ラビットラン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラビットラン
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年3月18日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主吉田 和子
生産者Alexander Groves Matz, LLC
生産地
戦績 8戦[3-1-0-4]
総賞金9,010万円
収得賞金3,500万円
英字表記Rabbit Run
血統 Tapit
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Tap Your Heels
Amelia
血統 ][ 産駒 ]
Dixieland Band
Aquilegia
兄弟 アサクサゲンキ
前走 2018/01/06 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ラビットランの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/06 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 13225.128** 牝4 54.0 藤岡康太角居勝彦442(-4)1.34.7 0.434.8⑦⑦ブラックムーン
17/12/16 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 166123.214** 牝3 55.0 C.デムー角居勝彦446(-2)1.34.3 0.134.2⑨⑨⑤ミスパンテール
17/10/15 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18129.364** 牝3 55.0 和田竜二角居勝彦448(+4)2.00.9 0.736.9⑦⑧⑥⑥ディアドラ
17/09/17 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1871426.481** 牝3 54.0 和田竜二角居勝彦444(+4)1.45.5 -0.233.5⑬⑬カワキタエンカ
17/07/22 中京 12 3歳以上500万下 芝1600 168168.141** 牝3 52.0 和田竜二角居勝彦440(-8)1.34.3 -0.133.0⑮⑮⑯エンヴァール
17/05/21 京都 6 3歳500万下 ダ1800 165102.216** 牝3 54.0 浜中俊角居勝彦448(+2)1.52.6 0.438.0⑦⑦⑥⑥ホーリーブレイズ
17/05/07 東京 5 3歳500万下 ダ1600 11222.412** 牝3 54.0 M.デムー角居勝彦446(-4)1.39.1 0.036.5⑦⑦トラネコ
16/11/26 京都 6 2歳新馬 ダ1400 16473.921** 牝2 54.0 M.バルザ角居勝彦450(--)1.25.5 -1.236.6⑤④スズカフリオーソ

ラビットランの関連ニュース

 ◆浜中騎手(クルーガー2着) 「4角で動けない場面があったんですが、よく頑張って伸びた」

 ◆幸騎手(レッドアンシェル3着) 「勝った馬の勢いが違ったし、まだこれからの馬です」

 ◆北村友騎手(ダノンメジャー4着) 「精神面も成長して、今後違った競馬もできると感じました」

 ◆大野騎手(ストーミーシー5着) 「ラストで確実な脚を使える馬。展開がはまれば十分にやれます」

 ◆池添騎手(カラクレナイ6着) 「もう少し短い距離ならいい脚が使えそう」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ7着) 「脚をためられなかった。前も止まらず…」

 ◆藤岡康騎手(ラビットラン8着) 「もっとはじけると思ったんですが…」



★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

【スポ京都金杯】レッドアンシェルが1番人気/13:00時点 2018年1月6日() 13:05

 6日、京都で関西圏の新年最初の重賞・GIII京都金杯(芝1600メートル)が行われる。重賞ウイナー6頭を含め、マイル路線での飛躍を目指す好メンバーがそろった。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ

1− 1 マサハヤドリーム  37.5

2− 2 ラビットラン     5.3

3− 3 マイネルアウラート 29.3

4− 4 アメリカズカップ  22.8

4− 5 カラクレナイ    32.1

5− 6 ダノンメジャー   17.4

5− 7 レッドアンシェル   3.3

6− 8 ストーミーシー   20.7

6− 9 ブラックムーン    5.8

7−10 スズカデヴィアス  49.7

7−11 キョウヘイ     14.6

8−12 ウインガニオン   10.7

8−13 クルーガー      5.7



★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】クルーガー8枠13番、アンシェル5枠7番 2018年1月5日(金) 10:32

 年末年始に中山で継続開催となる関東圏とは異なり、関西圏の中央競馬は恒例の京都開催で幕を開ける。新年最初の重賞となるのが第56回京都金杯(1月6日、GIII、芝1600メートル)。マイル路線での飛躍を目指す好メンバーがそろった。5日、以下のとおり枠順が確定。2016年4月マイラーズC以来の重賞制覇を狙うクルーガーは8枠13番、前走のリゲルSを快勝したレッドアンシェルは5枠7番に入った。



(左から)枠番−馬番 馬名 斤量 騎手1− 1 マサハヤドリーム 54.0岩崎翼2− 2 ラビットラン   54.0藤岡康太3− 3 マイネルアウラート57.0丹内祐次4− 4 アメリカズカップ 56.0松山弘平4− 5 カラクレナイ   54.0池添謙一5− 6 ダノンメジャー  56.5北村友一5− 7 レッドアンシェル 56.0幸英明6− 8 ストーミーシー  54.0大野拓弥6− 9 ブラックムーン  57.0武豊7−10 スズカデヴィアス 56.5藤岡佑介7−11 キョウヘイ    55.0高倉稜8−12 ウインガニオン  57.5津村明秀8−13 クルーガー    57.5浜中俊



