会員登録はこちら
富士ステークス G3   2017年10月21日() 15:45 東京/芝1600m

富士ステークスのニュース&コラム

【富士S】道悪もスイスイ「完勝」武スピネル
 第20回富士ステークス(21日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金4100万円、1着馬にマイルチャンピオンシップの優先出走権 =出走15頭)武豊騎乗の1番人気エアスピネルが、2番手からゴール前で抜け出して重賞3勝目を挙げた。タイム1分34秒8(不良)。次走は優先出走権を手にしたマイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)に向かう。2馬身差の2着はイスラボニータ。 善戦どまりのうっぷんを晴らす快勝だ。武豊騎手のリードに応え、エアスピネルが今年の京都金杯に次ぐ重賞3勝目。上空の雨雲と対照的に、鞍上の表情も晴れやかだ。 「完勝でしたね。スタートが良かったし、道悪も苦にしないで、いいレースができました」 春は中団〜後方からの競馬が多かったが、今回は好スタートを切ると好位へ。内めの荒れた馬場もスイスイと進む。直線入り口で先頭に並びかけた勢いそのままに馬場の真ん中へ出ると、あとは独り旅。時折スタンド側を気にするそぶりを見せながら、後続に2馬身差をつける楽勝劇だ。 「うまく前々で不利のない競馬をしてくれた。いつもより(仕掛けが)早くて心配したけど、頑張ってくれたね」 京都開催も含め、この日5戦2勝2着2回の笹田調教師も、人馬をたたえる。稍重のデイリー杯2歳Sで3馬身半差Vを飾った馬だけに「こういう馬場はこなすだろうと思っていた」と戦前から自信。加えて「左回りは不思議と折り合う」ことも結果につながった。 次走のマイルCSに向けて、武豊騎手は「次は乗れるか分からないですけど」と冗談を飛ばしたが、もちろんコンビは継続。ジョッキーが「どんな距離でも走れるけど、1600メートルが一番安定しています」と能力を再認識すれば、トレーナーも「GIを取れる力は持っている馬。しっかり調整していきます」。勝利の味を思い出したエアスピネルが、昇り龍のごとくマイル界統一へ乗り出す。 (千葉智春)★21日東京11R「富士S」の着順&払戻金はこちらエアスピネル 父キングカメハメハ、母エアメサイア、母の父サンデーサイレンス。栗毛の牡4歳。栗東・笹田和秀厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(株)ラッキーフィールド。戦績14戦4勝。獲得賞金3億432万5000円。重賞は2015年デイリー杯2歳S、17年京都金杯に次いで3勝目。富士Sは笹田和秀調教師が初勝利。武豊騎手は03年ミレニアムバイオ、04年アドマイヤマックスに次いで3勝目。馬名は「冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬」。
2017年10月22日() 05:02

 917

【富士S】エアスピネルがV〜「完勝でした」武豊騎手
 10月21日の東京11Rで行われた第20回富士ステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1600メートル、別定、15頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気エアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)が好位追走から直線馬場の真ん中を楽々と突き抜けて重賞3勝目。エアスピネルはマイルチャンピオンシップ(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分34秒8(不良)。 2馬身差の2着には中団追走から差を詰めたイスラボニータ(4番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に直線鋭く追い込んだクルーガー(11番人気)。 富士Sを勝ったエアスピネルは、父キングカメハメハ、母エアメサイア、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(株)ラッキーフィールド。通算成績は14戦4勝。重賞は2015年デイリー杯2歳S・GII、2017年京都金杯・GIIIに次いで3勝目。富士Sは、笹田和秀調教師は初優勝、武豊騎手は2003年ミレニアムバイオ、2004年アドマイヤマックスに次いで3勝目。 ◆武豊騎手(1着 エアスピネル)「完勝でしたね。スタートも良かったし、道中もいい走りができました。道悪もそんなに苦にしないですし、まあ、どんな距離でも走るんですけど、1600メートルが一番安定しているかなと思いますね」★21日東京11R「富士S」の着順&払戻金はこちら
2017年10月21日() 15:52

