注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ベルキャニオン(競走馬)

注目ホース
ベルキャニオン
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年2月5日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[3-4-0-7]
総賞金7,434万円
収得賞金1,950万円
英字表記Bell Canyon
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クロウキャニオン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
クロカミ
兄弟 キラウエアマウントシャスタ
前走 2017/05/07 湘南ステークス
次走予定

ベルキャニオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/07 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 14347.231** 牡6 57.0 C.ルメー堀宣行490(-4)1.33.8 -0.133.5ロワアブソリュー
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 1461011.767** 牡6 57.0 R.ムーア堀宣行494(+12)1.59.7 1.435.1⑬⑩⑫メートルダール
16/11/27 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 1781514.8710** 牡5 57.5 A.アッゼ堀宣行482(-2)1.26.2 1.136.3⑪⑪セイウンコウセイ
16/10/30 東京 10 紅葉S 1600万下 芝1600 11794.039** 牡5 57.5 R.ムーア堀宣行484(-6)1.34.8 0.634.4アストラエンブレム
16/06/12 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 15117.632** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行490(+4)1.32.8 0.034.1⑤⑤ヤングマンパワー
16/03/05 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 1371113.1512** 牡5 57.0 石橋脩堀宣行486(+12)1.49.4 1.135.0⑦⑧⑧⑩ブラックムーン
14/06/01 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1851018.568** 牡3 57.0 戸崎圭太堀宣行474(0)2.25.2 0.634.5⑧⑦⑦⑥ワンアンドオンリー
14/05/10 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 14691.611** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行474(-2)2.01.0 -0.133.6⑧⑧⑧キネオペガサス
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1851061.5137** 牡3 57.0 福永祐一堀宣行476(0)2.00.1 0.534.5⑮⑮⑰⑯イスラボニータ
14/03/23 中山 11 スプリングS G2 芝1800 15233.626** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行476(-4)1.49.2 0.835.5⑨⑨⑫⑪ロサギガンティア
14/02/24 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 14227.232** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行480(+2)1.48.3 0.233.1⑥⑥⑦イスラボニータ
13/12/22 中山 7 ホープフルS OP 芝2000 17472.212** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行478(0)2.02.1 0.136.5⑪⑫⑫⑬エアアンセム
13/11/16 東京 4 2歳未勝利 芝2000 13561.311** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行478(0)2.01.1 -0.233.9バンズーム
13/10/27 東京 4 2歳新馬 芝2000 11223.422** 牡2 55.0 内田博幸堀宣行478(--)2.05.8 0.133.8⑨⑨⑧ラングレー

ベルキャニオンの関連ニュース

【毎日杯】レース展望

2017年03月21日(火) 16:04

 阪神では土曜に3歳馬の重賞・毎日杯(25日、GIII、芝1800メートル)が組まれている。クラシックの本流とはいえないような位置付け(施行時期)に思えるが、実際には1着馬のうち、2008年のディープスカイNHKマイルCとダービーを勝ち、13年のキズナもダービーを制覇。10年のダノンシャンティNHKマイルCを制するなど、すっかり出世レースとして定着した。直線の長い外回りで施行されるだけに、皐月賞への最終切符というよりも、広い東京のGIに向けた試走の場となりつつある印象だ。今年も素質豊かな若駒がそろって、目が離せない。

 新馬戦−シクラメン賞を連勝し、きさらぎ賞では2着に敗れたサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)。前走は重馬場で持ち味が生きなかった面もあり、力負けとは考えられない。シクラメン賞は今回と同じ条件で、上がり3ハロン32秒7という桁違いの決め手を披露。今後のローテーションは明らかにされていないが、GI戦線に乗り込むためにも賞金の上積みは不可欠だ。中間も順調に乗り込まれており、力を出せる態勢は整っている。

 サトノアーサーの僚馬アルアイン(牡)も、シンザン記念は勝負どころで不利を受けて6着に敗れたが、巻き返しは必至。こちらは3戦全てマイルを使われてきたため、1ハロンの距離延長が鍵となるが、レースぶりからも大きなマイナスになるとは思えない。強敵が身内にいるが、新コンビ・松山弘平騎手の手綱さばきに注目が集まる。

 前記2頭と同様、ノーザンファーム生産のディープインパクト産駒として期待されるのがクリアザトラック(栗東・角居勝彦厩舎、牡)だろう。全兄カミノタサハラは弥生賞勝ち馬で、他にもボレアス、マウントシャスタベルキャニオンと全兄は軒並みオープンで結果を出してきた。前走(500万下)はハナ差の辛勝だったが、馬体に成長のあとがうかがえ、決め手も磨きがかかってきた印象。折り合いがつけば、ここでも面白い存在となる。

