アデイインザライフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アデイインザライフ
アデイインザライフ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2011年2月11日生
調教師萩原清(美浦)
馬主池谷 誠一
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績14戦[6-1-4-3]
総賞金13,203万円
収得賞金4,300万円
英字表記A Day in the Life
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ラッシュライフ
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
フレンドレイ
兄弟 ブラックジルベルトジャポニウム
前走 2018/01/14 ニューイヤーS OP
次走予定

アデイインザライフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 中山 10 ニューイヤー OP 芝1600 108104.927** 牡7 58.0 石橋脩萩原清560(0)1.34.8 0.335.0⑤⑤⑤ダノンプラチナ
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 188176.121** 牡5 55.0 横山典弘萩原清560(0)1.57.5 -0.132.7⑰⑰アルバートドック
16/03/27 中山 10 常総S 1600万下 芝2000 14582.511** 牡5 57.0 田辺裕信萩原清560(+6)1.59.6 -0.034.2⑭⑭⑪⑦ストレンジクォーク
16/02/20 東京 12 4歳以上1000万下 芝2000 13333.011** 牡5 57.0 横山典弘萩原清554(+4)2.06.5 -0.336.6⑦⑦⑦フォワードカフェ
15/11/15 東京 9 tvk賞 1000万下 芝1800 118101.814** 牡4 57.0 横山典弘萩原清550(-2)1.48.5 0.533.6⑩⑨⑩マイネルイルミナル
15/10/18 東京 8 3歳以上1000万下 芝1800 9661.513** 牡4 57.0 戸崎圭太萩原清552(-2)1.47.5 0.434.6ラスヴェンチュラス
15/02/01 東京 10 節分S 1600万下 芝1600 16482.112** 牡4 56.0 F.ベリー鈴木康弘554(+14)1.34.0 0.133.9⑮⑬カフェブリリアント
14/11/08 東京 8 3歳以上1000万下 芝1800 11331.511** 牡3 55.0 戸崎圭太鈴木康弘540(-6)1.48.3 -0.133.0⑨⑨⑩キミノナハセンター
14/10/11 東京 7 3歳以上500万下 芝1800 18241.911** 牡3 55.0 戸崎圭太鈴木康弘546(+4)1.46.0 -0.433.5⑮⑮⑭モンサンカノープス
14/06/22 東京 7 3歳以上500万下 芝1800 12561.713** 牡3 54.0 戸崎圭太鈴木康弘542(+2)1.48.3 0.635.0⑧⑨⑧メドウヒルズ
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 183545.0916** 牡3 57.0 田辺裕信鈴木康弘540(-4)2.01.2 1.636.0⑯⑯⑩⑧イスラボニータ
14/03/09 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 13337.823** 牡3 56.0 戸崎圭太鈴木康弘544(-2)2.01.8 0.436.2⑤⑤⑥④トゥザワールド
14/01/19 中山 11 京成杯 G3 芝2000 166117.343** 牡3 56.0 横山典弘鈴木康弘546(0)2.01.4 0.335.8⑯⑯⑯⑮プレイアンドリアル
13/12/22 中山 4 2歳新馬 芝2000 18233.611** 牡2 55.0 戸崎圭太鈴木康弘546(--)2.05.6 -0.335.3⑮⑯⑬⑨コズミックライト

アデイインザライフの関連ニュース

【若駒ピカイチ】ランスマン

2017年9月5日(火) 05:00

 《戦評》スタートは速くなかったが、中団の外をスムーズに追走。3コーナー過ぎから追い出されると、先に抜け出した2着馬を頭差とらえてゴール。道中や直線入り口ではふわふわしていたが、エンジンがかかってからの伸びは光った。

 《血統》父も母の父も現役時代は520キロを超えていた大型馬。この馬も550キロと目を引く巨体を受け継いだ。エピカリスメイショウナルトアデイインザライフと個性派が近親に並ぶ母系も優秀だ。距離には限界があり、中距離寄りのマイラーになりそう。ダート適性もある。

 《将来性》巨体から繰り出す末脚は迫力満点。切れるというよりも持続力のある走りだ。父も母の父も早くから活躍して、さらに力をつけていったように、成長力にも富む。スピードに対応できるようになれば、芝のマイル路線で楽しみな素材だろう。



ランスマンの競走成績はこちら

【2歳新馬】新潟5R ランスマンが競り合い制す 2017年9月2日() 12:47

 9月2日の新潟5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気ランスマン(牡、美浦・上原博之厩舎)が好位追走から直線は外めを伸びてデビュー勝ち。タイムは1分23秒0(良)。

 アタマ差の2着には二枚腰で逃げ粘ったダノンスマッシュ(1番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着に大外から追い込んできたナイルデルタ(9番人気)。

 ランスマンは、父ダイワメジャー、母ラフアップ、母の父クロフネという血統。いとこに2016年新潟記念・GIIIの優勝馬アデイインザライフがいる。

 ◆内田博幸騎手(1着 ランスマン)「ゲートの中でそわそわしてスムーズに出なかったので、周りを見ながら、馬の後ろにつけて進めた。3コーナーから勢いをつけていったら、ハミを取ってくれたし、しっかり伸びて前をとらえた。力があるところを見せてくれたね」



★2日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟記念】レース展望 2017年8月28日(月) 19:41

 6週間にわたる夏の新潟開催も最終週となり、日曜メインに第53回新潟記念(9月3日、GIII、芝2000メートル)が行われる。総合優勝した馬のオーナーに3200万円、厩舎関係者に800万円の褒賞金が贈られるサマー2000シリーズ(全5戦)の最終戦は、チャンピオンが決定する一戦だけに、熱戦が繰り広げられるのは間違いない。

 シリーズ4戦が終了した時点でのトップは札幌記念を勝ったサクラアンプルール(13点)だが、同馬は登録がないため、最終戦の他馬の成績待ちとなる。ここで好走すればチャンピオンになる可能性があるのが4頭(ポイントは1着10点、2着5点、3着4点、4着3点、5着2点、6着以下1点)。いずれも勝機をうかがう存在だ。

 11点で2位のタツゴウゲキ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡5歳)は格上挑戦だった前走の小倉記念で重賞初制覇。今年に入ってから力をつけただけに、まだ伸びしろはありそうだ。全4勝が芝2000メートルというスペシャリストで、新潟芝2000メートルも条件戦ながら2着がある。最大の課題は3キロ増となる55キロのハンデだろう。

