モズカッチャン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
モズカッチャン
モズカッチャン
モズカッチャン
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2014年2月27日生
調教師鮫島一歩(栗東)
馬主株式会社 キャピタル・システム
生産者目黒牧場
生産地日高町
戦績 9戦[4-1-2-2]
総賞金23,439万円
収得賞金10,150万円
英字表記Mozu Katchan
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
サイトディーラー
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ベストブート
兄弟 モズツキミモズドゥーチェ
前走 2017/11/12 エリザベス女王杯 G1
次走予定

モズカッチャンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18357.751** 牝3 54.0 M.デムー鮫島一歩476(-2)2.14.3 -0.034.1⑤⑤④④クロコスミア
17/10/15 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18248.653** 牝3 55.0 M.デムー鮫島一歩478(-4)2.00.4 0.236.6⑤⑤④ディアドラ
17/09/17 阪神 11 ローズS G2 芝1800 18124.327** 牝3 54.0 M.デムー鮫島一歩482(+14)1.46.2 0.734.6⑦⑦ラビットラン
17/05/21 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 181115.062** 牝3 55.0 和田竜二鮫島一歩468(0)2.24.4 0.334.1⑥⑥⑥⑤ソウルスターリング
17/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 181137.2121** 牝3 54.0 和田竜二鮫島一歩468(0)2.01.3 -0.033.9⑦⑦⑧ヤマカツグレース
17/03/26 中山 5 3歳500万下 芝1800 13573.621** 牝3 54.0 和田竜二鮫島一歩468(-8)1.51.8 -0.036.6ビービーガウディ
17/02/12 小倉 4 3歳未勝利 芝1800 166124.431** 牝3 54.0 藤岡康太鮫島一歩476(0)1.48.9 -0.434.2⑫⑫⑨④ジャーミネイト
17/01/17 京都 5 3歳未勝利 芝1800 16815131.5133** 牝3 54.0 和田竜二鮫島一歩476(0)1.50.8 0.335.8⑥④サトノクロニクル
16/12/24 阪神 5 2歳新馬 芝1800 136975.5106** 牝2 54.0 藤岡康太鮫島一歩476(--)1.50.9 1.535.7⑧⑥インウィスパーズ

モズカッチャンの関連ニュース

【京都2歳S】レース展望

2017年11月20日(月) 20:06

 最終週の京都では土曜メインに京都2歳S(25日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。2014年にオープン特別から重賞に格上げされ、同年の3着馬シュヴァルグランは重賞2勝、天皇賞・春で2着に好走。26日のジャパンCでも有力候補の一頭になっている。オープン特別時代の勝ち馬にも、古くは1969年タニノムーティエ(皐月賞、ダービー)、93年ナリタブライアン(3冠、有馬記念、朝日杯3歳S)がおり、00年以降でも01年アドマイヤドン(朝日杯FSのほか、フェブラリーSなどダートGI・6勝)、02年エイシンチャンプ(朝日杯FS)、09年ヴィクトワールピサ(皐月賞、有馬記念、ドバイワールドC)、12年エピファネイア(菊花賞、ジャパンC)、13年トーセンスターダム(豪州移籍後GI・2勝)と一流馬がズラリ。負けた馬からも02年2着ザッツザプレンティ(菊花賞)、04年2着ヴァーミリアン(ダートGI・9勝)、08年3着アンライバルド(皐月賞)と活躍馬が出ている。同じ2000メートルの距離で今年、ホープフルSがGIに昇格したことからも、目が離せない。

 実績で一枚上をいくのがタイムフライヤー(栗東・松田国英厩舎、牡)。新馬戦は僅差2着に敗れたが、勝ち馬ロックディスタウンが次走で札幌2歳Sを快勝、3、5、6着馬がその後に勝ち上がりと、メンバーのレベルは高かった。続く未勝利−萩Sともに上がり3ハロン最速の末脚を駆使して連勝。決め手の鋭さは相当だ。重馬場の前走で道悪適性を示しているのも強み。新潟、阪神、京都の3戦全て外回りコースの1800メートルだけに、距離延長と内回りに替わるのが鍵だが、レースぶりから軽々と不安を払いのけても不思議はない。

