ミリッサ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミリッサ
ミリッサ
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年4月13日生
調教師石坂正(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[4-0-1-5]
総賞金6,865万円
収得賞金2,400万円
英字表記Mirissa
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
シンハリーズ
血統 ][ 産駒 ]
Singspiel
Baize
兄弟 シンハライトリラヴァティ
前走 2018/04/07 サンスポ杯阪神牝馬S G2
次走予定

ミリッサの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/07 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 136844.997** 牝4 54.0 岩田康誠石坂正418(-2)1.35.2 0.433.7⑦⑦ミスパンテール
18/02/11 東京 9 初音S 1600万下 芝1800 16484.111** 牝4 54.0 横山典弘石坂正420(-6)1.47.3 -0.033.6⑩⑦⑦サンティール
18/01/13 京都 10 新春S 1600万下 芝1600 9661.914** 牝4 54.0 福永祐一石坂正426(+4)1.36.5 0.134.0⑦⑦エンジェルフェイス
17/10/15 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1861117.478** 牝3 55.0 福永祐一石坂正422(+2)2.01.6 1.437.1⑩⑩⑪⑪ディアドラ
17/09/17 阪神 11 ローズS G2 芝1800 18359.754** 牝3 54.0 福永祐一石坂正420(+6)1.45.8 0.333.8⑯⑬ラビットラン
17/07/09 中京 10 有松特別 1000万下 芝1600 11552.211** 牝3 52.0 福永祐一石坂正414(-4)1.32.7 -0.034.0⑧⑧⑦イレイション
17/05/20 京都 6 3歳500万下 芝1600 17591.411** 牝3 54.0 福永祐一石坂正418(+6)1.34.5 -0.033.9⑫⑦テーオービクトリー
17/03/04 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 121111.034** 牝3 54.0 福永祐一石坂正412(+2)1.33.7 0.534.1⑦⑦ソウルスターリング
17/02/04 京都 10 エルフィンS OP 芝1600 10551.713** 牝3 54.0 C.ルメー石坂正410(-4)1.36.9 0.233.9⑩⑩サロニカ
16/11/26 京都 5 2歳新馬 芝1600 16592.811** 牝2 54.0 C.ルメー石坂正414(--)1.36.3 -0.233.5パンサーバローズ

ミリッサの関連ニュース

 ★サンスポ杯阪神牝馬S1着ミスパンテール(栗・昆、牝4)、10着ソウルスターリング(美・藤沢和、牝4)は、ヴィクトリアM(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)。5着ジュールポレール(栗・西園、牝5)も同レースが目標で、賞金的に厳しければ京王杯SC(5月12日、東京、GII、芝1400メートル)を視野に入れる。6着ミエノサクシード(栗・高橋亮、牝5)は、ヴィクトリアMか都大路S(5月12日、京都、OP、芝1800メートル)。7着ミリッサ(栗・石坂、牝4)は、メイS(5月19日、東京、OP、芝1800メートル)。11着デンコウアンジュ(栗・荒川、牝5)は、福島牝馬S(4月21日、福島、GIII、芝1800メートル)。13着クインズミラーグロ(栗・野中、牝6)は、ヴィクトリアM。



★ミスパンテールの競走成績はこちら

【阪神牝馬S】リスグラシューが単勝2.8倍で1番人気/13:00時点 2018年4月7日() 13:26

 土曜日の阪神メインレースには、ヴィクトリアマイルの重要なステップレースとなるGII「第61回サンスポ杯阪神牝馬S」(GII、阪神11R、4歳以上オープン、牝馬、別定、芝1600メートル、1着賞金5500万円)が組まれている。



 前走の東京新聞杯で2歳時以来となる重賞Vを果たしたリスグラシューが単勝2.8倍で1番人気、昨年のオークス馬・ソウルスターリングが単勝3.7倍で2番人気、昨年のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリードが単勝4.8倍で3番人気、重賞連勝中のミスパンテールが単勝9.1倍で4番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 ジュールポレール  12.12- 2 アドマイヤリード   4.83- 3 リスグラシュー    2.84- 4 ミエノサクシード  26.04- 5 デンコウアンジュ  46.05- 6 ソウルスターリング  3.75- 7 エテルナミノル   62.46- 8 ミリッサ      30.36- 9 クインズミラーグロ 95.67-10 レッドアヴァンセ  47.57-11 ミスパンテール    9.18-12 ワントゥワン    38.88-13 ラビットラン    14.8



