ダノンマジェスティ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年4月20日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主株式会社 ダノックス
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Danon Majesty
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ドバイマジェスティ
血統 ][ 産駒 ]
Essence of Dubai
Great Majesty
兄弟 アルアインゴールドエッセンス
前走 2018/02/04 きさらぎ賞 G3
次走予定

ダノンマジェスティの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/04 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 10892.219** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝472(-6)1.50.2 1.436.5サトノフェイバー
17/12/24 阪神 6 2歳新馬 芝1800 9441.411** 牡2 55.0 和田竜二音無秀孝478(--)1.49.9 -0.633.0⑤⑤サンティーニ

ダノンマジェスティの関連ニュース

 デスク 一時期と比べて、美浦の冷え込みはましだろう。

 山川 まだまだ寒いです…。U社のステテコは必須のアイテムとなっております。

 デスク 動き回った成果はあったか。

 山川 はい。きさらぎ賞で勝ち馬とハナ差の2着と好走したグローリーヴェイズは、「内容は良かったし、成長を見せてくれたと思う」と尾関調教師。次走については「様子を見て考えたい」とのことでした。

 デスク どこからでも競馬ができる強みがあるし、春のクラシックに向けて楽しみだな。千葉はどうだ。

 千葉 前走のシクラメン賞で2歳コースレコードで圧勝したオブセッションが、弥生賞(3月4日、中山、GII、芝2000メートル)に向けて1月31日に帰厩しました。「順調にきている。今週からやっていきます」と藤沢和調教師は笑顔でした。

 デスク 弥生賞は面白くなりそうだな。残り少なくなってきた新馬戦に向けた面白い馬はいないのか。

 千葉 サトノユニゾンは母が交流GIIIエーデルワイス賞の勝ち馬で、2月25日か3月3日の中山ダ1200メートルを目指しています。「母が短距離重賞を勝っているし、スピードのある血統で楽しみ」と古賀慎調教師は期待していました。

 デスク 栗東の様子も教えてくれ。

 斉藤 無傷の3連勝で阪神JFを制したラッキーライラックが3日、放牧先のノーザンファームしがらきから帰厩しました。松永幹調教師は「510キロ近くある(前走は484キロ)し、全体的に大きくなりました」と成長を感じています。今後は始動戦のチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)に向けて、調整が進められます。

 デスク 大一番に向けて、面白くなるな。きさらぎ賞で1番人気で9着と敗れたダノンマジェスティの情報はあるか。

 斉藤 この後は放牧をはさんで大寒桜賞(3月24日、中京、500万下、芝2200メートル)に向かいます。レースで左に張る面を見せていましたし、音無調教師は「左回りを使いたい」と話していました。内田騎手とのコンビで巻き返しを狙います。

【きさらぎ賞】サトノフェイバー史上初のデビュー2戦目V 2018年2月5日(月) 05:05

 第58回きさらぎ賞(4日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走10頭)古川吉洋騎乗で4番人気のサトノフェイバーが、逃げ切って重賞初制覇。きさらぎ賞史上初となる、デビュー2戦目でのVを飾り、クラシック戦線へ名乗りを上げた。タイム1分48秒8(良)。ハナ差の2着に2番人気のグローリーヴェイズが入り、1番人気のダノンマジェスティは9着に敗れた。

 クラシックへの道を堂々と切り開いた。サトノフェイバーが、レース史上初となるデビュー2戦目でのVを達成した。

 「よっしゃー」

 引き揚げてきた古川騎手の“雄叫び”が冬空に響く。会心の勝利に「スタートが上手で、行く気はなくても出ていってくれるので、無理に引っ張るより自分のリズムで運びました。(直線も)手応えは十分で、2着馬も強かったけど、振り切ってくれました」と満足げな表情で語った。

 初戦と同様に、絶好のスタートからジワッと先頭へ。外からグローリーヴェイズに並びかけられても、動じることなくぴったりと折り合う。手応え十分に直線に向くと、大きなフットワークで脚を伸ばす。ゴール前は迫られたが、勝負根性を発揮して9センチのハナ差で振り切った。

 東海Sに続く今年重賞2勝目の古川騎手。フェブラリーSを狙うテイエムジンソクもおり、流れがいい。「1頭1頭、違うからね。もちろん期待はしているけど、とにかく無事にいってほしい」と自然体を貫いた。

 好調といえば管理する南井調教師も同じ。今年7勝は東西トップタイだ。2013年のタマモベストプレイ以来となる5年ぶりのきさらぎ賞制覇に「大きなハナ差だね。よく粘ってくれた。(賞金を加算して)調整も楽になるしね」と笑顔を見せた。

 「本当にセンスがいいし、どんなレースもできる。まだまだこれからの馬で、そのなかで勝っているのはたいしたもの。すごく楽しみです」

 古川騎手もクラシックに意欲十分だ。サトノフェイバーの快進撃は止まらない。 (斉藤弘樹)