 1,110

【富士ステークス】入線速報(東京競馬場)
東京11R・富士ステークス(4回東京6日目 東京競馬場 芝・左1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手6番エアスピネル(単勝3.9倍/1番人気)、2番手15番イスラボニータ(単勝5.0倍/4番人気)、3番手13番クルーガー(単勝35.7倍/11番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連6-15(10.8倍) 馬単6-15(21.2倍) 3連複6-13-15(128.2倍) 3連単6-15-13(509.8倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017102105040611 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2017年10月21日() 15:47

 505

【富士S】クラリティシチー上原師「道悪は鬼」
 有力どころが良馬場を望むなか、悪天候を大歓迎しているのがクラリティシチー陣営だ。3走前の都大路Sはドロドロの不良馬場のなかで2着と好走しており、「道悪は鬼といっていいよ」と、上原調教師はニンマリ。 4カ月の休み明けになるが、先週12日にWコース5F65秒8をマークするなど動きは活発だ。「ここを目標にきっちりと仕上がった。広いコースのほうが合うタイプだし、マイルも守備範囲。はまれば重賞を獲って不思議ない爆発力がある」と、一発を狙っている。(夕刊フジ)★富士Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月20日(金) 11:13

 2,965

富士ステークスのニュースをもっと見る >

【富士S】厩舎談話
 イスラボニータ・栗田博調教師「すこぶる順調に調整。道悪がどうか」 エアスピネル・笹田調教師「しまい重点にやって、いい動きだった。きっちり仕上がった」 ガリバルディ・藤原英調教師「動きは悪くない。使ったアドバンテージでどれだけやれるか」 クラリティシチー・上原調教師「動きはいい。重賞を勝つ力もある」 グランシルク・戸田調教師「疲れもなく元気いっぱい。折り合いがつく今なら東京マイルでも」 クルーガー・高野調教師「本当に良くなるここまで待っていた。いい動きだし、初の東京でも」 サトノアレス・藤沢和調教師「驚くほど良化。極端に悪化しなければ道悪はこなせる」 ジョーストリクトリ・清水久調教師「久々でも申し分のない動き。あとは年長馬との力関係か」 ダイワリベラル・菊沢調教師「状態はいい。滑らないくらいの時計がかかる馬場が理想」 ブラックムーン・西浦調教師「遅れたが、しっかり動けた。雨がカギ」 ペルシアンナイト・Mデムーロ騎手「いつもどおり動きはいい。マイルは久々だが合うはず」 マイネルアウラート・高橋裕調教師「追い切りで軽快に動いた。涼しくなって体調は上向きだ」 ミュゼエイリアン・黒岩調教師「馬体は回復。気負う面がポイント」 レッドアンシェル・庄野調教師「輸送もあるので馬なり。東京は合う」 ロードクエスト・小島茂調教師「追い切りは直線でいい伸び脚。着実に馬は良くなっている」(夕刊フジ)★富士Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月19日(木) 11:59

 3,235

【うわさの2歳馬】フラットレー世代筆頭に名乗り!
 隠れた出世レースになりつつある2歳OPアイビーS(芝1800メートル)が、土曜の東京で行われる。昨年はのちのオークス馬ソウルスターリングと、皐月賞2着ペルシアンナイトがワンツー。来年のクラシック戦線に乗れそうなのが、名門・藤沢和厩舎が送り込む大物候補フラットレーだ。 今年のダービー馬レイデオロの全弟レイエンダは、残念ながら8月に骨折が判明。しかしながら、横綱級がリタイアしてもクラシック候補がウジャウジャいるのが名門の層の厚さだ。 フラットレーも、レイエンダと同じく札幌芝1800メートルのデビュー戦を快勝。大外一気の勝ちっぷりは同等、いやそれ以上の器と思わせるものだった。北海道での好発進にトレーナーも前のめりになる。 「いい馬。反応がいいし、切れ味がある。動きやすいサイズをしているというか、とにかく手先が軽い」 18日はWコースで、富士Sに出走するサトノアレス、次週の天皇賞・秋に挑むソウルスターリングの真ん中から互角の動きを披露。この豪華セットからも、期待度の高さが分かるだろう。 「レイエンダは骨折してしまったが、いい馬はたくさんいる。来年のためにもここは」と、番頭格の津曲助手。フランケル×ウオッカの超良血タニノフランケルを前にしても、ここは通過点と言わんばかりだ。(夕刊フジ)★フラットレーの競走成績はこちら
2017年10月19日(木) 11:53

