注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

カリビアンゴールド(競走馬)

注目ホース
カリビアンゴールド
カリビアンゴールド
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2014年2月9日生
調教師小島太(美浦)
馬主H.H.シェイク・モハメド
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 6戦[2-0-0-4]
総賞金1,570万円
収得賞金900万円
英字表記Caribbean Gold
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
サバナパディーダ
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Capriola
兄弟 カリビアンロマンスルナサバナ
前走 2017/04/08 ニュージーランドT G2
次走 2017/04/30 スイートピーS OP

カリビアンゴールドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/30 東京 11 スイートピー OP 芝1800 -- 18359.2----** 牝3 54.0 田中勝春小島太---- --------
17/04/08 中山 11 NZT G2 芝1600 165934.31011** 牝3 54.0 田中勝春小島太460(-10)1.36.9 0.935.7⑤⑥⑥ジョーストリクトリ
17/03/11 中山 7 3歳500万下 芝1600 1181110.751** 牝3 54.0 A.シュタ小島太470(+2)1.35.2 -0.134.6⑧⑥⑦ウィンドライジズ
17/01/14 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 1281220.089** 牝3 54.0 田中勝春小島太468(+12)1.36.6 0.535.3⑫⑫⑫スズカゼ
16/12/17 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 164716.566** 牝2 54.0 北村友一小島太456(-12)1.23.0 0.534.8④⑤エントリーチケット
16/10/02 中山 9 サフラン賞 500万下 芝1600 12338.844** 牝2 54.0 田中勝春小島太468(-4)1.35.2 0.335.7④⑤トーホウアイレス
16/09/10 中山 5 2歳新馬 芝1600 13227.041** 牝2 54.0 田中勝春小島太472(--)1.36.2 -0.134.8⑤⑤④グラドゥアーレ

カリビアンゴールドの関連ニュース

 【中山11R・ニュージーランドT桜花賞は馬場状態がどうなのか。阪神競馬場がある仁川周辺は週中、金、土、日と小雨が降り続けるという予報だったが、土曜は競馬が行われている日中は曇り空。そして日曜は、曇り一時雨だという。コロコロと変わり、外れることも少なくない予報だけにアテにはできないが、パンパンの良馬場でないことだけは確かなようだ。

 気をもむが、こちら中山は土曜の日中に雨の心配はなさそうで、芝のこのレースは心置きなく勝負できそうだ。桜花賞も登録していた2頭。スズカゼと(9)カリビアンゴールドだが、ともに魅力たっぷりだ。現状では甲乙つけがたいが、伸びしろを推し量ると中心は後者だろう。

 前走は相手が弱かったにせよ、なかなかの好内容。「さらに良化している。今後が楽しみな馬。ここでも差はない」とは関係者が口をそろえるところ。母は英仏でGII1勝、GIII2勝と活躍し、一族にもハローゴージャス(英GIフューチュリティS勝ち)がいる。オークスでも楽しみな馬で、良馬場ならチャンス十分だ。(9)の単複。連は手広く。

 【阪神11R・サンスポ杯阪神牝馬S】ここは(12)デンコウアンジュが狙いだ。昨秋は底が見えた印象で、今後はあまり期待できないかと思ったが、ちょっと評価をし直したい。というのも放牧休養が奏功してたくましくなり、見違えるばかりの好仕上がり。よほどの道悪にならなければ出番があっていい。