 マイハートビート(栗東・高橋義忠厩舎、牡)は札幌芝2000メートルの未勝利戦、今回と同じ京都芝2000メートルの紫菊賞を連勝。こちらも2戦ともに上がりはメンバー最速の切れ者で、距離適性の高さを示しているのは心強い。京都新聞杯勝ち、ダービー2着のサトノラーゼンの半弟という血統背景からも2000メートル以上に向き、大舞台に向けて楽しみな素材。ゲートの出が悪い点が気掛かりだが、よほど大きな不利がなければここも好勝負になるだろう。

 ケイティクレバー(栗東・目野哲也厩舎、牡)は、阪神芝2000メートルの新馬、未勝利では勝ち上がれなかった。しかし、今回と同舞台では、デビュー3戦目を4馬身差で圧勝。続く黄菊賞も僅差2着と適性の高さを示した。ハービンジャー産駒は15年の当レースでドレッドノータスが優勝。さらに今秋の京都GIで秋華賞(ディアドラ)、エリザベス女王杯(モズカッチャン)、マイルチャンピオンシップ(ペルシアンナイト)を制しており、同産駒にとっては絶好の馬場状態という印象だ。デビューからの4戦全て手綱を取っている小林徹弥騎手にとっては、08年東海S(ヤマトマリオン)以来となるJRA重賞6勝目の期待がかかる。

 シスターフラッグ(栗東・西村真幸厩舎、牝)は函館で新馬勝ちすると、続く札幌2歳Sも0秒3差4着と善戦。前走のアルテミスSは12着に敗れたが、マイルに距離が短縮されたことで脚がたまらなかった印象だ。叔父にゴールドシップがいる母系からも距離は長い方が良く、上がりもかかった方がいいタイプ。叔父のゴールドフラッグも先週の京都芝2000メートルの2歳未勝利戦を勝ち上がったように、今の京都の馬場は向きそうだ。

 西村真幸厩舎はスラッシュメタル(牡)も送り出す。同舞台の新馬戦を快勝。スムーズに折り合い、上々のレースセンスを見せた。伯父にダービー馬ロジユニヴァースがいるなど、母系の質も確か。絶好調のミルコ・デムーロ騎手の手綱も頼もしい。

 グレイル(栗東・野中賢二厩舎、牡)も、同舞台で新馬勝ち。菊花賞当日の極悪馬場で、強靱な精神力を示した。今年のダービー卿チャレンジTを制した半兄ロジチャリスは2歳時から芙蓉S2着、アイビーS3着とオープンで能力の高さを示していただけに、キャリア1戦でも侮れない。そのほか、先行力が魅力のアイトーン(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)、2000メートルへの距離延長で巻き返しを期すランリーナ(美浦・竹内正洋厩舎、牝)などにも注目したい。

★京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ジャパンC】レース展望 2017年11月20日(月) 19:06

 2カ月にわたる秋の東京開催は今週で終了。ラストを締めくくる日曜メインは、ジャパンC(26日、GI、芝2400メートル)だ。国内外の精鋭が顔をそろえる一戦で、日本馬はGI馬6頭を含む14頭、2005年のアルカセット(英国)以来の勝利がかかる外国馬は3カ国からGI馬3頭を含む4頭が出走予定。今年最後の府中のGIで栄光のゴールを駆け抜けるのはどの馬か−。



 昨年の覇者キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)が主役を演じる。宝塚記念9着からの巻き返しを狙った前走の天皇賞・秋は、スタートのタイミングが合わず後方からの競馬となったが、徐々にポジションを上げていき、4コーナー2番手から堂々と押し切った。大雨が降り続く不良馬場をものともせず、天皇賞春秋連覇を達成し、GI・6勝目をマーク。改めて現役最強を証明した。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカと肩を並べる史上最多タイのJRA・GI・7勝目を挙げ、ラストランの有馬記念に向け弾みをつけたいところだ。



 ダービー馬レイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡3歳)は、早くからここを秋の最大目標にした。前走の神戸新聞杯では、のちの菊花賞馬キセキを2馬身差で完封。減っていた馬体も放牧で回復し、帰厩後の調整は至って順調だ。唯一の敗戦はホープフルS以来4カ月ぶりで挑んだ皐月賞5着のみで、6戦5勝と底を見せていない。エリザベス女王杯でモズカッチャンが4年ぶりに3歳馬として勝利を飾り、マイルチャンピオンシップではペルシアンナイトが17年ぶりに3歳馬Vを飾るなど、3歳世代は絶好調。初の年長馬相手でも十分にチャンスはありそうだ。

