注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

パワースポット(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年4月16日生
調教師菊沢隆徳(美浦)
馬主有限会社 グランド牧場
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績41戦[5-3-7-26]
総賞金12,093万円
収得賞金2,630万円
英字表記Power Spot
血統 スズカマンボ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スプリングマンボ
セクシーシューズ
血統 ][ 産駒 ]
パラダイスクリーク
ベルパローレ
兄弟 コウエイアースバンドオンザラン
前走 2016/01/13 TCK女王盃 G3
次走予定

パワースポットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/01/13 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 11--------2** 牝8 56.0 真島大輔菊沢隆徳475(--)1.54.0 0.2----ホワイトフーガ
15/12/09 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 14--------4** 牝7 53.0 岩田康誠菊沢隆徳477(--)1.53.9 0.3----ディアマイダーリン
15/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1811164.61713** 牝7 56.0 四位洋文菊沢隆徳476(0)2.15.6 0.734.8⑮⑮⑮⑮マリアライト
15/10/17 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1761123.2913** 牝7 54.0 大野拓弥菊沢隆徳476(+4)1.47.1 0.834.2⑯⑯⑯ノボリディアーナ
15/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 1671320.8103** 牝7 53.0 大野拓弥菊沢隆徳472(-4)2.00.6 0.134.1⑮⑮⑪⑪シャトーブランシュ
15/05/23 東京 11 モンゴル大統 OP 芝1800 181110.067** 牝7 52.0 横山典弘菊沢隆徳476(+16)1.45.3 0.633.6⑰⑰⑯サトノアラジン
15/04/25 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 168164.617** 牝7 54.0 横山典弘菊沢隆徳460(-18)1.46.3 0.334.2⑯⑯⑯⑯スイートサルサ
15/03/15 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 158157.153** 牝7 53.0 大野拓弥菊沢隆徳478(+10)1.47.7 0.234.6⑭⑭⑭⑭バウンスシャッセ
15/01/24 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 181221.083** 牝7 54.0 大野拓弥菊沢隆徳468(+4)1.34.0 0.133.3⑬⑫ケイアイエレガント
14/12/20 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 181133.7145** 牝6 53.0 大野拓弥菊沢隆徳464(-4)2.04.7 0.335.3⑪⑪⑫⑭ディアデラマドレ
14/11/01 東京 10 紅葉S 1600万下 芝1600 145815.451** 牝6 53.0 大野拓弥菊沢隆徳468(-2)1.33.6 -0.233.2⑩⑩ダノンジェラート
14/10/04 新潟 11 秋風S 1600万下 芝1600 1871512.343** 牝6 53.0 大野拓弥菊沢隆徳470(+2)1.34.0 0.033.1⑰⑯マイネルメリエンダ
14/08/02 新潟 11 佐渡S 1600万下 芝2000 1651038.1114** 牝6 53.0 大野拓弥菊沢隆徳468(0)1.58.2 0.134.1⑭⑬ウイングドウィール
14/07/12 福島 11 天の川S 1600万下 芝1800 144517.687** 牝6 53.0 大野拓弥菊沢隆徳468(+4)1.47.2 0.534.0⑬⑭⑭⑬フィロパトール
14/05/31 東京 10 薫風S 1600万下 ダ1600 1581412.378** 牝6 55.0 横山典弘菊沢隆徳464(-4)1.36.3 0.835.1⑭⑭サトノプライマシー
14/04/26 東京 10 W新宿リニュ 1600万下 ダ1400 16485.934** 牝6 55.0 横山典弘菊沢隆徳468(+8)1.25.1 0.935.5⑫⑪カチューシャ
14/03/16 阪神 10 播磨S 1600万下 ダ1400 161124.099** 牝6 55.0 藤田伸二菊沢隆徳460(-12)1.24.9 1.036.5⑯⑭グレイスフルリープ
14/02/10 東京 11 白嶺S 1600万下 ダ1600 163613.062** 牝6 53.0 石橋脩菊沢隆徳472(+10)1.35.8 0.235.7⑮⑭レーザーバレット
14/01/06 京都 10 新春S 1600万下 芝1600 155934.61010** 牝6 55.0 松田大作菊沢隆徳462(-6)1.33.8 1.033.3⑮⑮フィエロ
13/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1381281.71211** 牝5 54.0 石橋脩菊沢隆徳468(-2)1.49.4 0.632.6⑪⑧⑨ホエールキャプチャ

