会員登録はこちら
チューリップ賞 G2   2018年3月3日()  阪神/芝1600m
U指数コラムを見る

チューリップ関連記事

【2歳次走報】ラッキーライラック、チューリップ賞で始動
 ★阪神JFの覇者ラッキーライラック(栗・松永幹、牝)はチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)で始動する。 ★朝日杯FS3着のタワーオブロンドン(美・藤沢和、牡)はニュージーランドT(4月7日、中山、GII、芝1600メートル)かアーリントンC(4月14日、阪神、GIII、芝1600メートル)を使って、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す公算が大きい。 ★ホープフルS4着サンリヴァル(栗・藤岡、牡)は、弥生賞(3月4日、中山、GII、芝2000メートル)を視野に入れる。
2017年12月31日() 05:00

 1,246

【2歳次走報】モルトアレグロ、M・デムーロと紅梅Sへ
 ★朝日杯FSを制したダノンプレミアム(栗・中内田、牡)は、近日中に北海道新ひだか町・ケイアイファームへ放牧に出される。同13着ムスコローソ(美・手塚、牡)は、クロッカスS(1月27日、東京、OP、芝1400メートル)。 ★阪神JF2着リリーノーブル(栗・藤岡、牝)は、チューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)から桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。僚馬で9日中山の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったツヅミモン(牝)は、シンザン記念(1月8日、京都、GIII、芝1600メートル)に向かう。 ★阪神JF5着モルトアレグロ(美・武井、牝)は、M・デムーロ騎手で紅梅S(1月14日、京都、OP、芝1400メートル)へ。 ★つわぶき賞1着アンコールプリュ(栗・友道、牝)は、チューリップ賞か、フィリーズレビュー(3月11日、阪神、GII、芝1400メートル)を使って、桜花賞に挑む。僚馬で10日阪神の未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったノーブルカリナン(牝)は、エルフィンS(2月3日、京都、OP、芝1600メートル)へ。 ★17日中山の新馬戦(芝1600メートル)快勝のアングレーム(美・矢野、牝)、ひいらぎ賞3着グランドピルエット(美・田村、牝)は、ともにフェアリーS(1月7日、中山、GIII、芝1600メートル)か、菜の花賞(同13日、中山、500万下、芝1600メートル)。 ★17日中山の未勝利戦(芝2000メートル)を制したライトカラカゼ(美・相沢、牡)は、京成杯(1月14日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。同レースには黄菊賞12着のギャンブラー(美・斎藤誠、牡)も出走予定。 ★17日阪神の新馬戦(芝1400メートル)を勝ったエアシンフォニー(栗・角居、牝)は、セントポーリア賞(1月28日、東京、500万下、芝1800メートル)にアタックする。
2017年12月21日(木) 05:01

 344

ラッキーライラック、来春チューリップ賞で始動
 阪神JFを3戦無敗で制したラッキーライラック(栗・松永幹、牝2)は一夜明けた11日、馬房で疲れを癒やした。丸内助手は「用意されたカイバをすぐに食べていました。いつものレース後と変わりません」と笑顔。「いい内容で勝ってくれました。扱いやすくて利口だし、現状は言うことないですね。これからもっとしっかりしてくると思います」と、さらなる成長を期待する。13日に放牧へ。来春はチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)で始動予定だ。★ラッキーライラックの競走成績はこちら
2017年12月12日(火) 05:02

 462

【ローズS】シンハ妹ミリッサ、姉妹V決めてひのき舞台へ
 阪神の日曜メインは秋華賞トライアルのローズS(GII、芝1800メートル)。注目は昨年の勝ち馬シンハライトの半妹ミリッサだ。鞍上の福永祐一騎手(40)=栗・フリー=は、過去5年の阪神芝1800メートルでトップの24勝をマーク。連勝で勢いに乗る良血馬との強力タッグで、春の実績馬を打ち負かしにいく。 昨年のこのレースは、オークス馬シンハライトが驚異的な決め手で差し切り勝ち。その後、脚部不安で引退を余儀なくされたが、今年は妹のミリッサが姉妹Vを狙う。 春は、桜花賞トライアルのチューリップ賞で無念の4着。クラシック路線には乗れなかったが、徐々に力をつけてきた。初の年長馬相手となった前走の有松特別(1000万下、中京芝1600メートル)は、メンバー最速の末脚で鮮やかな差し切り勝ち。1分32秒7のコースレコードを叩き出し、地力強化を示した。 「ポテンシャルは高い。今回の条件も一番合っている。開幕週から差し馬が活躍している馬場もいい傾向。ここでやれないと、GIでは勝負できない。(優先出走権を獲得できる)3着まででいい、とは思っていない」 この阪神芝1800メートルで好成績を残す福永騎手の言葉にも自然と力が入る。状態面も申し分ない。担当の大井助手は「体力がついてきて、追い切り後もしっかりカイバを食べている。春は様子を見ながらで攻めきれなかったけど、今はしっかりやれている」と証言。春とはひと味違った姿を見せることができそうだ。 石坂厩舎のローズS成績も抜群だ。昨年のシンハライトだけでなく、2012年ジェンティルドンナ、15年タッチングスピーチと、前5年で実に3勝。また、もう1頭の半姉リラヴァティも14年3着で本番の権利を獲得しており、舞台適性は随一だ。完全に軌道に乗った良血ミリッサが、この秋、躍動する。★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月15日(金) 05:07

 1,463

チューリップのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る