タニノフランケル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 青鹿毛 2015年2月9日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主谷水 雄三
生産者Yuzo Tanimizu
生産地
戦績 4戦[1-1-1-1]
総賞金1,332万円
収得賞金400万円
英字表記Tanino Frankel
血統 Frankel
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Kind
Vodka
血統 ][ 産駒 ]
Tanino Gimlet
Tanino Sister
兄弟 タニノアーバンシーケースバイケース
前走 2017/11/12 黄菊賞
次走予定

タニノフランケルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/12 京都 9 黄菊賞 500万下 芝2000 13334.834** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦526(0)2.01.9 0.134.9④④⑤④ジュンヴァルロ
17/10/21 東京 9 アイビーS OP 芝1800 7552.823** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦526(0)1.51.6 0.235.6コスモイグナーツ
17/09/18 阪神 2 2歳未勝利 芝2000 7331.111** 牡2 54.0 福永祐一角居勝彦526(-2)2.04.7 -0.235.2ウォーターパルフェ
17/08/12 新潟 5 2歳新馬 芝1800 157132.112** 牡2 54.0 M.デムー角居勝彦528(--)1.48.8 0.333.8サクステッド

タニノフランケルの関連ニュース

 11月12日の京都9R・黄菊賞(2歳500万下、芝2000メートル)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の4番人気ジュンヴァルロ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が、新馬戦に続いて鮮やかな逃げ切り勝ちを収めた。タイムは2分1秒8(良)。



 2番手につけていたケイティクレバー(12番人気)が粘って3/4馬身差の2着。後方から大外を一気に伸びてきたドンアルゴス(5番人気)がさらにハナ差の3着に食い込み、フランケル産駒で女傑ウオッカの4番子、タニノフランケルは4着。

 ジュンヴァルロは、父ニューアプローチ、母ウェイクミーアップ、母の父ロックオブジブラルタルという血統。叔父ドーンアプローチは英2000ギニーなど英愛GIで4勝を挙げている。



 ◆ライアン・ムーア騎手「レースを覚えさせようと思っていたから、決してハナを切る気持ちはなかった。ただ、スタートが良かったし、他馬も来なかったので先手を取る形になってしまった。そう遅い流れじゃなかったけれど、最後まで一生懸命に走ってくれました」



★12日京都9R「黄菊賞」の着順&払戻金はこちら

【めざせクラシック】ダノンスマッシュ、朝日杯も期待 2017年10月25日(水) 05:02

 デスク 15日京都のもみじSを楽勝したダノンスマッシュは、将来性も高そうな素材だな。

 正木 次走の朝日杯FS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)へ向けて、陣営もすごく前向きですよ。担当の岩本助手はこの馬の父ロードカナロアも担当していました。

 デスク それなら仕上げも心強いな。

 正木 「レースを使うごとに悪いところも改善できている。落ち着きがある点は父のカナロアに似ていますよ」と、同助手も楽しみな様子でした。

 デスク 先週に京都で新馬勝ちした4頭も好素材に感じた。

 正木 なかでも22日の芝2000メートルを勝ったグレイルは、まだまだ奥がある素材でしょう。台風による不良馬場で出負けしても、中団から抜群の推進力で差し切ったレースぶりは大物感があります。

 デスク 今年のダービー卿CTを勝ったロジチャリス(父ダイワメジャー)の半弟。

 正木 野中調教師も「あの厳しい形からでも勝ってくれた。まだ緩いので心臓だけで勝った感じ」と安堵(あんど)の表情。次走については「回復が早ければ京都2歳S(11月25日、京都、GIII、芝2000メートル)あたりだけど、年内は使わずひと息入れることも」と。将来性を見込んでいる証拠ですね。

 デスク 野中厩舎には楽しみな新馬もいるだろ。ミッドサマーコモンはデビュー間近か?

 正木 次開催の京都芝1600メートル戦あたりだそうです。半姉には2012年サンスポ賞フローラS勝ちのミッドサマーフェア(父タニノギムレット)がおり、「動きがよく、能力も高い」と師は楽しみにしています。

 デスク 最後は美浦から頼む。

 片岡 21日東京のアイビーSを勝ったコスモイグナーツは人気薄だったけど、タニノフランケルフラットレーなどの血統馬を負かしたので評価できます。「他馬は(不良)馬場を気にしていたけど、この馬は苦にしなかったね。レース後も問題ない」と高橋祥調教師。次走は未定だが、ホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)あたりに使ってくれば、おもしろい存在です。

[もっと見る]

