ミッキーロケット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミッキーロケット
ミッキーロケット
ミッキーロケット
ミッキーロケット
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年3月3日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主野田 みづき
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[4-6-0-9]
総賞金18,611万円
収得賞金3,525万円
英字表記Mikki Rocket
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
マネーキャントバイミーラヴ
血統 ][ 産駒 ]
Pivotal
Sabreon
兄弟 マイフリヴァドラゴンラヴ
前走 2018/01/14 日経新春杯 G2
次走予定

ミッキーロケットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 12683.824** 牡5 57.5 和田竜二音無秀孝486(+4)2.27.2 0.935.3⑤④パフォーマプロミス
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 185104.012** 牡4 57.5 和田竜二音無秀孝482(+6)1.59.5 0.234.0⑥⑥⑥⑥メートルダール
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1851063.41412** 牡4 58.0 和田竜二音無秀孝476(-8)2.10.9 2.640.6⑨⑩キタサンブラック
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 15355.434** 牡4 57.0 和田竜二音無秀孝484(+6)2.23.3 0.334.0⑥⑥⑥⑧スマートレイアー
17/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 111132.586** 牡4 58.0 和田竜二音無秀孝478(-2)2.12.3 0.936.4④④⑥サトノクラウン
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 141114.667** 牡4 57.0 和田竜二音無秀孝480(0)1.59.4 0.533.9⑪⑪⑪⑬キタサンブラック
17/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10893.424** 牡4 56.0 和田竜二音無秀孝480(+2)2.14.4 0.334.5⑧⑧⑧⑧サトノクラウン
17/01/17 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 14452.911** 牡4 55.0 和田竜二音無秀孝478(+6)2.25.7 -0.036.0④④シャケトラ
16/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 184812.245** 牡3 57.0 和田竜二音無秀孝472(+4)3.04.0 0.734.6⑨⑩⑭⑩サトノダイヤモンド
16/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 1581527.462** 牡3 56.0 和田竜二音無秀孝468(-10)2.25.7 0.034.0⑨⑨⑪⑪サトノダイヤモンド
16/08/14 札幌 10 HTB賞 1000万下 芝2000 13681.611** 牡3 54.0 池添謙一音無秀孝478(0)2.02.4 -0.134.0⑧⑨⑦⑤フォワードカフェ
16/07/24 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 137111.612** 牡3 54.0 池添謙一音無秀孝478(+2)1.59.9 0.235.4⑩⑩⑥⑤カルヴァリオ
16/07/10 函館 8 3歳以上500万下 芝2000 11551.911** 牡3 54.0 池添謙一音無秀孝476(+2)2.00.8 -0.334.3⑤⑤ロングスピーク
16/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1848150.41413** 牡3 57.0 横山典弘音無秀孝474(+2)2.00.0 2.135.7⑮⑯⑰⑯ディーマジェスティ
16/03/20 中山 11 スプリングS G2 芝1800 11676.325** 牡3 56.0 C.ルメー音無秀孝472(0)1.48.4 0.334.8⑪⑪⑪⑪マウントロブソン
16/02/21 京都 9 つばき賞 500万下 芝1800 9332.012** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝472(-4)1.52.6 0.234.7⑦⑦ナムラシングン
16/01/30 京都 9 梅花賞 500万下 芝2400 11784.432** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝476(0)2.30.3 0.435.8⑧⑧⑥⑥アドマイヤダイオウ
16/01/11 京都 5 3歳未勝利 芝1800 16362.411** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝476(-2)1.48.9 -0.134.6⑤⑤ステイキングダム
15/12/12 阪神 5 2歳新馬 芝1800 148142.512** 牡2 55.0 浜中俊音無秀孝478(--)1.50.6 0.433.6⑧⑦ロワアブソリュー

ミッキーロケットの関連ニュース

 ★日経新春杯7着モンドインテロ(美・手塚、牡6)は検討されていたカタールGIエミールズT(2月24日、アルライヤン、芝2400メートル)は断念。今後は状態を見て決まる。同厩でジャニュアリーSを快勝したベストマッチョ(セン5)はバレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★日経新春杯4着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)は京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)へ。

 ★愛知杯2着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)。10着キンショーユキヒメ(栗・中村、牝5)は中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)を予定。

 ★淀短距離Sを制したラインスピリット(栗・松永昌、牡7)は高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)を目標にどこかで一戦する予定。

