ネオリアリズム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ネオリアリズム
ネオリアリズム
ネオリアリズム
ネオリアリズム
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年3月22日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[8-1-2-7]
総賞金23,355万円
収得賞金17,650万円
英字表記Neorealism
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
トキオリアリティー
血統 ][ 産駒 ]
Meadowlake
What a Reality
兄弟 リアルインパクトアイルラヴァゲイン
前走 2017/04/30 Qエリザベス2世C G1
次走予定

ネオリアリズムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/30 香港 8 QE2世C G1 芝2000 8--------1** 牡6 57.0 J.モレイ堀宣行510(--)2.04.5 -0.1----パキスタンスター
17/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 11117.131** 牡6 57.0 M.デムー堀宣行514(+15)1.47.6 -0.134.3サクラアンプルール
16/12/11 香港 7 香港マイル G1 芝1600 14--------9** 牡5 57.0 R.ムーア堀宣行499(--)1.34.0 0.6----ビューティーオンリー
16/11/20 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871514.073** 牡5 57.0 R.ムーア堀宣行502(+6)1.33.2 0.135.6ミッキーアイル
16/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1671317.251** 牡5 57.0 C.ルメー堀宣行496(-18)2.01.7 -0.336.9モーリス
16/07/17 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1661210.346** 牡5 55.0 K.ティー堀宣行514(-2)1.59.9 0.935.7⑩⑩⑩⑩マイネルミラノ
16/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166118.553** 牡5 55.0 岩田康誠堀宣行516(+20)1.46.8 0.135.0⑬⑬⑦⑤アルバートドック
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 14346.747** 牡5 55.0 戸崎圭太堀宣行496(-4)2.01.7 0.533.5④④④⑤ヤマカツエース
15/11/29 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 138136.241** 牡4 57.0 R.ムーア堀宣行500(-6)1.46.4 -0.233.3⑬⑬⑫イサベル
15/10/25 東京 10 甲斐路S 1600万下 芝1800 11222.416** 牡4 57.0 C.デムー堀宣行506(-4)1.47.7 0.433.5⑨⑧⑧シュンドルボン
15/09/05 札幌 12 日高特別 1000万下 芝2000 16591.611** 牡4 57.0 C.ルメー堀宣行510(-4)2.02.2 -0.236.5⑥⑦⑦⑦マイネグレヴィル
15/08/02 札幌 7 3歳以上500万下 芝1800 11552.821** 牡4 57.0 C.ルメー堀宣行514(+4)1.46.5 -0.533.5⑥⑥⑥⑤ヒルノマテーラ
15/03/14 中山 9 館山特別 1000万下 芝2000 8441.914** 牡4 57.0 戸崎圭太堀宣行510(-4)2.01.5 0.636.1ロードエフォール
15/02/21 東京 9 調布特別 1000万下 芝2000 148135.324** 牡4 56.0 戸崎圭太堀宣行514(+18)2.00.8 0.034.6④④④フェスティヴイェル
14/05/17 東京 9 夏木立賞 500万下 芝2000 12684.021** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行496(-8)2.00.4 -0.333.8④④ホルボッシュ
14/04/27 東京 5 3歳未勝利 芝2000 18482.011** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行504(-4)2.03.0 -0.134.3レッドレギオン
14/04/06 中山 5 3歳未勝利 芝2000 187148.632** 牡3 56.0 津村明秀堀宣行508(-6)2.03.1 0.037.0④④レッドグルック
14/02/24 東京 5 3歳新馬 芝1800 16113.3213** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行514(--)1.55.5 2.135.1⑦⑧⑨レッドソレイユ
14/02/10 東京 6 3歳新馬 芝1600 1624----** 牡3 56.0 F.ベリー堀宣行---- ------シングンジョーカー

ネオリアリズムの関連ニュース

【今日のキラ星】アンフィトリテ

2017年9月18日(月) 05:07

 【中山5R】叔父に安田記念などGI2勝のリアルインパクト、香港GIクイーンエリザベス2世C勝ちのネオリアリズムがおり、底力豊富な母系だ。坂路で入念に乗り込まれ、2週続けて年長馬に先着と仕上がりは上々。「スピードがありそうだし、能力は水準以上。前向きな気性からも短い距離は合うと思う」と宗像調教師も素質を高く評価している。

