注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ライラプス(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  栗毛 2002年2月19日生
調教師松田国英(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績29戦[3-2-2-22]
総賞金13,300万円
収得賞金2,450万円
英字表記Lailaps
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
フサイチエアデール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ラスティックベル
兄弟 フサイチリシャールサイオン
前走 2007/12/02 ターコイズステークス OP
次走予定

ライラプスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/12/02 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 155970.41114** 牝5 54.0 菊沢隆徳松田国英460(+1)1.34.8 1.435.3⑩⑩⑨コスモマーベラス
07/08/14 佐賀 9 サマーチャン G3 ダ1400 12--------8** 牝5 53.0 鮫島良太松田国英459(--)1.27.9 0.5----キングスゾーン
07/07/04 川崎 10 スパーキング G3 ダ1600 14--------5** 牝5 56.0 鮫島良太松田国英460(--)1.40.4 1.7----メイショウバトラー
07/06/17 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 125623.9109** 牝5 54.0 鮫島良太松田国英464(+12)1.59.3 0.935.7⑥⑥④ディアチャンス
07/05/26 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1651021.01011** 牝5 54.0 鮫島良太松田国英452(-4)1.24.1 1.837.9トウショウギア
07/04/04 船橋 10 マリーンC G3 ダ1600 14--------3** 牝5 55.0 鮫島良太松田国英456(--)1.37.7 0.4----トーセンジョウオー
07/01/28 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 164795.51211** 牝5 55.0 武幸四郎松田国英464(+2)1.34.1 1.135.2⑥⑦ディアデラノビア
06/12/03 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 136811.2510** 牝4 55.0 柴田善臣松田国英462(0)1.34.8 0.834.8⑨⑦⑦コスモマーベラス
06/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1659150.21415** 牝4 56.0 鮫島良太松田国英462(+2)2.16.3 4.940.2フサイチパンドラ
06/10/15 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 1871437.7108** 牝4 55.0 鮫島良太松田国英460(+8)1.48.1 0.634.0⑦⑧⑨デアリングハート
06/06/18 京都 11 マーメイドS G3 芝2000 14589.049** 牝4 55.0 岩田康誠松田国英452(+4)2.01.7 0.635.2⑤⑤⑤⑤ソリッドプラチナム
06/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 162412.052** 牝4 54.0 鮫島良太松田国英448(-8)1.48.5 0.036.2⑤⑥⑨ロフティーエイム
06/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 1281126.5510** 牝4 55.0 岩田康誠松田国英456(+2)1.22.7 1.537.1⑤④ラインクラフト
06/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 163526.2125** 牝4 54.0 M.デムー松田国英454(-4)1.48.5 0.735.5⑦④ヤマニンシュクル
06/02/22 川崎 10 エンプレス杯 G2 ダ2100 13--------12** 牝4 54.0 松永幹夫松田国英458(--)2.17.2 2.2----ローレルアンジュ
05/12/18 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 111113.258** 牝3 54.0 松永幹夫松田国英454(+8)1.36.2 1.736.4④⑥⑧アドマイヤグルーヴ
05/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 181254.0106** 牝3 54.0 松永幹夫松田国英446(+4)2.13.4 0.934.4⑥⑦スイープトウショウ
05/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1881838.175** 牝3 55.0 松永幹夫松田国英442(+8)2.00.0 0.834.7⑭⑭⑭⑫エアメサイア
05/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝2000 1571224.653** 牝3 54.0 松永幹夫松田国英434(-14)2.00.8 0.734.8⑧⑦⑧⑧エアメサイア
05/06/15 川崎 10 関東オークス G3 ダ2100 14--------4** 牝3 54.0 武豊松田国英448(--)2.17.0 0.0----テンセイフジ

⇒もっと見る


ライラプスの関連ニュース

【今日のキラ星】ライラムーン

2015年10月17日() 05:00

 【京都5R】母ライラプスはGIIIクイーンCなど芝のマイル前後で3勝。祖母フサイチエアデールは重賞4勝のほかにGIで2着が3回とトップレベルで活躍した。目立った時計は出ていないが、11日の坂路では併走馬に3馬身の先着。追われるごとに動きが良くなってきた。「いいスピードがあるし、短い距離が合いそう」と佐々木調教師。