【アイビーS】インベタ逃げでコスモイグナーツがV 2017年10月21日() 14:59

 10月21日の東京9R・アイビーステークス(2歳オープン、芝1800メートル、別定、7頭立て)は、柴田大知騎手騎乗の6番人気コスモイグナーツ(牡、美浦・高橋祥泰厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分51秒4(不良)。コスモイグナーツは、好スタートを決めたシャルルマーニュを制してハナに立ち、直線は他馬が馬場の真ん中より外めに持ち出すのを尻目に、あくまで内ラチに固執。コースロスを嫌い、ラチ下の芝を使った作戦が功を奏し、一杯一杯に粘り込んだ。

 ハナ差の2着に2番手から差を詰めたシャルルマーニュ(4番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に3番手から伸びたタニノフランケル(2番人気)。1番人気のフラットレーは後方2番手追走から伸びを欠き5着に敗退。3番人気のシュバルツボンバーは競走中止。

 アイビーステークスを勝ったコスモイグナーツは、父エイシンフラッシュ、母ナパ、母の父スペシャルウィークという血統。通算成績は4戦2勝。

 ◆柴田大知騎手(1着 コスモイグナーツ)「そう切れるタイプではないので、ハナに立とうと思っていました。道悪になりましたが、最内なら我慢できそうだったので、ラチ沿いを走らせました。この作戦がうまくいけばと思いましたが、メンバーが強かったですからね。それに、直線も外へモタれ出したのでヒヤッとしましたが、よくしのいでくれました。偉い馬です」

★21日東京9R「アイビーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】フラットレー世代筆頭に名乗り! 2017年10月19日(木) 11:53

 隠れた出世レースになりつつある2歳OPアイビーS(芝1800メートル)が、土曜の東京で行われる。昨年はのちのオークスソウルスターリングと、皐月賞2着ペルシアンナイトがワンツー。来年のクラシック戦線に乗れそうなのが、名門・藤沢和厩舎が送り込む大物候補フラットレーだ。

 今年のダービー馬レイデオロの全弟レイエンダは、残念ながら8月に骨折が判明。しかしながら、横綱級がリタイアしてもクラシック候補がウジャウジャいるのが名門の層の厚さだ。

 フラットレーも、レイエンダと同じく札幌芝1800メートルのデビュー戦を快勝。大外一気の勝ちっぷりは同等、いやそれ以上の器と思わせるものだった。北海道での好発進にトレーナーも前のめりになる。

 「いい馬。反応がいいし、切れ味がある。動きやすいサイズをしているというか、とにかく手先が軽い」

 18日はWコースで、富士Sに出走するサトノアレス、次週の天皇賞・秋に挑むソウルスターリングの真ん中から互角の動きを披露。この豪華セットからも、期待度の高さが分かるだろう。

 「レイエンダは骨折してしまったが、いい馬はたくさんいる。来年のためにもここは」と、番頭格の津曲助手。フランケル×ウオッカの超良血タニノフランケルを前にしても、ここは通過点と言わんばかりだ。(夕刊フジ)

フラットレーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】タニノフランケル、アイビーSへ2017年9月22日(金) 05:01

 ★18日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったタニノフランケル(栗・角居、牡)は、引き続き福永騎手でアイビーS(10月21日、東京、OP、芝1800メートル)に向かう。



タニノフランケルの競走成績はこちら

[もっと見る]

【めざせクラシック】ウオッカ息子・タニノフランケル出世期待2017年9月21日(木) 05:00

 デスク 18日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)で、名牝ウオッカを母に持つタニノフランケルが2戦目で初勝利を挙げた。第4子にして2歳時の勝利は初めて。これは早くから出世が期待できそうだな。

 川端 少頭数で楽なペースだったとはいえ、持ったままでしたからね。角居調教師は「ホッとしました。スローペースの中で上手にレースをしてくれました」と笑顔でした。レース後も変わりないようで、今後については在厩で調整しながらオーナーと相談していくそうです。

 デスク 父もGI10勝の怪物フランケルという超良血だから、しっかり追いかけてくれよ。デビューを控えた組はどうだ?

 川端 ウインシノビが、10月1日阪神の5R(芝1400メートル)にスタンバイしています。

 デスク 2008年の朝日杯FSを勝ったセイウンワンダー(父グラスワンダー)の半弟だったな。

 川端 そうです。西園調教師は「ヨハネスブルグ産駒の割にビュンビュン行くところはないので、距離はこれくらいがよさそう。まだ少し緩さがあるけど、順調にきているので期待は大きい」と話していました。

 デスク そういえば、野路菊Sを回避したバイオレントブローは何か聞いているか?