 未勝利戦を勝って以来、3カ月ぶりの京成杯で2着と好走したのがガンサリュート(栗東・安田隆行厩舎、牡)。輸送や距離延長を克服し、価値ある賞金上積みを果たした。阪神の1800メートル戦は未勝利で2戦してともに2着だったが、勝ち馬がリスグラシューカデナなら、悲観する必要は全くない。父ダノンシャンティに続く父子制覇が期待される。

 セントポーリア賞5着、すみれS3着と足踏みしているキセキ(栗東・角居勝彦厩舎、牡)は、祖母が桜花賞2着馬ロンドンブリッジという血統馬。まだ幼い面を残しているが、この阪神1800メートルで鮮やかな新馬勝ちを演じた実績があり、距離短縮で違う結果が望める。

 東スポ杯2歳S5着、朝日杯フューチュリティS5着、シンザン記念4着と中央入り後はもうひとつの結果が続くトラスト(栗東・中村均厩舎、牡)は、この中間もハードな調整ぶり。状態には全く不安がなく、あとはレースでスムーズに力を発揮できるかどうかにかかっている。スクリーンヒーロー産駒は一昨年にミュゼエイリアンがこのレースを勝っており、適性はありそうだ。

 他では、堅実な走りを続けるプラチナムバレット(栗東・河内洋厩舎、牡)や追い込みに徹して成績が安定してきたデュパルクカズマ(栗東・西浦勝一厩舎、牡)にも注意を払いたい。

毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ダイヤモンド】アルバート、馬なりで併入2017年02月10日(金) 05:05

 《美浦》有馬記念7着アルバート(堀、牡6)は、石橋騎手(実戦はムーア騎手)が騎乗し、Wコースで併せ馬。6ハロン81秒9、3ハロン38秒5−13秒5で、外のベルキャニオン(1600万下)と馬なりで併入した。「去年の秋2戦の疲れが残っていて、毛づやや馬体の張りが物足りない。でも、今週、来週で態勢を整えていけば」と森助手。

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】クリアザトラック 2016年11月08日(火) 05:02

 《戦評》前半に少し行きたがるしぐさを見せたが、スムーズに2番手へ。直線入り口で軽く仕掛けられただけで楽に前をかわし、そのまま押し切った。勝ちタイム1分36秒3は平凡だが、上がり3ハロンはメンバー最速タイの34秒1。ゴール前で流す余裕がありながら2着に1馬身半差をつけ、着差以上の完勝だった。

 《血統》兄姉は全7頭が勝ち上がっている。全兄にレパードSを勝ったボレアス、弥生賞を制したカミノタサハラがいるほか、マウントシャスタ毎日杯2着、ベルキャニオン共同通信杯2着と、中距離を中心に活躍し、3歳戦に強い。クラシック戦線で大いに期待できる。

 《将来性》Mデムーロ騎手は「追い切りの動きが良かったので、自信を持って臨んだ」と能力の高さを評価。レースセンスや反応の良さが光り、上のクラスでもすぐに好勝負ができそうだ。

[もっと見る]

【天皇賞・秋】サトノクラウン併入12秒72016年10月28日(金) 05:07

 宝塚記念6着以来のサトノクラウンはWコースでベルキャニオン(1600万下)との併せ馬。先導する形から直線で外に並んで仕掛けられると、5ハロン70秒0、3ハロン39秒8−12秒7をマークして併入した。橋本助手は「調教で気を抜く面が目立つのでブリンカーを着用。行きっぷりも良かったし、しまいもしっかり走っていましたが、レースではブリンカーではなくチーク(ピーシズ)を着けます。それで前走もしっかり走っていましたから」と、馬具について説明。昨年は17着に敗れたが、「あのときは状態もひと息で参考外。ベストに近い条件なので、あとはいい馬場で走らせてあげたい」と良馬場での巻き返しを願っていた。

★天皇賞・秋の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・秋】クラウンきっちり併入 2016年10月27日(木) 15:51

 宝塚記念(6着)からぶっつけとなるサトノクラウンは、美浦Wコースでベルキャニオンと4Fから併せた。序盤から行く気満々で、直線もしっかりとした脚取りで外からきっちり併入した。