阪神牝馬Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神牝馬ステークス】重賞データ分析2018年4月7日() 10:46

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
現行条件に移行した2016年以降の連対馬の共通点は1800m以上で2勝以上

アドマイヤリード
ミエノサクシード
ソウルスターリング
エテルナミノル
クインズミラーグロ

【人気】
1600mに変更された2016年以降は、人気サイド(1~5番人気)優勢
※10時00分現在の1~5番人気

ジュールポレール
アドマイヤリード
リスグラシュー
ソウルスターリング
ミスパンテール

【脚質】
ラスト3F上がり最速~2位馬が好成績

アドマイヤリード
リスグラシュー
ミエノサクシード
ラビットラン

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
2004年以降、6~8枠が必ず馬券絡み

ミリッサ
クインズミラーグロ
レッドアヴァンセ
ミスパンテール
ワントゥワン
ラビットラン

【血統】
ディープインパクト産駒が好パフォーマンス

ジュールポレール
レッドアヴァンセ
ワントゥワン

ディープインパクト×ノーザンダンサー系が狙い目

ジュールポレール
レッドアヴァンセ
ワントゥワン

ステイゴールド×ミスプロ系が健闘

アドマイヤリード

阪神芝1600mのリーディング上位(種牡馬/直近5年)を重視

ジュールポレール
アドマイヤリード
リスグラシュー
ミエノサクシード
ミリッサ
クインズミラーグロ
レッドアヴァンセ
ミスパンテール
ワントゥワン


【3項目以上該当馬】
アドマイヤリード(5項目)
ジュールポレール(4項目)
レッドアヴァンセ(4項目)
ワントゥワン(4項目)
リスグラシュー(3項目)
ミエノサクシード(3項目)
クインズミラーグロ(3項目)
ミスパンテール(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【阪神牝馬ステークス】ズバリ調教診断!2018年4月7日() 10:24

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ジュールポレール
栗東坂路で3週続けて一杯追いを敢行。2週前は悪コンディションをものともせず、ラスト1F12秒8の好ラップを計時。1週前と今週はバランスのとれたラップで駆け抜けた。攻め駆けする馬なので、時計をそのまま鵜呑みにすることはできないが、動ける態勢にあるとみたい。

アドマイヤリード
栗東坂路で行われた今週の追い切りでは4F50秒3の好タイムをマーク。走りもパワフルで、前回と比べると、明らかに今回のほうがデキは良さそう。難をあげれば、2F24秒4~1F12秒4とラストの時計が少し落ち込んだところ。好調時はキッチリ加速ラップを踏んでくる馬。いい意味で良化の余地を残しているのではないか。

リスグラシュー
前回は栗東坂路の最終追い切りで4F50秒割れの猛時計をマーク。ただし、これは当初の予定とは違う、言わば失敗の調整。これが功を奏したのか、いつもより前めの位置取りで、勝ちきってしまうのだから、競馬は本当に面白い。今回は打って変わって、従来通りの終いを伸ばす加速ラップを踏んできた。となれば、トレセンでの乗り込み量の少なさが最後のツメの甘さにつながる可能性もある。無論、馬自身が能力を伸ばしているのであれば、杞憂に終わるかもしれないが……。

ミエノサクシード
1週前に栗東CWで6Fから追われ、上々の時計をマーク。同じくCWで行われた今週の追い切りでも、余力残しでキレイな加速ラップを計時している。調教駆けする馬なので過度の評価はできないが、上々の仕上がりと言えるのではないか。

デンコウアンジュ
この中間は入念な乗り込み。目立つ時計を出しているわけではないが、攻め駆けしない同馬としてはマシなほう。動きも悪くなく、ここ目標に調整は順調そのもの。自身の力を発揮できる仕上がりと見てとれる。

ソウルスターリング
帰厩後は坂路と南Wの併用で、みっちり乗り込まれて毎週のように好タイムをマーク。南Wで行われた最終追い切りも、馬なりで5F67秒割れ、かつラスト1F12秒台半ばを計時しているのだから、デキが悪かろうはずがない。ただし、3歳春と比べると少し迫力に欠ける感。一応の態勢は整えたが、まだ良化途上、といったところか。