 レイデオロと同厩のオークス馬ソウルスターリング(牝3歳)は毎日王冠8着、天皇賞・秋6着と、年長馬の厚い壁に阻まれた。しかし、オークスを歴代2位の2分24秒1の好タイムで駆け抜けた能力は見限れない。オークスの走破タイム歴代1位のジェンティルドンナは、12年のジャパンCで史上初の3歳牝馬Vを成し遂げた。前走から1キロ減の53キロ、オークスと同じ東京芝2400メートルなら巻き返しの可能性はあるだろう。主戦のクリストフ・ルメール騎手がレイデオロに騎乗するため、今回はクリスチャン・デムーロ騎手とのコンビで臨む。



 サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は前走の天皇賞・秋でクビ差2着。直線でキタサンブラックを一完歩ごとに追い詰めながら、最後は相手の二枚腰に屈したが、GI・2勝の底力を存分に発揮した。東京芝2400メートルは一昨年のダービー3着以来だが、距離延長は望むところだ。

 昨年3着のシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)は秋初戦の京都大賞典で3着に敗れたが、勝ち馬との差は0秒1。スタート直後に挟まれていつもより後ろの位置取りになったことを考えれば、悲観する内容ではない。アルゼンチン共和国杯Vから中2週で挑んだ昨年よりも余裕のあるローテーション。7度目のGI挑戦で悲願のビッグタイトルを手にすることができるか。



 同じ友道厩舎で、昨年のダービー馬マカヒキ(牡4歳)は、毎日王冠6着、天皇賞・秋5着のレースぶりに復調気配が伝わる。良馬場の瞬発力勝負になれば、好勝負もありそうだ。

 天皇賞・秋3着のレインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は、ステイゴールド産駒らしく息の長い末脚と豊富なスタミナが持ち味だ。3歳の昨年は後方13番手から直線だけで差を詰めて、勝ったキタサンブラックから0秒6差の6着。GIは菊花賞2着を含む【0・1・2・4】で、大崩れしたのは今年の天皇賞・春の12着しかない。今回も好勝負が期待できる。



 昨年2着のサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)は、前走の京都大賞典でよもやの13着に大敗したが、あてにならない面があるタイプなのでそう気にしなくてもよさそうだ。重賞タイトルこそないが、GIで3度の2着がある実力馬。田辺裕信騎手とのコンビは魅力たっぷりだ。

 天皇賞・秋では15着に大敗したが、2走前の宝塚記念で4着に好走しているシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)や、重賞5勝で今年の大阪杯で3着に入ったヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)も巻き返しを図る。

[もっと見る]

【マイルCS】ミルコで安心ペルシアン! 2017年11月17日(金) 05:04

 秋のGI8連戦の第2弾、マイルCSの出走馬が16日に確定した。JRA・GI9戦連続で3着以内の記録を更新中のミルコ・デムーロ騎手(38)=栗東・フリー=は、ペルシアンナイトとのコンビで挑む。年間最多タイのGI6勝目も見据えての騎乗。今週も頼れるミルコに全権委任だ!!

 日本各地で吹き荒れる木枯らし以上の勢いで、競馬界には“ミルコ旋風”が吹いている。先週のエリザベス女王杯では、5番人気のモズカッチャンをVへとエスコート。これでJRAのGIでは、5月のオークスから9戦連続で3着以内と馬券に絡み続けている。

 「9戦連続で3着以内はすごいですね。とてもうれしいね。今週も頑張ります!!」

 10戦連続の大台がかかる今週の相棒は、皐月賞でも騎乗して2着に入った3歳馬ペルシアンナイトだ。秋初戦の富士Sは5着だったが、不良馬場&初めて年長馬相手で、悲観することはない。15日の追い切りでも、好感触をつかんでいる。

 「ここでも能力は足りると思うよ。追い切りも良かった。久々だった前走を使って、柔らかくなっているよ」

 先週の勝利は、自身にとって今年のJRA・GI5勝目。今週も同じハービンジャー産駒で、歴代最多タイとなるJRA・GI年間6勝目を狙っている。主戦を務めてきたレッドファルクスは出走決定が遅れたため、先約があったペルシアンに騎乗。アーリントンCでも3馬身差の完勝に導いており、乗りに乗る男の手綱が何より心強い。

 3歳世代は、ここ3週で重賞4勝と絶好調。日々成長を遂げている伸びしろは侮れず、GIで勝ち負けになっても不思議ではない。土曜に雨予報が出ているが、日曜は回復する見込み。「前回は馬場(不良)が重すぎた。稍重くらいなら大丈夫」と馬場の不安も打ち消した。