 「ブリンカーを着けた効果で集中して走れていた。競馬は前走同様にチークピーシズを着用。ベストに近い条件なので期待はある」と橋本助手。巻き返しへ、態勢は整った。(夕刊フジ)

★天皇賞・秋の枠順はこちら

[もっと見る]

レパードS勝ち馬のボレアスが登録抹消 乗馬に 2016年02月10日(水) 13:26

 2011年のGIII・レパードSを勝ったボレアス(牡8歳、栗東・吉田直弘厩舎、父ディープインパクト、母クロウキャニオン)は、2月11日付で競走馬登録を抹消されることになった。今後は滋賀県甲賀市の甲賀ファームで乗馬となる予定。

 ボレアスは31戦3勝(平地26戦3勝、障害1戦0勝、地方4戦0勝)。獲得賞金は1億1883万9000円(付加賞含む。うち地方競馬2501万円)。重賞は前記の1勝。全弟にGII・神戸新聞杯3着などのマウントシャスタやGII・弥生賞を制したカミノタサハラ、GIII・共同通信杯2着のベルキャニオンがいる。

ボレアスの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルキャニオンの関連コラム

閲覧 1,900ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2017年03月19日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600〜2000m、かつ出走頭数が9頭以上、かつ未勝利を除くレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-5-27](複勝率35.7%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 実績を素直に評価したい一戦。ダート、マイル未満、2000m超、極端な少頭数、さらに未勝利のレースでしか優勝経験のない馬は好走例がありません。特に注意が必要なのは新馬を勝っていない1勝馬。2016年5着のミッキーロケット(単勝2番人気)、2015年6着のブラックバゴ(単勝4番人気)、2014年6着のベルキャニオン(単勝2番人気)など、人気を裏切ってしまったケースが目立ちます。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月15日(木) 18:00
【濃霧注意報DX】〜朝日杯フューチュリティステークス(2016年)展望〜
閲覧 1,643ビュー コメント 0 ナイス 4

 今週のメインレースは、牡馬の2歳王者決定戦となる朝日杯フューチュリティステークス。昨年はリオンディーズエアスピネル、上位人気馬同士の一騎打ちとなったのは記憶に新しいところですが、この2頭はデビュー時からスケールの大きな走りを見せており、実際に翌年のクラシックでも見せ場十分の走りを見せました。
 毎年これくらいの時期になると、こうした”スケールの大きそうな馬”が何頭か存在感を放っているものですが、なんだか今年はいつもと違った雰囲気を感じるのです。
 それを言葉で表現するならば……”牡馬の小粒さ”といった具合になるでしょうか。
 牝馬路線は先週の阪神ジュベナイルフィリーズでワンツーしたソウルスターリングリスグラシューなど、一級品の素質を感じさせる馬がいるのですが、牡馬路線はレースごとに好走馬がバラバラ。期待の良血馬もコロコロ敗れたりして、なかなか力関係が固まりません。
 唯一ブレスジャーニーが重賞を2勝していますが、例年に比べレースレベルはイマイチ。そのブレスジャーニーすらも不出走となる今年の当レースは、いわば”どんぐりの背比べ”状態。力関係が非常に接近している、非常に難しいメンバーが揃った印象があります。
 しかし、どんなメンバー構成であれ着順がつくのが競馬。力の優劣を見極めるためのヒントは必ずあるはず。今回も先週に引き続き有力と目される何頭かに触れ、キラリと光る買いポイントを見つけていければと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 今回最大の鍵となるのは、牝馬ながら牡馬相手のここに回ってきたミスエルテの存在。
 2戦2勝という綺麗な戦績に加え、同じフランケル産駒のソウルスターリングが圧勝で2歳女王の座に着いたことで血統的にも人気を集めることとなり、1番人気を争うであろうことはほぼ確実。
 初戦はほぼ追うところなしの圧勝、2戦目のファンタジーSは出遅れて大外を回る形でも手応えの違いを見せ付けての圧勝と、底を見せない勝ち方を続けているのは確かで、そのスケール感に期待する声が多くあるのも頷けるところです。
 が、個人的には本馬はまだ半信半疑の状態。
 確かに勝ち方は鮮烈で印象に残るものなのですが、戦った相手のレベルが非常に低かった分、これだけの勝ち方ができたという印象が強くあります。特に前走のファンタジーSはここ数年と比べて最も低レベルと言って良く、そうしたメンバー構成の中での圧勝は、G1を見据える馬ならば至極当然のパフォーマンス。ここまでの内容だけでは数多くいる重賞級の能力の持ち主、という評価までしかできません。
 血統にも注目すると、同父のソウルスターリングが母系もバリバリの欧州血統なのに対し、本馬の母系は母父プルピット×母母父ヘネシーという典型的な米国血統。ソウルスターリングに比べると、かなり前向きなスピードを感じさせる構成となっています。
 実際、本馬はここまでの2戦で道中かなり力むような挙動を見せていますし、前走ではゲートの不安定さも露呈。米国血統馬らしく、強さと脆さが同居している印象を受けます。この血がいい方向に出れば、ここでもいい末脚を見せてくると思える反面、自滅に近い失速をするシーンも想像できるだけに、圧倒的人気で信頼するには少々勇気の要る存在と言えるかもしれません。
 しかしながら・・・