 10点で3位タイが函館記念で重賞初制覇を成し遂げたルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)。この馬も全6勝中5勝が芝2000メートルで、新潟コースでも2勝(うち1勝は芝2200メートル)を挙げている。晴雨兼用で馬場状態が不問なのは強みだ。ハンデは前走から2キロ増の57キロだが、想定範囲内。柴山雄一騎手が騎乗停止となったため、今回は石橋脩騎手が代打を務めるが、乗り難しいタイプではないので特に問題もないだろう。

 マイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳)は5点で8位タイだが、勝てばチャンピオンになる可能性がある。3年前のダービー3着後は1勝のみだが、ブリンカーを装着したここ3戦は新潟大賞典2着、鳴尾記念3着、七夕賞2着と抜群の安定感。毎日杯以来の重賞2勝目が十分期待できる状況になっている。課された57キロも、新潟大賞典七夕賞と同じ。好勝負は必至だ。

 もう1頭チャンピオンになる可能性があるのが、4点で11位タイのソールインパクト(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)。準オープンからの格上挑戦になるが、2歳時から3歳時初期にかけて重賞路線で好走した実績がある。新潟コースは3戦未勝利だが、ディープインパクト産駒だけに芝が軽く直線が長いコースは向いているはず。3着だった前走の七夕賞よりも条件は良く、ハンデも据え置きの53キロなら十分狙える。

 シリーズの行方に関係ない馬にも、有力馬が多い。アストラエンブレム(美浦・小島茂之厩舎、牡4歳)は6月のエプソムC2着以来だが、7月27日に放牧から戻って約1カ月間じっくりと乗り込んできた。8月24日の1週前追いは美浦坂路で4ハロン50秒5の好タイムをマーク。ハンデは2走前に2着だったオープン特別のメイSと同じ56.5キロなら問題はない。1800メートルまでしか経験がない点が鍵になるが、新潟コースは2戦2勝と得意。上位争いを演じても不思議はない。

 唯一の牝馬ロッカフラベイビー(美浦・鹿戸雄一厩舎、5歳)は1600万下・佐渡Sで牡馬を破っての出走。ハンデは52キロと手頃におさまった。昨年の覇者アデイインザライフが、1600万下を卒業した勢いに乗ってのVだっただけに、この馬も侮れない。

 ロイカバード(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2歳時から3歳春にかけてクラシックの有力候補に挙げられていたほど。思うような成績を挙げられずにきたが、前走の佐渡Sは休み明けながら2着と力のあるところを見せた。ロッカフラベイビーとの斤量差も、前走は5.5キロだったが、今回は3キロに縮まる。GIIIのハンデ戦なら目が離せない。

 阪神大賞典3着、天皇賞・春8着と一線級にもまれてきたトーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)=56キロ=と、菊花賞は8着に終わったとはいえ3番人気と高く評価されていたカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2000メートルへの対応がポイント。

 トップハンデ57.5キロのラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)、同厩で57キロのフルーキー(牡7歳)はかつての勢いを欠いているのが気掛かり。ラジオNIKKEI賞2着のウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡3歳)==52キロ、ホープフルSでのちのダービー馬レイデオロの2着に入ったマイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)=52キロ=は3歳馬が振るわないデータをどう覆すかだろう。

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯AH】ノリ、アルマを夏マイル王に導く 2016年9月9日(金) 05:04

 武豊騎手に次ぐ現役2位となるJRA通算2621勝を挙げる横山典弘騎手(48)=美・フリー=は、先週の新潟記念アデイインザライフで勝ち、史上4人目のJRA全10場重賞制覇を達成。好調の波に乗って、秋競馬を迎える。

 「よく勝ってくれたよ。スタッフが一生懸命に仕上げてくれたおかげ。ただ、これから大きいところへ行けば相手も強くなるからね」

 日曜の京成杯AHは、関屋記念7着に続いてアルマディヴァンに騎乗する。勝てば、大逆転でサマーマイルシリーズのチャンピオンとなる。

 「相手も強いし、レースはやってみないとわからない。しっかりと力を引き出してあげられるように乗るだけ」とファイティングポーズを崩さない。これまで3度の騎乗も大きくは負けていない。トリッキーなコースを味方につけてチャンスをうかがう。

京成杯AHの枠順こちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟記念】アデイで決めた!横山典全10場重賞V 2016年9月5日(月) 05:13

 第52回新潟記念(4日、新潟11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝・外2000メートル、1着本賞金4100万円=出走18頭)2番人気アデイインザライフが後方追走から直線で外ラチ沿いまで持ち出し、豪快な追い込みを決めて重賞初V。騎乗した横山典弘騎手(48)=美・フリー=は、史上4人目となるJRA全10場重賞制覇を成し遂げた。タイム1分57秒5(良)。1番人気のアルバートドックは3/4馬身差の2着に入り、サマー2000シリーズの優勝を決めた。

 大外から一気にゴールを突き抜けると、ベテランジョッキーが小さくガッツポーズを作った。この勝利まで31年。逃げ切りでも、イン強襲でもなく、後方から大外一気。これぞ横山典弘という騎乗で、アデイインザライフを重賞初Vに導き、史上4人目となるJRA全10場重賞制覇の偉業を達成した。

 「31年かかってやっと勝てたね。素直にうれしいよ」

 初めて新潟で重賞の表彰台に上がったノリ。48歳のベテランが、またひとつ新たな勲章を手にして満面の笑みを浮かべた。スタートして後方2番手の位置取り。「馬のリズムを大切にする」という一貫したスタイルを、この日も貫いた。

 メイショウナルトの大逃げに動じることなく、直線は思い切って外ラチ沿いへ。他の騎手からも“かっこいい”と称賛されるフォームでアデイの末脚を引き出すと、豪快に先行勢を抜き去った。「器用なタイプじゃないから、エンジンをかけたままで、不利を受けることなく走らせたかった」という思惑通り、上がり3ハロン32秒7という究極の切れ味。夏の終わりの新潟を熱くさせる走りで、ついに全場重賞制覇だ。

 これで3連勝となったアデイインザライフは、もともと京成杯3着、弥生賞3着と早くから素質を見せていた。萩原厩舎に転厩後も着実に力をつけての初タイトルだ。

 「鈴木先生から引き継いで、責任を感じていました。これからもどんどん結果を出していかないといけませんね」

 萩原調教師は師匠(鈴木康弘元調教師)から託された素質馬の重賞勝利にホッとすると同時に、さらに気を引き締める。次走は未定だが天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)が最大目標となりそうだ。

 「秋にはもっと良くなるだろうし、僕も頑張ります」と、この馬とのコンビで大仕事を狙う横山典騎手。遅れてきた大器アデイインザライフとともに、この秋、ベテランジョッキーがまだまだ大暴れする。 (柴田章利)

