注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ローレルゲレイロ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  青鹿毛 2004年5月3日生
調教師昆貢(栗東)
馬主株式会社 ローレルレーシング
生産者村田牧場
生産地新冠町
戦績31戦[5-7-2-17]
総賞金48,248万円
収得賞金16,375万円
英字表記Laurel Guerreiro
血統 キングヘイロー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ビッグテンビー
血統 ][ 産駒 ]
テンビー
モガミヒメ
兄弟 キタサンラブコールカシノネロ
前走 2010/10/03 スプリンターズS G1
次走予定

ローレルゲレイロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/10/03 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16599.1514** 牡6 57.0 藤田伸二昆貢462(-8)1.08.4 1.035.1ウルトラファンタジ
10/08/29 札幌 9 キーンランド G3 芝1200 16128.538** 牡6 59.0 藤田伸二昆貢470(--)1.09.1 0.734.7⑨⑧ワンカラット
10/03/27 アラ 5 ドバイGS G1 ダ1200 10--------4** 牡6 57.0 藤田伸二昆貢---- ------KINSALE KING
10/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671334.087** 牡6 57.0 藤田伸二昆貢472(+4)1.37.1 2.237.9エスポワールシチー
09/12/13 香港 5 香港スプリ G1 芝1200 14--------13** 牡5 57.0 藤田伸二昆貢468(--)1.10.4 1.3----SACRED KINGDOM
09/10/04 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 1671313.861** 牡5 57.0 藤田伸二昆貢460(-4)1.07.5 -0.034.6ビービーガルダン
09/09/13 阪神 10 セントウルS G2 芝1200 16358.9414** 牡5 59.0 藤田伸二昆貢464(-6)1.09.2 1.435.4アルティマトゥーレ
09/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881730.9615** 牡5 58.0 藤田伸二昆貢470(+2)1.35.0 1.537.5ウオッカ
09/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 187137.631** 牡5 57.0 藤田伸二昆貢468(0)1.08.0 -0.134.9スリープレスナイト
09/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 167135.332** 牡5 57.0 藤田伸二昆貢468(0)1.21.3 0.235.6ビービーガルダン
09/01/31 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16354.4213** 牡5 57.0 四位洋文昆貢468(-2)1.38.7 1.839.3アブソリュート
08/12/14 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 13--------8** 牡4 57.0 四位洋文昆貢470(--)-- ------INSPIRATION
08/11/23 京都 11 マイルCS G1 芝1600 181110.135** 牡4 57.0 四位洋文昆貢478(+6)1.33.0 0.434.8ブルーメンブラット
08/11/01 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 16478.232** 牡4 57.0 四位洋文昆貢472(+2)1.20.0 0.134.1マイネルレーニア
08/03/30 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 188165.924** 牡4 57.0 四位洋文昆貢470(+2)1.07.4 0.334.0ファイングレイン
08/03/02 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 16234.631** 牡4 57.0 四位洋文昆貢468(-2)1.20.7 -0.034.6スズカフェニックス
08/02/02 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 164710.261** 牡4 57.0 藤田伸二昆貢470(+6)1.32.8 -0.034.9リキッドノーツ
07/12/16 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 182330.394** 牡3 56.0 藤田伸二昆貢464(0)1.20.8 0.234.8スズカフェニックス
07/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871378.11516** 牡3 56.0 和田竜二昆貢464(0)1.34.0 1.335.6④④ダイワメジャー
07/10/20 東京 11 富士S G3 芝1600 1881610.0510** 牡3 54.0 藤田伸二昆貢464(0)1.33.9 0.635.0④⑤マイネルシーガル

⇒もっと見る


ローレルゲレイロの関連ニュース

 【東京5R】歌手、北島三郎オーナーの所有馬(名義は有限会社大野商事)。2009年にスプリントGI春秋制覇を果たしたローレルゲレイロ(父キングヘイロー)の半妹だ。奥村武調教師は「切れる脚はないけど、長くスピードを維持できるタイプ。時間をかけてやってきているので、そのアドバンテージを生かせれば」と初戦から期待をかけている。

キタサンメジャーの競走成績はこちら

【うわさの3歳馬】キタサンメジャー好発進期待2017年01月28日() 11:33

 【東京5R】北島三郎オーナーのキタサンメジャーは、半兄に春秋スプリントGI制覇を達成した快速ローレルゲレイロがいる。18日にはWコース5F67秒7の好タイムをマークして、「昨年の秋に態勢が整わずに再仕上げになったけど、今は体力がついて順調に仕上がった。先々はともかく、初戦はこの距離(1800メートル)でも」と、奥村武調教師は好発進を期待。