 川端 アクシデントではなく、体調面を考慮したもので、サウジアラビアRC(10月7日、東京、GIII、芝1600メートル)で仕切り直すそうです。佐々木調教師は「無理する時期じゃないからね。徐々に仕上げていくよ」と前向きでした。

 デスク 最後は美浦から頼む。

 片岡 オルフェーヴル産駒のゼロスピンドルは、1日に入厩して、今週中のゲート試験合格を目指しています。宗像調教師は「順調なら東京開催で芝のレースを考えています」と話していました。素質があって、470キロ前後で全体のバランスもよさそうです。忘れずに覚えておいてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

タニノフランケルの関連コラム

閲覧 900ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと1か月。今月は12月10日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月17日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳GI・中山芝2000m内)と、各路線の2歳チャンピオン決定戦が立て続けに施行されます。今年からホープフルステークスがGIに昇格したので、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトル争いがどうなるかも興味深いところですね。

 個人的に、JRA賞は「当該カテゴリーでもっとも“頑張った”馬=当該カテゴリーにおいてもっとも多くの賞金を獲得した馬」が受賞すべきだと考えているものの、実際は「出走数の少ない馬ほど強く見えがち」「施行時期の遅いレースほど高く評価されがち」「距離の長いレースほど格上に見られがち」などといった傾向がありますから、おそらくホープフルステークスの勝ち馬は(牡牝を問わず)ほぼ無条件でタイトルを獲得することになるでしょう。例外として考えられるのは、ホープフルステークスを超人気薄の馬が勝った場合、すなわち投票者の大半がその馬の潜在能力を見誤っているケースくらい。客観的な指標とは関係なく決まる賞だからこそ、結果がどうなるか楽しみで仕方ありません。

 2017年の当コラムは本稿が最終回で、ウマニティPOGも仮想オーナー募集枠の開放は12月4日が最後。“総括”的な意味合いを込め、今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬がこれまでのレースで見せたパフォーマンスをランキング化してみました。入札の検討材料として、さらには2歳GI3競走のヒントとして、ぜひご活用ください。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧いただきましょう(11月19日終了時点。以下同)。

●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7

 トップは11月12日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を圧勝した牝馬のアンヴァルアルーリングボイスの2015)。高いU指数が出やすいレースではあるものの、見た目の派手さに見合うだけの価値はあります。年内は休養予定とのことですが、マイル前後の距離も問題なくこなせるようであれば今後が楽しみです。
 2位タイは10月7日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・東京芝1600m)をレコード勝ちしたダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)と、11月4日の京王杯2歳ステークス(2歳GII・東京芝1400m)を制したタワーオブロンドン(スノーパインの2015)。どちらも朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているそうで、おそらく人気の中心となるでしょう。
 個人的に注目しているのはリュウノユキナ(ネオカラーの2015)。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)に加え、2着だった福島2歳ステークスのU指数もベスト10入りを果たしました。なお、前走までは北海道の桑原義光厩舎に所属していましたが、現在は船橋の齊藤敏厩舎に移籍しています。再度のJRA挑戦に期待して指名するのも面白そうです。

 ここから先は、クラス(新馬、未勝利、500万下から上のクラス)とトラックおよび距離(芝1600m以下、芝1700m以上、ダート)ごとに集計したランキングをご覧いただきましょう。U指数は上級条件のレースほど高い数字が出やすい指標ですし、ここから先の番組は路線もより明確になってくるので、ご自身の指名戦略に合わせてご活用いただければと思います。なお、世代限定戦のU指数には「遅い時期のレースほど高い数値が出やすい」という傾向もありますので、付記してある日付にもぜひご注目ください。

【新馬、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●08月19日 小倉05R 芝1200m モズスーパーフレア 84.9
●10月21日 京都04R 芝1400m ナディア 84.6
●10月29日 新潟05R 芝1600m ノーブルアース 84.5
●11月19日 東京06R 芝1400m ロードライト 84.1
●11月19日 東京06R 芝1400m マートルリース 84.1
●08月06日 小倉06R 芝1200m サイエン 84.0
●08月19日 小倉05R 芝1200m ジャスパープリンス 83.9
●11月05日 京都06R 芝1400m サウンドキアラ 83.9
●10月01日 阪神05R 芝1400m アルモニカ 83.8
●08月05日 小倉05R 芝1200m バーニングペスカ 83.4
●08月05日 小倉05R 芝1200m ラブカンプー 83.4

 トップのモズスーパーフレア(Christies Treasureの2015)はデビュー2〜3戦目こそ7着、5着に敗れていますが、この2戦はどちらも重賞でしたし、展開にも恵まれなかった印象。それぞれ勝ち馬とのタイム差はわずかでしたから、これからまた地道に賞金を稼いでくれるかもしれません。