★4日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら

アデイインザライフ 父ディープインパクト、母ラッシュライフ、母の父サクラバクシンオー。鹿毛の牡5歳。美浦・萩原清厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は池谷誠一氏。戦績13戦6勝。獲得賞金1億3203万9000円。重賞初勝利。新潟記念は、萩原清調教師が2012年トランスワープに次いで2勝目、横山典弘騎手は初勝利。馬名は「人生のとある一日。曲名より」。

[もっと見る]

【新潟記念】アデイ大外強襲V!横山典全10場重賞制覇 2016年9月4日() 15:53

 9月4日の新潟11Rで行われた第52回新潟記念(3歳上オープン、GIII、芝・外2000メートル、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、横山典弘騎手騎乗の2番人気アデイインザライフ(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)が後方2番手追走から直線で外ラチ近くを鋭い末脚で伸びて差し切り、1000万下から3連勝で重賞初勝利を飾った。タイムは1分57秒5(良)。同騎手はこれで安田富男元騎手、武豊騎手、藤田伸二元騎手に次いで、中央競馬史上4人目のJRA全10場重賞制覇を成し遂げた。30年6カ月4日は、安田富男元騎手を上回る最長キャリアでの達成。

 3/4馬身差の2着にアルバートドック(1番人気)、さらに1/2馬身差で3着にロンギングダンサー(9番人気)が入った。

 サマー2000シリーズは全5戦が終了。アルバートドックが2着で5ポイントを加算して15ポイントとし、首位に立ってネオリアリズム(13ポイント)を抜いて優勝した。

 アデイインザライフは、父ディープインパクト、母ラッシュライフ、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道白老町の(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、池谷誠一氏の所有馬。通算成績は13戦6勝。新潟記念は、萩原清調教師は2012年トランスワープに次いで2勝目、横山典弘騎手は初勝利。

 ◆横山典弘騎手「デカい馬で器用さがないので、折り合いをつけて外に出して長い直線をフルに生かす競馬をしようと思っていました。その通りの競馬ができてよかった。勝ててホッとしています」

★4日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

アデイインザライフの関連コラム

閲覧 780ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳ステークスが、4(日)小倉競馬場でG3小倉2歳ステークスが、新潟競馬場でG3新潟記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳ステークスは抜群のスタートを決めたトラストが先手を取って直線コースへ。先頭はトラストでリードは3馬身、単独2番手にアンノートル、内にはジャコマルエトルディーニュが続いて、後方各馬も追い出しにかかります。残り100mを通過、ここでブラックオニキスアドマイヤウイナーが2番手に浮上して前を追いますが、先頭を行くトラストの逃げ脚は衰えず、完全にセーフティリード!2着のブラックオニキスに2馬身半差をつけての快勝でした!そこからクビ差の3着にはアドマイヤウイナーが入っています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ他7名が的中しています。
   
G3小倉2歳ステークスは押して先手を主張したナムラアイドルがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯。変わってレーヌミノルが先頭に立って直線コースへ。先頭は逃げるレーヌミノルでリードは3馬身、2番手グループにはカシノマストクインズサリナダイイチターミナル、外からはオールポッシブルが追い込み態勢。残り200mを通過、ここで浜中騎手のGOサインに応えて逃げるレーヌミノルが一気にスパート!グングン後続を引き離し、最後は2着ダイイチターミナルに6馬身差をつけ、重賞初制覇を飾りました!2着にダイイチターミナル、そこから半馬身差の3着にカシノマストが入っています。
 
公認プロ予想家では霧プロ他12名が的中しています。
 
G3新潟記念メイショウナルトが先頭で直線コースへ。逃げるメイショウナルトのリードは4馬身!2番手以降は内から外にずらっと横一線で各馬徐々に追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでメイショウナルトは一杯、代わってマイネルミラノクランモンタナの先頭争いとなりますが、直後、大外からアデイインザライフが一気の伸び脚!前の2頭を捉えるとゴールまで力強い末脚で快勝しました!3/4差の2着にアルバートドック、そこから半馬身差の3着にロンギングダンサーが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロくりーくプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースとした3(土)新潟12Rで『成長力ある血の背景。体重が増え、好走している。1列前の競馬なら差し届いて驚けない脚力。』と本命にした◎ウサギノカケアシからの馬単145.5倍、3連単653.8倍を的中させ、31万9910円を払い戻しました!この他にも小倉9Rで22万3520円、小倉12Rで20万5480円を払い戻すなど的中連発!週末トータル回収率187%、収支プラス62万9040円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
3(土)札幌11R札幌2歳ステークスG3で単勝59.8倍の穴◎ブラックオニキスの複勝を3000円、馬連181.2倍を2300円的中させ、45万2160円の払い戻し!週末トータル回収率296%、収支プラス36万8790円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
3(土)札幌7Rで○◎の印で単勝8.6倍を3000円、馬連50.5倍を4000円的中させ、22万7800円を払い戻し!同日の札幌1Rでも◎ララベスラーナの単勝19.3倍を1万円的中させ、19万3000円を払い戻し!週末トータル回収率129%、収支プラス20万9380円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
4(日)小倉5Rで◎ケンビションの単勝を1万円的中させ、51万5000円を払い戻し!新潟12Rでは単勝17.3倍の◎ミキノドラマーの単勝を的中させ、17万3000円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
4(日)札幌5Rで◎レッドアルカディアの単勝5.8倍を5000円、○エクスプレスレーンとの馬連、ワイドを的中させ、14万9400円を払い戻しました!週末トータル回収率124%をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(107%)、夢月プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年9月6日(火) 16:48 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/3〜9/4の結果(札幌2歳ステークス・新潟記念)
閲覧 483ビュー コメント 0 ナイス 1

9月3日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。




1着:総合ポイント【1位】△トラスト(9.7倍)
2着:総合ポイント【7位】ブラックオニキス(59.8倍)
3着:総合ポイント【8位】△アドマイヤウイナー(20.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のトラストが1着、第3グループ・総合ポイント7位のブラックオニキスが2着、第4グループ・総合ポイント8位のアドマイヤウイナーが3着という結果でした。

期待した◎トリオンフは、1〜2コーナーに掛けてだいぶケンカしちゃってましたね。。。結果、なだめているうちに最後方になってしまっては展開的にも厳しかった印象。
結果的に、凄馬出馬表1位△トラスト−第3Gのブラックオニキス決着で馬連181倍だったので勿体ないことをしてしまったと反省です。クローバー賞組をもう少し評価出来ていれば“答え”に辿り着けていた可能性もあったわけで、うーん......。