エテルナミノル
1週前に栗東CWで6F78秒台かつラスト1F12秒台の好タイムを馬なりで計時。今週も上々の時計をマークした。中3週と間隔は詰まるが、ラップと動きを見る限り、デキ落ちということはない。前回の乗り込み量が不足していたことを踏まえると、むしろ今回のほうが好感を持てる。

ミリッサ
1週前まで目立つところはなかったが、栗東坂路で行われた今週の追い切りで一変。自己ベストを更新する上々の時計で走り抜けた。前回の中間気配が抜群だったので、それ以上とまでは行かないかもしれないが、状態は着実に上向いている。

クインズミラーグロ
1週前に栗東CWで5Fから外を回して、マズマズの時計を計測。同じくCWで行われた今週の追い切りでは、真ん中を回ったとはいえ、馬なりで1週前のラップを上回る軽快な走りを見せた。転厩初戦で、これまでとの比較は難しいが、決して雰囲気は悪くない。

レッドアヴァンセ
栗東坂路で行われた1週前追い切りは、ダンビュライトを相手に互角以上の動きを見せて、4F50秒3の好タイムをマーク。今週の坂路追い切りでは、4F52秒2、ラスト1F12秒4というバランスのとれたラップを馬なりで計時した。少なくとも状態面についての不安はない。

ミスパンテール
2週前に不良馬場の栗東CWで好時計をマーク。1週前は栗東坂路を4F51秒台で駆け抜けた。坂路で行われた最終追い切りも、馬なりでラスト1F12秒4の好ラップを計時している。1Fごとのラップの踏み方は、前回のほうが良かったかもしれないが、決して調子は悪くない。自身の力を出せるデキにある。

ワントゥワン
帰厩後は栗東坂路主体に丹念に調整。CWで行われた今週の追い切りでは、5Fから併せ馬を実施。反応良く追走先着を果たした。前回の気配が良かっただけに、急上昇とまでは言い切れないが、順調と見ていいだろう。

ラビットラン
今週の追い切りは栗東CWで3頭併せを敢行。キッチリ先着を果たし、ラスト1Fは11秒台を計測した。半面、エンジンのかかりが遅く、好調時の走りと比較すると地味な印象。このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないか。


ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【阪神牝馬S】厩舎の話2018年4月6日(金) 05:03

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「前回は日差しの関係で走りづらかったみたい。度外視したい」

 ◆クインズミラーグロ・野中師 「転厩馬で手探りの部分があるし、次につながる競馬を」

 ◆ジュールポレール・西園師 「先週、しっかりとやっている。今回の条件はいいはず」

 ◆ソウルスターリング・ルメール騎手 「動きはすごくよかった。距離は短い方が乗りやすい」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「具合はいいし、調整も順調。ただ、今回は相手が強い」

 ◆ミエノサクシード高橋亮師 「体をつくれています。強い相手にどこまでやれるか」

 ◆ミスパンテール・昆師 「いい状態で使える。良馬場でやりたい」

 ◆ミリッサ石坂正師 「ここを目標に調整。この先のためにも、ここでどれくらい走れるか」

 ◆ラビットラン・辻野助手 「体はふっくらとしていい感じ。心身が大人になってきている」

 ◆リスグラシュー・中谷騎手 「先週の時点で体はできあがっていた。状態は申し分ない」

 ◆レッドアヴァンセ・小林助手 「先週、しっかりとやった。最終追いに騎乗した北村友騎手の感触も良かった」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「前走の勝ち方が思いのほか強かった。パワーアップしている感じ」



サンスポ杯阪神牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神牝馬S】ミスパンテール「良馬場でやりたい」2018年4月4日(水) 12:05

 <栗東トレセン>

 アドマイヤリードは前走、東京新聞杯で12着。左目につけた外傷防止の馬具がマイナスに働いたようだ。「西日が差し込んで走りづらかったみたい。あの結果が力のすべてじゃないよ。状態はいいし、改めて」と須貝調教師は巻き返しを信じる。

 ミスパンテールターコイズS-京都牝馬Sと重賞連勝中。「状態がよくないとレースには使わないよ。ここでの力関係を測るためにも良馬場でやりたい」。昆調教師は力を込めた。