サトノクラウン&ネオリアリズム、天皇賞・秋で始動2017年9月7日(木) 05:01

 美浦・堀厩舎のGI馬2頭の秋の始動戦が決定した。宝塚記念を制したサトノクラウン(牡5)は、天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)でGI3勝目を狙う。その後は国内のレースに専念する見込み。キ甲のすぐ後ろの骨の部分に痛みが出たため、連覇を狙った札幌記念を回避したネオリアリズム(牡6)も登録していた豪GIコックスプレート(10月28日、ムーニーバレー、芝2040メートル)には向かわず、天皇賞・秋に参戦する。

 また、天皇賞・春5着のアルバート(牡6)は、産経賞オールカマー(24日、中山、GII、芝・外2200メートル)で復帰。豪GIメルボルンC(11月7日、フレミントン、芝3200メートル)への出否は、レース後に判断される。いずれも鞍上は未定。

サトノクラウンの競走成績はこちら★ネオリアリズムの競走成績はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】モーリスの全弟ルーカス登場2017年8月19日() 13:38

 【札幌5R】ルーカスは16年天皇賞・秋、香港カップなどGIを6勝した名馬モーリスの全弟。10日には函館芝コース5F65秒0でネオリアリズムと併入し、16日も同期に1馬身先着した。「10日に初めてトップスピードに入れたけど、まずまず動けていた。子供っぽいところはあるけど、レースで集中して走れれば」と、渡辺助手も好発進を期待する。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【札幌記念】モレイラも合格点!ロブソン1馬身半先着 2017年8月18日(金) 05:07

 夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

 北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

 「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

 朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6−12秒6で1馬身半先着した。

 11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

 手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

 日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン(香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

 「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。 (千葉智春)

★札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

モレイラ・メモ

 ◆連勝 昨年の8月27日・札幌12Rから翌28日の札幌9Rまで、騎乗した7頭ですべて1着。JRAでは武豊騎手に次ぐ、史上2人目の騎乗機会7連勝を成し遂げた。今年3月5日には、香港・シャティンで一日8勝を記録している。 ◆毎年記録更新 現在の拠点である香港では、2014/15シーズンに145勝を挙げて従来の年間最多勝記録(114勝=ホワイト騎手)を大幅に更新。15/16シーズンは168勝、16/17シーズンは171勝を挙げ、自身の記録を次々と塗り替えている。 ◆雷神 “マジックマン”のニックネームがついているが、香港では漢字で「雷神」というあだ名も。すさまじい勝ちっぷりと、モレイラの漢字表記である「莫雷拉」が由来とされる。

ジョアン・モレイラ(Joao Moreira)

 1983年9月26日生まれ、33歳。ブラジル出身。2000年に同国でデビューし、13年からは香港を拠点。“マジックマン”と呼ばれる鮮やかな手綱さばきで、香港で14/15シーズンから3年連続リーディング首位。日本馬ではモーリス(16年チャンピオンズマイル)、サトノクラウン(16年香港ヴァーズ)、ヴィブロス(17年ドバイターフ)、ネオリアリズム(17年クイーンエリザベス2世C)でGI4勝。15年にワールドオールスタージョッキーズ優勝。JRA89戦26勝。1メートル65、52キロ。

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】ルーカス2017年8月18日(金) 05:01

 GI6勝馬モーリスの全弟。先週は併せ馬でGI馬ネオリアリズムに食い下がり、16日は函館芝コースで余力を残し5ハロン67秒9−13秒0をマークした。「いい雰囲気があるが、まだ子供っぽい。モーリスのようにどっしりとした感じがない」と渡辺助手は慎重だが、「やるごとに良くなっている。チークピーシズを着けて先週より集中して、しまいも動けるようになった」と話し、臨戦態勢は整った印象だ。

ルーカスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】超良血が激突!ルーカスvsリシュブール 2017年8月17日(木) 11:12

 20日、札幌記念デーの芝1800メートル戦で注目の超良血が激突する。’15年度代表馬モーリスの全弟というスペシャルなルーカスに対し、リシュブールは名牝エアグルーヴの血を受け継ぐ名門ファミリーの出身。北都でどちらが最高のスタートを決めるか、見逃せない。

 ルーカス(牡、美浦・堀厩舎、父スクリーンヒーロー)は先月21日に函館に入り、今月10日芝コース(5F65秒0)でネオリアリズムの胸を借りて併入と、素質の片鱗を見せつけた。

 「(先週は)馬場が重くて、トップスピードに上げたのも初めて。それを考えたらよく動けていた。臆病な面があったりモーリスと比べたらさすがに子供っぽいけど、集中して走ってくれれば」と渡辺助手。兄と香港GIチャンピオンズマイルを勝った“マジックマン”モレイラとのコンビでV発進を決めたい。

 強敵となるのはキングカメハメハ産駒のリシュブール(牡、栗東・藤原英厩舎)。母ラストグルーヴは名牝エアグルーヴ(天皇賞・秋、オークス)の最後の牝駒だ。

 その素質はしっかり受け継がれ、「(母父の)ディープインパクトの軽さだけじゃなく、キングカメハメハの重厚感もあってかなり走りそう。今の時点でもクラシックを意識させる」と、田中博助手も相当な惚れ込みよう。福永騎手で勝負だ。(夕刊フジ)

ルーカスの競走馬情報はこちら★リシュブールの競走馬情報はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ネオリアリズムの関連コラム

閲覧 2,266ビュー コメント 1 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 札幌記念 2017年08月20日(日) 札幌芝2000m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1800m以下の重賞”において3着以内となった経験の有無(2012年、2014〜2016年)】
○あり [4-4-3-24](複勝率31.4%)
×なし [0-0-1-23](複勝率4.2%)

 2012年以降、かつ札幌芝2000mで施行された年(2012年、2014〜2016年)に限ると、好走馬の大半は“JRA、かつ1800m以下の重賞”で3着以内となった経験がある馬。2000m以上の重賞にしか実績のない馬は人気を裏切りがちでした。2000m超のレースが少ない時期であるせいか、この条件に引っ掛かってしまう馬は意外と多いので気を付けましょう。

主な「○」該当馬→エアスピネルサクラアンプルール
主な「×」該当馬→アングライフェンサウンズオブアースツクバアズマオー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○2012年、2014〜2016年に限ると「“同年、かつJRAの重賞”において3着以内となった経験がある」馬は[4-4-4-20](複勝率37.5%)
主な該当馬→エアスピネルサクラアンプルール

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年4月27日(木) 11:45 甘粕代三
【香港QE2世C】ジョアン・モレイラ騎手インタビュー〜ハナにはこだわらないネオリアリズムの先行力は絶対的に有利
閲覧 1,446ビュー コメント 0 ナイス 6

今年の香港クイーンエリザベス2世カップに遠征する日本馬は残念なことにネオリアリズムの1頭だけになってしまったが、その鞍上には香港では“雷神(モレイラの中国名「莫雷拉」に因むニックネーム)”との異名で恐れられる香港一、いや世界屈指のジョッキー、ジョアン・モレイラを迎えた。昨年の香港ではチャンピオンズマイル、香港カップモーリスを2度、そして先月のドバイではヴィブロスを栄冠に導いた日本馬最強の助っ人に勝算を直撃した。(取材・文/甘粕代三)


――久しぶり! 先月25日のドバイターフで会って以来だね。素晴らしいレースだった。ヴィブロスも佐々木主浩オーナーもジョアンに感謝しているよ。

ジョアン・モレイラ(以下、モレイラ) ありがとう。おかげで最高のレースができた。これはあの時に使ったステッキなんだけど、レースの日には渡せなかった。佐々木オーナーにプレゼントしてくれるかな。

