フジテレビ賞スプリングステークス2017

2017年3月19日(

フジテレビ賞スプリングステークス G2

中山競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜フジテレビ賞スプリングステークス2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第66回フジテレビ賞スプリングステークス(19日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・内1800メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)松岡正海騎乗で5番人気のウインブライトがゴール前で抜け出し、重賞初勝利。皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に駒を進める。タイム1分48秒4(良)。1/2馬身差2着のアウトライアーズ、さらに1/2馬身差の3着プラチナヴォイスまでが皐月賞の優先出走権を獲得。1番人気に推された昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレスは4着に終わった。

 2歳王者も、後塵(こうじん)を拝していたライバルも蹴散らした。5番人気の伏兵ウインブライトが、堂々たる走りで快勝。検量室前に引き揚げてきた馬上の松岡騎手も、13年連続の重賞Vを飾り左手で力強くガッツポーズだ。

 「ソラを使う馬なので一生懸命に追わなきゃ、と。しまいを伸ばすことを課題に取り組んできたけど、その通りできた」

 道中は後方。サトノアレスなど人気馬を従えつつも「競馬の形が固まっていないし、馬の走りに集中した」。4コーナーで大外を回って直線に向くと、アクセル全開。鞍上のゲキに呼応して脚を伸ばし、抜け出していたプラチナヴォイスをかわすと、アウトライアーズの追撃も振り切った。

 同じ畠山厩舎の全姉ウインファビラスは一昨年の阪神JF2着馬。弟への期待も高かった。ジョッキーは入厩前に牧場で騎乗。「すごく走る」と期待していた。入厩後も何度もまたがって教育。手塩にかけて磨いてきた素質が開花しつつある。

 「攻め馬から矯正しながら乗ってくれていた。しっかり走っていたし、トライアルとしては十分」

 2013年NHKマイルC(マイネルホウオウ)以来の重賞Vを飾った畠山調教師も、人馬をたたえる。使いつつ増えていた馬体重はマイナス12キロとなったが「皐月賞に向けて、在厩できっちり調整します」と大舞台に向けて気合を入れた。「よりいい状態でいけると思う。まだ芯が入っていないなか、これだけの走り。どれだけ成長するのか」と飛躍を期待する。戦前の鞍上が「8分以上のデキ」という評価だっただけに、まだ上積みも見込めるはずだ。

 2歳王者サトノアレスが敗れ、混とんとしてきた3冠ロード。輝きを増したウインブライトが、混戦を断ちにいく。 (千葉智春)

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

【スプリングS】プラチナ粘り3着、課題は気性3月20日(月) 04:01

 第66回フジテレビ賞スプリングステークス(19日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・内1800メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)プラチナヴォイスは中団でリズム良く追走。勝負どころでは早めに動き、残り300メートルで先頭に立って粘り込みを図ったが、1、2着馬とは決め手の差が出て3着。それでも皐月賞の優先出走権はしっかりと獲得した。

 和田騎手は「目標があるうちはいいけど、なくなると内に行っちゃう(ささる)のでまともに追えていない。課題があるけど、能力的には通用する」と修正点を指摘しながらも、素質の高さをアピールした。

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【スプリングS】アレス4着、戸崎「スタートでつまずいた」3月20日(月) 04:01

 第66回フジテレビ賞スプリングステークス(19日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・内1800メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)昨年の2歳王者で1番人気に推されたサトノアレスは、スタートで後手に回り後方からの競馬。直線でも本来の鋭い末脚を発揮できず、4着に終わった。

 「スタートでつまずいたというか、滑るような感じでミスステップを踏み、勢いがつかずに後ろからになった」と振り返った戸崎騎手だが、「道中はいい感じで4コーナーもスムーズ。ただ、直線でもう一段階ギアがありそうだった。これを使って次は良くなると思う」と前向きな姿勢。本番でのリベンジが期待される。

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【スプリングS】アウト鋭伸2着!賞金加算が収穫3月20日(月) 04:01

 第66回フジテレビ賞スプリングステークス(19日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・内1800メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)2番人気アウトライアーズは、前半からウインブライトの内でぴったりとマーク。4コーナーでは先にウインに動かれたが、じわじわと末脚を伸ばして2着を確保した。

 「思ったよりペースが流れてくれたのでリズムは良かった。自分としてはもう少し切れるかと思ったが、最後は同じ脚いろだった。皐月賞は2000メートルなので、力みなく走れるかどうか」と田辺騎手。本番に向けての課題は折り合い面だ。

 小島茂調教師は、「賞金を加算できたので、2つのGI(皐月賞NHKマイルC)を使えるのでほっとした」と胸をなで下ろした。今後は在厩のまま皐月賞へ向かう。

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【スプリングS】レースを終えて…関係者談話3月20日(月) 04:01

 ◆Mデムーロ騎手(トリコロールブルー5着) 「勝ち馬の後ろで運べたが、最後はジリジリだった」

 ◆柴山騎手(エトルディーニュ6着) 「2、3番手に行きたかったが、ゲート内でイライラして行けず。折り合いは大丈夫だったが、最後まで我慢できなかった」

 ◆内田騎手(オールザゴー7着) 「ハナを主張したかったが、内((2)番)が行ったので2番手から。1800メートルでもやれないわけではないが、マイルぐらいの方が競馬はしやすそう」