[もっと見る]

2016年02月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第338話共同通信杯(謎解き編)
閲覧 1,266ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯」


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータル、キングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル。
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年08月06日(水) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2014) 〜第5回 大駒を狙うなら今!ランキング上位馬を徹底考察〜
閲覧 637ビュー コメント 0 ナイス 2

 現2歳世代にとって最初のJRA重賞、7月19日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)を制したのはアクティブミノル(ピエナアマゾンの2012)でした。スペシャルクラスのスンイチローさんをはじめとする指名者の皆さん、重賞制覇一番乗りおめでとうございます!

 もっとも、今シーズンのウマニティPOGはまだ始まったばかり。今後も節目となるレースごとに戦況が変わってくると思いますし、新たな馬に入札する機会もたくさん残されていますから、ほぼすべてのプレイヤーに優勝の可能性が残っているはずです。

 今回は、これから開放される仮想オーナー募集枠を狙っているプレイヤーの皆さんに一定の指針を示すべく、未出走、かつ秋季競馬以降にデビューを予定している「注目POG馬ランキング」上位馬(8月4日0時現在)の近況をまとめてみました。夏の2歳戦線は既に大勢が決しているうえ、シーズンを通して見るとこの時期に動くポイントは全体のごく一部。日本ダービーまでに逆転できるよう、今のうちにクラシック向きの大駒を確保しておきましょう。

 注目POG馬ランキング2位のタッチングスピーチ(リッスンの2012)は秋口のデビューを目指しノーザンファーム早来で調整中とのこと。いわゆる“POG本”で高く評価されていたこともあり、早期デビューの見込みがなかったにもかかわらず、一般的なルールのドラフトでは激しい争奪戦が繰り広げられました。私自身、血統背景やプロフィールから“POG本”の出るだいぶ前にこの馬をリストアップしたのですが、実際に取材した方たちの評価が思いのほか高く、結局ほとんどの団体で指名できなかったんですよね。今のところ当初の予定通りに調整が進められているようですし、今後の入札で大枚を叩く価値は十二分にあると思います。

 6位のクローディオシーザリオの2012)は、母に2005年のオークス馬、半兄に菊花賞馬のエピファネイアを持つ超良血馬。こちらはノーザンファームしがらきで乗り込まれているとのことでした。この馬に関しては新種牡馬のハービンジャーをどう見るかもひとつのポイントでしたが、7月下旬に2頭の産駒が新馬勝ちを果たすなど、滑り出しはまずまず順調。未知数だったファクターのひとつが解明されつつあるわけで、これから入札するのに適した評判馬の一頭と言えそうです。

 7位のレーヴミストラル(レーヴドスカーの2012)は、タッチングスピーチと同じくノーザンファーム早来で調整中。初陣はそれほど早くないかもしれませんが、今のところこれといった不安はなさそうですし、順調と言っていいんじゃないかと思います。確固たる地位を築き上げたキングカメハメハの産駒とはいえ、今年はディープインパクトハーツクライの産駒にも注目が集まっている分、これくらいの良血馬でも昨年までよりは指名しやすそうな印象。積極的に狙うべき一頭として引き続きマークしておくべきでしょう。

 8位のリアルスティール(ラヴズオンリーミーの2012)は7月下旬に一頓挫あって調教を休んでいる模様。6月にもペースダウンした時期がありましたし、デビューの時期に影響があるかもしれません。ただ、全兄のラングレーは10月下旬にデビュー戦を制したうえ、初めて出走した500万下も快勝。格上挑戦で回り道をしたものの、条件クラスをあっさり突破するだけのポテンシャルはありました。「来春のクラシック戦線で活躍してくれればOK」と考えるなら、それほど心配する必要はなさそうです。