 混戦模様のメンバー構成で、配当の妙味もありそう。勝負強さと安定感を兼ね備えるミルコが、今週も存在感を示す。 (川端亮平)



マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】ペルシアン好調!叩いて12秒0 2017年11月16日(木) 05:06

 ペルシアンナイトはM・デムーロ騎手を背にCWコースで併せ馬を行った。シロニイ(1000万下)を追走し、最後の直線は内から馬なりで差を詰めて併入。6ハロン84秒6、3ハロン38秒4−12秒0をマークし、好気配を漂わせた。

 鞍上は「いつもの感じで動きはよかった。使って柔らかくなっている。前回は馬場が重すぎた。稍重くらいなら大丈夫。力は足りると思うよ」とジャッジ。エリザベス女王杯モズカッチャンに続いて、今週も皐月賞2着と地力がある3歳馬をVへ導くか。



マイルCSの特別登録馬はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【マイルCS】ペルシアンナイト軽快「能力は足りている」 2017年11月15日(水) 10:36

 5着に終わった富士Sから巻き返したい皐月賞2着のペルシアンナイトは、栗東CWコースでの併せ馬。先行したシロニイを楽な手応えで追走し、鞍上から気合が入った直線で並びかけ、そのままゴールへ飛び込んできた。



 「動きは良かった。一度使って、体が柔らかくなっていた。前走は馬場が重く、勝った馬(エアスピネル)が強かった。3歳だから(古馬より)1キロ軽くなるけど、もう少しほしいところ。それほどアドバンテージはないけど、能力は足りている」と、跨ったミルコ。モズカッチャンで制したエリザベス女王杯をはじめGIは9戦連続して3着以内をキープ中だが、今週も続いてみせたい。(夕刊フジ)



マイルCSの特別登録馬はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキークイーン、有馬記念を視野に 2017年11月15日(水) 05:00

 ★エリザベス女王杯を制したモズカッチャン(栗・鮫島、牝3)は、15日にも放牧に出る。「次走は決めておらず、(来春の)ドバイの予備登録を含めて、いろいろと考えたい」と鮫島調教師。2着クロコスミア(栗・西浦、牝4)も、ドバイの予備登録はする方向だが、次走は白紙。3着ミッキークイーン(栗・池江、牝5)は、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)を視野。16着ジュールポレール(栗・西園、牝4)は、ターコイズS(12月16日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。



 ★菊花賞2着クリンチャー(栗・宮本、牡3)は、招待された香港ヴァーズ(12月10日、シャティン、GI、芝2400メートル)を辞退。次走は未定。

 ★福島記念勝ちのウインブライト(美・畠山、牡3)は、年内は使わない公算が大きい。「負ければチャレンジC中日新聞杯を使うプランでしたが、これで見送ることになるでしょう」と畠山調教師。中山金杯(2018年1月6日、中山、GIII、芝2000メートル)などが候補に挙がる。





ミッキークイーンの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズカッチャンの関連コラム

閲覧 2,301ビュー コメント 0 ナイス 9



マイルチャンピオンシップは内枠やや有利も、
脚質による有利不利なし

__________________________


 前回のこのコラムでは、エリザベス女王杯は、G1クラスの馬と、やっと1000万下や準オープンを勝ったばかりの馬とでは能力差が大きく、実力どおりに決まることが多いことをお伝えしました。結果は、激流の秋華賞を先行して小差の3着と一番強いレースをしたモズカッチャンが優勝し、府中牝馬Sの勝ち馬クロコスミアが2着。

 一番強いはずの私の本命馬ヴィブロスこそ、世界を圧巻したドバイターフのように末脚を生かす競馬ではなく、まさかの先行策で5着に敗れたものの、ほぼ実力どおりに決まったのではないでしょうか。ヴィブロス鞍上のルメール騎手は、秋華賞ディアドラのように、競走馬を我慢させることに長けた騎手。5F通過62秒0のスローペースでも、本気で我慢させようと思えば、前に馬を置く形で折り合えたはずですが、今回は勝ちに行ってアウト。