 ◆シュタルケ騎手(ストロングレヴィル8着) 「いいポジションは取れたが、相手が強かった」

 ◆松若騎手(ダノンケンリュウ9着) 「スタートして少しノメるような走り。ダートの方が良さそう」

 ◆大野騎手(モンドキャンノ10着) 「前に壁を作れず、力みがあった。最後は走る気をなくした感じだった」

 ◆水口騎手(サウンドテーブル11着) 「出たなりで進めようと思っていた。強い馬と競馬をしたことが、今後のいい経験になれば…」

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】ウインブライトが重賞初Vで皐月賞へ 3月19日() 15:53

 3月19日の中山11Rで行われた第66回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳オープン、GII、芝・内1800メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライト(牡、美浦・畠山吉宏厩舎)が制して重賞初勝利を飾り、2着アウトライアーズ(2番人気)、3着プラチナヴォイス(6番人気)とともに、皐月賞(4月16日、GI、中山、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分48秒4(良)。

 レースはサウンドテーブルが引っ張り、オールザゴーモンドキャンノダノンケンリュウなどが続く展開。7番手から直線で内を突いたプラチナヴォイスが一旦、先頭に立ったが、後方3番手から末脚を伸ばしたウインブライトが差し切った。ほぼ同じ位置から追撃したアウトライアーズが1/2馬身差の2着。粘ったプラチナヴォイスがさらに1/2馬身差の3着だった。昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレス(1番人気)は出遅れが響いて最後方を追走し、4着止まり。トリコロールブルー(3番人気)は5着に終わり、騎乗していたミルコ・デムーロ騎手の日曜メインの連勝勝利は「6」で止まった。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は6戦3勝。スプリングSは、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「ソラを使っていたので、一生懸命追わなければならなかったですね。(さらに後方でレースを進めていたサトノアレスなどについては)まだ僕の馬は競馬(のスタイル)が固まってはいないので、気にしていませんでした。(デビュー時から)走ると思って、期待している馬です」

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

スプリングSの新着ニュースをもっと見る

 2歳王者のサトノアレスは春の嵐に見舞われた水曜追いを避けて、木曜追いに切り替えた。いかにも“念には念を”の藤沢和調教師らしい選択だ。

 美浦Wコースでいつものように、外シャドウチェイサー、中ダノンゴールドを相手に3頭併せの後方から。3頭いずれもきれいに等間隔を保ち、最後はインから馬なりで測ったように併入に持ち込んだ。寸分の狂いもない、“ザ優等生”の調教内容だった。

 「馬場が重くて少しモタモタしていたけど、予定どおりのけいこができた。前走後もスムーズ。穏やかな面はソウルスターリング(新馬→アイビーS→阪神JFチューリップ賞で無傷4連勝)より上くらい」と、藤沢和調教師は調整のしやすさを強調する。

 未勝利→ベゴニア賞→朝日杯FSの3連勝中もジワジワ体重を増やしていたように、「それだけまだ良くなっていっている証拠。とにかくしっかりしているディープインパクト。普通はこんなに使い込めない」。

 トレーナーの評価は依然として高く、V4で皐月賞への期待が高まる。(夕刊フジ)

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【スプリングS】雨中の猛デモ!インからアウトライアーズ 3月16日(木) 05:08

 フジテレビ賞スプリングステークスの追い切りが15日、東西のトレセンで行われた。美浦では4戦2勝のアウトライアーズが3頭併せで余裕たっぷりに併入。3カ月ぶりとなるが、力を発揮できる状態に仕上がった。栗東では朝日杯FS2着のモンドキャンノが軽快な動きを見せた。2歳王者のサトノアレスは16日に追い切る。

 悪条件でも走りに乱れはない。雨が舞う重馬場のWコースで、アウトライアーズが力強く水しぶきをあげた。自ら騎乗した小島茂調教師は満足げに笑みを浮かべる。

 「落ち着いて走れていたし、きょうは特に良かった。いい状態です」

 スプリングキャロル(500万下)、プラウドデイ(3歳未勝利)を5馬身以上追いかけてスタート。「離れていても追いつけると思ったし、促す必要もなかった」と話すほど楽な手応えで前の2頭に追いつき、内から馬体を併せた。4ハロン54秒0、3ハロン39秒8−12秒7で併入。馬場の悪さを感じさせないしなやかなフォームで、ゴールした後も余裕があった。

 「気負ってしまうところがある」という気性の難しさが課題だが、直線で他の厩舎の馬がさらに内で併走するような形になっても「よその馬が隣に来ても力まなかった。馬場も気になりませんでしたね」とトレーナー。「いかに負荷をかけつつ落ち着いて走らせるか」という陣営のテーマに満点の答えを出した。

 全4戦でコンビを組む田辺騎手は「まだコントロールの難しい面があるけど、能力は高い」とデビュー時から素質を高く評価。常に将来を見据えた競馬をしてきた。

 ここまで4戦2勝で、負けた2戦でも底を見せたわけではない。デビュー戦は鞍上が競馬を教える意味でも後方に控え、上がり3ハロン32秒9をマークして2着。2走前の百日草特別(3着)は勝ったアドマイヤミヤビが続くクイーンCも制し、2着カデナはその後に京都2歳S、弥生賞と連勝。クラシックで有力視される実力馬と接戦を演じた。前走のひいらぎ賞を快勝した後はトライアル一本に絞って成長を促され、心身ともにパワーアップした。