【うわさの2歳馬】良血ライラムーン短距離向き2015年10月16日(金) 14:02

 【京都4R】アルマスハートは先週のCWコース3頭併せで最先着。今週月曜は単走でしっかりした動きを見せた。「追ってしぶといタイプだね。先週のゲート練習の感じなら前に行けそうだし、砂をかぶらずに運べれば好勝負できそうだ」と北出調教師。カジノドライヴ産駒でこの舞台設定は合う。

 【京都5R】キングカメハメハ×ライラプスという期待の配合のライラムーン。「牧場から乗り込んで、こちらでもしっかり追い切った。いいスピードがあり気性も素直。体もできている。短距離で良さが出そうだ」と佐々木調教師。全姉プロクリスは先週の東京・山中湖特別を逃げ切っている。

(夕刊フジ

[もっと見る]

【3歳戦結果】アイライン、春菜賞V2015年02月09日(月) 05:00

 【東京】9R春菜賞(500万下牝馬、芝1400メートル)=アイライン(美・高橋裕、父ローレルゲレイロ

 ◆吉田豊騎手 「落ち着きも出てきましたし、体重が増えたのもいい傾向。湿った馬場も苦にしていませんでした」

 5R新馬(芝1800メートル)=ディープジュエリー(美・国枝、牝、父ディープインパクト

 ◆柴山騎手 「リラックスして折り合いもつき、いい脚でしたね。跳びの大きな馬なので、4コーナーで外に出そうと思いました。これからが楽しみです」

 【京都】6R新馬(芝・内1600メートル)=ヴェネト(栗・藤原英、牡、父ディープインパクト

 ◆戸崎騎手 「まだ体も気性も幼いところはあるが、レース慣れしてくればもっと走ると思います」

 【小倉】10Rかささぎ賞(500万下、芝1200メートル)=マジックシャトル(栗・清水久、牡、父タイキシャトル

 ◆藤岡康騎手 「思っていたよりも外から来られて厳しい展開になりましたが、よくしのいでくれました。気性が成長すれば上のクラスでも楽しみです」

 5R新馬(芝2000メートル)=サブトゥエンティ(栗・松田国、牝、父キングカメハメハ

 ◆バルジュー騎手 「強い牝馬。追ってから、すぐに反応できるのがセールスポイント」

 *母は2005年クイーンC優勝馬ライラプス(その父フレンチデピュティ)

[もっと見る]

【3歳新馬】良血サブトゥエンティが初陣を飾る 2015年02月08日() 12:23

 8日の小倉5R3歳新馬(芝2000メートル)は、ダリオ・バルジュー騎手騎乗の2番人気サブトゥエンティ(牝、栗東・松田国英厩舎)が直線で抜け出して快勝した。タイムは2分6秒5(良)。

 マッシヴランナーが外からじわっと先行。2番手にエーデルフラウがつける。人気のタムロミラクルはスタートが今ひとつだったものの、5頭立てという少頭数だったことから、すぐに外から追い上げた。流れは遅く、タムロミラクルは勝負どころで2番手の外まで上昇。サブトゥエンティとともに、逃げるマッシヴランナーを視界に入れつつ直線に向いた。サブトゥエンティが前をかわし、その外からタムロミラクルが接近して、2頭の叩き合いになるが、脚いろが目立ったのはサブトゥエンティ。ゴール前は力強く突き放して2馬身差をつけ、良血牝馬が新馬勝ちを飾った。2着がタムロミラクル。さらに1馬身1/4差の3着が3番人気のエーデルフラウだった。

 サブトゥエンティは、父キングカメハメハ、母ライラプス、母の父フレンチデピュティという血統。母はGIIIクイーンCの勝ち馬。祖母フサイチエアデールはGII4歳牝馬特別(現・フィリーズレビュー)など重賞4勝。おじフサイチリシャールはGI朝日杯フューチュリティSの勝ち馬。

 バルジュー騎手は「強い牝馬ですね。追ってからすぐに反応できるのがセールスポイント。馬のコンディションも良かったし、2000メートルもピッタリです」と良血牝馬の走りを絶賛していた。

★8日小倉5R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【POG2歳入厩情報】栗東(5月13日現在)2013年05月13日(月) 19:29