 4カ月半ぶり、再昇級戦でもレッドアヴァンセは気後れはしない。「フレッシュなときの方がいいタイプ。牝馬同士だし、楽しみ」と東田助手は笑顔で答えた。

 ミリッサも昇級戦ながら侮れない。石坂調教師は「ここを目標に調整してきました。元気がある。外回りコースはいいし、良馬場で競馬がしたいです」と語った。

 ワントゥワンも昇級戦。「中間も順調だし、いい感じ。競走条件はいいと思うし、楽しみはあるんじゃないかな」と影山助手は色気を持つ。

 エリザベス女王杯16着のジュールポレールが復帰戦を迎える。「今回の方が条件はいいと思いますね。先週の坂路で4ハロン51秒7。最終追いをサッとやれば仕上がりますよ」と西園調教師。



 〈美浦トレセン〉

 昨年のオークスソウルスターリングが今年の初戦を迎える。

 「年を重ねて、けっこうたくましくなった。落ち着きも出てきたが、前向きな気持ちは変わらない。スピードのない馬じゃないし、今年はマイル(路線)で行く」と藤沢和調教師は語った。



サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミリッサの関連コラム

閲覧 593ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、15(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞は、朝から降り続いた雨が午後には本降りとなって、重馬場まで悪化した状態で発走を迎えます。1番人気に支持されたのはアエロリットで3.6倍。以下、ファンディーナディアドラリスグラシューモズカッチャンラビットランまでが単勝10倍を切るオッズで続く混戦模様。
スタート直後の先手争いは、最内枠から好発を決めたアエロリットを、二の脚速くカワキタエンカが交わして単独先頭へ。連れてファンディーナも外枠から2番手の外を窺い、アエロリットと並んで2番手、3番手で続きます。以下は、ブラックスビーチモズカッチャンレーヌミノルタガノヴェローナメイショウオワララビットランミリッサカリビアンゴールドポールヴァンドルリスグラシューブラックオニキスディアドラリカビトスヴゼットジョリーと続き、最後方にポツンとハローユニコーンの隊列で1コーナーを通過。
向こう正面に出て、カワキタエンカのリードは2馬身ほど。2、3番手の人気両馬はやや力みながらの追走で、内からアエロリットが少しポジションを上げ単独2番手、3番手にファンデーナが収まって、以下は集団馬群で続く形。前半1000mを59秒1(推定)の軽快なペースで通過していきます。そのほかの人気どころは、好位の内にモズカッチャン、馬群が切れて中団にリスグラシュー、そこから5馬身ほど後方にディアドラといった形で追走。
3~4コーナーで少しラップが緩むと、モズカッチャンレーヌミノルリスグラシューといったところは外に持ち出して早めの進出を開始。ラビットランは内々を突く構えで、その直後にはこちらは外枠から内に進路をとってするすると押し上げて迫るディアドラ。依然手応え十分なカワキタエンカのリードが1馬身と詰まって直線へ。
並び掛けて、さあここからという1番人気アエロリットの直線での伸びはいま一つ。外から迫るモズカッチャンが手ごたえ優勢で、ここで抜け出し残り300mを通過。交わされてからも粘り腰をみせる2番手となったカワキタエンカに、後方からはリスグラシューラビットランディアドラが迫ります。残り100mを通過して、リスグラシューディアドラが2頭併せ馬の形で最内カワキタエンカを交わして、勝負の行方は単独先頭を行くモズカッチャンと、リスグラシューディアドラの3頭に絞られラストの攻防。これを、最外からゴール直前でまとめて差し切ったルメール騎手鞍上の3番人気ディアドラがV!3連勝でG1初制覇を飾っています。1馬身1/4差の2着には4番人気のリスグラシューが入り、そこからハナ差の3着には5番人気のモズカッチャンが入っています。
公認プロ予想家ではシムーンプロ導師嵐山プロスガダイプロほか計6名が的中しています。 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
14(土)を京都1Rの◎ロージズキング的中で好スタートを切ると、G2アイルランドトロフィー府中牝馬Sは◎クロコスミアで仕留め、先週月曜に続き2開催日連続のプラスを達成!土日トータルでは回収率130%のトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
14(土)のG2アイルランドトロフィー府中牝馬Sで◎クロコスミアの単勝1万円1点勝負的中を披露し10万4,000円の払戻しを記録!15(日)には新潟7Rで馬連&3連複計26万3,700円のスマッシュヒットを記録するなどの活躍を披露した先週は、週末トータル回収率125%、収支18万50円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
14(土)を新潟7R東京9Rなどを含む的中率50%の高打率で終えると、15(日)は勝負レース東京8Rでの○◎▲的中などでトータルプラスを計上!2日連続プラスとなった先週は、回収率126%、収支10万4,520円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
14(土)は新潟12Rの◎ファイブフォース京都12Rの◎ドライヴナイトと、最終レースで連続ヒットを記録しプラス収支を記録!15(日)には新潟6Rなどの的中で好調をアピールした先週は、週間トータル回収率128%、収支11万9,600円プラスの好成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
14(土)は東京9Rでの◎▲○パーフェクト的中を筆頭に、的中を重ねプラス収支を記録。15(日)には、京都12Rで「5日、12日とCWで好調教連発。一発あるならこの馬」と狙った◎サーティグランドが2着に突っ込み、10万円払戻しのビッグヒットを披露するなどの活躍を披露!連日のプラスをマークした先週は、トータル回収率106%を達成しています。
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(110%)、エース1号プロ(110%)、シムーンプロ(107%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、スガダイプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第303回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~秋華賞 G1
閲覧 1,090ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「秋華賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アエロリット1頭のみ。
第2グループ(黄)は、ラビットランから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリスグラシューファンディーナディアドラまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴゼットジョリーから同差内のメイショウオワラリカビトスレーヌミノルミリッサカワキタエンカポールヴァンドルまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1→第2グループ間に7.7ポイントという非常に大きな開きがみられ、一方でその下は10頭ほどが横並びのほとんど差がない配置。まさに1強の状況となっています。