 勝ちに行ってしまったのは、外枠だったのもあるし、そういう競馬でも勝てると過信したからでしょう。ルメ―ル騎手は、今年の日本ダービーで早仕掛けが嵌ってレイデオロで優勝して以来、宝塚記念シャケトラ菊花賞アルアインなど、G1レースでの早仕掛けが目立つようになった気がします。まあ、外枠なのにヴィブロスを過信したというのは、私も同じで反省しなければいけませんが…(''◇'')ゞ。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 さて、気を取り直して今週はマイルCS。実はこのマイルCSも実力どおりに決まることが多いレース。1984年のレース創設から11年連続で1番人気が連対し、そのうち10回が枠連、馬連で10倍以下の低配当。さらに9回が5倍を切る超低配当だったことから、「日本一堅いG1」と言われていた時期がありました。その頃は、ニホンピロウイナーニッポーテイオーなど、絶対王者が存在していたことも低配当に拍車を掛けた理由ですが、コース形態も大いに関係しています。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月17日(金) 10:00 km
【kmのG1データブレイカー 2nd season】〜2017マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 1,148ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、真冬のマイル王を決める『マイルチャンピオンシップ』を分析します。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


G1データブレイカー 2nd season
マイルチャンピオンシップ


2016年マイルチャンピオンシップ
1着 ミッキーアイル
主なデータブレイク項目
→前走初角1-2番手【0.0.0.18】
→ノーザンファーム生産馬【0.1.1.19】
→サンデーサイレンス系×Danzig系【0.2.1.4】
浜中俊騎手【0.0.0.4】

昨年は、7項目中4項目に該当したミッキーアイルが見事にマイルチャンピオンシップを制覇しました。先週のエリザベス女王杯でも2項目該当のモズカッチャンが優勝しました。この勢いに乗って、今週も優勝馬を探す旅に出ましょう!


・前走スワンS【0.4.0.17】

サングレーザー
ダノンメジャー
ムーンクレスト

モーリスが去った後のマイル路線は、未だに王者不在です。似たような状態だったスプリント路線がロードカナロア引退後の混沌とした状態を引きずっているように、今年のマイルチャンピオンシップは大荒れ必至と考えていいでしょう。
それならば、1400で開眼したサングレーザーが大仕事をやってのけてくれるでしょう!

[もっと見る]

2017年11月16日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/11〜11/12)エリザベス女王杯◎、武蔵野S◎、デイリー杯2歳S◎○的中の霧プロら5名が土日回収率130%超の大活躍!
閲覧 637ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン−▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション−△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月15日(水) 17:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11/11〜12の結果(エリザベス女王杯,デイリー杯2歳S)
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 1

11月12日(日)に行われました京都11Rの「エリザベス女王杯 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【17位】△モズカッチャン(7.7倍)
2着:総合ポイント【8位】△クロコスミア(26.4倍)
3着:総合ポイント【2位】○ミッキークイーン(7.2倍)

第4グループ・総合ポイント17位のモズカッチャンが1着、第4グループ・総合ポイント8位のクロコスミアが2着、第1グループ・総合ポイント2位のミッキークイーンが3着という結果でした。


穴で狙った◎トーセンビクトリーは、内・先行有利な馬場で当日もチャンスは広がったかなー、と思って見ていたんですが、結果は終始7番手辺りからの競馬でコンマ4秒差10着敗退。もう1列前で競馬してくれないかと期待したのですが甘かったですね。悔いが残るのは、2着した△クロコスミア。前走時は当コラムでもお世話になった馬で警戒はしていたのですが、乗り替わりも相まって重い印を打つことができませんでした。“2匹目のドジョウ”は無いだろうと、逆に自分で自分に余計な勘繰りを掛けてしまいました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点 払い戻し0円


続いて、11月11日(土)に行われました東京11Rの「デイリー杯2歳ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ジャンダルム(7.3倍)
2着:総合ポイント【6位】◎カツジ(5.4倍)
3着:総合ポイント【7位】☆ケイアイノーテック(5.2倍)

第4グループ・総合ポイント5位のジャンダルムが1着、第4グループ・総合ポイント6位のカツジが2着、第4グループ・総合ポイント7位のケイアイノーテックが3着という結果でした。


カツジはよく頑張ってくれたんですが、レース後談話にもあった通り外に外に行ってしまい若さを見せてしまいましたね〜。残念ですが、若駒ですしこればかりは仕方ないですね。券種と、相手選びのセンスの無さに反省です。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第312回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エリザベス女王杯 G1
閲覧 994ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「エリザベス女王杯 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキークイーンまで2頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバック1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴィブロスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクイーンズリングまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第2グループ→第3グループ間にある2.7ポイント、これが非常に目立つ配置となっています。やはり、JRAで牡馬一線級に交じっての好戦歴を誇る3頭が指数的には抜け出していて、過去のエリザベス女王杯を考えてみても、この3頭の正しい評価というのが今年のエリザベス女王杯攻略の最重要ポイントと言えそうです。一方、その下(4位以下)にはほとんど目立った“溝”が見られず僅差の状況となっています。

