ディアドラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディアドラ
ディアドラ
ディアドラ
ディアドラ
ディアドラ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年4月4日生
調教師橋田満(栗東)
馬主森田 藤治
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[5-3-3-6]
総賞金20,361万円
収得賞金3,925万円
英字表記Deirdre
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ライツェント
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ソニンク
兄弟 オデュッセウスベツァオバーン
前走 2018/03/31 ドバイターフ G1
次走予定

ディアドラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/31 アラ 7 ドバイターフ G1 芝1800 15--------3** 牝4 55.0 C.ルメー橋田満--0000 ------ベンバトル
18/02/11 京都 11 京都記念 G2 芝2200 103312.566** 牝4 54.0 福永祐一橋田満500(+8)2.17.3 1.036.6⑦⑦⑧⑦クリンチャー
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 186117.4412** 牝3 54.0 岩田康誠橋田満492(+2)2.15.1 0.833.8⑰⑰⑰⑰モズカッチャン
17/10/15 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 187146.331** 牝3 55.0 C.ルメー橋田満490(+12)2.00.2 -0.235.7⑭⑮⑬⑨リスグラシュー
17/09/09 中山 11 紫苑S G3 芝2000 188162.511** 牝3 54.0 岩田康誠橋田満478(+12)1.59.8 -0.033.8⑫⑪⑩⑪カリビアンゴールド
17/08/13 札幌 10 HTB賞 1000万下 芝2000 10773.521** 牝3 52.0 岩田康誠橋田満466(-12)2.02.1 -0.035.0⑤⑤④④ラヴィエベール
17/05/21 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 184727.694** 牝3 55.0 岩田康誠橋田満478(+2)2.24.8 0.733.9⑮⑮⑮⑫ソウルスターリング
17/05/07 京都 9 矢車賞 500万下 芝1800 9551.911** 牝3 54.0 岩田康誠橋田満476(+2)1.47.8 -0.333.8⑤⑤ドロウアカード
17/04/09 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18817207.2146** 牝3 55.0 岩田康誠橋田満474(+2)1.34.9 0.434.9⑮⑯レーヌミノル
17/03/11 中山 11 アネモネS OP 芝1600 16365.432** 牝3 54.0 A.シュタ橋田満472(-4)1.34.8 0.135.7⑨⑦⑤ライジングリーズン
17/02/12 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 8773.533** 牝3 54.0 M.デムー橋田満476(+6)1.36.4 0.235.4マイスタイル
16/12/17 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 16593.124** 牝2 54.0 加藤祥太橋田満470(-4)1.22.6 0.134.0⑪⑪エントリーチケット
16/11/27 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 11552.712** 牝2 54.0 岩田康誠橋田満474(+2)1.38.5 0.337.3⑧⑦ゴールドケープ
16/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 127106.933** 牝2 54.0 M.デムー橋田満472(0)1.22.0 0.233.6⑪⑪ミスエルテ
16/10/15 新潟 5 2歳未勝利 芝1400 147112.311** 牝2 53☆ 加藤祥太橋田満472(+10)1.22.1 -0.334.8⑨⑦アプト
16/07/23 中京 1 2歳未勝利 芝1600 16244.934** 牝2 54.0 M.デムー橋田満462(+10)1.35.6 0.335.1⑨⑩⑩ラヴィングアンサー
16/07/02 中京 5 2歳新馬 芝1400 167146.632** 牝2 54.0 M.デムー橋田満452(--)1.22.0 0.435.2メイショウソウビ

ディアドラの関連ニュース

【宝塚記念】レース展望

2018年6月18日(月) 17:49

 阪神開催は最終週を迎え、日曜メインに上半期最後のGI宝塚記念(24日、芝2200メートル)が行われる。香港のワーザーを含むGI馬5頭が参戦するが、いずれも近況がひと息で、馬券的には非常に難解な一戦となりそうだ。

 ファン投票1位は一昨年の菊花賞有馬記念優勝馬サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)。凱旋門賞15着以来5カ月半ぶりのレースだった金鯱賞は3着と力を示したが、続く前走の大阪杯は7着と案外の結果に終わった。ややスムーズさを欠いたとはいえ、完調ではなかったムードもあっただけに、今回はどこまで本調子を取り戻しているかがポイントになる。1週前の14日には、栗東CWコースで6ハロン82秒4-ラスト1ハロン11秒4(一杯に追う)をマーク。僚馬2頭に先着するなど、動きは徐々に良くなっている。最終追い切りの動き次第では、十分主役を張れる存在になるはずだ。主戦、クリストフ・ルメール騎手とのコンビに戻る点も心強い。

 連覇がかかるサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)も、昨秋の天皇賞2着後はジャパンC10着、有馬記念13着、ドバイシーマクラシック7着と不振。ただ、もともと成績に波があるタイプだけに、度外視できる面はある。昨年は大阪杯6着からの巻き返しで、当時の馬場は稍重。日本より少し時計がかかるシャティン競馬場での香港ヴァーズも勝っており、雨が降る可能性が高い今の時期の馬場は向く。ドバイから帰国後の調整は比較的順調。1週前の14日には、初めて実戦でコンビを組む石橋脩騎手を背に美浦Wコースで5ハロン64秒9(一杯に追う)と負荷をかけられた。こちらも最終追い切りの動きに特に注目したい。

 ヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎、牝5歳)は連覇を狙ったドバイターフは2着。勝ったベンバトルには3馬身1/4差と離されたが、リアルスティールディアドラとの叩き合いを制し、2着を確保したことは大きい。ただ、勝ち鞍は2000メートルまで。昨年のエリザベス女王杯は5着に敗れている。ドバイ帰りでも乗り込みは順調だが、距離克服が大きな課題となりそうだ。

 ワーザー(香港=ジョン・ムーア厩舎、セン7歳)の参戦も実に興味深い。宝塚記念史上、1997年セトステイヤー(豪州、9着)以来21年ぶり2頭目となる外国馬の参戦だ。ニュージーランド、豪州を経て2015年後半に香港に移籍。オセアニア時代はGIを2戦してサウスオーストラリアンダービー、クイーンズランドダービーともに2着だったが、移籍後は16年のクイーンエリザベス2世C、17年の香港ゴールドC、同チャンピオンズ&チャターCとGIを3勝している。今年に入ってからは3、2、6着と今ひとつだが、3走前と前走はこの馬にとっては短いマイル戦。参考外にしていい。週末の天気予報は雨模様。走り慣れたシャティンに近い少し重い馬場になれば、よりチャンスがありそうだ。また、11度コンビを組んで【5・3・3・0】と抜群に相性がいいヒュー・ボウマン騎手とのコンビも頼もしいかぎりだ。

【日本ダービー】柴田阿弥エポカ&高見侑里ブラスト! 2018年5月26日() 05:06

 競馬の祭典、日本ダービーに人気キャスターも参戦だ!! 競馬中継でMCを務める柴田阿弥(25)と高見侑里(30)が2年連続でダービー予想にチャレンジ。高見は昨年の◎レイデオロに続く2年連続的中を狙い、昨年◎アドミラブル(3着)で外した柴田は今年こそと力が入る。

 高見 去年のダービーは◎レイデオロで予想が当たってうれしかったけど、あの頃はたまたまという感じで。最近はちゃんと根拠が自分の中にあって、当たったときはよりうれしい。

 柴田 私の◎アドミラブルは3着でしたから、今年こそは…です!

 高見 じゃあ、阿弥ちゃんの今年の本命は?

 柴田 ◎(12)エポカドーロです。先日、戸崎騎手を取材して“ダービージョッキーになりたい”という気持ちをすごく感じました。皐月賞馬なのに、それほど人気にならなさそうで(配当的に)オイシイかも。単複にしようかな~。

 高見 私は◎(8)ブラストワンピース。予想するときは上がりタイムを重視するけど、(ダービーと同じ舞台の)ゆりかもめ賞が後方から4馬身差をつける圧倒的な強さ。あの勝ち方は「私の好きなタイプ」だなって。

 柴田 他では(15)ステルヴィオに注目しています。ルメール騎手が乗りに乗っていますし、アーモンドアイが牝馬2冠をとって勢いのあるロードカナロア産駒。堅実に走っているのに人気にならないのでは…。この馬こそ、単複がオイシイと思いますよ。

 高見 また、単複オイシイ(笑)。私はやっぱり(1)ダノンプレミアムも気になるなぁ。これまで負けていない馬だから。あとは(6)ゴーフォザサミット。青葉賞で本命にして当たったので、今回も注目しないとね。どんなレースになるか楽しみ。

 柴田 GIはどのレースも感動しますけど、その中でもダービーは特別ですね。



★日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

柴田 阿弥(しばた・あや) 1993(平成5)年4月1日生まれ、25歳。愛知県出身。2010年9月、SKE48に研究生として加入。同12月、正規メンバーに昇格。16年8月末に卒業。昨年1月からテレビ東京系「ウイニング競馬」(BSジャパンでは土曜後2・30~)でMCを務めている。好きな馬はオジュウチョウサン。1メートル54。

高見 侑里(たかみ・ゆり) 1987(昭和62)年6月30日生まれ、30歳。神奈川県出身。立大在学中の2008年にミス立教大学に選ばれ、ミスオブミスキャンパスクィーンコンテスト2008でグランプリに輝いた。フジテレビ系「めざましテレビ」などで人気に。昨年1月から「BSイレブン競馬中継」(土・日正午~)で土曜メインMCを務めている。好きな馬はディアドラ。1メートル61。

[もっと見る]

【古馬次走報】ディアドラ、クイーンSから札幌記念へ 2018年4月11日(水) 05:00

 ★ドバイターフ3着同着ディアドラ(栗・橋田、牝4)はクイーンS(7月29日、札幌、GIII、芝1800メートル)から札幌記念(8月19日、札幌、GII、芝2000メートル)の予定。7着クロコスミア(栗・西浦、牝5)は函館記念(7月15日、函館、GIII、芝2000メートル)、クイーンS札幌記念などが視野に。

 ★ドバイシーマクラシック6着モズカッチャン(栗・鮫島、牝4)は「検疫が終わってからの状態次第。元気であれば、宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)になるだろうし、少し休ませるなら札幌記念あたりになると思う」と鮫島師が見通しを語った。





