ベルキャニオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ベルキャニオン
ベルキャニオン
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2011年2月5日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[3-4-0-11]
総賞金8,734万円
収得賞金1,950万円
英字表記Bell Canyon
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クロウキャニオン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
クロカミ
兄弟 キラウエアマウントシャスタ
前走 2018/04/22 読売マイラーズカップ G2
次走予定

ベルキャニオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 1433113.0105** 牡7 56.0 藤岡佑介堀宣行498(-4)1.32.2 0.934.7サングレーザー
18/02/04 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16611112.3137** 牡7 56.0 石橋脩堀宣行502(+6)1.34.4 0.334.1⑤④リスグラシュー
17/12/17 中山 11 ディセンバー OP 芝1800 125532.174** 牡6 56.0 石橋脩堀宣行496(+10)1.48.1 0.335.5④⑤マイネルハニー
17/06/18 阪神 11 米子S OP 芝1600 10895.534** 牡6 56.0 福永祐一堀宣行486(-4)1.32.2 0.333.5ブラックムーン
17/05/07 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 14347.231** 牡6 57.0 C.ルメー堀宣行490(-4)1.33.8 -0.133.5ロワアブソリュー
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 1461011.767** 牡6 57.0 R.ムーア堀宣行494(+12)1.59.7 1.435.1⑬⑩⑫メートルダール
16/11/27 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 1781514.8710** 牡5 57.5 A.アッゼ堀宣行482(-2)1.26.2 1.136.3⑪⑪セイウンコウセイ
16/10/30 東京 10 紅葉S 1600万下 芝1600 11794.039** 牡5 57.5 R.ムーア堀宣行484(-6)1.34.8 0.634.4アストラエンブレム
16/06/12 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 15117.632** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行490(+4)1.32.8 0.034.1⑤⑤ヤングマンパワー
16/03/05 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 1371113.1512** 牡5 57.0 石橋脩堀宣行486(+12)1.49.4 1.135.0⑦⑧⑧⑩ブラックムーン
14/06/01 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1851018.568** 牡3 57.0 戸崎圭太堀宣行474(0)2.25.2 0.634.5⑧⑦⑦⑥ワンアンドオンリー
14/05/10 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 14691.611** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行474(-2)2.01.0 -0.133.6⑧⑧⑧キネオペガサス
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1851061.5137** 牡3 57.0 福永祐一堀宣行476(0)2.00.1 0.534.5⑮⑮⑰⑯イスラボニータ
14/03/23 中山 11 スプリングS G2 芝1800 15233.626** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行476(-4)1.49.2 0.835.5⑨⑨⑫⑪ロサギガンティア
14/02/24 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 14227.232** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行480(+2)1.48.3 0.233.1⑥⑥⑦イスラボニータ
13/12/22 中山 7 ホープフルS OP 芝2000 17472.212** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行478(0)2.02.1 0.136.5⑪⑫⑫⑬エアアンセム
13/11/16 東京 4 2歳未勝利 芝2000 13561.311** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行478(0)2.01.1 -0.233.9バンズーム
13/10/27 東京 4 2歳新馬 芝2000 11223.422** 牡2 55.0 内田博幸堀宣行478(--)2.05.8 0.133.8⑨⑨⑧ラングレー

ベルキャニオンの関連ニュース

 ◆和田騎手(ガリバルディ4着) 「勝ち馬の位置がベストだけど、テンは行かないですからね。直線はいい脚を使ってくれた」

 ◆藤岡佑騎手(ベルキャニオン5着) 「枠もよかったので決めつけずに乗った。かわされてからも上手に走れていました」

 ◆川田騎手(ロジクライ7着) 「早めにつつかれる形になってしまい、きついレースになってしまいました」

★22日京都11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

【マイラーズC】エアスピネルが1番人気も“3強”ムード/13:00時点 2018年4月22日() 13:10

 京都の日曜メインレースには、GII「第49回マイラーズC」(GII、京都11R、4歳以上オープン、別定、芝1600メートル、1着賞金5900万円)が組まれている。1着馬には春のマイル王を決める安田記念の優先出走権が与えられるように、2018年のマイル戦線を占う上でも重要な一戦となりそうだ。



