注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ヒルノマテーラ(競走馬)

注目ホース
ヒルノマテーラ
ヒルノマテーラ
ヒルノマテーラ
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2011年4月28日生
調教師昆貢(栗東)
馬主株式会社 ヒルノ
生産者辻 牧場
生産地浦河町
戦績30戦[5-5-2-18]
総賞金11,197万円
収得賞金3,450万円
英字表記Hiruno Matera
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
コンサーンナッカ
血統 ][ 産駒 ]
Concern
Sacramentada
兄弟 カッパドキアゴッドスリー
前走 2017/05/14 ヴィクトリアマイル G1
次走予定

ヒルノマテーラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 17713312.71714** 牝6 55.0 四位洋文昆貢464(+2)1.34.9 1.034.1⑰⑪アドマイヤリード
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 16510306.3149** 牝6 54.0 四位洋文昆貢462(+6)1.35.6 1.335.0⑫⑪ミッキークイーン
17/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1661250.41211** 牝6 54.0 岩田康誠昆貢456(-10)1.50.0 0.634.2⑪⑪⑬⑫トーセンビクトリー
17/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 158147.0513** 牝6 55.0 四位洋文昆貢466(0)2.02.4 1.035.7⑮⑮⑮⑮マキシマムドパリ
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 1881714.6810** 牝5 54.0 四位洋文昆貢466(+2)1.46.9 0.435.0⑮⑯マイネルハニー
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 153431.0813** 牝5 56.0 四位洋文昆貢464(+2)2.14.1 1.234.3⑨⑨⑨⑩クイーンズリング
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 128127.951** 牝5 54.0 四位洋文昆貢462(0)1.46.1 -0.233.8⑩⑩クラリティシチー
16/06/12 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 145713.372** 牝5 51.0 四位洋文昆貢462(-2)1.59.3 0.034.7⑭⑭⑭⑪リラヴァティ
16/05/15 京都 9 パールS 1600万下 芝1800 11787.844** 牝5 55.0 太宰啓介昆貢464(0)1.45.6 0.334.1⑩⑩リラヴァティ
16/05/01 京都 9 糺の森特別 1000万下 芝1800 12674.431** 牝5 55.0 四位洋文昆貢464(0)1.47.8 -0.133.9ワーキングプライド
16/03/26 阪神 12 4歳以上1000万下 芝1600 12684.633** 牝5 55.0 四位洋文昆貢464(0)1.35.2 0.033.2⑦⑦シュヴァリエ
16/02/28 阪神 8 4歳以上500万下 芝1600 16474.131** 牝5 55.0 四位洋文昆貢464(+6)1.34.2 -0.235.1⑦⑥ダイシンカレラ
16/02/14 京都 8 4歳以上500万下 芝1600 16125.334** 牝5 55.0 四位洋文昆貢458(0)1.39.9 0.435.8ジョーウォルター
16/01/16 京都 12 4歳以上500万下 芝1800 13573.724** 牝5 55.0 岩田康誠昆貢458(+2)1.47.4 0.334.9⑤⑤ウェスタールンド
15/12/05 中京 6 3歳以上500万下 芝1600 16124.1111** 牝4 55.0 四位洋文昆貢456(+6)1.35.0 1.236.1⑧⑧⑧アドマイヤライン
15/10/04 阪神 7 3歳以上500万下 芝1800 188178.2515** 牝4 55.0 田中勝春昆貢450(-10)1.48.2 1.737.2⑦⑨マイネリベルタス
15/09/06 札幌 9 3歳以上500万下 芝2000 16242.712** 牝4 55.0 四位洋文昆貢460(0)2.02.2 0.236.1⑧⑦⑦⑤ビキニスタイル
15/08/23 札幌 9 十勝岳特別 500万下 芝1800 14113.114** 牝4 55.0 四位洋文昆貢460(0)1.48.6 0.235.2⑦⑦⑦⑤テルメディカラカラ
15/08/02 札幌 7 3歳以上500万下 芝1800 11332.712** 牝4 55.0 四位洋文昆貢460(-10)1.47.0 0.534.7④④④ネオリアリズム
15/07/18 函館 12 湯浜特別 500万下 芝1800 14583.814** 牝4 55.0 四位洋文昆貢470(+22)1.50.3 0.235.0⑧⑧⑦⑧エイシンノーティス

⇒もっと見る


ヒルノマテーラの関連ニュース

 ◆武豊騎手(スマートレイアー4着) 「この馬の特性を生かすレースができて、うまくいったと思ったが…。勝ち馬とは一瞬の脚の差だった」

 ◆川田騎手(ソルヴェイグ5着) 「1200メートルを使ってきたので自然とハナへ行く形。最後まで精いっぱい頑張っています」

 ◆Mデムーロ騎手(クイーンズリング6着) 「昨日(土曜)よりましだったが、(緩い)馬場が合わなかった。よく頑張ったけど、最後はジリジリだった」

 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン8着) 「(4コーナーで)外に張り出してくる馬が多くて、内に入れられなかったが、差のないところまで来ている」

