ホワイトフーガ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ホワイトフーガ
ホワイトフーガ
ホワイトフーガ
ホワイトフーガ
写真一覧
現役 牝5 芦毛 2012年3月28日生
調教師高木登(美浦)
馬主西森 鶴
生産者梅田牧場
生産地浦河町
戦績21戦[10-2-3-6]
総賞金3,664万円
収得賞金9,965万円
英字表記White Fugue
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
マリーンウィナー
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ドバイソプラノ
兄弟 ペイシャバラードスペシャルホース
前走 2017/07/06 スパーキングレディー G3
次走予定

ホワイトフーガの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/06 川崎 11 スパーキング G3 ダ1600 12--------4** 牝5 58.0 蛯名正義高木登518(--)1.42.9 1.3----アンジュデジール
17/05/31 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------1** 牝5 56.0 蛯名正義高木登521(--)1.25.7 -0.8----モーニン
17/04/12 船橋 11 マリーンC G3 ダ1600 11--------1** 牝5 58.0 蛯名正義高木登512(--)1.41.3 -0.6----ララベル
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 161236.2109** 牝5 55.0 蛯名正義高木登508(-1)1.35.9 0.836.6④④ゴールドドリーム
17/01/25 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 12--------3** 牝5 58.0 蛯名正義高木登509(--)1.54.2 0.1----ワンミリオンス
16/11/03 川崎 9 JBCレディ G1 ダ1600 13--------1** 牝4 55.0 蛯名正義高木登509(--)1.41.3 -0.2----レッツゴードンキ
16/09/19 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 14--------2** 牝4 57.0 蛯名正義高木登508(--)1.55.0 0.3----タマノブリュネット
16/07/06 川崎 11 スパーキング G3 ダ1600 10--------1** 牝4 58.0 蛯名正義高木登507(--)1.40.5 -0.4----ブルーチッパー
16/06/01 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------5** 牝4 56.0 大野拓弥高木登509(--)1.26.8 0.9----ソルテ
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16129.0510** 牝4 55.0 大野拓弥高木登500(-1)1.34.9 0.935.6⑩⑨モーニン
16/01/13 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 11--------1** 牝4 56.0 大野拓弥高木登501(--)1.53.8 -0.2----パワースポット
15/11/03 大井 8 JBCレディ G1 ダ1800 15--------1** 牝3 53.0 大野拓弥高木登506(--)1.51.5 -1.1----サンビスタ
15/10/01 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 14--------3** 牝3 54.0 大野拓弥高木登502(--)1.50.8 0.6----サンビスタ
15/08/13 門別 10 ブリーダーズ G3 ダ2000 14--------3** 牝3 55.0 大野拓弥高木登500(--)2.09.2 1.1----アムールブリエ
15/06/10 川崎 11 関東オークス G2 ダ2100 13--------1** 牝3 54.0 大野拓弥高木登500(--)2.18.3 -2.3----ポムフィリア
15/05/03 京都 10 端午S OP ダ1400 163622.381** 牝3 54.0 蛯名正義高木登500(+2)1.23.3 -0.436.7⑦⑥カフジテイク
15/04/05 中山 10 伏竜S OP ダ1800 145822.787** 牝3 54.0 大野拓弥高木登498(-2)1.53.9 0.938.7クロスクリーガー
15/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1651018.6616** 牝3 54.0 大野拓弥高木登500(-10)1.51.3 1.937.1アルビアーノ
15/01/31 東京 6 3歳500万下 ダ1400 12552.311** 牝3 54.0 大野拓弥高木登510(0)1.24.8 -0.137.3⑤④アルタイル
15/01/11 中山 9 黒竹賞 500万下 ダ1800 165105.322** 牝3 54.0 大野拓弥高木登510(-6)1.55.0 0.138.3アンヴァリッド

⇒もっと見る


ホワイトフーガの関連ニュース

 10月5日(木)に大井競馬場で行われるレディスプレリュードのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月18日、発表された。



 「第14回レディスプレリュード」(大井競馬場、交流GII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右1800メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、騎手未定)マイティティー(5歳、栗東・本田優厩舎、騎手未定)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.サルサディオーネ2.ノットフォーマル3.タイニーダンサー4.ヴォカツィオーネ5.ヴァローア