⇒もっと見る


パワースポットの関連ニュース

 ★香港カップ2着後、放牧中のヌーヴォレコルト(美・斎藤誠、牝5)は産経大阪杯(4月3日、阪神、GII、芝2000メートル)で復帰。その後は香港のクイーンエリザベス2世C(4月24日、シャティン、GI、芝2000メートル)に向かう。

 ★TCK女王盃を快勝したホワイトフーガ(美・高木、牝4)は、フェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)へ。2着パワースポット(美・菊沢、牝8)は、エンプレス杯(3月2日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)などが視野に。

 ★ニューイヤーS3着グランシルク(美・戸田、牡4)と京都金杯7着エキストラエンド(栗・角居、牡7)は、東京新聞杯(2月7日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。

 

【TCK女王盃】女王ホワイトフーガが貫禄勝ち 2016年01月13日(水) 16:23

 今年最初の交流重賞は明け4歳以上の牝馬による一戦。1月13日(水)に大井競馬の11Rで第19回TCK女王盃(交流GIII、サラ4歳以上、牝馬、選定馬、別定、ダート1800メートル、11頭立て、1着賞金=2200万円)が行われた。昨年11月の交流GIレディスクラシックで、のちのチャンピオンズC優勝馬サンビスタを5馬身差で下したホワイトフーガ(美浦・高木登厩舎)はここから始動。単勝1.2倍の断然の1番人気に応えて、大野拓弥騎手の冷静なリードで快勝した。タイムは1分53秒8(良)。

 1馬身1/4差の2着には後方から末脚を伸ばしたパワースポット(4番人気)が入り、さらに3馬身差の3着にタマノブリュネット(3番人気)が続いた。

 追う立場から追われる立場へ。今年の牝馬ダート戦線をリードするホワイトフーガを勝利に導いた大野拓弥騎手は「みんながぼくの馬をマークする形になる形になるだろうとは思っていましたが、予想以上にペースが遅く、思った以上に前の位置取りになってしまいました。ペースは遅かったけど、後ろからのいい目標になっているので油断はできませんでした」と道中をふり返る。「それでも、いい伸びでした。上がり37秒前半で、しっかりまとめてくれたと思います。去年サンビスタを負かしているわけですからね。今日は負けられない一戦で、勝ててよかったと思います」と人気に応えてひと安心。2016年初戦の白星スタートに笑みがこぼれた。

 TCK女王盃の勝ち馬ホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統。芦毛の牝4歳。北海道浦河町・梅田牧場の生産馬で、西森鶴氏の所有馬。通算成績は11戦6勝(うち地方5戦3勝)。重賞は2015年交流GII・関東オークス、交流GI・JBCレディスクラシックに次いで3勝目。高木登調教師、大野拓弥騎手ともにTCK女王盃は初優勝。

[もっと見る]

【TCK女王盃】パワースポットの鞍上が真島騎手に変更2016年01月08日(金) 17:26

 TCK女王盃(1月13日、大井、交流GIII、ダート1800メートル)に出走を予定しているパワースポット(牝8歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)の騎乗予定騎手が、岩田康誠騎手から大井所属の真島大輔騎手に変更となった。8日、JRAから発表された。

[もっと見る]

【TCK女王盃】JRA出走予定馬が決定2016年01月07日(木) 20:40

 1月13日(水)に大井競馬場で行われるTCK女王盃のJRA所属の出走予定馬および予定騎手が決定した。

 「農林水産大臣賞典第19回TCK女王盃」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上牝馬オープン、ダート・右1800メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】5頭セキショウ(牝6歳、美浦・杉浦宏昭厩舎、内田博幸騎手)タマノブリュネット(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、戸崎圭太騎手)ディアマイダーリン(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、横山典弘騎手)パワースポット(牝8歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、岩田康誠騎手)ホワイトフーガ(牝4歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)

[もっと見る]