その抜けた総合評価1位アエロリットは今回対抗○としました。この馬に関しては直前輸送という点が気掛かり。指数的にも抜けていますし、これまでのパフォーマンスもハイレベルで、あっさりこなしてきても不思議ないとも思うのですが、“栗東滞在以外の関東馬”はやはり厳しいとみて対抗にとどめました。人気も最終的にも1番人気に近しいところでしょうし、加えて左回りのほうがいいとみている馬。上位評価からは外せないとしても、中心視するには気性的な部分も含めて危険な人気馬とみて2列目の1頭評価。もちろん、ここまでの調整過程、素質に関しては申し分ないと思っていますが......。

本命は◎カワキタエンカとしました。前走のローズSでも当コラムで本命に狙った馬ですが、外回り→内回りのコース替わりも味方につけてのもう一発に期待。正直、ローズS自体のレベルは決して高くなく、1ハロン延長もプラスにはならなそうなのですが、前者については差し・外を通った馬たちが掲示板を独占する中この馬だけは外枠から締まったペースで逃げて、直線も内を通って残すという他馬とはまったく違う競馬をしての2着であったこと、後者については、この時期の3歳馬同士の戦いであればデキと展開利でこなせると判断しました。
付け加えると、前半4F46秒5を切ったローズSで逃げ・先行で連対したケースは、過去10年でも2009年のクーデグレイス秋華賞4着)くらい。もちろん馬場差はあると思いますので、4F通過タイムといっても一概に比較はできませんが、その点今年は元が時計の出る馬場だったとはいえレース当日昼まで稍重馬場で行われていた中でのもので、09年当時はレースがレコード決着となった中でのもの。決して今年が恵まれての時計というだけではないことからも、当時のクーデグレイスぐらいはやれていいのでは?とみています。それでこの人気なら。4着フラグを立てまくっている点は非常に怖いですが(笑)、この馬から入ろうと思います。あとは、この馬の好走のためには是非とも横山典騎手“必殺”の最後方ポツンという、まさかのシーンを密かに願いつつ......。

以下、先に挙げた○アエロリットに、2冠馬以外で春G1を連対してローズSでコケて本番で好走というパターンがほとんどない点が気掛かりで割り引いた▲モズカッチャン、“絶好”というところまでは到達していない印象もCW調教での仕上げや前走の仕上がり途上感を思えばそれでもマシな☆ファンディーナといったところも好走十分とみて上位評価。
そして今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になってくると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
8=1,4,16=1,2,4,7,11,14,16(15点)

[もっと見る]

2017年10月15日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/秋華賞 G1(霧プロ)
閲覧 1,039ビュー コメント 0 ナイス 1