 マイル重賞3勝の実績を誇り武豊騎手が騎乗するエアスピネルが単勝2.9倍で1番人気、阪急杯は惜しくも2着だったものの直線での伸び脚には目を見張るものがあったモズアスコットが単勝3.6倍で2番人気、持ち前の先行力を武器に連勝中のロジクライが単勝4.6倍で3番人気。安定した成績を残しているサングレーザーが単勝7.1倍で4番人気となっており、以下は単勝10倍以上となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 ヤングマンパワー  15.72- 2 ガリバルディ    99.13- 3 ベルキャニオン   78.93- 4 エアスピネル     2.94- 5 サングレーザー    7.14- 6 ムーンクレスト  242.95- 7 ダッシングブレイズ 21.15- 8 ロジクライ      4.66- 9 モズアスコット    3.66-10 ブラックムーン   12.27-11 ピークトラム   374.37-12 テイエムイナズマ 265.48-13 カデナ       66.08-14 グァンチャーレ   24.1



マイラーズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズカップ】斬って捨てる!2018年4月22日() 10:14

【マイラーズカップ】斬って捨てる!

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のマイラーズカップの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走東京新聞杯で8着以下に敗れた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ガリバルディ
カデナ

前走国内G1組は不振傾向(現行条件に移行した、2012年以降)

ヤングマンパワー
エアスピネル

前走オープンクラス以上のマイル戦連対馬を除き、中3週以内で臨んだ馬の連対例はなし(2012年以降)

ピークトラム

前走芝のG3以下戦で掲示板を逃した、2カ月以上の休養馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ
カデナ

1600m初出走馬を除き、1600m未勝利馬の好走例は皆無(2008年以降)

サングレーザー
カデナ

1600mを3戦以上経験して未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降)

サングレーザー

当該コースを3戦以上経験して、1~2着の経験がない馬は連対なし(2008年以降)

ヤングマンパワー

G1勝ち馬を除き、関東馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー
ベルキャニオン

【人気】
前走8番人気以下の低評価だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ
カデナ

前2走ともに6番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ

【脚質】
前走4角1~2番手で通過した馬は、そのレースで連対あるいは1番人気だった馬を除くと、連対例はなし(2008年以降)

ムーンクレスト

【枠順】
G1で連対経験のある馬を除き、1枠馬の好走例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー

【血統】
5~8枠を引いたディープインパクト産駒の連対例はゼロ(2012年以降)

カデナ

7番人気以下の低評価だったディープインパクト産駒の好走例はなし(2012年以降)
※10時00分現在の7番人気以下かつ、ディープインパクト産駒

ガリバルディ
ベルキャニオン
カデナ

母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬の好走例は皆無(2012年以降)

ガリバルディ
ロジクライ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ブラックムーン
グァンチャーレ

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】有名人の予想に乗ろう!(爆笑・田中ほか多数)2018年4月22日() 09:32


※当コラムでは日曜日に開催されるマイラーズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧ロジクライ
○⑤サングレーザー
▲⑨モズアスコット
△③ベルキャニオン
△④エアスピネル
△⑦ダッシングブレイズ
△⑩ブラックムーン
馬連流し・3連単1頭軸マルチ
⑧→③④⑤⑦⑨⑩

【林修】
注目馬
サングレーザー

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎④エアスピネル
○⑤サングレーザー
▲⑧ロジクライ
△③ベルキャニオン
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン
馬単マルチ
④→⑤⑧
⑤→⑧
馬単1着軸流し
④→③⑨⑩
3連単フォーメーション
④⑤⑧→③④⑤⑧⑨⑩→③④⑤⑧⑨⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②ガリバルディ
単勝・複勝


【キャプテン渡辺】
◎③ベルキャニオン
ワイド1頭軸流し
③→④⑤
3連複
③→④→⑤

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤サングレーザー
○④エアスピネル
▲⑧ロジクライ
△⑦ダッシングブレイズ
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン
△⑭グァンチャーレ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎①ヤングマンパワー
○⑥ムーンクレスト
▲④エアスピネル
△③ベルキャニオン
△⑤サングレーザー
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】ズバリ調教診断!2018年4月22日() 09:30



マイラーズカップの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ヤングマンパワー
3月末から栗東に滞在して調整。1週前に栗東CWでピッツバーグと併せて、マズマズの時計を計測。同じくCWで行われた今週の追い切りでも好ラップを計時した。やや頭が高く、併走馬に寄せられるとヒルむところを見せているが、マイナス評価するほどのものではない。気配は徐々に良くなっている感じを受ける。

ガリバルディ
1週前に栗東CWで7Fから不良馬場を尻目に猛時計を計測。だが、今週は栗東坂路で軽めの調整に終始しており、時計的にも物足りない。本調子を取り戻すのは、もう少し先だろう。

ベルキャニオン
1週前追い切りでは南Wで5Fから上々の時計を計時。同じく南Wで行われた今週の追い切りでも、悪コンディションのなか、4Fから馬なりで好ラップを刻んできた。少なくとも状態面についての不安はない。