【古馬次走報】パワースポット、TCK女王盃へ2015年12月30日(水) 05:01

 ★有馬記念を勝ったゴールドアクター(美・中川、牡4)は、年明けに美浦トレセン近くの茨城県・石橋ステーブルへ放牧に出る。

 ★中山金杯に登録のあるパワースポット(美・菊沢、牝7)は、同レースを回避。TCK女王盃(1月13日、大井、交流GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★2014年香港スプリント8着以来、休養中のスノードラゴン(美・高木、牡7)は、1月中に帰厩予定。予定通り、夕刊フジ賞オーシャンS(3月5日、中山、GIII、芝1200メートル)に向けて調整が進められる。

[もっと見る]

【TCK女王盃】JRA出走予定馬が発表2015年12月27日() 16:45

 1月13日(水)に大井競馬場で行われるTCK女王盃のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。

 「農林水産大臣賞典第19回TCK女王盃」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上牝馬オープン、ダート・右1800メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】5頭セキショウ(牝6歳、美浦・杉浦宏昭厩舎、騎手未定)タマノブリュネット(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、騎手未定)ディアマイダーリン(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、横山典弘騎手)パワースポット(牝8歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(牝4歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.イントロダンション2.アンナミルト3.ブロンクスシルバー4.カンデラ5.ティンバレス

[もっと見る]

⇒もっと見る

パワースポットの関連コラム

閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 1

 年明け最初の交流重賞は、牝馬限定戦のTCK女王盃。このレースは、女王クラスの馬が引退して繁殖入りしたり、休養していることも少なくないため、年によってレベルに差が生じます。女王クラスの馬が出走していればそれらが勝ち、出走していなければ新興勢力や地方勢の活躍が目立ちます。前年のJBCレディスクラシックの1着、2着馬が不出走の2012年には、南関東のハルサンサンが7番人気で勝利し、波乱の結果になったこともありました。

 つまり、前年のJBCレディスクラシックの勝ち馬が出走していれば、かなり信頼できるということ。JBCレディスクラシックが創設された2011年度以降の、このレースにおける前年のJBCレディスクラシックの勝ち馬の成績は、【3・0・0・0】。メーデイア、サンビスタホワイトフーガともにこのレースを勝利しています。

 一方、前年のJBCレディスクラシックの2着馬の成績は一気に下がり、これまでに連対したことはありません。2014年のアクティビューティ、2015年のトロワボヌールがともにこのレースで4着に敗れています。この2頭の共通項は、前走クイーン賞を勝利しているということ。クイーン賞はハンデ戦のため、それまでに重賞勝ちのない馬が目標にする舞台。つまり、もともと実績不足であることや前走を目標にしたことによる反動で新興勢力に屈する結果となったのです。

 前走のクイーン賞が初重賞制覇だった馬を過信してはいけないでしょう。クイーン賞が初重賞制覇だった馬は、JBCレディスクラシックの2着馬に限らず、2013年のレッドクラウディアや2015年のディアマイダーリンなども、このレースで連対出来ていません。過剰に人気になるので、消して妙味です。

 また、このレースは、体を絞るのに苦労する冬場に行われることもあり、12月以降のレース不出走馬は苦戦の傾向があります。12月以降不出走でこのレースで連対したのは、過去10年では2008年のラピッドオレンジと昨年のホワイトフーガのみでともに1着。今年もホワイトフーガが休養明けで出走してきますが、休養明けで出走してくるのはけっして有利な材料ではないでしょう。

 では、どのような馬を積極的に狙えばいいのかというと、過去の傾向から一番はクイーン賞組です。2013年、2015年ともに人気薄で連対したアクティビューティはクイーン賞で8着、4着からの巻き返し。昨年に連対したパワースポットもクイーン賞で4着からの巻き返しでした。もともとの実績馬がクイーン賞で敗れて巻き返すパターンやクイーン賞の2着馬がこのレースでも2着というパターンが目立ちます。

 また、12月にレースを使われていることが有利であることを示すように、地方勢では前走で東京シンデレラマイルを使われていた馬の活躍が目立ちます。2009年に3着のパノラマビューティ、2010年に3着のコスモプリズム、そして2012年に勝利したハルサンサンともに前走で東京シンデレラマイルを使われていた馬でした。基本的に東京シンデレラマイルの連対馬が優勢ですが、コスモプリズムは年明け4歳馬で、それまでの勢いからシンデレラマイルに1番人気に支持されて4着に敗れた馬。勢いある4歳馬ならば、東京シンデレラマイルで連対できていなくても警戒が必要でしょう。