★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】厩舎の話2018年1月5日(金) 05:04

 ◆アメリカズカップ・音無師 「時計のかかる馬場になってほしい」

 ◆ウインガニオン・西園師 「ハナに行って先行力を生かしたい」

 ◆カラクレナイ・松下師 「やるごとに上向いている」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「さばきひとつでチャンスも」

 ◆クルーガー・高野師 「いい状態に持ってこられた」



 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「久々のマイル戦だが、適性はありそう」

 ◆ストーミーシー斎藤誠師 「状態はいい。大野騎手がクセをつかんでくれている」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「京都は合っている。ハナにもこだわらない」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「ペースが速くなってしまいがかかれば」

 ◆マイネルアウラート高橋裕師 「前々の好位で運びたい」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「うまく脚をためられれば」

 ◆ラビットラン・辻野助手 「京都マイルの条件はいいと思います」

 ◆レッドアンシェル・庄野師 「しまい重点で十分動けていた」

★京都金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】厩舎の話2018年1月4日(木) 11:50

アメリカズカップ・音無調教師「状態は悪くない。時計がかかれば」

ウインガニオン・西園調教師「開幕週なので、ハナに行きたい」

カラクレナイ・松下調教師「追うごとに上向いている。折り合えれば」

キョウヘイ・宮本調教師「道中で脚をためて、直線でインを突きたい」

クルーガー・高野調教師「いい状態。ハンデは見込まれたが、このコースには実績がある」



スズカデヴィアス・橋田調教師「マイルは久々だが、適性はあるはず」

ストーミーシー斎藤誠調教師「他馬を気にする面が解消した。相性のいい鞍上に期待」



ダノンメジャー・橋口調教師「追い切りではしっかり走れた。前走も着順ほど負けていない」

ブラックムーン・西浦調教師「動きは上々。上がりがかかれば」

マイネルアウラート高橋裕調教師「輸送があるので(5F)70−40。元気が出てきた」

マサハヤドリーム・今野調教師「マイルの流れで脚をためられれば」

ラビットラン・辻野助手「気配は上向きだし、京都マイルもいい」

レッドアンシェル・庄野調教師「テンションを上げないよう上がり重点。落ち着いていれば」



(夕刊フジ)



★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】ラビットラン、上向き12秒0 2018年1月4日(木) 05:05

 ラビットランは、CWコースで3頭併せ。しまい重点で全体時計こそ6ハロン86秒6と目立たないが、弾むようなフットワーク。ラスト1ハロン12秒0をマークして、中ドラゴンカップ(1000万下)と併入、外サンオークランド(1000万下)にクビ先着した。

 辻野助手は「1回使ってシャキッとしてきました。状態は上向いています。京都マイルという条件もいいと思いますし、ハンデ(54キロ)も前走よりも軽くなるので」と、ローズS以来の重賞2勝目をにらむ。



★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラビットランの関連コラム

閲覧 2,211ビュー コメント 0 ナイス 10



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年12月16日(土) 中山11R ターコイズステークス
【“前年か同年、かつ中山か阪神、かつ1400m以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [5-4-4-23](複勝率36.1%)
●なし [0-1-1-36](複勝率5.3%)
→右回り、かつゴール前の直線に急坂があるコースへの適性がポイント。特別登録を行った馬のうち、“2016年か2017年、かつ中山か阪神、かつ1400m以上のレース”において優勝経験があるのは、アスカビレンオートクレールハローユニコーンラビットランワンブレスアウェイの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山芝1600m外×メイショウサムソン×牝
→複勝率34.8%


▼2017年12月16日(土) 阪神11R タンザナイトステークス
【負担重量別成績(2014年以降)】
●54kg未満 [0-0-0-16](複勝率0.0%)
●54kg以上 [3-3-3-16](複勝率36.0%)
→重い負担重量を課されない馬、すなわち牝馬や3歳馬、オープンクラスのレースにこれといった実績がない馬は評価を下げたいところ。また、前走の条件が“JRAのGI”だった馬を除くと、前走の着順が11着以下だった馬も2014年以降[0-0-0-19](複勝率0.0%)と上位争いに食い込めていません。今年から施行コースが阪神芝1200m内に替わったものの、基本的には同様の傾向が続くと思います。