――もちろん。ドバイターフの後も同じ鞭を使ってワールドカップに騎乗、レース直後には空港に直行して翌日には香港で騎乗したんだよね。だから、表彰式の後には会えなかった。仕方ないよ。お預かりします。

モレイラ そうなんだ。表彰式前に佐々木オーナーから記念に鞭を、と言われたんだけど、そんな訳で約束が果たせなかったんだ。これで安心できるよ。佐々木オーナーにはいい馬に乗せてもらって感謝している、と伝えてほしい。

――ドバイワールドカップデーには日本馬2頭に騎乗して、次なるG1の舞台、クイーンエリザベス2世カップでも日本馬、ネオリアリズムに騎乗することになったね。日本にとっては最強の助っ人、雷神さまじゃない?

モレイラ たまたま地元、香港馬の騎乗がなかったんで、そういうことになったんだよ。モーリスをはじめ数多くの日本馬に乗せてもらっているのはとてもうれしいことだし、今回もチャンスを与えてもらって光栄なことと感謝している。

――日本馬にはどんな印象を持っている?

モレイラ 日本馬の海外遠征はそれほど多くはないけれど、必ず海外で結果を出している。それは日本馬が海外に十分通用するレベル、いやそれ以上であることを証明している。

――さて、ネオリアリズムだ。ジョアンがモーリスに騎乗した札幌記念ではネオリアリズムに苦杯をなめているね。

モレイラ モーリスはしっかりと自分の競馬をしてくれた。あの時、既にスーパースターだったろう、ああいう競馬をしないわけにはいかなかったんだ。一方、ネオリアリズムはまだ重賞も勝っていないダークホースで馬場が渋った中、先手を取って自由な競馬ができた。それでモーリスと僕は苦杯をなめさせられたわけだけど、あれはハプニングではない。その後のネオリアリズムの戦績を見ればわかることだ。

――その札幌記念の後、ネオリアリズムマイルチャンピオンシップ3着を経て去年12月の香港マイルに遠征。ジョアンもこのレースに騎乗してたけど、その時のネオリアリズムはどうだった?

モレイラ 僕は香港馬王(年度代表馬)のエイブルフレンドに騎乗して6着。ネオリアリズムは9着だったね。ネオリアリズムのあの時は本当の彼の姿じゃなかったんじゃないかな。距離も短かったような気がするし、展開も向かなかった。アンラッキーなレースだよ。

――そして、壮行レースの中山記念。昨年のドバイターフ勝ち馬、リアルスティールとジョアンがドバイターフ勝利に導いたヴィブロスを抑えて堂々の勝利を挙げている。

モレイラ レースは見ているよ。入れ替わりの激しいレースだったけど、2番手から直線でしっかりと伸びての勝利。札幌記念香港マイルの時よりも成長していることがはっきりとわかったよ。

――中山記念で2馬身弱負かしたヴィブロスドバイターフではあの圧勝。これを物差しにすれば、クイーンエリザベス2世カップではドバイでのヴィブロスよりも随分先にゴールインする勘定になる。

モレイラ 馬をそんな簡単に比較することはできないよ。でも、中山記念までしっかり成長しているし、その後も堀(宣行)先生が更に仕上げてくれていると確信している。本当に楽しみだよ。

――さて、沙田(シャティン)の馬場の隅から隅まで、そして迎え撃つ香港勢のこともジョアンが一番よく知っている。どの馬を警戒している?

モレイラ ワーザーだ。去年の香港ダービーを勝ってこのレースもぶっこぬいた昨シーズンの香港馬王だ。今シーズンは脚部不安で休養を余儀なくされたけど、年明けに復帰。2戦目のクイーンエリザベス2世カップと同じ距離の香港ゴールドカップを勝って見事に復活した。この距離の香港最強馬であることは疑いようもない。

――その香港馬王、最強中距離馬に対してどう戦う?