 ●まとめ

 ・本命候補
 前年のJBCクラシック勝ち馬(12月にレースを使われているのが理想)

 ・穴馬候補
 前走、クイーン賞に出走して2着以下に敗れたもともとの実績馬。
 前走、東京シンデレラマイルに出走して連対した馬や勢いある4歳馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年06月11日() 09:35 競馬プロ予想MAX
【エプソムカップ】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,121ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の安田記念はロゴタイプの復活劇でした。
血統的には、ヴィクトリアマイルからオークス、ダービー、安田記念と全てHaloのクロスを持つ馬が勝利したことになります。「Haloのクロスは切れや俊敏さを与え、何でもできる器用なタイプになる」と望田先生は仰られています。
また、直接Haloをクロスしなくとも、Haloの重要血脈であるNasrullahとBull DogとPharamond→Menowの組み合わせをクロスすれば同じような効用が得られるというのも配合の面白さだと思います。分かりやすいのはディープインパクトで、あの切れはHalo≒Sir Ivor3×5(Royal Cherger≒Nasrullah、Bull Dog=Sir Gallahad、Pharamondが共通)の影響と考えられています。

今回はGI中休み、2つの重賞を簡単に考察してみたいと思います。

「軽いスピード」が活きる
エプソムカップはマイネルスターリーサンレイレーザーというCozzeneの血を引く2頭が穴を空けていることや、トーセンレーヴダノンシャークエイシンヒカリサトノアラジンといった人気のディープ産駒が堅実に走っていることからも、軽いスピードが求められていることが分かります。

ディープ産駒の中ではラングレーが最も適性がありそうです。リアルスティールの全兄ですが、リアルスティールよりは母系のパワーが発現せず、Sir Gaylord≒Secretariat的緩さで若いころは距離をこなしていました。ディープ×Storm Catの配合は多くがそうですが、ラングレーも例外なく、歳を重ねるごとにStorm Catのマイラーらしさが発現してきました。今回出走するディープ産駒の中では最も軽いタイプといえるでしょう。

3枠2頭は少し似たようなタイプで、ヒストリカルはノーザンテーストが入るので、上がりが掛かった方が良いタイプ。上がり34秒5で差し切ったアイルランドTが、最も「らしい」競馬で、6歳となり重賞で勝ち負け出来るほど、もう一段階成長したのもノーザンテーストの影響が大です。アルバートドックは、母ゴールデンドックエーがHyperionが濃いので、ヒストリカル同様に本領発揮は前に負担の掛かるレース。それでも瞬発力勝負となったリゲルSなどで好勝負出来ているのは地力の成せる業で、年齢を重ねるとある程度の位置で競馬が出来るようになるはずです。ジャスタウェイと同じようなパターンですね。

人気3頭については、
ルージュバックは、半弟のケイブルグラムこそズブいタイプに出ましたが、望田先生曰く「Blushing Groomのしなやかさが表現された馬」で、同じくBlushing Groomを引くテイエムオペラオーホエールキャプチャメジャーエンブレムのように美しい走りをします。飛びが大きいので、外枠はプラス、距離延長も歓迎で、このメンバーなら力でねじ伏せる可能性が大です。

フルーキーは切れというよりもデインヒル系らしいパワーで走るタイプで、外回りであればチャレンジCのようにスローから加速力の違いで抜け出す競馬の方が合っているはず。

ロジチャリスダイワメジャー×ロックオブジブラルタルという字面らしく550キロ前後の大型馬ですが、意外としなやかに走ることができ、東京でも大きなパフォーマンスダウンはしません。これは母母のNasrullah4×5や、ルージュバックと同じBlushing Groomの影響と考えられます。また、ダイワメジャー産駒で母系にBlushing Groomを持ちしなやかな走りをする馬という意味ではメジャーエンブレムと被ります。本来こういうパワー型を、ディープ産駒らが牙をむいて待っている東京の重賞で積極的に推す気にはなれないのだが、今回に限っては好枠も引いたし、スピードが活きる重賞であるから推してみたい気もするんですね・・・。

その他ではマイネルホウオウに注目してみたいです。
マイラーにしては少し怠慢で、ダラダラ差してくるタイプ。とはいえ先行できるスピードががりますから、今回の条件は合っていそうです。


