注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

アドミラブル(競走馬)

注目ホース
アドミラブル
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年3月23日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主近藤 英子
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[3-0-1-1]
総賞金12,407万円
収得賞金3,600万円
英字表記Admirable
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
スカーレット
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
グレースアドマイヤ
兄弟 イサベルタブレット
前走 2017/05/28 東京優駿 G1
次走予定

アドミラブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 188183.413** 牡3 57.0 M.デムー音無秀孝514(+4)2.27.2 0.333.3⑮⑰⑬⑫レイデオロ
17/04/29 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 127101.511** 牡3 56.0 M.デムー音無秀孝510(-4)2.23.6 -0.434.6⑫⑫⑨④ベストアプローチ
17/04/01 阪神 9 アザレア賞 500万下 芝2400 8331.911** 牡3 56.0 M.デムー音無秀孝514(0)2.30.0 -0.533.5⑥⑥アドマイヤロブソン
17/03/05 阪神 5 3歳未勝利 芝1800 15465.421** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝514(-6)1.45.8 -0.434.0⑧⑧メルヴィンカズマ
16/09/25 阪神 5 2歳新馬 芝1800 105511.349** 牡2 54.0 松若風馬音無秀孝520(--)1.50.0 2.235.9⑧⑧ムーヴザワールド

アドミラブルの関連ニュース

 東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探る。安田記念は大阪サンスポの山口大輝記者(25)が担当。3日目は、前走の大阪杯で、上がり最速の末脚を発揮したアンビシャスに注目した。掛かり癖を考慮されての距離短縮。“マイル戦解禁”が吉と出るか。

 前日のサトノアラジンに続き、きょうも末脚自慢に注目。大阪杯5着ながら、メンバー最速の上がり3ハロン33秒6をマークしたアンビシャスがターゲットだ。5月24日の1週前追い切り後に、音無調教師が「1600メートルなら掛かる暇がないから。GIを勝つ可能性があるならこの距離かな」と話しており、気になっていた。

 最終追い切りは、坂路で一杯に追われ4ハロン52秒9。ノガロ(1000万下)に1馬身先着し、折り合いもばっちりだ。ただ、ラスト1ハロンが13秒2も要したのは、やや物足りない。1週前追い切りでも、調教駆けするブラックスピネルが相手だったとはいえ、2馬身遅れていた。状態に問題があるのだろうか?

 音無厩舎に向かうと、蛭田助手は「デビューから(調教は)走らなかったけど、年とともに、より走らなくなってきた」と苦笑い。それでも、「時計がかかる時間帯でもありましたし、2週連続でしっかり併せ馬をやっているから大丈夫だと思います。前回もこんな感じでしまいはきていますからね」と前向きに語る。いつも通りの動きなら、心配ないだろう。

 気になる距離についても「(前走の)2000メートルよりもマイルの方がいいと思います。もともとマイルを使いたかったが、レースの選択肢の幅を考えて我慢して、我慢してようやく使える。(マイルは)新馬戦、2戦目(千両賞)と勝っていますしね」と蛭田助手も指揮官と同じ見解だ。2年5カ月ぶりの“マイル戦解禁”になるが、期待は高まるばかりだ。

 また、「3歳のときは、他の馬が近づくだけで、走り回ってましたからね。大人になりました」と精神面での成長も教えてくれた。折り合い面の心配がなくなれば、これまで以上に末脚の切れ味は増すに違いない。

 日本ダービーでは同厩舎の1番人気アドミラブルが3着に惜敗。「まずはペースが流れてほしい。そして不利のないレースをしてほしい」という調教師の願いを応援したい気持ちも芽生えたが、密着取材はまだ折り返し地点。木曜日は、東京競馬場で香港馬2頭を徹底マークだ。

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【古馬次走報】トウショウドラフタ、CBC賞へ2017年05月31日(水) 05:01

 ★ダービー3着アドミラブル(栗・音無、牡3)は8月末から9月はじめの帰厩をめどに放牧に出る。菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)から逆算して神戸新聞杯(9月24日、阪神、GII、芝2400メートル)での始動が有力。僚馬で6着ダンビュライト(牡3)、17着アメリカズカップ(牡3)、12着キョウヘイ(栗・宮本、牡3)、僚馬で13着クリンチャー(牡3)の次走は未定。

 ★京王杯スプリングC5着トウショウドラフタ(美・萱野、牡4)はCBC賞(7月2日、中京、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★鳳雛(ほうすう)S2着リヴェルディ(美・中川、牡3)は柴田大騎手と新コンビを組んでユニコーンS(6月18日、東京、GIII、ダ1600メートル)に出走予定。