モレイラ 今回は小頭数のメンバー、ハナにはこだわらないネオリアリズムの先行力は絶対的に有利だ。堀先生とも相談した上で、自分はベストを尽くすだけさ。

――随分控えめな言い方だね。ズバリ自信のほどを聞かせてほしい。

モレイラ ないわけないだろ!

【甘粕代三の目】
ジョアンと話をしていていつも感じるのは控えめな表現とかのジェントルマンぶりである。自分の騎乗馬、相手馬には事前に十分な研究をしていながら、決して強気なコメントには踏み込まない。母国ブラジルでデビューし、理想的な条件では決してない南米で活躍をして台頭し、シンガポール、香港と世界屈指のジョッキーへの階段をのぼりつめるまでの苦労が彼に優等生的な言動をとらせ、特に控えめな表現につながっていると感じる。そのジョアンに最後に勝算を直撃すると、やはり控えめではあったけれども、これまでに聞くことのできないほどの手応えをにじませてくれた。モレイラとネオリアリズム、ここでは絶対に外せない。

ジョアン・モレイラ プロフィール
1983年ブラジル生まれ。34歳。2000年、ブラジルでデビュー。9年間で1000勝以上を挙げた後、2009年4月、シンガポールに移籍して大ブレーク。移籍初年は3位にとどまったものの翌年から4年連続リーディングジョッキー。12年にはシーズン新記録の206勝を記録。2013年9月6日には騎乗機会全勝の8戦8勝を達成。シンガポールにモレイラあり、と世界の競馬シーンにその名を知られる存在となる。この間にJRAへ短期免許を申請したが認められなかった。2013年10月に香港に移籍、シーズン途中からの移籍だったため97勝でリーディング2位にとどまったが、翌2014年シーズンには145勝、2015年シーズンには168勝とシーズン勝利記録を2年連続で塗り替える。今シーズンも4月23日までの段階で135勝と2位のザック・パートンに74勝差をつける独走。3シーズン連続のリーディングジョッキーと記録更新が確実になっている。


【甘粕代三のQE2展望コラム公開予定】
4/28(金)調教師インタビュー〜J.ムーア
※QE2予想は4/29(土)公開予定となります。


★3/26ドバイターフで3連単162,710円を見事的中させた”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースの香港クイーンエリザベス2世カップの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

ネオリアリズムの口コミ


口コミ一覧

秋 本命馬

 トーホーアマ 2017年8月29日(火) 23:41

閲覧 90ビュー コメント 5 ナイス 16

こうみると胸は高まってくる。

レッドフォルクス 
ビックアーサー
シャイニーグレイ(回避?)
ダイアナヘイロー
レッツゴードンキ
セイウンコウセイ
ダンスディレクター
ソルヴぇイク
キングハート
◎フィドゥーシア
シュウジ
コウソクストレート
ネロ
ラインミーティア
ナックビーナス
ティ―ハーフ
アクティブミノル
スノードラゴン
トーキングドラム
エポワス


夏競馬みてると3歳馬はうーむ。ただ、今年の3歳戦もスプリント・マイル戦に至っては本当にカオスだったからある程度はわかってたことなのかもしれない。


3歳馬 上位陣 あえろりっと と ケガして名前忘れてしまった函館S制覇くらいしかスプリンター・マイル路線では楽しみがいない。キセキも秋に向けて楽しみな1頭。

古馬はこうしてみると楽しみ。何だかんだ


毎日王冠

◎ソウルスタ―リング
マカヒキ
シルバーステート
リアルステイ―ル
サトノアラジン
ヴォルシェーブ
グレーターロンドン
ダッシングブレイス
サトノアレス
ダイワギャグに―
ワンアンドオンリー
アンビシャス
ネオリアリズム?(天皇賞目標)


恐らくリアルステイ―ルは回避だろうと予想。

ロゴタイプかウインガナドル出てくることを期待したが2頭とも富士SとマイルCS。

あとはシルバーステートだどこまでやれるか楽しみね。

サトノアレスとサトノアーサーの区別がつかない。



2歳に関しては

ルーカス

これ規格外。馬体の完成度高いしモーリスより早めに活躍しそうだし超える可能性は感じる。

モレイラもワザと併せ馬に持ち込んでたし今後無事怪我無く見て続けたい。

順調なら皐月賞は取れそうなきはする。

 藤沢雄二 2017年8月17日(木) 21:12
人気はあちら、勝つのは…〜POG第12節〜
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 12

