注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

フサイチリシャール(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  芦毛 2003年4月6日生
調教師松田国英(栗東)
馬主関口 房朗
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績24戦[5-3-0-16]
総賞金27,878万円
収得賞金6,825万円
英字表記Fusaichi Richard
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
フサイチエアデール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ラスティックベル
兄弟 ライラプスサイオン
前走 2008/03/30 高松宮記念 G1
次走予定

フサイチリシャールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
08/03/30 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 185945.6127** 牡5 57.0 川田将雅松田国英496(-2)1.07.5 0.434.1ファイングレイン
08/03/02 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1671317.158** 牡5 57.0 川田将雅松田国英498(0)1.21.5 0.835.3ローレルゲレイロ
07/12/16 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 1861215.2612** 牡4 57.0 鮫島良太松田国英498(+2)1.21.1 0.534.8⑤④スズカフェニックス
07/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 183617.9612** 牡4 57.0 O.ペリエ松田国英496(+4)1.33.6 0.935.6ダイワメジャー
07/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1871430.3102** 牡4 58.0 福永祐一松田国英492(-4)1.20.7 0.034.8⑤④スーパーホーネット
07/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 1681511.9612** 牡4 58.0 鮫島良太松田国英496(+8)1.08.7 1.634.4⑬⑪サンアディユ
07/06/10 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 18247.9412** 牡4 58.0 鮫島良太松田国英488(-2)1.09.6 0.535.7ブラックバースピン
07/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 186128.365** 牡4 58.0 鮫島良太松田国英490(--)1.20.8 0.835.1④④エイシンドーバー
07/03/31 アラ 2 ゴドルフィン G2 ダ1600 14--------6** 牡4 57.0 C.スミヨ松田国英---- ------SPRING AT LAST
07/01/06 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 168156.4313** 牡4 57.0 鮫島良太松田国英496(+4)1.34.9 1.035.8マイネルスケルツィ
06/12/17 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 1851010.181** 牡3 56.0 福永祐一松田国英492(+2)1.20.6 -0.135.2④⑤プリサイスマシーン
06/11/25 東京 11 JCダート G1 ダ2100 152310.4413** 牡3 55.0 内田博幸松田国英490(-2)2.10.2 1.738.1アロンダイト
06/10/28 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16471.915** 牡3 54.0 岩田康誠松田国英492(-4)1.35.7 0.436.4シーキングザベスト
06/09/24 中京 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 16359.744** 牡3 56.0 福永祐一松田国英496(+10)1.58.3 0.235.0⑤⑦⑥④ドリームパスポート
06/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 184734.7108** 牡3 57.0 G.ボス松田国英486(-4)2.29.0 1.136.2メイショウサムソン
06/05/07 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 188182.616** 牡3 57.0 福永祐一松田国英490(+4)1.34.0 0.836.3⑤④ロジック
06/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18117.235** 牡3 57.0 福永祐一松田国英486(-4)2.00.5 0.636.2メイショウサムソン
06/03/19 中山 11 スプリングS G2 芝1800 16231.612** 牡3 56.0 福永祐一松田国英490(-2)1.48.9 0.036.0④④メイショウサムソン
06/02/05 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 11662.012** 牡3 57.0 福永祐一松田国英492(+12)1.48.5 0.134.7アドマイヤムーン
05/12/11 中山 11 朝日杯FS G1 芝1600 166123.221** 牡2 55.0 福永祐一松田国英480(0)1.33.7 -0.034.4スーパーホーネット

⇒もっと見る


フサイチリシャールの関連ニュース

 【中山4R】祖母フサイチエアデールは重賞4勝&GI2着3回と活躍。伯父に朝日杯FSなど重賞を3勝したフサイチリシャールがいる。調教ではパワフルな動きを見せており、長くいい脚を使えそうなタイプだ。「クロフネ産駒らしくダートが合いそう。順調に調教をこなしてきたし、態勢は整えられたと思う」と小笠調教師は好勝負を見込んでいる。

【阪神ジャンプ】4連覇!高田潤騎手 ニホンピロバロン重賞連勝 2016年09月17日() 14:21

 9月17日の阪神8Rで行われた第18回阪神ジャンプステークス(3歳以上オープン、J・GIII、芝3140メートル、11頭立て、1着賞金=2900万円)は、高田潤騎手騎乗の1番人気ニホンピロバロン(牡6歳、栗東・田所秀孝厩舎)がゴール前アップトゥデイトをかわしてジャンプ重賞を連勝。タイムは3分28秒2(良)。大逃げを打ったアップトゥデイトが引っ張る流れをニホンピロバロンは5番手で追走。襷(たすき)コースで差を詰め、3コーナーで前を射程に入れ、直線は馬場の真ん中を力強く伸びた。