 この後は皐月賞NHKマイルCを視野に入れており、朝日杯FSの1、2着馬も出走する今回は、距離適性も含めて試金石の一戦になる。「相手も強いので、どれだけやれるか楽しみ」と指揮官。初めての重賞で力を示し、混戦ムードが漂うクラシック戦線の主役に躍り出る。 (藤沢三毅)

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリングS】エトルディーニュ、馬なり13秒03月16日(木) 05:07

 共同通信杯2着エトルディーニュは、Wコースの外側を進み、残り4ハロンから内のコマクサ(500万下)と併せ、馬なりで1馬身半先着した。タイムは5ハロン73秒3、3ハロン41秒6−13秒0。「時計は遅かったけど、馬場が悪かったからね。この中間は気を抜かずにやってきた。センスがいいので、コースも回りも問わない」と小桧山調教師は自信の表情だ。

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリングS】ウインブライト、1馬身先着 3月16日(木) 05:07

 若竹賞を楽勝したウインブライトはWコースで5ハロン68秒1、3ハロン37秒5−13秒2をマーク。直線では軽く仕掛けられて、ロンバルディア(500万下)の外から1馬身抜け出した。3週連続で追い切りに騎乗した松岡騎手は「先週しっかりやったのでピリッとしていた。晩成タイプでそんなに無理をしないで仕上げているけど、8分以上のデキまではきたし、現状でも好勝負できる力はある」と期待を込めた。

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリングS】モンドキャンノ、合格点12秒33月16日(木) 05:07

 モンドキャンノは、坂路で1本目4ハロン59秒5の後、メイトサン(3歳未勝利)を追いかけて併入。4ハロン53秒1−12秒3をマークした。「輸送があるので、ある程度、加減しました。でも、馬体が合うとグッとくるし、雰囲気はいいですよ」と安田隆調教師は合格点をつける。初距離については「折り合いさえつけば、伸びてくれる。道中で息をうまくためられれば」と語った。

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリングS】モンドキャンノ折り合いピタリ 3月15日(水) 13:47

 朝日杯FS2着のモンドキャンノ皐月賞はパスする予定。大目標はNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)だ。「今回は4つのコーナーがあるコースでいかに道中、脚をためられるか。次のためにもそんなレースをしてほしい」と安田隆調教師。

 栗東坂路でメイトサンを相手に、ラストまでやや余裕を残す形で半馬身先着。コントロールも利き、動きは上々だ。

 「(目一杯)併せるとガンと行くので、加減しながら。先週は大野騎手に乗ってもらい、癖を把握してもらった。距離を延ばしながら結果を出しているし、ここもクリアしてNHKマイルCへ向かいたい」。京王杯2歳Sに続く重賞制覇を9Fで決めれば、東京マイルでの戴冠が見えてくる。(夕刊フジ)

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 432ビュー

【ウマニティ】

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。
■阪神大賞典・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

■フジTVスプリングS・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

03月15日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月15日号】
閲覧 3,851ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年03月18日(土) 中京11R 中日スポーツ賞ファルコンステークス
【“JRAの重賞”において8着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-4-4-26](複勝率31.6%)
●なし [1-1-1-49](複勝率5.8%)
→重賞で善戦した経験のある馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、“JRAの重賞”において8着以内となった経験があるのは、コウソクストレートジョーストリクトリダイイチターミナルボンセルヴィーソの4頭だけです。


▼2017年03月18日(土) 阪神11R 若葉ステークス
【“同年、かつJRA、かつ芝のレース”における優勝経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [6-4-6-22](複勝率42.1%)
●なし [0-2-0-33](複勝率5.7%)
→年明け以降、かつ芝のレースにおける実績を重視したい一戦。前年やダートのレースでしか優勝経験がない馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
阪神芝2000m内×キングカメハメハ×牡およびセン
→複勝率36.6%、複勝回収率162%


▼2017年03月19日(日) 中山10R 千葉ステークス
【“前年か同年、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつ1200mのレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-2-19](複勝率34.5%)
●なし [0-0-2-33](複勝率5.7%)
→距離適性がポイント。また、馬齢が7歳以上だった馬は2013年以降[0-0-3-24](複勝率11.1%)と優勝争いに食い込めていません。


▼2017年03月19日(日) 阪神11R 阪神大賞典

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

03月13日(月) 10:38 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】フジTVスプリングS2017
閲覧 575ビュー

【ウマニティ】

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第66回 フジTVスプリングS GIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

03月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月12日号】
閲覧 1,881ビュー

伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2017年03月19日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600〜2000m、かつ出走頭数が9頭以上、かつ未勝利を除くレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-5-27](複勝率35.7%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 実績を素直に評価したい一戦。ダート、マイル未満、2000m超、極端な少頭数、さらに未勝利のレースでしか優勝経験のない馬は好走例がありません。特に注意が必要なのは新馬を勝っていない1勝馬。2016年5着のミッキーロケット(単勝2番人気)、2015年6着のブラックバゴ(単勝4番人気)、2014年6着のベルキャニオン(単勝2番人気)など、人気を裏切ってしまったケースが目立ちます。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 106ビュー