 ◆吉田隼騎手(ウキヨノカゼ9着) 「直線の入り口で(外に張られる)不利が大きかった。それでも着順ほど負けていない」

 ◆岩田騎手(レッツゴードンキ11着) 「3、4コーナーで結構、力んでいた。それでパワーを使ってしまった」

 ◆田辺騎手(アットザシーサイド12着) 「後ろからじっくり。緩い馬場が向かないので、直線で手応えが怪しくなった」

 ◆池添騎手(アスカビレン13着) 「いいところで競馬はできたが、最後で力尽きた」

 ◆四位騎手(ヒルノマテーラ14着) 「直線では内を突いたが、伸びは一瞬だった」

 ◆北村友騎手(クリノラホール15着) 「相手が強かった」

 ◆内田騎手(リーサルウェポン16着) 「2番手から競馬をしたが、結果的に上がりの競馬になった」

 ◆黛騎手(オートクレール17着) 「中団で流れに乗ったが、最後はいっぱいになった」

★14日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら

【ヴィクトリア】最新ナマ情報2017年05月13日() 05:01

◆田辺に「任せる」〔1〕アットザシーサイド

 昨年の桜花賞3着馬は、最内の〔1〕枠(1)番を引いた。「どこの枠が欲しいというのはありませんでした。ジョッキーに任せるだけ。馬は変わらずにいいですよ」と川上助手。ロスなく立ち回れるゲートからVを狙う。

◆昨年と同じ好枠〔2〕スマートレイアー

 昨年(4着)と同じ〔1〕枠(2)番に入った。加藤助手は「去年と同じでいいところですね。外より内の方がよさそうですからね。いい雰囲気があるので、あとは武豊騎手に任せます」と力を込めた。

◆ルメールを信頼〔5〕アドマイヤリード

 〔3〕枠(5)番に須貝調教師は「いいポジションを取りに行くタイプじゃないので、枠はどこでもよかった。どこからでもルメール騎手がうまく対処してくれると思うよ」と、鞍上への信頼感を強調した。

◆中尾師「いい枠」〔6〕アスカビレン

 過去最多タイの2勝を挙げる〔3〕枠(6)番をゲット。中尾調教師は「いい枠ですね。スタートはいいタイプなので、スッといいところにつけて脚をためる形になれば」と笑顔だった。

◆悲願GIへ上昇〔7〕ルージュバック

 〔4〕枠(7)番から悲願のGI制覇を狙う。金曜朝は坂路を4ハロン66秒6で軽快に駆け上がった。大竹調教師は「追い切り後は気持ちが上がってきた。枠はどこでもいいと思っていたし、作戦は騎手に任せるだけです」と戸崎騎手に全権委任だ。

◆「偶数のいい枠」〔8〕クイーンズリング

 昨年のエリザベス女王杯勝ち馬は〔4〕枠(8)番が当たった。「偶数のいい枠。内、外の極端な枠は嫌だったので」と吉村調教師は満足げ。「落ち着いていますし、体も締まっている」と前走の阪神牝馬S15着から一変の走りを見込む。

◆「枠はどこでも」〔10〕デンコウアンジュ

 福島牝馬Sで4着と復調気配を見せた。枠順は真ん中の〔5〕枠(10)番に決まった。「後ろから競馬を進めるタイプだから、枠に関してはどこでもいいと思っていましたよ。前走後も馬は変わりありませんよ」と佐藤助手は説明した。

◆兼武助手「偶数欲しかった」〔11〕ミッキークイーン

 〔6〕枠(11)番から3度目のGI制覇を狙う。「欲をいえば偶数番の枠が欲しかったですが、極端な内、外の枠ではないですから」と兼武助手。12日は坂路でキャンター調整を行い、「具合は良さそうですね」と同助手は気配の良さに目を細めていた。

◆昨年優勝枠も…〔13〕ヒルノマテーラ

 昨年の勝ち馬と同じ〔7〕枠(13)番からのスタート。昆調教師は「外より内がいい」と話していたが、思惑通りとはいかなかった。同馬は金曜午後に東京競馬場に到着した。

◆好気配キープ〔14〕レッツゴードンキ

 2015年の桜花賞以来、2度目のGI制覇を狙う。枠順は〔7〕枠(14)番に決定した。「枠はどこでもいいよ。決まったところで勝負するだけだから。馬は変わりなくいいよ」と梅田調教師は自然体の構えで臨む。

◆果報は寝て待て〔15〕フロンテアクイーン

 坂路を4ハロン65秒1で登坂。〔8〕枠(15)番に、国枝調教師は「(11年1着)アパパネのときもピンク(〔8〕枠(16)番)だったかな。まあ、そこまで気にしていないし、大丈夫。無事にきたので、あとは果報は寝て待て」と冷静だ。土曜は朝4時発で東京競馬場へ乗り込む。

ヴィクトリアマイルの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】厩舎の話2017年05月12日(金) 05:05

 ◆アスカビレン・中尾師 「テンを抑えたが、ラストはよく伸びた。落ち着きもある」

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「いつも通りでいい感じだが、ここは相手が強い」

 ◆アドマイヤリード・ルメール騎手 「ラストの100メートルだけ伸ばした。反応はとてもいい」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「単走で、気持ちを高ぶらせないように。手応えは感じている」

 ◆オートクレール・黛騎手 「先週やったので今週はサラッと。前々から競馬ができれば」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「先週しっかりとやっているから坂路で単走。巻き返しを」

 ◆クリノラホール・谷師 「輸送もあるのでしまいの反応を確かめる程度。予定通りです」

 ◆ジュールポレール・西園師 「上がり重点もよく動いた」

 ◆スマートレイアー・大久保師 「気力もあって筋肉も柔らかい。衰えは感じていません」

 ◆ソルヴェイグ・鮫島師 「体つきにボリュームを感じるが、輸送でちょうど良くなる」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「間隔が詰まっているので反応を見る程度。内容的には納得」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「輸送も考慮して単走でサラッと。やることはやってきている」

 ◆ミッキークイーン・池江師 「先週にしっかりやったし、今週は単走で。脚さばきが軽快」

 ◆リーサルウェポン・内田騎手 「硬さがないし、けいこでも落ち着いて走れていた」

 ◆ルージュバック・大竹師 「今までやってきた長めの攻めを、短い距離にして調整した」

ヴィクトリアマイルの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】追って一言2017年05月11日(木) 05:04