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点) 払い戻し0円


続いて9月4日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。


1着:総合ポイント【17位】アデイインザライフ(6.1倍)
2着:総合ポイント【9位】アルバートドック(5.0倍)
3着:総合ポイント【8位】ロンギングダンサー(18.3倍)



第4グループ・総合ポイント17位のアデイインザライフが1着、第2グループ・総合ポイント9位のアルバートドックが2着、第2グループ・総合ポイント8位のロンギングダンサーが3着という結果でした。

デムーロ騎手(◎ダコール)は思い切った騎乗でしたが、結果的に外差し向きの馬場・展開に、、。枠順的に決め打ちの乗り方だと思いますし、仕方ないです。しかし、ディープインパクト産駒はこれで新潟記念3連勝、来年こそは外枠のディープを忘れずに本命にしたいと思います(笑)。


【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年9月6日(火) 10:23 ター坊
【新潟記念他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 573ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬で考えたことをまとめます。

●このメンバーなら当然
札幌2歳Sはトラストが制しましたが、今年は血統レベルを見ても、新馬・未勝利のレース振りを見ても低レベルだと感じていましたし、このメンバーならトラストにチャンスがあるだろうと思っていました。岡田繁幸氏は、「自身の育成手法に見合った馬を見つけ出すこと」に関してはとんでもない能力をお持ちだと感じます。ただ、だからこそいわゆる「マイネル軍団」もそうですが、ほかの育成馬に比べて血統で語れる範囲が狭いのです。先輩プレイアンドリアルは名門Keties牝系にAlydar、Danzig、ティンバーカントリーと配された良血で、レース振りを見ても東京2400のGIで勝負になる馬だったでしょう。一方トラストはというと、血統派プレイアンドリアルに比べると地味な血統、距離適性も短めにうつりますし、東京2400ならプレイアンドリアルの方が上だろうと現状では思っています。今後は戦法や気性面などで課題がありますが、常識で語れない岡田氏の持ち馬ですのでどんな馬に成長するのか実に楽しみです。

フラワープレミアジャコマル
負けた組で注目したいのは5着フラワープレミアと6着ジャコマル
フラワープレミアは牝系がソシアルバターフライで、叔母にオークス出走のフロイテアクィーンがいる血統。Bold Reason≒Never bend5×4のパワーとHalo≒Drone4×5の柔らかさのバランスが絶妙で、それでもパワー優先ですから内回りの中距離がベスト。今回も直線スムーズならば2着を争っていてもおかしくありませんでしたし、いかにも冬の中山が合いそうなイメージです。
ジャコマルダノンシャンティ×トニービンという組み合わせですがポイントとなるのは母母ミスティックアイズだろうと思います。3代母スキムがNijinsky×Buckpasserというマルゼンスキー的相似配合で、そこにEastern Echoを配されてSearching≒Busanda5×4(War AdmiralとLa Troiennne)。このパワーが効いているように思いますね。父ダノシャンティはどちらかというと「柔」の血を伝える種牡馬ですから、相反するパワー≒「剛」の血を母から取り込み、そのバランスが良いのでしょう。トラストの2番手という展開は厳しいものでしたが、6着に粘っているのは悪くない内容でした(同じく4角2番手のアンノートルは9着)。

●素質開花
新潟記念アデイインザライフが再昇級初戦の重賞参戦で重賞初制覇。大外差し3頭での決着だったので、8枠や横山典弘騎手の騎乗が見事ではあったのですが、55キロでも休み明けで勝ち切るとは思わなかったので、この素質開花には拍手を送りたいところです。配合的にはレース考察にも書きましたが、「父中距離馬×母父短距離馬」という配合系で、血統表の1/4も「パワー」のフレンドレイ(デインヒル×マルゼンスキー)となると、「直線の長いコースで末脚を活かす競馬」で大きなところを取るタイプではないし、馬体や走法をみてもそういう印象はありません。だから常総Sの捲りこそこの馬の本質で、GIを取るのであれば有馬記念宝塚記念だろうと思います。
望田先生のアデイインザライフの弥生賞時における考察が非常に印象的です。

-----

デインヒルのパワーを凝縮したフレンドレイに、Princely Gift×ノーザンテーストというサッカーボーイステイゴールド的な和風な柔らかさ伝えるサクラバクシンオーが配され、Halo≒Sir Ivor3×5でサンデー系最高のしなやかさを伝えるディープインパクトが配されてアデイインザライフが出たというのは、ディープ×デインヒルでミッキーアイルが出たり、ステゴ×デインヒルでナカヤマフェスタやフェニーメノが出ている状況や、それらの配合と比較してみても非常に興味をそそられる。
そのあたりも踏まえた上で京成杯で◎にしたときにナカヤマフェスタとの比較で書いたのだが、実馬の比較でもサンデーの“柔”とデインヒルの“剛”の噛み合い方や発現の仕方など重なるところは多い。550キロ近い大型だがまだまだ緩いところがあって大雑把なレースしかできないが、ナカヤマフェスタ京成杯アーリーロブストに逃げ切られていたころは似たような緩さがあった。岡田総帥は「素質は高いけどまだまだ緩いから、こういう馬はバンバン実戦に使ってダービーまで筋力をつけていくべきだ」とおっしゃっていた。「父中距離×母父スプリンター(母もスプリンター)」の配合形だから、悠然と捲ってしまうような脚質に完成するのではないかと思っているし、緩さが解消されればそういうレースができるようになるだろうとも思っているが、解消されてこないならば3歳春はナカヤマフェスタと似たような道を歩むことになるだろう。

-----

果たしてこの新潟記念ナカヤマフェスタにおけるメトロポリタンSになるのか...

