クイーンマンボ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
クイーンマンボ
写真一覧
現役 牝3 青毛 2014年3月28日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主株式会社 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績 8戦[4-1-1-2]
総賞金1,220万円
収得賞金4,300万円
英字表記Queen Mambo
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
スズカエルマンボ
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
スプリングマンボ
兄弟 ダノンプレシャススズカエルフォトン
前走 2017/10/05 レディスプレリュード G2
次走予定

クイーンマンボの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/05 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 16--------1** 牝3 54.0 C.ルメー角居勝彦497(--)1.53.1 -1.6----ホワイトフーガ
17/09/17 阪神 11 ローズS G2 芝1800 181122.3712** 牝3 54.0 C.ルメー角居勝彦490(-8)1.46.4 0.934.6⑩⑩ラビットラン
17/08/17 門別 11 ブリーダーズ G3 ダ2000 11--------2** 牝3 55.0 C.ルメー角居勝彦498(--)2.08.6 0.2----マイティティー
17/06/14 川崎 11 関東オークス G2 ダ2100 13--------1** 牝3 54.0 C.ルメー角居勝彦495(--)2.19.0 -0.9----アンジュデジール
17/05/04 園田 10 兵庫CS G2 ダ1870 12--------3** 牝3 54.0 北村友一角居勝彦489(--)2.01.2 0.6----タガノディグオ
17/04/15 阪神 6 3歳500万下 ダ1800 12224.421** 牝3 54.0 北村友一角居勝彦490(-12)1.51.2 -0.335.8⑥⑥⑥⑤テンザワールド
17/03/25 阪神 1 3歳未勝利 ダ1800 118103.011** 牝3 54.0 北村友一角居勝彦502(0)1.54.9 -0.537.5⑥⑤④④タガノアニード
17/03/04 小倉 3 3歳未勝利 芝1800 16237.4414** 牝3 54.0 藤岡佑介角居勝彦502(--)1.50.2 1.135.6⑮⑮⑮⑮ヤマニンルサリー

クイーンマンボの関連ニュース

 有力視されていたJBCレディスクラシックを右前脚の挫跖(ざせき)で回避した重賞2勝馬クイーンマンボ(栗・角居、牝3)は、年内は休養する見込みとなった。角居調教師は3日、「放牧に出します。今後の予定は様子を見ながらですね」と当面は回復に専念する方針を示した。

クイーンマンボの競走成績はこちら

【JBCレディスC】クイーンマンボ回避2017年11月1日(水) 05:04

 JBCレディスクラシックに出走を予定していたクイーンマンボ(栗・角居、牝3)は31日、右前の挫跖(ざせき)が判明したため、出走を回避することになった。「火曜に追い切る予定でしたが、脚元を気にしたので時計を出せませんでした。今後は厩舎で様子をみていきます」と辻野助手は説明した。

クイーンマンボの競走成績はこちら

[もっと見る]

【JBCレディスC】ホワイトフーガ3枠5番! 枠順確定 2017年10月31日(火) 14:39

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われる第7回JBCレディスクラシック(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル、1着賞金4100万円)の枠順が31日に確定した。

 本レース3連覇のかかるホワイトフーガは3枠5番、エンプレス杯を制したワンミリオンスは1枠1番、スパーキングLCの勝ち馬アンジュデジールは4枠7番、マリーンC、スパーキングLCともに2着のララベルは5枠8番にそれぞれ決まった。

 なお、前哨戦のレディスプレリュードを圧勝したクイーンマンボは、右前ザ石のため出走を回避した。

★JBCレディスクラシックの枠順はこちら

[もっと見る]

【JBC諸競走】JRA所属の出走予定馬が決定2017年10月26日(木) 19:22

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBC諸競走のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第7回JBCレディスクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、横山典弘騎手)キンショーユキヒメ(4歳、栗東・中村均厩舎、内田博幸騎手)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)タガノヴェローナ(3歳、栗東・中村均厩舎、岩田康誠騎手)プリンシアコメータ(4歳、美浦・矢野英一厩舎、武豊騎手)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、福永祐一騎手)

 「第17回JBCスプリント」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、森泰斗騎手=船橋)コーリンベリー(牝6歳、美浦・小野次郎厩舎、松山弘平騎手)スノードラゴン(牡9歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎、横山典弘騎手)ネロ(牡6歳、栗東・森秀行厩舎、中野省吾騎手=船橋)ノボバカラ(牡5歳、美浦・天間昭一厩舎、御神本訓史騎手=大井)

 「第17回JBCクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭アウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎、クリストフ・ルメール騎手)グレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎、森泰斗騎手=船橋)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、松山弘平騎手)