 ◆アスカビレン・中尾師 「テンを抑えたとはいえ、ラストはよく伸びたね。落ち着きがあるし、いい状態」

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「いつも通りいい感じですが、相手が強いですからね」

 ◆オートクレール・黛騎手 「先週に結構やったので、今週はサラッと。感触からも順調にきている。前々で競馬できれば」

 ◆クリノラホール・谷師 「輸送もあるので、しまいの反応を確かめる程度で、予定通り。状態面の上積みはあるので、あとは相手関係」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「間隔が詰まっているので、反応を見る程度。内容には納得。東京は重賞を勝っているし、いいと思う」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「輸送も考慮して、単走でさらっと。いい感じだし、やることはやってきた。アッと驚かせてくれたら」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「サッとやったけど、競馬を使っているし大丈夫。変わらずいい感じ。テンションも全然平気だよ。初音Sくらい走ってくれれば」

 ◆リーサルウェポン・内田騎手 「馬に硬さがなく、けいこの感じも落ち着いて走れていた。うまくリラックスして走らせたい」

ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリアマイル】特別登録馬2017年04月30日() 17:30

[もっと見る]

【阪神牝馬S】追って一言2017年04月06日(木) 05:02

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「日曜日に速い時計を出して、水曜日はサラッと。阪神はいいが、相手が強い」

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「仕上がりがいいので速い時計を出さなかった。決め脚がどこまで通用するか楽しみ」

 ◆ウエスタンレベッカ・義騎手 「調教はいい動き。あとは当日の馬の気分次第ですね」

 ◆エテルナミノル・本田師 「1週前にビシッとやって、当週は軽め。調教の質量は豊富だよ」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「きっちりと本数をこなしてきたので、これで十分」

 ◆クリノラホール・谷師 「休み明けの感じはしない。ある程度、前々でレースをしたい」

 ◆クロコスミア・西浦師 「単走にしてはしっかりと動いていた。スムーズに先行できれば」

 ◆タッチングスピーチ・石坂師 「順調。あとは久々のマイルで対応がうまくできるかだね」

 ◆ダンツキャンサー・谷師 「軽い調教で十分。うまくレースで立ち回ってほしい」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「引き続き順調。あとはマイルの流れに対応ができるか」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「入念に乗り込んでいる。マイルだと折り合いはつきそう」

 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「さらに調子は上がっている。雰囲気はいい」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「体調面は持ち直してきた。末脚を生かせる流れになってほしい」

 ◆ミッキークイーン・池江師 「態勢は整っているので微調整。本質的には叩き良化型と思うけど、これだけ動けば」

 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「これが引退レース。やりすぎないように上がり重点で調整」

★サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノマテーラの関連コラム

閲覧 585ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、14(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは1番人気がミッキークイーンで1.9倍、2番人気がルージュバック7.6倍、以下レッツゴードンキ7.9倍、スマートレイアー8.9倍、クイーンズリング9.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは内からポンと好スタートを切ったソルヴェイグを先頭、2番手に出していったリーサルウェポン、さらにはアスカビレンレッツゴードンキスマートレイアーと続いて先団を形成。中団からはオートクレールジュールポレールミッキークイーンクイーンズリングクリノラホールデンコウアンジュが追走。後方からはアドマイヤリード
ウキヨノカゼルージュバックフロンテアクイーンアットザシーサイドと続いて最後方にヒルノマテーラの態勢。
 
前半の600m通過は35秒6(参考)のスローペース、ソルヴェイグが先頭で直線コースへ差しかかります。先頭はソルヴェイグでリードは半馬身、内からスマートレイアークイーンズリングもこの争いに加わって3頭が並走する形。内がぽっかり空く隊列で各馬横にずらっと広がりながら追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここでソルヴェイグの脚色が一杯となって外に膨れると、そのスペースに切り込んだアドマイヤリードが一気に前との差を詰めて先頭争いに加わります。馬場の大外からはデンコウアンジュが目立つ伸び脚で猛追!1番人気のミッキークイーンは伸びきれません。残り100m、ここでスマートレイアーを交わして単独先頭に立ったのはアドマイヤリード!ゴール前で懸命に追いすがるデンコウアンジュ以下をねじ伏せて優勝しました!
 
勝ちタイムは1分33秒9(稍)。1馬身1/4差の2着にデンコウアンジュ、そこからクビ差の3着にジュールポレールが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロシムーンプロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに選んだ13(土)京都1Rで『◎ダノンメジャーは単騎逃げが見込め、相手関係も楽になり連の軸には最適。穴はクラリティシチー、状態面の上積みがある』と完璧な見解を披露し、馬連31倍を5000円的中!15万5000円を払い戻しました!この他にも新潟3Rで3連単43.2倍を500円的中させ、21万5100円の払い戻しや14(日)東京2Rで◎○▲のパーフェクト予想で22万6370円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率131%、収支プラス23万10円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(土)京都11Rで『単騎で行ければしぶとい。内枠からスンナリ運べれば。』と狙ったダノンメジャーの単勝を1点勝負で的中!翌日の14(日)京都11Rでは『 ダートではまだ底を見せてない。ここでも通用する。』とコメントした◎サイタスリーレッドの単勝7.6倍、馬連5.9倍を本線的中させました!週末トータル回収率171%、収支プラス4万2800円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
14(日)東京11Rヴィクトリアマイルで『昨日の雨ですっかり馬場コンディションが変わり、差し馬も届くようになったのが大きなポイント。アドマイヤリードは前走は大外枠からだったし、ルメール騎手も強くなってから初の騎乗で半身半疑だったハズ。今度は自信を持って乗れるハズ』と狙った◎アドマイヤリードの単勝を5500円仕留め、7万4250円を払い戻しました!この他にも13(土)新潟8Rの◎ツインプラネット、14(日)東京1Rの◎ジュブリーユなど好調予想を披露!週末トータル回収率124%、収支プラス3万9090円をマークしています。
 