重厚な差し馬が好走しやすい
マーメイドSは、開幕2週目の内回りにも関わらず、差し競馬になりやすく、近5年で4角3番手から馬券になったのは50キロだったコスモバルバラと、普通に強いアグネスワルツだけ。軽量の先行馬が揃うことなどが影響しているのでしょうか。
しかも差し馬といっても、重厚な差し馬、特にトニービンの血を持つ差し馬が好走しています。近5年に絞っても、グルヴェイグクリスマスキャロルシャトーブランシュらがいます。フミノイマージンにしたってフーラブライドにしたってパワースポットにしたって、「軽い」差し馬ではありませんよね。

そういう視点を持って出走馬を眺めてみると、いました、そういう差し馬が。
人気ですがシュンドルボンです。父ハーツクライの母父トニービンの斬れの源であるNasrullahとHyperionを母からたっぷりと取り込んだ配合。マイルの時計勝負という不向きな条件だった前走ヴィクトリアマイル9着は、良く走ったといえ、ここは斤量がカギですが確実に巻き返しの可能性大ではないかと思います。

他の人気馬には、なかなか追って良さが出るタイプの馬がいないので、もう1頭上げるとすればタガノエトワールでしょうか。母がトニービンを持つキングカメハメハ産駒は、トニービンの母父Hornbeamのクロスになるので、ドゥラメンテを筆頭にトニービン直仔らしい斬れを持つ馬が多いです。愛知杯はハイペースに付いて行って自滅、牡馬相手のチャレンジカップで掲示板の載れる力の持ち主でもあります。

ヒルノマテーラはHoist the Flag5×5を持つマンハッタンカフェ産駒。同じくHoist the Flagをクロスしたマンハッタンカフェ産駒には紫苑S勝ちのクインズミラーグロがいますし、Ribotの血をクロスしたマンハッタンカフェ産駒にはショウナンマイティのように内回りでアッと言わせるケースが多いです。本馬も外回りのぬるいスローペースに付き合わされていましたが、ここで一変もありそうです。

メイショウマンボも前走は直線で詰まってしまったものの、久しぶりに追ってから走る気をみせたように見えましたし、復活があるならここかもしれません。

----------

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年11月17日(火) 17:17 【ウマニティ】
先週の回顧〜(11/14〜11/15)霧プロが◎マリアライトでズバリ!回収率183%をマーク!
閲覧 326ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、15(日)に京都競馬場でGIエリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIエリザベス女王杯は前日の雨の影響で馬場状態は稍重で行われました。1番人気はヌーヴォレコルトで3.0倍、続いてラキシス4.2倍、ルージュバック6.1倍、タッチングスピーチ6.5倍とここまでが10倍を切るオッズで上位人気を形成しました。
 
大観衆が見つめる中、ゲートインは無事完了。注目のスタートは各馬まずまずといったところ、内からリラヴァティが先頭を伺いますが、これを制して外からウインリバティが先頭に立って第1コーナーに入ります。先頭はウインリバティで3馬身ほどのリード、2番手にリラヴァティ、そこから大きく間が空いて3番手にフーラブライド、続いてフェリーチェレガロリメインサイレントとここまでが先行勢。中団からはシュンドルボンタガノエトワールシャトーブランシュマリアライトクイーンズリングと追走。後方からはノボリディアーナタッチングスピーチヌーヴォレコルトラキシスパワースポットメイショウマンボルージュバックと追走して最後方にスマートレイアーの態勢。
 
ウインリバティが快調にレースを引っ張って前半の1000mを1分00秒7(参考)のペースで通過、各馬第3コーナーへ差し掛かります。第3コーナを過ぎても各馬折り合いに専念、前を行くウインリバティが大きくリードを取ったまま直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はウインリバティでリードは4馬身、2番手グループからはにリラヴァティタガノエトワールが前を追います。人気のヌーヴォレコルトラキシスタッチングスピーチは離れた後方から追い出しに入ります。残り200mを通過、ここで先頭ウインリバティは一気に失速、変わって馬群の真ん中からマリアライトが力強く抜け出して先頭に立ちます。直後、内からは併せ馬の形でフーラブライドリラヴァティ、大外からはエンジンかかったヌーヴォレコルトも一気に差を詰めてきます。残り100mを通過、ここで内のフーラブライドが失速、先頭を行くマリアライトヌーヴォレコルトが並びかけ、2頭が抜け出しての激しい叩き合い。残り50m、ここで大外からタッチングスピーチが強襲。ゴール前では3頭並ぶ大激戦となりましたが、僅かにマリアライトヌーヴォレコルトを抑え込んで優勝。嬉しい初GI制覇となりました。勝ちタイムは2分14秒9(稍)。
クビ差の2着にヌーヴォレコルト、そこからハナ差の3着にタッチングスピーチが入っています。
 