[もっと見る]

【JBCレディスクラシック】JRA出走予定馬が発表2017年10月15日() 18:21

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBCレディスクラシックのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が10月15日、発表された。 「第7回JBCレディスクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル)【JRA所属の出走予定馬】7頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)キンショーユキヒメ(4歳、栗東・中村均厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ゲッカコウ(4歳、美浦・高橋義博厩舎、騎手未定)サルサディオーネ(3歳、栗東・羽月友彦厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.タガノヴェローナ2.プリンシアコメータ

[もっと見る]

【レディスプレリュード競走(Jpn2)3上牝馬選定馬重賞】(大井)〜クイーンマンボが優勝2017年10月5日(木) 20:45

5日、大井競馬場の第11Rに行われた第14回 レディスプレリュード競走(Jpn2)3上牝馬選定馬重賞(ダート・外 右1800m サラブレッド系3才以上 別定)はC.ルメール騎手騎乗の1番人気・15番クイーンマンボ牝3)が優勝した。
勝ちタイムは1分53秒1(良)。さらに8馬身差の2着に2番人気・5番ホワイトフーガ牝5)、そこからハナ差の3着に3番人気・10番アンジュデジール牝3)が入った。
クイーンマンボは、父マンハッタンカフェ、母スズカエルマンボ、母の父シンボリクリスエスという血統で角居勝彦厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・グランド牧場。馬主は(株)ヒダカ・ブリ。通算成績は8戦4勝。
「レディスプレリュード競走(Jpn2)3上牝馬選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンマンボの関連コラム

閲覧 454ビュー コメント 0 ナイス 2

 2011年に創設されて今年で7年目となる「JBCレディスクラシック」。3歳以上の牡牝混合のG1は、地方・中央で合計10レースありますが、牝馬限定のG1はこのレースのみ。よって、ほとんどの牝馬はここが大目標。真の砂の女王決定戦と言えるでしょう。

 過去の優勝馬は、ミラクルレジェンド(2011年-2012年)、メーデイア(2013年)、サンビスタ(2014年)、ホワイトフーガ(2015年-2016年)。一昨年こそ同年の主役だったサンビスタが、牡馬相手のチャンピオンズCに目標を置いていた気配があり、3歳馬のホワイトフーガが軽斤量を味方に勝利しました。しかし、基本的には、同年の牝馬重賞路線で主役として活躍していた馬がこのレースでも活躍する傾向。そのため1-2番人気馬が勝利することが目立っています。

 また、このレースの優勝馬に求められるのは、実績と順調さ。これまでの勝ち馬6頭とも近3走以内でダートグレード勝ちの実績があり、前哨戦のレディスプレリュードでは、3着以内というのが共通項がありました。今年はレディスプレリュード圧勝で一躍主役の座を掴んだクイーンマンボが回避。

 しかし、近3走以内でダートグレード勝ちの実績があり、前哨戦のレディスプレリュードでは3着以内だった馬の成績は、これまで【6・2・1・0】と連対率100%。特に一昨年は、前記該当馬のホワイトフーガサンビスタ、トロワボヌールが上位を独占していますから、そのタイプは積極的に本命馬に据えてもいいでしょう。

 また、2着、3着の穴馬候補は、前走のレディースプレリュードの凡退馬。2012年の南関東のクラーベセクレタやサクラサクラサクラがそれぞれレディースプレリュードの6着、7着から、このレースで2着、3着に巻き返したように、とにかくレディースプレリュード組の活躍が目立ちます。2013年に6番人気で3着入線したカラフルデイズもレディスプレリュード7着から、このレースで3着と巻き返しています。

 レディースプレリュード凡退馬で、一番よく巻き返すパターンは、レディスプレリュードが休養明けで能力を出し切れなかったタイプ。クラーベセクレタやカラフルデイズは、近1年以内にダートグレード勝ちの実績があった馬ですから、そのタイプが出走していれば、よく巻き返してくるでしょう。

 さらに激穴は、南関東リーディングの森泰斗騎手の1番ゲートの馬。2012年に10番人気で3着入線したサクラサクラサクラ、昨年6番人気で3着入線したトーセンセラヴィともに、森泰斗騎手の内々を立ち回っての一発でした。2012年も昨年もコーナーがきつい川崎で行われていた共通項がありますが、普段、乗り慣れていない中央の騎手は、3-4コーナーでア〇みたいに外に張られる傾向があります。コーナーのきついコースほど、地方トップクラスの内枠は警戒したいところです。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 近3走以内でダートグレード勝ちの実績がある前走レディスプレリュード3着以内の馬。