 ★欅Sを快勝したエイシンバッケン(栗・中尾、牡5)は引き続き岩田騎手でプロキオンS(7月9日、中京、GIII、ダ1400メートル)へ。僚馬でヴィクトリアマイル13着アスカビレン(牝5)は中京記念(同23日、中京、GIII、芝1600)へ。目黒記念10着ワンアンドオンリー(栗・橋口、牡6)も同レースを視野に入れている。

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロV!ルメール3週連続GI勝ち 2017年05月29日(月) 05:06

 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)2014年に生まれたサラブレッド7015頭の頂点に立ったのはレイデオロ。スローペースの中、積極的にレースを運んだクリストフ・ルメール騎手(38)に導かれて栄冠を手にした。歴代3位の1351勝を挙げる藤沢和雄調教師(65)は開業30年目で悲願を達成。両者ともにオークスに続いての勝利でルメール騎手は3週連続GI制覇となった。タイム2分26秒9(良)。2着はスワーヴリチャード、3着は1番人気のアドミラブル

 12万人からの大歓声を味わう余裕があった。直線半ばで満を持して先頭に立つと、GIで3週連続のトップゴール。力強く右拳を握ったルメール騎手はデビュー戦からコンビを組むレイデオロの頭を優しくなでた。

 「(母国の)フランスでダービーを勝って、今回は日本ダービーです。別の国でもダービージョッキーになれてすごく、すごくうれしいです。この馬に関わってくださった方にとっていい一日になりました」

 冷静なペース判断と大舞台でもぶれない勇気が最大の勝因だった。前半1000メートル通過が1分3秒2の超スローペース。だが、13番手で突入した最初の1コーナーで名手の腹は決まっていた。「レースプランや指示はなかったけど最初の300メートルが過ぎたところでペースが遅いなと思った。初めてでも2400メートルはこなせる自信があったから動いた」。2コーナーを回ると、馬群の外から進出を開始。遅い1000メートル通過タイムに場内がどよめいたときには、2番手につけていた。ペースを乱すことなく絶好のポジションを確保すると、上がり3ハロンを33秒8でまとめて後続の追撃を完封。逃げたマイスタイル(4着)の横山典騎手が「ルメールが来ていなければ」と悔しがり、猛追及ばず2着のスワーヴリチャードの四位騎手が「もう少し流れてくれれば」と歴代のダービージョッキーが唇をかんだ“神騎乗”で、ダービージョッキーの称号をつかみ取った。

 JRA移籍3年目。日本ダービーの重みは理解している。だからこそ、2週連続で美浦トレセンに出向いて追い切りに騎乗。万全の態勢で挑んだ鞍上は「一番うれしかったのは、藤沢和調教師をダービートレーナーにできたことです。これまで多くの騎手が彼のために乗って、オリビエ・ペリエ騎手もGIをたくさん勝ったけど、ダービーは勝てていなかった。それを自分がプレゼントできました」と胸を張った。JRAのGI3週連続勝利は、そのペリエ騎手以来2人目の快挙。レース後、藤沢和調教師から「オリビエの方がうまいと思ったけど、この人もうまいね」とねぎらわれ、満面の笑みで抱き合った。

 今秋の路線は未定ながら、ルメール騎手は「日本でも海外でも大きなレースを勝てるポテンシャルの高さがある」と結んだ。日仏でダービー騎手に輝いた名手は、さらなる高みを見すえている。 (川端亮平)

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル3着、展開&大外枠に泣き2017年05月29日(月) 05:03

 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)1番人気アドミラブルは3着。青葉賞の優勝馬は、またも厚い壁に阻まれた。後方から上がり3ハロン最速の末脚(33秒3)で外から追い込んだが、2頭を捕らえることはできなかった。

 「レースが全く流れなかった。『今年こそはダービーを』と思っていただけに…。レイデオロと一緒に上がっていってほしかった」と音無調教師は険しい表情。一方、M・デムーロ騎手は「向こう正面で一緒に動きたかったけど、あそこで動くと、かなり外めを回りそうだったから…」と唇をかむ。スローペースと大外枠に泣かされた。

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロがルメール騎手に導かれて戴冠 2017年05月28日() 15:47

 5月28日の東京10Rで行われた第84回日本ダービー(3歳オープン、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=2億円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が制した。タイムは2分26秒9(良)。3/4馬身差の2着はスワーヴリチャード(3番人気)で、さらに1馬身1/4離れた3着にアドミラブル(1番人気)が入った。