【青葉賞】東京芝2400m

単勝3倍未満の馬は信用してヨシ【4-1-1-1】
・3着以内馬の76.6%が差し・追込み馬、
近2走内の重賞戦以外では「上がり3位以内」はほぼ必須条件といっていい!
※30頭中29頭に該当

≪連対条件≫
2000m以上のレースで勝っている 
2000m以上の重賞で4着以内 
1800mの重賞で3着以内 
のどれかは満たしている。

≪穴をあけるなら≫
 Э裕ぐ焚爾寮績・関東馬【2-4-1-61】・関西馬【0-1-0-47】

≪好走条件≫
・近3走以内に芝で連勝をした馬【4-3-5-12】〇アドミラブル
・前走重賞・OPで⊃裕ぐ米發稜蓮5-1-3-4】※該当なし
・近2走でテン3位以内かつ上りも3位以内の競馬をした馬(近6年3着以内18頭中7頭)
 ○アドマイヤウイナー(大寒桜)○タガノアシュラ(すみれ)○ポポカテペトル(ゆきやなぎ)
・蛯名騎乗馬【2-2-0-5】
・内田騎乗馬【2-2-1-5】〇ダノンキングダム

≪凡走条件≫
・中2週以内の馬【0-0-1-37】▼キングズラッシュ▼ショワドゥロワ
・前走1600m以下【0-0-0-6】×アグネスウイン×ダイシンダクト
・前走ダート【0-0-0-25】×スズカロング
・休み明け【0-0-2-12】▼マイネルスフェーン▼ダノンキングダム×スズカロング×アグネスウイン
・ディープ産駒以外の460kg以下の小柄馬【0-0-2-22】▼マイネルスフェーン

≪血統≫
父サンデー系*母父ノーザン系 近10年3着以内30頭中12頭、複勝回収率220%以上
 ○トリコロールブルー ○ダノンキングダム ○ショワドゥロワ

最後のダービー挑戦権をかけて臨んでくること馬が多いが、
皐月賞敗退組など、中2週以内での挑戦は【0-0-1-37】まず難しい。
近年では最初から「ダービー」狙いの馬の好走多く、前走2200m以上で勝ってきた馬に注目☆

【見解】
ここはあまり馬券を賭けるつもりがないレースなので“ズバッ”と回答。
近5年の3着以内馬、15頭中14頭が前走2200m以上のレースを使っている。
該当しない1頭は前走弥生賞〔G供
◎近2年の勝ち馬は前走アザレア賞で「上がり最速」の1着馬:◎アドミラブル
◎4年連続で前走大寒桜賞の「上がり最速」の1着馬が馬券内:◎アドマイヤウイナー
〇近3年の3着馬は全頭(9頭)前走が「上がり最速」で2位の馬に−0.1秒以上の
差をつけている:〇アドマイヤウイナー〇アドミラブル
近年の傾向に当て嵌めると、至って簡単に2頭が絞り出された!
こんな簡単でいいの!?(笑)

〔怪しい!?人気馬〕
・前走スプリングS組【0-1-0-16】▼トリコロールブルー(推定2番人気)
・休み明け【0-0-2-12】▼マイネルスフェーン(推定4番人気)▼ダノンキングダム(推定7番人気)
・ディープ産駒以外の460kg以下の小柄馬【0-0-2-22】▼マイネルスフェーン(推定4番人気)
・近2走、500万クラスで上がり3位以内の無い馬▼イブキ(推定5番人気)

前走2200m以上のレースで勝ってきたのは
・アドマイヤウイナー ・アドミラブル ・イブキ ・ダノンキングダム ・ポポカテペトルの5頭
このうち、・アドマイヤウイナー ・アドミラブル ・ポポカテペトルはプラス材料しかない。
・ダノンキングダムは休み明けだが鞍上含めプラス材料が2つ。
穴なら関東馬で山吹賞ローテのサーレンブラントでしょうね^^

問題は馬場。近3年の3着以内馬全頭が、前走でも「上がり最速」だったのは
2400mにもかかわらず、当日も上がりが33秒台が出る馬場だったことが要因。
それが当て嵌まるなら、馬単1着アドミラブル→2着アドマイヤウイナー
またはワイド1点アドミラブル−アドマイヤウイナーを推奨する。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

銀色のサムライさん 4月20日(木) 21:27
2016-2017POG 総括
閲覧 35ビュー

来週から6週連続G1となりますので、
今のうちに今季POGの振り返りをしていきたいと思います。

今季のウマニティPOGは課金して20頭の馬が仮想オーナー馬となりました。
20頭それぞれの戦績と短評をどうぞ。


■トリコロールブルー(4戦2勝)

昨年7月の中京新馬戦を余裕たっぷりの手応えで勝ち切った時は、
「この馬で牡馬クラシックへ!」と意気込んでいたんですけど、
前走・スプリングSで想定外の5着に終わり、皐月賞への出走は叶わず…。

次走予定の青葉賞で日本ダービーの権利取りに挑みます。


■ジェニアル(2戦0勝)