今週のPOG戦線は札幌の新馬戦に2頭が出走します。
別に1番人気は要らんから勝ってくれることを切望します。


【出走】
・8月19日 札幌5R
☆イルーシヴグレイス(ジョアン・モレイラ騎手)

土曜日の札幌の芝1500mの新馬戦に☆イルーシヴグレイスが出走します。

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 7.20美南坂良 1 回 59.3 44.2 28.8 13.9 馬なり余力
 助 手 7.23美南坂良 1 回 58.0 42.6 27.7 13.5 強目に追う
 助 手 7.26美南W重 73.2 57.2 41.8 14.1[6]馬なり余力
       アドヴェントス(古500万)馬なりの外を0.8秒先行4F付同入
 助 手 8. 3 函W良 69.1 54.3 39.8 13.4[6]一杯に追う
       アドヴェントス(古500万)馬なりの外を0.4秒先行0.3秒遅れ
 助 手 8. 6 函W良 58.5 43.3 13.6[7]馬なり余力
       フォギーナイト(古500万)馬なりの外同入
★助 手 8.10 函芝重 53.0 38.6 12.8[8]一杯に追う
       フローラデマリポサ(古500万)馬なりの外0.4秒遅れ
☆助 手 8.16 函芝良 68.3 52.5 38.3 13.2[8]一杯に追う
       ルーカス(新馬)馬なりの外を0.2秒先行3F付0.2秒遅れ

目立って速い時計は出ていないので初戦からというイメージではないのは、そもそも堀調教師もそんなニュアンスのようで(^^;
その堀調教師のコメントを目にしたわけではないので、正直なところ、何とも言えません。
とりあえず言えるのは、本数乗っているからそれなりに順調なんだろうな、ということ。
それと何よりモレイラを確保しているということ。
元々、札幌記念のネオリアリズム(回避)に合わせてモレイラを乗せる馬を揃えているわけであって、今週末に堀厩舎が札幌で使う8頭の内、実に7頭でモレイラを乗せているわけだから、日曜日のルーカスはモーリスの下という“コネ”があるわけだけど、それ以外は言わば『モレイラ選抜』なわけで、特に新馬なのだからモレイラを乗せる価値がなければ別に秋の東京でもいいのであって。
でも、どのみちミカリーニョの方が人気になるんでしょ?
少しでも気楽な立場で迎えられるのはポジティブな要素だと思いたいですね。

重ねて言うけど、お世辞にも調教は抜群だとは言えません。
でもこの調整で勝つのであるなら先々は楽しみだと言えそうです。


・8月20日 札幌5R
☆リシュブール(福永祐一騎手)

日曜日の札幌の芝1800mの新馬戦に、今年の我が陣営の1位指名の☆リシュブールが出走します。

リシュブール
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 7.16 函W良 57.8 43.0 13.6[7]馬なり余力
 助 手 7.19 函W良 70.1 55.2 41.1 13.4[9]馬なり余力
       サフランブーケ(新馬)一杯の外を0.4秒先行3F付0.1秒先着
 助 手 7.23 函W稍 43.6 13.5[6]馬なり余力
 助 手 7.26 函W良 69.0 52.6 38.7 12.3[7]馬なり余力
       サフランブーケ(新馬)強目の内を追走0.1秒先着
 助 手 7.30 函W良 44.9 12.6[8]馬なり余力
 福 永 8. 2 函芝良 39.4 12.5[8]馬なり余力
       マツカゼ(新馬)強目の外0.1秒先着
★助 手 8. 9 函芝稍 64.3 48.7 35.8 12.4[6]強目に追う
 助 手 8.13 函W重 62.2 45.4 14.4[9]馬なり余力
☆助 手 8.16 函W稍 55.5 40.1 12.5[8]G前仕掛け
       ボンナヴァン(古1000万)強目の内を1.5秒追走0.4秒先着