この他にも山崎エリカプロいっくんプロ夢月プロdream1002プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月08日(月) 12:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル・2017
閲覧 4,136ビュー コメント 0 ナイス 6



NHKマイルCでは1番人気のカラクレナイを1400適性高過ぎでマイル案外向かなそうだし人気過ぎと消し、前走桜花賞組の中では東京マイルがもっとも向くと評価したアエロリットも走ってくれたのですが、2着に来たリエノテソーロをコラムで「明らかにダート馬で買わない」と、やってしまいました......。WIN5も絞った新潟大賞典をはずして4つ止まりとイマイチ続きなままですが、そろそろ流れが来るはず。

それでは恒例の1週前の全頭診断を。

ミッキークイーン:昨年はストレイトガールの大駆けにあったが、依然牝馬のトップレベル維持しているのを示した前走阪神牝馬S勝ちからも当然有力。あとは浜中騎手が斜行に注意すれば(笑)。人気になり過ぎないと良いのだが。

レッツゴードンキ:ラッキーだったドスローからの桜花賞制覇の後、しばらく低迷していたが馬体重グングン増やしてデビュー時より50kg以上大きくなり再び充実期間迎えている。ただ個人的にはあまり馬券相性も良くないし、1200の後でもあり凡走期待したいのだが買うべきなんだろう。

ルージュバック:前が詰まった前走度外視としてもゆるやかに気力が衰えている感じもあり末脚の凄味無くなってきた。マイルも本質的には短いが上位争いできる力はまだあるが軸にはしない予定。父ディープインパクトの弟がダート向きのパワー型に出ているようにダート路線で見てみたい気もするが。

クイーンズリング:本質的にはマイル向きでないが、香港遠征や減った体重戻すなかでの調整でかつ馬場悪くて、馬も騎手もやる気無くした前走はノーカウントで昨秋は府中牝馬Sとエリザベス女王杯を連勝した実力馬だけに、人気落としてくれると狙いたいが。

スマートレイアー:元々はマイルの追い込み馬だったのが逃げに脚質転換したり、中距離に進出して香港でも掲示板に乗ったり、マカヒキとの叩き合いで負かした京都記念や元気に長く頑張っている。久々のマイルはパフォーマンス落としそうにも思えるがどんな条件でも頑張るタイプで人気次第か。

ウキヨノカゼ:福島牝馬Sでは本命打って馬券とらせてもらったし、北海道の皮膚科医が馬主の馬で父オンファイアはブラックタイドディープインパクトの2つ上と1つ上の兄達と比べて厳しい現況で頑張って欲しいが小回り向きの追い込み馬で昨年ヴィクトリアマイルで最後方から7着に押し上げた。今年は層が薄く更なる好走も可能かも。高齢牝馬で人気落とすようなら楽しみ。

アドマイヤリードステイゴールド産駒にしては瞬発力あるタイプで阪神牝馬Sでも勝ったミッキークイーンと同じ最速の末脚で2着に来ており、大舞台で連敗街道続くオーナーにとってチャンス到来。ただ頭までは無いか。

ジュールポレール:昨秋から3連勝してオープン入りして前走阪神牝馬Sでも直線一旦先頭と見せ場作った。ただ母父エリシオはトライアルホース感あり本番では厳しいのかもしれないがヒモには入れたい。

ソルヴェイグ:明らかにスプリンター寄りで東京の長い直線は向かない。夏のスプリント路線での活躍期待。

アスカビレン:前走オープンで初勝利上げたが相手の弱いオープン特別だけに上位陣とは少し力差あり。

アットザシーサイド:京都牝馬Sも阪神牝馬Sも8着と頭打ちの状態で、血統的には身体小さくてもダート試すのも面白いと思うが。

デンコウアンジュメジャーエンブレムをアルテミスSで差し切ったまさに「一発屋」で以後、穴人気になりやすい馬だが田辺騎手だからできた芸当なのになぜか以降田辺騎手を一度も起用しないで低迷続く。前走秋山騎手が思い切ったまくりで久々好走したがあれが限界で要らない。

リーサルウェポン:昨年1月の愛知杯2着以降さっぱりな状態で不振に陥ったディープインパクト産駒の激走まずない。

フロンテアクイーンメイショウサムソン産駒にしては母父サンデーサイレンスが利いているのか3走前の準オープン勝利を東京であげたが、一線級と東京マイルで戦うのは不利か。

オートクレール:準オープンで上位に来れるだけの力つけてきているがここ通用は厳しい。

ヒルノマテーラ:昨秋カシオペアSでオープン特別勝ちが上限で重賞では二桁着順連発で、ここは厳しい。

クリノラホール:昨年秋から年末にかけての3連勝でオープン入りしたが愛知杯、阪神牝馬Sと壁に当たっておりローカル牝馬重賞が出番では。


<まとめ>
人気薄の激走は無いのでは。前半の8頭から絞ってどう三連単くむか。

最有力:ミッキークイーン

有力な実績馬:レッツゴードンキルージュバッククイーンズリングスマートレイアー

ヒモに入れたい新興勢力と古豪:アドマイヤリードジュールポレールウキヨノカゼ

[もっと見る]

2017年01月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第239回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜愛知杯 G3
閲覧 872ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は愛知杯 G3の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マキシマムドパリアンジェリックリーサルウェポンの3頭。
第2グループ(黄)は、サンソヴールクインズミラーグロシャルールの3頭。
第3グループ(薄黄)は、マラムデールプリメラアスールまでの8頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間はおろか唯一の大きな溝が最下位のプリメラアスールダイワドレッサー間の2.3だけ、、。稀に見る超大混戦のレースです。

