マウントロブソン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マウントロブソン
マウントロブソン
マウントロブソン
マウントロブソン
写真一覧
現役 牡5 芦毛 2013年1月30日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[5-2-0-6]
総賞金12,221万円
収得賞金4,200万円
英字表記Mount Robson
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスパスカリ
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
ブルーアヴェニュー
兄弟 ポポカテペトルハワイアンソルト
前走 2017/12/09 中日新聞杯 G3
次走予定

マウントロブソンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 18246.336** 牡4 57.5 石橋脩堀宣行496(+4)1.59.6 0.333.7⑰⑮⑬⑪メートルダール
17/10/15 東京 11 オクトーバー OP 芝2000 12673.111** 牡4 57.0 石橋脩堀宣行492(0)2.00.9 -0.034.4⑦⑦⑦ストロングタイタン
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 13454.338** 牡4 57.0 J.モレイ堀宣行492(-4)2.00.9 0.535.0⑨⑩⑪⑪サクラアンプルール
17/07/23 福島 11 福島TVOP OP 芝1800 7773.821** 牡4 56.0 石橋脩堀宣行496(+18)1.47.6 -0.134.0マイネルハニー
16/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1881890.9127** 牡3 57.0 川田将雅堀宣行478(-8)3.04.2 0.935.0⑥⑦⑦⑤サトノダイヤモンド
16/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 125513.547** 牡3 56.0 川田将雅堀宣行486(+18)2.13.7 0.635.2⑦⑦⑦⑧ディーマジェスティ
16/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 185989.8107** 牡3 57.0 T.ベリー堀宣行468(-4)2.24.6 0.633.5⑰⑰⑰⑭マカヒキ
16/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 183525.966** 牡3 57.0 T.ベリー堀宣行472(+2)1.58.6 0.736.0ディーマジェスティ
16/03/20 中山 11 スプリングS G2 芝1800 11118.041** 牡3 56.0 A.シュタ堀宣行470(-6)1.48.1 -0.035.7④④⑤⑤マイネルハニー
16/02/13 小倉 10 あすなろ賞 500万下 芝2000 13444.321** 牡3 56.0 丸山元気堀宣行476(+2)1.59.8 -0.235.3⑫⑫④ラハトケレブ
15/12/19 中山 4 2歳未勝利 芝2000 17481.311** 牡2 55.0 戸崎圭太堀宣行474(+8)2.02.2 -0.235.6⑧⑧⑦⑧メゾンリー
15/11/23 東京 3 2歳未勝利 芝2000 157134.222** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行466(0)2.01.8 0.033.8⑤⑥⑥ディーマジェスティ
15/10/24 東京 5 2歳新馬 芝2000 15461.512** 牡2 55.0 C.ルメー堀宣行466(--)2.06.1 0.333.6リスペクトアース

マウントロブソンの関連ニュース

 ★中日新聞杯6着のマウントロブソン(美・堀、牡5)は、ダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)へ向かう。

 ★ニューイヤーS2着シュウジ(栗・須貝、牡5)は、M・デムーロ騎手で洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)に挑む。

 ★京都金杯3着レッドアンシェル(栗・庄野、牡4)は、ダービー卿チャレンジT(3月31日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬でチャレンジC10着レッドソロモン(牡6)は、洛陽S。

【中日新聞杯】追って一言2017年12月7日(木) 05:02

 ◆ヴォージュ・西村師 「十分に乗り込んでいる。いい意味での危ないしぐさも出てきた」

 ◆クィーンチャーム・兼武助手 「調教量は豊富。52キロのハンデを生かしたい」

 ◆ケントオー・高橋一厩務員 「重い馬場のなかで、いい時計が出た。状態は良好です」

 ◆サラトガスピリット・友道師 「しっかりと乗り込んでいるし、状態は悪くない」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「安定して力を発揮できるようになってきた」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「腰がしっかりしてきて、安定して走れるようになっています」

 ◆タイセイサミット・矢作師 「久々でも雰囲気は悪くない。切れ味勝負になるとつらい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「放牧で活気が戻った。中京も合う」

 ◆バンドワゴン・石坂師 「コズミも軽く、調教でも動いている」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「寒い時期が合う。叩いて成績が上がるタイプ」

 ◆フルーキー・辻野助手 「前走はブリンカーを装着したことでタメがきいた」

 ◆マウントロブソン・森助手 「調整は順調です。中京芝2000メートルは合っている」

 ◆マキシマムドパリ・藤岡佑騎手 「上がり重点でしたが、いい動きでした。雰囲気もいい」

 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は馬場がすべて。動きは引き続きいい」

 ◆メートルダール・戸田師 「動きは良かったですね。夏よりこの時期の方がいい」

 ◆レコンダイト・音無師 「最近は調教で動くようになっている」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「上がり重点でいい感じの走りだったし、中京も合う」