天皇賞(秋)向き
アルバートドックは58キロでも2着死守。母系の濃いHyperionが発現してきたのなら逆らいたくないと思っていたし、58でも勝ち切ってほしかったところだが、先述したようにアデイインザライフナカヤマフェスタな可能性もあるので良しとします。声を大にして言いたいのは、極めて天皇賞(秋)向きな馬であるということです。その年のペースに寄りますが、厳しいペースで流れた年は、ジャスタウェイダイワメジャートーセンジョーダンなどHyperionを豊富に持つ馬が好走するのが天皇賞(秋)。この4歳秋の本格化はやっぱりジャスタウェイらしさを感じるし、もし出走するのであれば、今年はキタサンブラックエイシンヒカリという先行馬もいるし、「前走:新潟記念2着」というローテでも重い印を打ってみたくなります。ジャスタウェイだって「関屋記念2着→毎日王冠2着」からの覚醒でしたからね。

ダイワメジャー×タイキシャトル
小倉2歳Sはレーヌミノルが圧勝。母ダイワエンジェルは2010年生まれのダイワストリームからレーヌミノルまで5年連続でダイワメジャーを配されていて、その全てが中央で勝利を挙げています。このダイワメジャー×タイキシャトルという組み合わせはHalo3×4、さらにダイワメジャーと好相性のCaerleonを同時に取り込めるので相性が悪いはずがありません。
ちなみに現2歳のダイワメジャー×タイキシャトルは、本馬の他にメイショウアツヒメの2014だけで、母はメイショウボーラーの全妹、このCaerleon≒Storm Catはダイワメジャーに合うはずなので走ってくるでしょう。

ヤマカツグレース
先週の新馬・未勝利の中で取り上げたいのは土曜札幌5R(芝1500m)を制したヤマカツグレースヤマカツエースの半妹で、ヤマカツエース同様にAmerifloraの血を増幅できているのが良いですね(デインヒル≒Ameriflora3×3)。ただ、逆に「デインヒル増幅」という観点でみればLa Troiennneは増幅できていないのがどうか。イメージ的にはやはりフラワーカップでしょうか。外回りのマイルで弾けるタイプではありません。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年9月4日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第205回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜新潟記念 G3
閲覧 477ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「新潟記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マイネルミラノダコールサトノギャラントの3頭。
第2グループ(黄)は 、エキストラエンドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルディーンまでの8頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツアロマカフェムスカテールの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくとまさに大混戦!どのグループ間においても大きな溝がなく、超難解レースの様相です。

私の本命は総合ポイント2位のダコールとしたいと思います。ここ数走のレースを見ていると衰えるどころか最盛期を思わせる充実ぶりで馬は相当良くなっています。前走は大外に持ち出すも不利を受け、まともにレースをしてしませんし、得意の新潟コース!デムーロ騎手への乗り替わりで新しいダコールが見れるのでは?と期待しています。

以下対抗に○アルバートドック、▲マジェスティハーツ、△にエキストラエンドマイネルディーンファントムライトルミナスウォリアーアデイインザライフマイネルミラノロンギングダンサーと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点

かなり割れているオッズですし、相手は手広く流します!人気どころでは小回り向きと思われるベルーフを軽視してみました。果たして!?

[もっと見る]

2016年9月3日() 15:10 みんなの競馬コラム
【新潟記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,205ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
今週はサマー2000シリーズの最終戦、新潟記念を考察します。

ディープインパクト産駒が5頭出走、どの馬もなかなか有力ですから、その5頭から考察します。

ジャスタウェイ的成長で逆らえない
アルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だから、中距離である程度前受けしてこそ持ち味が活きてくるはずで、段々と前目で競馬が出来るようになってきたのは当然の成長曲線。同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラもGIを制した時は先行していました。七夕賞はタフな流れが向いたともいえますが、ディープ産駒なだけに一定の瞬発力も兼備していて新潟替わりもそれほど気になりません。58キロでも重い印を打ちたいと思えるのがHyperion的な成長=ジャスタウェイ的成長曲線です。

●Hyperionが活きれば先行でも差しでも
クランモンタナエアトゥーレの仔でLyphard4×3。エアトゥーレはトニービン×Lyphardで母系にTraffic Judgeも入るのでハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富でとにかく「粘り」が魅力の血。半兄キャプテントゥーレ皐月賞や朝日チャンレンジCでの好走はまさに「らしい」ものといえます(牝馬にはLady Josephine的なスピードが伝わってスプリンターに出ることもある…アルティマトゥーレなど)。だから、その持続力が活きれば逃げても差してもどちらでもいいわけで、これは同じような脚質のトーセンジョーダンが、「一定の脚を使い続けていたら天皇賞(秋)を差し切ってしまった」ということと本質は同じです。ここも再度抜群に手が合う和田騎手なので無視はできませんが、決して力が上位なわけではないですから斤量増で重い印は回せません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアはMr.Prospectorにナスフリート(NasrullahとCount Fleet)を持ってきているから、UnbridledのパワーとMr.Prospector的な柔らかさを併せ持った繁殖牝馬といえる。ダコール自身はCaroの影響か軽いスピードが出た走りで平坦コース向き。勝ち切れるかどうかは、状態面や展開や鞍上次第だろうし、他馬と比べて使い詰めの臨戦過程も気になるが大崩れはないはずで印は回したいところです。

●パワーと柔らかさのバランスがある
久しぶりの重賞となるアデイインザライフは、なかなか興味深い配合をしています。とにかくこの馬の印象は「柔らかい」けど「デカい」ということ。「柔らかい」のは、血統表の3/4の部分である「ディープインパクト×サクラバクシンオー」が影響しています。ディープインパクトは言うまでもありませんが、Halo≒Sir Ivor3×5によりサンデー系の中でも屈指の柔らかい体質を伝えます。一方サクラバクシンオーは自身はスプリンターだったものの、父サクラユタカオーがNasrullahのクロスで、父祖Princely Giftは柔らかい体質を強く遺伝する馬で、こういう柔らかさというのは代を経るにつれてスタミナ型してきます。キタサンブラックブラックタイドディープインパクト×サクラバクシンオー)も柔らかいから距離が持つのだし(Burghclereのスタミナも発現しているが)、ブランボヌールディープインパクト×サクラバクシンオー)だって柔らかいから外回りのマイルGIで好走できました(母母アジアンミーティアのUnbridled’s Songの柔らかさも影響しているが)。「デカい」のは、血統表の残りの1/4である母母フレンドレイの影響です。フレンドレイはデインヒル×マルゼンスキーという組み合わせで、世界的にも屈指のパワーを誇るデイヒンルの血を、Northern Dancer、Buckpasserらで増幅した配合をしてるのです。段々と体質的な緩さが解消されてきたことが、2連勝の要因でしょう。本質的には、「父中距離馬×母父スプリンター」の配合系らしいキタサンブラックネオリアリズムのような小回り向きで、前走常総Sでの捲りは、「らしさ」を感じました。直線の長いこの舞台はスローの方が合っているでしょう。しかし休み明けで重賞を勝てるほどの馬ではないとみていますので△が回るかどうかといったところです。

●馬群に突っ込んでどこまで
オークスやヴェルメイユ賞を制したエキストラエンドの母カーリングは、Garde Royale×Carvinという2400型×2400型という組み合わせなので、産駒はローエングリンリベルタスなど切れないタイプが多いですがエキストラエンドもその1頭。年齢を重ねてズブさが増し、距離を伸ばした前走で久しぶりに好走。この馬の気性的なポイントは、「馬群に入ってやる気を出す」ということで、そういう競馬ならGIでも好走可能(2014年マイルチャンピオンシップでイン差し4着)なほどの能力の持ち主です。さすがに衰えもあるでしょうから、ここは馬群に突っ込む競馬でどこまでやれるか。人気次第では相手に加えてみても良いかもしれません。