公認プロ予想家ではkmプロ霧プロサラマッポプロ伊吹雅也プロ馬っしぐらプロシムーンプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
15(日)京都11Rエリザベス女王杯GIで『兄弟にクリソライトリアファル、近親にアロンダイトが居る血統馬。スタミナを求められる距離と舞台、渋りの残りそうな馬場も全く問題ないし、ここは大物食いを期待したい。』と本命に推した◎マリアライトの単勝、馬連、3連複を本線的中!6万9600円を払い戻しました。この他にも14(土)京都12Rで◎△○の印で13万3310円を払い戻し!週末トータル回収率183%、収支プラス25万3330円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
勝負レースに指定した14(土)福島2Rで◎クラウンシャインの単勝を1万円的中!そして福島7Rで12万7000円、京都8Rで13万4600円と10万超払い戻しを記録!15(日)福島4Rでも◎○▲のパーフェクト予想で25万5700円の高額払い戻し!週末トータル回収率132%、収支プラス23万6000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
15(日)京都11Rエリザベス女王杯GIで◎△△の印で3連単235.9倍を500円的中させ、11万9700円の払い戻しに成功!14(土)京都8Rでも◎ダンツミュータントニジブルームの馬単を5000円的中させ、33万7500円を払い戻しました!週末トータル回収率129%、収支プラス16万8650円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
15(日)京都11Rエリザベス女王杯GIで『体幹強く渋った馬場合う。外が伸びる馬場で外枠も大丈夫。』と◎ヌーヴォレコルトを本命に抜擢!▲◎○の印で単勝、馬連、ワイドを的中させ、3万9800円の払い戻し!東京10Rも○▲の印で馬連、ワイドをしっかりと仕留め、週末トータル的中率55%、回収率121%をマークしています。
 
 
この他にも凄馬勝子プロ(122%%)、伊吹雅也プロ(121%)、夢月プロ(118%)、dream1002プロ(118%)、3連複プリンセスプロ(117%)、いっくんプロ(111%)、シムーンプロが週末トータル100%超えの活躍を見せています。
    
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2015年11月15日() 09:00 みんなの競馬コラム
【エリザベス女王杯】湿った馬場のバイアス
閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 4

雨天時の馬場バイアスを出すのは、とても難しい。

なので、結論の部分では複数のパターンを考えて出してみることにします。

最終決断は直前のドンカスターカップで決定させる方向で。

では11/14の京都競馬場で行われた芝レースからピックアップしてバイアスを見てみます。


a.7R1000万下2200m

内から数頭分開けて追走したシホウが直線、馬場の真ん中を抜けて勝利。
追い込んできた2・3着馬を封じ込めました。

このレースは、少頭数で且つスローペースだったにも関わらず、逃げ先行馬が残れなかったという点に注目したいところ。

特に先行して負けたゴールドテーラーは実力的に十分に勝負出来る力の持ち主と思える成績だったにも関わらず負けました。

馬券圏内の馬の成績や過去の上がりの雰囲気を見る限り、ジリっぽい馬が優勢だったのかなと感じるところです。


b.10R1600万下2400m

こちらも内を数頭分離れたところを追走していたアルバートが直線の真ん中を突き抜け快勝。
2着のトゥインクルも内ラチに近いところを追走も、直線で馬場の真ん中に進路を変えて追い込んできました。