 レイデオロを管理する藤沢和雄調教師は、ダービーへ19頭目の挑戦で待望の初制覇を達成。クリストフ・ルメール騎手も、サトノダイヤモンドに騎乗してハナ差2着に敗れた昨年のリベンジに成功し、初勝利を挙げた。

 レースはマイスタイルが逃げ、トラストアルアインダンビュライトなどとともに先行集団を形成。スワーヴリチャードは中団の前め、大外枠のアドミラブルは後方2番手を追走した。レイデオロは中団から向こう正面で一気にポジションを上げ、3コーナーまでに2番手へ。直線に入ると、最内で粘るマイスタイルを尻目に、馬場の中央からグングンと脚を伸ばして抜け出すと、スワーヴリチャードの追撃を退けてトップでゴールを駆け抜けた。さらに外から伸びてきたアドミラブルが3着に食い込み、マイスタイル(14番人気)が粘って4着。皐月賞アルアイン(4番人気)は5着だった。

 レイデオロは、父キングカメハメ、母ラドラーダ、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は5戦4勝。重賞は2016年ホープフルS・GIIに次いで2勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「フランスでダービーを1回勝っていますが、(出身のフランスとは)別の国でダービージョッキーになれました。すごく、すごくうれしいです。去年は少し(ハナ差で)負けましたけど、今年はいっぱい自信がありました。スタートが速くない馬なのでいつも後ろのポジション。きょうも同じでしたけど、ペースが遅かったのでバックストレッチ(向こう正面)で上がっていったんです。馬はリラックスしていましたね。(ゴール前で)ファンの声が聞こえて、ハイテンションになりました。気持ちがすごくよかったです」

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】7000勝男・的場が断!“大将”はアルアイン2017年05月28日() 05:04

 競馬のことは、やっぱり騎手に聞くのが一番! 毎年恒例となった、地方競馬の名手によるダービー予想を今年もお届けする。史上2人目の地方競馬通算7000勝を達成した的場文男騎手(60)=大井=や、スーパージョッキーズトライアル(6月5日・盛岡、同22日・園田)に参戦するトップジョッキーたちの真剣勝負。ぜひ、皆さんの予想のご参考に!!

 17日に日本競馬史上2人目の通算7000勝を達成した大井競馬のレジェンド、的場騎手。今年も50勝で南関リーディング6位とトップクラスの活躍を続けている。そんな“帝王”の思い出のダービーは、14歳のときに見た1971年のヒカルイマイだそうだが、今年の◎は(7)アルアインだ。

 「自在性があるし、皐月賞を勝っている。この馬が強いんじゃないかな」とジャッジ。「ペースや展開、血統もあるし、馬の体調も大事だよ」と付け加えた。

 対抗には(12)レイデオロを指名。「ルメールがこの前(JRA通算)600勝したときに『まだ的場(文男)さんには届かないけど』と言っていたのを知ってうれしかったよ」と名手の発言を喜んだ。人気の(18)アドミラブルも「3連勝しているし、前走が強かった」と3番手に評価した。

 そのうえで、「注目しているのは(1)ダンビュライト。今は内がいいし、うまく立ち回れば面白いと思うよ。個人的にも乗ってみたいし、穴ならこれですね」と武豊騎手の騎乗馬に興味を示した。

 的場騎手自身も、今年の東京ダービー(6月7日、大井、SI、ダ2000メートル)は、ブラウンレガートとのコンビで36度目の挑戦。還暦で悲願のダービー制覇を目指す。

アドミラブル

◆丸野勝虎(名古屋、通算2203勝)

 青葉賞の勝ち方が強くて、時計も良かった(18)アドミラブルが◎です。大外枠でM・デムーロ騎手がどう乗るのか興味があります。皐月賞を勝った○(7)アルアインも強いですね。こちらも松山騎手の乗り方に注目しています。どちらも乗ってみたいですね。今年のダービーは、このディープインパクト産駒2頭の争いとみています。

◆永森大智(高知、通算1419勝)

 ◎は(18)アドミラブルです。青葉賞は時計も速くて、強い勝ち方でしたからね。皐月賞の2着馬ではなく、M・デムーロ騎手が『この馬でダービーに行く』と決めたんですから、やはり能力が高いと思います。青葉賞組はダービーを勝っていませんが、この馬なら、その歴史を塗り替えるのではないでしょうか。皐月賞の内容が強かった(7)アルアインが対抗です。

◆山口勲(佐賀、通算4029勝)