 743

【富士S】追って一言
 ◆ガリバルディ・藤原英師 「悪くない動き。1回使ったアドバンテージでどれだけやれるか」 ◆クラリティシチー・上原師 「好仕上がり。道悪は問題ない」 ◆グランシルク・戸田師 「順調。折り合いが良くなり、東京の千六でも」 ◆クルーガー・高野師 「いい動き。本当に良くなるのを待っていた」 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「休み明けでも申し分のない動き」 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「滑らず、時計のかかる馬場がいい」 ◆ブラックムーン・西浦師 「時計的にはしっかり動けていた。雨馬場がどう影響するか」 ◆ペルシアンナイト・Mデムーロ騎手 「いつも通り動きはよかった。競馬はマイルが合う」 ◆マイネルアウラート・高橋裕師 「状態は上向いている」 ◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「動きは良かった。態勢は整いました」 ◆レッドアンシェル・庄野師 「テンションが上がりやすく、輸送もあるので馬なりで」 ◆ロードクエスト・小島茂師 「ラストはいい伸び。良くなっている」
2017年10月19日(木) 05:03

 2,151

【富士S】エアスピネル、坂路単走52秒5
 マイル重賞2勝のエアスピネルが好仕上がりだ。栗東坂路で単走ながら4ハロン52秒5−12秒2の好時計。サンケイスポーツ調教評価で最高の「S」となった。笹田調教師は「先週に騎乗した武豊騎手が『しまいがもうひとつだった』と言っていたので、しまい重点にしっかりやった。いい動きを見せてくれたし、きっちり仕上がった」と納得の表情。GIIIの顔触れなら、もちろん勝利を意識している。★富士Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月19日(木) 05:03

 862

富士ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

富士ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月21日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv118 
780円 31,200円
Lv108 
2,120円 14,840円
Lv107 
390円 39,000円
Lv106 
12,820円 38,460円
Lv106 
2,120円 10,600円

的中情報をもっと見る >

富士ステークス過去10年の結果

2016年10月22日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年10月24日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ダノンプラチナ 蛯名正義 1:32.7 9.9倍 103.1
2着 サトノアラジン C.ルメール クビ 2.4倍 103.1
3着 ロゴタイプ M.デムーロ 1 1/4 9.5倍 101.6
2014年10月25日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

富士ステークスのデータ分析とレース傾向

1996年まではジャパンCに招待された外国馬が出走できるオープン特別として11月の東京芝1800mで行われていたが、1997年より1400mに距離変更。翌1998年には重賞に格上げされ、2000年から施行時期が10月に移り距離も1600mに変更された。以降、マイルCSへの前哨戦としておなじみとなっている。もっとも、有力馬の多くは別路線からのステップで本番へ向かうため、メンバーはやや小粒になりがち。上位入線馬のローテ的には秋緒戦の馬、秋に1走使われた馬、そして夏競馬に使われた馬がほぼ互角の成績を残しており、そのあたりの取捨が難解なレースと言える。舞台は決め脚比べになりやすい東京の芝1マイル。速い上がりの脚を持つことは必須の条件だ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

富士ステークスの歴史と概要

富士ステークスは東京競馬場の芝1800mの4歳(現3歳)以上、国際招待のオープン特別競走、「オ―プン競走」として1981年に施行されたのが始まり。

富士ステークスは1984年に負担重量が別定となり、「富士ステークス」と名称変更になった。1987年にはジャパンカップのステップレースとしてトリプティクが参戦して圧勝。日本のファンに外国馬の一線級の実力を見せつけた。1998年には国際競走、別定の重賞競走としてGIIIに格付けされ、2000年には現行の芝1600mへと変更された。
2007年より東京競馬場・ダート1600mで施行されていたオープン特別競走「サウジアラビアロイヤルカップ」を統合する形で名称を「サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」へ変更。地方所属馬に限られるが、上位2着までにマイルチャンピオンシップへの出走権が与えられるトライアル競走である。2011年の当レース勝ち馬、エイシンアポロンマイルチャンピオンシップを制したのも記憶に新しい。
過去の優勝馬にはメイショウラムセスミレニアムバイオアドマイヤマックスウインラディウスキネティクスマイネルシーガルサイレントプライドアブソリュートダノンヨーヨーエイシンアポロンクラレントダノンシャークなどが名を連ねる。


☆富士Sの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る