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は勝浦騎手とのコンビでシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★雅Sで約3年ぶりの勝利を飾ってオープン入りを果たしたカフェリュウジン(美・和田雄、牡8)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)。

 ★阪神C17着トウショウピスト(栗・角田、牡6)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★ジャニュアリーS10着メイソンジュニア(栗・渡辺、牡4)は大和S(2月18日、京都、OP、ダ1200メートル)。

【日経新春杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月15日(月) 05:05

 ◆和田騎手(ミッキーロケット4着) 「いいところで流れにも乗れたし、外に持ち出してから(アクセルを)踏んだんだけどね。スローで外を回したらハミも取り切れなかったですね」

 ◆四位騎手(サンタフェチーフ5着) 「少しエキサイトしていた。もっとうまく抑えられればよかったが…。でも、いい馬ですよ」

 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット6着) 「内ラチ沿いをうまく運べたが、もう少し前がもつれるような展開にならないとつらい」



 ◆ルメール騎手(モンドインテロ7着) 「馬場が悪くて2、3回つまずいた。スローな流れで、後方から伸びきれなかった」

 ◆幸騎手(カラビナ8着) 「楽な感じで走れていましたが、4コーナーから直線では、突っ張るような感じになってしまいました」

 ◆太宰騎手(アクションスター9着) 「道中は上手に走れていました。ただ、最後は前と脚いろが一緒になりました」

 ◆福永騎手(ソールインパクト11着) 「内に潜り込みたかったが、潜り込めなかった。スローの瞬発力勝負で、外を回っては苦しかった」

 ◆荻野琢騎手(トルークマクト12着) 「道中でついていけませんでした」



★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日経新春杯】中距離界に新星!パフォーマプロミスが重賞初V 2018年1月14日() 15:53

 1月14日の京都11Rで行われた第65回日経新春杯(4歳以上オープン、GII、芝・外2400メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気のハンデ54キロ、パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは2分26秒3(良)。道中は3、4番手で折り合いをつけて、逃げ粘るロードヴァンドールをゴール寸前でとらえた。

 クビ差の2着は56キロのロードヴァンドール(4番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に2番手追走から粘り込んだ52キロのガンコ(7番人気)。トップハンデ57.5キロを背負った昨年の覇者ミッキーロケット(2番人気)は好位から流れ込んでの4着。

 日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスは、父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は12戦6勝。重賞は初挑戦で初制覇。日経新春杯は、藤原英昭調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初優勝。

 パフォーマプロミスの父ステイゴールドは2001年に日経新春杯を制しており、父子制覇を達成。

 絶好調ミルコ・デムーロ騎手は自身初の1日6勝を達成。過去に1日5勝は4回達成している。JRAの1日の最多勝は8勝で、2002年に武豊騎手が、2016年にクリストフ・ルメール騎手がマークしている。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 パフォーマプロミス)「いいレースをしてくれました。好スタートを切って、一番いいポジションで進めることができました。今回は馬の状態がとても良かったですね。外へ出したときには負けないと思いました」

★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日経新春杯】モンドインテロが1番人気/13:00時点 2018年1月14日() 13:15

 14日京都のメインはハンデGIIの日経新春杯(芝2400メートル)。キタサンブラック引退後の中長距離路線を占う意味で重要な一戦になるが、昨年の1、3着馬が出走してきており、今年も有力だ。単勝1番人気は3.8倍のモンドインテロ。差なく4.0倍のパフォーマプロミス、4.6倍のミッキーロケットと続いている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 サンタフェチーフ   11.12− 2 ロードヴァンドール   7.23− 3 モンドインテロ     3.84− 4 ヒットザターゲット  40.65− 5 トルークマクト   192.85− 6 アクションスター  160.26− 7 パフォーマプロミス   4.06− 8 ミッキーロケット    4.67− 9 ガンコ        13.67−10 ソールインパクト    8.48−11 ベルーフ       31.28−12 カラビナ       25.2



★日経新春杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】ミルコでGII獲りパフォーマ 2018年1月13日() 11:31

 ようやく軌道に乗ってきたパフォーマプロミスが、OP初挑戦でGII奪取だ。

 6歳ながらキャリアは11戦。3〜4歳時は2戦ずつだったがデビュー3連勝を果たし、5歳の昨年は7戦して、準OPに上がってからは(2)(2)(3)(1)着だ。「弱い面があり大事に使ってきたけど、馬がしっかりしてきたね。前走はいいところでためが利き、センスのいい勝ちっぷり。初の中山で勝てたように精神的にも強くなっている」と田代助手。