 【東京2R】コロニアルスタイルは、半兄に準OPまで出世しているイーグルフェザー(土曜の白嶺Sに出走)がいる。父がゴールドアリュールなら妹も砂適性は確実だろう。「けいこではあまり時計が出ないけど、お兄さんもそうみたい。真面目で一生懸命に走るのがいい」と、鈴木伸調教師はひたむきさを評価する。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【シンザン記念】レース展望 2016年12月27日(火) 18:33

 京都の年明け8日に行われるメインレースは、明け3歳馬によるシンザン記念(GIII、芝1600メートル)。3冠馬の名を冠した伝統の一戦で、過去10年の3着以内を見てもダイワスカーレット(2007年2着)、ローレルゲレイロ(同3着)、オルフェーヴル(11年2着)、マルセリーナ(同3着)、ジェンティルドンナ(12年1着)、ミッキーアイル(14年1着)、そして昨年2着のジュエラーと、のちのGI馬が続出している。クラシック、そしてNHKマイルCを占う意味でも必見のレースだ。

 前走で同じマイル戦の特別戦を制した栗東・池江泰寿厩舎の2頭が注目を集める。新馬−千両賞と無傷の2連勝を飾ったのがアルアイン(牡)。ディープインパクト産駒で、母も米GIブリーダーズCフィリー&メアスプリントを勝っている良血馬だ。クラブでの募集価格も1億円という期待馬は、2戦とも鋭い決め手を披露して快勝。中1週での臨戦となるだけに年末年始の調整がポイントとなるが、無敗で重賞ウイナーとなれば2017年の主役候補に浮上するだろう。

 僚馬ペルシアンナイト(牡)も、3戦2勝の戦歴。唯一の敗戦は、2歳女王ソウルスターリングに敗れたアイビーSの2着なら悲観する必要はない。3戦すべてスタートで遅れているように粗削りな面が残るが、3戦いずれも上がり3ハロンはメンバー最速だった。こちらもおじにゴールドアリュールをもつ良血馬で、アルアインに引けをとらない素質が感じられる。

 年末の最終日に中山でホープフルS有馬記念と重賞2勝を挙げて大活躍だったクリストフ・ルメール騎手が騎乗するのは関東馬のコウソクストレート(美浦・中舘英二厩舎、牡)。デビュー2連勝で臨んだ京王杯2歳Sはスタートで痛恨の出遅れを喫して、追い上げおよばず4着に敗れた。それでも末脚には見どころがあり、能力は重賞でも通用することを証明。10年のガルボ以来、7年ぶりの関東馬Vを狙う。

 朝日杯フューチュリティSでは果敢に先行したものの5着に終わったトラスト(栗東・中村均厩舎、牡)。GI出走から間隔が詰まっているだけに状態面が鍵を握るが、前2戦より相手関係も楽になっているだけに、出走に踏み切れば当然、上位争いが見込まれる。

 デイリー杯2歳Sでは1番人気を裏切る形になったタイセイスターリー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も巻き返しを図って参戦する。前走は明らかに若さを露呈した内容で、能力を出しての敗戦ではなかった。陣営ではひと息入れて精神面の改善に取り組んでおり、半兄ミッキーアイルに続く兄弟制覇を目指す。

 ほかにも素質豊かな1勝馬などが出走を予定しており、今年も見応え満点の一戦となりそうだ。

シンザン記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリンター】春秋電撃界統一へ!アーサーGO 2016年09月26日(月) 14:47

 秋のGIシリーズがいよいよ開幕する。第1弾は10月2日に中山で行われる秋のスプリント王決定戦、「第50回スプリンターズS」(芝1200メートル)だ。高松宮記念を快勝した春の王者ビッグアーサーがスタンバイ、完全王者へと邁進する。

 ビッグアーサーは重賞未勝利でも、高松宮記念で堂々1番人気に支持された。それが正解とばかりに、芝1200メートル1分6秒7のコースレコードでV。93&94年のスプリンターズSを連覇した父サクラバクシンオーを思い起こさせる速さと強さだった。