▼2017年12月17日(日) 中山11R ディセンバーステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月19日(木) 14:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/14〜10/15)府中牝馬S◎クロコスミア的中のサラマッポプロをトップに、10名が週間回収率100%超をマーク!
閲覧 500ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、15(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞は、朝から降り続いた雨が午後には本降りとなって、重馬場まで悪化した状態で発走を迎えます。1番人気に支持されたのはアエロリットで3.6倍。以下、ファンディーナディアドラリスグラシューモズカッチャンラビットランまでが単勝10倍を切るオッズで続く混戦模様。
スタート直後の先手争いは、最内枠から好発を決めたアエロリットを、二の脚速くカワキタエンカが交わして単独先頭へ。連れてファンディーナも外枠から2番手の外を窺い、アエロリットと並んで2番手、3番手で続きます。以下は、ブラックスビーチモズカッチャンレーヌミノルタガノヴェローナメイショウオワララビットランミリッサカリビアンゴールドポールヴァンドルリスグラシューブラックオニキスディアドラリカビトスヴゼットジョリーと続き、最後方にポツンとハローユニコーンの隊列で1コーナーを通過。
向こう正面に出て、カワキタエンカのリードは2馬身ほど。2、3番手の人気両馬はやや力みながらの追走で、内からアエロリットが少しポジションを上げ単独2番手、3番手にファンデーナが収まって、以下は集団馬群で続く形。前半1000mを59秒1(推定)の軽快なペースで通過していきます。そのほかの人気どころは、好位の内にモズカッチャン、馬群が切れて中団にリスグラシュー、そこから5馬身ほど後方にディアドラといった形で追走。
3〜4コーナーで少しラップが緩むと、モズカッチャンレーヌミノルリスグラシューといったところは外に持ち出して早めの進出を開始。ラビットランは内々を突く構えで、その直後にはこちらは外枠から内に進路をとってするすると押し上げて迫るディアドラ。依然手応え十分なカワキタエンカのリードが1馬身と詰まって直線へ。
並び掛けて、さあここからという1番人気アエロリットの直線での伸びはいま一つ。外から迫るモズカッチャンが手ごたえ優勢で、ここで抜け出し残り300mを通過。交わされてからも粘り腰をみせる2番手となったカワキタエンカに、後方からはリスグラシューラビットランディアドラが迫ります。残り100mを通過して、リスグラシューディアドラが2頭併せ馬の形で最内カワキタエンカを交わして、勝負の行方は単独先頭を行くモズカッチャンと、リスグラシューディアドラの3頭に絞られラストの攻防。これを、最外からゴール直前でまとめて差し切ったルメール騎手鞍上の3番人気ディアドラがV!3連勝でG1初制覇を飾っています。1馬身1/4差の2着には4番人気のリスグラシューが入り、そこからハナ差の3着には5番人気のモズカッチャンが入っています。
公認プロ予想家ではシムーンプロ導師嵐山プロスガダイプロほか計6名が的中しています。 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
14(土)を京都1Rの◎ロージズキング的中で好スタートを切ると、G2アイルランドトロフィー府中牝馬Sは◎クロコスミアで仕留め、先週月曜に続き2開催日連続のプラスを達成!土日トータルでは回収率130%のトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
14(土)のG2アイルランドトロフィー府中牝馬Sで◎クロコスミアの単勝1万円1点勝負的中を披露し10万4,000円の払戻しを記録!15(日)には新潟7Rで馬連&3連複計26万3,700円のスマッシュヒットを記録するなどの活躍を披露した先週は、週末トータル回収率125%、収支18万50円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
14(土)を新潟7R東京9Rなどを含む的中率50%の高打率で終えると、15(日)は勝負レース東京8Rでの○◎▲的中などでトータルプラスを計上!2日連続プラスとなった先週は、回収率126%、収支10万4,520円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
14(土)は新潟12Rの◎ファイブフォース京都12Rの◎ドライヴナイトと、最終レースで連続ヒットを記録しプラス収支を記録!15(日)には新潟6Rなどの的中で好調をアピールした先週は、週間トータル回収率128%、収支11万9,600円プラスの好成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
14(土)は東京9Rでの◎▲○パーフェクト的中を筆頭に、的中を重ねプラス収支を記録。15(日)には、京都12Rで「5日、12日とCWで好調教連発。一発あるならこの馬」と狙った◎サーティグランドが2着に突っ込み、10万円払戻しのビッグヒットを披露するなどの活躍を披露!連日のプラスをマークした先週は、トータル回収率106%を達成しています。
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(110%)、エース1号プロ(110%)、シムーンプロ(107%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、スガダイプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年10月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第303回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜秋華賞 G1
閲覧 1,000ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「秋華賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アエロリット1頭のみ。
第2グループ(黄)は、ラビットランから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリスグラシューファンディーナディアドラまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴゼットジョリーから同差内のメイショウオワラリカビトスレーヌミノルミリッサカワキタエンカポールヴァンドルまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1→第2グループ間に7.7ポイントという非常に大きな開きがみられ、一方でその下は10頭ほどが横並びのほとんど差がない配置。まさに1強の状況となっています。

その抜けた総合評価1位アエロリットは今回対抗○としました。この馬に関しては直前輸送という点が気掛かり。指数的にも抜けていますし、これまでのパフォーマンスもハイレベルで、あっさりこなしてきても不思議ないとも思うのですが、“栗東滞在以外の関東馬”はやはり厳しいとみて対抗にとどめました。人気も最終的にも1番人気に近しいところでしょうし、加えて左回りのほうがいいとみている馬。上位評価からは外せないとしても、中心視するには気性的な部分も含めて危険な人気馬とみて2列目の1頭評価。もちろん、ここまでの調整過程、素質に関しては申し分ないと思っていますが......。