エアスピネル
栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、不良馬場をものともせずラスト1F12秒4の好ラップをマークした。半面、1週前の坂路追い切りでは2F25秒0~1F12秒6と、ラストの時計が少し落ち込んでいる点は気がかり。好調時は2~3週続けてキッチリ加速ラップを踏んでくる馬。悪くない仕上がりではあるが、万全とまでは言いがたい。

サングレーザー
栗東坂路中心に乗り込まれているが、14日の追い切りは一杯に追われて併走馬に遅れをとる物足りない内容。今週の追い切りもモタモタした動きが目についた。それでも、終いの時計を縮めているぶん、14日よりも幾分かはマシ。このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないか。

ムーンクレスト
この中間はいつものように栗東CWで調整。1週前の追い切り時計は平凡だったが、最終追い切りでは不良のコンディションにもかかわらず、ラスト1F11秒台の好ラップを計時した。一方で、中5週であることを踏まえると、乗り込み量が1~2本足りない印象。ましてや相手強化のG2となれば、高評価を与えることはできない。

ダッシングブレイズ
栗東坂路と栗東CWを併用して、十分すぎるほどの調教本数を消化。1週前にCWで6Fから余力残しでキレイな加速ラップを計時。同じくCWで行われた今週の追い切りでも、上々の動きを披露した。大トビのダイナミックなフォームで脚を伸ばすさまは前回以上。いい状態でレースに臨めるだろう。

ロジクライ
2週前に栗東坂路で悪い馬場状態のなか、4F50秒6の猛時計をマーク。今週の坂路追い切りでは、馬なりでラスト1F12秒4の好ラップを計時した。とにかく元気の良さが目立つ1頭で、中間の気配に関しては文句なし。

モズアスコット
栗東坂路で1週前にバランスのとれた好ラップを計測。同じく坂路で行われた今週の追い切りでは、不良馬場もお構いなしとばかりに、4F51秒2の好時計で走り抜けた。調教駆けする馬なので過度の評価はできないが、及第点の仕上がりと言えるのではないか。

ブラックムーン
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを併用して丹念な乗り込み。CWにて3週連続で6Fから併せ馬を敢行するなど、負荷のかかった追い切りをキッチリこなし、水準以上の時計も出している。最終追い切りでは3頭併せの真ん中から楽々と最先着。ひと追いごとに良くなっているのは明らかで、走れる態勢は整っていると見ていい。

ピークトラム
西脇で行われた最終追い切りでは、5F自己ベストを更新する好タイムをマーク。乗り込み量の不足もなく、この馬なりに良い状態と考えても差しつかえないだろう。あとは、相手関係だけ。

テイエムイナズマ
栗東坂路で毎週のように一杯追いを行っているが、特筆できるようなところは見受けられない。最終追い切りの時計も平凡で、今回は様子見が妥当ではないか。

カデナ
目立つ時計を出しているわけではないが、動きそのものは前回より良化している印象を受ける。ただし、約2カ月半の休養明けの割に帰厩後の追い切り本数が少なく、実戦で最後まで脚がもつかどうかは疑問。本当に良くなるのは、ここを使われてからだろう。

グァンチャーレ
この中間は栗東坂路主体に軽めの調整。最終追い切りでは不良の馬場状態にもかかわらず、4F52秒4、ラスト1F12秒1というバランスのとれたラップを余力残しで計時した。前回の気配が良かっただけに、急上昇とまでは言い切れないが、この馬なりに順調と言えよう。

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】重賞データ分析2018年4月22日() 09:28



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、マイラーズカップのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2008年以降、前走国内マイル重賞以外のレースを使われていた馬が好成績(前走国内マイル重賞組は不振)

サングレーザー
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ピークトラム

ある程度の間隔をあける、もしくは休養明けで出走した馬の好走例が多い(2008年以降、連闘~中3週の馬は未勝利)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
エアスピネル
サングレーザー
ムーンクレスト
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ブラックムーン
テイエムイナズマ
カデナ

【人気】
1998年以降の1着馬の約7割が3番人気以内
※8時30分現在の1~3番人気

エアスピネル
ロジクライ
モズアスコット

6~9番人気馬の活躍が目立つ
※8時30分現在の6~9番人気

ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ
カデナ
グァンチャーレ

【脚質】
逃げ・先行有利

ヤングマンパワー
エアスピネル
ロジクライ
グァンチャーレ

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
内枠×好位~前目の馬がやや優勢

ヤングマンパワー
エアスピネル

※近3走の走りを参考に好位~前目の位置を取りそうな馬を想定

【血統】
1~4枠のディープインパクト産駒

ガリバルディ
ベルキャニオン
サングレーザー


【3項目以上該当馬】
ヤングマンパワー(4項目)
エアスピネル(4項目)
サングレーザー(3項目)
ダッシングブレイズ(3項目)
モズアスコット(3項目)