 ◎は(18)アドミラブル。前走の勝ち方がすごかったですね。直線はまだ余力が十分にありましたから。一気にメンバーが強くなりますが、大外枠を差し引いても魅力的な馬ですよ。○は(12)レイデオロです。皐月賞のゴール前は伸びてきていましたからね。今回は変わってくると思います。▲は(4)スワーヴリチャード。実績がある東京で要注意でしょう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドミラブルの関連コラム

閲覧 829ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、28(日)に東京競馬場でG1東京優駿日本ダービー)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1東京優駿日本ダービー)は1番人気がアドミラブルが3.4倍、2番人気がレイデオロで5.3倍、続いてスワーヴリチャード5.9倍、アルアインが6.3倍、サトノアーサー8.0倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
  
注目のスタートは内から気合いをつけてマイスタイルが先頭で第1コーナーへ。先頭はマイスタイルでリードは2馬身、2番手にトラスト、そこからやや間があいてアルアインダンビュライトダイワキャグニークリンチャーと先団を形成。中団からはスワーヴリチャードベストアプローチウインブライトサトノアーサーアメリカズカップペルシアンナイトマイネルスフェーンが追走。後方からはレイデオロジョーストリクトリカデナアドミラブルと続いて最後方にキョウヘイの態勢。
 
前半の1000m通過は63秒2(参考)の超スローペース、ここで外からレイデオロが一気に進出するとこれに合わせてペルシアンナイトアドミラブルらも反応して隊列が激しく動いて直線コースへ。
 
先頭はマイスタイルでリードは1馬身、2番手にまくって進出したレイデオロ、その直後にペルシアンナイト、内からはトラスト、外からはスワーヴリチャードも前を射程圏に捉えながら追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここで内ラチぴったりに粘るマイスタイルに並びかけたのがレイデオロ、さらにはそのすぐ外に馬体を併せる形でスワーヴリチャード!3頭が後続を離しての追い比べ!
 
残り100m、ここでマイスタイルが一杯になるとレイデオロスワーヴリチャード2頭に勝ち馬は絞られます!粘るレイデオロ、追い詰めるスワ―ヴリチャード!ゴール前まで続く激しい叩き合いとなりましたが、レイデオロがゴール前でもうひと伸び!スワーヴリチャードを3/4差抑えて優勝しました!勝ちタイムは2分26秒9(良)。2着にスワーヴリチャード、そこから1馬身1/4差の3着にアドミラブルが入っています。
  
公認プロ予想家では霧プロほか5名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(日)東京10R東京優駿日本ダービー)で◎レイデオロスワーヴリチャードの印で単勝5.3倍を4000円、馬連16.2倍を800円的中させ、3万4160円を払い戻しました!東京5Rでは単勝12.3倍の◎ブライトンロックを本命に抜擢!単勝、馬連、ワイドを本線で仕留め、3万5220円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス8万440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
28(日)東京10R東京優駿日本ダービー)で『前走の皐月賞では内有利の馬場で外を回ったというのもあるが、コーナーでの動きがぎこちなくブレーキがかかった分と、手前がずっと変わらなかったという点が大きい。共同通信杯の走りを見る限り、左回りの舞台でならばこういった個性は影を潜めるようだし、父の血を考えればこの距離もベスト。』と狙った◎スワーヴリチャードと▲レイデオロとの馬連16.2倍、3連複22.2倍を本線的中!4万3260円を払い戻しました!週末トータル回収率133%、収支プラス7万3580円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
28(日)東京4Rで『ダート向きの印象。初ダートでの変わり身に期待。』と狙った◎ラユロットが1着!単勝7.0倍を5000円、馬連191.5倍を200円的中させ、7万3000円を払い戻しました!週末トータル回収率175%、収支プラス4万6700円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
27(土)東京2Rで11人気◎ダイヤインザライフの複勝を8000円的中!8万4800円を払い戻しました!同日の京都8Rでも◎マドリードカフェテイエムオペラドンの枠連、ワイド1点勝負で的中させ、5万1800円を払い戻し!週末トータル回収率150%、収支プラス12万6990円をマークしています。
 
この他にもシムーンプロ馬っしぐらプロおかべプロジョアプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年06月02日(金) 15:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017安田記念〜
閲覧 2,857ビュー コメント 0 ナイス 6



昨年の安田記念は、ロゴタイプが28年ぶりの逃げ切り勝ち
しかし、本来は逃げ切るのが困難な舞台

__________________________


 先週の日本ダービーは、前日の稍重から馬場回復が恐ろしく早かったこともあり、前半5F63秒2-後半5F59秒1のウルトラスローペース。大外枠の1番人気馬アドミラブルは、先々週のアドマイヤミヤビの二の舞のような競馬になりました。

 逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、積極的に出して行くマイスタイル&横山典騎手に対して、持久力を生かしてこそのクリンチャー&藤岡祐騎手は、押さえて馬群の中に入れて行く形。クリンチャーが行かないことを見計らって、道中で位置を上げて行くレイデオロ&ルメール騎手。完全に騎手の判断力の差が出た一戦でした。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、今週は安田記念安田記念が行われる東京芝1600mの舞台は、坂を下って上るUターンコースということもあり、レースに淀みが生じづらいのが特徴。さらにかつては春の東京開催終盤で行われることもあり、馬場の内側が荒れて、外差しがバンバン決まっていました。そのため、長らく「安田記念を逃げ切るのは困難」と言われていたのです。

 しかし、昨年はロゴタイプニッポーテイオー以来、28年ぶりの逃げ切りを決めました。ロゴタイプは、近年の目覚ましい馬場高速化と維持向上、さらに逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、早め先頭に立ち、隊列を形成してからうまくペースを落として行く競馬。モーリスロゴタイプに並びかけると、ペースを上げたり、落としたりで、モーリスは折り合いを欠いて、折り合いに専念する形。

 本来のモーリスなら、ロゴタイプがペースを落とした時点で躊躇なく動いて行ったはず。しかし、それが出来なかったのは、検疫のルール上、東京競馬場で軽い追い切りしか出来ずに、状態面に不安を抱えていたことが理由でしょう。体調面に不安があったから、騎手が動いてはいけない心理に追い込まれたと見ています。

 世論では動けば勝てたという意見もありますが、個人的には動いたらもっと凡退していた可能性があったと見ています。昨年の安田記念は、ラスト2F目10秒9からラスト1Fで11秒7まで失速していたことを考慮すると、ラスト1Fでそれほど差を詰められなかったモ―リスは負けるべくして、負けたのでは?

 確かに、ロゴタイプは折り合いに絶対の自信があり、その長所を生かし切ったこと、そしてモーリスが能力を出し切れなかったことによる勝利だったことは、まず間違いないでしょう。しかし、昨年のロゴタイプは勝つべくして勝ったというのが私の判断です。

 ただし、昨年はたまたまスローペースになっただけ。

[もっと見る]

2017年06月02日(金) 12:00 覆面ドクター・英
安田記念・2017
閲覧 4,626ビュー コメント 0 ナイス 12



ダービー観戦中、1000m通過63秒って「アホか!」と思わず声が出て、普段あまり口にしない言葉だったので子供達に笑われました。スローが全部ダメというわけではないのですが、馬券買いはじめた第58回(トウカイテイオー)から26年でこんな不完全燃焼感のあるダービーは初めてかもしれません。レイデオロはいい馬だし、血統、馬体、厩舎も騎手も言うことなしなんですが、本命打ったアドミラブルはあんなスローならひとまくりでの圧勝を見たかったですね。3着とはいえ悲観する内容ではなかったので菊やJCや有馬記念など秋以降での活躍(くれぐれも故障しないでほしい)を期待してます。

余談ですが、ウマニティPOGの入札しました。今年は、1月生まれ(昔より異常に多く意図的に早くしているんだと思います)のディープ産駒の牡対牝を9対1としました。昨年度はルーラーシップ固めで不発気味でしたが今年度は好成績をおさめたいところ。

一昨年大爆発の得意の安田記念で巻き返したい今週。それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 イスラボニータ フジキセキの最後の大物で夜間放牧世代だけあって、タフに衰えずに活躍し続けている。蛯名騎手のまくりと合わずに(水曜さきたま杯ではエビまくり炸裂でホワイトフーガが勝ちましたが)不振続いていた時期もあったがルメール騎手となってからはパーフェクト連対な上に前走久々の勝利がG2マイラーズCと、騎手の勢い(というか腕)も加わって人気になるだろう。今更イスラボニータ??と1番人気はちょっと過剰に思う人も多いだろうが、今年はかなり層の薄い安田記念で、頑張って長く続けていれば(モーリスも抜けたし)、いい時期が来ることもあるという例か。ルメール騎手の4週連続G1制覇も十分ある。

2番人気想定 エアスピネル 菊花賞は地力で3着して、得意であろうマイル路線となる京都金杯はきっちり勝つも東京新聞杯はブラックスピネルに逃げ切られたり、なんせいい脚が一瞬なので本質的には東京は向かず、京都のほうがずっといいのだろうが相手がこれだけ層が薄いと好勝負してしまうのだろう。