ディアドラの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイターフ】ベンバトルが好位押し切る~日本馬も善戦 2018年4月1日() 01:09

 『2018年ドバイワールドカップデー諸競走』(3月31日、UAE・メイダン競馬場)は日本馬が出走する4つのGIレースが海外馬券発売対象レースとなった。

 その2鞍目、7Rの第23回ドバイターフ(GI、北半球4歳以上・南半球3歳以上、芝・左1800メートル、優勝賞金360万米ドル=約3億8250万円、15頭立て)は、O.マーフィー騎手騎乗のベンバトル(牡4歳、UAE・S.ビン=スルール厩舎)が好位追走から直線早めに抜け出し、日本馬3頭を突き放してGI初制覇。勝ちタイムは1分46秒02(良)。

 3馬身1/4差の2着には外から追い込んだ昨年の優勝馬ヴィブロス(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎、C.デムーロ騎手)。

 さらにクビ差遅れた3着は日本馬2頭が同着。最内を伸びた一昨年の優勝馬リアルスティール(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎、M.バルザローナ騎手)と、3頭の真ん中を伸びたディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎、C.ルメール騎手)。

 クロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎、岩田康誠騎手)は好位追走から流れ込んで7着。ネオリアリズム(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎、J.モレイラ騎手)は先行したものの包まれる厳しい展開で8着に終わった。

 ◆2着 ヴィブロス

 クリスチャン・デムーロ騎手「ここ最近は力を発揮できていなかったと聞いていましたが、今日はリラックスできていました。後ろからの競馬は指示通り。勝った馬が強かったです」

 ◆3着同着 リアルスティール

 矢作芳人調教師「何の不利もなく競馬ができたし、休み明けでよく頑張ったと思う。勝った馬は強かったけど、もう少しついていきたかったね。でも、最後に根性を見せてくれた」

 ◆3着同着 ディアドラ

 クリストフ・ルメール騎手「ペースが忙しくなくて、ちょうどよかった。コースが合うね」

 ◆7着 クロコスミア

 岩田康誠騎手「行く馬が行って、自分のペースで行けました。折り合いはついたし、バタッと止まってはいません。力は出せたと思います」

 ◆8着 ネオリアリズム

 ジョアン・モレイラ騎手「レース前からテンションが高くて、最初の600メートルでリラックスできなかった。それが響いて伸び切れなかった」

[もっと見る]

【ドバイターフ】日本馬直前情報 2018年3月31日() 05:03

★(8)リアルスティール ポイントは装鞍

 一昨年の覇者はダートでのキャンター調整後、連日行っているスクーリングを徹底。矢作調教師は「柔らかくて弾んでいた。リラックスしているし、何もいうことはない」と満足いく仕上がりをアピールした。ポイントは装鞍だ。「毎日、装鞍所で鞍を置く練習をして問題もないし、やることはやっているけど、こればかりは当日にならないと」。お祭りムードの中でスムーズに装鞍できるかが好走の鍵を握る。

★(7)ヴィブロス 連覇へ状態万全

 史上初の連覇に挑む5歳牝馬は、ダートを気分良く周回。友道調教師は「すごく軽快に走っていたし、前向きさも出ている。体も回復して気になるところはない」と状態面に自信を見せる。

 引き揚げてきた愛馬の顔をなでた佐々木主浩オーナーは「スイッチが入ったなという感じ。(レース前夜は)昨年行ったイタリアンの同じ席で食事をします。木曜も昨年と同じようにしました。やれることはやりますよ。あとはゴール前でまた叫べれば」と験を担いで応援する。

★(2)ネオリアリズム 落ち着き気合十分

 僚馬サトノクラウンとともに、入念なスクーリングを行った後、芝コースでキャンター半周の調整を終えた。堀調教師は「気合が入って緊張しすぎるところはありますが、いつもよりリラックスして、いいと思います」とコメント。ベストの距離と、手の合う鞍上(モレイラ騎手)で、昨年の香港クイーンエリザベス2世Cに続く2度目の海外GI制覇を狙う。

★(11)クロコスミア 馬体減は回復!!

 レース前日は角馬場で調整。コースには入らなかった。「輸送で減った馬体はジワジワと回復してきたし、あまり数字も気にしていない。大事なのはリラックスできているかどうか。馬はハッピーな状態です」と北添助手。

★(13)ディアドラ 順調に前日調整

 昨年の秋華賞馬は、ヴィブロスとともに馬場入り。ダートで力強いキャンターを披露し、前日調整を終えた。「追い切り後もクタッときていないし、こちらに来てからは毛づやもいい。まだマックスまで来てはいないけど、ずいぶんとしっかりして具合も上がってきています」と竹之下助手。

[もっと見る]

【ドバイワールドCデー諸競走】追って一言2018年3月29日(木) 05:05

★シーマクラシック

 ◆モズカッチャン・梛木助手 「集中しきれていないところもありましたが、全体的に動けていたし、仕上がっていると思います」

★ターフ

 ◆クロコスミア・北添助手 「半マイルから流す程度でしたが、いいリズムで走れていました。芝コースは少し硬いかなと感じるところもありますが、この馬には向いていると思います」