【桜花賞】追って一言2017年04月06日(木) 05:05

 ◆アロンザモナ・幸騎手 「半マイル併せでサラッと。出たなりの競馬で力を出し切りたい」

 ◆ヴゼットジョリー・福永騎手 「牝馬っぽくなくてパワーがあるタイプ。ゲート駐立の練習をしているし、いいスタートが切れると思う。流れひとつで上位に」

 ◆カリビアンゴールド・吉永助手 「すごく感触が良かった。前走より上向いている。抽選を突破してくれれば」=調教評価A

 ◆カワキタエンカ・浜田師 「前走ぐらいのデキで出せそう。折り合い面でマイルはいい」=調教評価C

 ◆ゴールドケープ・加納助手 「先週やって今週は控えめ。今の精神状態ならマイルでも折り合える。道悪は大歓迎」

 ◆サロニカ・辻野助手 「併せ馬でピリッとしてきた。久々でもいきなり動ける態勢です」

 ◆ジューヌエコール・北村友騎手 「スイッチを入れないような調教をしました。我慢も利いて状態は前走以上です」

 ◆ショーウェイ・斉藤崇師 「攻め馬は良かった。前での競馬にこだわることもないと思う」

 ◆スズカゼ・伊藤正師 「状態はいいね。まだまだ底を見せていないし、輸送自体は問題ないので、期待している」=調教評価B

 ◆ディアドラ・橋田師 「しまい重点。気持ちがしっかりしているのが長所。道悪も下手ではなく、馬混みも大丈夫」

 ◆ベルカプリ・西浦師 「状態はいい。前回は速いペースに巻き込まれた。今回は後ろから競馬をさせてみたい」=調教評価B

 ◆ミスパンテール・四位騎手 「リラックスして走れていた。まだ2回しか走っていないから上積みの魅力もある」

 ◆レーヌミノル・本田師 「先週やって今週はサラッと。仕上がりはいいし、成長も感じる」

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】カリビアンゴールド動き機敏2017年04月05日(水) 11:10

 抽選対象ながらカリビアンゴールドの動きは機敏。美浦坂路で馬なりながら後半スッとピッチを上げ4F53秒2、ラスト1F12秒2と伸びた。

 ●吉永助手「動きは良かった。調子は上がっているので、ぜひ抽選を突破してほしい」

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ニュージーランドトロフィー】特別登録馬2017年04月02日() 17:30

[もっと見る]

【桜花賞】特別登録馬2017年03月26日() 17:30

[もっと見る]

【めざせクラシック】ポポカテペトル、生粋のステイヤーに期待!2017年03月15日(水) 05:03

 デスク 先週はクラシックで楽しみな馬が2勝目を挙げたな。ゆきやなぎ賞を快勝したポポカテペトルは、全兄がフジテレビ賞スプリングS勝ったマウントロブソンという良血だ。

 正木 ダービーと同じ2400メートルで強い勝ち方でした。次走はダービートライアルの青葉賞(4月29日、東京、GII、芝2400メートル)。友道調教師は「切れはないけどバテない。少しでもスタミナの要る長い距離の方が合っている」と生粋のステイヤーに期待を寄せています。

 板津 関東馬のカリビアンゴールドにも注目してください。11日の中山500万下(芝1600メートル)で鮮やかな直線一気。小島太調教師も「強い内容。じっくり乗ってしまいを生かす競馬の方がいいタイプだな。ステイゴールド産駒にしては馬格があるのがいい。競馬ぶりや体形的にも距離は長い方が良さそう」と手応えを感じていました。

 デスク 次走はどこになりそう?

 板津 桜花賞に登録するようですが、本線はオークストライアルのサンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)か、スイートピーS(4月30日、東京、OP、芝1800メートル)です。来年2月で定年を迎えるトレーナーは今年が最後のクラシックですから、力が入るでしょう。

 デスク そうだな。他に有力情報は?

 正木 すみれS5着後、放牧に出ているダノンディスタンスが、京都新聞杯(5月6日、京都、GII、芝2200メートル)を目指して4月上旬に帰厩予定です。佐々木調教師は「バテないのがこの馬の良さなのに、すみれSはあまりにも止まった。どうやらレース中に一過性の心房細動を発症したよう。レースまで約1カ月間、しっかり乗って仕上げるよ」と、ダービー参戦へ巻き返しに燃えています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カリビアンゴールドの関連コラム

桜花賞2017

2017年04月02日() 14:55

覆面ドクター・英

閲覧 4,352ビュー コメント 0 ナイス 13

いよいよ桜花賞です。やはりクラシックは格別ですね。大阪杯終わったら当たった人も外れた人も切り替えて、一週間桜花賞の事をたっぷり考えて楽しみましょう。今年は牝馬のレベルがかなり高い(牡馬は低い)とされていて、持ったままの3連勝を飾った大物ファンディーナは牡馬相手の皐月賞へと矛先を向けましたが、フランケル産駒の2騎を含め楽しみなメンバーが揃いました。それでは恒例の全頭診断です。