 9位はドナブリーニの2012。全姉にジェンティルドンナドナウブルーを持つ良血馬ですが、個人馬主さんが所有していることもあり、近況に関する情報がほとんど出回っていません。馬名すらもまだジャパン・スタッドブック・インターナショナルに登録されておらず、指名を躊躇っているが多いのではないかと思います。もっとも、何らかの情報が出てきたらこれまで以上に注目を集めるでしょうし、入札するなら今が狙い目なのかも。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールとも相談しながら検討してみてください。

 10位のデビュタントは7月にデビュー予定だったものの(→関連記事)、一頓挫あってこれを回避。秋口のデビューを目指して再調整されているそうです。大事には至らなかったようですし、もともとクラシック戦線での活躍を期待していた方が多いでしょうから、この後が順調であれば大きな影響はないはず。引き続きマークしておくべき一頭だと思います。

 14位のパラダイスリッジ(クロウキャニオンの2012)も秋の入厩を目指して調整されている模様。4頭の全兄(ボレアスマウントシャスタカミノタサハラベルキャニオン)はいずれも2歳時の10月以降にデビューしていますから、指名したプレイヤーの皆さんも現在の状況は織り込み済みでしょう。マウントシャスタは3歳時の2月という遅いデビューでしたが、そこからトントン拍子に出世し、デビュー4戦目のNHKマイルカップでは単勝2番人気の支持を集めました。この馬も初陣が楽しみですね。

 16位のドゥラメンテアドマイヤグルーヴの2012)は6月下旬に一旦入厩し、ゲート試験に合格。再び放牧へ出て秋のデビューに備えています。母の初陣は2歳時の11月でしたが、無傷の3連勝でクラシックに参戦。同じような軌跡を描けるでしょうか。

 23位のラヴィダフェリースアドマイヤハッピーの2012)も7月に札幌競馬場へ入厩してゲート試験をパス。現在はノーザンファーム空港牧場に放牧されています。兄姉の初陣は総じて遅く、この馬も万全の態勢でデビューできるようじっくり調整していくことになりそうです。

 25位のサトノシュプリーム(スカイディーバの2012)は母がフリゼットステークス(米G機砲鮴している良血馬。当歳時のセレクトセールで2億6250万円の値が付きました。個人馬主さんが所有していることもあって近況の情報は少ないものの、ポテンシャルの高さはかなりのレベルにありそうで、個人的にも注目しています。

 28位のグリュイエール(ウィンターコスモスの2012)は一般的なPOGドラフトが行われる直前の時期に評価が高まった印象。父ディープインパクト、母の父キングカメハメハという血統の馬はこれまでにJRAで4頭がデビューしており、うち3頭が勝ち上がりを果たしました。デニムアンドルビーヤマノフェアリーは3歳クラシック戦線でも注目を集めましたし、将来的に大流行してもおかしくない配合構成。さまざまな意味で興味を惹かれる一頭です。

伊吹雅也さんのPOGマイページはこちら

(次回のコラム更新は9月3日(水)になります。)

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)にも造詣が深く、現4歳世代のPOGでは、参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)においてジェンティルドンナの単独1位指名に成功。現3歳世代も“赤本”こと『POGの達人』(光文社)誌上においてカミノタサハラコディーノフラムドグロワールらを推奨し、推奨馬の獲得賞金ランキング(皐月賞終了時点)で1位を獲得した。近著に『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