 ◆ディアドラ・込山助手 「朝露がおりてさほど馬場(芝)の硬さは感じないコンディションの中で、仕掛けてからの反応は良かった。枠順(13)番も内すぎなければいい」

★ゴールデンシャヒーン

 ◆マテラスカイ武豊騎手 「1頭だと戸惑いながら走る感じはあるが、ゴーサインを出すとすぐに反応していた。スタートを決めて持ち前のスピードを生かしたい」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアドラの関連コラム

閲覧 888ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都記念 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、レイデオロのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ミッキーロケットのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、アルアインから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクロコスミアまで2頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、各所に1.5~2.0ポイント程度の差が生じています。10頭立てということもあいまって、少なくとも馬券内“2枠”は人気の上位評価勢が占めそう、そんな印象の配置です。

さて、予想のほうは、いろいろなところで言われていることですが非根幹距離重賞での好走実績がポイントとなる京都記念。2000m、2400mではG1勝利があった馬でも、ここでは人気を背負い惨敗というケースがたびたび見られていて、昨年のマカヒキなどもその一例となっています(まあ、マカヒキの場合は、それ以外の要因による凡走の側面が大きいとは思っていますが)。そんなわけで、今回の◎はその実績がある組の中から、凄馬出馬表3位評価のアルアインとしました。◎アルアインは休み明けで臨んだセントライト記念などの非根幹距離重賞好走歴があり、関東圏でのG1実績やディープ産駒の京都2200成績の良さなどもこのレースの傾向にマッチ。本質的には距離は少し長いような気もしますが、少頭数のスロー濃厚なレースですし大きなマイナスにはならないとみています。逆に、その辺りが嫌われて妙味が出るようなら狙いどころと判断。懸念される馬場は、土曜はこのあとも夜まで降雨が見込まれていますが、幸い日曜は朝から晴れるようですし稍重までなら。むしろ内が荒れてきていることも考えるとこの枠も味方になりそうです。
○はモズカッチャン。今回と同舞台を勝っており先に挙げたレース傾向的にも、またM・デムーロ鞍上という点でも非常に怖い存在ではあるのですが、戦績にも表れている“使われて使われて実力発揮”タイプである点が気になり1枚割引きました。前回の休み明け(ローズS時)のように大幅馬体増やイレ込みなど、この馬に関しては直前まで見極める点が多そうなことも中心視しなかった一つの理由。ここがガス抜きの一戦、となるパターンには要注意ではないかとみています。
以下、少し人気し過ぎな印象も昨年後半の充実ぶりとスロー想定で当然注目の存在▲クロコスミア、○同様にこの舞台で今の馬場で一発に警戒が必要なハービンジャー産駒☆ディアドラと上位評価。
レイデオロは、乗り替わりが無ければもう少し重い印でも、と当初は考えていたのですが、今回の予想のポイント(「非根幹距離重賞実績」)にも当てはまらない上に、テン乗りでこの馬自身デビュー以来初の乗り替わりで迎える休み明け初戦ということで、印のうえでは5番手評価に。
そして、今回の私の馬券は◎から○▲☆への馬連を本線に、3複を絡めた買い目で勝負としたいと思います。


【馬連ながし】
◎=○▲☆
10=3,5,7(3点)

【3複ながし】
◎=印
10=3,5,6,7(6点)

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年02月04日号】特選重賞データ分析編(84)~2018年京都記念~
閲覧 2,040ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2018年02月11日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2012年以降)】
×3番手以内 [0-0-0-14](複勝率0.0%)
○4番手以下 [4-5-5-36](複勝率28.0%)

 今回のレース(=京都記念)における上がり3ハロンタイム順位別成績を見ると、5位以内だった馬は2012年以降[6-6-6-14](複勝率56.3%)、6位以下だった馬は2012年以降[0-0-0-36](複勝率0.0%)。見た目のうえでは“先行策”だった馬を含め、上位入線を果たしたのは“末脚”がしっかりしていた馬ばかりです。そもそも前走が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内だった馬の好走例はありませんし、圧倒的に差し有利なレースと言っていいでしょう。

主な「○」該当馬→ディアドラモズカッチャンレイデオロ
主な「×」該当馬→アルアインクロコスミアミッキーロケット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年か同年、かつJRAのG1かG2”において4着以内となった経験がある」馬は2012年以降[6-6-6-22](複勝率45.0%)
主な該当馬→アルアインレイデオロ

[もっと見る]

2017年11月17日(金) 21:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2017マイルチャンピオンシップ~
閲覧 2,767ビュー コメント 0 ナイス 9



マイルチャンピオンシップは内枠やや有利も、
脚質による有利不利なし

__________________________


 前回のこのコラムでは、エリザベス女王杯は、G1クラスの馬と、やっと1000万下や準オープンを勝ったばかりの馬とでは能力差が大きく、実力どおりに決まることが多いことをお伝えしました。結果は、激流の秋華賞を先行して小差の3着と一番強いレースをしたモズカッチャンが優勝し、府中牝馬Sの勝ち馬クロコスミアが2着。

 一番強いはずの私の本命馬ヴィブロスこそ、世界を圧巻したドバイターフのように末脚を生かす競馬ではなく、まさかの先行策で5着に敗れたものの、ほぼ実力どおりに決まったのではないでしょうか。ヴィブロス鞍上のルメール騎手は、秋華賞ディアドラのように、競走馬を我慢させることに長けた騎手。5F通過62秒0のスローペースでも、本気で我慢させようと思えば、前に馬を置く形で折り合えたはずですが、今回は勝ちに行ってアウト。