 「父から圧倒的なスピードを受け継ぎ道悪も上手。1200メートル戦では何も言うことない」と、藤岡調教師もその能力に感嘆している。

 秋初戦のセントウルSも貫禄の1馬身差勝ち。“逃げ”という新たな一手も加わった。

 「逃げ馬がいなかったし、(1)番枠を引いた時点で6〜7割は逃げようと思っていた。58キロを背負い、前哨戦としては100点」と福永騎手。「ここ2戦でスタートは速くなってきている」というのだから、どこまで強くなるのか計り知れない。

 先週21日の坂路は4F53秒0、ラスト1F12秒2。台風後の道悪でこの時計なら上々で、「最後までしっかりして、馬場を思えば文句なし。1度使って格段に良くなったし、あとは当週きっちりやれば大丈夫」と、トレーナーは自信満々だ。

 同一年・春秋スプリントGI完全制覇となれば96年フラワーパーク、01年トロットスター、09年ローレルゲレイロ、13年ロードカナロアに続く史上5頭目の快挙。「力でもぎ取ってチャンピオンになってほしい。自信を持って挑めます」と、ユーイチは勝つことしか考えていない。(夕刊フジ)

★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【うわさの3歳馬】能力感じるデウスペルナス2016年02月13日() 13:18

 【京都6R】デウスペルナスの半兄は同じ昆厩舎に在籍していた快速ローレルゲレイロ。高松宮記念、スプリンターズSのGI2勝を含めて重賞4勝と活躍した。「兄とは違って、脚をためて良さそうなタイプ。1800メートルはこなせそうだし、背中が柔らかく、能力を感じさせる」と、昆調教師は初戦から期待している。(夕刊フジ

[もっと見る]

【宝塚記念】松若GI初騎乗!デイヴィスで大仕事だ 2015年06月26日(金) 05:09

 デビューから1年4カ月で夢舞台が巡ってきた。昨年、47勝を挙げてJRA賞の最多勝利新人騎手を受賞した松若風馬騎手(19)=栗・音無=が、宝塚記念でレッドデイヴィスに騎乗。同期では一番乗りとなるGI初挑戦に目を輝かせている。

 「こんなに早くGIに乗れるとは思いませんでした。オーナー、音無先生に感謝しています」

 所属厩舎の馬での参戦だが、実はGI騎乗決定を知ったのは報道だった。「噂は聞こえてきましたが、騎乗決定は新聞で初めて知りました」。すぐに師匠の音無調教師にお礼を伝えにいくと、「いい経験になったらいい。いつも通りに乗ってこい」と激励の言葉をかけられた。

 昨年は47勝を挙げて新人騎手賞を獲得。「先生には時に厳しい言葉もかけられますが、それでも乗せてくれます。その期待に応えたいという気持ちで乗っています」という松若は、今年に入っても順調に勝利を積み重ね、先週までで29勝をマーク。全国リーディング18位につけている。

 「馬の状態は本当にいい。レース当日は緊張すると思いますが、いつもどおり落ち着いて、堂々と乗りたい」

 身長1メートル51と小柄な若武者が、サマーグランプリで大仕事をやってのける。 (板津雄志)

★大型馬柱&調教タイムなどを大公開!「宝塚記念」特集

松若 風馬(まつわか・ふうま)

 1995(平成7)年9月4日生まれ、19歳。滋賀県出身。2014年に栗東・音無厩舎からデビュー。同年に47勝を挙げてJRA賞最多勝利新人騎手を受賞。新人騎手が受賞対象となる30勝以上挙げたのは10年の高倉騎手(37勝)以来。今年は29勝(25日現在)で全国リーディング18位。重賞はこれまで8戦騎乗して14年金鯱賞(レッドデイヴィス)の11着が最高。父は装蹄師で、ローレルゲレイロアンライバルドなどを担当した松若勝氏。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローレルゲレイロの関連コラム

閲覧 1,212ビュー コメント 0 ナイス 4



スプリンターズSは、昨年スローペースも…
____________________

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

 スプリンターズSが行われる中山芝1200mは、外回りの坂の頂上付近からスタートして、約4.5mもの坂を下って行くコースです。スタートから約250m地点のところに最初の3コーナーがありますが、皆さんもご存知のように中山の外回りはおむすび型。レース映像を見ていても「どこが3コーナーなの?」というくらいコーナーが緩いため、下り坂で加速がついたまま4角に突入というのが基本の乗り方。短距離戦ということもあり、へたに折り合いをつけようとはせず、ゲートを出たなりに下り坂でスピードに乗せて、そのまま行かせてしまうことが多いです。つまり、前傾ラップが基本でペースが上がりやすいコース形態ということ。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2013年09月25日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第252話スプリンターズS(謎解き編)〜
閲覧 231ビュー コメント 0 ナイス 8