アカイツバサ(牝2、父スウィフトカレント、母ラスブライティア、栗東・境直行

アサケマツカゼ(牡2、父シンボリクリスエス、母ローズオブダイヤ、栗東・大橋勇樹

アルマセクレタ(牡2、父シンボリクリスエス、母アグネスキフジン、栗東・西浦勝一

アロハエコモマイ(牝2、父マンハッタンカフェ、母リリウオカラニ、栗東・高野友和

イダス(牡2、父スクリーンヒーロー、母テンザンローズ、栗東・領家政蔵

インフラレッドレイ(牝2、父マヤノトップガン、母ソラーラ、栗東・西橋豊治

ウイットウ(牝2、父スウェプトオーヴァーボード、母マヤノプレム、栗東・鹿戸明

ウインスプラッシュ(牡2、父マツリダゴッホ、母デルフィーネ、栗東・加用正

ウェザーストーム(牡2、父ケイムホーム、母アバンダンメント、栗東・川村禎彦

エイシンオルドス(牝2、父フジキセキ、母アルカイックレディ、栗東・坂口正則

エミネントレコード(牡2、父ネオユニヴァース、母エミネントピークス、栗東・西浦勝一

オートロンシャン(牝2、父クロフネ、母ティーアイディップ、栗東・松永昌博

オールパーパス(牡2、父ダイワメジャー、母ストラテジー、栗東・中竹和也

カーマンライン(牡2、父ゴールドアリュール、母グレインライン、栗東・今野貞一

カリス(牝2、父シンボリクリスエス、母サムソンフェアリー、栗東・鈴木孝志

カレンマタドール(牡2、父マンハッタンカフェ、母ラシャルマンテ、栗東・安田隆行

キエレメムーチョ(牡2、父シンボリクリスエス、母ディマクコンダ、栗東・佐々木晶)

キンググレー(牡2、父チチカステナンゴ、母クイーンブルー、栗東・領家政蔵

クールオープニング(牡2、父マンハッタンカフェ、母ファレノプシス、栗東・橋口弘次)

クールジョジョ(牝2、父ステイゴールド、母ビクトリアメーク、栗東・目野哲也

クールルーシー(牝2、父ケイムホーム、母ソフトワルツ、栗東・目野哲也

クラウンデピュティ(牡2、父クロフネ、母オートサンデー、栗東・日吉正和

クリノカメハメハ(牡2、父キングカメハメハ、母ハッピーシャトル、栗東・池添兼雄

クリノジュロウジン(牡2、父タニノギムレット、母タニノティアラ、栗東・川村禎彦

クリノフクロクジュ(牡2、父タニノギムレット、母ドサンコサンデー、栗東・谷潔

ケイティーズスター(牝2、父ネオユニヴァース、母ケイティーズベスト、栗東・角田晃一

コウエイタケル(牡2、父ステイゴールド、母ケイアイエリザベス、栗東・山内研二

コウエイユニバース(牝2、父ネオユニヴァース、母クラッシーシャーロット、栗東・五十嵐忠)

コウエイロンド(牡2、父マーベラスサンデー、母コウエイマーベラス、栗東・山内研二

コーリンベリー(牝2、父サウスヴィグラス、母コーリンラヴィアン、栗東・柴田政見

サカジロキングオー(牡2、父スクリーンヒーロー、母ミヤジニキータ、栗東・浜田多実)

サトノバリアント(牡2、父キングカメハメハ、母ミルフィオリ、栗東・安田隆行

シゲルイガ(牡2、父アドマイヤジャパン、母マイネオルビット、栗東・柴田政見

シゲルイズミ(牝2、父クロフネ、母ヤマカツダンサー、栗東・西橋豊治

シゲルイブリ(牝2、父ストーミングホーム、母シゲルコラバ、栗東・小原伊佐)