 勝ちに行ってしまったのは、外枠だったのもあるし、そういう競馬でも勝てると過信したからでしょう。ルメ―ル騎手は、今年の日本ダービーで早仕掛けが嵌ってレイデオロで優勝して以来、宝塚記念シャケトラ菊花賞アルアインなど、G1レースでの早仕掛けが目立つようになった気がします。まあ、外枠なのにヴィブロスを過信したというのは、私も同じで反省しなければいけませんが…(''◇'')ゞ。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 さて、気を取り直して今週はマイルCS。実はこのマイルCSも実力どおりに決まることが多いレース。1984年のレース創設から11年連続で1番人気が連対し、そのうち10回が枠連、馬連で10倍以下の低配当。さらに9回が5倍を切る超低配当だったことから、「日本一堅いG1」と言われていた時期がありました。その頃は、ニホンピロウイナーニッポーテイオーなど、絶対王者が存在していたことも低配当に拍車を掛けた理由ですが、コース形態も大いに関係しています。

[もっと見る]

2017年11月16日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/11~11/12)エリザベス女王杯◎、武蔵野S◎、デイリー杯2歳S◎○的中の霧プロら5名が土日回収率130%超の大活躍!
閲覧 994ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン-▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション-△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月12日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(エリザベス女王杯 G1)
閲覧 1,031ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『エリザベス女王杯 G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎スマートレイアーで、勝率は20.4%。2位○ミッキークイーンが勝率12.2%ですから少し開きがありますね。人気もそこそこですから買い目的にも妙味もありますね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎はスマートレイアー。やや勝率を下げ、その分の2位○ヴィブロスとの差が詰まっていますね。他では、人気薄×トーセンビクトリーも浮上してきていますね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎スマートレイアー、○ヴィブロスの2強態勢となっています。人気の一角×ディアドラもここで浮上。


【まとめ】
今回は、全てのロボが本命視した◎スマートレイアーが中心との結論になりました。しかし、指数の算出されていないドバイターフを勝利したヴィブロスも競走馬ロボ評価は致し方ないとしてその他のロボでは双璧をなす形と、なかなかの高評価のようですね。また、ミッキークイーンリスグラシューといったところも毎回名を連ねている状況で、これら4頭で構成される“2+2”が当コラムの見立てとなりました。
豪華メンバーが揃った最強牝馬決定戦、エリザベス女王杯のスタートを今から楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年11月8日(水) 16:45 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2017
閲覧 4,820ビュー コメント 0 ナイス 16

私が競馬をはじめた頃は、秋華賞が無くて、エリザベス女王杯が牝馬三冠の最終戦という位置付けながら、桜花賞オークスほどは陣営はここを目標としていない感じで、ダート馬だろうが、短距離馬だろうが出られる賞金持っている馬達が勢いだったり惰性で出てくる「ごった煮」要素が強い感じでした。

最低人気(20番人気)のサンドピアリスの激走が有名ですが、私が馬券買いだした頃ではタケノベルベット(藤田騎手)が17番人気で3馬身半も突き抜けて、メジロカンムリ(2番人気)との馬連が700倍超えたり(当時は馬単や三連単が無かったので獲れたんだと思います。スプリンターだと思って消したニシノフラワーが能力でハナ差3着に来て冷や冷やしたのを今でも覚えています。サンエイサンキュー事件と呼ばれるもめ事があったりと競馬がなんせ盛り上がっていた時代でした)、とにかく荒れるレースとして楽しかったものです。

それでは恒例の登録馬の全頭診断を。

ヴィブロス:活躍馬を続々と輩出する母系で、大魔神ががっちり抑えている打ち出の小槌のような血統なのですが、この馬は小さいし、スケール的にそうでもないかと思いきや、昨秋は秋華賞を勝ち、今年3月にはモレイラ・マジックあったにしてもドバイターフを制し、この前哨戦の府中牝馬Sもプラス体重で逃げ馬に残られるもきっちり2着して、友道厩舎らしく本番は馬体絞ってきて好走させるのだろう。当然有力。

スマートレイアー:脚質も追い込みや逃げ、距離も短いところから、最近は長いところでも7歳秋でも第一線で活躍を続ける丈夫さで、京都大賞典も勝っちゃったが、期待されると案外なタイプか。

ミッキークイーン:昨年はこのレースで3着(一昨年は秋華賞を制した後にJCに向かい不出走)で、当然実力あるのだが、エンジンの掛かりが遅くもたついたりもあり。宝塚記念3着と牡馬相手にもやれる力がある反面、そう強くない相手にも負ける、あまり信頼できないタイプ。

ルージュバック:非根幹距離(400の倍数でない距離)に実績が集中しており、3歳時にもこのレースで4着に来ており、臨戦過程としてもオールカマーで勝利をもぎとって(斜行で騎手は騎乗停止)、指数的にも横ばいで力は落ちてきていない。ただG1で北村宏騎手はかなり微妙、と思ったら、なんとR・ムーア騎手のようで、激走ありそうだが人気過剰にもなりそうで難しい。

