注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

アドマイヤウイナー(競走馬)

注目ホース
アドマイヤウイナー
アドマイヤウイナー
アドマイヤウイナー
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年2月23日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主近藤 利一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 7戦[2-0-3-2]
総賞金4,361万円
収得賞金900万円
英字表記Admire Winner
血統 ワークフォース
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
Soviet Moon
ソングバード
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
マイワイルドフラワー
兄弟 アグリッパーバイオイダフェイマ
前走 2017/04/29 テレビ東京杯青葉賞 G2
次走予定

アドマイヤウイナーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/29 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 125620.283** 牡3 56.0 秋山真一須貝尚介490(-2)2.24.2 0.635.1⑦⑦⑦⑦アドミラブル
17/03/25 中京 10 大寒桜賞 500万下 芝2200 8443.721** 牡3 56.0 秋山真一須貝尚介492(-8)2.13.6 -0.134.8ブラックジェイド
17/01/21 京都 10 若駒S OP 芝2000 5335.745** 牡3 56.0 M.デムー須貝尚介500(-4)2.02.6 0.935.9④④④アダムバローズ
16/12/25 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 143412.7511** 牡2 55.0 M.デムー須貝尚介504(+4)2.02.5 1.237.6レイデオロ
16/10/15 京都 9 紫菊賞 500万下 芝2000 9554.323** 牡2 55.0 岩田康誠須貝尚介500(+4)2.01.1 0.234.6⑦⑦⑦⑦アダムバローズ
16/09/03 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 1381220.973** 牡2 54.0 岩田康誠須貝尚介496(-8)1.50.3 0.435.7⑥⑥⑥⑦トラスト
16/07/24 函館 5 2歳新馬 芝1800 14222.711** 牡2 54.0 岩田康誠須貝尚介504(--)1.50.8 -0.236.7⑨⑥ウインポプリ

アドマイヤウイナーの関連ニュース

 ◆秋山騎手(アドマイヤウイナー3着) 「具合は良かったが、1、2着馬がスッと動いたときに少し置かれた。長い距離はいいと思う」

 ◆ルメール騎手(ポポカテペトル4着) 「距離はちょうどいいと思うが、まだ体が緩くてエンジンがかかるのに時間がかかった」

 ◆柴山騎手(サーレンブラント5着) 「真面目すぎる面があって、2コーナーぐらいまで行きたがっていた。最後までジリジリ伸びているので力はある」

 ◆内田騎手(ダノンキングダム6着) 「まだ全体的に緩いけど、実が入ってパンとすれば良くなるよ」

 ◆戸崎騎手(トリコロールブルー7着) 「使うたびにテンションが高くなっている。最後はガス欠みたいになって、踏ん張りが利かなかった」

 ◆田辺騎手(イブキ8着) 「行く馬を行かせて、理想通りの競馬はできた」

 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン9着) 「休み明けのぶん、テンションが高かった。でも、馬はずいぶん良くなっている」

 ◆北村宏騎手(タガノアシュラ10着) 「まだ後ろ(トモ)に緩い面もあり、最後は苦しくなった」

 ◆蛯名騎手(スズカロング11着) 「ペースが速くて、なし崩しに脚を使わされた」

 ◆川又騎手(アグネスウイン12着) 「相手が強かったです」

★29日東京11R「青葉賞」の着順&払戻金はこちら

【青葉賞】アドミラブルがレースレコードで快勝! 2017年04月29日() 15:52

 4月29日の東京11Rで行われた第24回青葉賞(3歳オープン、GII、芝2400メートル、馬齢、12頭立て、1着賞金=5400万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気アドミラブル(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が後続に2馬身半差をつけて快勝。2着のベストアプローチ(4番人気)とともに、ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分23秒6(良)のレースレコード。

 アドミラブルは前半は最後方を追走。ジワジワとポジションを上げていき、直線は馬場の真ん中を伸びて、追いすがるベストアプローチを突き放した。3着には中団から伸びたアドマイヤウイナー(8番人気)。

 ミルコ・デムーロ騎手(1着 アドミラブル)「まだ子供っぽいですね。スタートもゆっくりで、後ろからになりましたし…。子供っぽいけど、走る馬ですよ。今回はダービーの練習。もっと良くなると思いますし、本番でも頑張ります」

 青葉賞を勝ったアドミラブルは、父ディープインパクト、母スカーレット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は近藤英子氏。戦績は4戦3勝。重賞初勝利。青葉賞音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初優勝。

★29日東京11R「青葉賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【青葉賞】厩舎の話2017年04月28日(金) 05:01

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「リラックスして走れれば、長くいい脚を使う」

 ◆アドミラブル・Mデムーロ騎手 「前走はめちゃくちゃ強かった。重賞でも楽しみ」

 ◆イブキ奥村武師 「今週もしっかり動けていた。田辺騎手も自分からハミを取って動けていたと言っていた」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「前走は工夫して折り合えた。しまいを生かす競馬で」

