サルサディオーネ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サルサディオーネ
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年5月3日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主菅原 広隆
生産者荒谷牧場
生産地青森県
戦績11戦[2-1-1-7]
総賞金2,865万円
収得賞金1,700万円
英字表記Salsa Dione
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
サルサクイーン
血統 ][ 産駒 ]
リンドシェーバー
シーサイドエンゼル
兄弟 サルサファンタジア
前走 2018/02/28 エンプレス杯 G2
次走 2018/04/21 福島牝馬ステークス G3

サルサディオーネの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/21 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 -- 121168.1----** 牝4 54.0 丸山元気羽月友彦-- --------
18/02/28 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 11--------3** 牝4 54.0 丸山元気羽月友彦488(--)2.16.5 0.2----アンジュデジール
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 162493.21216** 牝4 53.0 丸山元気羽月友彦494(-4)1.55.8 4.041.2⑧⑭テイエムジンソク
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 162480.31411** 牝3 53.0 丸山元気羽月友彦498(+2)1.53.4 1.439.4ルールソヴァール
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 161281.01015** 牝3 52.0 丸山元気羽月友彦496(+12)1.54.9 4.842.2テイエムジンソク
17/10/05 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 16--------14** 牝3 53.0 岩田康誠羽月友彦484(--)1.56.6 3.5----クイーンマンボ
17/08/06 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 155987.1122** 牝3 54.0 吉田豊羽月友彦490(+2)1.53.1 0.238.6ローズプリンスダム
17/07/02 中京 7 3歳以上500万下 ダ1800 16594.621** 牝3 52.0 和田竜二羽月友彦488(+2)1.52.2 -0.837.3アオイテソーロ
17/02/11 京都 6 3歳500万下 ダ1800 1461011.546** 牝3 54.0 幸英明羽月友彦486(0)1.52.0 1.438.0グランドディアマン
17/01/07 京都 9 福寿草特別 500万下 芝2000 933106.198** 牝3 54.0 幸英明羽月友彦486(-6)2.03.8 3.538.6サトノリュウガ
16/12/10 中京 1 2歳未勝利 ダ1800 1681511.751** 牝2 54.0 丸山元気羽月友彦492(-6)1.55.1 -0.438.8アオイテソーロ
16/11/13 京都 5 2歳新馬 芝1800 1723128.11213** 牝2 54.0 松若風馬羽月友彦498(--)1.51.0 2.235.8⑬⑫グローブシアター

サルサディオーネの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の福島牝馬ステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走でG1あるいはG2を使われていた馬の好走例はゼロ(新潟開催を除く、2008年以降)

デンコウアンジュ

前走で地方交流競走に出走していた馬の好走例は皆無(新潟開催を除く、2008年以降)

サルサディオーネ

前走芝G3以下のレースで10着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ノットフォーマル
ロッカフラベイビー
ワンブレスアウェイ

前走中山牝馬Sで0秒6以上の着差で敗れた馬の連対例はなし(新潟開催を除く、2008年以降)

ワンブレスアウェイ

前走で芝1800mもしくは芝2000m以外のレースに出走していた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

サルサディオーネ
ノットフォーマル
デンコウアンジュ

【人気】
単勝オッズ3.1倍以上の押し出された1番人気馬は3着までが精一杯(2008年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ3.1倍以上かつ、1番人気

カワキタエンカ

【脚質】
前走オープンクラス以上のレースで逃げた(全角1番手)馬の好走例は皆無(2008年以降)

サルサディオーネ
カワキタエンカ

【枠順】
5枠および7枠の連対馬はゼロ(新潟開催を除く、2008年以降)

トーセンビクトリー
ゲッカコウ
ブラックオニキス
ロッカフラベイビー

【血統】
父、母父ともに、ノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の好走例は皆無(2008年以降)

デンコウアンジュ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ベアインマインド
レイホーロマンス
キンショーユキヒメ



ウマニティ重賞攻略チーム

【福島牝馬ステークス】重賞データ分析NEW!2018年4月21日() 10:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、福島牝馬ステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走中山牝馬ステークス組が好成績(2008年以降)