シゲルイワキ(牡2、父スターリングローズ、母ヴィゼ、栗東・柴田光陽

シゲルイワシロ(牝2、父スタチューオブリバティ、母シングフォアジョイ、栗東・柴田光陽

シゲルカワチ(牝2、父ダイワメジャー、母フェアバンクス、栗東・服部利之

シゲルクシロ(牝2、父スズカマンボ、母フレンチフレイバー、栗東・飯田明弘

シゲルコウズケ(牡2、父ジャイアントレッカー、母フミノタカラ、栗東・日吉正和

シゲルタンバ(牝2、父マーベラスサンデー、母キドニーグリル、栗東・服部利之

シゲルトカチ(牡2、父マイネルラヴ、母パッションメイト、栗東・飯田明弘

シゲルブシュウ(牡2、父ファンタスティックライト、母シゲルユウボウカブ、栗東・武田博

シゲルヤシュウ(牡2、父アポインテッドデイ、母タカミプリムラ、栗東・西橋豊治

シシャモオージ(牡2、父タイキシャトル、母テンザンストーム、栗東・松永昌博

シュヴァリエ(牝2、父フレンチデピュティ、母タニノカリス、栗東・山内研二

シンゼンタイガ(牡2、父ノボジャック、母ルスナイオブカラー、栗東・飯田明弘

シンゼンマオー(牡2、父アドマイヤジャパン、母トウジュ、栗東・飯田明弘

スペランツァデーア(牝2、父マンハッタンカフェ、母ウェイクアップマギー、栗東・牧田和弥

タイセイジャスミン(牝2、父プリサイスエンド、母スカーレットオハラ、栗東・大橋勇樹

タガノウォーリア(牡2、父アルデバラン2、母タガノシャルマン、栗東・本田優

タガノサムソン(牡2、父メイショウサムソン、母タガノラピス、栗東・浜田多実)

タガノハヤテ(牡2、父ゴールドアリュール、母アイチャンルック、栗東・五十嵐忠)

タガノベルーガ(牝2、父ネオユニヴァース、母スペリオルパール、栗東・宮徹

タガノロマリア(牝2、父コンデュイット、母タガノピアース、栗東・加用正

ダンシングバトー(牝2、父クロフネ、母ダンシングスナーク、栗東・柴田政見

ダンスールクレール(牡2、父ブラックタイド、母スーパーバレリーナ、栗東・松永昌博

ダンツキャノン(牡2、父タニノギムレット、母アイコチャン、栗東・谷潔

ダンツセントール(牡2、父アドマイヤジャパン、母カサブランカリリー、栗東・谷潔

ツィンクルソード(牡2、父デュランダル、母ツィンクルブライド、栗東・松永昌博

ディープウォーカー(牡2、父ファンタスティックライト、母キタノサング、栗東・小野幸治

デリッツァリモーネ(牡2、父キングカメハメハ、母ドルチェリモーネ、栗東・石坂正

デンコウウノ(牡2、父メイショウオウドウ、母ツリー、栗東・武田博

トットコ(牡2、父ケイムホーム、母セレスアドラーブル、栗東・庄野靖志

ドリームカイザー(牡2、父キングカメハメハ、母サルガソシー、栗東・飯田雄三

ナムラアッパー(牡2、父カンパニー、母ナムラハル、栗東・野村彰彦

ナムラマサシゲ(牡2、父カンパニー、母ナムラシゲコ、栗東・目野哲也

ヌーヴェルミシオン(牡2、父フレンチデピュティ、母サンドヴィーナス、栗東・佐藤正雄

パープルパルピナ(牡2、父タイキシャトル、母スパイシーソース、栗東・野村彰彦

パレスハリケーン(牡2、父ブラックタイド、母スイートテンダイヤ、栗東・佐山優

バンブーカッサーノ(牡2、父スウェプトオーヴァーボード、母ブリトン、栗東・岩元市三

ピークトラム(牡2、父チチカステナンゴ、母タッチザピーク、栗東・橋口弘次)

