チューリップ賞2017

2017年3月4日(

チューリップ賞 G3

阪神競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜チューリップ賞2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【金鯱賞】ロードヴァンドール単騎逃げ
 阪急杯のヒルノデイバロー(4番人気)に、チューリップ賞のミスパンテール(7番人気)、弥生賞のマイスタイル(8番人気)。昆厩舎がここ2週の3重賞で2着に食い込み、波乱を演出している。 人気を上回る快走劇は“してやったり”かもしれないが、スカッと勝ちたいのも間違いないだろう。昆調教師がその期待をかけるのがロードヴァンドールだ。「前走はハイペースの2番手からよく粘ってくれた。いい経験になったはずだし、もうひとつしぶとさがついたと思う。今回は何が何でもというタイプがいないから、自分のペースで行けそう」。注文どおりの単騎逃げで重賞タイトルをつかみ取る。★金鯱賞の枠順はこちら
3月10日(金) 12:02

 3,673

【Fレビュー】真っ赤に燃えろカラクレナイ
 阪神メインの桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(12日、GII、芝1400メートル)に、2連勝中のカラクレナイが参戦する。開業3年目の松下武士調教師(36)=栗東=は、平地重賞初Vがかかる一戦。鞍上に絶好調のミルコ・デムーロ騎手(38)=栗・フリー=を迎え、大一番に向けた勝負に挑む。 ここで弾みをつける。2015年3月に厩舎を開業した松下調教師は、初年度に15勝を挙げ、昨年も28勝と躍進著しい。これまでに障害重賞を2勝しているが、平地重賞は未勝利。今週のカラクレナイに寄せる期待は大きい。先週4日に、同期の池添学調教師が夕刊フジ賞オーシャンS(メラグラーナ)で重賞初Vを決めたばかり。「続きたいですね」と力が入っている。 「勝ちたいですよ。いい結果を出して、大きな舞台に進みたい」 意識するのは、もちろん桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)だ。12月の万両賞で2勝目を挙げたあとは、ここを目標に調整。1カ月前に帰厩し、週を追うごとに上昇カーブを描いている。1週前にM・デムーロ騎手が乗ったことで、気合も入ってきた。 「体重的にはずっと480キロあたりですが、馬はしっかりしてきました。調教の行きっぷりも良くなり、今週(8日)も最後に気合づけを促したぐらいで、いい動き(CWコースで6ハロン82秒2−11秒8)を見せてくれましたよ」 セールスポイントは秀でた末脚だ。未勝利戦は発馬が今ひとつだったが、メンバー最速の上がり(3ハロン34秒4)でV。前走も前半は多少、行きたがる面を見せたが、ラスト200メートルあたりからグイグイと伸びての勝利だった。 「発馬も良くなっているし、前走ぐらいの位置から行くのがいいでしょうね。スッと反応しないけど、加速してからは長くいい脚を使う。馬群をどうさばくかが鍵だと思います」 万全の状態を整えた新進気鋭のトレーナーは、2月以降、日曜メイン5連勝中のM・デムーロ騎手に春の夢を託す構え。初の平地重賞タイトルを手にして、堂々と桜花賞に駒を進める。 (佐藤将美)★フィリーズレビューの出馬表はこちら 調教タイムも掲載馬名の由来 唐紅。濃い紅色のこと。
3月10日(金) 05:02