 ◆スズカロング・橋田師 「芝の長い距離は向くと思う」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「自分のペースで行ければ」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「左回りはいい。流れに乗った競馬ができれば」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「いい状態。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「久々でも力を出せる仕上がり」

[もっと見る]

【青葉賞】追って一言2017年04月27日(木) 05:03

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「今週はサッと。リラックスして走れれば長くいい脚を使う」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「状態はいい。器用さはないが、調教でもしっかり動けるようになっている」

 ◆スズカロング・橋田師 「順調にきているし、芝の長い距離は向く」

 ◆ダイシンクイント・日高助手 「距離はちょっと長い感じ。相手もそろったし、どこまで」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「具合は良さそう。自分のペースで行ければいい」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「動きも良く、たくましくなった。左回りはいい」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「疲れが残らないようにサッと。前走は不完全燃焼。左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「動きは良かった。いい状態で臨めそう。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「坂路のけいこは走らない。直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「動きは悪くないね。力を出せる仕上がり。成長力もある」

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【青葉賞】レース展望 2017年04月24日(月) 17:11

 東京2週目のメインは土曜に行われるダービートライアルの青葉賞(GII、芝2400メートル)。本番と同じ舞台で争われる一戦で、上位2頭にダービーの優先出走権が与えられる。第1回(1994年)のエアダブリンをはじめ、2002年のシンボリクリスエス、03年のゼンノロブロイ、06年のアドマイヤメイン、11年のウインバリアシオン、12年のフェノーメノはここを勝って本番でも2着に好走しており、最高峰の舞台への切符をかけた一戦は見逃せない。

 最大の注目は、未勝利戦、500万下と圧倒的な強さで連勝中のアドミラブル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)。デビュー戦こそのどの疾患が影響して9着に敗れたが、のどを手術して立て直してから圧巻のパフォーマンスを見せている。未勝利戦(阪神芝1800メートル)の走破タイム1分45秒8は同日の古馬オープン特別・大阪城Sの勝ちタイムより1秒3も速く、距離を2400メートルに延長した前走のアザレア賞は2番手から楽に抜け出し、余力を残して2着に3馬身差をつけた。今年59勝とリーディングを独走しているミルコ・デムーロ騎手と前走に続いてコンビを組む。ダービーを3勝し、皐月賞も一昨年、昨年と制覇したディープインパクト産駒。伯父に皐月賞ヴィクトリー、祖母のきょうだいにダービー馬フサイチコンコルド皐月賞アンライバルドなど、母系からは一流馬が多く出ており、血統背景も超一流だ。ダービーに出走しても注目を集めるであろう好素材で、レースぶりに期待が高まる。

 もちろん、他も素質馬ぞろいだ。昨年のダービーをマカヒキで制した栗東・友道康夫厩舎は2頭を送り出す。トリコロールブルー(牡)は重賞初挑戦となった前走のフジテレビ賞スプリングSで、メンバー最速タイの上がり3ハロン35秒5をマークして0秒3差の5着と健闘。左回りは2戦2勝で、東京で500万下・フリージア賞を勝っているだけに、コース替わりは歓迎だろう。半兄ワールドインパクト(父ディープインパクト)が14年にこのレースで2着と好走している点も強調材料。今回はフリージア賞と同じ戸崎圭太騎手とのコンビで臨む。

 ディープインパクト産駒のポポカテペトル(牡)は、芝2400メートルで前走のゆきやなぎ賞を圧勝。全兄に昨年のフジテレビ賞スプリングSを勝ったマウントロブソンがおり、伯父には芝とダートでGIを制したクロフネがいる。こちらも潜在能力はヒケを取らない。

 マイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は重賞で2、3着と好走。特に2走前のホープフルSでは、ダービーでも有力視されるレイデオロに0秒2差と食い下がっており、安定してしぶとい脚を使える点が魅力だ。筋肉痛でひと息入れて3カ月ぶりとなるが、「牧場でも十分に乗り込み、1週前は長めからビシッと負荷をかけた」と手塚調教師が話すように、態勢はきっちりと整いつつある。

 前走の水仙賞を逃げ切ったイブキ(美浦・奥村武厩舎、牡)も新潟2歳Sで3着と好走実績がある。距離が延びて持ち味を発揮するタイプが多いルーラーシップ産駒で、陣営も「距離は延びた方がいい」と自信を示している。奥村武調教師&田辺裕信騎手のコンビは、23日のサンスポ賞フローラSで1番人気に支持されたホウオウパフュームが8着と悔しい思いをしただけに、力が入るところだろう。

 大寒桜賞の勝ち馬は2014年から3年連続で2着と好走している。今年の勝ち馬アドマイヤウイナー(栗東・須貝尚介厩舎、牡)は、伯母にマイルCSを制したブルーメンブラットがいる良血。父が英ダービーと凱旋門賞を制したワークフォース、母の父が菊花賞ダンスインザダークというスタミナに優れた配合で、距離延長は望むところだろう。デビュー2戦目の札幌2歳Sで3着の実績があるように、ここでも上位争いできるだけの力はある。