レイホーロマンス
カワキタエンカ
トーセンビクトリー
ゲッカコウ
キンショーユキヒメ
ブラックオニキス
ワンブレスアウェイ

前走で中山牝馬ステークスに出走し、9着以内かつ着差0.5秒以内の馬が狙い目(2008年以降)

レイホーロマンス
カワキタエンカ
トーセンビクトリー
ゲッカコウ
キンショーユキヒメ
ブラックオニキス

【人気】
5番人気の単勝&複勝回収率は100%超の高水準(1998年以降)
※9時30分現在の5番人気

ゲッカコウ

6~9番人気の単勝回収率は100%超(1998年以降)
※9時30分現在の6~9番人気

ベアインマインド
キンショーユキヒメ
ブラックオニキス
ワンブレスアウェイ

10番人気以下の複勝回収率は100%超(1998年以降)
※9時30分現在の10番人気以下

サルサディオーネ
ノットフォーマル
ロッカフラベイビー

【脚質】
逃げ、先行優勢(1998年以降)

サルサディオーネ
カワキタエンカ
トーセンビクトリー
ノットフォーマル

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
1~4枠の勝率と回収率が突出して高い(2008年以降)

サルサディオーネ
ベアインマインド
レイホーロマンス
カワキタエンカ

【血統】
父方では非サンデーサイレンス系が狙いどころ

レイホーロマンス
トーセンビクトリー
ゲッカコウ
キンショーユキヒメ
ノットフォーマル
ロッカフラベイビー
デンコウアンジュ

非社台グループ生産馬が優勢

サルサディオーネ
レイホーロマンス
カワキタエンカ
ゲッカコウ
ノットフォーマル
ブラックオニキス
デンコウアンジュ


【4項目以上該当馬】
レイホーロマンス(5項目)
カワキタエンカ(5項目)
ゲッカコウ(5項目)
サルサディオーネ(4項目)
トーセンビクトリー(4項目)
キンショーユキヒメ(4項目)
ノットフォーマル(4項目)
ブラックオニキス(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【福島牝馬ステークス】ズバリ調教診断!NEW!2018年4月21日() 09:48

福島牝馬ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


サルサディオーネ
この中間は栗東坂路中心に入念な乗り込み。栗東Pで行われた最終追い切りでは、直線で少しモタつく場面こそあったが、全体の動きとしてはマズマズ。今回の条件がフィットするかどうかはさておき、この馬なりに順調と言えるのではないだろうか。

ベアインマインド
1週前は南Wで6Fから追われ、マズマズの時計をマーク。同じく南Wで行われた今週の追い切りでは、持ったままで併走先着を果たした。ひと追いごとの良化が顕著で、気配は確実に上昇している。馬体も良く見えるし好ムード。

レイホーロマンス
いつものように、最終追い切りは栗東坂路で軽めの調整。リズミカルな安定感のある走りを披露した。2週前に栗東坂路でラスト1F12秒4、1週前にはCWで好時計をマークしている。中間の内容だけなら、前回以上と判断できる。

カワキタエンカ
栗東坂路で行われた最終追い切りは、テンションを上げないように軽めの仕上げ。ただし、前半は頭を大きく左右に振りながら、いかにも安定感のない走り。最後の1Fは12秒台でまとめてきたものの、見栄えは悪い。前走のようにスンナリ行けるようなら問題はないかもしれないが、他馬が行く気を見せた場合の対応には疑問が残る。

トーセンビクトリー
コンスタントに使われているが、栗東坂路と栗東CWの併用でキッチリ乗り込まれているので、少なくとも体調面の不安はない。半面、最終追い切りは、行きっぷりが悪いうえに反応の鈍さも目立つ、平凡な内容。動き自体も小ぢんまりしているような印象を受け、調教面からの強調材料は少ない。