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

サトノフェイバー 父ゼンノロブロイ、母ヴィヴァシャスヴィヴィアン、母の父ディストーティドヒューマー。黒鹿毛の牡3歳。栗東・南井克巳厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は(株)サトミホースカンパニー。戦績2戦2勝。獲得賞金4438万5000円。重賞初勝利。きさらぎ賞南井克巳調教師は2013年タマモベストプレイに次いで2勝目、古川吉洋騎手は初勝利。馬名は「冠名+恵み」。

[もっと見る]

【きさらぎ賞】1番人気ダノンマジェスティ、惨敗9着 2018年2月5日(月) 05:04

 第58回きさらぎ賞(4日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走10頭)若さをみせて、十分に力を出し切ることができなかった。1番人気のダノンマジェスティは9着に惨敗。スタートこそ決まったが、道中で口を割り、4コーナーで外にふくれる大きなロス。直線でも真っすぐに走れずに失速した。

 「調教では見せていませんでしたが、競馬に行くと左に張る面を見せてしまって…。それが敗因です。今後、そういう面が直ってくれればですね」と松若騎手。言葉は少なく、がっくりと肩を落としていた。

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【きさらぎ賞】サトノフェイバーが逃げ切って重賞初V 2018年2月4日() 15:46

 2月4日の京都11Rで行われた第58回きさらぎ賞(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の4番人気サトノフェイバー(牡、栗東・南井克巳厩舎)が新馬戦に続いて逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイムは1分48秒8(良)。2着はグローリーヴェイズ(2番人気)、3着はラセット(5番人気)だった。



 サトノフェイバーはハナを奪うと、直線でも脚いろは衰えず、トップでゴールを駆け抜けた。中団から早めにまくって4コーナーで2番手につけていたグローリーヴェイズが猛追したが、ハナ差及ばず2着。7番手から伸びてきたラセットが、さらに2馬身1/2差の3着に入った。1番人気だったダノンマジェスティは、中団から伸びを欠いて9着。



 サトノフェイバーは、父ゼンノロブロイ、母ヴィヴァシャスヴィヴィアン、母の父ディストーティドヒューマーという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は(株)サトミホースカンパニー。通算成績は2戦2勝。重賞初勝利。きさらぎ賞は、南井克巳調教師は2013年タマモベストプレイに次いで2勝目。古川吉洋騎手は初勝利。なお、南井調教師は騎手時代の1991年、シンホリスキーで勝っている。



 ◆古川吉洋騎手「スタートが上手で、スッといい位置を取れましたし、直線でもしっかりと脚を使ってくれます。本当にセンスがいい走りで、すごく楽しみ」

★4日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【きさらぎ賞】ダノンマジェスティが1番人気/13:00時点 2018年2月4日() 13:10

 4日、京都では日曜メインにきさらぎ賞(2月4日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去10年の勝ち馬でクラシックホースになったのは一昨年の菊花賞馬サトノダイヤモンドだけだが、2011年3着馬オルフェーヴルが三冠馬に輝いた。他にも3着以内に好走した馬はスマイルジャック、リーチザクラウン、ワールドエース、ルージュバック、ダンビュライトがクラシックで3着以内に奮闘している。春を占う意味では見逃せない一戦だ。単勝1番人気は皐月賞馬アルアインの全弟ダノンマジェスティで2.7倍、さらに差なくグローリーヴェイズが3.1倍で続いている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 スラッシュメタル  60.42− 2 スーサンドン   130.93− 3 サトノフェイバー   7.04− 4 ラセット      12.25− 5 レッドレオン    32.06− 6 ニホンピロタイド  35.47− 7 オーデットエール  35.07− 8 グローリーヴェイズ  3.18− 9 ダノンマジェスティ  2.78−10 カツジ        4.4



★きさらぎ賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【きさらぎ賞】ダノンマジェスティが断然の1番人気 2018年2月3日() 17:49

 京都では日曜メインにきさらぎ賞(4日、GIII、芝1800メートル)が行われる。優勝馬からは、後にクラシックレースを勝つ馬も数多く出ており、3着以内に好走した馬もクラシックで奮闘しており、春を占う意味では見逃せない一戦だ。



 前日最終オッズは以下のとおり。昨年の皐月賞馬アルアインの全弟ダノンマジェスティが1.5倍で抜けた1番人気。M.デムーロ騎乗グローリーヴェイズが4.0倍で2番人気。デイリー杯2歳S2着のカツジが6.8倍で3番人気となっている。



(左から)枠番−馬番 馬名 単勝オッズ1− 1 スラッシュメタル 128.82− 2 スーサンドン   188.13− 3 サトノフェイバー   9.94− 4 ラセット      17.55− 5 レッドレオン    40.16− 6 ニホンピロタイド  63.37− 7 オーデットエール  48.27− 8 グローリーヴェイズ  4.08− 9 ダノンマジェスティ  1.58−10 カツジ        6.8