3番人気想定 グレーターロンドン 7戦6勝でマイルでは無敵な感じできたが、順調さを欠いたのがちょっと痛いし、田辺騎手から福永騎手への乗り替わりもマイナス要因だし、調教の動きもイマイチ。ディープインパクト×ロンドンブリッジという夢配合での一流馬だし、オールドファンにとっては懐かしい大崎騎手の息子の大竹調教師も応援したくなるが、能力高いものの妙味はほとんどなく......。人気サイドで消すとしたらまずこの馬か。

4番人気想定 ステファノス 大阪杯ではキタサンブラックに食らいついていったように、一流馬相手にも善戦する一方、最後に勝ったのが2年半前と勝ち切る力が弱く、やはりヒモまでか。

5番人気想定 アンビシャス 大器と期待されながら掛かり癖を含めて大成できないでいる。初戦と2戦目以来のマイルとなるが東京マイルがあまり向いているとは思えず、どんな条件を使っても不安定であり、結果は出なかったが前走がピークだった感が調教からも見られて、あまり買える要素が無い。

それ以降の人気の馬達。

レッドファルクス 道悪となった京王杯SCは58kgを背負って1400mでも強さを見せた。以前はダートなら1400までこなせたが芝だと1200でないと指数ガタ落ちだったのだが、前走で、もう一段階レベルアップを見せている。マイルでも案外やれそうで楽しみな一頭。

ロゴタイプ 昨年はモーリスを封じる大駆けを見せた(モーリス本命だっただけに2着でよかったのですが(笑))。もうあんなにはうまくいかないだろうが58kgも背負い慣れているし、案外衰えてないので今年のメンバーならまだ馬券圏内も十分だろう。田辺騎手の大一番での度胸も楽しみ。

コンテントメント 香港の強豪だが昨年の安田記念でビリだったように適性低い。

サトノアラジン 能力秘めた良血馬だが、川田騎手と合っていない感がありありな3連続1番人気裏切り状態で、1ハロン長い印象のマイルだと買いにくい。ルメール騎手だった時期にグンと良くなったが、ルメール騎手には乗ってもらえない現況だけに妙味なし。

ビューティーオンリー 香港では活躍しているが高速馬場の日本向きではなさそう。

ヤングマンパワー 乗り難しいタイプで、戸崎騎手が乗っていた昨秋の快進撃が途切れるとイマイチな状態となってしまった。ただいつ走るかわからないタイプで、今回走るかもしれない。

ブラックスピネル 東京新聞杯はスローから逃げ切ったが、今回は奇襲は難しそうで良くて3着までか。

ロジチャリス ダービー卿CTを勝ってきた巨漢馬だが、東京だと瞬発力が足りない感じで要らない。

クラレント 一昨年の安田記念での大勝に貢献してくれたし、前走の11番人気激走も期待通りだったが(本命サトノアラジン全然だめで馬券は不発)、ここで通用する力は残っていないし、そこそこ注目されてしまうので妙味なし。

ディサイファ 昨秋のマイルCSは不利がなければ、という一瞬やるかという感じがあったが、さすがに8歳で近走は衰えてきた感じあり。

サンライズメジャー 重賞となるとさっぱりで、力が足りず要らない。

トーキングドラム 阪急杯は幸騎手が最高にうまく乗っての勝利で、それ以降ちょっと足りないように期待薄。

ロンギングダンサー 母ダンスパートナーの良血馬だが、オープン特別で二桁着順なように期待できない。


<まとめ>
有力馬 イスラボニータエアスピネルレッドファルクス

人気だが評価下げたい馬 グレーターロンドンアンビシャスサトノアラジン

ヒモで買いたい馬 ステファノスロゴタイプ

[もっと見る]

2017年06月01日(木) 11:32 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/28の結果(東京優駿(日本ダービー))
閲覧 290ビュー コメント 0 ナイス 3

5月28日(日)に行われました東京10Rの「東京優駿日本ダービー) G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】△レイデオロ(5.3倍)
2着:総合ポイント【6位】▲スワーヴリチャード(5.9倍)
3着:総合ポイント【1位】◎アドミラブル(3.4倍)

第1グループ・総合ポイント3位のレイデオロが1着、第2グループ・総合ポイント6位のスワーヴリチャードが2着、第1グループ・総合ポイント1位のアドミラブルが3着という結果でした。

前日の馬場では外差しでしたが、当日は時計が早い、内伸びの馬場へ変貌(・_・;) ◎アドミラブルは18番で外々を回され続けた不利が大きく響きました。しかしながら超スローペースペース、通ったコースを考えると1番強い競馬。能力はやはり相当高い馬ですし、秋の巻き返しに期待したいと思います!