 本日は牝馬三冠の最終戦・秋華賞が行われます。予想を担当してくれるのは、血統をベースにした変幻自在の予想で多くの支持を集めているウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。今年、先週までに3歳限定戦を1,054レース予想し、回収率107.3%をマークしているスペシャリストは、どんな結論を下したのでしょうか?
 本命は⑪ミリッサ。「ローズSの敗戦は直線の進路取りの差。半姉のシンハライトリラヴァティがともにタフな馬場でパフォーマンスを大きく上げており、悪天候が予想される今回は妙味がある」と期待を寄せました。対抗は「血統的に2000mも守備範囲で、折り合いさえ付けば崩れない」①アエロリット。単穴は「春の実績馬のなかで最も順調な臨戦過程。父の血から内回りコースの適性も高そう」な⑭ディアドラ。以下、⑥、⑦、②の順に押さえます。馬券は単勝⑪、馬連・3連複1頭軸流し⑪→①②⑥⑦⑭で勝負。本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年10月15日() 11:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(秋華賞 G1)
閲覧 856ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『秋華賞 G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎アエロリットとなっていて、その勝率は29.4%。以下は20%ほどの差があって、10%未満の馬たちがひしめいている状況。買い目的にも当然◎アエロリットとの心中パターンになっていますね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎アエロリットとなっていますが、勝率は15.5%とやや下げていて、買い目にも7-16が含まれている状況。血統ロボ的には○ファンディーナも期待のかかる一頭となっているようです。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命は◎アエロリット。その勝率は18.3%と算出されています。他では、競走馬ロボ・血統ロボにはなかったディアドラの名前が浮上してきていますね。ルメール騎手はやはりこの条件では要注意といった印象です。


【まとめ】
アエロリットが全てのロボで本命となっていて、特に競走馬ロボの勝率29.4%は比較的高い勝率ですし、当コラム断然の主役といった位置付けとなりました。
他では、レーヌミノルミリッサといったところが高配の使者になってくれればといった印象の顔ぶれとなっています。個人的には、今年の秋華賞はやはりアエロリット次第だとは思うのですが、仮に好走してきても相手には穴馬たちの台頭も十分とみています。難解な分、1番人気からでも配当妙味が期待できそうで今からレースを楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年10月11日(水) 17:30 覆面ドクター・英
秋華賞・2017
閲覧 3,330ビュー コメント 0 ナイス 10

安いWIN5を当てた後に5連続WIN4で、いよいよかと期待した3日間開催の月曜日はまさかのWIN1という今年3月以来2回目の惨事。南部杯でも、5番人気のキングズガード本命で3着、G1スプリンターズSコラムで、「根岸S惨敗も太目明らかでダートに戻ったら狙いたい」としていたノボバカラが7番人気2着と狙い目は悪くなかったのですが、コパノリッキーは厩舎がよく仕上げ甘かったりがあり、人気だけに本命を打てなくて失敗しました。素直に1番人気から行ったら12万馬券だったのに欲かきすぎました(笑)

さて、今週は秋華賞。恒例の全頭診断へ参りたいと思います。

アエロリット:前走クイーンSでは左回りでなくてもやれることを示し、大逃げから一旦引きつけての再度突き放しで見ていて楽しいレース。クロフネ産駒の大物牝馬は成長力が魅力。横山典騎手に敢えて絡んでいく騎手は居ないと思われ、どういうペースになるかも含め横山典騎手次第のレース。当然最有力。

リスグラシュー:イレ込みやオークスでは掛かったりと、気性的にも難しいところがあり、末脚は鋭いが不器用で秋華賞では後方からになると厳しいものがありそう。常に人気になるだけに、評価を下げるのが今回は妥当ではとみている(もちろん実力的に上位に来ておかしくないが)。

ディアドラ:今回が14戦目とキャリア豊富。春までは惜敗が多かったが、ハービンジャーらしい緩さが抜けてきたのか、きっちり勝ち切れるようになってきた。母母ソニンクで、手堅く皆きちんと出世していく一族。まだ上がり目あり、使ってきた数だけをみて切るのは早計か。

ファンディーナ:潜在能力断然だが体調整わず、秋始動戦は敗退。ここも使わず休ませてほしいところ。立て直せればこれまでの名牝たちと並ぶ馬になれる力あるのだが......。馬券的には臨戦過程も悪く、そう人気も落ちないだろうから消す予定。

ラビットラン:父が米No.1種牡馬のタピットだけにダート向きとみられていたが、この2走は芝で強烈な末脚をみせて連勝。今年のメンバーなら大一番でも再度の豪脚を見せての差し切りがあってもおかしくない。社台Fの繁殖牝馬としての活躍を期待しての導入なのだろうが、競走馬としても実力爆発。意外に人気にならなそうで、実績あるローズS勝ち馬でもあり本命を打とうかと考え中。