★きさらぎ賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンマジェスティの関連コラム

閲覧 463ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、4(日)に京都競馬場でG3きさらぎ賞が、東京競馬場でG3東京新聞杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3きさらぎ賞は、サトノフェイバーが逃げて前半4Fを49.3秒(推定)のスローで通過。後方から2番人気グローリーヴェイズが2番手まで押上げ、注目の1番人気ダノンマジェスティは中団外を必死になだめながらの追走。3コーナーを通過し、下り坂を下り始めると、サトノフェイバーグローリーヴェイズカツジダノンマジェスティと人気各馬が徐々に雁行状態になっていき4コーナーを迎えます。と、ここでダノンマジェスティは外に膨れ大きく遅れをとってしまい、脱落。前では、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭が抜け出して叩き合いに。3番手カツジに代わっては、インを強襲してレッドレオン、外を伸びてはラセットの態勢。しかし、サトノフェイバーグローリーヴェイズの2頭がラストスパートをかけると、勝負の行方は完全に両馬の争いに絞られます。一旦はサトノフェイバーが突き放すかに見えたところに、再びの伸びでラスト際どく並び掛けるグローリーヴェイズ。2頭による熾烈な叩き合いがゴールまで続く中、最後制したのは内の4番人気サトノフェイバーでした。きさらぎ賞史上初となるデビュー2戦目での勝利をあげています。ハナ差2着のグローリーヴェイズから2馬身1/2差の4着には5番人気ラセットが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロ佐藤洋一郎プロ西野圭吾プロくりーくプロイータン育成プロスガダイプロほか、計8名が的中しています。
 
G3東京新聞杯は、レースまでに良に回復して発走の時を迎えます。トウショウピストが逃げて前半4F通過は47.6秒(推定)。2番手に、大外枠から積極的に運んだ1番人気グレーターロンドンが早くも浮上して、2番人気ダイワキャグニーを直後に従える形で4コーナーから直線へ。粘るトウショウピストに対し、内からディバインコード、外を伸びてはグレーターロンドンらも競り掛けて残り400m地点を通過します。しかし、グレーターロンドンを含めこれら好位勢の伸びは今ひとつで、代わって直後から、リスグラシューベルキャニオンダイワキャグニーあたりが進出。馬群を割るように伸びた3番人気リスグラシューが一気に単独先頭へと抜け出すと、ラストで最内を突いて伸びた5番人気サトノアレス以下を振り切ってV。アルテミスSぶりとなる重賞2勝目を、府中マイルの舞台であげています。2着サトノアレスからクビ差の3着にはダイワキャグニーが入っています。公認プロ予想家では、スガダイプロ馬券生活プロほか、計10名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
3(土)を京都7R京都10R京都11R(3連単21万280円馬券的中)と、この日登録した予想4Rのうち序盤の3Rで連続的中!好調は翌4(日)も続き、G3きさらぎ賞での16万1,280円払戻しなどの活躍を披露しました。2日連続のプラス収支達成で、週末トータルでは回収率363%、収支31万6,310円プラスのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
3(土)の京都2Rでの馬連1点的中、4(日)の東京5Rでの馬連1点的中などで好精度予想を披露し、週末トータル回収率221%、収支10万7,000円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
3(土)は東京8Rで◎ゴールドブラッド(単勝20.0倍)の単勝を的中!4(日)にも東京8Rでの◎スリラーインマニラ(単勝25.5倍)的中を披露するなどの好調ぶり。連日の回収率100%超えをマークした先週は、土日トータル回収率189%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)京都5Rで◎ナリタハーデスの単勝を的中し10万6,480円を払戻し。東京12Rでの◎トレンドライン的中(馬連含め計17万5,640円払戻し)などの活躍を披露しました。土日トータル回収率では134%、収支14万4,160円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(174%)、マカロニスタンダーズプロ(158%)、エース1号プロ(146%)、イータン育成プロ(116%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(109%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
さらには、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3〜25)』に参加中の内田の予想さん(118%)、馬侑迦さん(103%)が活躍を披露しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣に加え、“未来のプロ予想家”たちの予想が集うプロ予想MAXにご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ダノンマジェスティの口コミ


口コミ一覧
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の重賞は共同通信杯&京都記念&クイーンC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・1・1・7]

○[1・0・1・1・5・8]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・3・2・6・15](´・ω・`)

 sagami-ken 2018年2月10日() 18:12
疲れた・・・
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 2

さすがに、全レースの予想は疲れる。後半の予想はボロボロだし。明日は加減しよう。
先週は、手加減したおかげか、重賞二つとも取れたし。ウマニティの予想では外れてるけど。まあ、不安の大きかったダノンマジェスティを、押さえに変更したのが、良かったみたい。
今週も、この運が続いてくれると良いですが・・・

とはいえ、予想はするけど、買うのは、クイーンCだけになるから、その時だけ、風が吹いてくれれば・・・

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年2月9日(金) 22:41
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート5(*^-^*)☆
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞は東京新聞杯&きさらぎ賞☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・6]

○[1・0・1・1・4・6]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・2・2・5・12](´・ω・`)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンマジェスティの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダノンマジェスティの写真

投稿写真はありません。

ダノンマジェスティの厩舎情報 VIP

2018年2月4日きさらぎ賞 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンマジェスティの取材メモ VIP

2018年2月4日 きさらぎ賞 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。