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルキャニオンの関連コラム

閲覧 523ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、21(土)に福島競馬場でG3福島牝馬Sが、22(日)に京都競馬場でG2マイラーズCが、東京競馬場でG2フローラSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3福島牝馬Sは、1番人気カワキタエンカの逃げで幕開け。2番人気トーセンビクトリーは5番手を追走、直後のインに3番人気レイホーロマンスが続いて3コーナーを目指します。手応え十分のカワキタエンカに対し、後続からは早めの進出がみられ馬群はギュッと凝縮しながら4コーナーへ。トーセンビクトリーデンコウアンジュといったところがカワキタエンカに並び掛けるようにして直線を迎えると、直線半ばをまでには3頭横並びとなっての叩き合いとなります。後方からはただ一頭、キンショーユキヒメが伸びてきて、残り100mで優勝争いに加わる勢い。内ラチ沿いで粘るカワキタエンカに、なかなかその差を詰め切れないデンコウアンジュ、やや苦しくなって後退気味のトーセンビクトリー。この3頭を、外から7番人気キンショーユキヒメがゴール直前で差し切ってV。重賞初制覇を飾っています。クビ差の2着にカワキタエンカが入り、さらにそこからクビ差の3着に4番人気デンコウアンジュが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロジョアプロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロ蒼馬久一郎プロくりーくプロ他、計11名が的中しています。
 
G2マイラーズCは、内枠を利してベルキャニオンが出を窺うところへ3番人気ロジクライが被せて出ていきハナへ。3コーナーまでに単独先頭の形となってレースの主導権を握り、その他上位人気勢ではモズアスコットが2番手まで進出、エアスピネルは中団インの追走。前半800mを45.8秒の軽快なラップで通過した馬群は、締まったペースを維持したまま、僅かに先頭はロジクライの態勢で直線勝負へ。すぐさまモズアスコットが先頭にとって代わると、ロジクライはジリジリと後退。後続勢からは、エアスピネルサングレーザーあたりが脚を伸ばしてきます。一旦は、2馬身ほどリードを設けたモズアスコットに徐々に2頭が迫ると、直線半ばからの脚色で完全に勝った4番人気サングレーザーが一気に交わして優勝。重賞2勝目を挙げています。1馬身1/4差の2着にはモズアスコットが粘り込み、そこから1/2馬身差の3着にエアスピネルが入っています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ☆まんでがんプロおかべプロ他、計8名が的中しています。
 
G2フローラSは、2コーナーまでのハナ争いを制したデュッセルドルフの逃げで展開。2番手にはノームコアが収まって、人気どころでは3番人気オハナが直後のインで好位、1番人気サトノワルキューレ、2番人気サラキアは一団馬群の最後尾。前半1000mを1分1秒1のスローペースで通過していくと、先頭から最後方まで14~15馬身ほどの継ぎ目ない隊列は少しずつペースアップしながら4コーナーを目指します。ノームコアパイオニアバイオの8枠両頭がデュッセルドルフを交わし、横並びの態勢で直線に突入。オハナサラキアは内へ進路をとり、サトノワルキューレは大外一気の構えで追撃を開始します。残り400mをきってパイオニアバイオが一旦抜け出すと、ノームコアもこれに応戦。2頭による叩き合いが繰り広げられる中、レッドベルローズが3分どころを伸びて迫り、さらに外を通ってはようやくサトノワルキューレも進出。前との差は依然大きいものの、上位を射程圏に捉える勢いを徐々に見せ直線後半の攻防へ。残り300m地点で先頭から5馬身差ほどのところまで詰めた大外サトノワルキューレが、ここから鞍上のゲキに応えてさらにグイグイと伸びるとゴール手前で内の2頭に並び掛けるところまで急追。この争いを、断然の末脚をみせたサトノワルキューレが制し優勝。着差はクビ差でもラストは余裕たっぷりといった感じで重賞初Vをあげています。クビ差2着に13番人気パイオニアバイオが粘り、さらにそこからクビ差の3着に5番人気ノームコアが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
21(土)は京都4Rでの◎○△的中などで序盤から好調予想を連発すると、福島10Rでは34万6,110円払戻しのビッグヒット!22(日)にも京都12Rでの◎ユアマイラブ的中などの活躍を披露した先週は、週末トータル回収率152%、収支37万9,470円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
21(土)のG3福島牝馬Sでは、◎キンショーユキヒメ的中で14万3,440円払戻しのスマッシュヒット!この日は他にも京都3Rでの17万3,200円払戻しなどマークしました。週末トータルでは回収率116%を達成しています!
 