 上がり馬の鞍上にはミルコ。陣営の気合の入りようが分かるというものだが、そのミルコも「いいフットワークをしているし、切れ味がすごいね」と手応えをつかんでいる。ハンデは「楽しみ」(田代助手)な54キロ。古馬中長距離路線にニューヒーローが出現する。

 “究極の3連単”はパフォーマを1着に固定。GIを除けばオール掲示板内のミッキーロケットを2・3着に置いた10点で勝負だ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日経新春杯】昨年の覇者ミッキーロケットは6枠8番 2018年1月12日(金) 10:41

 日曜日の京都メインレースでは、年明け恒例のハンデ重賞・日経新春杯(14日、GII、芝2400メートル)が行われる。

 荒れるイメージが強いハンデ重賞とはいえ、近年は人気馬が順当に結果を出すレースが続いており、今年も注目を集める馬がしっかり結果を出すのかが焦点となりそうだ。

 12日、以下のとおり枠順が確定。昨年の覇者で今年も人気を集めることが予想されるミッキーロケットは6枠8番、アルゼンチン共和国杯で2着に善戦したソールインパクトは7枠10番に入った。



(左から)枠番−馬番 馬名 斤量 騎手

1− 1 サンタフェチーフ 52.0四位洋文

2− 2 ロードヴァンドール56.0横山典弘

3− 3 モンドインテロ  57.0C.ルメール

4− 4 ヒットザターゲット56.0小牧太

5− 5 トルークマクト  52.0荻野琢真

5− 6 アクションスター 52.0太宰啓介

6− 7 パフォーマプロミス54.0M.デムーロ

6− 8 ミッキーロケット 57.5和田竜二

7− 9 ガンコ      52.0酒井学

7−10 ソールインパクト 54.0福永祐一

8−11 ベルーフ     56.0川田将雅

8−12 カラビナ     52.0幸英明



日経新春杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキーロケットの関連コラム

閲覧 300ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、13(土)に中京競馬場でG3愛知杯、14(日)に中山競馬場でG3京成杯が、京都競馬場でG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、2番手でレースを進めていたクインズミラーグロが3コーナー手前から先頭に立ち、そのままの態勢で直線へ。1番人気マキシマムドパリは後方馬群の外目、2番人気タニノアーバンシーは中団馬群から追い出されます。好位馬群から抜け出したエテルナミノルが内の各馬をまとめて交して直線半ばで一気に先頭に躍り出ると、後続からは大外を伸びたレイホーロマンスマキシマムドパリの4枠両頭の伸び。しかし、これを早め先頭のエテルナミノルが封じてV。重賞初制覇をあげています。1/2馬身差の2着には上り最速の脚で追いこんだ11番人気レイホーロマンスが入り、1馬身1/4差の3着にはマキシマムドパリが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ西野圭吾プロろいすプロほか、計15名が的中しています。
 
G3京成杯は、コスモイグナーツが後続を4〜5馬身ほど離しての積極的な競馬で前半1000mを59.7秒(推定)で通過。終始2番手から進めた1番人気ジェネラーレウーノが差を詰めて直線に入ると、先頭のコスモイグナーツは苦しくなって脱落し、すかさず先頭はジェネラーレウーノ。併せ馬の形で伸びるサクステッドに、外からはライトカラカゼコズミックフォースイェッツトあたりも脚色良く迫りますが及ばず。ジェネラーレウーノが1/2馬身差のリードを保って先頭でゴールしています。2着には、2番人気コズミックフォースが入り、そこから1/2馬身差の3着には馬群を縫うように伸びた6番人気イェッツトが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ岡村信将プロほか、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、ロードヴァンドールガンコの2頭がレースを率い、前半1000m62秒0(推定)を計時するスローな流れ。直線を向いてもこの2頭の態勢そのままで、1番人気パフォーマプロミスは3番手、2番人気ミッキーロケットはその直後、3番人気モンドインテロは人気馬では唯一後方外を回す競馬となって追撃を開始します。なかなか前との差が縮まらない展開は残り200mを切っても変わらずで、内ラチ沿いのロードヴァンドールが依然先頭をキープ。2番手ガンコ、その直後まで足を伸ばしてきたパフォーマプロミスと後続との差はここから広がり、勝負の行方は完全に3つ巴の様相となります。ゴール直前までもつれた、この争いを制したのはパフォーマプロミス。6歳にして重賞初挑戦での初勝利を挙げています。クビ差の2着には4番人気ロードヴァンドールが入り、そこから1馬身1/4差の3着には7番人気ガンコが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
13(土)の中山11Rで、3連単471.1倍を含む的中など計37万7,440円のビッグヒットを記録。翌14(日)にも、11万2,800円払戻しの京都9Rや、京都10Rでの38万6,270円払戻しなどの活躍を披露。週末トータル回収率150%、収支36万5,170円プラス(←トップ)の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
13(土)は、京都3Rでのワイド1万円1点勝負的中などで回収率161%を達成。14(日)も中京7Rでの馬連1万円1点勝負的中などをマークし、回収率240%とさらなる上昇を披露しました。週末トータル成績では回収率197%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の中山2Rでは▲ノアダイヤモンド(単勝43.4倍)−◎カグラヤルージュ(同14.6倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計28万6,080円払戻しのスマッシュヒットを記録。他にも先週は、G3愛知や、14(日)中山7Rなどで2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率145%、収支21万7,560円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
14(日)の勝負レース中京5Rでは、3連複45万オーバーの大波乱決着を、▲ハナソメイ×プラードデラルスサトノグリッターの予想でワイド3通り的中など計6万4,410円を払戻し。さらにこの日は、中山3RG2日経新春杯と、すべての勝負レースで的中を披露し、週末トータル回収率2位の164%を記録しています。
 