本命は◎カワキタエンカとしました。前走のローズSでも当コラムで本命に狙った馬ですが、外回り→内回りのコース替わりも味方につけてのもう一発に期待。正直、ローズS自体のレベルは決して高くなく、1ハロン延長もプラスにはならなそうなのですが、前者については差し・外を通った馬たちが掲示板を独占する中この馬だけは外枠から締まったペースで逃げて、直線も内を通って残すという他馬とはまったく違う競馬をしての2着であったこと、後者については、この時期の3歳馬同士の戦いであればデキと展開利でこなせると判断しました。
付け加えると、前半4F46秒5を切ったローズSで逃げ・先行で連対したケースは、過去10年でも2009年のクーデグレイス秋華賞4着)くらい。もちろん馬場差はあると思いますので、4F通過タイムといっても一概に比較はできませんが、その点今年は元が時計の出る馬場だったとはいえレース当日昼まで稍重馬場で行われていた中でのもので、09年当時はレースがレコード決着となった中でのもの。決して今年が恵まれての時計というだけではないことからも、当時のクーデグレイスぐらいはやれていいのでは?とみています。それでこの人気なら。4着フラグを立てまくっている点は非常に怖いですが(笑)、この馬から入ろうと思います。あとは、この馬の好走のためには是非とも横山典騎手“必殺”の最後方ポツンという、まさかのシーンを密かに願いつつ......。

以下、先に挙げた○アエロリットに、2冠馬以外で春G1を連対してローズSでコケて本番で好走というパターンがほとんどない点が気掛かりで割り引いた▲モズカッチャン、“絶好”というところまでは到達していない印象もCW調教での仕上げや前走の仕上がり途上感を思えばそれでもマシな☆ファンディーナといったところも好走十分とみて上位評価。
そして今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になってくると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
8=1,4,16=1,2,4,7,11,14,16(15点)

[もっと見る]

2017年10月13日(金) 14:00
【濃霧注意報DX】〜秋華賞(2017年)展望〜
閲覧 2,975ビュー コメント 0 ナイス 9



 皆様、こんにちは。ウマニティ公認コラムライター兼プロ予想家の霧です。
 昨秋、そして今春に引き続き、今秋もG1展望コラムを執筆させていただくことになりました。今回の連載はほぼ隔週の予定で、相変わらず更新ペースは安定しておりませんが、週末のG1が楽しみになるような内容をお届けできればと思っておりますので、またしばらくの間よろしくお付き合い下さい。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 ……と意気込んで初回のお題である秋華賞に目を向けたわけですが、メンバーの顔ぶれ、そしてそれぞれの戦績をざっと確認した段階で早速白目を剥きそうになっています。
 いやいや、何ですかこの難解なメンバー構成は。
 例年であれば、春の桜花賞オークスで共に安定した成績を残し、秋の前哨戦でも本番でもしっかりと好走するという中心馬がいるものですが、今年はそうした存在になっていたであろうソウルスターリングが路線変更のために不在。それに加えて、春の実績馬の大半がローズSで新興勢力に屈するという、あまり見ない状況が重なっています。
 その一方で、王道路線から外れた独自のローテを歩むアエロリットや、3戦無敗で底を見せていないリカビトスなど、力関係の把握がしにくい馬達もおり、予想を組み立てるのがかなり難しいレースである印象を受けます。
 実績馬、新興勢力、未知の存在……どの馬が信頼できるのか。そんな迷いを楽しみに変えて、正解に近付くことができれば最高ですね。

 それでは秋華賞の展望、まいります。



 まず注目してみたいのが、前述のローズSの結果。
 桜花賞レーヌミノル、同2着馬リスグラシューオークス2着馬モズカッチャン皐月賞に挑戦したファンディーナなどなど、実績的には申し分ない有力馬達が揃っていたわけですが、蓋を開けてみれば夏競馬を使われての参戦だった伏兵ラビットランカワキタエンカがワンツー。レースレベルは過去の同レースと比較するとかなり寂しいものでしたし、春の実績馬達の多くが余裕を持たせすぎたぐらいの仕上がりだったことを加味すると、この結果がそのまま本番に直結する可能性は低いように感じます。

 勝ったラビットランはこれで芝2戦無敗となりましたが、芝変わりが良かったというよりも、後方でじっくりと構える戦法がこの馬にフィットしたという印象。
 3走前にダート1800m戦を走った時には、序盤で掛かり気味に好位追走したことで末を失っていますので、距離が2000mに伸びる今回はこれまで以上に自分の競馬に徹する必要があるでしょう。秋華賞は差し・追い込み有利のレース質になりがちなだけに、脚質面で割り引く必要はなさそうですが、コーナーが多く直線も短いという、ここ2走とは全く違う形態のコースに対応できるかが鍵となりそう。血統だけ見るとパワーに任せて大味な戦法で勝ち切るような形が合いそうなので、器用さを求められるとやや分が悪いかもしれません。