 ●穴馬候補
 休養明けの前走レディースプレリュードで3着以下の馬。(近1年以内にダートグレード勝ちがあることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年9月17日() 11:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(ローズS G2)
閲覧 613ビュー コメント 0 ナイス 6



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『ローズステークス G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





先週から少しアレンジを加えてみました(^^;これがどう出るでしょうか!?
しかし、このようにセッティングの微調整をゲーム感覚でサクサク行えるというのも『ROBOTIP』ならではの楽しみどころですからね。そこを存分に活用して先週から中身をガラッと変えたラインナップで臨みたいと思います。


それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎レーヌミノルとなっています。2〜4番手(○〜△)は11.0〜12.0%でほぼ横並びですので、競走馬ロボ評価では、◎レーヌミノルが頭ひとつ抜け出した格好のようです。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命はこちらも◎レーヌミノル。こちらは穴馬×ミスパンテールが5番手評価に浮上。買い目には含まれていませんが、妙味を考えると面白い存在かもしれませんね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは◎モズカッチャンが勝率15%で本命。また、買い目にも組み込まれている△クイーンマンボの名前が4番手にあったり、先の競走馬ロボ、血統ロボとは少し違った買い目構成になっているようですね。


【まとめ】
競走馬ロボ、血統ロボが本命視した◎レーヌミノル、騎手ロボも対抗○レーヌミノルとなっていますので、当コラムとしてはひとまずこの馬を応援ということになりそうですね。ほか、軒並み現時点で上位人気ですが、買い目を見ると対抗評価“2票”の○ミリッサとの馬連がアツそうですね。さて、結果はどうなりますでしょうか。今からレースが楽しみです(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

クイーンマンボの口コミ


口コミ一覧
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 11

主役の座を掴んだクイーンマンボが回避
一転して、低レベルの混戦ムードへ
__________________

中央競馬メイン、ファンタジーS発送の10分後の発走となるJBCレディスクラシック。一番、買い漏らしがありそうなので、あえてこのレースを一番上の記事にしました。

ホワイトフーガがノド鳴りを発症して以来、ダ1800m以上では大きくパフォーマンスを落としているので、けっこう荒れそうで面白そうなんだけどなぁ〜。昨年のJBCクラシックが1600mで行われたことが、落とし穴だったりしないか?

* * *


2011年に創設されて今年で7年目となる「JBCレディスクラシック」。3歳以上の牡牝混合のG1は、地方・中央で合計10レースありますが、牝馬限定のG1はこのレースのみ。よって、ほとんどの牝馬はここが大目標。真の砂の女王決定戦と言えるでしょう。

過去の優勝馬は、ミラクルレジェンド(2011年-2012年)、メーデイア(2013年)、サンビスタ(2014年)、ホワイトフーガ(2015年-2016年)。一昨年こそ同年の主役だったサンビスタが、牡馬相手のチャンピオンズCに目標を置いていた気配があり、3歳馬のホワイトフーガが軽斤量を味方に勝利しました。しかし、基本的には、同年の牝馬重賞路線で主役として活躍していた馬がこのレースでも活躍する傾向。そのため1-2番人気馬が勝利することが目立っています。

また、このレースの優勝馬に求められるのは、実績と順調さ。これまでの勝ち馬6頭とも…


続きは、こちら!
→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9548


予想は、こちら!
→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017110320130507

 おかべ 2017年11月3日(金) 01:44
JBC クラシック・スプリント・レディース 展望 
閲覧 62ビュー コメント 1 ナイス 13

まいどおかべです。

金曜日にJBC、JRAと絡めてきましたな。商売人やねぇ。

ケ〇の毛まで毟る気やな。

我鴨葱にあらず、一矢報いたいで。

ダートの祭典JBC

JBCクラシック・JBCスプリント・JBCレディスクラシック、駆け足やけど有力馬短評やで、

いつも通り内から行ってみよう。

◇JBCクラシック

アウォーディー

大井でry。鞍上にミスターJBC豊ちゃん。ドバイワールドカップでは全く歯がたたんかったけどベストバウトやったと思う、すごく頑張った。前走帝王賞はその疲れもあったか冴えとらんかったと、立て直して違うはず。内枠は気性的に歓迎しない、一頭で抜け出せない気性もネックではある。

グレンツェント

森泰斗。順調にダート馬としてエリート街道を歩いてたけど、近走大きく崩れた。いまいち原因がつかみきれんから気性面やと嫌やなと思う。当路線、ベテランが多く世代交代は近いはず?ダート路線の中心馬になれるか?やね。

サウンドトゥルー

これも帝王賞は冴えてなかった時期的ダメ説はある、冬場になって体調アップなるか?叩いてここは予定通りやろうし前走以上が期待できるかな。後ろからいく脚質やけど成績に安定感あり。いつも通り大野君。