私の本命は◎マキシマムドパリとします。昨年はF・ヴェロン騎手が騎乗、出負けからリズム悪く、チグハグな競馬となりながらも4着。重賞と言えど、実質1600万下なのではないかという今年のメンバー構成なら普通に走れば勝負圏内です。岩田騎手が調教に乗るあたり、勝負気配も漂っています。相手には前2走とは調教内容が一変している◯シャルール、意外と流れ向きそうな▲ヒルノマテーラを上位に取り、以下△クリノラホールクインズミラーグロプリメラアスールカゼルタリーサルウェポンと印を打ちます。


【3連複1頭軸流し】
11

1,3,5,7,10,12,14

計21点

波乱十分に見えるレースですが、意外と堅く収まるのでは?という気がしています。

[もっと見る]

2016年11月17日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/12〜11/13)おかべ育成プロが3複1点勝負で57万超払い戻し!
閲覧 768ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は13(日)に京都競馬場でG1エリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザベス女王杯マリアライトが3.1倍で1番人気、2番人気ミッキークイーンが3.6倍、以下クイーンズリング6.1倍、タッチングスピーチ6.2倍、パールコード8.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、外から気合いをつけてプリメラアスールが先手を奪って第1コーナーへ差し掛かります。2番手にメイショウマンボ、続いてパールコードシングウィズジョイシャルールマキシマムドパリと追走して先行集団を形成。そこから2馬身ほど間があいて中団からはミッキークイーンマリアライトヒルノマテーラクイーンズリングプロレタリアトと追走。後方からはタッチングスピーチシュンドルボンアスカビレンと続いて最後方にデンコウアンジュの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒8(参考)の緩い流れ。隊列に変わらぬまま、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はプリメラアスールでリードは2馬身、その後ろ、2番手グループは固まってメイショウマンボパールコードシングウィズジョイが追走、人気のミッキークイーンマリアライトは馬場の外めから追い出しにかかります。
 
残り200m、粘るプリメラアスールを交わしてシングウィズジョイが内から抜けて先頭!これを追うのがパールコード、さらに一列後ろからは内クイーンズリング、外ミッキークイーンが差を詰めてきます!マリアライトはやや置かれて勝負圏外に。残り100m、ミッキークイーンにいつもの末脚は見られず、逃げ込みを図るシングウィズジョイ、差を詰めるクイーンズリングの2頭が抜け出してのマッチレース!激しい叩き合いとなりましたが、ゴール前、クイーンズリングシングウィズジョイをクビ差捉えて優勝!悲願の初G1制覇となりました!勝ちタイムは2分12秒9(良)。2着にシングウィズジョイ、そこから1馬身1/4差の3着にミッキークイーンが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロほか3名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
おかべ育成プロの神髄1点予想が今週も炸裂!13(日)京都6Rで○スルターナスターリーウインドエヴォリューションの3連複57.3倍を的中!57万3000円を払い戻しました!この他にも12(土)京都9Rで馬連8.3倍、京都2Rで馬連6.5倍をそれぞれ1点で仕留めました!週末トータル回収率353%、収支プラス55万7900円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)福島2Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!中でも3着▲デュアルフレイムは79.7倍の大穴で3連複は374倍の高配当!単勝、馬連、ワイド、3連複を総取りし、8万970円を払い戻しました!翌日の13(日)京都3Rでまたも◎○▲のパーフェクト予想で4万5040円を払い戻し!週末トータル回収率118%、収支プラス5万5360円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
12(土)京都1Rで『芝でも前に着ける脚はある。切れ味不足はダートで補う。外枠から先行できれば粘りこみの期待はある。』と本命に推した単勝31.3倍◎キタノユーリンが1着!単複を仕留め、19万600円を払い戻しました!さらに東京1Rでも単勝50.4倍の◎ヨイマチグサを本命に抜擢し、複勝14.2倍を8000円的中!10万3600円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(土)東京9Rで『前走はチグハグな競馬。スンナリ運べれば勝機。』と狙った◎シゲルコングシゲルベンガルトラの馬連84.2倍を500円的中!4万2100円を払い戻しました!週末トータル回収率119%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年11月10日(木) 17:30 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016エリザベス女王杯〜
閲覧 1,808ビュー コメント 0 ナイス 3

京都芝2200m右回りで行われるエリザベス女王杯
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■

4コーナーでラチが途切れて幅が広くなるので内をロスなく立ち回れる可能性が高い内枠が有利。
3コーナーから4コーナーにかけての下りでかなりスピードがつきやすいため、脚がもつならここから仕掛けるのがベストでしょう。
しかしここから仕掛けるのは通常の競馬からするとタイミングが早く、ロングスパートに自信がない、又は経験がない馬はスパートを遅れさせる傾向にあります。
この“下り“が遅くなるか速くなるかが、逃げが残るか差しが決まるか、の分かれ目なので、持続性のある脚を持っている馬をチェックしてペースを読むのが精度を上げるコツです。
問われる能力が特殊なため、他のコースでの好走は結果的に過大評価になることが多く、エリザベス女王杯に近い条件・展開での好走に注目するといいでしょう。

■前走の分析■

アスカビレン
●前走府中牝馬S G2 4着 (経由6頭)
直線で進路を探すのに手間取り、仕掛けが遅れる不利。
完全にスピードが乗ってからは勝ち馬以上の加速を見せており、スムーズならかなり追い詰めたはず。
勝負所でモタモタする面があるので京都外回りのように下りを利用出来る舞台なら巻き返せるだろう。
ただこの馬の問題は距離。
2000m戦のラストで脚が鈍っているのが気になり、またもともとは気性面に課題があることからも距離延長が歓迎とは思えない。
前々走は相手が弱すぎるのでどうにでもなったが、今回は相手強化でどこまでやれるのか。
秋華賞でそれなりの見せ場を作っていたので妥当な人気、もしくは穴人気のようなイメージ。