【未勝利、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月19日 東京04R 芝1600m テトラドラクマ 89.6
●11月11日 京都03R 芝1600m パクスアメリカーナ 89.5
●08月19日 札幌02R 芝1200m リンシャンカイホウ 88.2
●11月11日 京都03R 芝1600m ラセット 88.0
●10月21日 東京03R 芝1400m ラストプリマドンナ 87.9
●08月26日 小倉01R 芝1200m ペイシャルアス 87.7
●09月03日 小倉01R 芝1200m アンヴァル 87.3
●08月13日 小倉01R 芝1200m アサクサゲンキ 87.2
●10月07日 京都02R 芝1600m レッドランディーニ 86.9
●10月09日 東京02R 芝1600m プリモシーン 86.6
●10月09日 東京02R 芝1600m テトラドラクマ 86.6

 リンシャンカイホウ(トリプルアクトの2015)は9月30日のカンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)でも2着に好走。同等の指数をマークした馬は要注目です。

【500万下から上のクラス、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m カーボナード 91.4
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m テンクウ 91.4
●11月11日 京都11R デイリー杯2歳S 芝1600m ジャンダルム 91.4

 サウジアラビアロイヤルカップ組は4着のテンクウ(ピサノドヌーヴの2015)までがランクイン。人気の中心だった上位2頭はもちろん、3着のカーボナード(ディアマンティナの2015)あたりも引き続き期待できるのではないかと思います。

【新馬、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月08日 東京05R 芝2000m ブラゾンダムール 82.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●10月08日 東京05R 芝2000m ジェシー 81.0
●10月22日 京都05R 芝2000m グレイル 80.9
●10月22日 京都05R 芝2000m ストーミーバローズ 80.9
●10月28日 京都05R 芝1800m スーパーフェザー 80.8
●10月28日 京都05R 芝1800m レッドヴェイロン 80.8
●11月19日 東京05R 芝1800m ブラストワンピース 80.7
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●10月09日 京都05R 芝1800m タングルウッド 79.7

 ダノンプレミアムは6月25日の時点で81.0をマーク。次走のサウジアラビアロイヤルカップも優秀な内容でしたし、今後もしばらくは“主役”として君臨できるんじゃないでしょうか。

【未勝利、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 東京02R 芝2000m カフジバンガード 86.6
●09月02日 小倉02R 芝2000m シャルドネゴールド 85.7
●09月02日 小倉02R 芝2000m ウォルビスベイ 85.1
●11月11日 京都04R 芝1800m アイトーン 84.8
●11月18日 福島04R 芝1800m トーセンクリーガー 84.6
●09月30日 阪神03R 芝1800m ヘンリーバローズ 84.4
●09月23日 阪神03R 芝1800m マイスターシャーレ 84.3
●09月23日 阪神03R 芝1800m ムーンレイカー 84.3
●11月18日 東京03R 芝2000m エイムアンドエンド 84.2
●11月18日 東京03R 芝2000m ニシノマメフク 84.2

 トップは2000mのレースで86.6をマークしたカフジバンガード(エミリアの2015)。11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)は4着どまりだったものの、2000m以上のレースが増える今後は楽しみです。

【500万下から上のクラス、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ゴーフォザサミット 90.5
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ナスノシンフォニー 89.9
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ディロス 89.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ジュンヴァルロ 89.5
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ルーカス 89.3
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m シャルルマーニュ 89.3
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ケイティクレバー 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ドンアルゴス 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m タニノフランケル 88.9

 ランキングを見る限り、11月5日の百日草特別(2歳500万下・東京芝2000m)はなかなかレベルの高い一戦だった模様。上位馬は引き続きマークしておくべきだと思います。

【新馬、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●11月04日 東京05R ダ1300m ミスターメロディ 90.2
●10月28日 東京04R ダ1400m プロミストリープ 88.3
●10月15日 京都04R ダ1200m クレヴァーパッチ 88.2
●11月19日 京都06R ダ1200m ヌーディーカラー 84.6
●11月19日 京都06R ダ1200m ブライトエンパイア 84.6
●09月24日 中山04R ダ1200m デンコウケンジャ 84.5
●08月13日 新潟06R ダ1800m ルヴァンスレーヴ 83.4
●07月30日 札幌06R ダ1700m ハヤブサマカオー 83.3
●10月28日 京都04R ダ1200m ロードエース 83.2
●10月14日 東京04R ダ1400m ダークリパルサー 83.0