7月30日のクイーンSでのサスペンションにより先週ではユーイチが乗れなくなってしまったので1週スライドすることに。
巷で評判のフラットレーとルーカスのどっちと勝負するの?というところでルーカスとの勝負を選んだ形になりましたけど、そうなると山本英俊氏はゴーフォザサミットとの2頭出しじゃん、って思っていたら、いつの間にかリシュブールの馬主が窪田芳郎氏に変わっていた(^^;

元々、山本氏と窪田氏の共有だったんじゃないかなんて話もあるみたいですけど、真相は知りません。

ただ勝負事としては直前にアヤが付くのってあんまりいい話ではないよね。正直なところ、心の中は穏やかではない。

調教に関しては『態勢は整った』という感じではあるかな。抜群とは言わないまでもそれなりに上々というところでしょうか。
他も悪くないというか、アルドーレはいいんじゃないの?って感じなので、ルーカスばかり気にしていると足下を掬われそうで、脈があるからここを使ってくると気を引き締めた方がいいでしょうね。
9頭立てだけど、このメンバーで勝ち切れれば先が楽しみになる、そう思って見ることにします。

【調教】
フロンティア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗芝稍 68.7 53.0 38.4 11.9[3]一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂稍 1 回 54.7 39.6 25.8 12.4 一杯に追う
 助 手 8. 6 栗坂良 1 回 56.5 41.7 27.1 12.9 馬なり余力
       ノーブルスピリット(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
★岩 田 8.10 栗CW良 87.0 71.1 55.6 41.2 12.4[8]馬なり余力
       ノーブルスピリット(新馬)馬なりの外同入
 助 手 8.13 栗坂良 1 回 54.7 39.7 25.8 12.4 馬なり余力
 助 手 8.16 栗坂不 1 回 62.9 45.9 29.4 13.9 馬なり余力
☆岩 田 8.17 栗芝重 81.4 64.1 48.9 35.2 11.6[3]馬なり余力
       シャプレドサクレ(三未勝)馬なりの内を0.5秒追走同入

ソーグレア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 8. 6 栗坂良 1 回 59.4 43.8 28.8 13.2 馬なり余力
☆助 手 8.16 栗E不 14.1 ゲートなり


【在厩】
△フロンティア(8月27日の新潟2歳Sを岩田康誠騎手で)

【放牧】
☆ウラヌスチャーム(8月5日の新馬戦を快勝→アルテミスSへ)
☆レッドシャーロット(7月16日の未勝利戦を快勝)
△アントルシャ(7月23日の新馬戦を快勝)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
☆アドマイヤアルバ(7月22日の中京2歳Sは2着)
☆レディバード(7月8日の新馬戦は2着)
☆スヴァルナ(8月5日の未勝利戦は9着)
☆シエラネバダ(6月25日の新馬戦は6着)
△ギルトエッジ(8月12日の未勝利戦は2着)
△ヴェロニカグレース(7月22日の新馬戦は3着)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)
☆ソーグレア(8月16日にゲート試験に合格)
△クリッパー(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
☆ブルーメンクローネ(外傷)
☆ベストヴォヤージュ(熱中症)


水曜日にゲート試験に合格したソーグレアが放牧に出たため、在厩しているのは来週の新潟2歳Sを使うフロンティアだけに。
これ、夏競馬の最終週(第14節)どころか秋競馬の開幕週(第15節)も使う馬いないな。

とりあえずシエラネバダが阪神開催で復帰することは伝えられたのだけど、放牧組の状況がそれなりに推測はできるけども、確定報もなければ、それ以前の入厩報もないので「この辺を使うだろう」と言い切れないのがもどかしい。

とりあえず目先の新馬戦2つと来週の新潟2歳Sは必勝態勢で何卒。
他に使う馬のメドがあれば、もう少し穏やかに見ていることはできるのだけどね(^^;

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年8月15日(火) 16:56
札幌記念≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 445ビュー コメント 0 ナイス 10