ゲッカコウ
この中間は南W主体で順調に調教本数を消化。最終追い切りは、前半こそ行きたがる感じで、スムーズさを欠くシーンも見られたものの、鞍上が手綱を緩めてからの動きは上々。リズミカルな脚捌きで、鋭い末脚を披露した。好調と見て差しつかえない。

キンショーユキヒメ
この中間は時計を出していない週があるなど、順調さに欠ける印象。今週の追い切りは栗東CWでビッシリ追われたものの、やや緩慢な動き。馬体にも余裕があるように思える。気合乗りは悪くないので、このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

ノットフォーマル
今週の追い切りは南Pで実施。気合乗り良く、キレイな加速ラップで駆け抜けた。走りやすいトラックなので、額面以上の評価はできないものの、回転力抜群の脚捌きには目を見張るものがある。少なくとも状態面の不安はない。

ブラックオニキス
小柄な馬ながら、1週前に南Wで6Fからビッシリと追われるなど、負荷のかかった追い切りをキッチリ消化している点は好感できる。南Wで行われた今週の追い切りでは、余力残しで併走先着を果たした。動きも良く、力を出せる仕上がりと見ていいだろう。

ロッカフラベイビー
8日に南Wでマズマズのラップを計時。11日にはケイコ駆けするサンティールと併せて互角以上の動きを見せた。今週の追い切りでも上々の動きを披露するなど、気配だけなら久々をまったく感じさせない。及第点以上の仕上がりと言えるのではないか。

ワンブレスアウェイ
11、15日に南Wで好タイムを計測。最終追い切りでも、躍動感のある動きを見せた。前回の中間も良かったが、それに勝るとも劣らない好気配と見てとれる。とにかく、この馬の場合は、実戦でリラックスして走ることができるかどうかに尽きるのではないか。

デンコウアンジュ
中1週ということもあり、最終追い切りは栗東坂路で軽めの調整。悪いコンディションにもかかわらず、軽やかな動きで駆け抜けた。首を上手に使ったリズミカルな走りが印象的。気配は確実に上昇している。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【福島牝馬S】追って一言2018年4月19日(木) 05:02

 ◆エンジェルフェイス・藤原英師 「動きはいいよ。リラックスして走れるようになった。理想はハナに立つこと」

 ◆カワキタエンカ・浜田師 「(勝った)前走と同じで、しまい重視の追い切り。当日の落ち着きが鍵ですね」

 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「ラスト重点でいい動きだった。今年3走目で状態は一番」

 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「だいぶけいこも動けるようになった。体調がよく、力もつけている」



 ◆サルサディオーネ・山下助手 「芝は問題ないでしょう。ただ、右回りだと、手前の替え方が少しぎこちないので…」

 ◆デンコウアンジュ・加納助手 「オーバーワークを避けた。間隔は詰まった方が走るタイプで変わってほしい」

 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「短期放牧を挟んでいい状態。気持ちも乗ってきましたね」

 ◆ノットフォーマル・黛助手 「だいぶいい頃の雰囲気に戻りつつある」



 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「併せ馬で直線もしっかりやった。前走後は順調で状態もいい。小回りも合う」

 ◆ベアインマインド・加藤征師 「状態はすごくいい。福島なので、枠には左右される。外枠がいいですね」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「先週、時計を出しているから、当週はこれで十分」

 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「暖かくなって、けいこの感じも随分良くなってきた。もう少しやれていい」

福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬ステークス】特別登録馬2018年4月15日() 17:30

[もっと見る]

【マリーンC】JRA出走予定馬が発表2018年3月25日() 17:23

 4月11日(水)に船橋競馬場で行われるマリーンカップのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が3月25日、発表された。



 「第22回マリーンC」(船橋競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、グレード別定、ダート・左1600メートル)



【JRA所属の出走予定馬】4頭アンジュデジール(4歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(4歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ミッシングリンク(4歳、美浦・斎藤誠厩舎、騎手未定)リエノテソーロ(4歳、美浦・武井亮厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ヤマニンアンプリメ2.サルサディオーネ3.ノットフォーマル4.アンデスクイーン5.タガノヴェローナ