人気通りの決着=実力通りの決着と見れば特筆する要因はなさそうに思えます。
しかし、前走前々走と逃げてそこそこのところまで来ていたタガノレイヨネが惨敗している点を見ると、相当内ラチ沿いは芝が重く、スタミナロスが激しくなってしまうのではないかと推測されます。


c.11Rデイリー杯1600m

こちらも勝ったエアスピネルは内ラチから離れた位置を追走して、直線は馬場の真ん中を突き抜け…


…今日はこのパターンなのですね。

内ラチ沿いをピッタリ追走してスタミナ温存を狙っても、外目追走の方がスタミナロスが少ない…

そして直線は真ん中より外を突き抜けないと勝てない、そういう馬場コンディションだったようです。

さらに見つけました特筆すべき注目の共通点。

キーワードは、「キングマンボ」と「トニービン」。

上記3Rの馬券圏内の馬9頭のうち、トゥインクルを除く8頭にこの2つの血筋が入っていました。

勝ち馬のみ列記すると、父キングカメハメハ・父アドマイヤドン・父キングカメハメハ

これはこの2頭の血筋含有で決まり!

…と言い切りたいところですが、本日の京都はニワカ雨の予報。

当コラム執筆時点での馬場状態も「稍重」という微妙なコンディション。

良馬場回復は見込めないでしょうが、昨日のように表面上に水分が浮いている状態での開催になるのか?というところがポイントになりそう。


もし今日、エリザベス女王杯の発走まで降雨がなかった場合、馬場表面は湿り気はあるものの昨日のような馬場コンディションではなくなる可能性があります。

そうなればバイアスは変わってくる…それも踏まえて、注目馬を出してみます。


まずは昨日の馬場コンディション通りのバイアスの場合はこの6頭に注目。

ハーツクライで母父エルコンドルパサーシュンドルボン
ハーツクライヌーヴォレコルト
スズカマンボパワースポット
キングカメハメハタガノエトワール(+牝系にトニービン)
母父トニービンのシャトーブランシュ
母父エルコンドルパサーマリアライト
スズカマンボメイショウマンボ

人気のヌーヴォレコルトから残りの馬に流す馬券でも十二分に元は取れそうな馬ばかりですね。


次に個人的感覚から「今日降雨が無かった場合」の馬場バイアスに合いそうな馬を選出。

タフなレースとなった秋華賞でよもやだったクイーンズリング
昨年のローズSでヌーヴォレコルトに迫ったタガノエトワール
稍重の東京を外枠から差し切ったノボリディアーナ
距離不安も展開が向きそうなスマートレイアー
昨年の雪辱なるか、ヌーヴォレコルト
最後に、背水の陣で大逃げの可能性は…?のメイショウマンボ


馬場バイアスと被るという点では、ヌーヴォレコルトが軸に最適な馬となるのではないでしょうか。


ラキシスの連覇達成か。
ヌーヴォが昨年の雪辱を晴らすか。
はたまた3歳による世代交代か。。。

混戦の一戦となるに違いはなさそうです。

さて、結果や如何に。


執筆者:K-MCS(MYコロシアム>最新予想にリンク)


------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年10月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第129回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜府中牝馬ステークス GII
閲覧 160ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「府中牝馬ステークス GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、スマートレイアー1頭。
第2グループ(黄)は、ケイアイエレガント1頭。
第3グループ(薄黄)は、ゴールデンナンバーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のパワースポットまで2頭で、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、思いのほか第3グループまでに入ってくる馬が絞られ4頭の名前のみが挙がり、よく見るとその下5位シャトーブランシュ以下は10頭くらいが僅差の状況で続いています。

第3グループ内の4頭を見ると、総合トップのスマートレイアー以外は6歳以上の3頭であることに気付きます。このレースの一つの傾向として、いろいろなところでも書かれていることですがフレッシュな馬のほうが良いという点を考えると、第2〜第3グループの3頭はやはり高い評価はしづらい存在。実際6歳以上はほとんど連対が無く、あっても前走で重賞連対していた2010年のセラフィックロンプの2着のみという厳しい状況となっています。
こうしたことから、◎はスマートレイアーとしたいと思います。“リピーター”レースでもあるこのレースの傾向にもマッチしているこの馬に期待してみたいと思います。
そして、◎スマートレイアーの相手にも通算出走回数20回以下のフレッシュなところから○イリュミナンス、▲スイートサルサ、☆カフェブリリアントを選び、◎=○▲☆の馬連を厚めに◎=○▲☆からの3複を今回の私の馬券としたいと思います。
一応△には、シャトーブランシュレッドリヴェールケイティバローズケイアイエレガントノボリディアーナメイショウマンボに印を回します。
と、ここまで書いてて気付きました。「この馬が出てるレースはもう買いません!」と前回ヴィクトリアマイルの回顧で誓ったミナレットが出てる......。また3単はざっと2000万くらいかな(^_^;)