 
この他にも、マカロニスタンダーズプロ(125%)、サラマッポプロ(124%)、ジョアプロ(120%)、霧プロ(114%)、伊吹雅也プロ(111%)、スガダイプロ(109%)、おかべプロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月6日(火) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/3~2/4)dream1002プロがトップの回収率363%、収支31万6,310円プラスをマーク!
閲覧 606ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、4(日)に京都競馬場でG3きさらぎ賞が、東京競馬場でG3東京新聞杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3きさらぎ賞は、サトノフェイバーが逃げて前半4Fを49.3秒(推定)のスローで通過。後方から2番人気グローリーヴェイズが2番手まで押上げ、注目の1番人気ダノンマジェスティは中団外を必死になだめながらの追走。3コーナーを通過し、下り坂を下り始めると、サトノフェイバーグローリーヴェイズカツジダノンマジェスティと人気各馬が徐々に雁行状態になっていき4コーナーを迎えます。と、ここでダノンマジェスティは外に膨れ大きく遅れをとってしまい、脱落。前では、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭が抜け出して叩き合いに。3番手カツジに代わっては、インを強襲してレッドレオン、外を伸びてはラセットの態勢。しかし、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭がラストスパートをかけると、勝負の行方は完全に両馬の争いに絞られます。一旦はサトノフェイバーが突き放すかに見えたところに、再びの伸びでラスト際どく並び掛けるグローリーヴェイズ。2頭による熾烈な叩き合いがゴールまで続く中、最後制したのは内の4番人気サトノフェイバーでした。きさらぎ賞史上初となるデビュー2戦目での勝利をあげています。ハナ差2着のグローリーヴェイズから2馬身1/2差の4着には5番人気ラセットが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロ佐藤洋一郎プロ西野圭吾プロくりーくプロイータン育成プロスガダイプロほか、計8名が的中しています。
 
G3東京新聞杯は、レースまでに良に回復して発走の時を迎えます。トウショウピストが逃げて前半4F通過は47.6秒(推定)。2番手に、大外枠から積極的に運んだ1番人気グレーターロンドンが早くも浮上して、2番人気ダイワキャグニーを直後に従える形で4コーナーから直線へ。粘るトウショウピストに対し、内からディバインコード、外を伸びてはグレーターロンドンらも競り掛けて残り400m地点を通過します。しかし、グレーターロンドンを含めこれら好位勢の伸びは今ひとつで、代わって直後から、リスグラシューベルキャニオンダイワキャグニーあたりが進出。馬群を割るように伸びた3番人気リスグラシューが一気に単独先頭へと抜け出すと、ラストで最内を突いて伸びた5番人気サトノアレス以下を振り切ってV。アルテミスSぶりとなる重賞2勝目を、府中マイルの舞台であげています。2着サトノアレスからクビ差の3着にはダイワキャグニーが入っています。公認プロ予想家では、スガダイプロ馬券生活プロほか、計10名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
3(土)を京都7R京都10R京都11R(3連単21万280円馬券的中)と、この日登録した予想4Rのうち序盤の3Rで連続的中!好調は翌4(日)も続き、G3きさらぎ賞での16万1,280円払戻しなどの活躍を披露しました。2日連続のプラス収支達成で、週末トータルでは回収率363%、収支31万6,310円プラスのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
3(土)の京都2Rでの馬連1点的中、4(日)の東京5Rでの馬連1点的中などで好精度予想を披露し、週末トータル回収率221%、収支10万7,000円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
3(土)は東京8Rで◎ゴールドブラッド(単勝20.0倍)の単勝を的中!4(日)にも東京8Rでの◎スリラーインマニラ(単勝25.5倍)的中を披露するなどの好調ぶり。連日の回収率100%超えをマークした先週は、土日トータル回収率189%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)京都5Rで◎ナリタハーデスの単勝を的中し10万6,480円を払戻し。東京12Rでの◎トレンドライン的中(馬連含め計17万5,640円払戻し)などの活躍を披露しました。土日トータル回収率では134%、収支14万4,160円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(174%)、マカロニスタンダーズプロ(158%)、エース1号プロ(146%)、イータン育成プロ(116%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(109%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
さらには、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3~25)』に参加中の内田の予想さん(118%)、馬侑迦さん(103%)が活躍を披露しています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣に加え、“未来のプロ予想家”たちの予想が集うプロ予想MAXにご注目下さい。

