています。マイラーズCはその"成果"を見せる戦いということで、現場の注目度は高いですよ」(現場記者)

 2戦連続して芝千四の重賞はどれも一見力不足の結果だが、阪神Cは力量を測り、阪急杯はマイル仕様に変える為のレース。この2走とも阪神内回りで直線も短かったが、マイラーズCは京都外回りで直線が長い。ルメールがイメージした戦法がバッチリとフィットするように思える。

 今回は短期放牧から戻ってきて、気性面での成長が見られるようで、最終追い切りも雨で馬場の悪い坂路を4F 51秒台で駆け抜けた。

 最後に、絶対的な主役になるための資質だが、モズアスコットは未勝利を勝ち上がった後の阪神3歳上500万で、芝1600mを1分32秒7という好タイムで快勝。3歳でこのタイムは破格である。

 果たしてマイラーズC終了後、モズアスコットが絶対的王者としての第一歩を踏み出しているのか。大変興味深く、注目してみたい。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年4月18日(水) 14:02
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート15(*^-^*)☆
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 9

先週の重賞はアーリントンCとアンタレスSと皐月賞でした☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

中山記念=◎ヴィブロス=8着 ○ウインブライト=1着

阪急杯=◎ディバインコード=8着 ○モーニン=16着

オーシャンS=◎スノードラゴン=11着 ○ビップライブリー=5着

チューリップ賞=◎ラッキーライラック=1着 ○スカーレットカラー=7着

弥生賞=◎ワグネリアン=2着 ○ダノンプレミアム=1着

中山牝馬S=◎マキシマムドパリ=12着 ○レイホーロマンス=3着

金鯱賞=◎スワーヴリチャード=1着 ○デニムアンドルビー=7着

フィリーズレビュー=◎コーディエライト=15着 ○アンコールプリュ=2着

フラワーC=◎トーセンブレス=2着 ○ロックディスタウン=13着

ファルコンS=◎テンクウ=8着 ○アサクサゲンキ=2着

スプリングS=◎ステルヴィオ=1着 ○カフジバンガード=6着

阪神大賞典=◎レインボーライン=1着 ○サトノクロニクル=2着

日経賞=◎トーセンバジル=5着 ○ソールインパクト=7着

毎日杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○ブラストワンピース=1着

マーチS=◎センチュリオン=1着 ○ハイランドピーク=9着

高松宮記念=◎レッツゴードンキ=2着 ○ナックビーナス=3着

ダービー卿CT=◎グレーターロンドン=5着 ○ゴールドサーベラス=6着

大阪杯=◎サトノダイヤモンド=7着 ○ウインブライト=12着

阪神牝馬S=◎リスグラシュー=3着 ○アドマイヤリード=4着

ニュージーランドT=◎エントシャイデン=9着 ○カシアス=7着

桜花賞=◎フィニフティ=12着 ○アンコールプリュ=アンコールプリュ=10着

アーリントンC=◎タワーオブロンドン=1着 ○ダノンスマッシュ=5着

アンタレスS=◎ナムラアラシ=8着 ○ディアデルレイ=11着

皐月賞=◎ワグネリアン=7着 ○ジャンダルム=9着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[9・5・3・3・3・21]

○[4・3・5・2・7・23]

合わせて~~~(^◇^)

◎○[13・8・8・5・10・44](^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイアナヘイローの写真

ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー

ダイアナヘイローの厩舎情報 VIP

2018年3月25日高松宮記念 G118着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアナヘイローの取材メモ VIP

2018年3月25日 高松宮記念 G1 18着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。