 他にも、今回と同じ東京芝2400メートルで500万下・ゆりかもめ賞を勝ったダノンキングダム(栗東・安田隆行厩舎、牡)、2歳時にデビュー戦、オープン特別・芙蓉Sと連勝したキングズラッシュ(美浦・久保田貴士厩舎、牡)、函館芝1800メートルの2歳コースレコードを保持するタガノアシュラ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)、英ダービー馬ニューアプローチの産駒ベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)などが、夢の大舞台を目指す。

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【テレビ東京杯青葉賞】特別登録馬2017年04月23日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤウイナーの関連コラム

閲覧 608ビュー コメント 0 ナイス 1

4月30日(日)に行われました京都11Rの「天皇賞(春) G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◯キタサンブラック(2.2倍)
2着:総合ポイント【3位】▲シュヴァルグラン(12.0倍)
3着:総合ポイント【2位】◎サトノダイヤモンド(2.5倍)

第1グループ・総合ポイント1位のキタサンブラックが1着、第1グループ・総合ポイント3位のシュヴァルグランが2着、第1グループ・総合ポイント2位のサトノダイヤモンドが3着という結果でした。

当日は超がつく高速レース、軒並み内枠・先行馬が活躍していましたので、外すならこの結果かと覚悟はしていましたが、、やはりです。印もかなり絞ったので3連複が正解でしたね。しかし、キタサンブラックは本当に強い競馬。個人的にはサトノが内枠を引いても勝てなかったと思いました。今から凱旋門賞が非常に楽しみで仕方ありません!(^^)!

【3連単1着ながし】
15

1,3,6

計6点 払い戻し0円



続いて4月29日(土)に行われました東京11Rの「青葉賞G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アドミラブル(1.5倍)
2着:総合ポイント【3位】▲ベストアプローチ(11.7倍)
3着:総合ポイント【8位】☆アドマイヤウイナー(20.2倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアドミラブルが1着、第2グループ・総合ポイント3位のベストアプローチが2着、第3グループ・総合ポイント8位のアドマイヤウイナーが3着という結果でした。

ポポカテペトルが4着に沈み、終わってみれば○▲☆の順で決着......((+_+))。直線を向いた時に、○アドミラブルが◎よりも前にいた時点で馬券の負けは確定的だったので、早めに観戦モードに切り替えて見るレースとなってしまいました。それにしても○アドミラブル、そのレースぶりといい時計といい、ド派手でしたね。今年のダービーをさらに盛り上げてくれる存在の誕生に、今から5.28が楽しみです。

【馬単】
◎→○
4→10(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=2,6,9,10,11,12(6点)

計7点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月29日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第267回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜テレビ東京杯青葉賞 G2
閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「テレビ東京杯青葉賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、アドミラブル1頭のみ。
第2グループ(黄)は、トリコロールブルーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のベストアプローチイブキダノンキングダムポポカテペトルまで5頭。
第3グループ(薄黄)はタガノアシュラから同差内のアドマイヤウイナーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、アドミラブルが2位以下に3.1ポイント差をつけていて、以下は第3グループまで僅差で続く配置に。この時期の3歳馬ですので、戦歴の差などから指数的にバラつきが生じやすい故、1位→2位間を含めその差が絶対的なものかどうか慎重に見極める必要があるのではないでしょうか。

そんな中、今回の私の本命は◎ポポカテペトルとしました。手頃な頭数で、大方の馬はスロー寄りのペースで運ぶレースになるであろう今年の青葉賞。安定した先行力が武器のこの馬に向く展開になるとみて本命視。当日激変していなければおそらく先週同様の内・先行有利な状況が継続しているであろう今の東京競馬場の馬場も、追い風になるのではないでしょうか。もちろん、力量差が大きくないとみられる2番手以下僅差の構図や、それを埋めるには十分過ぎる頼もしい鞍上というのも本命視した大きな理由です。あとは、関東への輸送経験があるというのもこの時期の関西馬としてはアドバンテージになるとみています。
○はアドミラブル。前走は指数的にもハイレベルで、ここは通過点でその先のG1でもと思わせる優秀な内容だったと思います。ただ、今回は初輸送でもあり、おそらく断然人気で迎えるであろう初関東圏、というか初他場でのレース。人気になることが明白で、不確定要素を抱えている以上本命視はし辛いので対抗視。コラムコンセプトとはズレますが、馬券戦略を別にして考えるとこの馬のレースぶりは非常に楽しみではあるのですが......。
以下、▲ベストアプローチ、☆アドマイヤウイナーといったところを上位評価し、今回の私の馬券は◎→○の馬単と◎からの馬連で勝負とします。


【馬単】
◎→○
4→10(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=2,6,9,10,11,12(6点)

計7点

[もっと見る]