 2着には半馬身差でアップトゥデイト(2番人気)、さらに3/4馬身遅れた3着に最内から脚を伸ばしたテイエムシシーボス(10番人気)が入った。

 ニホンピロバロンは、父フサイチリシャール、母ニホンピロアニカ、母の父キャプテンスティーヴという血統。北海道新ひだか町・福岡清氏の生産馬で、小林百太郎氏の所有馬。通算成績は44戦9勝(平地37戦3勝、障害7戦6勝)。重賞は2016年京都ハイジャンプ・JGIIに次いで2勝目。田所秀孝調教師は阪神ジャンプSは初優勝。高田潤騎手は2001年アイディンサマー、2013年オースミムーン、2014年メイショウブシドウ、2015年オースミムーンに次いで阪神ジャンプSは5勝目。

 この勝利で高田潤騎手は障害重賞競走19勝となり、トップの白浜雄造騎手に並んだ。高田潤騎手は阪神ジャンプSは4連覇。同一JRA重賞4連覇は史上6度目のトップタイの記録。さらに高田潤騎手は2010年ドングラシアス(2着)から今年のニホンピロバロンまで7年連続で連対を継続中。同一JRA重賞7年連続連対は史上初。

 ◆高田潤騎手「夏負けの影響で思うような調整ができず。万全の状態ではなかった。それでも返し馬になると気合を出してくれた。今日は馬の力に助けられた」

★17日阪神8R「阪神ジャンプステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エルムS】リッカルド、重賞初挑戦で金星! 2016年08月15日(月) 05:03

 第21回エルムステークス(14日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1700メートル、1着本賞金3600万円=出走12頭)黛弘人騎乗で7番人気のリッカルドが、中団から3コーナー過ぎで一気に好位に進出し、直線も力強く伸び重賞初挑戦で初勝利を飾った。タイム1分43秒5(良)。フサイチリシャール産駒のJRA平地重賞初勝利(障害では今春にニホンピロバロンが京都ハイジャンプをV)となった。1番人気のモンドクラッセは3着だった。

 心地よい風に乗って広がったのは、どよめきだった。前走でオープン入りしたばかりのリッカルドが、7頭の重賞ウイナーを差し置いて重賞初V。初コンビでタイトルに導いた黛騎手は、自身にとって昨年のフェアリーS(ノットフォーマル)以来となる重賞2勝目を笑顔で振り返った。

 「もう一列前での競馬を考えていたけど、まくってきた馬と一緒に、じわじわと楽に上がっていけた。最後はこの手応えならかわせると思った」

 スタートは五分に出たが、周りが速く道中は中団に構えた。向こう正面で後方にいたブライトラインが動くと、一緒に外を通って進出を開始だ。2番手まで上がって直線に向くとさらに加速。1番人気のモンドクラッセを残り100メートルで捕らえると、最後は重賞3勝馬クリノスターオーの追撃をクビ差しのいだ。

 黒岩調教師も昨年の毎日杯(ミュゼエイリアン)に次ぐ重賞2勝目で「思い通りでしたね。直線でのはじけ方は今までで一番よかった。しっかりと力をつけているのが分かった。でも、正直、びっくりしました」と頬を緩めた。「馬体の回復が早まっているぶん、調教をしっかり積めている。まだよくなる余地があるので、少しずつよくなってくれると思う」と先を見据えた。

 2005年に朝日杯FSを勝ち、2歳牡馬王者となった父フサイチリシャールは14年に種牡馬を引退し、北海道で余生を過ごしている。産駒のJRA平地重賞制覇はこれが初めて。父譲りの白い馬体が、これからも親孝行の走りを続ける。(川端亮平)

★14日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エルムS】重賞初挑戦の伏兵リッカルドがV 2016年08月14日() 15:36

 8月14日の札幌11Rで行われた第21回エルムS(3歳以上オープン、GIII、ダート1700メートル、12頭立て、1着賞金=3600万円)は、重賞初挑戦だった7番人気リッカルド(セン5歳、美浦・黒岩陽一厩舎)が、黛弘人騎手に導かれて快勝した。タイムは1分43秒5(良)。

 中団でレースを進めたリッカルドは、3コーナー付近からまくって4コーナーで2番手まで上がり、逃げた1番人気モンドクラッセを直線半ばで捕らえると、追撃してきた4番人気クリノスターオーをクビ差で振り切った。モンドクラッセは3着、3番人気ロワジャルダンは4着で、連覇がかかっていたジェベルムーサは7着だった。

 リッカルドは、父フサイチリシャール、母キョウエイハツラツ、母の父オペラハウスという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、岡田牧雄氏の所有馬。通算成績は24戦6勝。重賞初制覇。エルムSは、黒岩陽一調教師、黛弘人騎手ともに初勝利。

 ◆黛弘人騎手「勝負どころでまくって行った馬(ブライトライン)がいたので、その後をジワジワと上がって行った。楽に4コーナーを回れて、前もかわせると思った。競馬が上手で、うまく持ち味を生かせた」

★14日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【安達太良S】1番人気リッカルド、ハナ差V 2016年07月17日() 05:02