アポロケンタッキー

昨年末に同コースでGI勝ち。これもドバイ帰りで帝王賞は冴えとらんかった、けど前哨戦勝利で立ち直ったとこ見せたで。順調に来とるんとこの中なら若手なんも強みかな。内田さんと手は合っとる。

ケイティブレイブ

ゆーいちさん。前哨戦は取りこぼしたけどこちらも順調に来とる。帝王賞では出遅れながら圧倒的パフォーマンスでGI勝ち、もまれん方がええやろから外枠も歓迎か。他有力馬がどの程度パフォーマンス上げてくるか?やね。

◇JBCスプリント

ニシケンモノノフ

前走負けとるけど叩いて順調に来とる。典ちゃん継続騎乗で手の内入れてるし前に馬置いても大丈夫、最内枠から上手く運んでくれそう。あとは力関係だけか。

キタサンミカヅキ

中央から大井に移籍して2連勝、前走で中央組も蹴散らしたしローテーションにも文句ない。ほかの馬がどれくらい上げて来れるかやな。ちょっと内枠かな。

ノボバカラ

みかぽん。前走は上手くいったとは言えGIのマイルで2着好走、本来はスプリント寄りって前走時に言われとったけどまぁその通りやろ。ここでもスムースに運べれば侮れんで。

スノードラゴン

御年9歳にしてGIスプリンターズSで4着、芝でもダートでもそこそこ差してくるで。馬券内に届くか?展開向けば?

コパノリッキー

森泰斗君。GI、10勝?もうわからん位勝ってる。今回スプリントに出てきた。もまれ弱い弱点アリやけど、先行できるかも?わからんリッキーをわざわざ外からつぶしにくる有力馬はおらんかと。ある程度の位置で外とれたら脈アリ。

ブルドッグボス

内田さん、南関東ではより信頼。地方移籍後順調に来とる、前走以上が期待できそうな感じ。この相手でもええとこあるかと。

コーリンベリー

もうベテランやね。長期休み明け叩いてどこまで上向くか。緩いペースで前行ければ、とは思うけどなかなか望みにくい展開かと。

◇JBCレディスクラシック

ワンミリオンス

ゆーいちさん。軽いダートの方がいいイメージやったけど地方ダートでも結果出した、前走崩れたが放牧だしてどこまで仕上がったか?かな。牝馬同士なら力通用は既に示しとる。

プリンシアコメータ

1600万下とはいえ牡馬混合戦で好走。豊ちゃんやからそこそこ人気もしそう。サウスポー?

ホワイトフーガ

蛯名さん。当レース過去2連覇中で実績断然、3連覇なるか?調教時計見ると買いにくいけどここは斤量も55kg

アンジュデジール

典さん継続騎乗。クイーンマンボおらんなら3歳エースかな。順調に来たんで前走叩いての良化に期待やで。

ララベル

真島さん。ここ3戦続けて中央馬相手に善戦、ここも展開向くなら馬券内あっても。

こんなとこかな

土曜・日曜と続くんで少しでも増やしていきたいですな。

ではでは、勝利の栄光を君に。

[もっと見る]

 ちびざる 2017年11月2日(木) 23:16
【交流重賞】JBCレディスクラシック(Jpn)の注目馬
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 4

明日は、交流重賞のJBCレディスクラシックが行われます。

私が注目している馬は

ホワイトフーガ


です。

ここは人気ですが、仕方ないですね。
これまで、出走すれば、57kg、58kgといった過酷な斤量を背負わされることが多かったのですが、
それでも好走してきました。
56kgで出走した。さきたま杯では、牡馬牝馬混合戦で、並み居る牡馬を一蹴しや力は
ここでは一枚上だと思います。

前走の レディスプレリュードは、クイーンマンボに完敗でしたが、それでも連は確保しました。
完敗したクイーンマンボは回避しました。斤量差3キロありましたし、
3着馬とハナ差でしたが、斤量差は、4キロでした。

ハンデ戦なら逆転があるかもしれませんが、定量戦では
力が誓う感じがします。


買い目は、ホワイトフーガの単複でいきたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンマンボの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  おかき   フォロワー:0人 2017年10月5日(木) 23:24:35
ダート鬼
1:
  フミック   フォロワー:0人 2017年9月11日(月) 09:35:31
ローズステークス頑張れ!

クイーンマンボの写真

クイーンマンボ

クイーンマンボの厩舎情報 VIP

2017年9月17日関西TVローズS G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クイーンマンボの取材メモ VIP

2017年9月17日 関西TVローズS G2 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。