[もっと見る]

2018年2月4日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第333回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~東京新聞杯 G3
閲覧 724ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「東京新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、クルーガーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサトノアレスグレーターロンドンダイワキャグニーまでの4頭。
第2グループ(黄)は、アドマイヤリードから1.0ポイント差(約1馬身差)内のディバインコードハクサンルドルフガリバルディまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ダノンプラチナから同差(約1馬身差)内のリスグラシューストーミーシーベルキャニオンまで4頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ほとんど開きが見られず、上位には最大でも0.9ポイント差までという混戦配置になっています。

そんななか今回の◎はハクサンルドルフとしました。近年では重馬場で行われた14年を除き、極端な後傾ラップになる年が多くみられる東京新聞杯(と富士S)。今年もスローからの瞬発戦になるとみて、◎の切れ味披露に期待。本当は、本命にはもう一つのこのレースのポイントでもある“内枠”から選びたいところでしたが、他の有力馬が外に多く入ったことからも、この9番枠でも少しでも伸びる内を直線で通れると前向きに捉えることにしました。ばらけた内を突いて伸びた3走前や内を突こうかというシーンを見せた5走前と同様の鞍上という点にも好感。他に、内のキレ者という意味では△アドマイヤリードや△リスグラシューもいるのですが、これら2頭とは違って休み明けでの指数下降がなく、むしろ休み明け緒戦でこそのパフォーマンス上昇がみられる◎ハクサンルドルフを今回は上にとります。
以下、枠だけ減点も調教過程から出来が良さそうな○グレーターロンドン、去年4着でも出遅れと前残りの展開だったことを考えればやはりここは走る印象の▲ダノンプラチナの2頭を上位評価。あとは、このレースでしばしば穴を開ける使われている組から☆ストーミーシー、△には先述のアドマイヤリードリスグラシューに、△ベルキャニオン、△サトノアレスといったところ加えます。あとは大穴なら△ガリバルディ。枠は良いですし、上り33秒台の脚はあるので、スローのイン差し要員として面白そうです。
そして、今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になるとみていますが、当コラム買い目としては◎から印への馬連で勝負としたいと思います。


【馬連ながし】
◎=印
9=1,3,6,8,10,11,14,16(8点)

[もっと見る]

2018年2月4日() 13:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(東京新聞杯 G3)
閲覧 659ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『東京新聞杯 G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎クルーガーで、勝率10.7%となっています。穴っぽいところではガリバルディが上位に入っています。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは◎グレーターロンドンが勝率13.8%でトップ評価。大穴のベルキャニオンの評価が高いです。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらもトップは◎グレーターロンドン。勝率16.1%と評価は血統ロボ以上です。ハクサンルドルフあたりも高評価となっています。


【まとめ】
今回は、現在1番人気に推されているグレーターロンドンがトップの2票、競走馬ロボでも差のない3位となっていますので当コラム的にはグレーターロンドンの好走に期待したいところです。川田騎手の大外一気!楽しみにしたいと思います(^^)/


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年3月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月12日号】特選重賞データ分析編(38)~2017年スプリングステークス~
閲覧 2,121ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2017年03月19日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600~2000m、かつ出走頭数が9頭以上、かつ未勝利を除くレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-5-27](複勝率35.7%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 実績を素直に評価したい一戦。ダート、マイル未満、2000m超、極端な少頭数、さらに未勝利のレースでしか優勝経験のない馬は好走例がありません。特に注意が必要なのは新馬を勝っていない1勝馬。2016年5着のミッキーロケット(単勝2番人気)、2015年6着のブラックバゴ(単勝4番人気)、2014年6着のベルキャニオン(単勝2番人気)など、人気を裏切ってしまったケースが目立ちます。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2016年2月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第338話共同通信杯(謎解き編)
閲覧 1,352ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータルキングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルキャニオンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 1

☆福島牝馬Sの結果☆
ブログ収支は、-2000Pでした。

実際の馬券も、ワイド 4-6を買いましたがハズレ・・・。
カワキタエンカが息の入らない流れで逃げて、上がりのかかる持久力勝負に持ち込んで、しぶとく踏ん張ってたんですが、キンショーユキヒメに差されちゃいました。
ゲッカコウはいい手応えかな?と思ったけど、直線向く頃には手応えが怪しくなって失速しちゃいましたね~。

出走馬達へのコメント
1着キンショーユキヒメ
前で競馬した馬ほど終盤辛くなる持久力勝負になったから、中団より後ろでじっくり構えて展開も向いたけど、勝ち切ったのは驚きました。
秋山はこの勝利でJRA全10場重賞制覇を達成できたんで、いい記念になりましたね~。