 1,485

【Fレビュー】最高のキレ!レーヌ、ラスト11秒6
 桜花賞トライアル・フィリーズレビューの追い切りが8日、東西トレセンで行われた。栗東では前走のクイーンCで4着のレーヌミノルが、CWコースでシャープな伸びを披露。サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。2連勝中のカラクレナイもCWコースで力強い動き。GII勝ち馬のジューヌエコールは坂路を軽快に駆け上がった。 寒の戻りで気温0度まで冷え込んだ栗東トレセンを、レーヌミノルが熱くした。CWコースでの意欲的な3頭併せでシャープな伸びをみせた。 「いい動きでしたね。全体の時計を速くはしたくなかったので(馬の後ろで我慢させ)しまい100メートルだけの指示。時計的にもちょうどいい感じ。ひと叩きして具合がよくなっています」 予定通りの最終リハに本田調教師が納得の表情を浮かべた。他馬もまばらになった午前10時前。向こう正面では約5馬身ほど2頭を追走し、じっくりと我慢させながら直線では内の進路へ。一杯に追われると鋭い反応をみせ、ラスト1ハロンは11秒6の切れ味。中メイショウミツボシ(1000万下)に1馬身、外メイショウマトイ(未勝利)に1馬身半先着と貫禄を示した。 6ハロンは85秒2と速くはなかったが、1日の1週前追い切りで浜中騎手が騎乗し、CWコースの3頭併せでしっかりとやっているため。浜中騎手は「前走を使ってぴりっとしていた。動き、反応とも順調にきているな、という感じ」と、すでに手応えをつかんでいる。 また、担当の中井助手によると「先週は行きたがった部分があった」ということで、遅いペースで折り合いを確認する意味もあった。この日は中井助手が騎乗し「ハミを抜いてリラックスして走れるようになった。筋肉が戻ってハリも出てきています」と納得の様子。態勢は万全といえる。 阪神JF3着以来、2カ月ぶりだった前走のクイーンCは、押し出されるようにハナに立った。厳しい展開となったが、0秒5差の4着なら悲観することはない。トレーナーは「直線が東京より短いし、距離も1ハロン短くなるのはいい」と自信をのぞかせる。 「本番前のひと叩きだけど、それなりの結果を出さないと、本番どうこうはいえないからね」 トレーナーは力強い言葉で締めくくった。胸を張って桜の舞台へ向かうためにも、負けられない戦いになる。 (山口大輝)★フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月9日(木) 05:03

 1,798

【Fレビュー】ベルカプリ、桜優先出走権獲る!
 今週の阪神日曜メインはフィリーズレビュー(GII、芝1400メートル)。注目はベルカプリだ。ハデさはないが、しぶとい走りで2勝をマーク。のちの重賞ウイナーなど強豪相手にも善戦しており、状態も休み明けを使って上昇。桜花賞の権利獲得を狙う。 前走で2勝目を挙げたベルカプリが、桜花賞出走をかけて勝負に出る。現在の賞金900万円でも出走できる可能性はあるが、3着までに与えられる優先権獲得で、桜の舞台を確定させたい。 「チューリップ賞も考えたが、メンバーなども考えてここに出走することに。(権利を)取りたいね」 西浦調教師が話す。先週のチューリップ賞には、昨年の阪神JF1、2着馬ソウルスターリング、リスグラシューがおり狭き門。1週延ばす方が権利獲得の可能性が高いとみて出走を決めた。 初勝利に5戦を要し、前走、平場の500万下で2勝目を挙げたばかり。戦歴は地味に映るが、昨年11月のデイリー杯2歳Sでは、今回、人気を集めるジューヌエコールと0秒2差の5着。2戦目の未勝利では、のちにシンザン記念を勝つキョウヘイと0秒2差の2着、4戦目ではクイーンCを制するアドマイヤミヤビと0秒3差の2着。強豪相手にも差のないレースを繰り広げており、潜在能力は今回のメンバーでも見劣りはしない。 クビ差勝ちの前走も中身は濃い。約2カ月半ぶりのうえに行き切るまでに脚を使い、直線では2着馬に前に出られながら差し返す、強い内容。トレーナーは「休み明けでもよく頑張った。休んで馬が良くなっていたし、今回は叩いた上積みもある」と、さらなる力走に期待を込める。 1週前の1日には、坂路で4ハロン55秒0−12秒4を馬なりで軽やかにマーク。好調をアピールした。 「前走時は、帰厩してから時計を出したのは2本だけ。反動が気になったが、その心配はなさそうだし、使ってガス抜きができ、落ち着きも出てきた。瞬発力はそうでもないけど、馬体が合えばしぶとい馬。ジワ〜っと行って、そういう良さを生かせれば」 チューリップ賞で西浦厩舎はアロンザモナを出走させたが7着。先週、取り逃した桜の優先出走権を今度こそ、取るつもりだ。 (片山和広)★フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月8日(水) 04:05