ピオネロ(牡2、父ネオユニヴァース、母クルソラ、栗東・松永幹夫

ヒュウガ(牡2、父オペラハウス、母ナイストップクイン、栗東・作田誠二

ファイトバック(牡2、父アドマイヤジャパン、母トウホープログレス、栗東・領家政蔵

ファイナルカヨ(牝2、父タニノギムレット、母ティファイファイ、栗東・飯田雄三

フェブノヘア(牝2、父ヨハネスブルグ、母ミヤジマッドレー、栗東・川村禎彦

プレイズペスカ(牡2、父マツリダゴッホ、母マイネマスカレード、栗東・松永昌博

プロクリス(牝2、父キングカメハメハ、母ライラプス、栗東・松田国英

ベラフォレスタ(牝2、父ゼンノロブロイ、母ラスリングカプス、栗東・石坂正

マダムリシェス(牝2、父サクラバクシンオー、母ワイキューブ、栗東・安田隆行

マミーテイラー(牝2、父ゼンノロブロイ、母ジンジャーパンチ、栗東・須貝尚介

マラムデール(牝2、父フレンチデピュティ、母フサイチエアデール、栗東・松田国英

ミヤジカールソン(牡2、父キングカメハメハ、母ケイアイバラード、栗東・本田優

ヤマニンアリエッタ(牝2、父シンボリクリスエス、母ヤマニンファビュル、栗東・山内研二

ラインハート(牝2、父ステイゴールド、母チェルカ、栗東・須貝尚介

ラッキーハナチャン(牝2、父ネオユニヴァース、母ファンドリオボッコ、栗東・柴田光陽

リラヴァティ(牝2、父ゼンノロブロイ、母シンハリーズ、栗東・石坂正

レッドリヴェール(牝2、父ステイゴールド、母ディソサード、栗東・須貝尚介

ワールドマッチ(牡2、父コンデュイット、母パーフェクトマッチ、栗東・中竹和也

ワイドアミーゴ(牝2、父サウスヴィグラス、母スイートブーケ、栗東・加用正

[もっと見る]

【2歳PHOTOコレ】リヴィダス 2013年05月07日(火) 11:00

リヴィダスシンボリクリスエス母グリッターカーラ母父フレンチデピュティ牝、鹿毛 2月4日生まれ美浦・鈴木康弘厩舎馬主:池谷誠一氏生産:ノーザンファーム4月19日撮影・産地馬体検査(早来)血統メモ:伯父フサイチリシャールは05年最優秀2歳牡馬、伯母ライラプスは05年クイーンC勝ち馬。祖母に99年4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)など重賞4勝のフサイチエアデール

★‘13−‘14POG開幕直前企画(PC推奨)はこちらから

[もっと見る]

⇒もっと見る

ライラプスの関連コラム

閲覧 1,179ビュー コメント 0 ナイス 7

学生団体「うまカレ」副代表の金沢ユウダイです。今週もよろしくお願いします。
先週の中山記念では、昨年の二冠馬ドゥラメンテが貫禄勝ち。皐月賞でもダービーでも4コーナーでは逆手前で走っていましたが、今回もそこは改善されず(^^;)しかし、コラムでも書いたように、やはり左手前での伸び脚の方が良いと思いますので、左回りで直線の長いドバイシーマクラシックでは、直線のどこで左手前に替えるのか(替えないかもしれませんが)注目して見てみたいと思います。普通に走れば勝てるでしょう。
2着アンビシャスと3着リアルスティールも例年の中山記念であれば楽に勝てていたパフォーマンスだったと思います。僕は「4歳四天王」などと呼んでいますが、サトノクラウンを加えた4頭はとてつもないハイレベル。今年の競馬が楽しみになる1戦だったと思います。コラムでは『「得意の左手前を活かせる右回りで器勝負のドゥラメンテvsコース適性+距離抜群のリアルスティール」という構図。続いて中山はベストではないが、能力ならドゥラメンテリアルスティールサトノクラウンと並んで4歳四天王といえるアンビシャス』と、最初に名前を挙げた3頭での決着。良かったです。(中山記念のコラムはこちら

さて今週からいよいよクラシックのトライアルがスタート。
近年の弥生賞は、エピファネイアキズナといった後のGIホースが馬券圏外となったり、アダムスピークシャイニングレイといった1番人気馬も敗れるなど波乱も起こりやすいレースとなっています。しかし、今年のクラシック世代は現4歳世代に負けず劣らずの超ハイレベルだと思っていて、波乱は考えにくいというのが結論です。