2着カワキタエンカ
先行力と持久力が持ち味なんで小回りコースは合ってるし、距離的にも1800mがベストっぽいんで、条件的にベストに近いここは勝ってほしかったけど、内容的には1番評価できる競馬してたんで悲観することはないかな。

--------------------------------------------------------------------------------
☆オアシスSの結果☆
ブログ収支は、+7700Pでした。

実際の馬券も、単勝 12(オールマンリバー)、単勝 16(ルグランフリソン)を買ったら、ルグランフリソンの単勝10.7倍を的中できました。
1番人気のサンライズノヴァが58kg背負ってたし、中団~後方で競馬するタイプなんで、前めで競馬する馬が狙い時と思ったけど、ルグランフリソンがサンライズノヴァにクビ差まで詰め寄られながらも勝ち切ってくれました。

出走馬達へのコメント
1着ルグランフリソン
斤量差とかいろいろ考えたら2着サンライズノヴァの方が負けて強しの競馬でしたが、好スタートから好位につける立ち回りの上手さで勝ち切りました。
福永の騎乗も上手かったと思います。

2着サンライズノヴァ
斤量差を考えたらよく頑張ってますけど、脚質的に中団より後ろから競馬する取りこぼしやすい脚質なので、もう少し脚質の幅が広がったらいいですね。

--------------------------------------------------------------------------------
☆マイラーズCの結果☆
ブログ収支は、-3000Pでした。

実際の馬券も、単勝 9(モズアスコット) 、単勝 3(ベルキャニオン) 、ワイド 3-9を買いましたがハズレ・・・。
高速馬場でSペースになると思って先行馬を狙ったんですが、前半4F45.8で中団より後ろの馬にもチャンスがあるレースになったんで狙いが完全に裏目に出ちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着サングレーザー
4ヶ月ぶりで斤量57kgなんで善戦までかな~と思ったのに、メンバー中最速の上がり3Fで突き抜けて鮮やかに勝ちましたね~。
ただ、能力が高い反面、後方で溜めて末脚爆発という不器用系なんで、相手が強くなればなるほど展開・コース・馬場などで差し届かず善戦止まりの多いタイプかも?

2着モズアスコット
負けちゃいましたが、好位から勝ちに行く競馬して2着に踏ん張ってるし、内容的にはマイル重賞で十分に通用する競馬ができてたんで今後も楽しみです。

3着エアスピネル
5ヶ月ぶりの休み明けで3着なら目標の安田記念に向けて悲観することもないですが、この馬は競馬の上手な馬なんで溜めて末脚を活かすような乗り方じゃなく、好位辺りから立ち回りの上手さを活かすような乗り方してほしいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆フローラSの結果☆
ブログ収支は、-2500Pでした。

実際の馬券も、単勝 2(オスカールビー)、ワイド 2-1・10・16を買いましたがハズレ・・・。
オスカールビーはスタート良かったんで内枠を活かして前めで競馬してほしかったんですけど、挟まれる不利とかで位置取りが思った以上に後ろになったり、持ち味を出し切れないまま消化不良の敗戦になっちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着サトノワルキューレ
牝馬限定の割には道中のラップがあまり落ちず一貫した流れになって先行勢も楽な競馬じゃなかったとか、出走馬のレベルもそんなに・・・ってとこはありますが、出遅れて最後方からの競馬で大外回って勝ち切ってたのは着差以上に強い勝ちっぷりでした。
桜花賞上位馬との力関係はわかりませんが、2400mで1着経験あるのは強みなんで、オークスでどこまで通用するか注目です。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資1000Pが1300Pに増えました。

☆超おいしい馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資1000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
フィギュアスケートの羽生結弦選手のパレードに10万人が集まったそうです。

オリンピック連覇もすごいですが、たった1人で10万人を集めるのもすごいですね~。

 ◎英二◎ 2018年4月22日() 12:35
マイラーズC&フローラS
閲覧 197ビュー コメント 0 ナイス 3

マイラーズCは③ベルキャニオン本命にしました。

前へ行く中ではヤングマンイッちゃおかと思うとったんですが、同タイプで近走安定しとる穴馬であるベルキャニオンに気持ちが向いたので一発に期待っすね。

相手はまず④エアスピネルですね。

もちろん逆転候補の2番手という評価です。はい。

えらい人気集めてはりますがね。
マイルという距離が余程合っているらしく安定した結果を残している。

前走かてもうこの馬なりに力を出し切った結果ですから。あの競馬をしても勝ち馬の様なあんな一差し決められたらもうしゃあないという感じでんな。。

あとは休み明けがどうかですね~。


穴っぽいとこでは⑦ダッシングブレイズですかね。

速い流れが予想される今回は展開が向きそう。


フローラSは手短に。

本命は⑧ラブラブラブにしました。

今回重賞経験馬が揃っており、未勝利上がりで挑むこの馬は人気薄になっとるんですが前走のレースなんてオルフェーブルの悪いとこは出たものの、非凡なセンスが感じさせられました。

人気所達見ても、全幅の信頼でという馬が居ませんので思い切って人気薄のラブラブラブから勝負しとうおまっ!