[もっと見る]

2016年11月10日(木) 16:30 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016エリザベス女王杯〜
閲覧 1,251ビュー コメント 0 ナイス 0

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.12・G1エリザベス女王杯編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7991
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。


前回の天皇賞(秋)編では、調教評価Aのリアルスティールが2着に好走。その他注目馬2頭も2着、3着と頑張ってくれました。調教がすべてではありませんが、調子の良い馬はよく走ってくれますので今週の調教分析にも注目して下さい。


◇優先出走馬◇

クイーンズリング
<前走時>1着  調教B   パドックB(スッキリした馬体で好仕上り)
休み明けで関東への輸送があるので1週前にデムーロ騎手で強めに追われ好時計。先週仕上げているので直前は軽めの内容。
<今回>調教A
休み明け2戦目で1週前にジョッキー騎乗で強めに追われていることは順調な証拠。動きも悪くなく、併せて先着しており、今年は良い状態で出走できそう。

◇賞金順◇

メイショウマンボ
<前走時>13着  調教C  パドックC(集中力、力強さなし)
脚も前に出ておらず、走りに力強さがない。
<今回>調教B
特に動きが悪い訳ではなく、時計も出ていて後は気持ちの問題。今回はジョッキー乗り替わりが刺激になるか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノマテーラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 12

2017年 マーメイドS、エプソムC
________________

●マーメイドS

先週の鳴尾記念の見所で、阪神芝2000mは阪神芝コースの中では、逃げ、先行馬がけっこう頑張れるコースであることをお伝えしました。阪神芝コースは、大半が坂を下って上るコース。全体的にペースが上がりやすいコース形態ですが、阪神芝2000mはスタートしてから急坂を上るため、前半のペースがそれほど上がらないのが特徴です。

そういうコース利と開幕週の超高速馬場を生かして、先週の鳴尾記念では、ステイインシアトルが見事に逃げ切りVを決めました。もちろん、好発を決めてじわじわペースを引き上げて行く鞍上のペース配分が上手かったのもありますが、逃げ馬をコントロールしやすく、けっこう前残りが決まることがあるのが阪神芝2000mです。

それを証明するかのように、マーメイドSの過去10年では、逃げ馬が穴を開けています。該当馬は2008年・ピースオブラヴ(10番人気・2着)、2009年・コスモプラチナ(9番人気・1着)、2010年・セラフィックロンプ(14番人気・2着)、2013年・アグネスワルツ(10番人気・2着)の4頭。

一方、軽ハンデの追い込み馬もしばしば活躍しているのがポイント。該当馬は、ハンデ52坩焚爾対象で、2008年・トーホウシャイン(12番人気・1着)、2011年・アースシンボル(13番人気・3着)、2012年・クリスマスキャロル(7番人気・2着)、同年・メルヴェイユドール(10番人気・3着)、2016年・ヒルノマテーラ(7番人気・2着)の5頭。

2008年こそ道悪のハイペースでトーホウシャインは展開に恵まれた面が大きいですが、2009年以降は5F通過59秒台後半よりも遅い平均〜スローペースで決着しています。ところが追い込み馬が2着か3着に来てしまっているというのは、逃げ、先行馬が仕掛けのタイミングが早いからでしょう。

マーメイドSで逃げ馬が残れている年というのは、大半がラスト2F目が最速。対して、軽ハンデの追い込み馬が2着、3着に台頭した2012年はラスト4F目が最速、昨年はラスト3F目が最速です。超高速馬場ならば3コーナーから動いていっても最後まで息が持つこともありますが、阪神芝コースは、ラスト1Fで坂を上るコース。

結果的に前半でいくら脚をタメても、3コーナーから動いて最後まで息が持つほど甘くなく、ここで逃げ馬が動いた年は、ラスト1Fで軽ハンデの追い込み馬が突っ込んできているという現象が起こっています。ちなみに先週の鳴尾記念のステイインシアトルは、うまいことラスト2F最速に持って行っていますが、そう乗ることがそれほど難しいことなんでしょうか?

逃げ馬に乗る騎手が、どこから動いて行くかで前残りか、ラスト1Fで追い込み馬がズドンと来るかが決まります。そのあたりを的確に判断すれば、かなり的中に近づけるでしょう。いすれにしても実力拮抗のマーメイドSで穴を開けるのは、逃げ馬か軽ハンデの追い込み馬が大半であることを覚えていて損はないでしょう。


●エプソムC

東京芝1800mで行われるエプソムC。「府中の千八展開いらず」と言われていますが、このレースはまさにその言葉がぴったり。東京芝1800mはストレートが長く、もともと紛れが生じずらいコース。

特に高速馬場前提の上級条件では、レースがスローペースになると、ラスト4-5F目から11秒台の速い脚を使って、さらにラスト2-3F目で11秒台前半の速い脚を連発させなければ勝てないような極限のスピード比べのレースになります。ラスト3Fで33秒台の脚が使えるような馬でないと厳しいでしょう。

逆にラスト3Fで33秒台の脚が使えないというような馬ならば、3年前の2着馬マイネルラクリマや昨年の3着馬マイネルミラノのように、前半でリードを奪って行けばチャンスがあります。つまり、自分の弱点を補うことが出来るため、能力が足りない馬は勝ち負けできません。そのせいか例年、本命サイドで決着していることが多いです。しかし、今年は実力が拮抗している上に、出走メンバーで一番強いマイネルミラノが暴走型であるということ。波乱の可能性もあるでしょう。