【馬連フォーメーション】
◎=○▲☆
4=12,13,17 (3点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△
4=12,13,17=1,2,3,5,7,12,13,15,17 (21点)

計24点

[もっと見る]

2015年06月16日(火) 15:50 【ウマニティ】
先週の回顧〜(6/13〜6/14)サラマッポプロが阪神6Rで◎○▲の完全的中で回収率323%!
閲覧 330ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、14(日)に東京競馬場でG3エプソムカップが、阪神競馬場でG3マーメイドステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エプソムカップエイシンヒカリが逃げて直線コースへ。先頭はエイシンヒカリでリードは1馬身、続いてフェスティヴタローヒラボクディープが追い出されると、サトノアラジンも内に進路を取って進出。残り200mを通過、ここでやや外に寄れたエイシンヒカリ、内を突いたサトノアラジンの2頭が抜け出して叩き合い、やや離れて外からはディサイファフルーキーも脚を伸ばしてきます。残り100mを通過、懸命に逃げ込みを図るエイシンヒカリがゴール前でもうひと伸びを見せ、サトノアラジンを抑え込んで重賞初V。クビ差の2着にサトノアラジン、そこからクビ差の3着にディサイファが入っています。
 
公認プロ予想家では河内一秀プロジョアプロ岡村信将プロ馬っしぐらプロろいすプロサラマッポプロが的中しています。
 
G3マーメイドステークスリラヴァティが先手を奪って直線コースへ。直線に入ると2番手につけていたウインプリメーラリラヴァティに並びかけて2頭が先頭争い。続いて差がなく、カノンアースライズも前を追います。残り200mを通過、ここでウインプリメーラが単独で先頭に立ち、外からはマリアライトパワースポットも良い脚で追い込んできます。残り100m、ここで大外からエンジンかかったシャトーブランシュが前を行く3頭に一気に追いつくと、力強い末脚でまとめて差し切る快勝!待望の重賞制覇となりました。3/4差の2着にマリアライト、そこからアタマ差の3着にパワースポットが入っています。
 
公認プロ予想家ではkmプロ山崎エリカプロサウスプロ霧プロシムーンプロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(土)阪神6Rで『かきこみ走法でダート向きの印象。初ダートで変わり身ある。』と本命に推したデンコウインパルスが見事1着!◎○▲のパーフェクト予想を披露し、単勝、馬連、ワイド、馬単、3連単を的中!16万9660円を払い戻しました!週末トータル的中率50%、回収率323%、収支プラス12万5060円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
13(土)東京1Rで『調教評価S』と狙ったオーゴンマリアが1着。単複5000円ずつ的中させ、6万6500円を払い戻しました!勝負レースに指定した14(日)東京11RエプソムカップGIIIではエイシンヒカリの単複をしっかり的中、この他にも東京9Rの◎プロトコルで4万1500円を払い戻すなど、好調予想を披露し、週末トータル回収率153%、収支プラス7万6750円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
勝負レースに指定した13(土)東京12Rで◎○△の印で単勝、馬連、3連複、3連単を仕留め、2万9740円を払い戻し!阪神12Rでも◎○△の本線で3万5850円の払い戻し!この他のレースでもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率63%、回収率148%の安定した成績を収めました!
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースとした13(土)東京11Rで◎ベルゲンクライからの馬連225.2倍を200円的中させ、4万5040円を払い戻しました!再び勝負レースに指定した14(日)東京9Rでも馬連71.1倍、ワイド21.7倍、3連複111.9倍を的中!週末トータル回収率120%をマークしています!
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


「TCK007」

[もっと見る]

⇒もっと見る

パワースポットの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

パワースポットの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

パワースポットの写真

投稿写真はありません。

パワースポットの厩舎情報 VIP

2015年11月15日エリザベス女王杯 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パワースポットの取材メモ VIP

2015年11月15日 エリザベス女王杯 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。