モズカッチャンローズSは太かったからか入れ込んだからか2番人気7着と冴えず。絞れたら走るのかもしれないが、春の上昇は止まった感じもあり、デムーロ騎手への乗り替わりで流れを失った感じといい、もう人気だけに妙味無いか。

ミリッサシンハライトの下という良血だけあり、夏に上昇して7戦目でのG1挑戦となった。ただ身体小さく姉よりスケールは落ちるか。大一番で良血の底力を見せるかもしれないが。

カワキタエンカディープインパクト産駒にしては母産駒未勝利勝ちのみ、非社台系と地味さがあるが、逃げてローズSでも2着に激走。ただあれは横山典騎手の楽逃げによるもので、今回は同型強力(しかも敵が横山典騎手に)で厳しい。常に前残りというのはあるが、今回はあまり期待できない。

カリビアンゴールド:ダーレー軍団の良質牝馬にステイゴールドの配合で2着積み重ねつつ、ここまで辿り着いた。ただ、小島太厩舎&田中勝騎手をここで敢えて買う必要も無さそう。

レーヌミノル桜花賞で激走の後にオークスローズSと惨敗ですっかり人気落としているが、調教は動いており、内回りだと距離のごまかしが利いて、再度上位も能力的にありえる。穴でヒモに入れたい。

リカビトス:無傷の3連勝中だが体質が弱く、順調に使えない。能力的には6月の3勝目段階くらいやれればここも通用で、(強くは追い切らないだろうが)調教の動きを見て良さそうならヒモには入れたい。

ポールヴァンドルカリビアンゴールドと2戦続けて接戦で、雄大な馬格といい今後も牝馬重賞路線で活躍していくタイプだと思うが掲示板の下の方か。

メイショウオワラ:好走と凡走が一戦毎にみえるがオープンでは負けているという実力通りの結果でここも良くて善戦か。更に上積みあればやれても良いが。

ヴゼットジョリー:新馬、新潟2歳Sと連勝後に4戦負けているが指数自体は順調に上げてきており通用してもおかしくないレベルまでは来ている。

ブラックスビーチ:社台の馬でディープインパクト×キングマンボと配合的には優れているのだが、力が落ちる感じあり。

タガノヴェローナクロフネ×キングカメハメハで芝でやれてもおかしくないが初芝は不利。

シーズララバイ:3月のフラワーCで2着と言ってもファンディーナからは5馬身差があり、その後の凡走からしても狙いにくい。

サロニカ:エルフィンSを勝って桜花賞に臨む予定も取り消し。良くなるのはもう少し先では。

ブラックオニキス札幌2歳Sの後は着外続きも前走紫苑Sでは13番人気4着と実力以上に頑張った。が、ここでは期待できない。

ハローユニコーン:忘れな草賞勝ちで能力秘めているのだろうが、膝関節炎前後の惨敗2戦からすると狙えない。

テーオービクトリー:500万下は勝てたが1000万下は4着と物足りない。

アロンザモナ:1月に紅梅S勝ちと一応オープンでは勝っているが、ローズSで15着だったように、ダートでの変わり身期待くらいか。

ブライトムーン:500万下は勝てたがローズSでは8着とまだ実力的に厳しい。

ミスパンテール:新馬勝ちの後にチューリップ賞2着と将来性を期待していたが、秋初戦のローズSで10着だったように成長いまひとつで期待薄。

マナローラ:オープンでは惨敗続きで特に期待できる要素無し。

<まとめ>
本命候補 アエロリットラビットラン

ヒモ候補 ディアドラミリッサレーヌミノルリカビトスヴゼットジョリー

[もっと見る]

2017年9月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第294回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ローズステークス G2
閲覧 1,283ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「関西テレビ放送賞ローズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ファンディーナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレーヌミノルまでの2頭。
第2グループ(黄)は、ミリッサから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラビットランリスグラシューサトノアリシアまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、カワキタエンカから同差内のメイショウオワラヤマカツグレースまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の2.6ポイント差がまず目立つ状況。一方で、その下は大きな差がなく続いています。総合評価では2頭が抜け出した格好ですが、馬場や休み明けなどの影響によっては、一転混戦模様となっても不思議ない配置と言えるかもしれません。