[もっと見る]

【中日新聞杯】レース展望 2017年12月4日(月) 18:57

 中京2週目は土曜メインに中日新聞杯(9日、GIII、芝2000メートル)が行われる。同じ舞台の金鯱賞がGIに昇格した大阪杯の前哨戦として12月から3月に移行したのに伴い、6年ぶりに12月開催となった。中1週と間隔は詰まっているが、ここから有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)に向かう馬が現れる可能性もある。今年の中京で行われる最後の重賞を、大いに注目したい。

 スズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡6歳)は春の金鯱賞で3着。今年は初戦のオープン特別・白富士Sを勝った後は未勝利ながら、GI大阪杯(11着)以外は全て4着以内と堅実な走りを見せている。前走の福島記念も中団からしぶとく伸びてウインブライトにクビ差2着と善戦。前走から0.5キロ増のハンデ56.5キロも予想された範囲内だ。オーナーのおひざ元で、重賞初制覇の可能性は十分ある。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)は昨年の京成杯、共同通信杯、今年の新潟大賞典でいずれも3着と好走。オープンに再昇級して1番人気に支持された前走の関屋記念は12着と大敗したが、前残りのなか、位置取りが中団の後ろでは厳しかった。4カ月ぶりの実戦になるが、中間の動きは上々。ハンデ55キロは新潟大賞典と同じなので問題ないだろう。5勝中、3勝を挙げている2000メートルなら、巻き返しがあっても不思議はない。

 エリザベス女王杯で見せ場たっぷりの4着だったマキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、牝5歳)は今年1月、牝馬限定戦とはいえ中京芝2000メートルのGIII愛知杯を勝っている。今回は牡馬が相手でハンデ55キロと楽な条件ではないが、得意のコースなら期待できそうだ。

 オクトーバーSを勝って臨むマウントロブソン(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)は57.5キロでトップハンデタイ。3歳春にGIIフジテレビ賞スプリングSを勝っている実力馬だけに、仕方ないところだろう。切れ味に欠けるタイプだが、石橋脩騎手とのコンビでは2戦2勝。持ち味を知り尽くす鞍上とのコンビは魅力だ。

[もっと見る]

【中日新聞杯】特別登録馬2017年12月3日() 17:30

[もっと見る]

【オクトーバー】1番人気マウントロブソンが5勝目 2017年10月16日(月) 05:01

 15日の東京11RオクトーバーS(3歳上OP、芝2000メートル)は、1番人気マウントロブソン(美・堀、牡4、父ディープインパクト)が、直線で馬場の真ん中から力強く伸びて2番人気ストロングタイタンをハナ差で捕らえて5勝目(12戦)を挙げた。2分0秒9(重)。「道中は馬の後ろで我慢して、直線は満を持して馬場のいいところを通った。(ハナ差で)勝ててよかった」と石橋騎手はほっとした表情を見せた。



★15日東京11R「オクトーバーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オクトーバーステークス】入線速報(東京競馬場)2017年10月15日() 15:32

東京11R・オクトーバーステークス(4回東京5日目 東京競馬場 芝・左2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手3番ストロングタイタン(単勝3.7倍/2番人気)、2番手7番マウントロブソン(単勝3.1倍/1番人気)、3番手1番スズカデヴィアス(単勝5.7倍/4番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-7(6.6倍) 馬単3-7(12.9倍) 3連複1-3-7(10.3倍) 3連単3-7-1(40.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017101505040511
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウントロブソンの関連コラム

菊花賞・2017

2017年10月18日(水) 11:00

覆面ドクター・英

閲覧 5,373ビュー コメント 0 ナイス 14



秋華賞は、なんだかんだであまり荒れず。ハービンジャー産駒の1着、3着だったように重馬場が大きく影響したようです。菊花賞も、週間天気予報でも木曜日くらいまでは降りそうで、パンパンの良馬場で京都らしい高速決着、とは今年はならなそうです。
ダービー馬で神戸新聞杯も完勝したレイデオロは、菊花賞に向かわずJCに直行で不在。ダービー1番人気だったアドミラブルは故障で戦線離脱、ダービー2着だったスワーヴリチャードは左回りを求めてかアルゼンチン共和国杯からの始動、皐月賞2着だったペルシアンナイトもマイル路線ということで富士Sから……。適性重視といえば聞こえはいいのですが、昔みたいにどう考えても短距離向きでも、同世代同士なら能力でカバーできる、と出られる賞金あれば出走してきてのガチンコ勝負が懐かしいし楽しかったなあ、と思うのは年をとった証拠でしょうか(笑)