2017年04月26日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月26日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(44)
閲覧 3,094ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年04月29日(土) 京都11R 天王山ステークス
【“前年か同年、かつJRAの重賞かオープン特別”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-1-13](複勝率35.0%)
●なし [0-0-2-23](複勝率8.0%)
→前年以降の実績を素直に評価したい一戦。なお“前年か同年、かつJRAの重賞かオープン特別”において5着以内となった経験がない馬は2014年以降[0-0-0-14](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都ダ1200m×プリサイスエンド×前走5着以内
→複勝率72.2%、複勝回収率186%


▼2017年04月29日(土) 東京11R テレビ東京杯 青葉賞

[もっと見る]

2016年09月08日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/3〜9/4)☆まんでがんプロ的中連発で収支プラス62万超をマーク!
閲覧 676ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳ステークスが、4(日)小倉競馬場でG3小倉2歳ステークスが、新潟競馬場でG3新潟記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳ステークスは抜群のスタートを決めたトラストが先手を取って直線コースへ。先頭はトラストでリードは3馬身、単独2番手にアンノートル、内にはジャコマルエトルディーニュが続いて、後方各馬も追い出しにかかります。残り100mを通過、ここでブラックオニキスアドマイヤウイナーが2番手に浮上して前を追いますが、先頭を行くトラストの逃げ脚は衰えず、完全にセーフティリード!2着のブラックオニキスに2馬身半差をつけての快勝でした!そこからクビ差の3着にはアドマイヤウイナーが入っています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ他7名が的中しています。
   
G3小倉2歳ステークスは押して先手を主張したナムラアイドルがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯。変わってレーヌミノルが先頭に立って直線コースへ。先頭は逃げるレーヌミノルでリードは3馬身、2番手グループにはカシノマストクインズサリナダイイチターミナル、外からはオールポッシブルが追い込み態勢。残り200mを通過、ここで浜中騎手のGOサインに応えて逃げるレーヌミノルが一気にスパート!グングン後続を引き離し、最後は2着ダイイチターミナルに6馬身差をつけ、重賞初制覇を飾りました!2着にダイイチターミナル、そこから半馬身差の3着にカシノマストが入っています。
 
公認プロ予想家では霧プロ他12名が的中しています。
 
G3新潟記念メイショウナルトが先頭で直線コースへ。逃げるメイショウナルトのリードは4馬身!2番手以降は内から外にずらっと横一線で各馬徐々に追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでメイショウナルトは一杯、代わってマイネルミラノクランモンタナの先頭争いとなりますが、直後、大外からアデイインザライフが一気の伸び脚!前の2頭を捉えるとゴールまで力強い末脚で快勝しました!3/4差の2着にアルバートドック、そこから半馬身差の3着にロンギングダンサーが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロくりーくプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースとした3(土)新潟12Rで『成長力ある血の背景。体重が増え、好走している。1列前の競馬なら差し届いて驚けない脚力。』と本命にした◎ウサギノカケアシからの馬単145.5倍、3連単653.8倍を的中させ、31万9910円を払い戻しました!この他にも小倉9Rで22万3520円、小倉12Rで20万5480円を払い戻すなど的中連発!週末トータル回収率187%、収支プラス62万9040円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
3(土)札幌11R札幌2歳ステークスG3で単勝59.8倍の穴◎ブラックオニキスの複勝を3000円、馬連181.2倍を2300円的中させ、45万2160円の払い戻し!週末トータル回収率296%、収支プラス36万8790円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
3(土)札幌7Rで○◎の印で単勝8.6倍を3000円、馬連50.5倍を4000円的中させ、22万7800円を払い戻し!同日の札幌1Rでも◎ララベスラーナの単勝19.3倍を1万円的中させ、19万3000円を払い戻し!週末トータル回収率129%、収支プラス20万9380円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
4(日)小倉5Rで◎ケンビションの単勝を1万円的中させ、51万5000円を払い戻し!新潟12Rでは単勝17.3倍の◎ミキノドラマーの単勝を的中させ、17万3000円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
4(日)札幌5Rで◎レッドアルカディアの単勝5.8倍を5000円、○エクスプレスレーンとの馬連、ワイドを的中させ、14万9400円を払い戻しました!週末トータル回収率124%をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(107%)、夢月プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年09月06日(火) 16:48 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/3〜9/4の結果(札幌2歳ステークス・新潟記念)
閲覧 387ビュー コメント 0 ナイス 1

9月3日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。




1着:総合ポイント【1位】△トラスト(9.7倍)
2着:総合ポイント【7位】ブラックオニキス(59.8倍)
3着:総合ポイント【8位】△アドマイヤウイナー(20.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のトラストが1着、第3グループ・総合ポイント7位のブラックオニキスが2着、第4グループ・総合ポイント8位のアドマイヤウイナーが3着という結果でした。

期待した◎トリオンフは、1〜2コーナーに掛けてだいぶケンカしちゃってましたね。。。結果、なだめているうちに最後方になってしまっては展開的にも厳しかった印象。
結果的に、凄馬出馬表1位△トラスト−第3Gのブラックオニキス決着で馬連181倍だったので勿体ないことをしてしまったと反省です。クローバー賞組をもう少し評価出来ていれば“答え”に辿り着けていた可能性もあったわけで、うーん......。