【さきたま杯】牡馬を一蹴、ホワイトフーガが重賞7勝目 2017年5月31日(水) 17:11

 5月31日(水)の浦和競馬11Rで行われた第21回サンケイスポーツ賞さきたま杯(交流GII、4歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・左1400メートル、12頭立て、1着賞金=3100万円)は、蛯名正義騎手騎乗の3番人気ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎)が3コーナー手前から一気に仕掛けて先頭に立ち、直線はセーフティーリードを保ったまま後続を完封。交流重賞7勝目をあげた。タイムは1分25秒7(良)。4馬身差の2着に2番手追走から粘り込んだモーニン(2番人気)、さらに2馬身遅れた3着に好位から脚を伸ばしたベストウォーリア(1番人気)。

 ◆蛯名正義騎手(1着 ホワイトフーガ)「今回はメンバーが強いからどうかなと思っていましたが、彼女らしい強い競馬を見せてくれました。前走より1ハロン短くなって折り合いもつけやすかったですし、前のベストウォーリアを見ながら競馬ができたので、スムーズに回って来られました。こういう小回りの形態ですし、自分から動いていけるなら動いていこうと思っていました。前半に折り合いがついていたので、動いても大丈夫だなとも思っていました。直線は、後ろをふり返ったら離れていたので、途中で追うのをやめました」

 さきたま杯を勝ったホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統。北海道浦河町・梅田牧場の生産馬で、西森鶴氏の所有馬。通算成績は20戦10勝。重賞は2015年JBCレディスクラシック・交流GI、関東オークス・交流GII、TCK女王盃・交流GIII、2016年JBCレディスクラシック・交流GI、スパーキングレディーC・交流GIII、2017年マリーンC・交流GIIIに次いで7勝目。高木登調教師はさきたま杯は初優勝。蛯名正義騎手は2014&15年ノーザンリバーに次いで3勝目。

[もっと見る]

【さきたま杯(Jpn2)4上オープン】(浦和)〜ホワイトフーガが優勝2017年5月31日(水) 17:08

31日、浦和競馬場の第11Rに行われた第21回 さきたま杯(Jpn2)4上オープン(ダート 左1400m サラブレッド系4才以上 別定)は蛯名正義騎手騎乗の3番人気・6番ホワイトフーガ牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分25秒7(良)。さらに4馬身差の2着に2番人気・2番モーニン(牡5)、そこから2馬身差の3着に1番人気・8番ベストウォーリア(牡7)が入った。
ホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統で高木登厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・梅田牧場。馬主は西森鶴。通算成績は20戦10勝。
「さきたま杯(Jpn2)4上オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マリーンカップ(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン】(船橋)〜ホワイトフーガが優勝2017年4月12日(水) 21:13

12日、船橋競馬場の第11Rに行われた第21回 マリーンカップ(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン(ダート 左1600m サラブレッド系3才以上 別定)は蛯名正義騎手騎乗の2番人気・11番ホワイトフーガ牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分41秒3(重)。さらに3馬身差の2着に6番人気・9番ララベル(牝5)、そこから2馬身差の3着に4番人気・8番リンダリンダ(牝4)が入った。
ホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統で高木登厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・梅田牧場。馬主は西森鶴。通算成績は19戦9勝。
「マリーンカップ(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マリーンC】ホワイトフーガが貫禄勝ち、重賞6勝目 2017年4月12日(水) 20:40

 4月12日(水)の船橋競馬11Rで行われた第21回マリーンカップ(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、選定馬、別定、ダート・左1600メートル、11頭立て、1着賞金=2500万円)は、蛯名正義騎手騎乗の2番人気ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎)が先行抜け出し、交流GI2勝馬の底力を見せつけた。タイムは1分41秒3(重)。道中は3番手を追走したホワイトフーガは、3コーナー過ぎには逃げたララベル、2番手から前に並んだリンダリンダの外に並びかけて、直線は馬場の真ん中を抜け出して後続に3馬身差をつけて快勝した。