<優先出走馬(5頭)>
いきなりですが、今年はこの5頭の馬券でいいんじゃないでしょうか。前哨戦好走はかなり有利。ぶっつけ本番の大物や新星は特におらず、この中での序列よく考えるのが的中の近道では。

ミッキースワローセントライト記念の勝ち馬で、アルアインを一瞬で置き去りにした末脚は鋭く、まだ余裕あったゴール前からもこの秋になっての上昇が著しい。父トーセンホマレボシはダービー3着で引退となり現役時代の実績は地味だが能力は高かったし、母母ツィンクルブライドとスケール負けしない。調教良ければ本命まである。

アルアイン:なぜか世間的にはマイラー寄りの評価だが、ダービーでもそれなり、セントライト記念でも直線一旦先頭で2着と世代で能力上位の皐月賞馬。3000mに距離が延び、特に有利ではもちろんないが、かかるタイプでもなく、無難にこなせておかしくない。

サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったのが初めて1番人気でなくなったセントライト記念だったが、直線つまりながらも3着で、人気先行型だった馬がようやく実力も追いついてきた感じ。

キセキ:春は毎日杯3着までで一線級には力及ばなかったが夏からルーラーシップ産駒らしい成長見せ、神戸新聞杯でも最後にすごい脚で追い込んできて2着した。ただ、父同様エンジンかかるまで時間かかるタイプで、引き続きM・デムーロ騎手なのは良いが踏み遅れての不発の可能性が高いタイプ。

サトノアーサー:デビューから2連勝して高い能力を見せたが、3戦目きさらぎ賞で1.4倍の人気で2着、4戦目の毎日杯でも1.2倍のすごい人気で2着に負けて多くのファンにがっかりされ、ダービーも5番人気で10着と結果を残せず。14kg増で秋の始動戦は3着ではあったが、初めてといっていいくらいレースの流れにスムーズに乗れており、本番での激走を予感させる好内容だった。

<賞金上位馬>
ブレスジャーニー:昨秋は2歳重賞を連勝して主役だったのだがさすがに休養が長く、完成早かったタイプで真の大物だとは思えない。

アダムバローズ:若駒Sと若葉Sを連勝して臨んだ皐月賞は逃げバテ惨敗、骨折までして神戸新聞杯逃げバテ10着と立て直しは時間がかかりそうで……。

マイスタイル:ダービーで、どスローの逃げで4着に粘って、今回出走メンバーではダービー再先着なのだが、神戸新聞杯で先行して7着とトップクラスにはちょっと足りない感じ。

ウインガナドルステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合だが大物感はあまり無い。

クリノヤマトノオー:前走は豪快な末脚での差し切り勝ちを見せ、春は白百合Sでサトノクロニクルに差されたが秋2連勝と上昇してきた。ただキレるだけに、あまり距離長いのはそう良くないかも。

トリコロールブルー:春はいまひとつ勝ち切れなかったし、昨年7月デビューの割には6戦のキャリアしか無く、9月に+32kgで出てきた札幌の1000万下を勝利。パワーアップしてきたのだろうが、一線級に追いつくのはもう少し先か。

ベストアプローチ青葉賞2着の後が2戦物足りない内容。

ポポカテペトルマウントロブソンの下で中距離の方が良さそうだし、良くなるのももう少し先か。

マイネルヴンシュ:ここ4戦3勝で、隠れステイヤー活躍の九十九里特別を勝ってきたが、今年はレベルいまひとつだった感あり。

クリンチャー:すみれS勝ちの後は逃げれなかったダービーで批判されたりもあったが、セントライト記念がパッとしなかったようにこの後はダートへ転向がよいか。凱旋門賞とかヨーロッパの競馬向きそうだが(笑)