ディアドラ:かなり使い込んでいるが、デビュー時より38kg増やして、とうとう秋華賞勝ちまでみせた。晩成傾向はハービンジャーらしさなのだろうし、3歳牝馬今年は強くないと思っているが、この馬はやれるのでは。

リスグラシュー阪神JF桜花賞秋華賞とG1で2着3回と堅実駆け見せているが、データ的には当然有力視すべきなんだろうが、個人的には今年の3歳牝馬は弱いと思っているので、人気だろうしあまり買いたくない馬。

モズカッチャンオークス2着、秋華賞3着と結果を残しており、リスグラシュー同様、過去傾向からは重視すべきなんだろうが、これも同様に世代レベルに疑問で、人気だろうしあまり買いたくない馬。

クイーンズリング:昨秋は府中牝馬Sエリザベス女王杯を連勝してみせたが、以降さっぱりでピーク過ぎたか。

クロコスミア:逃げるとしぶといタイプで府中牝馬Sも勝ってしまった。同型プリメラアスールとのハナ争いがポイントか。距離不問で粘って3着あたりには来れるかも。

ジュールポレール:やっと準オープンを勝ったばかりだし、マイルCS勝ち馬のサダムパテックの下だけにマイラーと思われて人気にならなそうだが、阪神牝馬Sヴィクトリアマイルでともに3着に来ており、また小倉の2000m戦でも結果は出なかったものの走り自体は悪くなく距離もこなせそう。ヒモ穴にぴったりなタイプ。

マキシマムドパリ:1月に愛知杯、6月にマーメイドSと2つG3を制するも、あまりここでの大仕事は期待できないタイプか。

デンコウアンジュ:アルテミスSでメジャーエンブレムを差した2歳時の激走はフロックかと思っていたが、5月にヴィクトリアマイルで2着激走と、東京だと激走期待できるのかもしれないが、ここは無いのでは。

トーセンビクトリー:3月の中山牝馬Sを勝ち夏のクイーンSも2着と先行して安定した力を見せており、頭は無いがヒモには入れたい。

クインズミラーグロ:体重の増減激しく、オープンでは3着が多く、前哨戦の府中牝馬Sでの完敗みると期待薄か。

エテルナミノル:牝馬重賞では壁あるようで3度の5着が最高という程度だが、準オープンとはいえ牡馬もいる中、5馬身差の圧勝を見せており、エンパイアメーカーらしく気性が問題なのだろうが気分が乗れば大仕事あるか。

プリメラアスール:かなり少なくなったスペシャルウィークの活躍馬だが、牝馬重賞でも壁に当たっており好走は難しそう。

ウキヨノカゼ:見ていて楽しいすごい末脚を持っているが4月の福島牝馬S勝ちを最後にもうしぼんでしまったようで活躍は期待薄。

タッチングスピーチ:一昨年のこのレースで3着した実績あるのだがここ8戦掲示板外しており、旬は過ぎた感じで、良血だけにもう引退して繁殖入りが良いのでは。

ハッピーユニバンス:夏の札幌の準オープン勝ちでオープン入りし、前走の府中牝馬Sでも最後方からいい脚で追い込んできたが、ここではまだ荷が重い。

プロレタリアト:オープン実績無く、穴厩舎だが騎乗数かなり少ない杉原騎手含め期待薄。


<まとめ>
有力馬:ヴィブロススマートレイアールージュバックディアドラ
ヒモ穴候補:エテルナミノルトーセンビクトリージュールポレールクロコスミア

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアドラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 6

さすがにG1の谷間G3・・・

情報少なっ(;・∀・)

まあ、明日には追切の情報もある程度は出て来るでしょうから、

とりあえずは、先に各馬の適性診断をしてみましょう。


過去5年の傾向

1.決着タイム

過去5年全て「良馬場開催」ですが、
走破時計は比較的遅く、コースレコード「1分44秒2」に比較して
1秒以上遅いタイムで決着するのが恒例。

1000m通過タイムも1分前後のスローから、
速くてもミドルペースという流れが主流。

2.分析

過去5年の3着以内馬15頭について、
Excelシートを使って詳しく分析してみました。

ブログの方からご覧いただけますので、よろしければ

こちらからどうぞ。( ^^) _旦 http://kmax-jp.com/?p=189&preview=true


分析シートから分かる事は・・・

① 近3走で1度も掲示板に載らなかった馬が1頭も居ない。

② 重賞で掲示板くらいの実績は欲しい。

③ 東京のマイル以上の距離で連対経験が有る事が理想。

④ 血統はサンデー系かノーザンダンサー系種牡馬の産駒。

⑤ 脚質面では、上り3Fの速さは余り武器にならない印象。
  むしろ、先行経験の方が武器になるイメージ。
  まぁ、どちらかと言えば・・・
  「中途半端な脚質」の馬が勝ってしまう類のレース。

⑥ 枠順での強い傾向は見られない。

⑦ 4番人気~8番人気が、3着以内馬15頭中8頭と
  「小波乱傾向」ですが、上位人気は堅実に走って来るイメージ。


あと、分析シートに記載はしてませんが、
ザクッと見た印象から・・・

有効なインブリード(クロス)