【札幌記念】札幌芝2000m

06年以降定量戦に!13年だけ改修工事の為、函館で施行。
※13年除く過去10年データ
3連複万馬券は1回しかありません。

≪パーフェクト条件≫
◎重賞2勝+/裕ぁ疣対濃厚【3-4-0-0】
×重賞1勝はマツリダゴッホ(4歳時)トーホウジャッカルが該当し共に掲示板を外す
1番人気がヤマカツエースかエアスピネルが1番人気ならなら◎

≪好走条件≫
・タ裕い4歳馬なら´´着、
・東京コースで上がり33.5秒以内の経験のある馬

≪凡走条件≫
・前走がG鏡錣稜蓮0-1-0-13】
・人気以下の関東馬【0-0-2-38】例外はG鞠呂離曠─璽襯ャプチャ
・7歳以上で当日人気以下【0-0-0-27】
・番枠より外【2-1-0-33】※昨年2頭だが、雨の影響も大。
・OP、条件戦からの挑戦【0-1-0-23】
・前走G薫焚爾韮亜ィ局丹幣緝蕕韻診蓮1-0-0-34】※例外は雨の昨年ネオリアリズム

≪勝ち馬条件≫
05年ヘブンリーロマンスの札幌記念(人気)1着→天皇賞秋(人気)1着の
例があるように札幌記念の『1着馬』に限り、その年の天皇賞(秋)G気暴仭しても
【2-0-2-3】と好成績☆
ようするに、優勝する馬は天皇賞でも通用する条件を要する。
最低条件)
・G鞠orG2勝馬
・東京巧者(連対率40%複勝率60%以上)
・上がり最速が出せる差し馬タイプで東京での上り33.5秒以内の経験馬

勝ち馬条件のG鞠orG僑仮^幣綰呂
G鞠魯淵掘G僑馨,離筌泪ツエースとG僑仮.妊サイファですが
全部の条件を満たしている訳ではありませんね^^;

【見解】
≪東京巧者≫の条件を満たしているのは・・・えっ、1頭ヽ( ̄д ̄;)ノ

いつもは5・6頭の中から上がりタイムとか洋芝適性とかで絞り込むのですが。。。
☆マウントロブソン【0-2-0-1】連対&複勝率 〔○上がり2400m33.5秒〕 洋芝【初】
惜しいところで
☆ディサイファ【4-2-1-10】 〔○上がり1800m33.4秒〕 洋芝【3-0-0-0】
連対率が35%台と届かずですが、このレース1着を獲ったことも
アリ、洋芝適性がバツグンですね!
あと、東京で上り33.5秒以内の経験がある馬は
・エアスピネル 〔○上がり1600m32.3秒〕
・サクラアンプルール 〔○上がり2000m33.2秒〕
くらいです。

※東京上がり=札幌記念で走る要素は私独自の理論ですが、
現に当て嵌まる馬が多く、札幌で行われた近4年3着以内12頭中11頭は
上がり指数 銑Π未泙任稜蓮A案のタイム指数必見(=^x^=)
例外は海外遠征の為タイムが遅いモーリスのみ

というわけで、無難にクリアした☆マウントロブソンは前走OP【0-1-0-23】
☆ディサイファは東京連対率はG吉耄┐旅發気鮃洋犬垢襪OKだが前走10着以下
☆エアスピネルは1着条件には外れているが上がり指数Π未泙任覆OK
☆ヤマカツエースも東京適性はないが上がり指数Π未泙任覆OK
例外があるとすれば、☆サウンズオブアース

例年のようにG鞠呂睇垪漾⊂魴鐐瓦橡たす馬も不在なので
ト嵜裕い烹敢丱蹇璽疋凜.鵐鼻璽襪なれば面白い^^

[もっと見る]

⇒もっと見る

ネオリアリズムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ネオリアリズムの写真

ネオリアリズムの厩舎情報 VIP

2017年2月26日中山記念 G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ネオリアリズムの取材メモ VIP

2017年2月26日 中山記念 G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。