プラチナヴォイス:昨秋は未勝利、萩Sと連勝したが気性難で大成せず。去勢やダートへの路線転向がよいか。

ダンビュライト皐月賞で3着に入るも、セントライト記念は完敗の4着。トップとは差が少しあるか。

<抽選対象馬(7分の1)>
アドマイヤウイナー青葉賞で3着に入ったワークフォースらしくスピードが足りないステイヤー。先々はステイヤーズSや万葉Sあたりで活躍か。

アルムチャレンジ:ダート実績しか無く厳しい。

サンデームーティエ:未勝利、500万下と連勝して臨んだセントライト記念で逃げて6着と上位陣とはまだ実力差がある印象。

スティッフェリオセントライト記念で4着には入ったが、1000万下でも勝てなかったように力が落ちる。

ダノンディスタンス京都新聞杯3着で秋の成長を楽しみにしていたが、兵庫特別(1000万下)で1番人気5着とちょっとがっかりな結果で期待薄。

チャロネグロ:金子さんの勝負服で強そうに見えるのだが、1000万下で2戦連続人気で3着と物足りない現状。

メイショウテンシャ:母メイショウベルーガは、日経新春杯京都大賞典を勝った女傑だったが、息子は父ディープインパクトでイマイチで……。


<まとめ>
トライアル好走の5頭が優位で、調教を見て序列つけての比較的人気サイド少点数勝負の予定。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第288回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~札幌記念 G2
閲覧 661ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌記念 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ヤマカツエースエアスピネルの2頭。
第2グループ(黄)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアングライフェンまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、マウントロブソンから同差内のロードヴァンドールまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

札幌の芝は今週からCコース変わり。土曜日のレースを見ていても内を通った馬の活躍が目立ちましたし、このトラックバイアスが重要な予想のポイントと見ました。

私の本命は◎ロードヴァンドールにしたいと思います。同脚質のマイネルミラノは近走、行き脚の鈍さが目につきますし、外枠を引きましたので競りかけてくる展開にはならなそうです。その他に前めの競馬をしてくる馬はいなそうですので展開的にかなり恵まれると見ました。初のブリンカー着用で強気な逃げを期待します!

対抗は完全に本格化した○ヤマカツエース。内枠を引きましたし、このメンバーでは能力は1枚上の存在。今回は2頭で決め打ちしたいと思います。

【単勝】
4

【馬連】
3-4

【3連複流し】
3

4

1,5,6,7,8,9,11,12,13

計11点

[もっと見る]

2017年8月18日(金) 15:00 くりーく
くりーくプロコラム(番外編)~札幌記念公開調教体験レポート
閲覧 925ビュー コメント 0 ナイス 14



宿泊先のホテルから歩くこと数十分。競馬場の横を歩いていると馬が駆ける音が聞こえてきました。
8月16日(水)の朝6時頃、札幌競馬場に到着。
すでに内馬場では何十頭もの馬が乗り運動をしておりコースでは順番に追い切りが行われていました。
この日は札幌記念の公開調教デー。一般の人でも競馬場のスタンドで調教の模様が見学できるのです。
今年はお盆休みを利用して家族旅行で北海道に来ていて、たまたまこの日は札幌に滞在していたので朝早起きをして小学1年生の長男と見学に行ってきました。
調教を予想で重視している私ではありますが、公開調教は大昔に東京競馬場で行われていたジャパンカップの時以来で、トレセンでのそれには参加したことはなく、何十頭もの調教を目の前で観るのは今回が初めて。
そのジャパンカップの公開調教時にも感じたことですが、競馬が行われていない平日に競馬場に入った瞬間というのは、ある意味ワクワクする感じで何ともたまらない刺激があります。

受付で無料のドリンク引換券付の案内をもらいスタンドに向かうと、すでに朝早くから見学に来ている人の姿が見えます。人数は、競馬開催日に比べると100分の1ぐらいといったところでしょうか。何だか広い競馬場がさらに広く感じます。

せっかくここまできたので、札幌記念で好走しそうな馬を見つけて帰ろうとは思っていたのですが、そもそも今年有力馬の多くが函館に滞在していて結局この日札幌で追い切った馬はアングライフェンサングラスツクバアズマオーディサイファナリタハリケーンマウントロブソンの6頭のみ。そのうちアングライフェンサングラスナリタハリケーンの3頭は到着前にすでに追い切られており、マウントロブソンは木曜に強めに追われるため軽めの調整で、しっかり追い切りの動きを確認することが出来たのはディサイファツクバアズマオーの2頭でした。その2頭に関しても、ディサイファは芝コースで追われたものの太め感のある走りで動きが重く、ツクバアズマオーもダートコースで追われたものの力強さは感じられず物足りない動きでパッとせず。今年の札幌記念は函館滞在組の方が有力なのかなあとの印象を持ちました。