マイネルミラノは、福島民報杯で競り下したステイインシアトルが先週の鳴尾記念を勝ったことで、人気になると思いきや、それほど人気がない模様。やっぱりレースぶりが模型うさぎを追い駆ける犬のようだからなのか?(笑) 

個人的にマイネルミラノは、逃げ馬だと思っていて、昨年のように仕掛けをギリギリまで待つのではなく、行かせれるだけ行かせてみたら、どこまで粘れるのだろうと気になっています。しかし、番手至上主義のマイネル軍団。現在、主戦の柴田大騎手よりも、その後継を狙う丹内騎手のほうが勇気があるけれども、逃げてもギリギリまで仕掛けを我慢するようなレースになるのでしょう。

 ウマ蔵 2017年05月13日() 17:09
2017年ヴィクトリアマイル予想
閲覧 129ビュー コメント 4 ナイス 16

2017年ヴィクトリアマイル東京1600m左回り
の予想を始めます

平均タイム1.33.5
平均前3F35.2、平均後3F 34.5
平均前5F58.3、平均後5F 58.3
過去を振り返ります。

2016年 天候:晴、馬場:良 18頭
タイム1.31.5
前3F33.8、後3F34.3
前5F57.2、後5F57.7
展開:前半ハイペースからの差し競馬
差し馬ばかり入着している

1着7枠13番ストレイトガール7歳55kg
7番人気.戸崎騎手.栗東.藤原調教師
フジキセキ産駒.通過11-10
上がり3F33.4(1位)
前走.阪神牝馬(G2)9着 阪神1600m
前々走.香港スプリント(G1)9着
香港1200m

2着5枠10番ミッキークイーン4歳55kg
1番人気.浜中騎手.栗東.池江調教師
ノーザン生産.ディープ産駒.通過13-12
上がり3F33.6(3位)
前走.阪神牝馬(G2)2着 阪神1600m
前々走.ジャパンC(G1)8着 東京2400m

3着7枠15番ショウナンパンドラ5歳55kg
2番人気.池添騎手.栗東.高野調教師
社台白老生産.ディープ産駒.通過13-14
上がり3F33.5(2位)
前走.大阪杯(G2)3着 阪神2000m
前々走.ジャパンC(G1)東京2400m

2015年 天候:晴、馬場:良 18頭
タイム1.31.9
前3F34.3、後3F35.0
前5F56.9、後5F57.6
展開:ほとんどフラットでレース
入着したのは1着好位からの差し+前残り2.3着

1着3枠5番ストレイトガール6歳55kg
5番人気.戸崎騎手.栗東.藤原調教師
フジキセキ産駒.通過5-5
上がり3F33.0(3位)
前走.高松宮記念(G1)13着 中京1200m
前々走.香港スプリント(G1)3着
香港1200m

2着4枠7番ケイアイエレガント6歳55kg
12番人気.吉田豊騎手.美浦.尾形調教師
キンカメ産駒.通過2-2
上がり3F34.0(11位)
前走.京都牝馬(G3)1着 京都1600m
前々走.中山金杯(G3)13着
中山2000m

3着8枠18番ミナレット5歳55kg
18番人気.江田騎手.美浦.大和田調教師
スズカマンボ産駒.通過1-1
上がり3F35.3(最下位)
前走.福島牝馬(G3)5着 福島1800m
前々走.中山牝馬(G3)11着
中山1800m

2014年 天候:晴、馬場:良 18頭
タイム1.32.3
前3F34.7、後3F34.3
前5F58.0、後5F57.6
展開:ほぼフラットで前残り1着+差し馬2.3着

1着7枠14番ヴィルシーナ5歳55kg
11番人気.内田騎手.栗東.友道調教師
ノーザン生産.ディープ産駒.通過1-1
上がり3F34.3(10位)
前走.阪神牝馬(G2)11着 阪神1600m
前々走.東京新聞杯(G3)
東京1600m

2着2枠4番メイショウマンボ4歳55kg
3番人気.武幸四郎騎手.栗東.飯田調教師
スズカマンボ産駒.通過7-7
上がり3F33.5(4位)
前走.大阪杯(G2)7着 阪神2000m
前々走.エリザベス(G1)京都2200m

3着1枠1番ストレイトガール5歳55kg
6番人気.岩田騎手.栗東.藤原調教師
フジキセキ産駒.通過9-11
上がり3F33.2(2位)
前走.高松宮記念(G1)3着 中京1200m
前々走.シルクロードS(G3)京都1200m

2013年 天候:晴、馬場:良 18頭
タイム1.32.4
前3F34.6、後3F34.2
前5F58.2、後5F57.8
展開:ほぼフラットで前1着、3着+差し2着

1着6枠11番ヴィルシーナ4歳55kg
1番人気.内田騎手.栗東.友道調教師
ノーザン生産.ディープ産駒.通過2-2
上がり3F34.0(8位)
前走.大阪杯(G2)6着 阪神2000m
前々走.エリザベス(G1)2着京都2200m

2着4枠8番ホエールキャプチャ5歳55kg
12番人気.蛯名騎手.美浦.田中調教師
クロフネ産駒.通過10-10
上がり3F33.4(3位)
前走.阪神牝馬(G2)11着 阪神1600m
前々走.クイーン賞(G3)13着
船橋ダ1800m

3着1枠1番マイネイサベル5歳55kg
5番人気.柴田騎手.美浦.水野調教師
テレグノシス産駒.通過3-2
上がり3F34.1(9位)
前走.福島牝馬(G3)2着 福島1800m
前々走.中山牝馬(G3)1着 中山1800m