[もっと見る]

⇒もっと見る

サルサディオーネの関連コラム

閲覧 1,353ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、福島牝馬ステークス、オアシスステークス、読売マイラーズカップサンケイスポーツ賞フローラステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年04月21日(土) 福島11R 福島牝馬ステークス
【“中央場所、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [5-4-4-31](複勝率29.5%)
●なし [0-1-1-33](複勝率5.7%)
→実績馬を素直に重視したい一戦。なお、馬番が1~5番だった馬は2013年以降[0-0-2-23](複勝率8.0%)、11~16番だった馬は[0-2-1-26](複勝率10.3%)と、それぞれ勝ち切れていません。


▼2018年04月21日(土) 東京11R オアシスステークス
【前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”ではなかった馬の、前走の着順別成績(2013年以降)】
●3着以内 [2-2-3-9](複勝率43.8%)
●4着以下、競走中止 [0-2-1-44](複勝率6.4%)
→前走が重賞だった馬と前走好走馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”だったのはゴールデンバローズサルサディオーネサンライズノヴァトウシンモンステラトラキチシャチョウローズプリンスダムワンミリオンスの7頭だけ、前走の着順が3着以内だったのはサトノファンタシーサルサディオーネドリームキラリブライトンロックリーゼントロックの5頭だけです。


▼2018年04月22日(日) 京都11R 読売マイラーズカップ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月23日(火) 19:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/20~1/21)日曜京都12R◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)的中の馬券生活プロが回収率320%でトップ!
閲覧 1,075ビュー コメント 0 ナイス 12



先週は、21(日)に中京競馬場でG2東海S、中山競馬場でG2AJCCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2東海Sは、1番人気のテイエムジンソクが単勝1.3倍の支持を集めゲートイン。そのテイエムジンソクが、サルサディオーネとの先手争いを制して1コーナーで先頭に立つと、その後はペースを落としてマイペースの逃げを展開。終始1馬身ほどのリードをキープし、2番手に2番人気ディアデルレイを従えて直線へ。依然手応え十分といった感じで、鞍上の古川騎手が横をちらりと確認してから追い出しを開始すると、苦しくなって後退するディアデルレイに代わって2番手には13番人気の伏兵コスモカナディアンが浮上します。後続はやや引き離され、3番手にモルトベーネが伸びてきた頃には既に大勢は決した構え。遥か前を行く2頭の争いは、テイエムジンソクコスモカナディアンを3/4馬身下し悠々と先頭で駆け抜け決着。テイエムジンソクが重賞2勝目を手にしています。2着コスモカナディアンから6馬身差の3着には、6番人気モルトベーネが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロスガダイプロほか、計6名が的中しています。
 