ただ札幌記念の公開調教といっても水曜日で普通の追い切りの日なので、滞在している馬たちが次から次へと追い切られていきます。(札幌記念に出走する馬が追い切る際は、ターフビジョンで映してくれるのでどの馬か分かるのですが、その他の馬はゼッケンの色と番号で見分けなければならないので慣れていないと大変(^^;)。馬の動きを見ようとすると番号を見落としたり、番号をしっかり見ようとすると馬の動きのチェックが曖昧だったり四苦八苦。普段、トレセンで追い切りを見ているトラックマンの方たちはこの作業を時計を計りながら行っているんだなあとかその神業ぶりに思いをはせた瞬間であり、改めて競馬新聞の調教時計のありがたさを痛感した瞬間でした。それでも何頭もの追い切りを見ているうちに、ようやく勝手が分かってきて、ここから親子の分担作業が始まります。私が馬の動きを見て良い動きの馬が来たときのみ長男に番号をチェックしてもらう、例えば動きが良い馬が来た時には、父『外の馬何番?』、子『1814番』→「メモる」といった具合です。これを繰り返し、何頭分か溜まったらゼッケン番号一覧表が置いてある場所に行って馬名をまとめてチェックしていく、そんな作業が3時間ほど続きあっという間に9時の公開調教終了の時を迎えました。改めて馬の良し悪しは自分の目でしっかり見ることが重要だなと感じました。なかなかこのような機会はありませんが、今度はG1レースの公開調教などにも参加してみたいものです。
以上、くりーくの“夏休みの宿題”的レポートでした(思いの外、札幌記念について触れることが少なくてすみませんでした)。

札幌記念の全頭調教評価は、最終予想に載せる予定です。気になった方はそちらをチェックしてください。また、公開調教で目に留まった動きの良い何頭かの中には今週出走予定の馬もいるようですので、そちらにもぜひともご注目ください。


※くりーくプロページはこちら

[もっと見る]

2016年10月27日(木) 11:35 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/22~10/23)霧プロが菊花賞◎レインボーラインから本線的中!
閲覧 975ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は23(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞サトノダイヤモンドが2.3倍で1番人気、続いてディーマジェスティが3.2倍と2強オッズを形成しました。

 注目のスタートは大外・ジュンヴァルカンが1頭出遅れますが、その他各馬はまずまずの出。内からジョルジュサンクが先手を主張しますが、ミライヘノツバササトノエトワールの2頭が気合いをつけてこれを交わして激しい先頭争い、他馬を大きく引き離して1週目のホームストレッチに入ります。
 
 先頭はミライヘノツバサでリードは2馬身、2番手にサトノエトワール、そこから大きく間があいてアグネスフォルテジョルジュサンクエアスピネルウムブルフサトノダイヤモンドマウントロブソンと先行集団を形成。中団にはカフジプリンスミッキーロケットレッドエルディストシュペルミエールディーマジェスティが追走。後方からはレインボーラインコスモジャーベプロディガルサンジュンヴァルカンと続いて最後方にイモータルの態勢。
 
 ミライヘノツバサが刻んだペースは前半の1000m通過が59秒9(参考)の平均的な流れ。淡々とした流れの中、向こう正面・上り坂に入るとシュペルミエールが仕掛け気味にポジションを押し上げ、これに併せてプロディガルサンコスモジャーベも仕掛けてレースが動き出します。下り坂に差し掛かると各馬が一気にペースアップ!ミライヘノツバサが先頭で直線コースへ差し掛かります。残り300m、先頭を行くミライヘノツバサが粘るところをサトノダイヤモンドが抜群の手応えで並びかけると一気に先頭、後続を突き放します!残り100m、内を突いてエアスピネル、外からディーマジェスティレインボーラインが懸命に追い込んできますが、サトノダイヤモンドは完全にセーフティリード!早め先頭で押し切る圧巻の内容で嬉しいG1初制覇を飾りました!勝ちタイムは3分3秒3(良)。2馬身半差の2着にレインボーライン、そこからハナ差の3着にエアスピネルが入っています。