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点) 払い戻し0円


続いて9月4日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。


1着:総合ポイント【17位】アデイインザライフ(6.1倍)
2着:総合ポイント【9位】アルバートドック(5.0倍)
3着:総合ポイント【8位】ロンギングダンサー(18.3倍)



第4グループ・総合ポイント17位のアデイインザライフが1着、第2グループ・総合ポイント9位のアルバートドックが2着、第2グループ・総合ポイント8位のロンギングダンサーが3着という結果でした。

デムーロ騎手(◎ダコール)は思い切った騎乗でしたが、結果的に外差し向きの馬場・展開に、、。枠順的に決め打ちの乗り方だと思いますし、仕方ないです。しかし、ディープインパクト産駒はこれで新潟記念3連勝、来年こそは外枠のディープを忘れずに本命にしたいと思います(笑)。


【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年09月03日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第204回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜札幌2歳ステークス G3
閲覧 482ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、トラストから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノアシュラディープウォーリアまで3頭。
第2グループ(黄)は 、アンノートルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のトリオンフまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、エトルディーニュから同差内のブラックオニキスまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

2位以下には適度に開きがあり、第2G→第3Gには2ポイント以上の開きが見られます。しかし、この時期の2歳重賞なので当たり前と言えば当たり前ですがキャリア1〜2戦の馬同士のぶつかり合いとなる訳で、これまでの指数=その馬の能力という視点よりも今回どれだけ跳ね上げるかという視点がより重要になってくるのではないかと見ています(いつも言っていることですが^^;)。

そんな中今回の◎は総合5位評価のトリオンフとしました。初戦のレベルとしては微妙もこの馬自体の内容は悪くなかったと思いますし、1週前→最終追切りの内容も良く上昇が窺えるこの馬に期待。大型馬の2戦目という意味でも上積みは小さくないと見ています。ただ、このレース(過去10年)馬体重500kg以上の馬は(0-1-0-12)で、好走した1頭もゴールドシップで当時500kgちょうどだったのでその点は懸念材料ではありますが、状態の良さを買って本命視したいと思います。
○はタガノアシュラ。前走はレコード勝ちで新馬戦としては高い指数をマーク。人気してしまいそうな上に、初戦で覗かせたテンションの高さが気掛かりで評価を下げましたがこちらもチャンスは十分と見ています。
▲にディープウォーリア。前走は人気していませんでしたが、○同様デビュー戦としては上々の指数をマークしての勝利。さらに、2歳戦のこの条件ではディープ産駒が6割以上の複勝率を誇っていますのでそのあたりにも期待したいと思っています。
以下☆にコリエドール、△にアドマイヤウイナーインヴィクタアンノートルトラストと印を回します。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの馬単で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤウイナーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 54ビュー コメント 6 ナイス 17

今シーズンのPOG戦線も残り4週。
来週は3歳戦的には“谷間の週”になるので、オークスとダービーをどういう形で迎えられるかは今週の結果が大きく左右してくることになります。

【出走】
・5月7日 東京11R NHKマイルC
△アエロリット(横山典弘騎手)

NHKマイルCに、桜花賞から△アエロリットが駒を進めてきました。

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
 助 手 ■美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力
 調教師 ◇美南坂良 1 回 54.0 39.5 25.9 12.8 馬なり余力
★調教師 4.30美南W稍 85.2 69.1 53.8 39.8 13.6[9]馬なり余力
☆調教師 5. 3美南坂良 1 回 53.5 38.8 25.0 12.1 馬なり余力

1ヶ月ほど美浦で調整した桜花賞とはうってかわって、天栄からの10日競馬で挑みます。
10日競馬をアエロリットがやるのはおそらく初めてになりますが、天栄からの10日競馬というのは、去年、メジャーエンブレムがこのパターンで戴冠しているだけに牧場側にノウハウがあるのは好材料かと。
成績的に崩れないだろうけど頭まではどうか?と思われているからこそ、天才肌の典ちゃんの感性に期待したいですね。
人気は割れるでしょうから、仮に1番人気になってもそんなにプレッシャーになることもないでしょう。

・5月6日 新潟10R わらび賞
☆トワードポラリス(勝浦正樹騎手)

土曜日にさかのぼって、新潟のわらび賞に☆トワードポラリスが出走します。

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.6 38.8 13.5[9]強目に追う
  4.12 美プール
 助 手 4.23美南坂稍* 1 回 60.7 44.7 29.7 14.9 馬なり余力
★助 手 4.26美南W良 53.7 39.1 13.6[9]馬なり余力
       サンチェサピーク(三500万)馬なりの外を0.4秒先行0.2秒遅れ
  4.27 美プール
 助 手 4.30美南W稍 58.6 43.3 14.6[8]馬なり余力
☆助 手 5. 3美南W良 53.2 38.6 13.3[7]強目に追う
       オージャイト(古1000万)馬なりの外を0.2秒先行同入