セレクトセール出身。
トリコロールブルー同様、この馬も牡馬クラシック候補生として落札したんですが…。
脚元が弱く、未勝利脱出も厳しい状況になっています。


■ナニアヒアヒ(未出走)

マカヒキの半妹という良血馬。
年明けデビューになっても仕方ないのかな?と思っていたんですけど、
4月に入っても未出走のままになっているとは…。


■ポポカテペトル(4戦2勝)

昨年のスプリングSを勝ったマウントロブソンの全弟です。
ディープ産駒の割にはしぶとい脚を使える馬で、
マウントロブソン以上に距離の融通が利くのかな?と思っています。

次走予定は青葉賞。
トリコロールブルーなどを相手にしてどこまで戦えるのでしょうか。


■レーヴルシード(未出走)

レーヴディソールやレーヴミストラルなどが近親にいる良血馬。
まだゲート試験も受かっていないようなので、中央デビューは難しいかもしれません。


■フュージョンロック(2戦0勝)

須貝厩舎のステイゴールド産駒。
早期デビューが決まっていたので、即戦力系のPOG馬として注目していました。
でも、昨年6月にデビューして以降、出走体勢がなかなか整いません。


■ゴールドヘリテージ(1戦0勝)

矢作厩舎の馬なので、使い込める馬ならポイントを稼いでくれるのでは?と思っていましたが、
デビューしたのは4月9日の福島戦と大幅に遅れてしまいました。


■ミッキークルソラ(7戦0勝)

クルミナルやピオネロの妹にあたります。
昨年9月にデビュー。新馬戦は1番人気に支持されましたが、10着に敗れました。
ダート戦を使ったり、芝1200mを使ったり、と試行錯誤しているようですけど、
思うような結果を残せていません。


■マイネルズイーガー(7戦1勝)

新種牡馬・アイルハヴアナザー産駒の期待馬でした。
昨年12月に勝ち上がって以降、500万条件でも上位争いを続けています。
現在は骨折で戦線離脱中。


■ウインミストレス(10戦1勝)

デビュー以降、大敗続きだったので、中央での勝ち上がりは厳しいとみていましたが、
10戦目となった4月1日の中山戦で見事勝ち上がりました。
現在は放牧中。夏競馬期間中に復帰してくれそうです。


■バイコースタル2014(未出走)

ティルナノーグの全弟。
高い素質を持ちながら大成できなかった兄の分まで頑張って欲しかったんですけど、
馬名登録もされていないので、競走馬としてデビューするところまでいかなかったようです。


■ノヴァルーナ(未出走)

2016年のトレーニングセールで最高落札額を記録した馬です。
トレーニングセール出身なので即戦力と考えていましたが、まだデビューしていません。


■ピスカデーラ(7戦1勝)

4戦目で勝ち上がったのですが、500万下に昇級してから頭打ち、という状況。
もっと走れる馬だと思ってるんですけど、なかなかうまくいきませんね。

今週のフローラSに出走が確定。
荻野極騎手とのコンビでオークスの権利取りを目指します。


■マイネルクラース(6戦0勝)

立ち回りが上手くない割には直線で長い脚が使えない、という乗り難しいタイプです。
ステイゴールド産駒なので、どこかで大化けしてくれないかなぁ〜と淡い期待を抱いています。


■コロニアルスタイル(2戦1勝)

新馬戦でいきなり2着に入り、2戦目できっちりと勝ち上がってくれました。

次走予定は5月頭の東京ダート戦。
奥の深そうな馬なので、昇級して即通用するとは思えませんが、
今後にメドの立つ走りを見せてくれれば、と思っています。


■マイネルストラトス(8戦0勝)

6戦目まで中央で走っていましたが、
ここ2走は南関で走っていて、2連続3着とまずまずの結果を残しています。


■ダンツシリアス(4戦0勝)

ブリーズアップセール出身。
即戦力として期待していたんですけど、4戦すべて勝ち馬から1秒以上離されてしまっています。


■シゲルタイガー(10戦0勝)

いつも良い手応えで直線に向くのですが、追ってから味が出ないんですよね…。
今週日曜東京4Rに出走しますけど、どうでしょうか。


■シゲルヒョウ(2戦0勝)

昨年のサマーセール出身。
昨夏の新馬戦では2番人気だったんですけど、なかなか使い込めず…。


■ペイシャフローレス(5戦0勝)

今週の福島牝馬Sに出走するペイシャフェリスの半妹です。

昨年7月にデビューしたものの、結果は低空飛行…。
前走は川崎競馬に出走しましたが、8着に敗れています。



過去のPOGとは違い、
大手クラブ所属の良血馬も狙っていたのですが、思うような結果を残す事はできませんでした。

また、即戦力と考えていた馬たちも順調にレースを使う事ができず、
POG期間序盤〜中盤にポイントを加算できなかった事も痛かったです。

現時点での望みは青葉賞に出走するトリコロールブルーとポポカテペトル。
アドミラブルという強力なライバルがいますので、厳しい戦いになると思いますが、
2頭のワンツーフィニッシュでダービーの権利取り♪となってくれる事を願っています。

[もっと見る]