 1,088

【愛知杯】レース展望
 今週14日、今年の中京競馬が始まる。29日までの3週、6日間の短期開催で、初日に牝馬限定のハンデGIII、愛知杯(芝2000メートル)が組まれている。以前は12月に行われていたが、古馬牝馬のレース体系の整備によって昨年から1月に移行。京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)、中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)、サンケイスポーツ杯阪神牝馬S(4月8日、阪神、GII、芝1600メートル)、福島牝馬S(4月22日、福島、GIII、芝1800メートル)、ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)と続く、上半期の路線が確立された。 今年の愛知杯は上下7キロのハンデ差があり、冬場で体調管理も難しい時季だけに、難解なレースとなりそうだが、プリメラアスール(栗東・鈴木孝志厩舎、5歳)を中心にみたい。まだ準オープン馬ながら、前走のエリザベス女王杯では5着に逃げ粘った。今回はベストの2000メートル。左回りは昨春、新潟で1戦したのみで6着に敗れているので不安がないとはいえないが、52キロのハンデは魅力だ。同型がいないだけでなく、先行タイプすらも少ないメンバー構成は有利に映る。前走後、約2カ月と少し間隔はあいたが、乗り込みは順調でチャンスは十分だ。 シャルール(栗東・松永幹夫厩舎、5歳)はトップハンデの55キロ。昨年、福島牝馬SとクイーンSでともに2着に入った実績がある。前走のエリザベス女王杯は15着と大敗したが、GIIIなら見直せる。中間は力強い動きを見せており、仕上がりに問題はなさそうだ。中京芝2000メートルは一昨年暮れに500万下ながら圧勝しているように、コース適性も上々。上位争いは必至だろう。 もう1頭、55キロを課されたのがヒルノマテーラ(栗東・昆貢厩舎、6歳)だ。3走前のオープン特別・カシオペアS(芝1800メートル)では強力牡馬を相手に、直線一気の内容で優勝。その後はエリザベス女王杯13着、チャレンジC10着と振るわないが、牝馬同士のGIIIなら見直しが必要だ。 クリノラホール(栗東・谷潔厩舎、4歳)は粟島特別、近江特別、逆瀬川Sと500万下から芝1800メートル戦を3連勝中。重賞挑戦は昨年のチューリップ賞15着以来となるが、当時と全く違う勢いがある。全4勝の内訳は1600メートル1勝と1800メートル3勝なので、1ハロンの距離延長がポイントになるが、53キロで出走できるのは有利だ。 クインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)は昨年暮れの準オープン・カウントダウンS(芝2000メートル)を勝っての挑戦。成績に波があるタイプでアテにはしづらいが、3歳時には秋華賞トライアルの紫苑S(芝2000メートル)を勝った実績もある。ハンデ53キロなら好走しても不思議はない。今回は藤岡康太騎手とのコンビで挑む。 ダイワドレッサー(美浦・鹿戸雄一厩舎、4歳)=54キロ=もむら駆け傾向は否めないが、フェアリーS、ラジオNIKKEI賞と重賞で2着が2回ある。2走前の福島記念では今回と同じ2000メートルで年長馬の牡馬相手に3着と好走しているので目が離せない。 相手なりに走るタイプのマキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、5歳)=53キロ、昨年2着のリーサルウェポン(栗東・荒川義之厩舎、6歳)=50キロ、近況は今ひとつながら一昨年の牝馬3冠レースで6、5、4着と善戦したアンドリエッテ(栗東・牧田和弥厩舎、5歳)=52キロ=なども上位争いをする力はある。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
1月9日(月) 18:43

 4,872

【チューリップ賞】特別登録馬
2017年3月4日(土)に阪神競馬場で行われるチューリップ賞(GIII)の登録馬は以下の通り。アロンザモナ 牝3アンバーミニー 牝3エントリーチケット 牝3カワキタエンカ 牝3ソウルスターリング 牝3ダノンディーヴァ 牝3ティアドーロ 牝3ハローユニコーン 牝3ビップキャッツアイ 牝3ミスパンテール 牝3ミリッサ 牝3ラントシャフト 牝3リスグラシュー 牝3レッドリボン 牝3ワールドフォーラブ 牝3◆チューリップ賞(GIII)の重賞攻略はこちら。
2月26日() 17:30