 ラビットランとは対照的に、逃げる形での好走となったのがカワキタエンカ
 先行勢総崩れのハイペースの中を粘った内容は評価できますが、こちらもラビットラン同様、直線に向くまで自分の競馬に徹することができたというのが大きかった印象。
 過去の秋華賞の結果を見ると、逃げ寄りの先行脚質の馬の好走例はかなり少なく、後続の追撃が相当に厳しくなるという傾向が浮かんできます。本馬に近い脚質の馬が、人気を集めるであろうアエロリットファンディーナといった実績馬達であるという点も踏まえると、再度の逃げ粘りというのはかなり高いハードルであるように思います。

 本番で春の実績馬、新興勢力にまとめてリベンジといきたいのが、3着だったリスグラシュー
 常に馬体やテンションの維持に苦慮している馬ですが、ここ2週の追い切りの動きはなかなか。2着に頑張った桜花賞並の仕上がり具合にはありそうです。

[もっと見る]

2017年10月11日(水) 17:30 覆面ドクター・英
秋華賞・2017
閲覧 3,180ビュー コメント 0 ナイス 10

安いWIN5を当てた後に5連続WIN4で、いよいよかと期待した3日間開催の月曜日はまさかのWIN1という今年3月以来2回目の惨事。南部杯でも、5番人気のキングズガード本命で3着、G1スプリンターズSコラムで、「根岸S惨敗も太目明らかでダートに戻ったら狙いたい」としていたノボバカラが7番人気2着と狙い目は悪くなかったのですが、コパノリッキーは厩舎がよく仕上げ甘かったりがあり、人気だけに本命を打てなくて失敗しました。素直に1番人気から行ったら12万馬券だったのに欲かきすぎました(笑)

さて、今週は秋華賞。恒例の全頭診断へ参りたいと思います。

アエロリット:前走クイーンSでは左回りでなくてもやれることを示し、大逃げから一旦引きつけての再度突き放しで見ていて楽しいレース。クロフネ産駒の大物牝馬は成長力が魅力。横山典騎手に敢えて絡んでいく騎手は居ないと思われ、どういうペースになるかも含め横山典騎手次第のレース。当然最有力。

リスグラシュー:イレ込みやオークスでは掛かったりと、気性的にも難しいところがあり、末脚は鋭いが不器用で秋華賞では後方からになると厳しいものがありそう。常に人気になるだけに、評価を下げるのが今回は妥当ではとみている(もちろん実力的に上位に来ておかしくないが)。

ディアドラ:今回が14戦目とキャリア豊富。春までは惜敗が多かったが、ハービンジャーらしい緩さが抜けてきたのか、きっちり勝ち切れるようになってきた。母母ソニンクで、手堅く皆きちんと出世していく一族。まだ上がり目あり、使ってきた数だけをみて切るのは早計か。

ファンディーナ:潜在能力断然だが体調整わず、秋始動戦は敗退。ここも使わず休ませてほしいところ。立て直せればこれまでの名牝たちと並ぶ馬になれる力あるのだが......。馬券的には臨戦過程も悪く、そう人気も落ちないだろうから消す予定。

ラビットラン:父が米No.1種牡馬のタピットだけにダート向きとみられていたが、この2走は芝で強烈な末脚をみせて連勝。今年のメンバーなら大一番でも再度の豪脚を見せての差し切りがあってもおかしくない。社台Fの繁殖牝馬としての活躍を期待しての導入なのだろうが、競走馬としても実力爆発。意外に人気にならなそうで、実績あるローズS勝ち馬でもあり本命を打とうかと考え中。

モズカッチャンローズSは太かったからか入れ込んだからか2番人気7着と冴えず。絞れたら走るのかもしれないが、春の上昇は止まった感じもあり、デムーロ騎手への乗り替わりで流れを失った感じといい、もう人気だけに妙味無いか。

ミリッサシンハライトの下という良血だけあり、夏に上昇して7戦目でのG1挑戦となった。ただ身体小さく姉よりスケールは落ちるか。大一番で良血の底力を見せるかもしれないが。

カワキタエンカディープインパクト産駒にしては母産駒未勝利勝ちのみ、非社台系と地味さがあるが、逃げてローズSでも2着に激走。ただあれは横山典騎手の楽逃げによるもので、今回は同型強力(しかも敵が横山典騎手に)で厳しい。常に前残りというのはあるが、今回はあまり期待できない。

カリビアンゴールド:ダーレー軍団の良質牝馬にステイゴールドの配合で2着積み重ねつつ、ここまで辿り着いた。ただ、小島太厩舎&田中勝騎手をここで敢えて買う必要も無さそう。

レーヌミノル桜花賞で激走の後にオークスローズSと惨敗ですっかり人気落としているが、調教は動いており、内回りだと距離のごまかしが利いて、再度上位も能力的にありえる。穴でヒモに入れたい。

リカビトス:無傷の3連勝中だが体質が弱く、順調に使えない。能力的には6月の3勝目段階くらいやれればここも通用で、(強くは追い切らないだろうが)調教の動きを見て良さそうならヒモには入れたい。