公認プロ予想家では霧プロら8名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースに選んだ23(日)京都11R菊花賞で『NHKマイルC~札幌記念に掛けてのレースレベル上昇は凄い。札幌記念時のような馬場で差し込めるのはスタミナの証明だし、東京や京都の高速マイルにも対応しているように、軽い馬場への適応力も持ち合わせている。』と狙った◎レインボーラインを本命に抜擢!○サトノダイヤモンドとの馬連35.1倍を1500円、3連複155.5倍を400円的中させ、12万2850円を払い戻しました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率128%、収支プラス9万140円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
勝負レースに指定した22(土)東京12Rで『1200mでは流れに乗れない。前走は残り1F推定11秒台、脚余している。東京コースなら力出し切れる』と狙った◎ノーモアゲームヨシオの馬連を1500円仕留め、7万1550円を払い戻し!この他にも新潟12R(4万800円)、23(日)東京11R(10万6920円)と勝負レースを次々と仕留め、週末トータル回収率156%、収支プラス11万770円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに指定した22(土)東京12Rで『砂を被ると良くないタイプで前走はリラックスして走ることが出来なかった。近走は忙しい競馬やスタミナが持たない距離ばかりで走っておりやっと好条件と言った所だろう。』と狙い撃ちした◎ヨシオの単勝を仕留め、8万8000円の払い戻し!同じく勝負レースの23(日)京都7Rでも◎サーティグランドマイネルラックの大本線的中で9万8850円を払い戻し!週末トータル回収率132%、収支プラス9万8000円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →KOMプロ
22(土)東京7R(◎ニシノオタケビ)、京都6R(◎アドマイヤウイング)、新潟9R(◎ナンヨーファミユ)、23(日)新潟6R(◎タガノヴィッター)、京都7R(◎マイネルラック)と先週は勝負レースを5レース的中させるなど絶好調!週末トータル回収率125%、収支プラス7万8150円をマークしています。

他には、スガダイプロ(122%)、はははふほほほプロ(114%)、kmプロ(109%)が回収率100%超の活躍を見せています。

[もっと見る]

2016年10月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第218回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~菊花賞 G1
閲覧 1,339ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「菊花賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ディーマジェスティ1頭。
第2グループ(黄)は 、サトノダイヤモンド1頭。
第3グループ(薄黄)は、プロディガルサンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエアスピネルマウントロブソンまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

世間評価的な2強がここでも抜けた評価で、それぞれ後続に2.3ポイント→1.4ポイント差を付けている状況が、この凄馬出馬表からも見てとれます。ただ、京都芝3000mという全馬初の条件で、長距離戦ゆえに道中の各所でのレースの“動き”によって毎年レース性質も多様なレースとなる菊花賞。これまでの実績を基にした指数評価よりも、今回どのようなレースになり、その展開で跳ね上げる馬はどの馬か、という視点がより重要になってくるレースとみています。ちなみに、この菊花賞では予想U指数を10%以上跳ね上げて上位に来るというケースが例年見られていることから、今回92~3程度あれば展開・適性などで最大限能力を発揮できた場合、例年の優勝馬U指数ラインである100台前半に到達するチャンスありとみて良いのではないかと私は判断しています。

今回の私の予想はまず○▲から。○はカフジプリンス。何と言っても、前走の神戸新聞杯(4着)で見せたゴール前の伸びが印象的。スタミナには自信がある一方で、やはり脚を余してしまうリスクのある馬。その意味では継続騎乗となる今回、岩田騎手も前回の反省を踏まえロングスパートを仕掛けてくるであろう点が、この馬の能力を最大限引き出してくれるのではないかと期待しています。早過ぎるぐらいの早仕掛けでもいいと思うので、自らの手で自らのベストな展開を作ることを期待しています。
▲はディーマジェスティ。この馬も○同様、今回2週目の向こう正面で自ら動き出し......というロングスパートが目に浮かぶキャラ。展開に左右される側ではなく自ら(レース後半の)展開を作る側だろうという考えに至り、人気必至でも重い印を打つことにしました。加えて、実績的にも淀長距離巧者として有名な蛯名騎手ということで素直に期待したい1頭です。

そして今回の私の◎はシュペルミエールに期待します。○▲2頭の作る後半ロンスパ合戦でタフな競馬になった場合、血統的にも2・3走前の内容からも面白いとみています。特に2走前稍重で行われた開成山特別は中盤緩まず後半も長く脚を使うタフな展開。そこでこの馬が見せたレースぶりは、追い通しかつ3角からは鞭も入るような競馬で勝利というものでした。“ただの高速馬場の菊花賞”なら狙いにくいこの馬の特徴も、○▲が作る“演出”を考えると逆に武器になるのではと考えての本命視。同タイプで人気上位の○▲2頭よりも上に取ったのは、○▲2頭が自ら勝ちにいく色気を持った競馬になりそうなところ、こちらは伏兵ゆえの気楽さと妙味が魅力です。好枠と鞍上への期待も込みで一発に期待したいと思います
以下、☆に順調さを欠いた点だけが残念ですが前走内容から一発あっても驚けないジュンヴァルカン、△サトノダイヤモンドミッキーロケットと印を打ちます。
今回の私の馬券は、◎○2頭軸からの3複で勝負としたいと思います。


【3複流し軸2頭】
◎○=印
1,4=3,6,8,17(4点)


○▲の2頭がいるのでそんなことは起こらないだろうと結構安心しているのですが、もしロンスパ合戦が発動しなかったら◎○2頭は苦戦必至でしょう。少なくとも直線最後まで楽しめる菊花賞となりますように......。