 ◆蛯名正義騎手(1着 ホワイトフーガ)「スタートでつまずいて、それを起こしたことで掛かってしまった。でも道中はいい手応えだったし、力でねじ伏せてくれた」

 2着には逃げ粘ったララベル(6番人気、大井所属)、さらに2馬身遅れた3着に2番手を進んだリンダリンダ(4番人気、大井所属)。1番人気のワンミリオンス(JRA所属)は中団から一旦は4番手まで進出したが、直線は伸びを欠き6着に敗れた。

 マリーンCを勝ったホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統。北海道浦河町・梅田牧場の生産馬で、西森鶴氏の所有馬。通算成績は19戦9勝。重賞は2015年JBCレディスクラシック・交流GI、関東オークス・交流GII、TCK女王盃・交流GIII、2016年JBCレディスクラシック・交流GI、スパーキングレディーC・交流GIIIに次いで6勝目。高木登調教師はマリーンCは初優勝。蛯名正義騎手はマリーンCは1999年ファストフレンドに次ぐ2勝目。

[もっと見る]

【フェブラリー】ホワイトフーガ蛯名「順調だね」2017年2月15日(水) 11:51

 JBCレディスクラシックを連覇したホワイトフーガは、美浦坂路で単走。馬場の真ん中を通ってラスト1F12秒8をマークした。先週8日にも坂路4F52秒9をマークしており、間隔が詰まっている割に意欲的な調整を消化している。

 「順調だね。使った分の上積みもあるし、動きは悪くない」と、騎乗した蛯名騎手。「前走は58キロ、久々、1800メートルだったことを考えればよく頑張っている。左回りのマイルに替わるのはいいし、あとは久しぶりになる流れの速い競馬に戸惑わなければ」と健闘を誓っていた。(夕刊フジ)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホワイトフーガの関連コラム

閲覧 598ビュー コメント 0 ナイス 5

 牝馬限定戦として生まれ変わって今年で4年目のブリーダーズゴールドC。このレースは2013年まで牡馬混合のG2で行われていましたが、南関東を始めとする本州地区からの参戦がほとんどなく、通年、中央勢4〜5頭と道営勢数頭の戦い。小頭数はあたりまえで、晩年は6頭、8頭…。メンバーが集まらないという問題を抱えていました。

 そこで牝馬路線が7月のスパーキングレディーCから10月のレディスプレリュードまで番組がないことに目をつけて、牝馬限定のG3に生まれ変わりました。スパーキングレディーCから始まるGRANDAME-JAPAN(グランダムジャパン)の古馬シーズン・第5戦に組み込むことで、出走馬を集めると同時に盛り上がりを図ったのですが、それによる変化があったのかは…?

 高い輸送費や時間をかけてまで、負け戦をしに来ないのは牡馬でも牝馬でも同じ。牝馬限定戦になったばかりの頃は、岩手や笠松、高知からの参戦がありましたが、基本的に中央馬vs道営馬の対戦図式は、今も変わらずです。これは地方勢が底上げしなければ、変わらないでしょう。結局、過去3年とも中央勢の独壇場。地方馬が馬券に絡んだことは、一度もありません。

 しかし、門別は牝馬の番組が充実していることもあり、時々、強い牝馬が出現することがあります。また、夏場のこの時期は、実績馬は秋のJBCレディスクラシックに向けて放牧中。前年のJBCレディスクラシックで活躍した実績馬が出走してくることが、滅多にありません。過去にJBCレディスクラシックの3着以内馬が出走したのは、引退に向けてカウントダウンが入っていた2015年のサンビスタくらい。このような状況を考えると、地方馬がこのレースで馬券圏内に突入するのは、タイミングの問題でしょう。

 さて、このレースの過去3年の傾向はというと、同年のエンプレス杯で3着以内だった馬が優勢。その成績は、【3・1・0・0】。1着の該当馬は、2014年のサンビスタ、2015年-2016年のアムールブリエ。2着の該当馬は、2014年のワイルドフラッパーです。エンプレス杯の上位馬は、しっかりと人気に応えることが出来ています。

 その次に有力なのは、関東オークスの勝ち馬。2015年にホワイトフーガ、2016年にタイニーダンサーが参戦しましたが、ホワイトフーガは3着、タイニーダンサーは2着でした。この2頭の成績を見ると、「狙ってもいいかな〜」という心理になりますが、関東オークスで史上最大級の着差(2着馬に2.3秒差)をつけたホワイトフーガがこのレースでは、人気を裏切る形での3着凡退。これは関東オークスを大目標にして、余力がなかったからでしょう。