ポールヴァンドルカリビアンゴールドと2戦続けて接戦で、雄大な馬格といい今後も牝馬重賞路線で活躍していくタイプだと思うが掲示板の下の方か。

メイショウオワラ:好走と凡走が一戦毎にみえるがオープンでは負けているという実力通りの結果でここも良くて善戦か。更に上積みあればやれても良いが。

ヴゼットジョリー:新馬、新潟2歳Sと連勝後に4戦負けているが指数自体は順調に上げてきており通用してもおかしくないレベルまでは来ている。

ブラックスビーチ:社台の馬でディープインパクト×キングマンボと配合的には優れているのだが、力が落ちる感じあり。

タガノヴェローナクロフネ×キングカメハメハで芝でやれてもおかしくないが初芝は不利。

シーズララバイ:3月のフラワーCで2着と言ってもファンディーナからは5馬身差があり、その後の凡走からしても狙いにくい。

サロニカ:エルフィンSを勝って桜花賞に臨む予定も取り消し。良くなるのはもう少し先では。

ブラックオニキス札幌2歳Sの後は着外続きも前走紫苑Sでは13番人気4着と実力以上に頑張った。が、ここでは期待できない。

ハローユニコーン:忘れな草賞勝ちで能力秘めているのだろうが、膝関節炎前後の惨敗2戦からすると狙えない。

テーオービクトリー:500万下は勝てたが1000万下は4着と物足りない。

アロンザモナ:1月に紅梅S勝ちと一応オープンでは勝っているが、ローズSで15着だったように、ダートでの変わり身期待くらいか。

ブライトムーン:500万下は勝てたがローズSでは8着とまだ実力的に厳しい。

ミスパンテール:新馬勝ちの後にチューリップ賞2着と将来性を期待していたが、秋初戦のローズSで10着だったように成長いまひとつで期待薄。

マナローラ:オープンでは惨敗続きで特に期待できる要素無し。

<まとめ>
本命候補 アエロリットラビットラン

ヒモ候補 ディアドラミリッサレーヌミノルリカビトスヴゼットジョリー

[もっと見る]

2017年10月9日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年10月09日号】特選重賞データ分析編(67)〜2017年秋華賞〜
閲覧 2,706ビュー コメント 0 ナイス 12



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 秋華賞 2017年10月15日(日) 京都芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2012年以降)】
○3位以内 [5-3-4-19](複勝率38.7%)
×4位以下 [0-2-1-55](複勝率5.2%)

 前走の“末脚”が最大のポイント。前哨戦が道悪だった年を含め、近年は前走で出走メンバー中3位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が圧倒的に優勢です。ちなみに、前走の上がり3ハロンタイム順位が8位以下だった馬は2012年以降[0-0-1-34](複勝率2.9%)。大敗直後の馬や先行力の高さを活かしたいタイプは思い切って評価を下げるべきだと思います。

主な「○」該当馬→ディアドララビットランリスグラシュー
主な「×」該当馬→アエロリットカワキタエンカファンディーナ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“京都か阪神のレース”において連対経験がある」馬は2012年以降[5-5-5-44](複勝率25.4%)
主な該当馬→ラビットランリスグラシュー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラビットランの口コミ


口コミ一覧

3日間の結果

 競馬が大好き(複勝男 2018年1月12日(金) 01:39

閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 6

反省会


福寿草特別

ウォルビスベイ 4着 2.8倍 1番人気

内から伸びそうでそんなに伸びず
うーんですね

京都金杯

ラビットラン 8着 5.1倍 2番人気

いい感じだったんだけど
直線伸びず
何でだろ?騎手のせいか?

舞鶴特別

スペリオルシチー 4着 6.6倍 3番人気

前回よりはいい脚できたけどな
もうちょっとなんだよ3着


寿ステークス

クリノヤマトノオー 8着 3.7倍 2番人気

前回も走れていないので
反動かどこか痛いのかも
こんなに負ける馬ではない

万葉ステークス

ラブラドライト 8着 6.0倍 4番人気


直線案外でしたね
少し仕掛けて勝負所で
動いていった分脚がなくなったかなぁ
ずっと直線まで先行でじっとしている方がいいみたいだってさ


羅生門ステークス

スマートレイチェル 6着 3.7倍 2番人気

結果的にペース速すぎたのかなぁ
逃げ切れると思ったんですよね
騎手は休み明けかなってさ

シンザン記念

カフジバンガード 5着 6.6倍 3番人気

出負けが敗因
先行して粘りで期待したのに


招福ステークス

パルトネルラーフ 12着 4.4倍 1番人気

ハイペースの流れを今回は先行して脚がなくなった
作戦失敗ですよ

成田特別

タスクフォース 9着 4.5倍 2番人気

昇級初戦で早めに動いて脚がなくなったみたい
まだこれからみたいですね

以上

 トーホーアマ 2018年1月8日(月) 19:49
メモ用
閲覧 124ビュー コメント 6 ナイス 16

外人いなくなってやっぱ思うのは戸崎と武豊ってやっぱり上手いんだなと感じる。日記書くつもりなかったが忘れないために、同じ過ちくりかえしそうで

戸崎・・やっぱ競馬やってる以上勝ちが当たり前の世界で勝てる馬で勝ちきれるという観点。ただ強い馬に乗ってるだけでは勝てないので何かしら素人目からみて工夫してるだろうしそれが何かわからないがこの3日間外人がいなくなって余計感じる。勝ち負けできる馬に乗って勝てる技術をもってるのは素直にすごい。外人戻ってきたときが勝負だろうけど。