ドキドキ馬券さん 4月20日(木) 12:37
皐月賞
閲覧 53ビュー

また、いつもの癖でメインレースだからといって三連単&三連複を買ってしまった。
買った直後に冷静に考えたら、間違いなく外れるパターンだと思い直した。

スプリングステークス
1着◎ウインブライト
2着▲アウトライアーズ
3着ノーマーク
三連系を買ってしまい撃沈。

フラワーC
1着◎ファンディーナ
2着▲シーズララバイ
3着ノーマーク
三連系を買った直後に後悔し、スプリングステークスの反省から馬単を追加購入して◎→▲的中( ・∇・)



が、今回皐月賞では三連複&三連単買ってしまった以上買い目が多くなってしまった。

どーしよ…

○ファンディーナオッズに妙味なし。
○ファンディーナそこまで人気オッズになる馬でもないしな。

◎▲単勝追加しとくしかないか…
◎サトノアレス
▲アルアイン

△ペルシアンナイト
△ウインブライト
にワイドや馬連流したいけど、三連系買ってしまったので買い目が多くなって嫌だな…


結果…


▲アルアイン来たーーーヽ(・∀・)ノ


これからはメインレースだからと言って浮わつかずに三連系は控えようと思います。毎週同じことの繰り返しになってしまう。自分との闘いだね。

[もっと見る]

4papaさん 4月18日(火) 20:07
皐月賞の時の思考
閲覧 79ビュー

まず、完全な思い込み意見なので、読むのが嫌になったら、飛ばして下さい。

当日新聞を見たときに、凄い違和感を感じる事がありました。

それは、推定タイムが1:58:8となっていた点です。(本当にこんなタイムがでるの?と思いました。)

このタイムで走れそうな馬って、そんなに沢山いないんじゃないかな?と。

そういう観点で新聞を見返すと、まず、京成杯・弥生賞組は全滅。

コマノインパルスで4秒弱、カデナで5秒弱・・・流石に無理なんじゃないと思いました。

この考え方で、まず浮上したのがアルアインでした。

続いてスワーヴリチャード・レイデオロ・ファンディーナ・スプリングステークス組・ペルシアンナイト・クリンチャー・アダムバローズ・トラストになりました。

ここから、ぶっつけ本番の馬を切ると、18頭→10頭になりました。

ここに恐るべしU指数を当てはめると、ファンディーナ・ペルシアンナイト・アルアインしか残せません。

3着のダンビュライトは、全く予想が出来ずでしたが(でもU指数4位・・・マジか!)、何とかなりました。

ただ、改めてU指数の恐ろしさを思い知らされました。

今後はもう少し信じてみようと思ってます。

そして、15着まで1:59:0を切ってる結果にも、驚きました。

今までと違う中山競馬場になってたんですね。

以上、失礼しました。

ではでは・・・

[もっと見る]

グラニースミスさん 4月18日(火) 13:47
所詮は結果論の皐月賞振り返り
閲覧 52ビュー

こんにちは!グラスミです\(^o^)/

午前中は台風みたいな天候でした
そして午後は、なんだか暑くなってきました
四季折々の気候ってよりも、熱帯雨林気候ですね
そのうちにジャングルのようになったりした(;^_^A

さて皐月賞 外しました(´Д`)ハァ…
ファンディーナに流されましたね
アルアインは、買えないわけではありませんでしたが、結果ですからね・・・

競馬新聞を眺めていると
勝ったアルアインの枠は→皐月賞トライアルではない枠
2着になったペルシアンナイトの枠→皐月賞トライアルではない枠でした

3着枠はいずれも皐月賞トライアル3着枠でした
若葉Sが2着までですから、納得です。

さてファンデーナですが、やはりフラワーCを使っていたことをもっと重視すべきでした。
前日にスプリングSが同馬場、同距離でありましたから、
牝馬限定重賞を使ったことを冷静に見るべきでした


今週はG気お休みです
開催も変わりますから、またまた修行です


では

[もっと見る]

landrさん 4月18日(火) 08:50
2017_皐月賞反省会他雑文
閲覧 45ビュー

先日、4月から競馬ができなくなる云々と書きましたが、実は5月からまたまた生活が変わり(具体的に言えば、土日休みとなる)、競馬が再開できる見込みです。正確に申し上げると、今週から。
ただ、これは、アクシデントに近くて、健康と引き換えに現在の生活を切り替えざるを得なくなった…と言いますか。競馬が再びできるようになるのは、不幸中の幸いなのです。皆さんも健康にはご注意ください。
ちなみに、やってしまったのは右腕と腰。今は安静加療中で4月いっぱい療養予定。5月には阪神競馬場に行けるくらい回復すればいいなあ(←いや、それ以上に、仕事に行けるようにしろよ)

ここ3週ほど、時間も取れず、見るも恥ずかしい予想を並べ立ててしまい(当たる当たらないは別として)、こんな適当予想しかできないのならば、競馬をやめた方がいいんじゃないかとまで考えました。
しかし、競馬予想する時間がほとんどとれなかったこと引き換えに、案外とホッとしていた自分もいます。悪い意味ではないのですが、あまりにも競馬に時間を取られ過ぎてしまっていたのだなあ、と。競馬に縛られなかった日常は、ある意味、安ど感もありました。