第252話 「スプリンターズS」


08年 33.6-34.4 =1.08.0 △1△1±0 消耗戦
09年 32.9-34.6 =1.07.5 △4△3△4 消耗戦
10年 33.3-34.1 =1.07.4 △3▼1△7 平坦戦
11年 33.0-34.4 =1.07.4 △4△3△2 消耗戦
12年 32.7-34.0 =1.06.7 △6△1△2 消耗戦

近年は良馬場開催となっていて馬場状態も良く時計の速い決着が多くなっています。
またガリガリ行く生粋のスプリンターが少なくなっている(と思います)ので前傾度も低くなっています。
過去5回毎の平均タイムを比較してみると
08〜12年 33.10-34.30 =1.07.40 (+1.20)
03〜07年 33.14-35.40 =1.08.54 (+2.26)
97〜01年 32.84-35.20 =1.08.04 (+2.36)
となっています。
一番後ろの括弧内の数字は前傾度(上がり3F−テン3F)です。
この数字が低いということはペースが緩めということです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
スリープレスナイト 【瞬1平6消5】
ローレルゲレイロ  【瞬4平6消1】
ウルトラファンタジー【瞬0平0消0】
カレンチャン    【瞬1平5消3】
ロードカナロア   【瞬3平6消1】
2着馬
キンシャサノキセキ 【瞬2平4消1】
ビービーガルダン  【瞬1平6消4】
ダッシャーゴーゴー 【瞬1平2消2】
パドトロワ     【瞬1平4消2】
カレンチャン    【瞬1平6消4】

前傾度が低いということはつまり消耗度が低いということです。
スプリンターズSは結果的には消耗戦になっていますがメンツ的に考えれば消耗度が低いレースなので消耗戦実績はあまり問われない、ということが言えてそれは上記の連対馬のラップギアを見ても分かると思います。
先週行われたセプテンバーS(1600万下クラス)では
33.5-33.9 =1.07.4 (+0.4)
と高速決着となっているので玉砕逃げをしてくる馬さえいなければ例年通りの傾向でいいと思います。

で、今年のメンバーなのですがハクサンムーンフォーエバーマークが逃げる可能性大でしょう。
テンの脚はハクサンムーンの方が速いでしょうが前走スタートで出負けしたのは若干気になるところ。
ハクサンムーンのペースになれば前傾度が低くなるのは必然で前走のセントウルSの再現も十分考えられます。
但し、そこでクビ差2着だったロードカナロアは休養明け&斤量差というハンデからすれば今回は素直に逆転か?
上昇著しいハクサンムーンにまだ隠されたギアがあればロードカナロア押さえ込むことが出来るかもしれません。

この2頭に待ったをかけるとすればG鞠グランプリボスか。
G2勝は伊達じゃないと思いますが
・休養明けの馬は1-0-0-11(勝ったのは外国馬ウルトラファンタジーのみ)
・前走4コーナー5番手以下の馬は0-1-3-36で差し馬不利
という傾向があって初の1200m戦では強気になれないでしょう。
元々あてに出来ないタイプの馬なので人気がなければ買いかも。
その他ではドリームバレンチノパドトロワフォーエバーマークマジンプロスパー辺りが候補になるでしょうが上記3頭に勝って1着になるのは厳しいかなと個人的には感じます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ロードカナロアハクサンムーンドリームバレンチノ
(オッズ的には)全く面白くない予想…。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年07月10日(水) 10:00 サラマッポ
サラマッポの走法診断〜第2回 昨年のロゴタイプパターン! クラシック戦線にのってくる逸材
閲覧 384ビュー コメント 0 ナイス 15

 第2回コラムを書くにあたって6/15〜7/7に行われた新馬戦28レースを分析しました。その中からクラシックに向けて活躍できそうな勝ち馬10頭(活躍期待度3以上)を紹介します。
 
 短距離レースが中心であるこの時期にデビューした馬の中から、クラシックで活躍する馬を見抜くポイントは「適距離より短かったが、能力の違いで押し切った」という点に注意することです。昨年で言えば1200mでデビュー勝ちしたロゴタイプがこれですね。下記の中ではヤマニンアリエッタもそのパターンです。血統が地味なためか注目度がイマイチに感じますが、コメント通り距離延びてさらに良さが出そうです。使い減りさえなければ、クラシック戦線に加わってくる可能性は高いと思います。ちなみにデビュー戦の2着馬、5着馬がすでに勝ち上がっているのも心強いところ。実は私も入札のタイミングを窺ってます(笑)。7/15(月)に4クラスで「仮想オーナー枠増加」ということなので、是非参考にして頂けたらと思います。