総合評価上位の3頭については、当初は、当然能力は認めつつもどれも「どうせ人気だし」と高を括っていて、本命◎はここからは選べないだろうなと考えていました。ところが、原稿執筆時点(土曜午後)でルージュバック6倍台、ミッキークイーン8倍台、スマートレイアー11倍台と思った以上に妙味あり。当日にはもう少し売れてきているのかもしれませんが、うーん......想定よりも甘いオッズに思わず飛びついてしまいそうです。なんだかんだと頭を悩ませたのですが、これは妙味ではなくやはり実力馬に隙ありの“相場観”とみて、初心に帰ることにしました。先に言うと、今回の馬券(3連複フォーメーション◎=○▲☆=印)の2列目評価、○ミッキークイーンスマートレイアールージュバックという位置付けとしました。さすがにここから1〜2頭馬券には絡むだろうと。
◎はトーセンビクトリー。前走は明らかなトライアル仕上げの+10kg出走で、稍重も上りの速い決着も、コース形態も合わなかった印象。2走前にマークした指数は高く、昨秋のジェンティルドンナメモリアルも10頭立てのマイペース逃げと楽が出来たことは事実でも、倒した相手は牡馬も交じってのそこそこのメンバーでした。その2走と同様のコーナー4つのこの条件で内枠なら。“牡馬混合(重賞)実績”に否応なしに目が向く今回、準オープンといえどその後重賞で1、2着する牡馬らをねじ伏せての勝利を昨秋の京都でマークしたこの馬に、終わってみれば“隠れ牡馬混合実績馬だった”というオチを期待。
他、久々に良馬場でレースを迎えられそうで不利もあった2年前のエリザベス女王杯を除けば京都では崩れていない△クイーンズリング、京都の長距離戦では頼もしい鞍上の△マキシマムドパリ、落鉄のあった秋華賞では勝ちに等しい内容だったとみている△モズカッチャンといったところを重視し、先にも触れた通り◎から○▲☆への3複フォーメーションを中心とした馬券で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点

[もっと見る]

2017年11月12日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/エリザベス女王杯 G1(霧プロ)
閲覧 1,197ビュー コメント 0 ナイス 4



 本日登場してもらうのは、血統をベースにした鋭い見解でハイレベルな予想成績をキープし続けているウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。対象レースはもちろんエリザベス女王杯。先週もプラス収支と好調ぶりを見せつけている“予想界のファンタジスタ”の最終結論やいかに!?
 霧さんが本命を打ったのはモズカッチャンです。「デビューから休みなく使われての出走だったオークスが好内容。かなりの叩き良化型なのは間違いなく、前走以上の走りが期待できる」と評価しています。対抗は「牡馬一線級にもヒケを取らない能力。鞍上を選ばないタイプなので、急遽の乗り替わりも問題ないスマートレイアー。単穴は「牝馬同士ならば力量上位で、ムーア騎手の手腕にも期待できるルージュバック。以下、Α↓А↓の順に押さえます。馬券は単勝ァ馬連流しアΝЛ院馬単流しマルチアΝ院■穫∧FMア陰ΝЛ韻脳”蕁K椒譟璽弘奮阿霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズカッチャンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 13

大魔神・佐々木主浩氏「凋落」はドロドロの人間関係!?<1> 福永祐一と「絶縁」後にM.デムーロの「裏切り」......競馬界で孤立無援か─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年11月22日 11時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/11/post_5100.html

これが凋落の始まりなのだろうか。

 12日のエリザベス女王杯で1番人気に支持されたヴィブロスが、最後の直線で伸びを欠き5着に敗退する姿を見て、なんとなくそんなことを思ってしまった。

 無論、G1レースの1番人気が"飛ぶ"ことなど、そう珍しいことではない。先週のマイルCSのイスラボニータだって5着だった。

 ただ、ヴィブロスにとって、そしてオーナーの佐々木主浩氏にとっても海外G1初制覇となった3月のドバイターフで退けた馬たちが、その後ことごとく海外のG1で活躍。本馬はその後、秋まで休養したが、その間の国際的な評価は"うなぎのぼり"といった感じだった。退けたライバルたちが勝てば勝つほど、必然的に評価が上がっていったのだ。