 
 
この他にも、サラマッポプロ(140%)、ジョアプロ(133%)、【U指数】3連単プリンスプロ(121%)、馬券生活プロ(121%)、霧プロ(114%)、いっくんプロ(106%)、岡村信将プロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第330回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経新春杯 G2
閲覧 628ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「日経新春杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ミッキーロケットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモンドインテロまで2頭。
第2グループ(黄)は、ヒットザターゲットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードヴァンドールパフォーマプロミスカラビナアクションスターまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ソールインパクトから同差(約1馬身差)内の、トルークマクトまで5頭となっていて、全馬が3G内にとどまる配置となっています。

ハンデ戦ですし、斤量補正があるので拮抗してくるのは当然と言えば当然ですが、それにしても少頭数でここまで大きな開きが見られない構図というのも珍しい印象です。

そんななか今回の◎は総合4位タイ評価となったカラビナとしました。前走連対の4〜5歳馬を狙いたいレースで、今年は3頭が該当しますが、○ミッキーロケットは中間一頓挫あって人気必至、△ガンコは前走1000万下を人気薄で粘り込んでの勝利で本命視はさすがに・・・という印象。そんなわけで、前走1600万2着のこの馬に軽量での一発を期待。エンジンの掛かりが遅く長くいい脚を使うこの馬の特徴からも、京都の下り坂はプラスになりそうで少頭数も歓迎材料。土曜夜には降雪予報も出ていてさらに時計が掛かってきそうな馬場状態も、タフな馬場が合う◎には好都合ではないでしょうか。ここでも人気になるであろう▲パフォーマプロミス(今回、この馬の場合は鞍上人気も相まってという状況ではありますが^^;)と、前走では1キロ差でコンマ1秒差。人気では差がつくでしょうが、2キロ差に広がって迎える今回、この凄馬出馬表評価にもある通りそこまでの差はないとみて、この馬の上位進出を狙います。
以下、状態良さそうで距離克服あっても不思議ない☆ロードヴァンドール、タフな馬場になればなるほど怖い印象の△モンドインテロとこのあたりまでを上位評価。
今回の私の馬券は◎の単複勝負になる見込みですが、◎から○▲☆△(モンドインテロ)と組んだ3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11(22点)

[もっと見る]

2018年1月14日() 12:45 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(日経新春杯 G2)
閲覧 391ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『日経新春杯 G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎ミッキーロケットで勝率16.0%。穴っぽいところでは△カラビナが4番手評価となっていますね。

続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは◎モンドインテロがトップ勝率で15.1%。また、ここでも▲カラビナは好評価のようですね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも◎モンドインテロの結果に。○パフォーマプロミスや▲ミッキーロケットといった顔ぶれもここでも好評価となっています。


【まとめ】
今回はモンドインテロに◎2票、ミッキーロケットが◎1票を含む全て3番手以内評価と、昨年の好走馬がやはり上位に評価される結果に。ただ、抜けた勝率という状況はいずれのロボでも見られずで、思わぬ波乱もありそうな配置にも受け取れますが果たして!?レースを楽しみに待ちたいと思います(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年1月8日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年01月08日号】特選重賞データ分析編(80)〜2018年日経新春杯〜
閲覧 1,553ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2018年01月14日(日) 京都芝2400m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [7-5-6-33](複勝率35.3%)
×なし [0-2-1-47](複勝率6.0%)