武豊・・技術もそうだが、先見の目がある。位置取りが本当に上手い騎手でデム―ロに影ひそめてたが武豊も位置取りとりから最後の直線での伸びる馬場位置取りとるのが上手いと感じる。関西なので戸崎ほどライバル多くいい馬が回ってこないが、直線で詰まることも少ないし外人がいなくなった3日間みて素直に上手だなと感じた。上から目線書き方かもしれないが下からです。

軽く回顧

中山金杯

セダブリランテス・・ロンスパ戦。勝ちきれるメンバーでした。なんだろ。前走G2で3着、今走G3で格下なので結果勝つのは不思議ではないがこのメンバーなら格の違いを見せられた感はする。ということはこのレースでこの馬に負けた2着以下の馬たちはG1では望薄。勝って当たり前かもしれないがスワーヴリチャードとかソウルインパクトにあっさり負けたとこ見ると距離ちがえどそもそもの能力ではG1は足りないよね。紛れとか競馬場とか過程一切無視だが。この馬自体は勝ったことに意味ある勝利ではあるが、この馬に勝ちきれる馬が出てきてほしかったなと個人的に思う。ゴールドアクターとかにまだまだ及ばない気がしてならない。

ウインブライト・・馬体もいいし2000mこなせた。福島記念G3で勝ちここはメンバー格上の2着はとりあえずほめてもいいと思うが、この先はローカル・G2どまりかなと感じる。本質2000mでなく1800mの馬だと個人的には思うので頑張ってほしい。イメージ被るがせめてのウインガニオンみたいな成績以上は残してほしいと個人的感想。

ストレンジクオーク・・内田なんか買わなきゃよかったと後悔。他にも買わなきゃいい馬いたろうが迷って多分こっちきたことで馬券的にも損害受け後悔。
ムラがある馬でこの1戦だけの判断むずかしく。嵌った感は強い。


京都金杯(多分何度書いても忘れそうだが1番自身のメモようで残したく日記)

ブラックムーンとかグレイルの騎乗をみて武上手いんだなと感想だけで・レースも力通り決まった結果なので特に感想はなし。その中でもとりあえずは4歳のレッドアンシェルは頑張ったほうだなとは思うが・・ブラックムーンでも重賞戦線だと今回初なのでレッドアンシェルもこの先は微妙ではある。

話逸れたが、◎ラビットラン 大猛省。

正直、小回りだし前走中山→京都変わりG3なればペースも緩むだろうしそうすればあがり勝負対応できるだろうと思った。そこまで考えずに中京500万も牡馬相手に勝てたし気にする必要ないとは思ったが。
レース結果で後悔はする。
ブラックムーンも重賞常連だしクルーガーも重賞保持。普通に思うと馬自体もこの時期の明け4歳牝馬がいくらハンデ貰っても今まで時重ねて鍛錬つんできた牡馬に勝てるか言われたら勝てるわけないよなと感じる。2400mとか2600mならまだしも1600m、2000mでいきなり混合で総合力でもあがり勝負だけでも勝てますか?と言われたら??やね。

この先、目先に中山記念あるが去年のヴィヴロスにも同じこと言えるだけに、今年はモズカッチャンとかデイアドラ出てくるぽいので忘れないための日記。またオッズ妙味すぎ本命にしよとしないためにも。多分一般論になるが・・
ラビットランに関しては阪神牝馬で外枠もらえて鞍上も変われば見直したいかと。


シンザン記念

アーモンドアイ・・この馬も後ろ脚長く。1度不良馬場で産駒考えて軽視したが普通にこなせた。今回は相当メンバーレベルも低いしラップもゆるくなってるので緩み少なくなるであろう桜花賞でどうかなと感じはする。強いのだろうけどどこに強さがあるかが新馬からみてきてわからない。多分、ずっと本命にはしない馬であって消すと痛い目見そうな馬と感じるw

ツヅミモン・・ここまでだろう。あっさりアーモンドアイにスピード勝負負けると良馬場はなおきつい。超泥んこ馬場で。札幌2歳だったかな?2着馬全く名前覚えだせないが血統だけできたように馬格・脚の長さの消耗戦できただけ。

カシアス・・ファストアプローチが出遅れたので何とも言えないがここら辺までかなと感じる。あと1戦1400mか1200mを皐月前まで使うのであれば狙ってもいいかなと感じる。

ファストアプローチ・・勝ちまでは無理だが出遅れなければ2・3着だったかなとそんなとこ。この先積極的に狙える場所もないかと・


来週の京成杯みたが全く知らない馬ばかりだし日経新春も重賞級1頭とオープンの対決で。とはいえ、愛知杯はカオスで難しくw。
暫く今の平場みてもこの馬重賞級って馬(現3歳除く)がいなく暫くは重賞常連組に軍配が上がるのではないかなと感じる。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2018年1月8日(月) 17:26
★・・今週の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果・・★ 
閲覧 51ビュー コメント 2 ナイス 20