 安達太良ステークス(16日、福島11R、3歳上1600万下(混)(特)、定量、ダ1700メートル、1着本賞金1820万円=出走15頭)2番手を進んだ1番人気リッカルド(美・黒岩、セン5、父フサイチリシャール)が、直線で13番人気コアレスキングとの叩き合いをハナ差で制し、5勝目(23戦)を挙げた。タイム1分45秒3(良)。これでオープンに昇級したが、「この後はひと息入れます」と黒岩師。

 ◆戸崎騎手(リッカルド1着) 「センスのある馬。直線でワンパンチ足りないところがありますが、手応えが良かったので早めに行きました。以前に乗ったときより良くなっていましたね」

 ◆大野騎手(コアレスキング2着) 「ためる形が合っている。最後は脚を使っているし、もう少しでした」

 ◆田辺騎手(ディアドムス3着) 「前半はペースが流れなくて、切れ味勝負になったのが誤算。でもだいぶ復調してきています」

 ◆鈴木伸師(イントロダクション4着) 「しまいはいい脚を使って競馬ができています」

 ◆蛯名騎手(パワーポケット5着) 「これ以上ない形で進んだが…。パサパサのダートだと良くないのかな」

★16日福島11R「安達太良S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都ハイJ】ニホンピロバロンが4連勝で重賞初V 2016年05月28日() 14:19

 5月28日の京都8Rで行われた第18回京都ハイジャンプ(4歳以上オープン、JGII、芝3930メートル、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、高田潤騎手騎乗のニホンピロバロン(牡6歳、栗東・田所秀孝厩舎)が単勝1.4倍の断然の人気に応え、4連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは4分27秒4(良)。

 3連覇がかかっていたルールプロスパーが、ドリームセーリングとの先行争いの末に脱落する中、4番手を進んでいたニホンピロバロンは最終コーナー手前で先頭へ。力強く末脚を伸ばし、2着の3番人気サンライズロイヤルに7馬身差をつけて快勝した。さらに1馬身3/4馬身差の3着に5番人気ドリームセーリングが入り、2番人気ルールプロスパーは5着だった。

 ニホンピロバロンは、父フサイチリシャール、母ニホンピロアニカ、母の父キャプテンスティーヴという血統。北海道新ひだか町・福岡清氏の生産馬で、小林百太郎氏の所有馬。通算成績は43戦8勝(うち障害6戦5勝)。京都ハイジャンプは、田所秀孝調教師は初勝利、高田潤騎手は2001年アイディンサマー、08年キングジョイに次いで3勝目。

 ◆高田潤騎手「もう少しゆったり運びたかったんですが、きょうはメンバーや距離を考えて位置を取りにいきました。ペースが思ったより落ち着いて多少力み加減ではあったけど、道中はインをロスなく立ち回れたし、よく辛抱してくれたと思います。初めての重賞で距離も未知でしたが、飛越でロスがなくレースを見てもらっても分かるようにすごくスタミナがあります。充実期を迎えているし、ジャンプホースとして完成しつつありますね」

★28日京都8R「京都ハイジャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

フサイチリシャールの関連コラム

閲覧 78ビュー コメント 0 ナイス 11

過去の朝日杯フューチュリティステークスを振り返ってみると、以前は距離適性が短めの馬の活躍もあったが、近年はクラシックディスタンス向きの馬の活躍が中心になっている。

以下は、過去5年の優勝馬の1600m以上における主な実績である。

■2009年 ローズキングダム
51.7 東京スポーツ杯2歳ステークス(1着)

■2008年 セイウンワンダー
52.6 新潟2歳ステークス(1着)

■2007年 ゴスホークケン
49.4 東京スポーツ杯2歳ステークス(4着)
48.1 新馬(1着)

■2006年 ドリームジャーニー
50.4 東京スポーツ杯2歳ステークス(3着)
50.4 芙蓉ステークス(1着)

■2005年 フサイチリシャール
57.3 東京スポーツ杯2歳ステークス(1着)

このように、1600m以上のレースで49.4以上の指数を記録し、かつ勝利経験があることが分かる。

それでは、今年の出走予定馬の中で上述の条件を満たしている馬をピックアップしてみよう。

アドマイヤサガス
50.4 デイリー杯2歳ステークス(2着)
46.2 未勝利(1着)

コティリオン
51.8 ベゴニア賞(2着)
50.2 新馬(1着)

サダムパテック
51.9 東京スポーツ杯2歳ステークス(1着)

■メイショウオオゾラ
50.9 萩ステークス(2着)
47.6 未勝利(1着)

リベルタス
53.1 千両賞(1着)

ロビンフット
49.6 いちょうステークス(1着)

以上の6頭が条件を満たしているが、さらに重賞経験を考慮して、アドマイヤサガスサダムパテックの2頭を中心とした優勝争いになると、結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。


登録済みの方はこちらからログイン

フサイチリシャールの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

フサイチリシャールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

フサイチリシャールの写真

投稿写真はありません。

フサイチリシャールの厩舎情報 VIP

2008年3月30日高松宮記念 G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フサイチリシャールの取材メモ VIP

2008年3月2日 阪急杯 G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。