 4,605

【金鯱賞】ロードヴァンドール単騎逃げ
 阪急杯のヒルノデイバロー(4番人気)に、チューリップ賞のミスパンテール(7番人気)、弥生賞のマイスタイル(8番人気)。昆厩舎がここ2週の3重賞で2着に食い込み、波乱を演出している。 人気を上回る快走劇は“してやったり”かもしれないが、スカッと勝ちたいのも間違いないだろう。昆調教師がその期待をかけるのがロードヴァンドールだ。「前走はハイペースの2番手からよく粘ってくれた。いい経験になったはずだし、もうひとつしぶとさがついたと思う。今回は何が何でもというタイプがいないから、自分のペースで行けそう」。注文どおりの単騎逃げで重賞タイトルをつかみ取る。★金鯱賞の枠順はこちら
3月10日(金) 12:02

 3,673

【チューリップ】レース展望
 東の春を告げる風物詩が弥生賞なら、西はやはり、桜花賞トライアルのチューリップ賞(3月4日、阪神、GIII、芝1600メートル)がそれに該当する。昨年はのちのオークス馬シンハライトが勝ち、ハナ差2着がのちの桜花賞馬ジュエラーという決着。過去10年を見ても、ウオッカ&ダイワスカーレット(2007年1、2着)に始まり、トールポピー(08年2着)、ブエナビスタ(09年1着)、アパパネ(10年2着)、アユサン(13年3着)、ハープスター&ヌーヴォレコルト(14年1、2着)、レッツゴードンキ(15年3着)と、毎年のようにクラシック馬が出ている。まさに見逃せない、ファン必見のレースだ。 そして今年も、注目の対決が早くも実現する。昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを制したソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎)と、2着リスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎)。本番に向けて、東西のトップトレーナーが送り出す期待馬が顔を合わせることになった。 ソウルスターリングは3戦全勝で2歳女王に輝いた後も順調そのもの。怪物と称されたフランケルの初年度産駒として、世界からもその存在が注目されている。藤沢和雄調教師は「たくましくなったし、気持ちの面にも余裕がある」と成長ぶりを実感。「将来的には海外に連れて行きたい気持ちもある」とまで期待を寄せている。ライバルを再び倒すことで、世代最強牝馬の力を証明する構えだ。 対するリスグラシューも、阪神JFは大外枠で出遅れて流れに乗れなかったのが敗因で、矢作芳人調教師は「強い牝馬が出てくるけど、その中でもトップであると思っている」と愛馬の巻き返しを信じてやまない。今回はアルテミスSを制したときと同じ武豊騎手とのコンビに戻る。鞍上も1週前追い切りに騎乗し、「久しぶりに乗ったけど、いい動きだった」と仕上がりに太鼓判。久々でも力を出せる態勢だ。 実績ある2強に割って入るとすれば、やはりミリッサ(栗東・石坂正厩舎)だろう。半姉は昨年の勝ち馬シンハライトという良血馬。新馬戦を圧巻の内容で制したことで人気を集めた前走のエルフィンSは、スローペースで典型的な前残りの競馬となり、追い込み不発の3着に終わった。それでも末脚の鋭さはひときわ目を引くもの。今回は初の阪神コースになるが、もう1頭の半姉リラヴァティもこのレース3着(14年)の実績があり、血統的な魅力は大きい。 オープンの紅梅Sを制したのがアロンザモナ(栗東・西浦勝一厩舎)。新馬戦を勝った後に臨んだこうやまき賞は4コーナーで不利を受けた影響もあり8着に敗れたが、前走は稍重馬場でしぶとい伸びを見せて快勝した。幸英明騎手とのコンビでは2戦2勝。半姉がマーメイドS勝ち馬のソリッドプラチナム、叔父にNHKマイルC勝ち馬のウインクリューガーがいる血統で、こちらも潜在能力では引けを取らない。 つわぶき賞勝ち馬で、中京2歳S、紅梅Sとオープンで2度の2着があるエントリーチケット(栗東・宮徹厩舎)は先行してしぶといタイプ。持ち味の安定感を生かして、上位進出を狙う。 ディープインパクト産駒も黙ってはいない。決め手鋭いダノンディーヴァ(栗東・大久保龍志厩舎)、重馬場の2戦で1、3着のカワキタエンカ(栗東・浜田多実雄厩舎)、祖母にオークス馬エリモエクセルを持つワールドフォーラブ(栗東・音無秀孝厩舎)など、まだまだ伸びしろを残している素質馬がスタンバイしている。 実績馬が順当に桜花賞へのステップを踏むのか、それともここに勝負をかける1勝馬が貴重な切符を手に入れるのか。3月最初の土曜日は、阪神競馬場から目が離せない。★チューリップ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2月27日(月) 15:48