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中山11R 日刊スポーツ賞中山金杯 G掘ー2,000

 ◎ Ε札瀬屮螢薀鵐謄后    。叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ .Εぅ鵐屮薀ぅ函     。加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ダイワキャグニー     5着(3番人気)
 △ Д屮薀奪バゴ       4着(4番人気)
単勝(250円)、馬単(1、100円)が当たり

ビンゴ馬:Ε札瀬屮螢薀鵐謄后  。叡紂複曳嵜裕ぁ烹叡絖.泪垢鯏匹蠅弔屬



京都11R スポーツニッポン賞京都金杯 G掘ー1,600

 ◎ ▲薀咼奪肇薀鵝      。乎紂複家嵜裕ぁ
 ○ Д譽奪疋▲鵐轡Д襦    。鈎紂複曳嵜裕ぁ法    
 ▲ クルーガー        2着(3番人気)
 △ キョウヘイ        7着(7番人気)        
1着・ブラックムーンを外して当り無し

ビンゴ馬:.泪汽魯筌疋蝓璽燹  。甲紂複隠拡嵜裕ぁ烹甲絅泪垢鯏匹蠅弔屬掘  




日曜メインレースの予想結果です


中山11R フェアリーステークス G掘ー1,600

 ◎ 哀謄肇薀疋薀マ      6着(1番人気)
 ○ Д肇蹈錺璽肇錺襦     。誼紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ゥ薀ぅ譽蹇璽此      。恵紂複竿嵜裕ぁ
 △ ぅ▲鵐肇襯轡磧     。隠誼紂複隠拡嵜裕ぁ
1着・プリモシーンを外して当り無し

ビンゴ馬:ぅ▲鵐肇襯轡磧   。隠誼紂複隠拡嵜裕ぁ烹隠誼絅泪垢鯏匹蠅弔屬



阪神12R 万葉テークス オープン ダート3,000

 ◎ ゥ織泪皀戰好肇廛譽ぁ   。驚紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Д螢奪献泪鵝       。加紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ラブラドライト      8着(4番人気)
 △ ぅ哀薀鵐▲襯泪澄     。誼紂複吉嵜裕ぁ
1着・トミケンスラーヴァを外して当り無し

ビンゴ馬:ゥ織泪皀戰好肇廛譽ぁ 。驚紂複曳嵜裕ぁ烹驚絖.泪垢鯏匹蠅弔屬




月曜メインレースの予想結果です


中山11R カーバンクルステークス オープン 芝1,200

 ◎ Ε淵奪ビーナス      1着(1番人気)
 ○ Д灰好皀鼻璽燹      。恵紂複業嵜裕ぁ
 ▲ ┘蹇璽疋エスト      3着(4番人気)
 △ ゥ▲疋泪ぅ筌乾奪鼻    。潅紂複拡嵜裕ぁ
単勝(190円)が当たり

ビンゴ馬:Д灰好皀鼻璽燹    。恵紂複業嵜裕ぁ烹恵絅泪垢鯏匹蠅弔屬



京都11R 日刊スポーツ賞シンザン記念 G掘.澄璽1,600

 ◎ .好拭璽蝓璽好董璽検   。驚紂複吉嵜裕ぁ
 ○ アーモンドアイ      1着(1番人気)
 ▲ ▲侫 璽好肇▲廛蹇璽繊  。潅紂複家嵜裕ぁ
 △ カフジバンガード     5着(3番人気)
1着・アーモンドアイを外して当り無し

ビンゴ馬:.好拭璽蝓璽好董璽検 。驚紂複吉嵜裕ぁ烹驚絖▲泪垢鯏匹蠅弔屬



★メインレースの予想は、6レースで、単勝2レースと馬単1レースが当たる


★「競馬でビンゴ」は、6マス塗りつぶせ、上々の出足!


★POG馬の出走結果

土曜日
京都競馬9R福寿草特別(芝2,000)にアドマイヤキング・牡・友道康夫厩舎が出走→6着

日曜日
中山競馬11RG轡侫Д▲蝓璽好董璽ス(牝)(芝1,600)にアントルシャ・メス・池添学厩舎が出走→15着

月曜日
京都競馬11RG轡轡鵐競鶺念(芝1,600)にスターリーステージ・メス・音無秀孝厩舎出走→6着


残念ながら、掲示板に載る馬はいなかった・・悔しい



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=0b717dd721&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラビットランの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  たっきゅん0906   フォロワー:5人 2017年9月25日(月) 04:59:17
あまり最近の血統に詳しくないけど
この子はニックス入ってないかい?

牝馬の和田のブームにならないかな( ^ω^ )

ラビットランの写真

ラビットラン

ラビットランの厩舎情報 VIP

2018年1月6日スポニチ賞京都金杯 G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラビットランの取材メモ VIP

2018年1月6日 スポニチ賞京都金杯 G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。