ここからは、ディープインパクト産駒以外の人気馬・注目馬を考察します。

●鞍上魅力も不安要素あり
ベルーフはLe Fabuleux≒Worden6×5で、父産駒のポイントであるLe Fabuleuxを抑えた配合で、母がレクレドールだから体質は柔らかく(ハービンジャーのデインヒルのパワーと言うより、仏血的な柔らかさが目立つ産駒が多い)、息の長い末脚が武器のタイプ。だから本来は「上がりの掛かる直線の長いコース」がベストなはずですが、外回りだとスローペースになりやすいから重賞では持続戦になりやすい内回りで好走している。「流れに乗せると集中力が途切れるところがある」(池江調教師)とのことなので、その点では追い込みの巧い田辺騎手騎乗は興味深いですが、新潟外回りで「流れに乗せない競馬」をしてくる馬を積極的には買いにくいというのが今回の見解。だた潜在能力ではハイレベルのドゥラメンテ世代でもトップクラスだと思っているから印は回したい。

●それほど踏ん張れないが
マイネルミラノは、ステイゴールド産駒の80点くらいの配合で、母からパワーを取り込むことには成功しているが、先行して「踏ん張る血」は少ないから、ダイワスカーレットトランセンドやのような粘り腰は使えない。今回も昨年同様メイショウナルトの2番手で展開的には向きそうだが、前走のようにそう毎回毎回巧くはいかないのが競馬だから人気なら消してみる手もあると思っている。ただ、この夏の内容が、一回りとまではいかないが1/2回りパワーアップしたようにもうつるので難しいところ。

●新潟替わりは大歓迎
七夕賞では2番人気8着と人気を裏切ったルミナスウォリアーの新潟替わりは非常に楽しみです。そのそもメイショウサムソンは、母マイヴィヴィアンがRoyal Cherger≒Nasrullah6×4・5だから直線の長いコース向きの産駒が多いが、ルミナスウォリアーも母系にSeattle Slewを持つからみるからに東京向きのエンジンの乗り。まだ重賞で通用するレベルではないとも思えますが、小回り福島からのコース替わりで人気が落ちるようなら抑えたい1頭です。

●トニービン的持続力で舞台は合っている
3歳時に東スポ杯3着があるマイネルディーンは、「ナイキアディライトからマイネルディアベルを産んだ名繁殖ムービースクリーンの仔」ということで常に注目してきた。ムービースクリーンはHornbeam3×4の持ち主で、このクロスは持続的な斬れを生み出すということは何度も書いてきました。マイネルディーン自身はLa TroiennneとRibotの血を引くダンスインザダーク産駒だから前脚の出は良くないですが、逆にそれは小回りでも好走できるし道悪も得意な要因でもあります。ストライドは伸びないけれども持続力もすごいので新潟2000mも合っているはずで、一昨年の冬に昇級してからはスローペースに泣かされたり内枠で詰まったりして重賞では馬券になっていないが、同じ舞台の昨年の新潟大賞典は0.3秒差の6着。トニービンが強いレースだし能力は確かなので大穴ならこの馬だろうと思います。

●人気暴落なら
メイショウナルトは、休み明けの鳴尾記念も0.5秒差の8着と悪くない内容でしたし、七夕賞も少々オーバーペースが敗因。La Troiennneのパワーが強いので夏場が得意なことは言うまでもありません。エーシンマックスエキストラエンドが穴人気して、人気暴落なら相手に組み込みたい1頭。馬場が渋ればなお良し。

●馬場が渋れば
芝に転じて再上昇してきたバーディーイーグルは、ブライアンズタイム産駒でBramalea≒Gold Digger3×4、Graustark=His Majesty3×4、Hasty Road4×5という父母相似配合馬。Graustark=His MajestyのようなRibotのクロスは、最近だとラジオNIKKEI賞のアーバンキッドや、マーメイドSのヒルノマテーラなど内回りで結果を残すことが多いですが、パワーがあって少しアクションが大きいところがあるので「重馬場の外回り」がベスト中のベストなのではないかと思う。馬場が渋れば組み込みたい。
ファントムライトは、パロクサイドの牝系だから一定の斬れは兼備していて直線の長いコースでもそこそこ走れますが、トニービンが入らず父がオペラハウスなのでやっぱり重賞レベルになると馬場が渋った方が良い。函館記念は大外枠から勝ちにいっての結果だから度外視でOK。馬場が重そうなら。


【まとめ】
・Hyerion的=ジャスタウェイ的成長がみられるアルバートドックは58キロでも評価したい。
小倉記念好走組(クランモンタナエキストラエンド)は軽視。
アデイインザライフは過剰人気なので重い印は打てない。
ダコールは臨戦過程が気になるがここも大崩れはないのでミルコ騎乗なら警戒。
ベルーフマイネルミラノも今一つ強調材料に欠ける
ルミナルウォリアーの新潟替わりはプラス
マイネルディーンは新潟で54キロなら重賞でも通用


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年4月8日(金) 18:08 みんなの競馬コラム
【桜花賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,745ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。ブログを見ていただければ分かると思いますが、先週の大阪杯の印は◎アンビシャス、〇ショウナンパンドラ。こういう時に限ってコラムをお休みしてしまいました(^^;)