【未勝利、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●09月16日 阪神01R ダ1200m ヤマニンレジスタ 89.5
●09月16日 阪神01R ダ1200m バイラ 88.8
●11月04日 福島01R ダ1150m スリーチェイサー 88.2
●09月02日 札幌01R ダ1700m ハヤブサレジェンド 87.8
●10月08日 京都01R ダ1400m マッスルマサムネ 87.2
●11月18日 東京02R ダ1600m ショーム 87.1
●11月04日 福島01R ダ1150m ソングオブファイア 86.8
●08月27日 新潟01R ダ1200m タマモアモーレ 86.5
●08月19日 小倉01R ダ1000m ニシノダンテ 86.2
●10月29日 東京02R ダ1600m ゴライアス 86.0

【500万下から上のクラス、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m オーロスターキス 88.7
●09月30日 阪神09R ヤマボウシ賞 ダ1400m ドンフォルティス 88.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m ビッグスモーキー 87.9
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ユニオンローズ 87.6
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サージュミノル 87.5
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m ダークリパルサー 87.4
●10月14日 東京09R プラタナス賞 ダ1600m ルヴァンスレーヴ 87.2
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m クレヴァーパッチ 86.8
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サクラアリュール 86.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m コマビショウ 86.7

 ダート路線の馬は今後の入札でもそれほど人気にならないはず。低額で落札できそうなポイントゲッターが欲しい場合は検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月7日(火) 13:29 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第7回 注目POG馬ランキング上位馬考察〜
閲覧 1,472ビュー コメント 0 ナイス 6

 2017年の2歳戦もいよいよ佳境。11月4日までにアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、ダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)、タワーオブロンドン(スノーパインの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ベルーガ(アドマイヤライトの2015)、ラッキーライラック(ライラックスアンドレースの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と8頭のJRA重賞ウイナーが誕生し、今後も11月11日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・京都芝1600m外)、11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)、11月25日の京都2歳ステークス(2歳GIII・京都芝2000m内)と、来月の2歳GIや来春のクラシック戦線に繋がっていきそうなレースが続きます。同世代のライバルを下し、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトルを獲得するのはどの馬でしょうか。

 今回は現在の戦況を整理すべく、「注目POG馬ランキング(2017/11/06 12:00時点」上位馬の成績や近況をまとめてみました。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは11月6日と12/4に新たな仮想オーナー募集枠が開放されるため、ご自身の仮想オーナー馬数とPOGポイントに余裕があれば、まだすべての馬に入札が可能。指名馬選びの参考にしていただければ幸いです。

 まずは「注目POG馬ランキング」20位以内の各馬をご覧ください(成績はいずれも11月5日終了時点)。

■1位 スターリーステージ(スターアイルの2015) 3戦0勝 580万円
■2位 シンハラージャ(シンハリーズの2015) 未出走
■3位 フラットレー(リッチダンサーの2015) 2戦1勝 860万円
■4位 グレートウォリアー(プラウドスペルの2015) 未出走
■5位 レイエンダ(ラドラーダの2015) 1戦1勝 700万円
■6位 シルヴァンシャー(アゼリの2015) 1戦1勝 700万円
■7位 タニノフランケル(Vodkaの2015) 3戦1勝 1180万円
■8位 トゥザフロンティアトゥザヴィクトリーの2015) 3戦1勝 1340万円
■9位 ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015) 2戦1勝 780万円
■10位 アドマイヤキング(アドマイヤテンバの2015) 2戦1勝 700万円
■11位 ミカリーニョ(ミスエーニョの2015) 2戦1勝 780万円
■12位 ルーカス(メジロフランシスの2015) 1戦1勝 700万円
■13位 サトノエターナル(ソーメニーウェイズの2015) 1戦0勝 280万円
■14位 ステルヴィオ(ラルケットの2015) 3戦2勝 3600万円
■15位 ルナステラ(ピラミマの2015) 未出走
■16位 ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015) 未出走
■17位 サトノソルタス(アイランドファッションの2015) 1戦1勝 700万円
■18位 ソシアルクラブブエナビスタの2015) 1戦1勝 700万円
■19位 シーリアシーザリオの2015) 未出走
■20位 ジナンボーアパパネの2015) 1戦1勝 700万円

 既に20頭中15頭がデビューを果たし、うち13頭が初勝利をマーク。サトノエターナルスターリーステージも2着となった経験ならありますから、勝ち上がりは時間の問題だと思います。
 未出走馬5頭のうち、シンハラージャ(シンハリーズの2015)とシーリアシーザリオの2015)は既に入厩済み。デビューは目前と見ていいでしょう。また、グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)やヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015)も、報道等を見る限りでは近いうちに入厩してきそう。他の「注目POG馬ランキング」上位馬がいずれも順調ですし、未出走組もそれぞれ初陣が楽しみです。

 11月5日時点で未出走、かつ「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は、前出5頭の他に22頭いました。