ノーザンダンサー
ボールドルーラー
ヘイルトゥリーズン
ネイティヴダンサー

このあたりのクロスを持ってる馬の好走が多かったように思います。


有力馬チェック


ダイワキャグニー (推定1番人気)

レース傾向の項目④「血統」以外はオールクリア。

レイズアネイティヴとノーザンダンサーのクロスも保持。

逆らえないのか~(-_-;)

少し気になるのは、近5年馬券絡みの無い
キンカメ産駒という事くらいでしょうか。



サトノアーサー (推定2番人気)

東京コースでの連対経験がないのがツッコミ所。

前走はボウマン騎乗で3着敗退。

基本的に・・・
「外国人ジョッキーで負け→乗り替り」
というのは、人気馬が飛ぶカナリ危険なパターン。

理由は、外国人ジョッキーの「勝つ事」への執念。

後の事は意識せずに、馬の能力を最大限に引き出して、
限界まで走らせようとするのが、チョイ乗り外人のサガ。

特に、短期免許来日の一流騎手と、
Mデムーロ騎手で負けた後の馬は、
言葉を選ばずに放言すれば「出がらし状態」

全ての馬がそうなる訳ではないものの、
かなりの確率で「飛ぶ」というのが私の個人的な見解。

ディープ産駒の4歳馬で、1800m重賞2着2回
という事で人気しそうですが・・・

きさらぎ賞は8頭立てで、
スズカメジャーの競争中止があったので
実質は7頭立ての競馬。

毎日杯も8頭立ての小頭数。
相手は、のちのG1戦線で活躍する馬達でしたが・・・

脚質的にも、上りの速さが売りのタイプ。

多頭数でも、そうペースが上がらない傾向の有るレース。

スローを後方からでどこまで届くのか?

イイトコには来るんでしょうが、軸にはしたくないイメージ。



サーブルオール (推定3番人気)

今の今まで知らなかった馬(;・∀・)あんた誰?

1000万・準OPを連勝で来た登り馬ですね。

良く出遅れる先行馬?

前々で競馬したり、捲って早めの競馬をしたり、
わりと器用なタイプなんでしょうか?

ルメール騎手が、手放さずに乗っているというのは、
それだけの素質を見込まれているんでしょう。

OP実績がないので、評価のしようが無いのですが・・・

過去最高指数は7歳・8歳の高齢メンバーを除けば3位。

能力的には通用するだけのものは有ると見ておくのが無難でしょうね。

血統面も「ダンチヒ系×SS系」というのは、このレースの好走配合。

近親には・・・

ダービー馬 ロジユニヴァース
デイリー杯 ジューヌエコール
ラジオNIKKEI 2着 ノットアローン
エルムS ランフォルセ
秋華賞馬 ディアドラ

などが居る、活力十分な牝系にハービンジャー。

ディアドラとはかなり近い血筋
という事になるんですかね?(;・∀・)←あんまり解ってない・・・

まあ、昇級戦でも勝たれてしまう警戒は必要だと思います。


以下の馬については、ブログの方に
重賞レポートとしてアップしています。

ここから直接ご覧いただけますので
お気軽にどうぞ(^^♪

http://kmax-jp.com/?p=189&preview=true

 ちびざる 2018年4月1日() 00:33
【海外競馬】ドバイターフ(GⅠ)の予想
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:⑤ベンバトル
〇:⑧リアルスティール
▲:⑮ブレアハウス
△:⑪クロコスミア
×:⑬ディアドラ
×:⑦ ヴィブロス



【買い目】

3連複1頭軸流し
⑤→⑧⑮⑪⑬⑦


指数1位が79と今一つ信頼ができない。
従って、
◎は指数4位の⑤ベンバトルとしました。
指数5位との間に5の指数断層が発生しています。
指数との間に約2倍のオッズ断層も合わせて発生しています。
さらに、指数オッズ上昇馬「+2」なので好走条件がそろっています。

○は、指数1位の⑧リアルスティールとしました。
指数4位ながら、指数2位との間に5の指数断層が発生しています。
あとはこれといった特徴はありませんが、他の上位2頭が指数よりオッズを落としているので
繰り上がりの対抗といったところです。

▲は、指数7位の⑮ブレアハウスとしました。
指数オッズ上昇馬「+2」です。
指数8位との間に約2倍のオッズ断層が発生しています。

△は指数11位の⑪クロコスミアにしました。
指数オッズ上昇馬「+3」です。
指数12位との間に約7倍のオッズ断層が発生しています。

×は指数10位の⑬ディアドラとしました。
指数オッズ上昇馬「+3」です。
それ以外は特段特徴はありませんので、押さえ評価としました。

×は指数3位の⑦ヴィブロスとしました。
指数オッズ下降馬「-1」なので、一応押さえます。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2018年3月31日() 20:48
大阪杯の予想スペシャルの巻
閲覧 321ビュー コメント 0 ナイス 2

馬場状態
今週からBコースを使用します。コースの変更に伴い傷んだ箇所は概ねカバーされ、全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去1年の1着馬1頭の傾向
実績:GI1着実績が重要なのかな?
前走:休み明けでも全然問題ないのかも?
時計:時計の速い馬場に対応できる軽快さがあったほうがいいのかな?
脚質:好位辺りでロスなく立ち回れる馬が有利なのかな?
末脚:前めで競馬してそこそこの上がり3Fでまとめれるような馬がいいのかな?
血統:地味めの血統がいいのかはよくわからないです。
年齢:今がピークって感じの5歳がいいのかな?
性別:去年は牝馬の出走なかったのでわかりません。
枠順:真ん中よりも内の枠がいいのかな?
人気:1番人気馬は素直に評価すればいいのかな?