1番人気想定 ソウルスターリング:注目のフランケル産駒で、暮れのG1勝ち含む無傷の4連勝でチューリップ賞でも強さ見せつけリスグラシューに完勝してきた。2歳女王としてファンディーナと決着つけるまで、こんなところでは負けられない。最有力の一頭。

2番人気想定 アドマイヤミヤビ:どんどん強さを増しての3連勝でクイーンCも完勝してきた。ハーツクライの繁殖牝馬レベル高かった世代の一頭で距離延びてもよく今年のクラシック戦線で主役級の一頭。

3番人気想定 リスグラシュー:私自身それほど高評価していなかったのだが阪神JFでも「負けて強し」的な事を言われ世間的には高評価されていたが、チューリップ賞での完敗をみても馬体も小さく、成長それほどでもなく危険な人気馬では。一戦だけではまだ評価さほど下がらないだろうから消して妙味か。

4番人気想定 ミスエルテ:期待のフランケル産駒のもう一方だが牡馬相手の朝日杯にぶつけるも、気難しさを出して4着とイマイチな結果。ポテンシャル高く巻き返しておかしくないのだろうが「気難しい馬と川田騎手」という組み合わせはダメそうで思い切って消しもありかとも思うが一応大人の対応でヒモに。

5番人気想定 レーヌミノル:フィリーズRでは1400でも距離長いというようなハイペース追いかけて大斜行しての早め先頭で差されるという最悪騎乗で浜中騎手から池添騎手へのスイッチとなったが阪神マイルで末脚比べとは違った適性の馬で、本番より前哨戦に全力投球だったのに取りこぼした状況で、ここは消し。

6番人気想定 ヴゼットジョリーローエングリンの評価が上がって繁殖牝馬いい馬が揃った世代で新潟2歳Sの覇者でもあるが、成長いまひとつのようで、ここでは足りない。

その他の馬

アエロリット:3戦連続2着でここ2戦は重賞での2着と勝ち切れないまでも強い馬に食らいついていける一頭でヒモには入れたい。

アロンザモナ:血統的には距離もっておかしくないのだろうが伸び負けた前走からもここでは足りなく先々ダート戦線で活躍するタイプか。

カラクレナイ:フィリーズRはミルコの好騎乗もありずばっと差し切って3連勝を飾ったがレースレベル自体が高くなく、田辺騎手×ローエングリン産駒というのは一発ありそうな組み合わせではあるがここでは苦しいのでは。

カリビアンゴールド:新馬勝ちの後に3戦まずい騎乗などで足踏みしていたがシュタルケ騎手で鋭い末脚繰り出した前走。ダーレー軍団の馬は母系がかなりしっかりした馬で、育成自体は社台軍団ほどでないので少し遅れて上昇してくる事あり、ヒモに加えたい穴で期待の一頭。