G2AJCCは、ダンビュライトショウナンバッハトミケンスラーヴァらが出を窺うところへ、1コーナーまでにマイネルミラノがこれを制して先頭へ。前半1000mを61.3秒(推定)のスローペースで通過すると、単独2番手ダンビュライトとなって徐々にペースアップ。3番手トミケンスラーヴァ以下は、ここから大きく離れての追走で縦長の隊列となります。マイネルミラノ先頭のまま、直後にダンビュライト、3~4コーナーで押し上げたミッキースワローが3番手に続く形で直線に入ると、残り200mを切ってダンビュライトが先頭へ。1番人気ミッキースワローは、道中外々を回りながら押し上げたことが堪えたか、抜け出したダンビュライトとの差をなかなか縮めることが出来ず。2番手で粘り込みを図るマイネルミラノをようやく捉えられるか、といった脚色で残り100mを通過。結局、2番人気ダンビュライトが早め先頭から先頭を譲らずゴールし、重賞初制覇を飾っています。2馬身差の2着にはミッキースワローが入り、そこから1/2馬身差の3着には8番人気マイネルミラノが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ山崎エリカプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
21(日)の京都12Rで、◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)からの馬連1000円分的中で、26万5,800円払戻しのビッグヒット!20(土)にも◎プエルタデルソル(単勝32.3倍)からの馬連的中(17万6,800円払戻し)の中京6Rなどで活躍を見せた先週は、2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率320%(←トップ)、収支37万1,480円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
日曜メインはG2東海S京都11RG2AJCCと3連続的中!特に◎○▲パーフェクト的中(馬券は馬連のみ)となったG2東海Sでは、8万5,200円の払戻しを達成しています。土日2日間では、トータル回収率191%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)は、中京11Rでの▲サトノプライムルドルフィーナアガスティア的中などの活躍を披露。翌21(日)は、中京10R京都10RG2東海Sなどで好調予想を連発し、2日間ともに回収率100%超を達成しました。週末トータル成績では回収率122%を記録しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(190%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(137%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(134%)、岡村信将プロ(112%)、サラマッポプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月10日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/3~11/5)佐藤洋一郎プロら、好調11名が回収率100%超!
閲覧 768ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3~4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3~4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)-○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月10日(木) 17:07 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/5~8/6)夢月プロが的中連発!回収率159%・収支プラス36万超をマーク!
閲覧 618ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、6(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが小倉競馬場でG3小倉記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスサルサディオーネがレースを引っ張って直線コースへ。先頭はサルサディオーネでリードは2馬身、後続はタガノカトレアシゲルコングエピカリスノーブルサターンテンザワールドが内にひしめき合って追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るサルサディオーネですが、ここで外から一頭目立つ伸び脚でローズプリンスダムが猛追!残り100m付近でサルサディオーネ並びかけるとあっという間に交わして快勝!1馬身1/4差の2着にサルサディオーネ、そこから3/4差の3着にエピカリスが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロ導師嵐山プロが的中しています。
 
 
G3小倉記念バンドワゴンがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯!2番手追走のヴォ―ジュ、まくって進出したサンマルティンが併走する形で直線コースへ。サンマルティンがヴォ―ジュを交わして残り200mを通過、ここで再内に進路を取ったタツゴウゲキサンマルティンにじわじわ迫って2頭が抜け出しての叩き合い!ゴール前まで競り合う大接戦となりましたが、わずかに内のタツゴウゲキサンマルティンをハナ差捉えてV。2着にサンマルティン、そこから3馬身差の3着にフェルメッツァが入っています。
 
公認プロ予想家ではジョアプロ他8名が的中しています。

----------------------------------

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(日)札幌9Rで◎コスモピクシスの単勝19.8倍を8800円的中!17万4240円を払い戻しました!同日の新潟8Rでは◎キークラッカーの単勝14.9倍、○ケーブルグラムとの馬連7.6倍をそれぞれ1点勝負で的中!13万7320円を払い戻しました!勝負レースの5(土)小倉10Rでも◎○の印で8万1920円と的中連発!週末トータル回収率159%、収支プラス36万7030円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)小倉8Rで◎○の馬連1点勝負で5万4000円を払い戻し!札幌6Rでも○エールダブルバインドの馬連を仕留め、4万円を払い戻し!週末トータル回収率184%、収支プラス6万4100円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(日)小倉11R小倉記念では◎タツゴウゲキの単勝を4000円的中!札幌7Rでは単勝30.6倍の◎ヴォカツィオーネを本命に抜擢!単複、○ダンツチェックとの馬連、ワイドを本線的中!4万1440円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス8万4350円をマークしています。

この他にもサラマッポプロ(147%)、dream1002プロ(131%)、kmプロ(121%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、岡村信将プロ(108%)、ジョアプロ(107%)、伊吹雅也プロ(104%)、ろいすプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月6日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/レパードS G3(河内一秀プロ)
閲覧 877ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日登場してもらうのは、ウマニティ公認プロ予想家の河内一秀さんです。的中率日本一との呼び声高い予想ソフト『カツラギ』の開発者としてもおなじみで、先週も3場全72レースを予想し、的中率45%・回収率110%という抜群の安定感を見せつけてくれました。今週のターゲットはレパードS。2週連続重賞を的中させている絶好調予想家のもう一丁に期待しましょう。
 本命は⑤エピカリス。「ヒヤシンスSは標準レベルだが、北海道2歳優駿が非常にハイレベル。2・4秒差の2着馬が中央馬を退けてJDDを制したことがその証左。海外での出走取消が不安要素ではあるが、この間隔で出走体制が整ったのだから大きなトラブルではなかったと判断したい」と信頼を置きました。
 対抗は⑭テンザワールド。単穴は⑨サルサディオーネ。以下、④タガノカトレア、①タガノグルナまで押さえ、馬券は馬単・3連単1着流し⑤→①④⑨⑭で勝負します。本レース以外の河内一秀プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