そんななか今回の私の本命は◎カワキタエンカとしました。野芝の阪神1800mという条件だけでもまず目が行くディープインパクト産駒。さらに良以外で行われたこの時期の阪神1800mのレースでは(6-4-2-14)単複回収率いずれも100%以上となっていて、このレースでも重で行われた13年と16年でディープ産駒が勝利(いずれも1番人気ではありますが)しています。今回、台風による馬場への影響が見込まれますので、好走率的にも回収率的にも軒並み上昇する条件が揃うディープ産駒から◎カワキタエンカに期待しました。阪神での重実績や、桜花賞(稍重)でも大外18番枠からなかなかハナを奪い切れずの苦しい序盤の割にはタフな内ラチ沿いを最後まで粘っての7着という内容からも、使われているアドバンテージと馬場相性を最大限生かせば当時の上位馬たちを逆転できるチャンスは十分にあるとみています。去年同様、逃げ馬の一発に期待しての本命視。
○はブラックスビーチ。こちらも前々での粘り込みに期待したいディープ産駒で、阪神1800mでの実績はあるけれどもキレ味タイプではないという点は、明日の馬場がいかにも追い風となりそうなディープ産駒で不気味。急きょ乗り替わりですが、最近重賞でも好位からファインプレーを見せている秋山騎手にも期待しています。
以下、▲レーヌミノル、☆ファンディーナと印を回し、今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎=○▲からの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
16=8,10=1,2,3,5,6,8,10,11,17,18(17点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミリッサの口コミ


口コミ一覧
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 6

阪神牝馬ステークス

ジュールポレール 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや遅れ

アドマイヤリード 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀、先着

リスグラシュー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、リズミカル、突き抜ける、時計優秀

ミエノサクシード なし

デンコウアンジュ 坂路、単走、動き軽快、前向き、リズミカル

ソウルスターリング 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

エテルナミノル なし

ミリッサ 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、リズミカル、時計優秀、先着

クインズミラーグロ なし

レッドアヴァンセ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す、時計優秀

ミスパンテール 坂路、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

ラビットラン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

 ミラクルワイド 2018年4月7日() 00:17
4/7(土)ミラクルワイド推奨馬
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 4

4/7(土)ワイド推奨馬です

中山1R 16番 ルーチェソラーレ

中山2R 4番 ジッピー

中山4R 9番 ブラックイメル

中山5R 16番 ゴールドパッキャオ

中山9R 5番 ロッテンマイヤー

中山11R 15番 アンブロジオ

阪神5R 16番 マイウェイアムール

阪神8R 5番 ジャストコーズ

阪神10R 3番 ヒシマサル

阪神牝馬Sは東京新聞杯でも推奨したリスグラシューを中心に組み立てたい
対抗はアドマイヤリード、ソウルスターリング、穴っぽいところでは
ジュールポレール、ミリッサ、ラビットラン、レッドアヴァンセあたりに流したい

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2018年4月6日(金) 12:32
阪神牝馬S(G2)ニュージーランドT(G2)出目☆馬名入
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 3

2018年4月7日(土)2回阪神5日・3回中山5日
☆九紫大安『吉数』枠番1・3・6馬番1・3・6・9・11・13・16
阪神11R(15:35)芝1600
第61回阪神牝馬S(G2)
【時系列出目】
▼枠番
★1ジュールポレール
▼馬番
★該当なし
【demedas】
▼枠番
★4デンコウアンジュ、ミエノサクシード
☆6ミリッサ、クインズミラーグロ
*8ラビットラン、ワントゥワン
*5ソウルスターリング、エテルナミノル
▼馬番
★7エテルナミノル
☆12ワントゥワン
*15---(13頭立て)
*10レッドアヴァンセ


中山11R(15:45)芝1600
第36回ニュージーランドT(G2)
【時系列出目】
▼枠番馬番該当なし
【demedas】
▼枠番
★2デルタバローズ
☆2ゴールドギア
*4カシアス
*4エントシャイデン
▼馬番
★4アイスフィヨルド
☆3ゴールドギア
*8ラムセスバローズ
*5カツジ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミリッサの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ミリッサの写真

ミリッサ
ミリッサ

ミリッサの厩舎情報 VIP

2018年4月7日サンスポ杯阪神牝馬S G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミリッサの取材メモ VIP

2018年4月7日 サンスポ杯阪神牝馬S G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。