■22位 ブレステイキング(シユーマの2015) 未出走
■25位 ソリッドドリーム(Danedreamの2015) 未出走
■27位 サラキア(サロミナの2015) 未出走
■39位 ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティの2015) 未出走
■42位 フランツ(ロベルタの2015) 未出走
■45位 ダブルフラット(アガルタの2015) 未出走
■48位 デサフィアンテアヴェンチュラの2015) 未出走
■50位 ヴィルトゥース(ドナブリーニの2015) 未出走
■52位 パスティス(ハヤランダの2015) 未出走
■57位 クルークヴァールクィーンズバーンの2015) 未出走
■59位 サトノグロワール(シャムロッカーの2015) 未出走
■63位 ザスリーサーティ(ツーデイズノーチスの2015) 未出走
■66位 イシュトヴァーンドナウブルーの2015) 未出走
■68位 カザン(シャンパンドーロの2015) 未出走
■74位 リンフォルツァンド(リッスンの2015) 未出走
■76位 アドマイヤデジタルフサイチエアデールの2015) 未出走
■78位 エルディアマンテディアデラノビアの2015) 未出走
■80位 シエラ(ゴールデンドックエーの2015) 未出走
■81位 キタノコマンドール(ベネンシアドールの2015) 未出走
■87位 ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015) 未出走
■89位 エリスライト(クリソプレーズの2015) 未出走
■99位 センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015) 未出走

 このうちブレステイキング(シユーマの2015)、ソリッドドリーム(Danedreamの2015)、サラキア(サロミナの2015)、フランツ(ロベルタの2015)、エルディアマンテディアデラノビアの2015)、シエラ(ゴールデンドックエーの2015)、ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015)、エリスライト(クリソプレーズの2015)、センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015)の9頭は既に入厩済み。デビュー戦の内容次第では、クラシック戦線の新星として一気に注目を集めるかもしれません。

 11月5日時点でデビュー済みかつ未勝利だった馬のうち、「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は前出2頭の他に29頭います。

■21位 レピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015) 2戦0勝 480万円
■24位 リシュブール(ラストグルーヴの2015) 2戦0勝 480万円
■28位 マルケッサ(マルペンサの2015) 1戦0勝 0万円
■30位 トーセンブレイヴ(ギーニョの2015) 2戦0勝 200万円
■33位 アプルーヴァル(ファシネイションの2015) 1戦0勝 0万円
■34位 ダノンチェリー(ウィーミスフランキーの2015) 2戦0勝 0万円
■36位 レリカリオ(Unrivaled Belleの2015) 1戦0勝 0万円
■37位 プリメラビスタビワハイジの2015) 1戦0勝 0万円
■38位 サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015) 2戦0勝 480万円
■41位 ローズベリル(モルガナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■43位 グラマラスライフ(プリティカリーナの2015) 1戦0勝 70万円
■46位 レーヴドリーブ(レーヴドスカーの2015) 1戦0勝 110万円
■47位 ピボットポイント(ペンカナプリンセスの2015) 1戦0勝 70万円
■51位 ブレイニーラン(プチノワールの2015) 1戦0勝 180万円
■54位 ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015) 4戦0勝 490万円
■55位 ダノンポピー(マネーキャントバイミーラヴの2015) 1戦0勝 70万円
■56位 シャンデリアスピンダンスインザムードの2015) 2戦0勝 0万円
■61位 サラーブ(サマーハの2015) 1戦0勝 180万円
■62位 プリュス(サラフィナの2015) 1戦0勝 0万円
■65位 ミルコメダ(スカーレットレディの2015) 1戦0勝 0万円
■70位 イダエンペラー(アドマイヤセラヴィの2015) 2戦0勝 0万円
■77位 アドマイヤビクター(ツィンクルヴェールの2015) 1戦0勝 110万円
■86位 イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュートの2015) 1戦0勝 0万円
■88位 スヴァルナ(ブルーミングアレーの2015) 2戦0勝 180万円
■91位 ローザフェリーチェローズバドの2015) 1戦0勝 110万円
■92位 ネプチュナイト(タンザナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■93位 ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015) 1戦0勝 280万円
■95位 ノチェブランカ(ナイトマジックの2015) 2戦0勝 0万円
■96位 モトカ(Sasuelaの2015) 1戦0勝 0万円

 このうち2着となった経験ならあるのはレピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015)、リシュブール(ラストグルーヴの2015)、サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015)、ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015)、ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015)の5頭。順調ならば近いうちに勝ち上がりを果たせるんじゃないでしょうか。また、他もそれなりの良血馬や評判馬ばかりなので、使っているうちに変わってくる可能性は並みの馬よりも高いはず。入札における人気はこれまでよりも下がるでしょうから、安易に指名候補から外すことなくしっかりチェックしておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

タニノフランケルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 0

昨日の憂さを晴らすように、今日の凄馬も勝ちまくりでした。
怖いくらいですが、リアルは回収率110%とまあ目標を達成でした。
エリザベスで欲目を出してワイドにしたのが、不味かった。
やはり、欲張り過ぎずに単複、単複。
こつこつ、こつこつ、いいことありそな。
■今日の凄馬
京都3R_6グリエルマ_1着3.7倍
福島1R_16コスモビスティー_アタマ差4着
東京3R_5ワンダーツー_1着1.4倍ガチガチ過ぎ
京都2R_3バイラ_1着2.6倍正に、倍ら(失礼いたしました)
東京7R_14ラテールプロミーズ1着4.7倍人気薄で美味しい

あと、今日イチ狙ってたのは京都9R黄菊賞です。
3タニノフランケルの底力を見られると思ったのに、ハナ差の4着。とほほ。
11ジュンヴァルロは、複勝に期待してたらありゃま1着9.4倍。買わずに惜しいことをしたもんだっと。
でも、12番人気の6ケイティクレバーは頑張ったもんだな〜。
単勝万馬券級を張る勇気は、私にはありませんがな。
連敗は止めたので、地味に小さく勝ちを重ねていきます。
敵は、自分の強欲也。

 DBオーナー 2017年11月12日() 07:58
タニノフランケル
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 9

ビリーヴに続きウォッカの子も激走できるか?
応援馬券購入予定です。
頑張れ

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年11月11日() 21:23
エリザベス女王杯の予想スペシャル・2歳新馬戦の予想の巻
閲覧 225ビュー コメント 0 ナイス 3

馬場状態
コース全体に傷みがあります。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬5頭の傾向
実績:5頭中4頭が重賞以上の2000mで連対経験。
前走:府中牝馬S・オールカマーが2頭ずつ。秋華賞が1頭。
時計:2分12秒台(良馬場の場合)の決着に対応できる方がよさそう。
脚質:中団付近〜中団やや後方で競馬できる方がよさそう。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が2頭、2位の馬が1頭、4位以下の馬が2頭。
血統:ディープインパクト産駒が2頭。マンハッタンカフェ産駒・スズカマンボ産駒・ブライアンズタイム産駒が1頭ずつ。
年齢:4歳が3頭、3・5歳が1頭ずつ。
枠順:2枠が2頭。1・6・8枠が1頭ずつ。
人気:3番人気馬が2頭。2・6・7番人気馬が1頭ずつ。

予想
過去5年の1着馬5頭の傾向の中から、良馬場の2016年、2014年の傾向だけを見ると、
・2分12秒台の決着に対応できる軽快さ
・2000m以上のGIでの連対経験
・中団付近で競馬できる脚質
・33秒台前半の上がり3Fを出せる瞬発力
この4つが傾向的に濃く出てるんで、この4つを参考にして本命馬を絞り込んでいきますが、

おまけで、過去5年の1〜3着馬の年齢を見てみると、
4歳馬:9頭
3歳馬:5頭
5歳馬:1頭
6歳以上の馬:0頭
というように、馬場状態などに関係なく、4歳・3歳の馬券圏内が異常に多くて、5歳以上の馬券圏内が異常に少ないんで、5歳以上の馬に関しては少々割り引いて考えてもいいかもしれませんね。

さらに、おまけで、過去5年の1〜3着馬の血統を見てみると、
サンデーサイレンス系の種牡馬の産駒:12頭
(父の父がサンデーサイレンスの産駒:12頭)
キングカメハメハ産駒:2頭
ブライアンズタイム産駒:1頭
というように、馬場状態などに関係なく、父がサンデー系種牡馬の産駒の馬券圏内が異常に多くて、父が非サンデー系種牡馬の産駒の馬券圏内が異常に少ないんで、父が非サンデー系種牡馬の産駒の馬に関しては少々割り引いて考えてもいいかもしれませんね。

☆結論☆
◎ヴィブロス
2200mは未経験、1番人気馬は過去5年で1着なしなど探せば不安材料もありますけど・・・。
・2000mのGI1着あり
・中団付近で競馬できる脚質
・33秒台前半の上がり3Fを出せる瞬発力
と距離実績以外は過去の1着馬の傾向に合ってるし、
・4歳
・ディープインパクト産駒
なんでおまけのデータにもバッチリ合ってるし、
牝馬でドバイのGIで勝ち負けできる馬ってジェンティルドンナやブエナビスタみたいに牝馬のカテゴリーに収まらず、牡馬含めた中でトップクラスの馬になる規格外みたいな馬が多いですからね〜。
ヴィブロスはドバイターフを勝ってるから今後牡馬相手にGI勝つ牝馬になる可能性十分あるし、全姉がヴィルシーナ、半兄がシュヴァルグランで血統面も超優秀なんで、ここを勝ってさらに大きな舞台で勝ち負けするのかな。