 コース適性が高そうな馬を素直に重視したい一戦。ここ7年に限ると“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験がなかった馬は勝ち切れていませんし、このうち前走の着順が4着以下だった馬は2011年以降[0-0-0-39](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。たとえ実績上位であっても、この舞台が合っているかどうか微妙な馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ミッキーロケットモンドインテロロードヴァンドール
主な「×」該当馬→ソールインパクトヒットザターゲットベルーフ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の上がり3ハロンタイム順位が6位以内」だった馬は2011年以降[7-7-5-39](複勝率32.8%)
主な該当馬→ソールインパクトミッキーロケット

[もっと見る]

2017年12月14日(木) 15:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』12/9,10の結果(阪神JF,中日新聞杯)
閲覧 396ビュー コメント 0 ナイス 1

12月10日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】▲ラッキーライラック(4.1倍)
2着:総合ポイント【4位】△リリーノーブル(5.5倍)
3着:総合ポイント【8位】☆マウレア(9.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のラッキーライラックが1着、第3グループ・総合ポイント4位のリリーノーブルが2着、第4グループ・総合ポイント8位のマウレアが3着という結果でした。


久しぶりの素直な総合評価1位本命(◎コーディエライト)で行ってみたんですけどね〜。結果、タテ目決着で、その本命◎選びがすべての結末となってしまいました。やっぱり、普段信じてあげていないからこういうことになるんですかね(^_^;)
半マイルは過去10年でも下から数えて何番目かというスローだったので想定通りではあったのですが、直線で内を通った先行馬たちは壊滅状態に。ただそもそも、“スローの差し決着”を想定できていないので当然の完敗ですね。


【馬連流し】
◎=○▲☆△△
17=2,4,7,11,18(5点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△△
17=4,11,18=1,2,4,7,8,11,12,18(21点)

計26点 払い戻し0円


続いて、12月9日(土)に行われました中京11Rの「中日新聞杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】メートルダール(5.4倍)
2着:総合ポイント【4位】ミッキーロケット(4.0倍)
3着:総合ポイント【12位】ロードヴァンドール(8.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のメートルダールが1着、第2グループ・総合ポイント4位のミッキーロケットが2着、第3グループ・総合ポイント12位のロードヴァンドールが3着という結果でした。


こちらは、指数差がなく、穴馬の期待値が高いと踏んで振り回したので諦めがつきます。気持ちいいぐらいの外れっぷりでした(+_+)しかし、2→1→5番人気で決まるとは......みなさん予想が上手ですこと。。。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年12月9日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第319回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中日新聞杯 G3
閲覧 691ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中日新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)はフルーキーメートルダールの2頭。
第2グループ(黄)はレコンダイトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェルメッツァまで9頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードヴァンドールから同差内のパドルウィールまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第2グループが9頭!大きな溝もありませんし、稀にみる大混戦の構図となっています。

実力差がないのであれば人気馬に妙味は感じないというのが正直なところ。天皇賞(秋)組はどうも反動が出ているのか、結果が出ていませんし、人気のミッキーロケットも危ないかもしれません。力差がなく拮抗したメンバー同士の戦いであれば、大波乱を狙ったボックス作戦が凄馬出馬表的には面白そうです。
今回は機械的なアプローチで網を広げてみます。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点

思い切って人気になりそうな馬は切ってみました。大穴に期待です(^^)/

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキーロケットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 2

デムーロ「1日6勝」かっさらうもルメール「0勝2着だらけ」で明暗......2018リーディング「第一戦」はワンサイドゲーム─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年1月15日 19時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5549.html

14日に開催された伝統の日経新春杯(G2)。今年の春の古馬中長距離戦線を占う重要なレースを、M.デムーロ騎手が騎乗したパフォーマプロミスが制した。

 6歳にしてこのレースがキャリア12戦目となったパフォーマプロミス。レースで先手を奪ったのはロードヴァンドール、2番手にガンコ。1番人気のパフォーマプロミスはその後ろの好位につけていた。スローペースでレースは進み、最後の直線残り200mでも先を行く2頭は先頭を譲らない。このまま決着かと思いきや、パフォーマプロミスが末脚を発揮。残り100mでガンコを、そして逃げるロードヴァンドールをゴール前で見事に捉えた。