●器の違いで
リオンディーズはNureyev≒Sadler’s Wells4×3、Buckpasser6×6などパワー寄りのクロスを持っており500キロ近いガチッとした馬体ですが、母父スペシャルウィーク、父キングカメハメハの持つMill ReefやNijinskyで3代母父Habitatの血を増幅させているので、やはり母シーザリオ、兄エピファネイアのように雄大なフットワークから末脚を繰り出します。パワー型でダート馬に出てもおかしくないであろう配合から、こういうタイプを輩出できる母シーザリオの、更に突き詰めれば3代母父Habitatの遺伝力の強さを感じます。完全なエアスピネルの勝ちパターンを、能力だけで差し切った朝日杯は後世に語り継がれるであろう衝撃のパフォーマンスでした。
また、朝日杯は右手前1本で差し切ってしまったということも驚きです。もしリオンディーズが、ドゥラメンテとは反対に右手前が得意ということであれば、道中右手前を温存できる左回り(ダービー)ではどれほどのパフォーマンスを出して来るのか。想像すると恐ろしささえ覚えます。
ここは2000mへの距離延長は大歓迎、一歩が大きな馬なので、内回りという点で他のコーナリングの上手い馬とのハンデはありますが、それは先週のドゥラメンテも同じでした。能力の違いで差し切ってくれるのではないかと思っています。

●何でもできる万能性
マカヒキは柔らかさを伝えるディープインパクトに対して、パワーとRoyal Cherger(≒Nasrullah)、Princequilloを供給できるという点から成功しているディープインパクト×フレンチデピュティという配合。母母父Rainbow Coner→母父フレンチデピュティ→ディープインパクトと3代に渡りNasrullahとPrincequilloを継続して配合されており、走って当然といえる配合です。また、サトノダイヤモンドと同じくサザンヘイローを通じるHaloのクロスを持っているため、コーナリングもスムーズで競馬が上手というのが長所。リオンディーズを「距離A」「コース適性B」とするならば、マカヒキは「距離A」「コース適性A」で、器で挑むリオンディーズに対してこちらは万能性で挑むといったイメージです。弥生賞とは直接関係ありませんが、内目有利の馬場状態となることが多いダービーを考えると、マカヒキのような器用さは武器になりますよね。

コディーノのように
エアスピネルはBold RulerやTudor Minstrelのスピードを伝えるアイドリームドアドリームの牝系で、この牝系は器用さがあるのでエアシャカール(皐月賞)やエアメサイア(秋華賞)やエアシェイディ(有馬記念2年連続3着など)、エアアンセム(ホープフルS)など内回りでの好走が目立ちます。本馬も小刻みなピッチ走法で走るのでコーナリングは抜群に巧く、外回り<内回りであることは間違いないでしょう。(距離は合っていたとはいえ、コーナリングの上手さを活かせない外回りのマイル戦だった朝日杯で3着以下を6馬身離したパフォーマンスを見ると、もし中山マイルの朝日杯だったら楽勝だったはずなのです。それを距離不足ながら右手前一本で差し切るリオンディーズはどれほどの馬なのでしょうか。)
いかにもコディーノとイメージが被り、弥生賞や皐月賞は完成度と立ち回りの巧さで好走は可能、しかし距離が若干長いので勝ち切るのは厳しいといったところでしょうか。「距離B」「コース適性A」というイメージです。

●パワー&スタミナ
寒竹賞を制したタイセイサミットは、先週の阪急杯に出走していたミッキーラブソング(母コウイタ)やオメガヴェンデッタ(母ビハインドザマスク)らと同じ3代母ヴァインゴールドの牝系。この牝系は短距離を走るためのパワーを伝える牝系ですが、ドクターデヴィアスを経由すると、叔父ベールドインパクトのようにスタミナも受け継ぐ馬も出現しています。本馬がダイワメジャー×エンドスウィープという字面ながら2000mの500万を勝利したというのはこのスタミナが伝わっているからでしょう。分かりやすい言葉を使えば「バテない」、「長く良い脚を使える」タイプで、エアスピネルのスタミナが尽きたところにチョコッと差して3着、そんなイメージがあります。エアレーションで差しが決まりやすい馬場状態も合っているでしょう。

●珍しいクロスで、舞台は合っている
イマジンザットは、共同通信杯を制したショウナンアルバの半弟で、父がディープインパクトなのでQueen’s Hussar5×4という珍しいクロスができます。Queen’s HussarはFair Trial3×3、Fair Trialは優れたスピードや曲飛を伝えるので中山2000m替わりは歓迎でしょう。能力的には3強に及びませんが、コースは合っています。

●完成度の高さで
連闘で挑むアドマイヤエイカンは、フサイチエアデールライラプスフサイチエアデールなど早期から活躍できるパワーを伝えるラスティックベルの牝系で、本馬も2歳夏に重賞を制しました。好枠を引きましたし、この時期のレースでの「完成度」は侮れません。