【馬連ながし】
18

4,7,12

【馬単ながし】
18

4,7,12

【3連単ながし】
18

4,7,12

4,6,7,11,12,15


18

4,6,7,11,12,15

4,7,12

計36点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年05月31日(水) 12:00 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.28・G1安田記念2017編〜
閲覧 2,900ビュー コメント 0 ナイス 8



前回の〜日本ダービー編〜では、3番人気2着のスワーヴリチャードに対する「皐月賞より着順を上げる可能性はかなり高い」(スガダイプロ)、「コース適性が高く、ベストパフォーマンス必至」(サラマッポプロ)といった見立てや、1番人気で3着に敗れたアドミラブルに対する「前走のように出遅れて大外を回すような競馬になるとどうか」(スガダイプロ)、「能力上位は判っていても、後ろから競馬をするのであれば脚質的に取りこぼす可能性がある。“鉄板”ではない。」(kmプロ)との声をご紹介。人気馬の取捨検討の参考となる貴重なプロ見解が詰まった当コラムを、是非予想にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、6/4(日)G1安田記念
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/29(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
エアスピネル
 河内一秀 クラシック路線では、健闘を続けてはいたものの勝ち負けに加わるには一歩足りなかったね。指数的にも2歳時の自己最高を更新できない状況が続いていたわけだけど、古馬マイル路線に固定して以降は再び上昇を見せているよ。勝利こそ京都金杯のみだけど、3戦共に勝ち負けに加わり自己最高指数も更新しているね。今回、真価が問われる一戦となりそうだね。
 km この馬は東京だと直線で伸びを欠きますね。微妙に坂が影響しているのでしょう。そのウィークポイントも含めて、安田記念のレース質(底力が問われる)からしても、私は軽視可能だとみていますが......。
 サラマッポ 昨年は中長距離を走っていましたが、馬体観点からは胴詰まりの体型で明らかにマイラーです。ここ2戦はマイル戦らしからぬスローペースが敗因でしょう。タフさを要求されるペースになれば、最有力といっていい存在です。前さばきの硬さや筋肉質の馬体から、相当なパワータイプだと私個人としては思っています。道悪になれば、さらに期待できますね。
 加藤拓 血統面から言うと、このレースでは人気以上に好走する馬も多いキングカメハメハ産駒ですが、それらの馬は母父がダートや短距離系のスピードタイプの馬でした。しかし、この馬は母父もサンデーサイレンスでいかにも王道なクラシック血統で、その辺りがどうでしょうか。基本的にこのレースはハイペースの持久力勝負になる傾向があり、父ディープインパクトキングカメハメハのような切れ味のあるクラシック血統より、もっと地味な種牡馬のほうが好勝負していますしね(去年の勝ち馬ロゴタイプローエングリン産駒)。そういう意味では、この条件で血統的な上積みはない、という印象ですね。
 スガダイ 今年はマイルばかりを3回走って1、3、2着。毎回1番人気に推されているから物足りなく感じるかもしれないけど、毎回きちっと仕上げられているわけじゃないから。少々手緩い仕上げでも崩れずに走れているのは、能力とマイル適性の高さを証明していると俺は思うな。当然、今回は目標としてきたレースだろうから、メイチの仕上げでくるだろうし、少なくとも1週前の追い切りは抜群だった。あとは最終追い切りに注目したいと思っているよ。

イスラボニータ
 サラマッポ 伸びやかな走法で広々とした東京コース向きです。ただ、前走は勝ったものの詰めの甘さがある馬という印象は完全に払しょくできておらず、G1では勝ち切るイメージが持てないですね。上位人気必至で、積極的には買いたくないところなのですが......。
 加藤拓 去年はマイル戦のラップに戸惑ったのか、馬券にはなりませんでしたが、元々、この馬の母父にあるように、スピード血統のナスルーラ系の馬は好相性で、血統的には◎です。歳を取ると適性距離がだんだん短くなっていく傾向のフジキセキ産駒ですし、特に産駒が得意な内枠を引くと面白いのではないでしょうか。
 km この馬はルメール騎手に替わってから、長所である・・・

[もっと見る]

2017年05月28日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第275回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜東京優駿(日本ダービー)G1
閲覧 1,161ビュー コメント 0 ナイス 7



みなさんこんにちは!