また名前が素敵やん?w


相手は指数がオハナやオスカールビーと同等なんでヌケには出来ない⑦デュッセルドルフ。


印は回らんかったんですが前回日記で触れたノーブルカリナン。

内枠発走で連絡みがホンマに現実味を帯びてきたような気がします。

珍しくリアルで馬券先ほど買いました。

カリナンからワイドでラブラブラブ、デュッセルドルフ、
ファストライフ、ハイヒール、カーサデルシエロ、ヴェロニカグレースへの流しです。

当たると良いけど…。

[もっと見る]

 モズ@名前変えました 2018年4月21日() 18:56
マイラーズC&フローラS予想
閲覧 90ビュー コメント 2 ナイス 8



1枠1番ヤングマンパワー

加速が悪い馬なので、
昨年のようなスローの4F戦が理想。

鞍上が待ちのイメージがある岩田騎手で、
枠番も良いとは言い難いため、
加速負けの展開が怖い。



2枠2番ガリバルディ

2013年のように、
勝負所で先団内が緩めて
外差し有利の展開にならないと苦しいか。



3枠3番ベルキャニオン

その気になればハナは切れそう。
勝負所は流してくると思うが、
終いがもう一つ伸び切らないイメージ。



3枠4番エアスピネル

同じ枠番だった昨年は
少頭数の単独5番手で楽に外へ出せたが、
14頭立ての今回は進路取りに少し苦労しそう。

加速があまり良くないので、
内目で動きを制限されるようだと
伸びを欠く可能性も。



4枠5番サングレーザー

後方からだと思うので、
昨年のような4F戦にされると苦しい。

位置取り不利を回避するために
序盤はある程度流れてほしい。



4枠6番ムーンクレスト

行き脚がそこまで良くないため、
鞍上が押して行くかどうか。

勝負所は抑えず行くことが多いので、
スムーズな流れは作ってくれそう。



5枠7番ダッシングブレイズ

加速や末脚の良さが見えてこないので、
後半勝負になると苦しい印象。

京都1600ではハマる展開がイメージしにくい。



5枠8番ロジクライ

ジリ脚タイプの馬で、
後半は早目にペースが上がってほしい。

末脚は目立たないと思うので、
相手強化で伸び負けしないかが不安。



6枠9番モズアスコット

右手前で走り抜くことが多い馬で、
前走は直線で手前を替えてきたが、
左手前の伸び脚は若干弱い印象。

1600で末脚が通用するかは
まだ疑問に思う所がある。



6枠10番ブラックムーン

京都金杯は緩い所を先に動く
展開利がかなり大きい競馬。

自力での追い込みになると
もう一つ足りない馬だとは思う。



7枠11番ピークトラム

馬を大切にするイメージが
全くないオーナーに替わってしまい、
意味の分からない使われ方。



7枠12番テイエムイナズマ

久々なのでさすがに厳しい。



8枠13番カデナ

追い切りの動きが悪く、
一度好走があるまで様子を見たい。



8枠14番グァンチャーレ

OPで2着が続いているが、
レース展開はどれも緩め。

ここでは地力が足りなく映る。






14頭と中途半端な頭数で逃げ馬も不在。

馬券は前半スローを想定して
4→8の馬単を1点と

序盤が多少流れて地力勝負になった場合の
4→5の馬単(馬連から変更)を1点。

モズアスコットがきたら潔く諦めます。



フローラSは
積極的に買いたい馬がいないので、

カーサデルシエロとレッドベルローズの
ワイドを100円だけ買って様子見。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルキャニオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:164人 2014年9月21日() 08:57:36
軽さのある走法で東京の絶好馬場
1:
  キタノかちどき   フォロワー:0人 2013年8月12日(月) 12:18:05
ゲート試験に合格して再び放牧

ベルキャニオンの写真

ベルキャニオン
ベルキャニオン

ベルキャニオンの厩舎情報 VIP

2018年4月22日読売マイラーズカップ G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルキャニオンの取材メモ VIP

2018年4月22日 読売マイラーズカップ G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。