さて、いよいよ今週からクラシックが開幕!血統好きな私にとって、クラシックは最も楽しみな舞台ですので力が入ります。

稀代の名牝ダイワスカーレットは、父アグネスタキオン×母スカーレットブーケという血統でした。あの圧倒的なスピードと、持続力はどこからきていたのか。それは、父アグネスタキオンの母母アグネスレディーのLady Juror5×5とHyperion5×5、そして母スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperion4×3、このLady JurorとHyperionによるものだと考えられます(どちらも遺伝力が強く、Lady Jurorは「前向きな気性≒スピード」と粘り腰、Hyperionは強靭な持続力を伝える)。このLady Jurorのスピードと、Hyperionの持続力の塊がダイワスカーレットでした。
大本命のメジャーエンブレムは、父がダイスカーレットの3/4兄ダイワメジャーですから、スカーレットブーケを持ち、母父オペラハウスはSadler’s Wells×High Topという配合。Sadler’s Wellsの母母SpecialはNureyevらを産んだ、言わずと知れた名繁殖牝馬で、その父ForliはLady Juror4×4、前向きな気性とスピードを強く伝える種牡馬です。High TopもFair Trial(母Lady Juror)産駒のCourt Martialを持ちますから、オペラハウスはLady Jurorが豊富です。 スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperionと母キャッチータイトルのLady Juror、やっていることはダイワスカーレットと同じようなことです。
ダイワスカーレットメジャーエンブレムの違いを探すのであれば、メジャーエンブレムの方が、より日本の芝向きということでしょう。私が思うに、ダイワスカーレットヴァーミリアンなども輩出するスカーレットインク牝系で、Alibhaiの影響か非常にパワーも発現していたような気がしています。しかしメジャーエンブレムは3代母Her Ladyshipがボールドラッド(USA)、Mill Reelを通じてNasrullahとPrincequilloのクロスを持ちますし、自身もHalo≒Red God≒Past Example3×5・5とHalo的なスピードを増幅させています。ダイワスカーレットはパワーでドスンドスンと進んでいく走りでしたが、メジャーエンブレムには望田先生も述べられていますが、しなやかさをも感じさせる走りをします 。まさに「手のすけられないスピード」といったところで、いくら外差し馬場になろうとも、ダイワスカーレットを彷彿とさせる配合に、さらに日本向きの要素が加わっているというのであれば、もうあらさがしをするのではなく素直に◎を打ちたい。そんなことを思わせる駿馬です。

桜花賞は2007年に阪神外回りコースで施行されるようになってから、より一層オークスとの結びつきが強くなり、「末脚」がポイントとなりました。その恩恵を受けたのがディープインパクト産駒であり、桜花賞におけるディープインパクト産駒の強さは周知の通りです。 しかし、ひとえに「末脚」といっても、2つの種類に分別できると思うのです。「瞬発型」と「持続型」です。

「瞬発型」の代表例は、ジェンティルドンナ。陸上の100mの選手とマラソン選手を見ても分かるように、硬派なパワーを源にする馬の方がトップスピードに乗るのが速い(=瞬発力)です。ジェンティルドンナの母ドナブリーニは、Coutly DeeとMy Bupersという名牝を併せ持つパワー型で、 パワーによる加速力が持ち味でした。まさにスローペースが多い現代競馬の申し子といってよい存在でした 。しかし持続力が求められる流れとなった2014年のジャパンカップでは4着に敗退しました。もちろん、ドナブリーニに、ディープインパクトという日本向きの軟質なスピードを伝える種牡馬を配され、芝向きの体質を手に入れたこと、手脚の長さなど、体系的に恵まれていたことなども名馬に上り詰めた理由ではあります。ダートの短距離馬に出てもおかしくないほどパワーに寄った繁殖牝馬との間の仔をも、芝のマイラーにしてくるのがディープインパクトという種牡馬です。

「持続型」で取り上げたいのはマルセリーナでしょうか。NasrullahとPrincequilloの2頭は、「Nasrullahの軟質なスピードと、Princequilloのスタミナ、長手の体型」でニックスの関係にあり、Mill Reelなどを送り出しました。 このニックスは、柔らかな体質と長手の体型による持続力が魅力です。マルセリーナは母母父Distant Relative→母父Marju→父ディープインパクトと、NasrullahとPrincequilloを継続して配されており、自身はSir Gaylord6×6というクロスも持っています。まさに外回りでこそ活きる末脚といえるでしょう。

もちろん、ジェンティルドンナであれば母のパワーと父の柔らかさのバランスが、マルセリーナであれば、Nasrullah、Princequilloとともにパワー血脈もしっかりとあり、そのバランスが絶妙だったからこそ頂点を極められたわけではあります。また、面白いのはジェンティルドンナに代表される「瞬発型」の方が完成が早いけれども、外回りは不向きであるという点です。今考えるとジェンティルドンナは「モノの違い」で完勝でしたが、本質的に桜花賞で狙いたいのは、ここでいう「瞬発型」よりも「持続型」です。

今回の有力馬の中で、「瞬発型」に該当する末脚の質なのは、シンハライトアットザシーサイドでしょう。シンハライト の母シンハリーズはForli6×4、ForliはFair Trial≒Riot3×3という硬派なスピードを伝える血で、まさに父ディープインパクトの軟質なスピードとのバランスが良いジェンティルドンナに近い馬といえます。池添騎手ですから、そんなことは無いと思うのですが、勝ちを急いでメジャーエンブレムの流れを追いかける形となったら危険でしょう。3強の力は抜けていると思いますが、崩れるとすればこの馬だと思います。アットザシーサイド はラブリーデイのように肩が立ったピッチ走法だから、やはりベストは距離を考えても、前走フィリーズレビューの内回り1400m。しかし能力上位は間違いなく、同世代が相手ならば、無欲の騎乗が出来たならば3着の可能性はあるかと思います。

逆に「持続型」に該当する馬はデンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール。 デンコウアンジュ の父メイショウサムソンは自信もそうだったように、広いコース向きの産駒を多く輩出していますし、母父マリエンバードはCaerleon×Darshaanという2つのNasrullahとPrincequillo血脈による配合馬。まだ非力なところがあるので、重い阪神の馬場だとアルテミスSほどバッキューンと弾けませんが、外回りのマイルコースが合っていることは確かです。 ラベンダーヴァレイ はお馴染ボレアスカミノタサハラらの全妹。ボレアスを輩出しているようにパワーも兼備している名牝系なのですが、母母父がCaerleon、母父フレンチデピュティも母MitterandがRoyal Cherger(≒Nasrullah)とPrincequilloを持ちますから、舞台は合っています。ただ、こちらもデンコウアンジュ同様ややパワー不足な感は否めませんね。 ブランボヌール は、ディープインパクト×サクラバクシンオーという配合で、母母アジアンミーティアは種牡馬Unbridled’s Songの全妹で叔父にダコールがいるという良血馬。サクラバクシンオーは名短距離馬でしたが、母系に入るとキタサンブラックアデイインザライフのように、Nasrullah3×4の父サクラユタカオーの柔らかさ≒怠慢さを伝えることもあり、効率の良い走法で距離適性は直仔よりも長めになることが多いです 。前走チューリップ賞は詰まって追えずの参考外、阪神JFの内容からやはりこの舞台は合っています。

「瞬発型」と「持続型」の中間点に位置するのがジュエラーだと思っています。母バルドウィナは異系血脈が多く、Fair Trial7・7×6のクロスを持つのでこのスピードを伝えているのかもしれません。異系の血が影響しているかは定かではありませんが、非常に体質が柔らかいのが印象的です。しかし、前脚の可動域がさほど大きくないようにうつります。これはブエナビスタによく似ています。今年の牝馬路線、メジャーエンブレムの相手はこの馬だと持っています。