-表の見方-
·距離は今後の可能性も踏まえた潜在的な距離適性を表しています。
·芝(良)、芝(道悪)、ダートの適性は◎○▲×の4段階表示。
·活躍期待度は5→4→3→2→1の5段階評価です。


勝ち馬 

レース/着順馬名距離芝良芝道悪ダート活躍
期待度
コメント
6/16(日)2歳新馬:
東京(芝1600m)
/1着
リターンラルク(牡)1400〜
2000m
×4走法、馬体ともに軽く、これぞディープ産駒という印象。重馬場での勝利だが良馬場なら更にキレるアシを使えそう。首が短めなので距離延長には一抹の不安あり。
6/16(日)2歳新馬:
阪神(芝1400m)
/1着
ヤマニンアリエッタ(牝)1600〜
2400m
4体を上手く使った伸びのある走法で距離延びてさらに良さが出そう。馬体重の割に腹回りがスッキリしていたのでコンスタントに出走できるかが活躍のカギになる。
6/23(日)2歳新馬:
函館(芝1200m)
/1着
ファイトバック(牡)1200〜
1800m
3バランスの取れた走法から素質の高さがうかがえる。レースも上手く、次走は大幅に時計を詰めてくるはず。コンパクトで肉厚な馬体からも距離には限界がありそう。
6/23(日)2歳新馬:
東京(芝1600m)
/1着

マイネグラティア
(牝)
1400〜
2000m
4ダート向きの血統に反して、馬体はスッキリしており、芝でこその馬。直線で寄れながらも上がり最速での差し切り勝ち。地味なプロフィールながら堅実な活躍が期待できる。
6/23(日)2歳新馬:
阪神(芝1800m)
/1着
ピオネロ(牡)1800〜
2400m
4パワフルな走法、馬体でダートを含め、馬場不問。今回はスローの切れ味勝負だったが、胸前に深さがあるので心肺機能が高く、持久力もある。馬場、展開不問の万能型。
6/29(土)2歳新馬:
中京(芝1400m)
/1着
エルノルテ(牝)1400〜
2000m
×4全兄アドマイヤオウジャ似でバランスの取れた走法と馬体。高速馬場で切れ味を生かす競馬がベスト。着差以上に余裕のある勝ちっぷりで評判に違わぬ能力の持ち主。
6/30(日)2歳新馬:
函館(芝1200m)
/1着
クリスマス(牝)1200〜
1400m
×3ピッチ走法の短距離馬。スピードの違いで逃げ、余力を残してのレコード勝ち。能力相当だが馬体細化と番手からの競馬という不安材料も・・。次走が試金石の1戦になる。
6/30(日)2歳新馬:
福島(芝1800m)
/1着
パシフィックギャル(牝)1800〜
2400m
4大型馬だが馬体や走法のバランス良く芝の中長距離向き。1600m以下では割り引いて考えたい。ゼンノロブロイ産駒で前さばきも硬いので、芝道悪は相当上手いはず。
6/30(日)2歳新馬:
中京(芝1400m)
/1着
コウエイタケル(牡)1200〜
1600m
×3全兄セイカプリコーンと同じくピッチの利いた走法で短距離向き。全兄は前アシをかきこむ走法でダート適性があったが、同馬は前アシがよく伸びており、芝でこそのタイプ。
7/6(土)2歳新馬:
函館(芝1200m)
/1着
キタサンラブコール(牡)1200〜
1800m
3全兄ローレルゲレイロと同じく頭の高い走法。つなぎが長く、キレるアシを使えないので今回のように前目で粘る競馬が合う。直線でも着差以上の余裕があり、次走が楽しみ。

サラマッポさんのPOGマイページはこちら

(更新は8/14(水)、9/11(水)の残り2回です。)

■執筆者プロフィール
サラマッポ
 競馬歴12年の25歳。中学2年の時、タイキシャトルグラスワンダーらの"栗毛の怪物"に魅せられ競馬にのめり込む。競馬ありきの人生を歩むことを決意、競馬漬けの高校〜大学時代を過ごすことになる。競走馬の馬体と走法を分析する独特の予想スタイルを徹底的に追求し、予想コロシアムで3年連続プラス収支を達成。通算2000レース以上を予想して、的中率29%、回収率110%という安定した成績を収め、ウマニティ主催の2010年秋期公認プロ定期選考で合格。同年10月にウマニティ公認プロ予想家としてデビューを果たした。POGでも馬体、走法から適性、将来性を見抜く。
ホームページ開設しました。走法、馬体理論やオープン馬情報などを掲載してます。