特別登録があったのが32頭。
想定の段階で22頭になって、実際に出馬投票を行ったのは19頭という事で、結局、15/19という抽選大会を潜り抜けてまずは一安心。
除外された4頭の中に結構、骨っぽい馬がいたのはいいのだけど、抽選を突破した馬の中にも初ダートの不気味な馬が何頭かいるので気は抜けません。
7枠13番というのは揉まれないことを考えたらいい枠ですね(^^)
で、天気予報を見たら、明日の新潟は午前9時くらいからずっと雨の予報なので渋るのは大歓迎。
前々でレースができれば昇級戦でも通用してもおかしくないですね。

・5月7日 東京6R
△モアナ(内田博幸騎手)

日曜日の東京の芝1400mの500万下に△モアナが出走します。

モアナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.12ベスト美南W良 71.6 56.2 41.5 13.4[6]一杯に追う
 助 手 ■美南坂良 2 回 54.3 39.2 25.4 12.5 馬なり余力
 助 手 4.21美南坂良 2 回 56.0 40.5 27.1 13.6 馬なり余力
       ヴァーノン(古1600万)馬なりを0.8秒追走0.2秒先着
 高野和 4.27美南坂稍 2 回 61.8 44.0 29.1 14.7 馬なり余力
★高野和 4.27美南坂稍 53.6 39.1 25.8 12.5 末強目追う
       アーバンイェーガー(三未勝)強目を0.4秒追走同入
☆助 手 5. 3美南W良 54.1 39.4 12.9[7]強目に追う

未勝利勝ちの時計は、翌週の500万下より速かったのでここでも通用する下地はあるでしょう。
ただ、ここが2月以来の競馬になるのでその辺がカギになるでしょうか。

・5月7日 京都9R 矢車賞
△ドロウアカード(四位洋文騎手)

同じく日曜日。京都の矢車賞に△ドロウアカードが出走します。

ドロウアカード
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂稍 1 回 52.0 38.2 25.2 12.8 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.9 40.0 25.4 12.4 末強目追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 55.4 40.1 25.7 12.7 馬なり余力
  4.21 栗プール
 助 手 4.23 栗坂良 1 回 58.8 42.8 28.2 14.1 馬なり余力
★助 手 4.27 栗坂重 1 回 56.0 41.1 26.8 13.1 馬なり余力
       マイボニー(三未勝)一杯を0.6秒先行0.1秒先着
 助 手 4.30 栗坂良 1 回 60.1 44.6 29.8 14.9 馬なり余力
☆助 手 5. 3 栗坂良 1 回 54.6 39.6 25.7 12.9 馬なり余力
       エオリア(三500万)馬なりを0.3秒先行同入

状態に関してはいい意味で平行線というところでしょうか。
ここには過去3回とも先着を許しているディアドラがいるので大きなことは言えませんが、それでも先行の利はあるとはおもっています。
問題はドロウアカードが高速馬場を味方にできそうには思えないところですが、今回は押しきってほしいですね。

・5月7日 東京1R
★ラボーナ(クリストフ・ルメール騎手)

主戦場のPOGで指名している★ラボーナが日曜日の東京1Rに出走します。

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南W良 69.2 53.1 40.0 12.5[7]馬なり余力
 柴 山 ■美南W稍 54.0 39.9 12.7[8]馬なり余力
 助 手 4.16美南W良 54.9 40.4 13.0[7]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの内を0.6秒追走同入
 助 手 4.19美南W良 56.0 40.4 13.4[9]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの外同入
 助 手 4.23美南W稍 58.7 42.5 13.2[8]馬なり余力
       キングオブアームズ(古500万)馬なりの外を0.4秒先行同入
★杉 原 4.26美南W良 55.1 40.7 13.2[7]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの内を1.0秒追走同入
 助 手 4.28美南坂良 1 回 63.6 47.0 31.0 14.8 馬なり余力
 助 手 4.30美南W稍 71.0 54.7 40.4 13.4[6]馬なり余力
       ダノンゴールド(障オープン)馬なりの内を追走同入
☆助 手 5. 3美南W良 70.0 53.9 39.5 13.0[9]G前仕掛け
       デルカイザー(古1600万)馬なりの外を0.8秒先行同入

2〜3月の2戦は漸く前向きさが出てきたのは良かったのだけど、今回はマイル戦という事で、エンジンが掛かるまでに時間がかかりそうな★ラボーナがどういう競馬をするかは興味があります。
願わくば外目の枠を引いて揉まれない競馬になってほしいのですが…。

【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.7 39.5 25.3 12.5 馬なり余力
 Mデム ■ 栗CW不 52.9 38.1 11.8[5]G前気合付
☆助 手 5. 3 栗坂良 1 回 60.6 44.5 29.3 14.6 馬なり余力

ミンネザング
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南W良 84.3 68.1 53.8 40.3 13.9[8]一杯に追う
 助 手 ■美南W良 53.1 38.6 13.1[7]馬なり余力
☆助 手 5. 4美南W良 55.5 40.7 14.0[5]馬なり余力