[もっと見る]

2016年10月20日(木) 11:10 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】~2016菊花賞~
閲覧 1,374ビュー コメント 0 ナイス 1


今週末はいよいよ三冠目の菊花賞が行われます。長距離レースが年々軽視されつつある流れにはありますが、今年は距離適性を重視し菊をパスして秋天へという流れがなく、海外遠征で不在のマカヒキ以外はいいメンバーが揃い、楽しみな一戦となりました。昔はわりと力通りの決着も多く、ときどき「ステイヤーの血が騒いだ!」と穴馬が走る程度でしたが、長距離が敬遠される時代だけあって、最近は力通りには決まらないことも。馬券的にもけっこう荒れてくれるレースですので、今年はより楽しみです。菊花賞は古馬開放案も囁かれるなど賛否両論ありますが、私自身は三冠目までは同世代で戦うのを見たいと思っています。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


まずは、このレースのポイント・見どころを整理していきましょう。

前評判では2強ということになっています。大器と言われつつまだ無冠のダービー2着馬のサトノダイヤモンドが3つめでようやく戴冠となるのか。ディーマジェスティが母系のスタミナを活かして二冠馬となるのか。

前哨戦でサトノダイヤモンドより一瞬前に出たミッキーロケットは、夏に使っていた強味で接戦に持ち込めただけなのか。それとも、今度は負かすだけ力をつけてきたのか。レッドエルディスト神戸新聞杯は3着止まりでしたが、青葉賞でも2着にきており、ダービーも後方からジリジリ伸びてきてコンマ8秒差の9着。果たして、距離延長でさらに良さが出てくるのか。

秋華賞では良血馬が大舞台で潜在能力を爆発させ1着・3着に来ました。同様に、遅れてきた良血・大物のプロディガルサンウムブルフが大駆けを見せるのか。

血統的にはディープインパクト産駒は菊に向かないと思われがちですが、今回はスローから軽いスピードを見せる瞬発力勝負型(サトノダイヤモンドプロディガルサンマウントロブソン)と、厳しい流れになって良さが出るスタミナ型(ディーマジェスティウムブルフ)の二段構えできており、どちらの流れにも対応可能な層の厚い布陣です。今年は、いよいよディープ産駒が菊花賞を制覇すると思います。

では各馬の診断を。

サトノダイヤモンドが1番人気になりそうです。個人的にもすごく期待してきましたし、ディープの後継種牡馬としても活躍が望まれる1頭ですが・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウントロブソンの口コミ


口コミ一覧

皐月賞【速い馬が勝つ】

 秋人 2018年4月14日() 11:13

閲覧 430ビュー コメント 0 ナイス 4

去年のデータに前走結果と馬体重増減を追加しました

2012年
★ゴールドシップ(9)共同通信杯1着・馬体重増減(+4・+2)
 スノードン(10)
 フジマサエンペラー(3)
 グランデッツァ(4)
 ディープブリランテ(4)

2013年
 テイエムイナズマ(3)毎日杯3着(1.2秒)・馬体重増減(-8・-2)
★ロゴタイプ(4)スプリングS1着・馬体重増減(+4・-4)
 タマモベストプレイ(4)
 フェイムゲーム(4)
 ラブリーデイ(3)

2014年
 ステファノス(3)毎日杯3着(0.0秒)・馬体重増減(-6・-4)
 トーセンスターダム(10)休み明け
★イスラボニータ(8)共同通信杯1着・馬体重増減(+2・0)
 ロサギガンティア(4)
 アジアエクスプレス(4)

2015年
 ミュゼエイリアン(3)毎日杯1着・馬体重増減(-4・-2)
★ドゥラメンテ(9)共同通信杯2着(0.1秒)・馬体重増減(0・+14)
 ダノンリバティ(3)
 キタサンブラック(4)
 リアルスティール(4)

2016年
 サトノダイヤモンド(10)休み明け
★ディーマジェスティ(9)共同通信杯1着・馬体重増減(+6・+4)
 マカヒキ(6)
 リオンディーズ(6)
 マウントロブソン(4)

出走間隔でアルアインを消した去年のデータ

2017年
★アルアイン(3)毎日杯1着・馬体重増減(+6・-4)
 トラスト(3)
 スワーヴリチャード(9)
 アダムバローズ(4)
 ウインブライト(4)