カワキタエンカ:チューリップ賞で5着に負けた後に低レベルな500万下を逃げ切り勝ちをしてきたが力が足りない。

ゴールドケープ:フィリーズRでは、最後方から末脚伸ばして3着したがワークフォース産駒は全般にスピードが足りなすぎる。

サロニカ:エルフィンSは、逃げの嫌いな福永騎手での逃げ切りだったが低レベルなレースで、力が足りない。

ショーウェイ:11月のファンタジーSではミスエルテ相手に人気薄で、よく逃げ粘ったがこのレースは逃げ粘りタイプは向かないしスケール的にも厳しい。

ジューヌエコール:デイリー杯2歳Sの覇者だがその後の成長いまひとつで、前走は浜中騎手の斜行の被害のせいだとまだ人気になるようなら消して妙味。

スズカゼディープブリランテ産駒の得意な1400Mで今後出番あるのでは。ここでは要らない。

ディアドラ:ハービンジャー産駒らしく末脚甘くて相手が強くても弱くても惜敗するのだが、ローカル2000Mくらいで今後出番では。ここは要らない。

ハローユニコーン:未勝利を1800Mで勝っているように距離延びて良さもっと出てくるのかもしれないが、ここでは力不足。

フェルトベルク:デビュー戦を勝っただけで以後さっぱりで賞金的にはじかれるのだろうが要らない。

ベルカプリ:人気薄で逃げて最後差し返す粘りでオープンに上がってきたがフィリーズRで惨敗しており、ノーチャンスだろう。

ミスパンテール:夏の札幌以来のチューリップ賞でいきなり2着して権利ゲットした、チューリップ賞ではメンバー最速の末脚を見せていて遅れてきた大物の可能性有る馬で更なる上積みもありそう。ヒモには是非入れたい一頭。

ライジングリーズン:4戦3勝と素晴らしい成績だが、さすが岡田さんの馬、というようなレース選択が絶妙で弱い相手にきっちり結果出してきたが、ここで通用する力は無い。


<まとめ>
有力〜ソウルスターリングアドマイヤミヤビ

ヒモ〜ミスパンテールアエロリットカリビアンゴールド(穴で期待)、ミスエルテ

人気で評価下げたい重賞勝ち馬〜リスグラシューレーヌミノルヴゼットジョリーライジングリーズン


登録済みの方はこちらからログイン

カリビアンゴールドの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/4/8・9)

 銀色のサムライ 2017年04月10日(月) 20:41

閲覧 55ビュー コメント 2 ナイス 12

今年度のJRA夏季競馬番組の詳細が発表されました。

2015年から開催されているワールドオールスタージョッキーズは今年も札幌で開催。
ダート1700mのフルゲートが14頭になったので、
今回はシリーズ第2戦がダート1700mとなります。

芝レースばかりだと味気ないですからね。
ダート戦も加わった中でチャンピオンを決める事になったのは良かったと思います。

2015年はモレイラ騎手、2016年はデムーロ騎手が総合優勝を果たしているのですが、
今年こそは日本人ジョッキーの優勝を期待したいです。

それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回阪神5日】

■7R イサチルホープ 1人気3着

好位の内から理想的なレース運びをしてくれたと思います。
2着は取れるか、という状況でしたが、メイショウノボサンのキレ味に屈しました。

■8R アドマイヤリアル 2人気6着

叩き2戦目での良化に期待しましたが、今回もサッパリでした。
追い切りでは抜群の時計を出しているんですけどね…。

■9R リッチーリッチー 1人気1着

休み明けでしたけど、緩い馬場も合っていましたし、
ブリンカーの効果も多少はあったと思います。

■10R ビップライブリー 1人気2着

エスティタートに上手く内をすくわれてしまいました。
自分のレースはできていましたので、相手次第で1600万条件突破の可能性も十分。

■11R(阪神牝馬S)クイーンズリング 2人気15着

道中で折り合いを欠き、脚を溜められず、ミッキークイーンいかに全く太刀打ちできませんでした。
目標が先にある馬に◎を打った自分が悪い、と割り切るしかない凡退です。

■12R ローズプレステージ 3人気12着

前走の勝ちっぷりが良かったので、昇級でも通用すると思っていましたが…。
時計の速い馬場も厳しかったのでしょうか。


【3回中山5日】

■7R アシャカダイキ 1人気1着

馬体が10kgも減ってしましたけど、
好位から上手くレースを運んで、ラストの末脚もしっかり。着差以上に強かったです。

■8R カブキモノ 1人気12着

脚抜きの良い馬場が合わなかったですし、使い詰めの影響もあったのかも。
また、単騎逃げじゃないと力を発揮できないようです。

■9R ルネイション 2人気6着

中京での前走がとても強かったですから、
中山でも何とかなるのでは?と考えていましたが、
馬場も不向きでしたし、狙うべきレースではなかったですね。

■10R イチダイ 2人気6着

相手なりに走れるので、強敵ぞろいの1600万下条件でも…と思ってました。
でも、今回はさすがに相手が強かったですし、次の買い時は降級してからだと思います。

■11R(NZT)カリビアンゴールド 10人気11着

マイナス10kgの馬体重もありましたが、道中で掛かり気味だった事が最大の敗因だと思います。
波乱になるという見立ては当たってましたけど、
前残り濃厚のメンバー構成でしたから、穴狙いをするにしても先行馬から狙わなきゃダメでしたね…。