2014年06月03日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜☆まんでがんプロが日本ダービー◎マイネルフロストで的中!
閲覧 114ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、1(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
気温31度の暑さの中詰めかけた13万の観衆に見守られ、第81回G1日本ダービーはスタートの時を迎えました。好発を決めたサウンズオブアースワンアンドオンリーマイネルフロストトーセンスターダムらが出を窺いますが、これを逃げ宣言のエキマエが交わしてハナへ。トーセンスターダムが2番手に収まって、やや行きたがる素振りを見せたイスラボニータが3番手。サウンズオブアースタガノグランパワンアンドオンリーワールドインパクトベルキャニオンマイネルフロストトゥザワールドスズカデヴィアスアドマイヤデウスレッドリヴェールハギノハイブリッドアズマシャトルサトノルパンと続いて、最後方からショウナンラグーンの態勢で向正面へ。
エキマエが後続を徐々に離して前半1000mを59秒6のペースで通過。2番手トーセンスターダム以下は平均〜やや遅めのペースといった流れで3角に向かいます。とここで、逃げていたエキマエが故障発生でブレーキするハプニングが発生。これにより先頭はトーセンスターダムに替わり、同時に有力各馬がどっと後方から押し寄せる形で直線に突入します。
2番手で直線を迎えた1番人気イスラボニータは以前持ったまま。鞍上の蛯名騎手は追い出しのタイミングを計るように一たび後ろ振り返ってから、残り400mを過ぎてGOサイン。その振り返った視線の先には、横山典騎手がこの日は好位から進めた3番人気ワンアンドオンリーの影。トーセンスターダムが内ラチに衝突した影響で後退すると、イスラボニータワンアンドオンリーの一騎打ちに。勢いは外ワンアンドオンリーが優勢。蛯名騎手の必死の左ムチに応えるイスラボニータとの約300mに及ぶ熾烈な叩き合いを制してワンアンドオンリーが1着でゴール。皐月賞敗戦(4着)からの見事なリベンジを果たし、世代頂点の座に輝いています。勝ち時計は2分24秒6(良)。
2着は、3/4馬身差で1番人気イスラボニータ。そこから1馬身1/2馬身差の3着には、4角6〜7番手から最内を突いて渋太く伸びた12番人気マイネルフロストが入っています。
公認プロ予想家の中では、本命◎マイネルフロストから3連複的中の☆まんでがんプロをはじめ、サラマッポプロろいすプロら計7名が的中をマークしています。

その他では、kmプロdream1002プロレイトバスター事務局プロ蒼馬久一郎プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロ導師嵐山プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
31(土)東京2Rで3連単500円分的中し、18万9950円を払戻し!京都8Rでは馬連○▲的中で、13万5600円払戻しのスマッシュヒットをマークしています!1(日)のG1日本ダービーでも、本命◎マイネルフロストの予想で3連複的中と好調予想を披露した先週は、トータル回収率140%・収支19万6510円プラスの好成績を収めています!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
31(土)の京都5Rで本命◎タガノエッヴィーバの単勝一点的中を披露し、18万5000円払戻しのスマッシュヒットをマーク!1(日)には京都9Rで本命◎ジョウノボヘミアン(単勝115.8倍)の単勝を的中!46万3200円払戻しのビッグヒットを記録しています!土日2日間のトータルでは、回収率180%・収支28万8200円プラスといずれもトップ成績をマークしています!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
31(土)の京都5Rで、3連単32万360円馬券を◎○△的中するビッグヒット!土日トータル回収率149%・収支23万8490円の大幅プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → レイトバスター事務局プロ
1(日)の京都9Rで、ジョウノボヘミアンの複勝的中で12万5320円払戻しを記録しています!週末のトータルでは、回収率122%をマークしています!

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
1(日)の京都9Rで、ジョウノボヘミアンの単勝&ワイド的中で計10万970円払戻しのスマッシュヒットをマーク!土日トータルでは、回収率115%を記録しています。

☆☆☆注目プロ → “帰ってきた”凄馬勝子プロ
31(土)のG2京都ハイジャンプで馬連&3連複計12万5600円払戻しのスマッシュヒットをマーク!1(日)の京都9Rでは、○◎で馬連296.2倍を的中し、17万7720円払戻しをマークしています!週末トータル回収率102%記録しています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
31(土)の東京6Rで本命◎オウケンブラックの単勝一点勝負的中を披露!12万2000円の払戻しを記録しています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
31(土)のG2京都ハイジャンプで◎☓○的中!ワイド&3連複計11万3240円払戻しのスマッシュヒットを記録しています!

他には、3連複プリンセスプロ(137%)、シムーンプロ(133%)、霧プロ(130%)、河内一秀プロ(122%)、スガダイプロ(106%)、ろいすプロ(103%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1安田記念(スペシャルコラムなど予想に役立つ情報満載の安田記念特集はこちらから!)!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2014年06月01日() 10:00 凄馬プロジェクトチーム
第6回『凄馬出馬表&フォーメーション馬券』〜第81回 東京優駿(日本ダービー) GI〜
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 5

本日(6/1)開催される「第81回 東京優駿(日本ダービー) GI」の『凄馬出馬表』を読み解いていきたいと思います。

凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



第1グループは、U指数1位のイスラボニータただ一頭。2位のトゥザワールドには1.3ポイント(1 1/2馬身)差。
第2グループは、トゥザワールドトーセンスターダムワンアンドオンリーベルキャニオンの4頭が指数差0.5ポイント(1/2馬身)以内にひしめく大混戦。
第3グループは、第2Gから0.9ポイント(1馬身)離されてレッドリヴェールマイネルフロストアドマイヤデウスサトノルパンの4頭。
U指数1位から4.0ポイント以上離されている第4グループは馬券圏外と判断します。