晴れて、競馬予想に復帰できることになったとはいえ、以前と同じスタンスでは焦燥感に駆られて、膨大な時間を費やしてしまう(見合うリターンも少ない)。このあたりを考えながら、予想をしていきたいと考えています。だって「競馬予想しているときしか充実感がない」と言うのも寂しいものですしね。それに気づいただけでも、満足な競馬ができなかった3週間は意味があったように思います。

ちなみに、桜花賞・皐月賞は予想はしたものの、大外れでした。皐月賞なんてかすりもしなかった。
桜花賞は当然のことながら、ソウルスターリング中心。重馬場考慮して、アドマイヤミヤビをちょっと下げたまでは良かった。ただねえ、ソウルスターリングが勝負づけ済んだようなリスグラシューやレーヌミノルの軍門に下っちゃいますか…難しいですね。ちなみに、アドマイヤミヤビはオークスで見直し。ファンディーナが「やっぱりオークスにします」とこちらに出てくれば本命視もあり。

皐月賞では、いろいろと疑問な弥生賞組を軽視してスプリングSを重視しましたが、裏街道の毎日杯とアーリントンカップでワンツーとは…。いや、言い訳っぽいですが、ペルシアンナイトも相当評価している馬です。
アルアインも後から振り返れば、毎日杯のタイムがキズナやディープスカイと変わらないもので、浮上の余地は十分あったのですよね。ただ、毎日杯に限って言えば、あまりにもサトノアーサーに目を向け過ぎていた感があります。
しかし、アルアインはジェニュイン臭がする(笑)ダービーは現時点では予測不可能。皐月賞で一番強かったのは、ぶっつけで鬼脚使っているレイデオロ。しかし、中山限定疑惑はぬぐえず(笑)また、アルアインでこれなら、サトノアーサーも大期待にはなりますな。大寒桜を勝ちきったアドマイヤウイナーにちょっと本格気配も感じられます。どちらにしろ、トライアルを見てから。

今週はG1もなくて、中休み。リハビリにはちょうど良い感じです。
フローラステークスは、フローレスマジックとホウオウパフュームが普通に強い。
マイラーズカップは、両スピネルとイスラボニータが人気するでしょうが、注目は1年ぶりで連覇狙うクルーガー。しかし、そう考えて去年の結果を見ると、フィエロこそ健在ですが、世代交代が著しいなあと感じる。

[もっと見る]

会員登録はこちら

●フジテレビ賞スプリングステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜フジテレビ賞スプリングステークス2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 10 87.2 ウインブライト 牡3 56.0 松岡正海 畠山吉宏 美浦 460(-12) 8.1 5 1.48.4
2 7 8 86.8 アウトライアーズ 牡3 56.0 田辺裕信 小島茂之 美浦 482(0) 3.5 2 1.48.5 1/2
3 6 7 89.1 プラチナヴォイス 牡3 56.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東 504(-6) 19.3 6 1.48.6 1/2
4 7 9 87.5 サトノアレス 牡3 56.0 戸崎圭太 藤沢和雄 美浦 500(0) 3.2 1 1.48.7 3/4
5 8 11 88.1 トリコロールブルー 牡3 56.0 M.デムー 友道康夫 栗東 484(-4) 3.9 3 1.48.7 クビ
6 5 5 88.5 エトルディーニュ 牡3 56.0 柴山雄一 小桧山悟 美浦 482(-2) 24.6 8 1.49.0 1 1/2
7 3 3 83.3 オールザゴー 牡3 56.0 内田博幸 矢作芳人 栗東 472(-8) 21.4 7 1.49.4 2 1/2
8 4 4 74.2 ストロングレヴィル 牡3 56.0 A.シュタ 堀宣行 美浦 482(-6) 67.9 9 1.50.6
9 1 1 78.2 ダノンケンリュウ 牡3 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 472(0) 129.3 10 1.50.6 ハナ
10 6 6 93.9 モンドキャンノ 牡3 56.0 大野拓弥 安田隆行 栗東 474(+2) 8.0 4 1.50.7 3/4
11 2 2 76.9 サウンドテーブル 牡3 56.0 水口優也 崎山博樹 栗東 486(+2) 268.7 11 1.51.8
ラップタイム 12.6-11.7-12.1-12.2-11.7-11.8-12.1-11.8-12.4
前半 12.6-24.3-36.4-48.6-60.3
後半 59.8-48.1-36.3-24.2-12.4

■払戻金

単勝10 810円 5番人気
複勝10 250円 5番人気
8 160円 2番人気
7 440円 7番人気
枠連7-8 260円 1番人気
馬連8-10 1,350円 6番人気
ワイド8-10 440円 5番人気
7-10 1,760円 23番人気
7-8 1,110円 14番人気
馬単10-8 3,330円 15番人気
3連複7-8-10 6,670円 27番人気
3連単10-8-7 34,730円 132番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜フジテレビ賞スプリングステークス2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月19日の勝ち組
3/19 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 フジテレビ賞スプリングステークス
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ともき℃ ともき℃ Lv 48 50% 3335% 647,000円 なし
2位 ryo-pan ryo-pan Lv 64 50% 1095% 358,300円 なし
3位 ブラフマン ブラフマン Lv 68 50% 1736% 327,300円 なし
4位 啼狩侍 啼狩侍 Lv 86 30% 253% 184,340円 なし
5位 やらずもがな やらずもがな Lv 86 20% 199% 199,870円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月19日の勝ち組
3/19 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 フジテレビ賞スプリングステークス
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 やらずもがな やらずもがな Lv 86 20% 199% 199,870円
2位 ウマニティ編集長 ウマニティ編集長 Lv 71 50% 322% 89,000円
3位 長者萬太郎 長者萬太郎 Lv 102 50% 540% 66,000円
4位 Sui. Sui. Lv 62 25% 269% 50,900円
5位 風穴パキューン 風穴パキューン Lv 95 23% 162% 130,430円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜フジテレビ賞スプリングステークス2017〜