[もっと見る]

2013年02月20日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第224話阪急杯(謎解き編)〜
閲覧 241ビュー コメント 0 ナイス 3

第224話 「阪急杯」


08年 34.7-11.4-34.6 =1.20.7 ▼2△2△6 平坦戦
09年 34.1-11.6-35.4 =1.21.1 △1▼1△5 平坦戦
10年 35.0-11.2-35.2 =1.21.4 △1△2△9 消耗戦
11年 33.2-11.6-35.3 =1.20.1 △1▼2△6 平坦戦
12年 33.7-12.1-36.2 =1.22.0 ▼2▼1△7 平坦戦

スタートしてから3コーナーまで443mと長いのでテンが速くなりがちで基本的に前傾ラップになります。
但し、そこは1400m戦なので速い流れのまま消耗戦で粘り込むというケースは少なく一呼吸置いて4コーナー〜直線となるので▼1〜▼2程度の加速が生じる平坦戦になりやすいレース。
高松宮記念のステップレースという位置付けのレースですがスプリンターっぽくない馬が勝ち負けしやすいレースと言えるでしょう。
ではこのレースがスプリント戦である高松宮記念には直結しないのかと言われるとそうではありません。
中京コースが直線が長くなって坂が出来たことにより今までとは問われる適性が変わってるはずなので逆にこの阪急杯が最も直結しやすいステップレースになると感じます。
ラップギア的に考えてもコース適性は阪急杯が一番近いかと思われます。

・阪急杯    :【瞬1平7消2】
・オーシャンS :【瞬0平2消8】
・シルクロードS:【瞬0平3消7】
・高松宮記念  :【瞬1平5消4】か【瞬2平5消3】
(高松宮記念は推測)
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。
1着馬
ローレルゲレイロ  【瞬4平2消1】
ビービーガルダン  【瞬1平4消4】
エーシンフォワード 【瞬2平3消2】
サンカルロ     【瞬2平2消0】
マジンプロスパー  【瞬1平3消0】
2着馬
スズカフェニックス 【瞬4平4消2】
ローレルゲレイロ  【瞬4平4消1】
ワンカラット    【瞬1平2消0】
ガルボ       【瞬3平1消0】
スプリングサンダー 【瞬2平5消0】

消耗戦実績の高い馬は09年の勝ち馬ビービーガルダンぐらいです。
やはり平坦戦実績が重要になるでしょう。
全ての連対馬に瞬発戦実績があるのでこちらも重要かもしれません。

その他では枠順と位置取りがポイント。
結局は開幕週に行われるレースなので内枠先行有利ということです。
過去5年で1〜2枠の成績が3-4-4-10(勝率14.3%、連対率33.3%、複勝率52.4%)となっていて圧倒的です。
外枠で連対したのは逃げ先行だったローレルゲレイロマジンプロスパーの2頭とこのコース3-1-2-1(複勝率58.7%)で抜群の成績を誇るサンカルロが差しただけです。

位置取りですがやはり前有利となっています。
差しが届かないというほどではありませんが過去5年では4角10番手以下で連対した馬は昨年2着だったスプリングサンダーのみとなっています。
昨年は中盤のラスト4F目が12.1秒と例年よりも0.5秒遅く上がりも掛かる展開だったので後方の馬でもなんとか届いたというレースでした(それでも勝ち馬からは1馬身半の差がありました)
基本的には中団よりも前ということでしょう。

香港スプリントを圧勝しスプリントのエースとなったロードカナロアの登録がありこれが圧倒的人気になるでしょう。
但し、不安要素もあるのでこちらは2番手として私のイチオシはマジンプロスパー
ラップギアは【瞬1平4消1】で1200mはあまり向かない馬でしょう。
(1600mは1戦1敗ですが試してみても面白いのでは?とも思っています)
斬れる脚はあまりなく先行して粘り込むタイプの馬で(ダート勝利があるように)パワーもあるので阪神芝1400mは相性良し。
開幕週で時計が速くなり過ぎると若干不安だが連覇に期待します。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
マジンプロスパーロードカナロアクィーンズバーン