本日は東京10R「東京優駿日本ダービー) G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、アドミラブルアルアインレイデオロペルシアンナイトの4頭。第2グループ(黄)は、ベストアプローチスワーヴリチャードダンビュライトの3頭。第3グループ(薄黄)はカデナダイワキャグニーの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間ではペルシアンナイトベストアプローチ間で1.3の溝、ダンビュライトカデナ間で1.0の溝がありますが、決して大きな溝ではなく、かなりの混戦模様の分布となっています。

私の本命は◎アドミラブルとしたいと思います。

長期休養明けの未勝利戦でディープスカイの持つ毎日杯(1800m)1分46秒0のレコードを上回る超抜時計1分45秒8をマーク。さらに前走の青葉賞でもロスの多い粗削り競馬ながら最後は流してレコードV。低調な今年の牡馬戦線では能力的に一歩抜けている可能性が高いと見ます。懸念材料である18番も土曜日の芝状態を見るに外からの差しも決まっていましたので、そこまで大きな不利にならないと判断しました。青葉賞勝ち馬から初めてのダービー馬誕生を期待しています!

以下、○アルアイン、▲スワーヴリチャード、△レイデオロと印を打ちます。

【馬連ながし】
18

4,7,12

【馬単ながし】
18

4,7,12

【3連単ながし】
18

4,7,12

4,6,7,11,12,15


18

4,6,7,11,12,15

4,7,12

計36点

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドミラブルの口コミ


口コミ一覧

フランツ

 正義の魂 2017年06月09日(金) 19:25

閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 3

ここのPOGで、幸運にも、フランツを落札できた。

確か、管理する音無師は、皐月賞は勝った(ヴィクトリー)が、
日本ダービーはまだだったという記憶がある。

昨年度は、ここのPOGでも、同厩のアドミラブルで
惜しい思いをしたので、今年度はフランツに
頑張って欲しいものである。

マニアックな話だが、フランツの父が「エルンスト」だったら、
もっと面白くなったと思うが。

 おがちゃん 2017年06月03日() 08:35
馬券に絡む寸評上位馬 (6月3日)
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 1

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。
「おがちゃん」で検索してね。

6月3日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

阪神3R  △ロッタラブ
阪神8R  ▲.クラホマ

5月28日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

東京8R  △ΕΕぅ鵐謄鵐瀬優后。誼紂■携嵜裕
東京10R ◎殴▲疋潺薀屮襦。鈎紂■曳嵜裕

< 上位争い >

京都6R  △哀汽鵐薀ぅ坤Εズ 6着、2番人気
京都7R   ▲侫.鵐織汽ぅ此。隠庵紂■姑嵜裕

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

 DEEB 2017年06月02日(金) 14:02
恥ずかしい馬予想2017.05.28[結果]
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 2

東京10R 東京優駿(GI) 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎12 レイデオロ…1着
○11 ペルシアンナイト…7着
▲18 アドミラブル…3着
△13 カデナ…11着
× 8 ☆トラスト…8着
× 9 ☆マイネルスフェーン…16着
[結果:ハズレ×]

東京11R 薫風ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 7 イーグルフェザー …3着
○ 4 クインズサターン…4着
× 9 ☆イクラトロ…10着
[結果:ハズレ×]

東京12R 目黒記念(GII) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 1 モンドインテロ…8着
○ 2 ヴォルシェーブ…2着
▲15 ワンアンドオンリー …10着
△ 5 アルター …16着
×13 ☆ヒットザターゲット…13着
×16 ☆メイショウカドマツ…18着
[結果:ハズレ×]

京都 5R 3歳500万下(混合)[指定]
◎11 ゲキリン…6着
○ 1 オールドベイリー …12着
▲ 2 エッシャー …8着
△13 オウケンブライト…15着
×10 ☆スズカアカデミー …14着
[結果:ハズレ×]

京都 7R 4歳以上500万下(混合)[指定]
◎10 ドルフィンマーク…5着
○ 2 ファンタサイズ…10着
× 1 ☆ビクトリーミノル…12着
[結果:ハズレ×]

京都10R 安土城ステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎10 ムーンクレスト…11着
○ 4 セカンドテーブル…10着
▲ 5 ☆ファインニードル…7着
△ 6 ☆ティーハーフ…3着
× 2 ☆オウノミチ…12着
×14 ☆トウショウピスト…2着
[結果:アタリ○ 複勝14 1,170円・6 270円]

今日はダービーデーですが、一日仕事です。
5月の第1週の成績は良かったのですが、その後が全くダメです。
全く当たる気がしません。
全く問題ない…です。
とりあえず、今日は一生懸命に、全く仕事します。

[今日の結果:6戦1勝5敗0分]
全く問題のない、負けです。

[もっと見る]

アドミラブルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アドミラブルの写真

アドミラブル

アドミラブルの厩舎情報 VIP

2017年5月28日東京優駿 G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドミラブルの取材メモ VIP

2017年5月28日 東京優駿 G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。