サルサディオーネの口コミ


口コミ一覧
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 2

2018年4月22日(日)2回東京2日・3回京都2日
☆六白先負『吉数』枠番1・3・6馬番①③⑥⑨⑪⑬⑯
東京11R(15:45)芝2000
第53回フローラS(GⅡ)
【時系列出目】
▼枠番
★6カーサデルシエロ、レッドベルローズ
▼馬番
該当なし
【demedas】
▼枠番
★7ヴェロニカグレース
☆5ハイヒール
*4ラブラブラブ
*6カーサデルシエロ
▼馬番
★⑭ディアジラソル
☆⑩オハナ
*⑦デュッセルドルフ
*⑫レッドベルローズ


京都11R(15:35)芝1600
第49回マイラーズカップ(GⅡ)
【時系列出目】
▼枠番
★8カデナ、グァンチャーレ
▼馬番
★⑧ロジクライ
【demedas】
▼枠番
★1ヤングマンパワー
☆1〃
*2ガリバルディ
*5ダッシングブレイズ
▼馬番
★①ヤングマンパワー
☆②ガリバルディ
*③ベルキャニオン
*⑧ロジクライ


2018年4月21日(土)1回福島5日
☆五黄友引『吉数』枠番2・5・8馬番②⑤⑧⑫⑮⑱
11R(15:25)芝1800
第15回福島牝馬S(GⅢ)
【時系列出目】
▼枠番
★1サルサディオーネ
▼馬番
該当なし
【demedas】
▼枠番
★2ベアインマインド
☆3レイホーロマンス
*7ブラックオニキス、ロッカフラベイビー
▼馬番
★③レイホーロマンス
☆⑤トーセンビクトリー
*⑭---(12頭立て)→変換④カワキタエンカ

 グリーンセンスセラ 2018年4月19日(木) 12:32
> 【福島牝馬S(G3)展望】 
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 0

【福島牝馬S(G3)展望】連勝へカワキタエンカVS巻き返しトーセンビクトリー! 前走から続くライバル対決を制するのは?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年4月18日 8時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/04/post_6360.html

 今週末で最終週となる福島競馬場では、21日(土)に今開催では唯一の重賞である福島牝馬S(G3)が行われる。春の福島開催の目玉ともいえるレースではあるが、勝ち馬にはヴィクトリアマイル(G1)の優先出走権が与えられるとあって、今年も好メンバーによる熱い戦いが繰り広げられそうだ。

 前走の中山牝馬S(G3)で重賞初勝利を飾ったカワキタエンカ(牝4、栗東・浜田厩舎)にとっては初めての福島参戦となるが、無様なレースはできないはずだ。ここまでの戦績を振り返ると10戦しているが1800m戦のレースに限ってみれば5戦3勝、2着2回とこの距離では抜群の成績を残しており、重賞連勝の期待は大きい。デビュー直後は好位からの競馬をしていたが、今では出足の速さを活かした逃げの競馬が身についている。自分のペースでレースをした時の粘り強さは他馬にとっての驚異だろう。初めての重賞制覇となった中山牝馬S(G3)はまさにその典型で、道中単騎逃げの形に持ち込んだにもかかわらずスローペースを作り出すと、後続の追い上げを許さない完璧な内容での逃げ切り勝ち。もちろんこの勝利は展開面に恵まれたことも大きかったのだが、速い流れとなった昨年のローズS(G2)でも2着に粘りこんでいるように、最後の直線での強さは侮れない。小回りの福島競馬場で持ち前のスピードを発揮することができれば、重賞連勝のチャンスはあるはずだ。