【まとめ】
やはり、「中山はベストではないものの、器で勝負」のリオンディーズと、「器用で何でもできる」マカヒキの一騎打ちが濃厚。そこに距離は不安も、コーナリングが抜群に巧いエアスピネルと、タイセイサミットイマジンザットの2頭がどこまで加われるか。



----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2010年04月21日(水) 13:34 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第21話福島牝馬S(謎解き編)〜
閲覧 130ビュー コメント 0 ナイス 0

第21話 「福島牝馬S」

レース格としてはフローラSなのでしょうが馬券的には福島牝馬Sの方が面白いかなと思ってこちらにしました。

05年 37.4-37.4-34.6 =1.49.4 ▼4±0△4 平坦戦
06年 35.1-36.7-36.7 =1.48.5 ▼2△2△6 平坦戦
07年 33.8-36.7-36.1 =1.46.6 ▼2▼7△6 瞬発戦
08年 35.6-35.8-35.7 =1.47.1 △1△1△7 消耗戦
09年 38.0-38.5-37.2 =1.53.7 ▼2±0△9 平坦戦 不良

展開はもうバラバラでこれと決め打つのは困難かと思われます。
大雑把な傾向としては「3コーナーから(残り800m)のロングスパート戦になりやすい」でしょうか。
3コーナーから4コーナーにかけて若干の加速が生じるがその後はほぼ我慢比べ。
一瞬で脚が止まってしまうような馬は適性外で長く使える脚は必要でしょう。
07年はラスト2F目の区間で▼7の加速がありますがこれはテンの3Fが33.8秒というスプリント並みのハイペース。
なので逃げていた馬が直線待たずに後続とガラッと入れ替わったがための加速です。
とにかく瞬発力という武器はここではあまり発揮されない舞台なので瞬発特化タイプの馬というのは大きく割り引いてもいいでしょう。

脚質的には先行馬が圧倒的に有利ですが前走で先行していた馬の成績がそれほど良くありません。
前走では後方からレースをした馬でも今回先行して好走するというパターンもあるということです。
これがこのレースを難しくしている要因の一つでしょう。

前走という点においては中山牝馬S、愛知杯、阪神牝馬Sという牝馬限定レースからの好走確率が高い。
しかし、過去5年でこれらの組から参戦した馬は80頭中40頭と半分もいたのでそれほどあてになるデータとは言えません。
今年の登録メンバーを見ても前走で牝馬限定以外の馬というのは20頭中たった2頭しかいません。

前走の距離という点では今回延長組が不振で1800〜2000mというのがベター。
延長組でも馬券になった馬は06年のライラプスと08年のザレマの2頭だけ。
この2頭は前走はマイル以下のレースでしたが本来は中距離路線の馬でした。
なのでマイルまでの馬というのはマイナス材料ですね。

前走でもう1点。
前走平坦戦を使っていたという馬の成績が優秀です。
瞬発戦 1-0-2-25 勝率3.6% 複勝率10.7%
平坦戦 4-4-2-27 勝率10.8% 複勝率27.0%
消耗戦 0-1-1-10 勝率0.0% 複勝率16.7%
05年や08年は出走メンバーのほとんどが前走平坦戦だったので一概に重要視できるファクターではないかもしれませんがそれ以外の年に注目してみると

(開催年) (平坦戦からの出走頭数) (馬名と主な成績)
・06年 4頭 ロフティーエイム 1着/7人気
・07年 5頭 スプリングドリュー 1着/9人気 フラッグシップ2着/4人気
・09年 3頭 アルコセニョーラ 2着/11人気
と12頭中4頭が馬券になっていて波乱の立役者となっています。

今年の登録メンバーで前走平坦戦の馬は
ウエスタンビーナスキシュウグラシアショウナンラノビアダイワジャンヌフレンチノワール、ボンバルリーナ、ムードインディゴ
の7頭です。

ロングスパート適性と前走の距離というファクターを加えると
ダイワジャンヌムードインディゴ
が面白いかもしれません。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ライラプスの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ライラプスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ライラプスの写真

投稿写真はありません。

ライラプスの厩舎情報 VIP

2007年12月2日ターコイズステークス14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ライラプスの取材メモ VIP

2007年6月17日 マーメイドステークス G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。