過去の傾向から6歳馬はあまり良くないので馬券的にはクィーンズバーンから入るという手もあるかなと思います。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年09月26日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第205話スプリンターズS(謎解き編)〜
閲覧 190ビュー コメント 0 ナイス 5

第205話 「スプリンターズS」


07年 33.1-36.3 =1.09.4 △3△9△12 消耗戦 不良
08年 33.6-34.4 =1.08.0 △1△1± 0 消耗戦
09年 32.9-34.6 =1.07.5 △4△3△ 4 消耗戦
10年 33.3-34.1 =1.07.4 △3▼1△ 7 平坦戦
11年 33.0-34.4 =1.07.4 △4△3△ 2 消耗戦

12月の暮れに開催されていた頃(90年代)に比べるとテンの3Fが33秒を切らないケースが近年は多くなってきました。
現在の秋開催は野芝のみの馬場なので昔に比べて数字以上にスローペースになっていると言えるでしょう。
○外の馬が減少し生粋のスプリンターという馬があまりいないというのが主な要因だと思われます。
実際、過去5年では出走頭数79頭中30頭(約38%)は父か母父がサンデー系の馬となっています。
なので近年は消耗戦ばかりとなっていますがG気箸いΕ譽戰襪らすれば消耗度はあまり高くないレース傾向だと言えます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アストンマーチャン 【瞬1平1消4】
スリープレスナイト 【瞬1平6消5】
ローレルゲレイロ  【瞬4平6消1】
ウルトラファンタジー【瞬0平0消0】
カレンチャン    【瞬1平5消3】
2着馬
サンアディユ    【瞬1平3消4】
キンシャサノキセキ 【瞬2平4消1】
ビービーガルダン  【瞬1平6消4】
ダッシャーゴーゴー 【瞬1平2消2】※
パドトロワ     【瞬1平4消2】

(※ 10年の2着はキンシャサノキセキですが2着入線はダッシャーゴーゴーでした。適性を見極めるためのものなので入線馬の方を参考にしました)
ウルトラファンタジーは外国馬なのでラップギアは不明となっていますが以外の馬を見ると消耗戦に特化した成績の馬はほとんどいません。
むしろ全馬に瞬発戦での連対経験があるくらいです。
つまり、ある程度のスピードに乗れてラストで1段2段ギアを入れることが出来る馬が勝ちやすいレースだということでしょう(いわゆる先行チョイ差しの馬ですね)
そして上記に書いた「消耗度はあまり高くない」というのがラップギア的にも証明されたと思われます。

今年のポイントの一つに馬場状態が挙げられます。
先週の日曜日は雨で不良馬場となりましたが土曜日には500万下のクラスで1.07.4という速い時計の決着となっていました。
週中に台風の影響で雨が残る可能性もありますが1分6秒台の決着となっても不思議はありません。
この高速馬場に対応出来るかどうかが鍵となるかも。

カレンチャンクロフネ産駒でパワータイプなだけに高速決着がどうなるかが微妙なところですが、前走ですっと番手に付けられたスピードの乗りを見ると対応出来そうな気がします。
一方のロードカナロアは前走では完全な勝ちパターンになるも2着に敗退といった内容でやはりラストの急坂が不安に感じます。
ラスト斬れる馬なので高速決着は歓迎でしょう。
スピードが出ることによって急坂での減速が抑えることが出来れば。
スローペースがベター。
この2頭を押さえ込めるとすればダッシャーゴーゴーかなと思います。
元々スプリンターズS2着入線の実績はあるし春の高松宮記念では4着でしたが差は僅か0.1秒。
横山Jに替わってから(59kgで重馬場だったCBCはダッシュ出来ませんでしたが)先行策が多いのはプラス。
スムーズに走れる外枠を引けば逆転可能かも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
カレンチャンダッシャーゴーゴーエーシンヴァーゴウ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年09月24日(月) 00:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」スプリンターズステークス2012前走分析
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 13