さて馬券ですが、U指数上位馬が人気なので点数を絞りたいところです。
そこで、唯一の第1G馬イスラボニータを軸馬にして、相手をどこまで手を広げるかを考えます。
第2Gの4頭はほとんど差がなく、その差は0.5ポイントです。
一方、第2G最下位のベルキャニオンと第3Gトップのレッドリヴェールには0.9ポイント差なので、ここに深い溝があります。
よって相手は第2Gの4頭までとします。

結論、3連複フォーメーション(流し)

13

5、17、2、10

5、17、2、10

合計6点

1点1点の配当は高くないですが、6点に絞れたので厚く買って勝負したいと思います!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルキャニオンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 134ビュー コメント 0 ナイス 3

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
武士沢 友治≪騎手≫〔現在299勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
尾関 知人≪調教師≫〔現在199勝〕
牧浦 充徳≪調教師≫〔現在99勝〕

///////////////

【日曜の格上馬】
京都3R…デリスモア
京都4R…レディギャング
新潟8R…プエルト
京都8R…マイネルアトゥ−

・【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京1R :◆ラボーナ  ルメ&藤沢 〔複勝率〕55.6%
東京5R :◆オーサムバローズ  ルメ&中内田 〔複勝率〕65.4%
東京5R :◆ラビットラン  デム&角居〔複勝率〕51.6%
東京9R :◆ベルキャニオン  ルメ&堀 〔複勝率〕 52.3%
東京10R :◆カフェブリッツ  川田&池江〔複勝率〕47.3%
東京10R :◆ラニ  武&松永〔複勝率〕 41.2%
東京11R :◆ミスエルテ  川田&池江〔複勝率〕47.3%
東京12R :◆セネッティ  ルメ&音無〔複勝率〕 52.6%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【NHKマイルC】東京1600m

≪馬指数≫
1位:〔66〕アウトライアーズ
2位:〔65〕哀▲┘蹈螢奪
3位:〔64〕Ε椒鵐札襯凜ーソ ゥ廛薀船淵凜イス ミスエルテ

≪タイム指数≫
1位:〔68.4〕〇〇〇〇〇〇〇〇
2位:〔69.3〕〇〇〇〇〇〇〇〇
3位:〔69.7〕殴ンサリュート

≪攻略ポイント≫その2に書いた近7年で毎年馬券に絡み、
そのうち5回1着2着馬に該当するタイム指数〔69.6〕以内の馬が
今年はたった2頭ヽ( ̄д ̄;)ノ
(8年前はタイム指数をつけてなかっただけ)
※これは会員情報として伏せさせて頂きます。

//////////////

【新潟大賞典】新潟2000m

≪馬指数≫
1位:〔79〕ロンギングダンサー
2位:〔77〕┘侫襦璽ー ムスカテール
4位:〔76〕ぅ轡礇ぅ法璽廛螢鵐

≪タイム指数≫
1位:〔69.2〕メートルダール
2位:〔69.6〕.肇襦璽マクト
3位:〔69.7〕ぅ轡礇ぅ法璽廛螢鵐

≪LAP一致度≫
▲汽鵐如璽Εザード バロンドゥフォール Д献絅鵐凜.襯ン

≪傾向≫
・ハンデ53kgの馬【0-0-0-15】
・前走条件戦1600万勝ちの馬【0-1-0-10】
・前走OPで4着以下【0-0-0-27】 
・逃げ馬 ※過去馬券内ナシ
≪好走条件≫
・斤量56キロの 銑タ裕で蓮5-2-3-4】複勝率71%
このままならレッドソロモンが該当

【見解】
☆11年連続で「中山金杯」に出走した馬が馬券内。
・シャイニープリンス・ロンギングダンサー・マイネルフロストは今年も継続できるか?