 連覇を目指した中山牝馬S(G3)では敗れたトーセンビクトリー(牝6、栗東・角居厩舎)だが、雪辱を期すチャンスが早くも到来した。前走はトップハンデとなる斤量56㎏を背負っての戦いで斤量差が3㎏あった勝ち馬から0.3秒差と見せ場を作れていた。今年に入ってからは格上の牡馬が相手だったAJCC(G2)で5着、ハンデを背負った中山牝馬S(G3)でも4着になるなど、大崩れすることなく好走を続けている。それだけに別定戦で54㎏の出走となる今回は、陣営としても力の入るレースとなりそうだ。母が01年のエリザベス女王杯(G1)を勝利しているトゥザヴィクトリーという良血馬だけに、2つ目の重賞タイトルの獲得が待たれる。

 レイホーロマンス(牝5、栗東・橋田厩舎)にとっては真価の問われるレースとなりそうだ。2走前の愛知杯(G3)で戦前の評価を覆す好走を見せて2着に食い込むと、前走の中山牝馬S(G3)でも追い込み馬にとっては不利な展開から3着に入る活躍を見せ、引き続き好調を維持しているようだ。牝馬らしい小柄な馬体の持ち主ながら、ここ2戦では上り最速の末脚を使っているように最後の直線は堅実だ。斤量面の克服、直線の短いコースへの対応など課題があることは確かだが、充実ぶりが目立つだけに一気の重賞制覇があっても驚けない。

◆次のページ 昨年のこのレースでは4着の成績を残したデンコウアンジュ

 昨年のこのレースでは4着の成績を残したデンコウアンジュ(牝5、栗東・荒川厩舎)はここからヴィクトリアマイル(G1)を目指す。昨年はレースの中盤から早めに仕掛ける積極策を見せると、残り100m付近までは先頭をキープしたが最後は追い込み馬に差される競馬だった。今年も昨年と同様に阪神牝馬S(G2)からのローテーションで挑むことになるがどのようなレースを見せてくれるのだろうか。戦績からはいつ好走するのかわからない掴みどころのない馬だけに、牝馬限定重賞では注目が必要だろう。

 このほかでは、出走するか未定だがダート路線からの参戦となるサルサディオーネ(牝4、栗東・羽月厩舎)や、2年前のフラワーカップ(G3)を逃げ切り勝ちした先行力が魅力のエンジェルフェイス(牝5、栗東・藤原厩舎)なども面白い存在だ。

 出走予定馬15頭中8頭が中山牝馬S(G3)からの出走となる今年の福島牝馬S(G3)。まさに中山牝馬S(G3)の再戦となるわけだが、別定戦となるだけに全く違う結果になることもありそうだ。春の福島開催を大いに盛り上げてくれるであろう注目のレースは21日(土)福島競馬場で15時25分に発走予定となっている。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2018年4月16日(月) 22:52
競馬検討 福島牝馬ステークス 2018
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 6

福島牝馬ステークス

エンジェルフェイス ムラあり

カワキタエンカ 逃げる

キンショーユキヒメ ?

ゲッカコウ ?

サルサディオーネ ?

シャララ 安定はして

デルマサリーチャン ?

デンコウアンジュ ここは圏内

トーセンヴクトリー 圏内も

ノットフォーマル 逃げてなんぼ

ブラックオニキス 圏内も

ベアインマインド 再度

レイホーロマンス 圏内

ロッカフラべイビー ?

ワンブレスアウェイ ?

[もっと見る]

⇒もっと見る

サルサディオーネの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サルサディオーネの写真

サルサディオーネ

サルサディオーネの厩舎情報 VIP

2018年4月21日福島牝馬ステークス G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サルサディオーネの取材メモ VIP

2018年1月21日 東海テレビ杯東海S G2 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。