______________________________________________
まとめ
・展開
2016年
前半ハイペースからの差し競馬
差し馬ばかり入着している
2015年
ほとんどフラットでレース
入着したのは1着好位からの差し+前残り2.3着
2014年
ほぼフラットで前残り1着+差し馬2.3着
2013年
ほぼフラットで前1着、3着+差し2着

このレースは2016年を除きほぼフラットになる傾向です。
先週のような東京マイル前残り傾向あったので前残りは十分あります。むしろ後ろすぎると届かない展開になるのではと思います。
よく展開を考えて組み立てなければいけない

脚質 先行7頭、差し10頭
オートクレール先行から中段
クリノラホール先行
ソルヴェイク先行
ジュールポレール先行
ルージュバック先行から差し
スマートレイアー先行
クイーンズリング先行
ミッキークイーン差し
レッツゴードンキ差し
アスカビレン差し
アットザシーサイド差し
デンコウアンジュ差し
リーサルウェポン差し
フロンティアクイーン差し
ヒルノマテーラ差し
アドマイヤリード差しから追い込み
ウキヨノカゼ差しから追い込み

・枠
4年内7枠3頭
4年内4枠2頭
4年内1枠2頭
枠不利なし

・騎手
4年内戸崎騎手2回
4年内栗東4頭
4年内美浦8頭
美浦騎手有利

・関西馬関東馬
4年内栗東8頭
4年内美浦4頭
栗東馬有利

・産駒
4年内ディープ産駒4頭
4年内フジキセキ産駒3頭
4年内スズカマンボ産駒2頭

・前走
4年内阪神牝馬4頭
4年内大阪杯3頭
4年内高松宮記念2頭
4年内福島牝馬2頭

なんといってもリピートレースです。

明日まで軸馬絞ります。

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年05月12日(金) 23:04
ヴィクトリアマイル出走馬の印象
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 4

1枠1番アットザシーサイド

阪神牝馬Sは直線でまともに追えず、
着順自体は度外視できる内容。
恐らく1400タイプの馬だと思うし
速い流れを好位から雪崩込めれば面白いが、
行き脚を見ると好位取りは難しく映る。


1枠2番スマートレイアー

加速勝負で良さが出る馬ではないので、
ある程度の加速性能が問われる
今回の条件との相性がどうかなと思う部分はある。
昨年くらい走れれば十分かもしれないが、
人気を考えると何か物足りなさは感じてしまう。


2枠3番ジュールポレール

比較的飛び出しの良い馬で
条件戦にはなるが馬群からの競馬で
一応の加速性能を見せている点は好材料。
あとは単純に力が足りているかの話になりそう。


2枠4番ソルヴェイグ

レースぶりを改めて振り返ると
1200では忙しい印象も受ける馬。
距離延長は恐らく歓迎だと思うが、
走法的に長い直線を伸び切るタイプではないので、
内先行有利の馬場状態にはなってほしい。


3枠5番アドマイヤリード

一瞬の脚に良さはあるが、
レースレベルが上がってくると
地力で追い込むには足りなくも映る。
週末の雨で先行有利の馬場を避けられるかどうか。


3枠6番アスカビレン

印象としては行き脚の遅い1400馬。
速い流れ自体は合うと思うが、
加速勝負でキレる馬ではないので
その点で東京コースはマイナスに働きそう。


4枠7番ルージュバック

昨年の速い流れにも難なく付いていけたし
1600の距離自体は問題なく映るが、
加速の悪さが弱点の馬なので
馬群からの競馬になってしまうと
どうしても足りない部分は出てきそう。


4枠8番クイーンズリング

阪神牝馬Sはスタートから気合を付けたせいで
掛かってしまう負けパターンの競馬。
基本的に序盤はあまり攻めたくないため
マイルG1での好位付けは難しい印象。
昨年秋2戦のようなスムーズな立ち回りはどうか。


5枠9番オートクレール

出脚があまり速くなく
要所要所で置かれ気味にもなるため、
ちょっと無謀な挑戦には感じる。


5枠10番デンコウアンジュ

東京1600でメジャーエンブレムに勝っているが、
中弛みを利しての勝ち星なので高い評価はできず。
近走はすべて力負けしているため、厳しい戦いになりそう。


6枠11番ミッキークイーン

位置取りを考えると絶対的とは言えないが
地力は恐らく最上位なので、
多少の不利くらいなら
問題なく跳ね除けそうな気はする。


6枠12番ウキヨノカゼ

スピードとスタミナの違いは感じるが、
タイプ的にはアドマイヤリードと似た印象。
基本的に位置取りは悪くなるので展開待ち。


7枠13番ヒルノマテーラ

後方寄りになりがちで
末脚でも見劣ってしまうため、
ここでは目立てるポイントがないか。


7枠14番レッツゴードンキ

近走の内容を見る限りでは
中団後方寄りの差しになるとは思うが、
この条件で伸び切れるような脚はない印象。
雨である程度馬場が緩くなってほしいかなとは思う。


8枠15番フロンテアクイーン

昨年のユートピアSの負け方を見ると
1600で積極的になれる要素はあまりなさそう。
初音Sぐらい緩くなれば瞬発力を活かせるが、
まず考えにくい。


8枠16番クリノラホール

阪神牝馬Sは序盤で脚を使って余力を残せず。
マイルG1では単純にスピードが足りないように映る。


8枠17番リーサルウェポン

中山1600辺りならもう少しやれてもいいと思うが、
ここで推せる要素はさすがに見つからない。

[もっと見る]

ヒルノマテーラの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ヒルノマテーラの写真

ヒルノマテーラ
ヒルノマテーラ
ヒルノマテーラ

ヒルノマテーラの厩舎情報 VIP

2017年5月14日ヴィクトリアマイル G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒルノマテーラの取材メモ VIP

2017年5月14日 ヴィクトリアマイル G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。