2016年 フジTVスプリングS 2016年3月20日() 中山11R 芝1800m 良 11頭

フジテレビ賞スプリングステークス2016

1着 1 マウントロブソン 8.0倍(4人気) A.シュタルケ 1:48.1 95.6
2着 4 マイネルハニー 9.4倍(5人気) 柴田大知 クビ 95.6
3着 10 ロードクエスト 1.7倍(1人気) 池添謙一 クビ 94.9
単勝 1 800円(4人気) 3連複 1−4−10 1,690円(6人気)
馬連 1−4 3,390円(11人気) 3連単 1→4→10 19,380円(65人気)

2015年 フジTVスプリングS 2015年3月22日() 中山11R 芝1800m 良 12頭

フジテレビ賞スプリングステークス2015

1着 1 キタサンブラック 12.3倍(5人気) 北村宏司 1:49.1 93.6
2着 6 リアルスティール 2.0倍(1人気) 福永祐一 クビ 93.6
3着 8 ダノンプラチナ 3.5倍(2人気) 蛯名正義 3/4 93.0
単勝 1 1,230円(5人気) 3連複 1−6−8 1,180円(3人気)
馬連 1−6 1,090円(4人気) 3連単 1→6→8 10,310円(33人気)

2014年 フジTVスプリングS 2014年3月23日() 中山11R 芝1800m 良 15頭

フジテレビ賞スプリングステークス2014

1着 2 ロサギガンティア 5.6倍(3人気) M.デムーロ 1:48.4 101.1
2着 4 アジアエクスプレス 2.3倍(1人気) 戸崎圭太 1 1/4 99.8
3着 10 クラリティシチー 6.3倍(4人気) 内田博幸 クビ 99.8
単勝 2 560円(3人気) 3連複 2−4−10 1,890円(4人気)
馬連 2−4 850円(3人気) 3連単 2→4→10 10,010円(21人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/17
フジTVスプリングS
中山 16 ロゴタイプ 3.4倍 1 C.デムーロ 1:47.8 96.3
2012/03/18
フジTVスプリングS
中山 14 グランデッツァ 6.0倍 3 M.デムーロ 1:50.7 101.8
2011/03/26
スプリングS
阪神 18 オルフェーヴル 4.7倍 1 池添謙一 1:46.4 100.0
2010/03/21
フジTVスプリングS
中山 15 アリゼオ 6.0倍 2 横山典弘 1:48.2 95.9
2009/03/22
フジTVスプリングS
中山 16 アンライバルド 2.3倍 1 岩田康誠 1:50.8 94.7
2008/03/23
フジTVスプリングS
中山 16 スマイルジャック 14.1倍 6 小牧太 1:48.9 96.3
2007/03/18
フジTVスプリングS
中山 11 フライングアップル 2.3倍 1 横山典弘 1:49.0 93.7
会員登録はこちら

●フジテレビ賞スプリングステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜フジテレビ賞スプリングステークス2017〜

スプリングステークスは、1952年にクラシック競走である皐月賞の前哨戦として4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の別定重賞競走、スプリングステークスとして創設。第1回スプリングステークスは現在とは違い東京競馬場の芝1800mで施行された。

1958年からは皐月賞トライアルに指定され上位5着までに入賞した競走馬には皐月賞の優先出走権が与えられるようになり負担重量を定量に変更。さらに施行場を中山競馬場の芝1700mに変更。1960年から現在の芝1800mに変更した。

1984年のグレード制施行によりGIIに格付け、1991年には優先出走権の見直しにより上位3着までに入賞した競走馬に皐月賞の優先出走権が与えられるように変更された。

スプリングステークスは皐月賞トライアルの中で一番歴史のある競走で、弥生賞とともに皐月賞の重要な前哨戦として位置付けられている。

GII格付け以後の優勝馬には、ミホノブルボンナリタブライアンバブルガムフェロータニノギムレットネオユニヴァースメイショウサムソンアンライバルドオルフェーヴルなど後の活躍馬が多数。

☆スプリングステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年4月29日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2017年4月30日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2017年4月29日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2017年4月30日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
119,049万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 レーヌミノル 牝3
21,509万円
2 アルアイン 牡3
18,273万円
3 ソウルスターリング 牝3
15,173万円
4 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
5 リスグラシュー 牝3
11,726万円
6 カデナ 牡3
10,012万円
7 サトノアレス 牡3
9,945万円
8 レイデオロ 牡3
9,477万円
9 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
10 カラクレナイ 牝3
8,368万円
» もっと見る