モーヴサファイア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 52.3 37.7 24.4 12.3 末強目追う
 助 手 ■ 栗坂重 1 回 52.6 38.9 25.6 12.6 馬なり余力
 助 手 3.23 栗CW重 88.7 72.5 58.0 43.5 13.9[7]馬なり余力
 助 手 3.26 栗坂良 1 回 62.5 45.3 29.5 14.4 馬なり余力
 助 手 3.29 栗CW良 83.0 66.5 52.0 38.4 11.9[8]馬なり伸る
       チャイマックス(古500万)一杯の外を0.5秒先行0.3秒先着
☆助 手 5. 3 栗坂良* 1 回 54.5 40.1 26.4 13.0 馬なり余力

テンペスト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 3ベスト 栗坂良 1 回 53.3 39.2 26.0 13.5 叩き一杯
 助 手 ◇ 栗CW不 83.4 67.6 52.9 39.1 12.9[5]稍一杯追う
★助 手 4.26 栗坂良 1 回 54.8 40.5 27.4 14.4 一杯に追う
 助 手 4.30 栗坂良 1 回 54.6 39.9 26.5 13.6 馬なり余力
☆助 手 5. 3 栗坂良 1 回 53.9 39.2 25.7 12.9 一杯に追う

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 4ベスト美南坂良 2 回 52.8 38.2 25.2 12.7 一杯に追う
 助 手 ◇美南坂良 2 回 52.8 38.2 25.2 12.7 一杯に追う
☆助 手 5. 3美南坂良 2 回 61.1 44.1 28.7 14.5 馬なり余力

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 3ベスト 栗坂重 1 回 52.5 37.9 24.7 12.5 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.9 40.6 26.1 12.7 馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 56.5 41.5 27.4 13.2 馬なり余力
☆助 手 5. 4 栗坂良 1 回 59.1 43.5 29.2 14.7 馬なり余力

【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(皐月賞は2着→5月28日の東京優駿へ)
☆レッドラシーマ(4月8日の阪神の500万下は17着)
☆ミンネザング(4月22日の未勝利戦は2着)
△モーヴサファイア(忘れな草賞を回避→オークスを視野)
△アルテーロ(5月21日の京都芝1600mの牝馬限定の未勝利戦を目標)
△オーシャンティ(4月22日の未勝利戦は3着)
△テンペスト(4月16日の未勝利戦は9着)

・放牧
☆オメガドラクロワ(3月26日の未勝利戦は16着)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
★ダンビュライト(皐月賞は3着→引き続き武豊騎手で5月28日の東京優駿へ)

・期間内終了
☆アドマイヤウイナー(青葉賞は3着)
☆ファームフェイス(京都の500万下を快勝→5月14日の青竜Sへ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
★アンティノウス(4月29日の500万下を快勝)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)

・登録抹消
☆ファヴール(4月28日付で笠松へ転出)

今週の土曜日の未勝利戦に出馬投票をした☆テンペストは2/7の抽選を突破できずに非当選除外。でも内回りのマイル戦に投票していたのは好感。
他ではミンネザングとオーシャンティが続戦。
真打ちのペルシアンナイトまで、なんとか最後まで出走は途切れなさそうです。
とはいえスペシャルワールドの優勝争いは最後までもつれるでしょうね。
アエロリットがマイルCを勝ってくれるとかなりのアドバンテージになるのですが…。

 藤沢雄二 2017年05月05日(金) 11:16
ダービー切符はあと一歩届かず…〜POG第48節〜
閲覧 60ビュー コメント 8 ナイス 27

先週のPOG戦線は延べで2頭が出走。
ダービー切符を懸けて挑んだ青葉賞のアドマイヤウイナーは惜しくも3着でした。

【出走結果】
・4月29日 東京11R
☆アドマイヤウイナー 3着 2.24.2・良(1着馬とのタイム差+0.6)
単勝オッズ 20.2倍(8番人気)
【採点:6.5】

アドミラブル、強ぇ〜な(白目)

本音を言えば1勝馬に2着を取られたのは不満が残るけど、現状のベストは尽くした上での3着なら、とりあえずは勝ち馬を褒めるしかないですね。
それなりに速い時計には対応できたことと、大寒桜賞の勝ち馬として『次走の重賞戦で馬券対象になる』という点を継続できたことは良かったのではないでしょうか。

この後は放牧という事で、自己条件から再出発して秋にはなんとか菊花賞戦線に乗っかってほしいですね。

ところでミルコがアドミラブルを選んだことで浮上してきた
『ダービーにおけるペルシアンナイトの鞍上問題』。

池江調教師は「今週(=5/6,7日)の競馬が終わってから」とコメントするに止まりましたが、正直なところ誰でもいいです。
外野がピーチークパーチクと煩いので、出馬投票の時まで公式には伏せておいてもらってもいいというのが個人的な意見。
もちろん水面下では即刻決めてほしいけど、ミルコに袖にされたのなら別に公表する必要はないんじゃないの?