2018年
オウケンムーン(9)共同通信杯1着・馬体重増減(-10・+12)
キタノコマンドール(7)すみれS1着・馬体重増減(-4・**)
ケイティクレバー(7)すみれS2着(0.1秒)・馬体重増減(+2・0)
アイトーン(4)若葉S1着・馬体重増減(-2・-2)
ステルヴィオ(4)スプリングS1着・馬体重増減(+6・+4)

休み明けの消しは無し
前走マイナス(2走計マイナス)のキタノコマンドールとアイトーンは消し
ケイティクレバーはオープン2着なので足りてない

速度1位ローテ○前走○馬体重▲騎手▲のオウケンムーン
速度5位ローテ○前走○馬体重○騎手○のステルヴィオ

今走馬体重増減が+2~ー8くらいの間でしっかり調教できた方を本命
相手は1~4番人気に馬単・3連複流し

 清瀬のよっちゃん 2018年2月6日(火) 07:33
★土曜日の小倉、500万下・あすなろ賞の勝馬について★ 
閲覧 144ビュー コメント 2 ナイス 25

写真は、「あすなろ」の木です



POGの参考になればと、3歳戦を注目しています!



過去5年の3歳戦、あすなろ賞の(芝:2,000)の勝馬と人気、前走を調べました



2013/2/16 シンネン:3番人気 2/3中京未勝利(芝1,600)1着
次走:3/17スプリングS:9着

2014/2/22 アドマイヤデウス:1番人気 2/1京都梅花賞500万下(芝2,400)3着
次走:3/22若葉S:1着

2015/2/14 ジュヒョウ:3番人気 12/16中山葉牡丹賞500万下(芝2,000)9着
次走:3/28毎日杯:11着

2016/2/13 マウントロブソン 2番人気 12/19 中山未勝利(芝2,000)1着
次走:3/20スプリングS:1着

2017/2/13 モーヴサファイア:2番人気 1/7京都福寿草特別500万(芝2,000)4着 
次走:5/21オークス:12着


勝馬の内近4回は前走で、芝2,000以上を走っている馬が勝っていますね


おまけ

あすなろの花言葉は、「永遠の憧れ」「変わらない友情」「不滅、不死」です

[もっと見る]

 DEEB 2017年12月9日() 19:00
恥ずかしい馬予想2017.12.09[結果]
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 3

中山10R アクアラインステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎15 アシャカダイキ…14着
○ 4 リンガスウーノ…2着
× 1 ☆ガンジー …11着
☆ 7 ヨウライフク…13着
[結果:ハズレ×]

中山11R 師走ステークス 3歳以上オープン(混合)(特指)
◎11 ピオネロ…6着
○12 コスモカナディアン…12着
▲16 サンライズソア…10着
△10 ルールソヴァール…9着
× 1 クインズサターン…4着
[結果:ハズレ×]

阪神 5R メイクデビュー阪神 2歳新馬(混合)[指定]
◎ 4 ★エヴァイエ…6着
○ 3 カレンヒップスター …15着
▲10 グリム…3着
△ 9 マキナガラージュ…2着
× 6 チムニースイーパー …8着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 樅の木賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 7 サクラアリュール…6着
○ 4 サージュミノル…2着
× 1 ☆サトノプライド…3着
[結果:アタリ△ 複勝1 180円、ワイド1-4 280円]

阪神11R リゲルステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 レッドアンシェル…1着
○ 4 キョウヘイ…4着
▲ 8 サトノアーサー …2着
△13 ブラックムーン…5着
× 9 ファンディーナ…9着
☆ 2 オールザゴー …10着
[結果:アタリ○ 馬連1-8 770円]

中京 4R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 3 タガノアーバニティ…3着
○ 8 ヨカグラ…8着
▲11 ☆イクラトロ…9着
△ 6 アサクサゴールド…6着
× 5 ブルベアリンクス…11着
[結果:ハズレ×]

中京 9R 3歳以上500万下牝[指定]
☆ 8 ドロウアカード…8着
[結果:ハズレ×]

中京11R 中日新聞杯(GⅢ) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎11 ★マキシマムドパリ…5着
○10 ミッキーロケット…2着
▲ 2 スズカデヴィアス…9着
△12 ロードヴァンドール…3着
× 4 マウントロブソン…6着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
予定は、病院に行くのみです。
肝心な、ことです。
肝心、カンジン、カンジーン、ガンジー…ですね。

[今日の結果:8戦1勝6敗1分]
アカン…
このままでは、アカンで…

[もっと見る]

⇒もっと見る

マウントロブソンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マウントロブソンの写真

マウントロブソンの厩舎情報 VIP

2017年12月9日中日新聞杯 G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マウントロブソンの取材メモ VIP

2017年12月9日 中日新聞杯 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。