 だからこそ、ヴィブロスにとって今秋のエリザベス女王杯は、まさに威厳を示さなければならないレースだった。そんな中での不甲斐ない敗戦。コース取りの差はあったものの、同じように好位から競馬したモズカッチャンが勝ったことも、この馬の評価を下げることに繋がっている。

 佐々木氏はこれで、この秋の重賞レースを1番人気で3連敗。シュヴァルグラン、ヴィブロスといった期待馬がビッグレースで人気を背負っての連敗は、相当なフラストレーションになっていてもおかしくはない。競馬なので当然こういうこともあるが、何せこれまでの佐々木氏の馬主ライフはあまりにも上手く行き過ぎていた。

 毎年わずか数頭を所有する、あくまで"地味"な個人馬主であるにもかかわらず、佐々木氏の所有馬の活躍はとにかく「派手」だった。

◆次のページ 佐々木氏の成功の隣には、JRAのトップジョッキーとして活躍する福永祐一騎手の姿が

 自らが師と崇めるアドマイヤ軍団の総帥・近藤利一氏と共有した初のJRA所有馬アドマイヤマジンが5勝を上げる活躍。JRAとしては3頭目の所有馬マジンプロスパーで重賞初制覇を飾ると、6頭目のヴィルシーナであっさりとG1制覇を成し遂げた。

 その後も所有馬がことごとく活躍。「大魔神」の愛称で日本だけでなくメジャーリーグでも大活躍した佐々木氏だけに、その派手な現役生活と相まって、馬主としての"強運"も即座に注目の的に。ディープインパクトの金子真人氏などと並ぶ「神馬主」としてメディアでも大きく取り扱われた。

 そんな佐々木氏の成功の隣には、JRAのトップジョッキーとして活躍する福永祐一騎手の姿があった。

 ヴィブロスの秋華賞を始め、佐々木氏のJRA通算49勝の内、14勝を上げ、重賞9勝中4勝を上げていた「マジン軍団」の主戦・福永騎手。佐々木氏とは2人で酒を酌み交わすほどの"蜜月"の関係にあった。だが、今年6月の宝塚記念(G1)のシュヴァルグランの騎乗を巡って対立。現在は絶縁状態にあるようだ。

 2人は宝塚記念の作戦を綿密に打ち合わせていたようだが、シュヴァルグランが逃げを選択したことで、すべてが台無しになった。結果は8着に惨敗。佐々木氏は事情を聞こうとしたが、福永騎手はその日そのまま妻・小林麻央さんを亡くしたばかりの市川海老蔵を激励に。連絡がつかなかったという。

 これで佐々木氏は激高。後で事情を知った福永騎手が何度も謝罪の電話を入れたそうだが、佐々木氏は一切応じなかったという。これで2人に大きな確執が生まれることとなったようだ。

◆次のページ “悪い流れ”が表面化したのが、今週のジャパンCの鞍上問題

 事情があったとはいえ、主戦騎手を失った佐々木氏。ただ、ヴィブロスにはC.ルメール騎手、シュヴァルグランにはM.デムーロ騎手というトップジョッキーを手配し、当初は何の問題もないように思われた。

 しかし、この秋の重賞1番人気3連敗は、いずれもこれらの主力、つまり本来なら福永騎手が騎乗するはずだった馬によってもたらされたものだ。無論、福永騎手が騎乗していれば勝っていたと述べるつもりはない。だが、馬主の"流れ"として決して好ましくないことは、誰の目にも明らかだろう。

 そして、その"悪い流れ"が表面化したのが、今週のジャパンCの鞍上問題だ。

 当初、ジャパンCに出走するシュヴァルグランにはデムーロ騎手が騎乗する予定だった。実際に、本馬の1週前追い切りにはデムーロ騎手が騎乗し、佐々木氏も『週刊ギャロップ』(サンケイスポーツ)のコラム内でデムーロ騎手とのコンビ継続を明言するなど、完全なる「既定路線」だったと述べても過言ではない。

 ところが外国馬のアイダホが、ジャパンC参戦を表明したことで事態は急転。デムーロ騎手のもう1頭のお手馬サトノクラウンにはR.ムーア騎手が騎乗する予定だったが、この英国人騎手はアイダホのオブライエン厩舎と主戦契約を結んでいる身。その結果、シュヴァルグランよりも人気を集めるであろう、サトノクラウンの鞍上が空白となったのだ。