//////////

すいませーん、指数表の作業が終わって思わずバタン。
ハッ(〃゚д゚〃)こんな時間
日記の更新、忘れてました。(〃´∀`゚〃)。
明日は過去荒れてきたG気硲猫掘大戦(いくさ)じゃぁ〜
是非当てたいですねヾ(^∇^)

会員さんページに
☆7日特別戦出走表(9レース分)
☆NHKマイルC〔G機
☆新潟大賞典〔G掘
更新しています(* ̄∀ ̄)ゞ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って買い目を選べるレベルへ!
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

 馬券のエース 2017年02月18日() 20:07
【日曜自信の6鞍】+フェブラリーS・小倉大賞典♪ 
閲覧 133ビュー コメント 0 ナイス 6

西山 茂行≪馬主≫〔通算400勝〕ニシノヒナマツリで達成♪おめでとうございますm(^^)m

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
石橋 脩≪騎手≫〔現在499勝〕
横山 和生≪騎手≫〔現在99勝〕
勢司 和浩≪調教師≫〔現在299勝〕
古賀 史生≪調教師≫〔現在499勝〕

  【日曜:自信の6鞍】
小倉5R…ロフティードリーム
小倉8R…アスクジョーダン
東京8R…Ε好肇譽鵐献ォーク
小倉10R…ぅ筌泪縫鵐螢絅Ε札
※公開は4鞍、
残り2鞍は≪超抜≫競馬の会員さんだけに☆極秘配信☆
メールが届かない方もいるので、【会員ページ】1番上に【極秘の2鞍】ページ設置しました。

//////////////////////////////////

【厩舎&騎手】高確率メソッド

東京2R :★ラボーナ ルメ & 藤沢  〔複勝率〕 59.5%
東京3R :★レッドオーガー  ルメ & 藤沢  〔複勝率〕 59.5%
東京6R :★サーベラージュ  ムーア & 堀  〔複勝率〕 49.5%
東京7R :★ストライクショット  ルメ & 加藤  〔複勝率〕 45.5%
東京8R :★レインオーバー  ムーア & 堀  〔複勝率〕49.5%
東京9R :★フォギーナイト  ムーア & 堀  〔複勝率〕 49.5%
東京9R :★エピカリス  ルメ & 萩原  〔複勝率〕 58.6%
東京10R :★ベルキャニオン  ムーア & 堀  〔複勝率〕 49.5%
東京10R :★トーセンマタコイヤ  ルメ & 加藤  〔複勝率〕 45.5%
東京11R :★ノンコノユメ  ルメ & 加藤  〔複勝率〕 45.5%
京都5R :★サトノグラン  川田 & 矢作  〔複勝率〕 58.8%
京都8R :★スノーマン  川田 & 高橋  〔複勝率〕 54.5%
京都9R :★ファンディーナ  川田 & 高野  〔複勝率〕 46.2%
京都10R :★クィーンズベスト  川田 & 大久保  〔複勝率〕 54.2%

東のムーア・ルメ、西の川田に集中!こういう週に戸崎には活躍して欲しいね

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【小倉大賞典】小倉1800m

≪馬指数≫
1位:〔85〕ヒストリカル
2位:〔81〕Ε泪ぅ優襯魯法
3位:〔80〕ケイティープライド

≪タイム指数≫
1位:〔68.7〕パドルウィール
2位:〔69.3〕ぅ灰好皀宗璽鵐僉璽
3位:〔69.7〕フルーキー

≪LAP一致度≫
┘戰襦璽奸´ヒストリカル .譽奪疋愁蹈皀

///////////////

【フェブラリーS】東京ダ1600m

≪馬指数≫
1位:〔92〕カフジテイク
2位:〔88〕Ε癲璽縫
3位:〔87〕.汽Ε鵐疋肇ゥ襦
4位:〔86〕ノンコノユメ

≪タイム指数≫
1位:〔70.1〕ゴールドドリーム
2位:〔70.7〕Ε癲璽縫
3位:〔71.1〕カフジテイク

≪LAP一致度≫
ゴールドドリーム カフジテイク ノンコノユメ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

土曜もワンポイントアドバイスがビシバシ的中♪
☆今週の格上馬 ☆坂路≪超抜≫ ☆特別戦指数出走表 
★【極秘の2鞍】★重賞タイム指数付Aエースの見解などが見れます♪

[もっと見る]

ベルキャニオンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:132人 2014年9月21日() 08:57:36
軽さのある走法で東京の絶好馬場
1:
  キタノかちどき   フォロワー:0人 2013年8月12日(月) 12:18:05
ゲート試験に合格して再び放牧

ベルキャニオンの写真

ベルキャニオン

ベルキャニオンの厩舎情報 VIP

2017年5月7日湘南ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルキャニオンの取材メモ VIP

2017年5月7日 湘南ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。