 昨年まで勝ち負けを繰り返しながら、ようやくOPクラスにあがってきた同馬が晩成の兆しを見せてくれた。今後の活躍が期待されるが、ミッキーロケットら実績を残している馬が出走する中1人気に支持されたのは、鞍上がデムーロ騎手だったという点も見逃せないだろう。

 この日、デムーロ騎手は1R3歳未勝利戦(ダート・1200m)で逃げ切り勝ちしたのを皮切りに、4R3歳新馬(ダート1800m)も快勝。そして8Rから11レースの日経新春杯まで怒涛の4連勝を記録。今年も"外国人騎手旋風"が巻き起こることを予感させる騎乗を見せている。

「デムーロ騎手は1日で6勝をあげて、これで通算8勝。13日は中京競馬場で6回も1番人気の馬に騎乗するも、すべて敗退といういささか不甲斐ない結果を残していましたが、翌日はそのたまった鬱憤を見事に晴らすかのごとく、神騎乗を見せてくれましたね。昨年末の有馬記念(G1)で最後の直線で内側に斜行したため3日目からの参戦と、他の騎手に比べて騎乗機会が少ないにもかかわらず、この勝利数はさすがの一言です。今年もリーディング上位に食い込み、さらに重賞戦線も沸かせる存在となるでしょう」(競馬誌ライター)

▶次のページ 一方のルメール騎手は……

デムーロ騎手の固め勝ちが賞賛される一方、昨年リーディング首位に輝いたC.ルメール騎手は少し苦戦している様子だ。

「デムーロ騎手同様、年末に騎乗停止になっていたため、ルメール騎手は14日が初戦。その日は9回騎乗し、そのうち7回は1人気に支持されていたものの、未勝利に終わりました。ですが、当日は6回も2着に入るなど惜しい競馬をしていたため、今週末には今年の初勝利を記録するのではないでしょうか? そこまで気にすることもないでしょう」(競馬記者)

 これから幾度も繰り返されるであろうデムーロ、ルメール両騎手の直接対決の初戦はデムーロ騎手に軍配があがった。今年も熱い戦いを繰り広げてくれそうだ。

 あらすぺ 2018年1月14日() 22:34
愛知杯、京成杯、日経新春杯の反省
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 11

愛知杯
マキシマムドパリを本命にして流したが、レイホーロマンスが抜けてハズレ。
レイホーロマンスは中京コースでの好走例があり、斤量も軽めだったにもかかわらず評価を下げたため、
切ってしまった。

京成杯
デルタバロースを本命にしたが、ヒモ同士で決着した。
前走で道悪のなか大差勝ちしたことを評価したが、休み明けや経験の浅さを考えれば評価を下げたほうがよかった。

日経新春杯
ソールインパクトとミッキーロケットを重視したが、前で内が有利な馬場状態を考えなかった。
ロードヴァンドールはミッキーロケットに差されるかと思ったが、ペースを握り馬場状態と内枠を活かして好走した。
ガンコも軽ハンデ先行力を考えれば買えた。

レースが終わった後で気づくことが多いのは馬券的にとても残念である。
予想する前に、全頭の前走を一通りチェックしておかないといけない。
あとは、当日の馬場状態にあわせて柔軟に変えなければならない。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年1月14日() 21:46
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート2(*^-^*)☆
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は今年初めての重賞!今週は2週目☆3重賞が行われました(^^)/

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[2・1・1・1・2・1]

○[1・0・0・1・3・3]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[3・1・1・2・5・4](^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキーロケットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  f619db0aa7   フォロワー:0人 2018年1月16日(火) 16:50:30
2017年万葉Sからの短縮ショックで
日経新春杯勝つも
2018年中日新聞杯からの延長で
先行して上り伸びず
1:
  tacfool   フォロワー:0人 2016年10月19日(水) 01:31:37
神戸新聞杯は4コーナーでごちゃつき、それでも馬込みを抜けるときの足はダイヤモンドをはるかに凌いでいました。成長していますね。不利を考えれば この馬が最も強い競馬をしたと思います。3000m の本番では差は縮まらないどころかきっと楽をしたダイヤモンドを抜き去ることでしょう。

ミッキーロケットの写真

ミッキーロケットの厩舎情報 VIP

2018年1月14日日経新春杯 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミッキーロケットの取材メモ VIP

2018年1月14日 日経新春杯 G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。