◆次のページ 「禁断の乗り替わり劇」には両陣営だけでない「影」が

2頭の鞍上問題はもつれにもつれ、シャパンC当週を迎えてようやく決着した。"はじき出された"のは、シュヴァルグランの佐々木氏だ。デムーロ騎手は、サトノクラウンに騎乗することがほぼ決まった。

 まさかの"どんでん返し"を食らったシュヴァルグラン陣営が、即座に豪州の名手H.ボウマン騎手を確保できたことは不幸中の幸い。しかし、面白くないのは自身の発言が覆され、世間に赤っ恥をかくこととなった佐々木氏だ。

 まだ決着したばかりとあって、今回の舞台裏はまだ不明瞭な部分も多い。だが、この「禁断の乗り替わり劇」には両陣営だけでなく、「サトノ軍団」の総帥でありセガサミーグループの会長を務める里見治氏や、2頭を生産した社台グループの影があったことは想像に難しくはないだろう。(続く)
(文=浅井宗次郎)

 ユウキ先生 2017年11月20日(月) 11:22
☆デムーロ転がしの続き♪463万円へ(*^-^*)☆
閲覧 111ビュー コメント 1 ナイス 12

昨日行われたマイルCS☆

さすが勢いナンバー1のⅯ・デムーロ騎手がペルシアンナイトを勝利へと導きました(^^)/

某スポーツ紙では『神騎乗』とも(^^♪

これでオークスから続いているG1の騎乗機会10戦連続馬券圏内達成〜〜〜☆☆

ホントホント素晴らしい事です(*^-^*)

以前記載した日記ではオークスから1000円ずつⅯ・デムーロ騎手騎乗の馬に複勝を賭けていったらとし、9戦目のエリザベス女王杯でモズカッチャンで勝利した時点で1598220円となっていました☆

今回その1598220円(10円以下切り捨て)×マイルCSのペルシアンナイトの複勝(290円=2・9倍)を掛けますと〜〜〜〜♪♪

なんと!!!463万4780円!(^^)!

夢のような金額です〜〜〜こんな賭け方してGETした方本当におられるのかな〜〜〜

[もっと見る]

 パレハ 2017年11月20日(月) 10:18
M・デムーロG鞠間6勝だがルメール、豊にも可能性あり!?
閲覧 185ビュー コメント 0 ナイス 2

M・デムーロ
6勝
フェブラリーステークス(ゴールドドリーム)的中!
宝塚記念(サトノクラウン)ハズレ
スプリンターズステークス(レッドファルクス)ハズレ
菊花賞(キセキ)ハズレ
エリザベス女王杯(モズカッチャン)的中!
マイルチャンピオンシップ(ペルシアンナイト)一応的中!満足は行かないが。

C・ルメール
4勝
ヴィクトリアマイル(アドマイヤリード)当たるわけない
オークス(ソウルスターリング)ハズレ
日本ダービー(レイデオロ)的中!
秋華賞(ディアドラ)ハズレ

武豊
3勝
大阪杯 的中!
天皇賞・春 的中!
天皇賞・秋(キタサンブラック)的中!

俺の馬券結果はね。

残るG汽譟璽垢
ジャパンカップ
チャンピオンズカップ
阪神ジュベナイルフィリーズ
朝日杯フューチュリティステークス
有馬記念
ホープフルステークス

過去の年間G汽譟璽6勝達成の騎手を見たがやはり同一の馬やクラシック3冠による達成だがデムーロは全部別の馬での達成は偉業ですね、こんごはさらに伸ばせるのかまたはG気任稜老対象の記録を伸ばせるのか来週も楽しみですね。

流行語大賞が今だったら『ミルココロガシ』って選ばれそうでしたよね(笑)

それはさておき
今週はジャパンカップ
デムーロはシュヴァルグラン?サトノクラウン?
豊はもちキタサンブラック
ルメールはレイデオロ

あり得ないけど
年間G6勝達成が同年で3人も達成なんてあるわけないよね、いやあったらこれはマジすげぇ〜と言うしかない。

年度代表馬っていうよりジョッキー年度代表ってJRA賞あればいいのにね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズカッチャンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モズカッチャンの写真

モズカッチャン
モズカッチャン
モズカッチャン

モズカッチャンの厩舎情報 VIP

2017年11月12日エリザベス女王杯 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モズカッチャンの取材メモ VIP

2017年11月12日 エリザベス女王杯 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。