本命馬がヴィブロスに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
2倍台になるかもなんで利益的に手が出せないです。

「相手を選んで馬連流し」
本命馬が1番人気なんで相手は2・3頭までに絞りたいです。

「相手を選んでワイド流し」
ヴィブロスと3着あればいい方かな〜って馬のワイドが10倍以上ついてた場合は、馬連で無理するよりもワイドにしようかな。

ということで、馬券は、
「相手を選んで馬連流し」
「相手を選んでワイド流し」
でいってみましょう。

〇ミッキークイーン
牡馬のトップクラス相手にGI勝つまではないけど、有馬記念5着、宝塚記念3着など、牡馬相手にGIで善戦できる馬なんで、牝馬のカテゴリーから半分ぐらいははみ出てる牝馬なんですよね〜。
2000m以上のGI2勝してるし、中団付近からメンバー中上位の上がり3Fで伸びてくる馬なんで過去の1着馬の傾向に合ってる部分が多いんで、5歳とか休み明けとか不安材料あるけど2番手評価にしました。
まあ、休み明けっていっても最近は実績ある馬は外厩とかでしっかり調整された状態で戻ってくるから気にしなくてもいいかも。

▲リスグラシュー
なかなか勝ち切れない善戦型の馬ですけど、過去の1着馬の傾向に合ってる部分が多いし、全レースでメンバー中3位以内の上がり3Fを出してる馬なんで、折り合い重視で末脚を活かす乗り方が得意な福永とのコンビ相性はバッチリかも?
3歳のハーツクライ産駒なんでおまけのデータにも合ってるんで、古馬相手のGIですが連対期待したいです。

△ジュールポレール
過去5年の中で良馬場の2016年、2014年の2着馬を見ると、道中3・4番手で競馬してた先行馬が2着にきてるんですが、
この馬は好位から競馬ができて瞬発力勝負OKなんで、エリザベス女王杯で2着にくる馬の傾向に近いかも?
距離不安に関しては、タフな競馬の2200mになったら心配ですけど、楽な流れの2200mなら少々ごまかしがきくかな?って気もするんですよね〜。
4歳のディープインパクト産駒なんでおまけのデータにも合ってるから、2200mのGIですが3着圏内を期待したいです。

☆エリザベス女王杯 買い目☆
馬連 16−6・10 各2000P
ワイド 13−16  2000P 合計6000P



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
武蔵野S カフジテイク・・・5着

1〜5番人気馬が全て着外という恐ろしい結末でしたね〜。
3着は大丈夫かなと思って指名してたんですがダメでした。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。




--------------------------------------------------------------------------------

☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
エリザベス女王杯 リスグラシュー

本命馬ではないんですけど、抜群の安定感で3着圏内確保してくれると期待したいです。

☆買い目☆
複勝 6 1000P




--------------------------------------------------------------------------------

☆11月12日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
京都4R(芝1600m) 指名馬フィニフティ
ステファノスの全妹なんで期待。

東京5R(芝1600m) 指名馬ウィキッドアイズ
新馬戦、ホープフルSと連勝したハートレーの半妹のオルフェーヴル産駒。
この馬を急遽POG馬に指名したので応援込みで期待。

京都5R(芝1800m) 指名馬シーリア
半兄エピファネイア、全兄リオンディーズ。そしてぼくのPOG馬でもあるんで応援込みで期待。

東京6R(芝1400m) 指名馬ハードカウント
ダイワメジャー産駒は1400m以下に強いイメージなんで期待。




--------------------------------------------------------------------------------

☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
東京5R(芝1600m) に出走するウィキッドアイズを急遽POGに指名しました。

新馬戦、ホープフルSと連勝したハートレーの半妹ってだけでも期待してるんですけど、未知数のオルフェーヴル産駒なんですごく楽しみにしています。

明日は、新馬戦に出走するシーリアとウィキッドアイズの
そして、黄菊賞に出走するタニノフランケル
のPOG馬3頭にぜひぜひ頑張ってほしいです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

タニノフランケルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タニノフランケルの写真

投稿写真はありません。

タニノフランケルの厩舎情報 VIP

2017年11月12日黄菊賞4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タニノフランケルの取材メモ VIP

2017年11月12日 黄菊賞 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。