予想
過去1年の1着馬1頭の傾向を見ると、
・2000m以上のGI1着実績
・2000m以上を問題なくこなせるスタミナ量
・高速決着に対応できる軽快さ
・瞬発力勝負になっても対応可能
・好位辺りで競馬できる脚質
この辺の傾向が参考になる気がするんで、この5つを参考にして、
2000m以上のGIで好走実績があって、高速馬場でコーナー4つある2000mにも対応できる器用さや軽快さがあるかどうかを基準にして本命馬を絞り込んでいきましょう。

☆結論☆
◎サトノダイヤモンド
・2000m以上のGI2勝(菊花賞、有馬記念)
・日本ダービーを2.24.0で0.0差の2着など、高速馬場で高いパフォーマンスを発揮する軽快さがあるタイプ。
・瞬発力勝負は得意
・好位~中団付近で競馬可能
などがあるんで、阪神内回りコースで高速馬場の2000mで瞬発力勝負になっても勝ち負けしてきそう。
前走(5ヶ月半ぶりの休み明け)→今回(休み明け2走目)
前走(稍重馬場)→今回(良馬場で高速馬場)
状態面や馬場を考えると、前走より今回の方が高いパフォーマンスを出せそうな感じやし、国内では(7.1.3.0)で安定感抜群の成績ですからね~。
個人的には、キタサンブラックが現役の頃から2000m付近の距離ならこの馬が現役最強馬だと思ってたぐらい高評価してたし、1枠2番の内枠をGETできたから、いいポジションにつけて横綱相撲でしっかり勝ってほしいです。
ルメールから戸崎に替わってどうなのかは気になるけど、乗り難しい馬じゃないと思うんで大丈夫かな?

〇アルアイン
皐月賞1着の後に勝ててないのと、2400m以上で好走実績がないのと、5歳以上の世代との力関係が謎なとこがあるので評価下げましたが・・・。
・2000m以上のGI1勝(皐月賞)
・皐月賞を1.57.8で1着など、高速馬場で高いパフォーマンスを発揮する軽快さがあるタイプ。
・瞬発力勝負は得意
・好位~中団付近で競馬可能
などがあるんで、阪神内回りコースで高速馬場の2000mで瞬発力勝負になっても勝ち負けしてくる可能性はあるかな。

▲シュヴァルグラン
2400m以上の距離で直線長いコースが条件的にベストっぽいんで、阪神内回りコースの2000mだとコース形態や距離的に忙しそうな気がするし、ボウマンから三浦に乗り替わりで騎手弱化なので評価下げましたが・・・。
・2000m以上のGI1勝(JC)
・JCを2.23.7で1着という、高速馬場で高いパフォーマンスを発揮する軽快さがあるタイプ。
・瞬発力勝負は得意
・好位~中団付近で競馬可能
などがあるんで、2枠4番という内枠を活かして上手く立ち回れれば阪神内回りコースで高速馬場の2000mでも勝ち負けしてくる可能性はあってもいいかな?

☆大阪杯 買い目☆
サトノダイヤモンドからの馬連流し2点にするか、馬連BOX3点にするか、迷ったけど、シュヴァルグラン絡みのオッズがおいしいし、2点と3点なら点数そんなに変わらないんで馬連BOXでもいいかな~。

馬連 3-8 3000P
馬連 4-3・8 各1500P 合計6000P

書き間違えてました

馬連 2-8 3000P
馬連 4-2・8 各1500P 合計6000P

--------------------------------------------------------------------------------
☆おいしい馬券大会(土曜日の結果報告)☆
投資3000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日分)☆
大阪杯
ワイド 2-8 2000P
ワイド 2-4 1700P
合計 3700P


--------------------------------------------------------------------------------
☆おいしい馬券大会(日曜日分)☆
大阪杯
馬単 2→4・8 各1000P
合計 2000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
深夜のドバイに、

ゴールデンシャヒーン ダ1200m 9頭立て 発走23:40
マテラスカイ

ドバイターフ 芝1800m 15頭立て 発走0:35
ネオリアリズム
ヴィブロス
リアルスティール
クロコスミア
ディアドラ

ドバイシーマクラシック 芝2410m 10頭立て 発走1:10
モズカッチャン
レイデオロ
サトノクラウン

ドバイワールドカップ ダ2000m 10頭立て 発走1:50
アウォーディー

合計10頭の日本馬が出走しますよ~!

馬券で頑張る方は馬券で、
ぼくと同じで馬券を買わずに、日本馬を応援する人は応援で、
それぞれ深夜のドバイを楽しみましょう!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアドラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディアドラの写真

ディアドラの厩舎情報 VIP

2018年2月11日京都記念 G26着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアドラの取材メモ VIP

2018年2月11日 京都記念 G2 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。