 また、タイニーダンサーも次走のスパーキングレディーCでは、余力なく3着に敗れていますが、スパーキングレディーCで凡退したことにより体調面がアップ。このレースでは連勝中のエンプレス杯の勝ち馬アムールブリエに突き放されたものの、2着に巻き返すことができました。つまり、関東オークスから一走していれば積極的に狙えますが、関東オークスからの直行馬は意外と危険であるということ。3連複の軸馬ならばともかく、1着馬にはお薦めできません。凡退待ちしてこそ馬券妙味では?

 最後に過去3年とも本命サイドで決着しているこのレース(3着以内が全て4番人気以内)から、穴パターンを推奨すると、前走ダ1400m戦などの不適性距離で凡退している2014年のマーチャンテイマーのパターンとなります。マーチャンテイマーは、中距離で実績を積んだ馬でしたが、前走でダ1400mのプロキオンSを使われて15着に凡退。このレースでは巻き返して3着。それも同年のエンプレス杯の勝ち馬ワイルドフラッパーにクビ差の3着でした。このパターンは警戒したほうがいいでしょう。

 他ではいつか地方馬が、穴を開けるはずなので要注意。その対象馬は、おそらくGRANDAME-JAPANの古馬シーズンの上位馬でしょう。ちなみにブリーダーズゴールドCよりも前に行われるGRANDAME-JAPANの古馬シーズンの対象レースは、川崎のスパーキングレディーC、門別のノースクイーンC、園田の兵庫サマークイーン賞、金沢の読売レディス杯。昨年のノースクイーンCの勝ち馬タイムビヨンドは、昨年のクイーン賞で8番人気で3着と激穴を開けました。昨年、タイムビヨンドはここをスキップしましたが、出走していたら何着だったか?


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のエンプレス杯で3着以内だった馬。
 ・同年の関東オークスの勝ち馬。
 (関東オークスからの直行馬ではないことが条件)


 ●穴馬候補
 ・前走で不適性距離を使われていた馬。
 ・同年のGRANDAME-JAPAN・古馬シーズンの上位馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

ホワイトフーガの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 2

私の狙い目は´きЛの5頭ボックスでした
結果はホワイトフーガが4着という結果に・・・
ホワイトフーガ本命の地方競馬版予想コロシアムはハズレましたが
本気で狙った馬券が当たりひと安心
ただまだまだ収支はマイナス・・・
門別の星雲賞で厚く張ろうかなぁ・・・

皆様結果はいかがでしたか??

 DBオーナー 2017年7月6日(木) 17:51
ホワイトフーガ
閲覧 44ビュー コメント 1 ナイス 4

頭はこれしかない
JRAの3頭に三連単で6点で勝負

[もっと見る]

 山崎エリカ 2017年7月6日(木) 12:38
スパーキングレディカップの予想
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 8

絶対女王ミラクルレジェンドやサンビスタが凡走したレース
ホワイトフーガに死角はあるのか?
___________________________

川崎競馬場のナイター競走の名称「スパーキングナイター」より由来して名付けられたスパーキングレディーカップ。関東オークスやユニコーンSで上位の結果を出した3歳馬牝馬が、初めて古馬牝馬と激突するレースです。果たして今年は、3歳馬か? 古馬か??

過去10年の傾向から言うと、3歳馬は1勝、2着2回、3着2回に対して、古馬は9勝、2着8回、3着8回。ダントツで古馬が優勢のようです。3歳馬で勝利したのは、2009年のラヴェリータのみ。2着入線したのは、2006年のグレイスティアラと2013年のサマリーズ。3着入線したのは、2011年のアイアムアクトレス、2016年のタイニーダンサーです。

前記した3歳馬の共通項は……


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9125


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017070621040411&r

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホワイトフーガの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ホワイトフーガの写真

ホワイトフーガの厩舎情報 VIP

2017年2月19日フェブラリーS G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ホワイトフーガの取材メモ VIP

2017年2月19日 フェブラリーS G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。