過去のスプリンターズステークスを振り返ってみると、秋のスプリント王決定戦に相応しく、1200m戦での実績が重要であることが分かる。

以下は、過去5年の優勝馬(日本最先着馬)が過去に1200m戦で記録した最高指数の一覧である。

■2011年 カレンチャン
58.7 キーンランドカップ1着

■2010年 キンシャサノキセキ(2着・日本最先着馬)
59.7 高松宮記念2着

■2009年 ローレルゲレイロ
58.6 高松宮記念1着

■2008年 スリープレスナイト
60.1 北九州記念1着

■2007年 アストンマーチャン
55.4 北九州記念6着

3歳馬のアストンマーチャンを例外として除くと、残りの4頭は過去に芝1200mの古馬重賞で勝利あるいはGIで連対し、58.6以上の指数を記録していることがわかる。

それでは、今年の出走予定馬で上述の条件を満たしている馬をピックアップしてみよう。

60.1 スギノエンデバー(北九州記念1着)
58.9 シゲルスダチ(北九州記念2着)
58.9 エピセアローム(北九州記念3着)
58.8 カレンチャン(スプリンターズステークス1着)
58.7 パドトロワ(キーンランドカップ3着)

条件を二つとも満たしているのは、スギノエンデバーカレンチャンの2頭。北九州記念組以外に目立った新興勢力は存在せず、やや層の薄いメンバー構成となっている。

以上の考察により、今年のスプリンターズステークスは、女王カレンチャンを中心とした既存勢力に、北九州記念組と外国馬を 加えた優勝争いになると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローレルゲレイロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 5

明日はシンザン記念(*^-^*)

かつてはダイワスカーレット・ローレルゲレイロ・オルフェーヴル・マルセリーナ・ジェンティルドンナ・ミッキーアイル・ジュエラーを輩出したレース!!

今年も今後の活躍に繋がる馬が出てきそうです♪

◎タイセイスターリーでいきます☆

前走は出遅れした上に道中でもちぐはぐな走り・・・

今回スタート五分ならチャンスは十分あると思っています(*^-^*)

狙っていきます〜〜〜

 いぞう 2016年12月15日(木) 19:09
朝日FS 出目考察
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 11

出目考察2回目はレース出目(2D)です。

朝日FSの過去10年の出目です。

2006 03-09-11
2007 01-03-07(○03)(11→01)
2008 03-11-15(○03)(01→11)
2009 08-12-02
2010 11-05-02(○02)
2011 03-04-15(05→15)
2012 14-05-03(○03)(15→05)(04→14)
2013 06-11-14(○14)
2014 02-06-14(◎06-14)
2015 15-11-13

非常に連チャン・連動率の高いレースですが、前年が小休止となっています。
前年の「15」「13」は非常に強い連チャンを見せていた「14」の両隣です。
これはゼロ連チャンながら惹かれ合う出目の習性を示しており、「歯列矯正」を意識して注目する場面です。
直近5年に示現した出目を並べてみると「02-03-04-05-06-11-13-14-15」となります。
綺麗に繋がった内枠に対して外目は「12」が歯抜けとなっていますね。
ここは「12」の示現に期待して良い場面と思います。
同レースは1着出目の連チャン率も20%と超優秀であり「15」も当然マークが必要でしょう。

1Dと照らし合わせるとダブる出目はないですが、「年末調整」を意識すると「15⇔05」「02⇔12」、内枠の続きから「07⇔17」あたりも意識できないことはありません。

しかし、候補が広がり過ぎてスッキリと出目が出てこないので出目とは違う側面からも注目馬を絞り出しておきます。

オカルトの真骨頂「馬名オカルト」の「ロ馬」です。
このレースは過去にロゴタイプ、ローズキングダムなどロ頭馬が活躍、僕の好きなローレルゲレイロも馬券になりました。
昨年はシャドウアプローチ(11番人気)が唯一の「ロ馬」で3着しています。
過去10年のロ馬率は6/8と相性は間違いなく良いレースです。

今回は「ロ馬」は「リンクスゼロ」唯一頭です。
園田で使って惨敗したので評価は低いと思われますが、単にダートが合わなかったのと、勝ち馬がロ頭馬「ローズジュレップ」ロ頭馬であり「運」も味方しなかっただけ。
度外視でOKですw
ここは押さておかなくてはいけません。

・・・・とは言え、軸とまで信頼できるかというと微妙・・やはりロ頭じゃないですからね。

うーん・・グダグダと書きましたが、前日メイン出目を見るまで印は保留しようと思います。
阪神は秋になって出目との相性が良いようなので良いヒントをくれると思います。

■印候補
「12」
「15」
「07」
「08」
「17」
「18」

[もっと見る]

ローレルゲレイロの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ローレルゲレイロの写真

投稿写真はありません。

ローレルゲレイロの厩舎情報 VIP

2010年10月3日スプリンターズS G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ローレルゲレイロの取材メモ VIP

2010年10月3日 スプリンターズS G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。