まあ『青葉賞勝ち>皐月賞2着』というミルコの選択はおそらく前代未聞なんだろうけど、出資している人の感情はあるとは思うけど、こっちは“紙の上”のことだし、そういう選択も外国人ならではなのかな〜ということで妙に割りきっているところはあります。
これが日本人だったら、カミソリの入った手紙を送りつけるような遺恨は残るかと思いますがw
(↑それをやってしまったら犯罪です!)
もしミルコに話しかける機会があるなら
「安田記念をブラックスピネルで勝ったら許してあげる♪」
と言うぐらいでしょうねw

・4月29日 東京7R
★アンティノウス 1着 1.37.2・良(2着馬とのタイム差-0.7)
単勝オッズ 14.2倍(5番人気)
【採点:7.5】

さかのぼって同じ日の7Rに出走した、主戦場のPOGで指名している★アンティノウス。なんと昇級戦を快勝しました。
外枠が良かったのかもしれませんが、それにしてもエラい強かった。未勝利脱出まで四苦八苦していたのは一体なんだったのか?と言いたくなるような快勝劇は嬉しい誤算。
来シーズンの指名馬選びを進めていく上で、評価と判断に悩むことになりそうです(^^;

POG期間内はこれが最後の出走で、短期放牧の後、ユニコーンSに挑戦するようです。
東京のマイルで内枠を引いた時にどうなるのか?という課題はありますが、500万下でのこの勝ちっぷりなら世代限定の重賞なら通用しても…と思わずにはいられません。
おそらく抽選になるでしょうけど、仮に除外になって古馬相手の1000万下でも楽しみではありますね。

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年05月01日(月) 19:45
JRA重賞の≪振り返り≫ 
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 4

会員ページの方に
☆今週の格上馬★結果
☆29日30日特別戦出走表★結果
★会員さんの結果報告
を更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

////////////

【格上馬】
平場の17レース中10レースで該当馬が3着以内
土曜◎【2-0-0-2】日曜◎【2-1-1-0】

【今週の重賞】

≪青葉賞≫
1着:アドミラブル【馬指数3位】〔上がり1位〕【総タイム1位】≪LAP一致≫
2着:ベストアプローチ【馬指数2位】〔上がり3位〕≪G狭チポジ●≫≪LAP一致≫
3着:アドマイヤウイナー〔テン3位〕【総タイム3位】≪好走ポジ●≫≪LAP一致≫

※≪攻略ポイント≫からの強いデータでアドミラブル−アドマイヤウイナーの2頭を
週中の無料日記で公開しましたが、指数表を作って確認しても、タイム指数や
≪LAP一致≫も該当でほぼ大丈夫という自信だけはありました(笑)
3連系は唯一≪G兇任旅チポジ≫があるベストが入り一致度の3頭で決まりましたね♪

≪天皇賞春≫G
1着:キタサンブラック【馬指数1位】〔上げ幅1位〕〔テン1位〕〔上り3位〕【総タイム1位】
≪G宜チポジ●≫≪イケてる騎手≫
2着:シュヴァルグラン【総タイム4位】
3着:サトノダイヤモンド【馬指数3位】〔上り3位〕【総タイム2位】

※2番人気馬が勝つというデータは当て嵌まりませんでしたが、キタサンVSサトノは
人気の面でも見所がありました。キタサンが2番人気だったら1着固定で、という
自分のルールは崩れたので◎シュヴァルグランから馬券は買いましたが
結局一番堅い結果に。3着争いがデウスだったら、収支も大きくアップしたので
残念です。キタサンは馬体も心肺能力もまだ成長してるんじゃないか?と思える
強さで3200mながら中間も13.0が1回だけ、1400mまではずっと11秒台の
超高速の持続LAPを物ともせずの完勝♪
指数表でも逆らいようがなく、1番人気のジンクスは不要でしたね。いやぁ強かった(*^^*)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今週は週中に書いた≪攻略ポイント≫で青葉賞も、天皇賞(春)も、推し馬が馬券に
なったので、多くの報告を貰いました\(⌒▽⌒)
【結果報告】を送ってくれた方には今週の「NHKマイル」のデータ絞込み馬を
いち早く送らせて頂いております(〃^▽^〃)

今週は
京都新聞杯・・・過去11年3着馬以内33頭全馬が上がりタイム指数7位未満(7頭立て)
新潟大賞典・・・中京で速い上がりを出せる馬を狙え!
NHKマイルC・・・タイム指数(69.6)未満の馬が毎年2頭ずつ!
GWで使ったお金、取り戻せるよう周到にデータ揃えます(* ̄∀ ̄)ゞ
今週も頑張りましょう^^

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

入会費のみで、何年でも毎週、競馬新聞並みの情報を見て頂けます^^
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

[もっと見る]

アドマイヤウイナーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤウイナーの写真

アドマイヤウイナー
アドマイヤウイナー
アドマイヤウイナー

アドマイヤウイナーの厩舎情報 VIP

2017年4月29日テレビ東京杯青葉賞 G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤウイナーの取材メモ VIP

2017年4月29日 テレビ東京杯青葉賞 G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。