他では出走馬の中では非力さを感じさせないウインファビラスレッドアヴァンセはAlzao≒ダンシングブレーヴともいえる興味深いクロスを持った素質馬ですが、非力さが目立ち、タフな阪神コースではまだ厳しいという見立てです。

【まとめ】
血統、配合、走法を見てメジャーエンブレムを逆らう気にはなれなし、むしろダイワスカーレット以来ともいえる「手の付けられないスピード」を見せてもらいたい。相手筆頭はジュエラー。3強決着が濃厚とみるが、崩れるとしたらシンハライトか。3着候補は「持続型」の末脚を持つ デンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール と、ウインファビラス 、アットザシーサイド までか。中でも枠順を考慮するとブランボヌールデンコウアンジュが良さそう。配当面を考えれば、ジュエラーから「3着候補」へのワイドなどが面白いか。

----------

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

⇒もっと見る

アデイインザライフの口コミ


口コミ一覧

1月14日のWIN5予想

 藤沢雄二 2018年1月14日() 14:55

閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 7

もう時間がないので、メモ代わりに今日の買い目を。

【中山10R ニューイヤーS】アデイインザライフ
【京都10R 紅梅S】ぅ哀螢┘襯 .轡哀淵薀ぅ ┘皀襯肇▲譽哀
【中京11R 知立特別】ヒルノマゼラン Ε妊螢好皀
【中山11R 京成杯】┘瀬屮襯轡磧璽 ゥ灰坤潺奪フォース
【京都11R 日経新春杯】┘潺奪ーロケット モンドインテロ .汽鵐織侫Д繊璽
1×3×2×2×3=36

 しんすけ46 2018年1月13日() 18:54
その他
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 10

中山9R 初春ステークス
◎┘汽競鵐椒襯院璽
△▲妊ープミタカ
△シゲルコング
△リンガスウーノ
△哀譽譽沺璽

馬連─辞◆Ν・・阿悗裡甘世悖械娃葦漾

中山10R ニューイヤーステークス
◎▲ートクレール
〇┘撻ぅ轡礇侫Д螢
▲Ε瀬離鵐廛薀船
△ショウナンライズ
△アデイインザライフ

馬連◆辞ΑΝ┐悗裡嘉世悖械娃葦漾
三連複◆Ν─辞ΑΝ・への3点へ200円。

中京11R 知立特別
◎イノバティブ
△▲▲ぅ侫 璽廛螢謄
△ジョーマイク
△Ε妊螢好皀
△オメガタックスマン
△哀函璽曠Ε魯法

馬連ー◆Ν・ΑΝ・阿悗裡掬世悖横娃葦漾

中京12R 金山特別
◎殴好僖ぅナード
△▲丱螢ラージュ
△ゥ淵鵐茵璽謄鵐廛
△シャリオヴァルト
△キャリアベスト
△コールストーム

馬連押辞◆ΝァΝ・・への5点へ200円。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年1月12日(金) 12:49
> ディープ産駒「イタリア種牡馬」に 
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 4

ディープインパクト産駒「イタリア種牡馬」引退に期待大! 旋風が世界に広がる─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年1月11日 7時51分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5528.html

 今月10日、JRAは2016年の七夕賞(G3)などを制したアルバートドック(牡6歳、栗東/須貝尚介厩舎)が、競走馬登録を抹消したと発表した。今後、同馬はイタリアで種牡馬となる予定だという。

 アルバートドックは父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、母父は多くの優秀な産駒を誕生させたUnusual Heatという血統を持つ。ブエナビスタなどで知られた松田博資厩舎に預けられ、2015年にデビューを飾ったアルバートドックは、勝ち負けを繰り返しつつ滑り込みでクラシック最後の1冠である菊花賞(G1)に出走。だが、キタサンブラックら一線級のライバルたちを前に13着と惨敗した。

 菊花賞ではいいところなしで終わったアルバートドックだったが、次走のアンドロメダSでは古馬相手に3着と好走。続くリゲルSでも3着と才能の片鱗を見せ始め、そして翌年2月の小倉大賞典(G3)で見事に重賞初制覇を達成。松田博調教師は同月末で引退が決定していたため、これが名伯楽の最後の重賞勝利となった。

 その後、アルバートドックは須貝尚介厩舎に移籍。引き続き重賞戦線に挑戦するも "壁"に跳ね返されてしまう。だが、夏になると七夕賞を制し、続く新潟記念(G3)でも2着に入るなど本格化の兆しを見せ始める。そして次走にキャリア初となるG1競走の天皇賞(秋)へ出走が予定された。大舞台を目前に控えたアルバートドックだったが、レース前に左前脚屈腱炎を発症して無念の休養入り。当初は復帰を目指していたものの予想以上に治療が難航したため、ついに陣営は同馬の引退を決断したようだ。

 ちなみにアルバートドックのラストランとなった新潟記念で、同馬に先着したのはディープインパクト産駒のアデイインザライフ。同馬もこのレースから長期休養入りしていたが、今週末のニューイヤーSで1年4カ月ぶりに出走を予定している。レースでしのぎを削ったライバルのためにも好走してもらいたいところだ。

●次のページ イタリアでの“先輩”ディープインパクト産駒の種牡馬

 今後、イタリアに渡るアルバートドック。イタリアにはディープインパクトの産駒として初めてJRA重賞制覇を達成したダノンバラードが、16年に現地で61頭に種付けを行うなど種牡馬として活動していた。

 しかし近年、ディープインパクト産駒のサクソンウォリアーがレーシングポストトロフィー(英G1)で優勝、さらに同産駒のセプテンバーがフィリーズマイル(英G1)で2着に入るなど活躍。その結果、英国でディープインパクトの評価が高まり、ダノンバラードはイタリアを離れて昨年の11月から英国で供用が開始されている。ディープインパクト産駒が英国で供用されるのは同馬が初だという。アルバートドックも産駒が優秀な成績を収めることができれば、そのうち英国に移籍することも考えられるだろう。

 その身体に流れる血脈を広めるために引退して海を渡るアルバートドック。願わくはこれから産まれるであろうディープインパクトの血を引く競走馬たちには、海外の重賞を席巻する活躍をしてもらいたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アデイインザライフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アデイインザライフの写真

アデイインザライフ
アデイインザライフ

アデイインザライフの厩舎情報 VIP

2018年1月14日ニューイヤーS7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アデイインザライフの取材メモ VIP

2018年1月14日 ニューイヤーS 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。