■12R タイセイラビッシュ 1人気4着

テンのダッシュがあまりつかず、控える競馬に。
先行押し切り、という本来のスタイルに持ち込めませんでした。
時計も速すぎたようですし、もっと時計の掛かる馬場にならないと厳しいですね。


【1回福島1日】

■7R メリークン 1人気8着

中央場所の未勝利戦でいつも上位争いしていましたけど、
相手が弱くなったローカルで不可解な凡退。
福島コースが合わないだけなのか、調子落ちだったのか…。

■8R ウメマツサクラ 4人気4着

枠なりでコースロスのない競馬を心掛けてくれましたが、
最後はキレ味の差で上位3頭に敵いませんでした。

■9R セカンドエフォート 2人気8着

2015年宝塚記念のゴールドシップを思い起こさせるようなゲートでの大出遅れ。
あそこまで出遅れたらどうしようもありません。

■10R インシュラー 1人気8着

こちらもスタートでの出遅れが痛かったです。
でも、新馬戦のレベルも低かったので、振り返ってみると過剰人気だったのかな?と思います。

■11R リッパーザウィン 3人気12着

3戦続けて福島本命馬の出遅れはさすがにキツい…。
今回は全然レースになっていないので、次走は度外視可能だと思います。

■12R アイスゴールド 7人気1着

ペースが落ち着いたところで後方からマクる、という秋山騎手の好判断が光りました。
騎手の力で勝ったレースなので、昇級後はさすがに厳しいのではないでしょうか。


【2回阪神6日】

■7R アナザープラネット 3人気1着

ワークフォース産駒ですから、道悪は合うと思っていました。
荒れた内馬場を通っていましたけど、全く問題なかったです。

■8R タマモユウトウセイ 2人気14着

スタートで若干遅れましたが、好位の外でスムーズな競馬ができたんですけどね…。
道悪での実績もありましたけど、本質的には時計の掛かる馬場が合うタイプなのでしょう。

■9R ドロウアカード 2人気3着

マイペースの単騎逃げ、という想定通りの競馬をしたものの、あっさり後続に差されてしまいました。
距離も微妙に長いのかもしれません。

■10R ブラヴィッシモ 1人気2着

3〜4角でバテたウインガニオンの真後ろにいたのが致命的でした。
もっとスムーズなレースができていれば、勝てていたので、とても勿体ないレースだったと思います。

■11R(桜花賞)レーヌミノル 8人気1着

馬場状態、内過ぎず外過ぎずの枠順をはじめ、
道中の位置取り、折り合い、追い出すタイミング、何もかもがレーヌミノルに追い風になりました。
単勝が40倍もついたので、単勝馬券も買っておけば…と今更ながら後悔しています。