 3,236

チューリップのニュースをもっと見る >

チューリップの直前追い切り情報をもっと見る >

チューリップの口コミ情報をもっと見る >

会員登録はこちら

●チューリップ賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜チューリップ賞2017〜

第24回 チューリップ賞 G3

2017年3月4日()阪神11R 芝1600m 12頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 10 93.6 ソウルスターリング 牝3 54.0 C.ルメー 藤沢和雄 美浦 476(+4) 1.5 1 1.33.2
2 6 7 72.4 ミスパンテール 牝3 54.0 四位洋文 昆貢 栗東 496(-8) 52.5 7 1.33.5
3 3 3 90.9 リスグラシュー 牝3 54.0 武豊 矢作芳人 栗東 438(+4) 2.7 2 1.33.6 1/2
4 1 1 86.0 ミリッサ 牝3 54.0 福永祐一 石坂正 栗東 412(+2) 11.0 3 1.33.7 3/4
5 2 2 84.3 カワキタエンカ 牝3 54.0 和田竜二 浜田多実 栗東 466(+2) 65.4 8 1.33.8 1/2
6 5 6 83.5 ダノンディーヴァ 牝3 54.0 M.デムー 大久保龍 栗東 454(-2) 15.3 4 1.33.9 1/2
7 5 5 85.6 アロンザモナ 牝3 54.0 幸英明 西浦勝一 栗東 470(0) 35.8 5 1.34.0 1/2
8 7 9 82.9 レッドリボン 牝3 54.0 池添謙一 野中賢二 栗東 436(+2) 142.5 10 1.34.2
9 6 8 83.4 ビップキャッツアイ 牝3 54.0 藤岡康太 清水久詞 栗東 476(-6) 428.5 12 1.34.7
10 4 4 87.7 エントリーチケット 牝3 54.0 柴田大知 宮徹 栗東 434(-2) 44.1 6 1.34.9 1 1/4
11 8 11 83.4 ワールドフォーラブ 牝3 54.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 438(-4) 114.3 9 1.35.3 2 1/2
12 8 12 69.1 アンバーミニー 牝3 54.0 岩田康誠 松永幹夫 栗東 450(0) 315.6 11 1.38.8 大差
ラップタイム 12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9
前半 12.4-23.1-34.2-46.4-58.6
後半 59.0-46.8-34.6-23.2-11.9

■払戻金

単勝10 150円 1番人気
複勝10 110円 1番人気
7 360円 8番人気
3 110円 2番人気
枠連6-7 3,180円 7番人気
馬連7-10 4,360円 11番人気
ワイド7-10 820円 12番人気
3-10 120円 1番人気
3-7 1,060円 13番人気
馬単10-7 4,590円 10番人気
3連複3-7-10 1,630円 6番人気
3連単10-7-3 11,200円 32番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜チューリップ賞2017〜

チューリップのコラムをもっと見る >

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜チューリップ賞2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月4日の勝ち組
3/4 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 チューリップ賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 お車様 お車様 Lv 45 100% 5600% 550,000円 なし
2位 一粒万倍 一粒万倍 Lv 98 8% 181% 292,950円 なし
3位 さかさま さかさま Lv 74 50% 1400% 260,000円 なし
4位 ヌマさん ヌマさん Lv 82 50% 451% 211,050円 なし
5位 アリーナキック アリーナキック Lv 53 66% 651% 160,000円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月4日の勝ち組
3/4 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 チューリップ賞
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ぶれす ぶれす Lv 18 100% 1284% 118,400円
2位 ぷてら ぷてら Lv 57 50% 363% 52,780円
3位 ひであ〜りん ひであ〜りん Lv 63 50% 308% 41,600円
4位 スママサ スママサ Lv 66 60% 172% 36,000円
5位 優羽の分身┗(-_-;)┛ 優羽の分身┗(-_-;)┛ Lv 87 36% 102% 2,670円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜チューリップ賞2017〜