■12R クリノリトミシュル 1人気3着

さすがに1分49秒台の決着になると苦しかったですね。
でも、クラスのメドは立ちましたから、次走は勝ち上がるチャンスだと思います。


【3回中山6日】

■7R アウアウ 3人気10着

リリカルホワイトにハナを奪われて、速いペースに付き合わされてしまいましたね。
脚抜きの良い馬場も合わなかったです。

■8R トーホウスペンサー 1人気7着

相手に恵まれた、と思っていたので、苦手な道悪でも大丈夫だと考えていました。
でも、下級条件のレースは馬場の巧拙がものを言うんですよね…。認識が甘かったです。

■9R ウォーブル 1人気4着

逃げてこその馬なので、他馬に逃げられた時点でジエンドです。
走りにくそうにしていましたし、道悪もダメでしたね。

■10R ドゥーカ 2人気14着

マイルに距離を縮めたここが勝負!だと意気込んでいましたけど、
道中の位置取りが悪すぎました…。

■11R レッドゲルニカ 2人気10着

追い通しの展開になってしまいましたね…。
能力は高いと思うのですが、まだOPで互角以上に走れる状況じゃなかったようです。

■12R サラセニア 1人気3着

追い切りの時計がとても良かったので、脚抜きの良い馬場でも大丈夫だと思ったのですが…。
マイネルビクトリーに負けたのは仕方ないにしても2着は欲しかったところです。


【1回福島2日】

■7R ダノンスターズ 3人気1着

中盤までの位置取りが後ろ過ぎたので、
直線で届くのかどうか心配していましたが、問題なかったですね。

■8R ロードインスパイア 5人気15着

追い切りで好時計を連発していましたけど、今回もサッパリ。
去勢明け初戦は狙っちゃいけないですね…。

■9R クリノサンスーシ 2人気1着

前すぎず後ろすぎず、という絶妙な位置取りでレースを運んでくれました。
順当勝ちだったと思います。

■10R エアワイバーン 2人気2着

好位の内で脚を溜める形に持ち込めたんですけどね…。
もうひと伸び足りなかったのは休み明けの分という事なんだと思います。

■11R コスモラヴモア 10人気12着

中団のインでじっくりと構えていたものの、
ペースが上がったところで置いていかれてしまいました。
元々1700mで好走していましたけど、今は1400mでこそのタイプなのかも。

■12R ユキノカトレア 3人気9着

好位で上手く折り合いをつけていましたが、直線でノースペース…。



桜花賞は的中できたんですけど、他のレースはちぐはぐな予想ばかりでした…(>

 銀色のサムライ 2017年04月08日() 20:25
桜花賞 予想
閲覧 72ビュー コメント 6 ナイス 18

今日の予想も厳しい結果になってしまいました。

NZTは人気薄のカリビアンゴールドを狙ったので、凡退するのも致し方なしですが、
阪神牝馬Sのクイーンズリングがブービーに負けてしまったのは全くの想定外。

久々のマイル戦で流れに乗り遅れる可能性はあると思っていたんですけど、
掛かりながら先行する、というレースになるとは夢にも思いませんでした…(>

[もっと見る]

 Mr.A− 2017年04月08日() 15:39
中山11R
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 0

1 ◎ 238.6 10 50.8 35.2 152.6 クライムメジャー  川 田[替]   池江寿
2 ○ 211.9 2 37.2 26 148.7 ランガディア    戸崎圭[替]   木村哲
3 ▲ 211.1 15 33.1 24.6 153.4 タイムトリップ   田 辺[替]   菊 川
4 △ 205.4 16 26.1 25 154.3 ボンセルヴィーソ  松山弘     池添学
5 × 198.4 14 25.8 27.1 145.5 タイセイスターリー 内田博[替]   矢 作
6 注 177.7 12 26.1 23.5 128.1 スズカメジャー   岩田康     橋 田
7 166.9 4 16.8 30.3 119.8 メイソンジュニア  菱田裕     渡辺薫
8 152.6 6 33.3 15.5 103.8 ジョーストリクトリ シュタ[替]   清水詞
9 137.5 7 23.4 12.2 101.9 スズカゼ      吉田隼[替]   伊藤正
10 132.0 1 15.4 27.1 89.5 ナイトバナレット  中 谷     矢 作
11 130.4 9 21.8 11.3 97.3 カリビアンゴールド 田中勝[替]   小島太
12 123.4 8 25 10.2 88.2 ダイイチターミナル 大 野     高 市
13 120.1 13 19.8 13.8 86.5 イノバティブ    石川裕[替]   相 沢
14 118.5 5 10.8 13.4 94.3 マンカストラップ  江田照     伊藤大
15 114.7 11 20.1 14.5 80.1 ジャッキー     松 岡[替]   高橋祥
16 90.9 3 17 13.6 60.3 セイカチトセ    吉田豊[替]   南 田

[もっと見る]

カリビアンゴールドの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

カリビアンゴールドの写真

カリビアンゴールド
カリビアンゴールド

カリビアンゴールドの厩舎情報 VIP

2017年4月30日スイートピーS
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カリビアンゴールドの取材メモ VIP

2017年4月8日 ニュージーランドT G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。