2016年 チューリップ賞 2016年3月5日() 阪神11R 芝1600m 良 16頭

チューリップ賞2016

1着 11 シンハライト 5.6倍(2人気) 池添謙一 1:32.8 92.9
2着 9 ジュエラー 2.0倍(1人気) M.デムーロ ハナ 92.9
3着 7 ラベンダーヴァレイ 41.1倍(10人気) 戸崎圭太 1 1/2 91.4
単勝 11 560円(2人気) 3連複 7−9−11 10,460円(28人気)
馬連 9−11 730円(1人気) 3連単 11→9→7 44,410円(125人気)

2015年 チューリップ賞 2015年3月7日() 阪神11R 芝1600m 重 17頭

チューリップ賞2015

1着 14 ココロノアイ 8.2倍(5人気) 横山典弘 1:37.7 91.9
2着 1 アンドリエッテ 15.2倍(7人気) 川田将雅 1 1/4 90.4
3着 15 レッツゴードンキ 3.8倍(2人気) 岩田康誠 3/4 89.6
単勝 14 820円(5人気) 3連複 1−14−15 4,020円(11人気)
馬連 1−14 5,780円(21人気) 3連単 14→1→15 30,600円(94人気)

2014年 チューリップ賞 2014年3月8日() 阪神11R 芝1600m 良 13頭

チューリップ賞2014

1着 3 ハープスター 1.1倍(1人気) 川田将雅 1:34.3 94.0
2着 13 ヌーヴォレコルト 18.1倍(4人気) 岩田康誠 2 1/2 90.9
3着 12 リラヴァティ 39.1倍(6人気) 松山弘平 1 1/2 89.4
単勝 3 110円(1人気) 3連複 3−12−13 1,860円(5人気)
馬連 3−13 480円(1人気) 3連単 3→13→12 3,730円(7人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/02
チューリップ賞
阪神 15 クロフネサプライズ 6.5倍 3 武豊 1:34.9 98.7
2012/03/03
チューリップ賞
阪神 14 ハナズゴール 37.2倍 4 C.デムーロ 1:35.5 96.8
2011/03/05
チューリップ賞
阪神 12 レーヴディソール 1.1倍 1 福永祐一 1:34.5 93.7
2010/03/06
チューリップ賞
阪神 16 ショウリュウムーン 39.0倍 9 木村健 1:36.1 96.9
2009/03/07
チューリップ賞
阪神 13 ブエナビスタ 1.1倍 1 安藤勝己 1:36.5 92.4
2008/03/08
チューリップ賞
阪神 16 エアパスカル 13.8倍 5 藤岡佑介 1:35.8 89.6
2007/03/03
チューリップ賞
阪神 16 ウオッカ 1.4倍 1 四位洋文 1:33.7 95.6
会員登録はこちら

●チューリップ賞 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜チューリップ賞2017〜

チューリップ賞は、1984年に阪神競馬場芝1600mの4歳(現3歳)牝馬限定桜花賞指定オープン特別競走、チューリップ賞として施行されたのが始まり。チューリップ賞で上位2着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられた。

1994年には重賞競走に格上げされ、重賞昇格に伴い桜花賞の優先出走権は上位3着までに変更。2007年からは2006年12月に阪神競馬場の外回りコースが新設された事により、第1コーナーポケットを発走地点とするコースから向正面を発走地点とする外回りコースに変更された。

チューリップ賞は、桜花賞トライアルで最初に施行される競走で、桜花賞と同コース・同距離で行われること、同じ桜花賞トライアルのGIIフィリーズレビューよりも桜花賞までの間隔が長いこともあり、フィリーズレビュー以上の好メンバーがそろうことが多い。有力馬の多くがこの競走をステップに桜花賞へ向かい、同レースで結果を残すことが多い。

GIII格付け以後の優勝馬には、エアグルーヴテイエムオーシャンスイープトウショウアドマイヤキッスウオッカブエナビスタレーヴディソールなどが名を連ねる。GIII格付け以後、チューリップ賞出走馬からはファレノプシステイエムオーシャンスティルインラブダイワスカーレットブエナビスタブエナビスタアパパネジェンティルドンナハープスターなどが桜花賞を優勝している。

☆チューリップ賞の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

競馬番組表

2017年7月29日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2017年7月30日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る